• ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】のアイキャッチ画像5枚目

ソニー(SONY)のイヤホンおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応モデルも】

世界的にも有名な日本の一流メーカー、ソニーのイヤホン。有線・ワイヤレス対応ともにラインナップ豊富で、どれも高い人気を誇っています。しかし、XBA・1000Xなどシリーズが豊富なうえ、イヤホンによって特徴・スペックが異なるため、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、ソニーのイヤホンの選び方と、おすすめの人気モデルをランキング形式で紹介していきます。重低音好きの方にぴったりのモデルや、業界トップクラスのノイズキャンセリング機能を持つモデルも登場!早速、人気モデルを比較し、自分にピッタリのイヤホンを見つけてくださいね!

この記事に登場する専門家

折原 一也
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 105,942  views
目次

プロも愛用!ソニーのイヤホンの魅力とは

プロも愛用!ソニーのイヤホンの魅力とは

出典:amazon.co.jp

幅広い音響機器を扱っているソニーの商品の中でも、根強い人気を誇るのが「イヤホン」です。日本製ということもあり、日本人の耳にフィットしやすいモデルが多数。Bluetooth接続はもちろん、ハイレゾなどの高音質音源にも対応しており、音楽関係のプロも愛用するほどの信頼性の高さが魅力です。


他のメーカーと比べると、音質の差がはっきりわかるといわれるほどで、元々の音源の再現度の高さは、まさにソニーならでは。ワイヤレス製品も対応コーデックが幅広く、エクスぺリアはもちろん、iPhoneの高音質コーデックに対応したモデルも続々登場しています。


もちろん、ノイズキャンセリング性能も高いので、通勤・通学など騒音の中でも音楽を楽しみたい人にもぴったり。ソニーでなら、用途や利用シーンにマッチした最適なイヤホンを手に入れることができますよ!

ソニーのイヤホンの選び方

では、さっそくソニーのイヤホンの選び方を見ていきましょう!

聴きたいサウンドに合わせて選ぼう

ソニーでは、手軽に手に入れやすいスタンダードモデル以外にも、音質を重視して選びたい人向けの商品が多数販売されています。音にこだわりたい人は、音質に特徴のあるシリーズに注目してみましょう。

高音質に拘るなら「Signature・モニターシリーズ」からチョイス

高音質に拘るなら「Signature・モニターシリーズ」からチョイス

出典:amazon.co.jp

プロがスタジオやライブで利用するような高音質のサウンドを楽しみたい人は、Signature・モニターシリーズがおすすめです。Signature・モニターシリーズは、元々の原音の再現性にこだわり、リアルな音を楽しめるのが一番の魅力。イヤホンに利用されるパーツ1つ1つに拘って作られています。


複数のハイブリットドライバーを採用し、こだわり抜いたパーツ設計になっているため、コスト面は他のイヤホンよりも高額ですが、その分音質は抜群です。ただし、外部機器にケーブルで直接接続する有線モデルのみであることは注意してくださいね。

バランスの良いサウンドを楽しみたい人は「XBAシリーズ」が最適

バランスの良いサウンドを楽しみたい人は「XBAシリーズ」が最適

出典:amazon.co.jp

低音・中央・高音のバランスの良いサウンドを楽しみたい人は、XBAシリーズがおすすめ。Signature・モニターシリーズよりもコストを抑えて、ソニーの高音質イヤホンを手に入れたい人にも、XBAがぴったりです。


ドライバーも高性能で原音に忠実な音を再現。密閉タイプのカナル型イヤホンは装着感も良く、ハイレゾ音源にも対応しています。XBAのワイヤレスモデルを購入する場合は、SBC以外の高音質コーデックに対応しているかチェックしておくと選びやすくなりますよ。

重低音好きなら「EXTRA BASSシリーズ」で決まり!

重低音好きなら「EXTRA BASSシリーズ」で決まり!

出典:amazon.co.jp

音楽を聴くなら低音重視で、響くサウンドを楽しみたい!そんな人には、低音が強いEXTRA BASSシリーズがおすすめです。リズムの良い音楽、POP系・ダンスミュージックなどを楽しみたい人にも、EXTRA BASSが最適でしょう。イヤホンなのに、クラブで聴いているような重低音が楽しめますよ。

利用シーンに合わせて選ぼう

音質に強いこだわりがなければ、通勤・通学・スポーツ・日常使いなど、使うシーンに合ったシリーズから選んでみましょう。

通勤・通学時に楽しむなら、騒音が軽減できる「1000Xシリーズ」を

通勤・通学時に楽しむなら、騒音が軽減できる「1000Xシリーズ」を

出典:amazon.co.jp

通勤・通学などの騒音の中で音楽を楽しみたい人は、ノイズキャンセリング機能を搭載した、1000Xシリーズがおすすめです。ソニー独自のキャンセリング機能を搭載した1000Xシリーズは、通常よりもノイズを抑えてくれるので、電車や車の音がうるさい中でも音楽が楽しめます。


