• イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】のアイキャッチ画像5枚目

イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスタイプからハイエンドモデルまで!】

イヤホンケーブルを交換することで、イヤホン本来の音質を向上させる「リケーブル」。サウンドにこだわる人なら、リケーブルで自分好みの音にしたいですよね。SHUREなどのメーカーから、数多くのイヤホンケーブルが販売されていますが、MMCX端子・2ピン端子があり、線材や芯数などもさまざま。特にビギナーにとっては、何を基準に選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ビギナーにも分かりやすいよう、選び方のポイントを徹底解説し、おすすめのイヤホンケーブルを人気ランキング形式で紹介していきます。入門用にぴったりなケーブルはもちろん、上級者に最適なハイエンドモデルも登場!ぜひ参考にして、ワンランク上のミュージックライフを楽しんでくださいね!
  • 最終更新日:2019年09月13日
  • 101,738  views
目次

リケーブルで高音質なサウンドを楽しもう!

リケーブルで高音質なサウンドを楽しもう!

イヤホンのノイズが気になる、イマイチ音質がよくない…。そんなときには「リケーブル」を試してみましょう。リケーブルとは、着脱式イヤホンのケーブルを交換すること。イヤホンケーブルを交換することで、音質の向上、ノイズの低減、装着感の向上などに期待できます。


リケーブルを行えば、有線から無線にするなどカスタマイズも可能。イヤホン本体に付け替えるだけなので、ケーブルが断線しても長く使えて◎です。


自分好みの音にこだわりたい、ノイズのないクリアな音を楽しみたいなら、リケーブルを行うのが賢い方法。自分に合ったイヤホンケーブルをしっかり見極めて、高品質のサウンドを楽しみましょう!

イヤホンケーブルの選び方

まずは、イヤホンケーブルの選び方のポイントをご紹介します。

ケーブル端子の規格をチェック

イヤホン側に装着するケーブル端子の種類は複数ありますが、大きくは次の2種類に分けられます。すでに着脱式イヤホンがあるなら、端子の確認は必須。また、リケーブルすることを前提に、これからイヤホンとあわせて購入する場合は、2つの違いを押さえておくと役立ちますよ。

種類豊富で価格も手頃な「MMCX端子」

種類豊富で価格も手頃な「MMCX端子」

出典:amazon.co.jp

SHURE・WESTONE・UE・JVCなど、多くのリケーブル対応イヤホンで採用しているのが「MMCX端子」です。イヤホン・ヘッドホン問わず種類がとにかく豊富なため、複数のイヤホンに接続して使いたい人にもピッタリ。価格も安価なので、リケーブルを試してみたい人にもおすすめです。

接続した状態でも端子が回転するので、ねじれにくく耐久性が高いのが大きな利点。しかし、接続部分に力が加わると、接触不良を起こし音が途切れやすい傾向があります。使用時は接続部に衝撃などを与えないよう注意して使用しましょう。

接触不良の起こりにくい「2ピン端子」

接触不良の起こりにくい「2ピン端子」

出典:amazon.co.jp

一方、JH Audioなどのカスタムイヤーモニターでよく利用されているのが「2ピン端子」です。形状や間隔、太さなど、メーカー毎に細部の仕様が異なりますが、大きくは2本のピンが突出したものと埋め込み型の2種類。どちらも接触不良が起こりにくいのが強みで、音質にこだわりたい人にも最適です。


ゼンハイザーのイヤホンのように専用端子を採用している商品もありますが、同メーカーのもの以外にも、イヤホンの型番に対応したケーブルを購入してリケーブルが可能。2ピン端子は、ピンの接続部分に負担がかかりやすく、衝撃などで曲がる可能性もあるため注意して使いましょう。

接続機器や使い方に合わせて選ぼう

接続機器や使い方に合わせて選ぼう

接続する機器や使い方に合ったケーブルを選ぶことも大事ですね。スマホ・テレビなどに接続するなら3.5mmが定番です。もし、ハイレゾ対応ポータブルプレイヤーを持っているなら、2.5・4.4mm端子のバランスケーブルを利用できる可能性もあります。


