• オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

オーディオテクニカイヤホンのおすすめ人気ランキング10選

「オーディオテクニカ」は、日本の音響機器メーカーで、国内はもちろん、海外でも人気があります。オーテクとも呼ばれているオーディオテクニカのイヤホン。重低音に特化したものやリーズナブルなのに高品質なタイプ、Bluetooth対応のワイヤレスタイプなど、豊富な種類があります。いざ選ぼうと思っても、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、選び方のポイントを解説した上で、評価が高いオーディオテクニカの人気商品をおすすめ順にランキング形式でご紹介します。お気に入りのサウンドを手に入れるため、ぜひご参考ください!

この記事に登場する専門家

折原 一也
  • 最終更新日:2020年04月14日
  • 243,314  views
目次

オーディオテクニカ製イヤホンの特徴

オーディオテクニカは、イヤホンやヘッドホンをはじめ、さまざまな音響機器を展開する日本屈指のブランド。一般向けはもちろんのこと、スタジオ向けのプロユース品をリリースするなど音楽業界からの信頼は厚く、ファンの間では「オーテク」と呼ばれ愛されています。

そんなオーディオテクニカ製イヤホンの特徴は、しっかりとした低音域を土台に、中高音域のバランスを上手に取っているところ。またグッドデザイン賞を数多く受賞するなど、デザイン性も高く評価されています。

オーディオテクニカ製イヤホンの選び方

では、そんなオーディオテクニカ製イヤホンはどんなポイントに注目して選べばいいのでしょうか。ここではその魅力とあわせて、選び方をご紹介していきます。

製品の特徴を表す「型番」をチェックして、音の特性で選ぶ

オーディオテクニカの製品型番は、「ATH-▲▲▲000」のように記載されています。この「ATH-」の後ろに続く英数字を見れば、そのイヤホンがオーディオテクニカのどのシリーズに属するのか判断することができます。

以下に代表的なものをご紹介しますので、自分の好みに合うシリーズを見つけてみましょう。

CKSシリーズ:迫力の重低音が体感できる

バスドラムなどの重低音を好む方には、CKSシリーズがぴったりです。型番では「ATH-CKS○○○」と表記されています。

CKSの「S」は、ズバリ「SOLID BASS」の「S」。オーディオテクニカが誇る、洗練された重低音サウンドシステムを指します。ロックやヒップホップ、EDMが好きな方、イヤホンで音楽を聴きながらもリズムに乗りたい方には特におすすめです。

CKNシリーズ:フィット感抜群、外れにくくて安定

イヤホンのサイズが合わない方や、外れやすい方にぴったりなのがCKNシリーズです。CKNの「N」は、安定した装着感を実現する「N.L.S.(ネクスト・ループサポート・ストラクチャー)」の頭文字。一風変わったリング状の構造により、安定した装着感を味わえます。

女性の方や、イヤホンをしたまま移動することが多い方に最適。製品型番では「ATH-CKN○○○」と表記されます。

CKRシリーズ:ハイレゾも生音も!リアルサウンドを体感できる

CKRシリーズ:ハイレゾも生音も!リアルサウンドを体感できる

出典:amazon.co.jp

何よりも音のリアリティを追求したい方には、CKRシリーズがおすすめ。CKRの「R」は「High Resolution(高解像度)」「High Response(高レスポンス)」「Sound Reality(原音の再現)」から「R」を取ったもので、圧倒的な音の再現性を味わえます。

クラシックのライブ音源を鑑賞するにはうってつけ。ボーカルの声も鮮明に聞き取ることができ、リアルなサウンドが楽しめます。「ATH-CKR○○○」という型番から探してください。

E(旧:IM)シリーズ:長時間装着しても快適、繊細な音もキャッチ

イヤホンを装着する時間が長い方におすすめなのが、プロ用モニターイヤホンの製品群となるE(旧:IM)シリーズ。長時間装着しても快適で、プロサウンドをどこへでも持ち出せる秀逸な作りになっています。

楽器一つ一つの音をしっかりと感じ取りたい方や、ライブの感動を追体験したい方にはぴったり。音楽を扱うプロにもおすすめできるほどの品質を誇ります。新モデルは「ATH-E○○○」、旧モデルは「ATH-IM○○○」の型番が表示されています。

装着方法は2通り。自分の使い方に合わせて

オーディオテクニカのイヤホンには、他社製品同様「カナル型」と「インナーイヤー型」があります。フィット感・聴こえ方に違いがあるので、自分に合う方をチェックしてみましょう。

音漏れせず低音がしっかりキャッチできる「カナル型」

音漏れせず低音がしっかりキャッチできる「カナル型」
カナル型は、音漏れさせたくない方や外れにくいものが欲しい方におすすめの形状です。耳の穴にはめ込んで使うタイプで、密閉されるため音が漏れにくく、しっかりフィットします。

ただし、耳の形によっては合わなかったり、しっかりとフィットするので長時間使うと耳が痛くなることも。フィット感が悪い場合は別売りのイヤーピースで自分に合うように調整すると良いでしょう。なお、以下のページではイヤホン用イヤーピースを紹介しています。カナル型と一緒に選んでみてくださいね。

長時間装着しても快適な「インナーイヤー型」

長時間装着しても快適な「インナーイヤー型」
イヤホンの装着時間が長い方や、カナル型では合わないという方には、インナーイヤー型をおすすめします。これは耳に引っ掛けて使うタイプで、長時間使用しても痛くなりません。耳の形にあまり左右されないので多くの方にマッチしやすいタイプです。