ワイヤレス商品がメインですので、通勤・通学中に充電が切れないように「連続再生時間」も合わせてチェックしてくださいね。

トレーニング中に使う場合は「SPORTSシリーズ」がベスト

トレーニング中に使う場合は「SPORTSシリーズ」がベスト

出典:amazon.co.jp

スポーツシーンで利用できるソニーのイヤホンを探している人は、SPORTSシリーズのモデルが最適でしょう。SPORTSシリーズには、ランニング中やジムでのトレーニング中だけでなく、プールの中で装着できるモデルもラインナップされています。


濡れる場所で利用する前提であれば、IPX4以上の防水機能をチェックしておきましょう。目安として、水中で利用する人は、IPX7・8レベルの防水機能が必須。いくつか選択肢があるなら防水機能・連続再生時間などを比較すると決めやすいですよ。

日常使いには、ファッション性も高い「h.earシリーズ」がおすすめ

日常使いには、ファッション性も高い「h.earシリーズ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

日々の生活の中で利用しやすいイヤホンを探しているなら、ファッションとの相性が良い、h.earシリーズがおすすめです。


音質が良いのはもちろんですが、「h.ear」シリーズはカラーバリエーションが豊富で、自分の好みの色が選びやすいのが一番の特徴。音質だけでなく、見た目にも拘りたい人はチェックしておきましょう。

ノイズキャンセリング機能の差で選ぶ

騒音を抑えて音楽に集中したい人は、ソニーのノイズキャンセリング機能の差にも注目してみましょう!

最大限にノイズを除去したいなら「デュアルノイキャン」対応モデルを

最大限にノイズを除去したいなら「デュアルノイキャン」対応モデルを

出典:amazon.co.jp

ソニーのイヤホンに搭載されているノイズキャンセリング機能は、シングル・デュアルの2種類。より高いノイズ除去機能を求めるのであれば、デュアルノイキャン対応の商品を選ぶようにしましょう。


シングルノイキャンは、フィードフォワードマイクという1つのみでノイズを打ち消しますが、デュアルではマイクが2つになり、ノイズを打ち消す機能がさらに高くなります。よりクリアな音質で音を楽しみたい人や、音漏れの心配をしたくない人は、チェックしておきましょう。

外の音がきこえる「外音取込」機能付きだと移動中も安心

外の音がきこえる「外音取込」機能付きだと移動中も安心

出典:amazon.co.jp

通勤・通学時、もしくはトレーニング中に周りの音が聞こえないと不便、と感じる人には、外音取込機能付きモデルがピッタリです。


外音取込機能付きのイヤホンには、外の音を取り込むためのマイクを搭載しており、設定を切り替えることで外の音も聞くことが可能。外音も音量レベルが設定できますので、安全・安心面も考えたい人にも、外音を取り込めるモデルがおすすめですよ。

+αの便利機能もチェック

音質・用途別に、ある程度モデルを絞り込めたら、その他の便利なソニーの機能も把握して、より自分にピッタリのモデルを見極めていきましょう。

ながら聴き対応だと、音を楽しみながら会話もできて便利

ながら聴き対応だと、音を楽しみながら会話もできて便利

出典:sony.jp

周りの音も普通に聴きながら、音楽も楽しみたい人は、ながら聴き対応のイヤホンがおすすめです。ながら聴き対応の商品は、耳をふさがない設計になっているのが特徴。音漏れしにくい設計にもなっており、普通に会話しながら自分だけ音楽を楽しむことができますよ。

スマホ接続するなら「Headphones Connect」アプリ対応を

スマホ接続するなら「Headphones Connect」アプリ対応を

出典:sony.jp

スマホに接続してイヤホンを利用できる環境の人は、アプリ対応の商品を選ぶようにしましょう。本体でもある程度の設定はできますが、スマホアプリに接続できると、さらに自分好みのサウンド設定にして音を楽しむことが可能


ノイズキャンセルレベル・サラウンドバランスなども自由自在に変更でき、使い勝手がUPしますよ。

プロの愛用するおすすめのソニーのイヤホン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのソニーのイヤホンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、音質にも拘って選んでみてくださいね。

専門家の
マイベスト

ソニーのイヤホンおすすめ人気ランキング15選

では、ここまで見てきたソニーのイヤホンの選び方を踏まえて、人気商品をランキング形式で見ていきましょう!

15位
シリーズスタンダード
コーデックSBC・AAC・aptX
連続再生時間7.5
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
14位
シリーズモニター
コーデック
連続再生時間
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
13位
シリーズモニター
コーデック
連続再生時間
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
12位
シリーズh.ear
コーデックSBC・AAC・aptX・aptXHD・LDAC
連続再生時間8
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
11位
シリーズSPORTS
コーデックSBC・AAC
連続再生時間8
防水機能IPX4
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
10位
シリーズEXTRA BASS
コーデックSBC・AAC
連続再生時間9
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
9位
シリーズ1000X
コーデックSBC・AAC
連続再生時間3
防水機能
ノイズキャンセルレベルシングル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
8位
シリーズXBA
コーデック
連続再生時間
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
7位
シリーズSPORTS
コーデックSBC・AAC
連続再生時間6
防水機能IPX4
ノイズキャンセルレベルシングル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
6位
シリーズ
コーデックSBC・AAC
連続再生時間7.5
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
5位
シリーズSignature
コーデック
連続再生時間
防水機能
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
4位
シリーズ1000X
コーデックSBC・AAC・aptX・aptXHD・LDAC
連続再生時間10~13
防水機能
ノイズキャンセルレベルデュアル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
3位
シリーズSPORTS
コーデックSBC・AAC
連続再生時間3
防水機能IPX4
ノイズキャンセルレベルシングル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
2位
シリーズSPORTS
コーデックSBC・AAC
連続再生時間3~6
防水機能IPX8
ノイズキャンセルレベル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
1位
シリーズスタンダード
コーデックSBC・AAC・aptX
連続再生時間6.5~7.5
防水機能
ノイズキャンセルレベルシングル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応