ワイヤレス用イヤホンケーブルでリケーブルすれば、有線イヤホンをワイヤレスへカスタマイズ可能。接続したい機器や使用方法に合わせてカスタマイズできるのもイヤホンケーブルの魅力です。

求める音質に合わせて選ぼう

初心者にとくにわかりにくいのが、ケーブルの素材や設計の違いでしょう。音質にこだわりたい人は、これらの違いもしっかり確認しておきましょう。

ノイズを抑えたいなら、線材の種類と純度に注目

ノイズを抑えたいなら、線材の種類と純度に注目

出典:amazon.co.jp

ケーブルに利用されている線材は、主に銅と銀の2種類です。銅が使われている商品は種類も多く安価なので、コスト面を重視したい人にもおすすめ銀は電気信号が失われにくいため、より正確にサウンドデータを伝送できるのが魅力です。

銅と純銀では純度が異なり、元のケーブルには戻れないと言われるほど差を感じる人も。銅・銀メッキ・純銀・金メッキ・純金の順に伝送音質がよくなるため、音質にこだわりたい人は覚えておきましょう。


ちなみに、99.99%のことを「4N」と記載していることもありますが、数字は9がいくつあるのかを表わしたものです。最大でも7Nか8Nですので参考にしてくださいね。

聞こえ方が変わる芯数・バランス接続もチェックしよう

聞こえ方が変わる芯数・バランス接続もチェックしよう

出典:amazon.co.jp

クッキリしたサウンドを楽しみたい人は、4極やバランスと記載されているケーブルがおすすめです。バランス接続とアンバランス接続の2種類がありますが、一般的なイヤホンはアンバランス接続を採用しています。バランス接続の商品に交換するだけでも、音がクッキリ聞こえるようになりますよ。


また、音質にさらに影響を与える芯数もチェックしておきたいポイント。芯はケーブル内部にある導線の数のことを表わしており、芯の数が多いほど音が広がるように聞こえるのが特徴です。4芯・8芯と増えるにつれ音の密度が濃くなるので、音質に拘る人はケーブル設計も確認しておきましょう。

接続時に使いやすいものを選ぼう

扱いやすく、接続時にも使いやすい仕様のケーブルを選ぶことも大事です。

「SHURE掛け」に適した硬さのケーブルでタッチノイズを軽減!

「SHURE掛け」に適した硬さのケーブルでタッチノイズを軽減!

イヤホンケーブルが服に擦れたときなどに出る「タッチノイズ」を抑えたい人は、やわらかいケーブルを選択しましょう。硬めのものより取り回しやすく、ケーブルを耳に掛ける「Shure(シュア)掛け」もしやすくなります。


さらに、イヤホンが外れにくく、耳への装着感が良くなるのも魅力。タッチノイズを抑えて音に集中したい人は、シュア掛け対応イヤホンに合わせて適切なケーブルを購入しておくといいでしょう。多くのリケーブル対応イヤホンは、「Shure掛け」をすることができますので試してみてくださいね。

適切なプラグ形状を選べば使いやすく耐久性もアップ!

適切なプラグ形状を選べば使いやすく耐久性もアップ!
プラグの形状は、ストレート・L字の2種類。このうち、スマホに接続する場合は、ケースに干渉しにくいストレートタイプのイヤホンケーブルが最適です。ストレートケーブルは、まっすぐ機器へ挿し込むタイプなので、スマホやポータブル機器をポケットに入れて音楽を聞く人にも適しています。

それ以外の用途や接続部分の耐久性を重視したい人は、プラグ部分の耐久性が高いL字タイプがおすすめです。L字プラグは、外出時にカバンに入れていてもプラグとケーブル部分の強度があるため、断線しにくいのが特徴。スマホ利用者はケースが接続の邪魔にならないかチェックしておくといいですよ。