ただし、密閉感は低めなので、電車やバスで使用する際の音量は気をつけたいところです。

利用シーンに応じて機能で選ぶ

各シリーズの特徴から自分好みのものを見つけたら、そのほかの機能にも注目。付加機能にこだわることで、よりあなたの欲求を満たすお気に入りイヤホンが見かるはずです。

屋外での使用に便利な「ノイズキャンセリング機能」

屋外での使用に便利な「ノイズキャンセリング機能」
ノイズキャンセリング機能があると、電車や街の喧騒の中でも音楽を邪魔しません。余計な音をブロックしてくれるのでサウンドに集中することができます。騒がしい場所で過ごすことが多いなら、必ずチェックしたいスペックです。

Bluetoothでの「ワイヤレス接続」ならスポーツにも便利

Bluetoothでの「ワイヤレス接続」ならスポーツにも便利
ジョギングやウォーキングをしながらイヤホンを使なら、ケーブルのないワイヤレスタイプがおすすめです。動きを妨げず、着け心地も軽いのでスポーツに集中できます。

連続再生時間が短いとストレスになりかねませんので、充電モチはしっかり確認して。長時間使うなら、充電ケースつきモデルを検討してください。

プロの愛用するおすすめのオーディオテクニカイヤホン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのオーディオテクニカイヤホンをご紹介します。おすすめポイントを参考に、あなたにとって使いやすいアイテムを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
オーディオテクニカ ダイナミック密閉型カナルイヤホン 1枚目
出典:amazon.co.jp

オーディオテクニカダイナミック密閉型カナルイヤホン

ATH-SPORT10

1,859円 (税込)

オーディオテクニカイヤホンの人気ランキング10選

それでは、オーディオテクニカ製イヤホンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ご自身にぴったりのイヤホンを見つけてみてください!


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月7日時点) をもとにして順位付けしています。

10位
シリーズ-(CKシリーズ)
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続×
9位
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-EQ300M 1枚目
出典:amazon.co.jp

audio-technica(オーディオテクニカ)ATH-EQ300M

tGj7185830

950円 (税込)

シリーズ-(EQシリーズ)
装着方法耳掛け式・オープン型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続×
8位
シリーズCKSシリーズ
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能×
ワイヤレス接続〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)
7位
シリーズCKSシリーズ
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続×
6位
シリーズCKRシリーズ
装着方法-
ノイズキャンセリング機能×
ワイヤレス接続〇(連続再生時間6時間/充電ケース9時間)
5位
シリーズCKSシリーズ
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続×
4位
シリーズCKSシリーズ
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能×
ワイヤレス接続〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)
3位
シリーズ-(CKシリーズ)
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能×
ワイヤレス接続〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)
2位
シリーズCKSシリーズ
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続○(連続15時間・最大45時間)
1位
シリーズ-(CKシリーズ)
装着方法カナル型
ノイズキャンセリング機能-
ワイヤレス接続○(連続6時間・最大30時間)

人気 オーディオテクニカイヤホンの比較一覧表

商品画像
1
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CK3TW 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

2
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS5TW 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

3
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CK200BT 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

4
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS770XBT 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

5
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS550XiS 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

6
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKR7TW 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

7
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS550X 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

8
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS550XBT 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

9
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-EQ300M 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

10
オーディオテクニカイヤホン audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CK350iS 1枚目

audio-technica(オーディオテクニカ)

商品名

ATH-CK3TW

ATH-CKS5TW

ATH-CK200BT

ATH-CKS770XBT

ATH-CKS550XiS

ATH-CKR7TW

ATH-CKS550X

ATH-CKS550XBT

ATH-EQ300M

ATH-CK350iS

特徴お気に入りの音楽と一体となれる解放感さすがの重低音再生はそのままに、完全ワイヤレスを実現インラインコントローラーで操作がスムーズコスパよく、音質にも大満足のワイヤレスタイプハイレゾ音源対応のスマートフォン用モデル高音質が体感できる完全ワイヤレスの決定版豊かな音の表現を存分に楽しめるハイレゾ音源対応迫力の重低音を鳴らせるSOLID BASS HDドライバー使い勝手抜群の薄さで、軽やかな装着感が魅力ハイクオリティな音を再現するスマートフォン用イヤホン
最安値
12,508
送料無料
詳細を見る
13,400
送料無料
詳細を見る
3,485
送料要確認
詳細を見る
9,669
送料別
詳細を見る
3,759
送料要確認
詳細を見る
17,500
送料要確認
詳細を見る
2,832
送料別
詳細を見る
5,940
送料無料
詳細を見る
950
送料無料
詳細を見る
1,909
送料別
詳細を見る
シリーズ-(CKシリーズ)CKSシリーズ-(CKシリーズ)CKSシリーズCKSシリーズCKRシリーズCKSシリーズCKSシリーズ-(EQシリーズ)-(CKシリーズ)
装着方法カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型-カナル型カナル型耳掛け式・オープン型カナル型
ノイズキャンセリング機能--××-×-×--
ワイヤレス接続○(連続6時間・最大30時間)○(連続15時間・最大45時間)〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)×〇(連続再生時間6時間/充電ケース9時間)×〇(連続再生時間7時間/連続待ち受け最大約200時間)××
商品リンク

高音質のヘッドホン・イヤホンはまだまだたくさん!

オーディオテクニカでは、イヤホンだけでなくヘッドホンも人気です。また、Bluetoothながら音質の良さが評判のイヤホンもありますよ。気になった方はぜひ、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

オーディオテクニカ製イヤホンのおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがでしたか?

好みの音を探し出すのもよし、装着感で選ぶもよし、また見た目で選ぶのも楽しいブランドです。自分にぴったりのイヤホンを見つけて、素敵な音楽ライフを送ってくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す