ソニーの人気イヤホン比較一覧表

商品画像
1
ソニー イヤホン ソニー WI-C600N 1枚目

ソニー

2
ソニー イヤホン ソニー WF-SP900 1枚目

ソニー

3
ソニー イヤホン ソニー WF-SP700N 1枚目

ソニー

4
ソニー イヤホン ソニー(SONY) WI-1000X 1枚目

ソニー(SONY)

5
ソニー イヤホン ソニー Signature Series IER-Z1R 1枚目

ソニー

6
ソニー イヤホン ソニー SBH82D 1枚目

ソニー

7
ソニー イヤホン ソニー WI-SP600N 1枚目

ソニー

8
ソニー イヤホン ソニー XBA-N3 1枚目

ソニー

9
ソニー イヤホン ソニー(SONY) WF-1000X 1枚目

ソニー(SONY)

10
ソニー イヤホン ソニー MDR-XB70BT  1枚目

ソニー

11
ソニー イヤホン ソニー WI-SP500 1枚目

ソニー

12
ソニー イヤホン ソニー h.ear in 2 Wireless WI-H700 1枚目

ソニー

13
ソニー イヤホン ソニー IER-M9 1枚目

ソニー

14
ソニー イヤホン ソニー IER-M7 1枚目

ソニー

15
ソニー イヤホン ソニー SBH90CJP 1枚目

ソニー

商品名

WI-C600N

WF-SP900

WF-SP700N

WI-1000X

Signature Series IER-Z1R

SBH82D

WI-SP600N

XBA-N3

WF-1000X

MDR-XB70BT

WI-SP500

h.ear in 2 Wireless WI-H700

IER-M9

IER-M7

SBH90CJP

特徴ノイズキャンセル付きの人気モデル920曲を本体に保存できるイヤホン!運動中も使えるノイズキャンセル付きイヤホンノイズキャンセル機能の高さでイヤホンを選ぶならこれ!ソニー最高レベルの音質を楽しみたいならこれ!耳をふさがず音を楽しむならこれ!外音取り込みモードで環境音にも対応バランスの良いサウンドを楽しみたい人に最適完全ワイヤレスのノイズキャンセルイヤホン重低音を楽しみたい人はこれ!オープンイヤーイヤホンを搭載したSPORTSシリーズスタイリッシュに良い音を楽しみたいならこれ!プロレベルの高音質を再現してくれるイヤホンドライバーを4基搭載したモニターイヤホン有線・ワイヤレスどちらでも利用できるイヤホン
最安値
13,285
送料無料
詳細を見る
19,600
送料無料
詳細を見る
15,800
送料無料
詳細を見る
21,000
送料無料
詳細を見る
196,707
送料要確認
詳細を見る
7,981
送料別
詳細を見る
16,913
送料無料
詳細を見る
35,260
送料無料
詳細を見る
12,260
送料無料
詳細を見る
6,183
送料別
詳細を見る
5,770
送料無料
詳細を見る
9,776
送料無料
詳細を見る
122,223
送料無料
詳細を見る
71,838
送料無料
詳細を見る
15,118
送料無料
詳細を見る
シリーズスタンダードSPORTSSPORTS1000XSignatureSPORTSXBA1000XEXTRA BASSSPORTSh.earモニターモニタースタンダード
コーデックSBC・AAC・aptXSBC・AACSBC・AACSBC・AAC・aptX・aptXHD・LDACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AAC・aptX・aptXHD・LDACSBC・AAC・aptX
連続再生時間6.5~7.53~6310~137.5639887.5
防水機能IPX8IPX4IPX4IPX4
ノイズキャンセルレベルシングルシングルデュアルシングルシングル
外音取込
ながら聴き
アプリ対応
商品リンク

ソニーの人気ヘッドホンもチェック!

さらに高音質のサウンドが楽しみたいのであれば、スペックの高いソニーのヘッドホンもおすすめです。以下の記事では、商品の選び方や人気商品を紹介していますので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

ソニーのイヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ソニーのイヤホンの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回はソニーのイヤホンの選び方やおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがでしたか?ソニーのイヤホンは用途や音質などで選びやすいシリーズが販売されています。自分の拘りたいポイントに絞れば商品も選びやすいでしょう。


この記事のランキングで紹介している商品は、どれも通販で人気の高い商品です。選び方も参考に商品スペックや特徴を比較し、自分にピッタリのイヤホンを手にいれてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す