延長せずに済む長さを選ぼう

延長せずに済む長さを選ぼう
自分にとって使いやすい長さを選ぶのは当然ですが、できるなら延長コードを使わずに済む長さのケーブルを選びましょう。胸ポケットやズボンにスマホを入れて音楽を聴く人なら、1.2mほどあれば十分。据え置き機器に接続する場合などは、1.6m以上の長さがあると安心です。

イヤホンケーブルと接続機器の間に別のケーブルが入ると音質が低下してしまうので、余裕を持った長さを選ぶようにしましょう。

イヤホンケーブルのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、おすすめのイヤホンケーブルをランキング形式でご紹介します。手持ちのイヤホンに最適なものを見つけて、リケーブルしてみましょう。

10位
端子2ピン
プラグ規格3.5mm
線材/純度銀メッキ/-
芯数4芯
バランス接続-
SHURE掛け
形状ストレート
長さ1.2m
9位
端子MMCX
プラグ規格4.4mm
線材/純度金メッキ・OFC(無酸素銅導体)/-
芯数16芯
バランス接続
SHURE掛け-
形状ストレート
長さ1.2m
8位

finalシルバーコートケーブル MMCX

19,800円 (税込)

端子MMCX
プラグ規格3.5mm
線材/純度銀メッキ・OFC(無酸素銅導体)/-
芯数-
バランス接続-
SHURE掛け-
形状L字
長さ1.2m
7位
端子MMCX
プラグ規格3.5mm
線材/純度銀メッキ/-
芯数16芯
バランス接続-
SHURE掛け-
形状ストレート
長さ1.2m
6位
端子MMCX
プラグ規格4.4mm
線材/純度金メッキ・純銀/4N(純銀)
芯数8芯
バランス接続
SHURE掛け
形状ストレート
長さ1.2m
5位

onsoイヤホン・ヘッドホン用リケーブル

iect_03_bl4m

9,900円 (税込)

端子MMCX
プラグ規格4.4mm
線材/純度金メッキ/銅線6N+4Nハイブリッド
芯数-
バランス接続
SHURE掛け-
形状L字
長さ
4位
端子2ピン
プラグ規格2.5・3.5・4.4mm
線材/純度銀メッキ銅/ー
芯数8芯
バランス接続
SHURE掛け
形状ストレート
長さ1.2m
3位

SHUREワイヤレス リケーブル BTシリーズ

RMCE-BT2

15,170円 (税込)

端子MMCX
プラグ規格ワイヤレス
線材/純度-/-
芯数-
バランス接続-
SHURE掛け
形状-
長さ最大通信距離10m
2位
端子MMCX
プラグ規格4.4mm
線材/純度OFC(無酸素銅導体)/-
芯数8芯
バランス接続
SHURE掛け-
形状L字
長さ1.2m
1位
端子MMCX
プラグ規格ワイヤレス
線材/純度-/-
芯数-
バランス接続-
SHURE掛け
形状-
長さ最大通信距離10m

人気イヤホンケーブルの比較一覧表

商品画像
1
イヤホンケーブル JPRiDE Bluetooth レシーバー 1枚目

JPRiDE

2
イヤホンケーブル SONY リケーブル 1枚目

SONY

3
イヤホンケーブル SHURE ワイヤレス リケーブル BTシリーズ 1枚目

SHURE

4
イヤホンケーブル Yinyoo YYX4822 ケーブル 1枚目

Yinyoo

5
イヤホンケーブル onso イヤホン・ヘッドホン用リケーブル 1枚目

onso

6
イヤホンケーブル NOBUNAGA リケーブル 澪標 1枚目

NOBUNAGA

7
イヤホンケーブル TRN mmcx リケーブル 1枚目

TRN

8
イヤホンケーブル final シルバーコートケーブル MMCX 1枚目

final

9
イヤホンケーブル ALO Audio Gold 16 IEM Cable 1枚目

ALO Audio

10
イヤホンケーブル KZ リケーブル 1枚目

KZ

商品名

Bluetooth レシーバー

リケーブル

ワイヤレス リケーブル BTシリーズ

YYX4822 ケーブル

イヤホン・ヘッドホン用リケーブル

リケーブル 澪標

mmcx リケーブル

シルバーコートケーブル MMCX

Gold 16 IEM Cable

リケーブル

特徴ハイレゾ級高音質を叶えるBluetoothレシーバーウォークマンユーザーなら間違いなくコレ幅広いBluetooth機器に接続できるワイヤレスケーブル用途に合わせて選択できる2ピン対応ケーブル贅沢な組み合わせでこの価格は良心的低音域に強く明瞭な再現性スパコン「京」のケーブルを担う潤工社との共同開発1度使ったらもう戻れないALO audioの最高峰KZイヤホンを使用しているならコチラ
最安値
5,436
送料要確認
詳細を見る
17,198
送料無料
詳細を見る
15,169
送料無料
詳細を見る
1,989
送料要確認
詳細を見る
9,900
送料無料
詳細を見る
30,352
送料無料
詳細を見る
2,490
送料要確認
詳細を見る
19,800
送料無料
詳細を見る
118,260
送料別
詳細を見る
要確認
端子MMCXMMCXMMCX2ピンMMCXMMCXMMCXMMCXMMCX2ピン
プラグ規格ワイヤレス4.4mmワイヤレス2.5・3.5・4.4mm4.4mm4.4mm3.5mm3.5mm4.4mm3.5mm
線材/純度-/-OFC(無酸素銅導体)/--/-銀メッキ銅/ー金メッキ/銅線6N+4Nハイブリッド金メッキ・純銀/4N(純銀)銀メッキ/-銀メッキ・OFC(無酸素銅導体)/-金メッキ・OFC(無酸素銅導体)/-銀メッキ/-
芯数-8芯-8芯-8芯16芯-16芯4芯
バランス接続-----
SHURE掛け-----
形状-L字-ストレートL字ストレートストレートL字ストレートストレート
長さ最大通信距離10m1.2m最大通信距離10m1.2m1.2m1.2m1.2m1.2m1.2m
商品リンク

リケーブルを活用してイヤホン本体を長く利用しよう!

リケーブルを活用してイヤホン本体を長く利用しよう!

イヤホンケーブルは、使用しているうちにだんだん劣化していく消耗品。特にだんだん「緑化」してくると音質が変わっていなくても気になるものですよね。何万円もするようなハイエンドイヤホンの本体を頻繁に買い替えるのは難しくても、ケーブルだけなら交換しやすく◎です。


また、ケーブル交換すると音質が変わるとも言われますが、音の聞こえ方は人によって異なります。もし気になるときは「エージング」をするのもひとつの方法です。


エージングとは、音響機器のならし運転のことで、音が安定するようになると言われています。人によってエージングの評価はさまざまですが、イヤホンケーブルが緑化しリケーブルしたあと、より音質をよくしたいなら、試しにエージングしてみるのもおすすめですよ。

ケーブルをまとめる時は収納グッズを活用しよう!

イヤホンケーブルは、細いものほど絡まりやすくなります。コードに巻きグセが付くと劣化しやすくなり、これが断線に繋がることも。良いイヤホン、良いケーブルを使うならきちんと収納しておきたいですよね。


以下のリンクでは、コードをまとめつつイヤホンごと収納しておける、便利なケースをご紹介しています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

イヤホンケーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、イヤホンケーブルのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか? 普段愛用しているイヤホンも、リケーブルするだけで音質を向上させることができます。もちろん、お手持ちのイヤホンが断線してしまった、という時にも便利ですよ。

チョイスするケーブルによって聴こえ方もさまざまなタイプに変化するので、あなた好みの音に変わるイヤホンケーブルを見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す