• 3ba67e7ccf30bb0629a0940410fb80c931d6b3fb
  • 96095ac221038be6ce02615fe407af394df92d53
  • Ada5987305929996130c329de61f232685b36a75
  • B28235859f824c34ea398d21fe1d4d2b07f99b96
  • 7ea826b76462a12c56af68dc2cb5971201d9fa51

ランニングにおすすめの最強イヤホン人気ランキング20選【音質も機能も大満足!】

ランニングの際にiPhoneなどで音楽を聴きながら走るという方は多いのではないでしょうか。最近はBluetooth(ブルートゥース)対応で走る際にコードが邪魔になりにくいワイヤレスタイプや、ノイズが少なく高音質、防水性が高いので汗をかいても大丈夫、などの機能を持つイヤホンが多数販売されています。また、走っても外れないことや値段の安さなども気になるポイントですよね。

今回は、ランニングに最適なおすすめのイヤホンをランキング形式で20商品紹介します。ベストなイヤホンをゲットして、今まで以上にランニングを楽しく続けましょう!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年09月02日 | 91,806views

ランニングで使うイヤホンの選び方

ランニングの時は、どんなイヤホンを使うと良いのでしょう。以下で紹介する選び方ポイントを押さえておけば、イヤホン選びで失敗することは少なくなるはずですよ。安いだけでなく、機能性やスペックも重視してイヤホンを選んでみてください。

コードが気にならないワイヤレスタイプがおすすめ

ランニング中に使うイヤホンは、身体を動かしてもイヤホンがずれたり落ちたりしないワイヤレスタイプがおすすめです。コードが気になることもないので、ランニングに集中しやすいです。

各メーカーが実際にスポーツ・ランニング向けで販売しているイヤホンも、今はBluetoothという技術を利用したワイヤレスタイプが主流となっています。Bluetoothとはデジタル機器に用いられる近距離無線通信規格で、数メートルくらいの距離なら無線でパソコン・スマートフォンなどのデータがやり取りできるというものです。

ランニングの際に有線のイヤホンをしなくても、ウエストポーチなどに入れたスマートフォンから音楽を聴けるので、とても便利な機能となっています。

耳にフィットして邪魔にならないものを選ぶ

ランニングの時は、やはり装着感が気にならないこと、走って体が揺れてもイヤホンがずれないことがとても大切です。まずはこのポイントを第一に選びましょう。さらに軽量であれば、言うことなしです。高スペックで高価格帯のものは、フィット感はもちろん軽さも考えて作られているものが多いです。

しっかり音楽を楽しみたいならカナル型がおすすめ

人間の耳の形にはいろいろあるのですが、一番多くの方にフィットしやすいのは上図のようなカナル型です。耳の穴に挿し込むタイプで、ランニングをしても耳から落ちにくいです。耳の穴に浅く引っかけるようなインナーイヤー型は引っかかりが浅く、フィット感がしっくりこないという方が多いようです。インナーイヤー型は音漏れしやすいという弱点もあります。

ただ、カナル型の耳に押し込む感じがどうしても苦手という方もいらっしゃいます。また、カナル型は耳穴をしっかり塞ぐため遮音性が高いのですが、交通量が比較的多いコースなどを走る場合は周囲の音がまったく聞こえないと危険な場合もあります。こうした点に不安があれば、耳を完全に塞がないタイプのイヤホンも候補に入れてみてください。

防水性・耐久性のあるものを選ぶ

ランニング中に汗をかいても清潔感が損なわれない、防滴機能があるものもおすすめです。100円ショップなどの安いイヤホンでは、どうしてもこの点が一段劣ります。防水機能が高いと、急な雨などでも安心です。イヤホンの耐久性にも関係してきますので、重視しておきましょう。

音質の良いものを選ぶ

部屋で音楽を聴くのとは違い、周囲の雑音が気になりやすいランニング時には、音質も考えて選んだ方がいいでしょう。最近ではリーズナブルなイヤホンでもかなり音質の良いものが登場していますが、高スペックのイヤホンはハイレゾ音源も楽しめたり、サウンドのカスタマイズができたりとさらに一段上の音質を楽しむことができます。

実は、イヤホン自体の音質だけでなく遮音性の高さも、耳に入ってくる音に大きな影響を与えます。細かい音質の違いなどが気にならないという方も、周囲の音に影響されにくい、遮音性の高いものを選ぶのがいいですよ。

プロの愛用するランニングにおすすめの最強イヤホン

まずはランキングの前に、プロの愛用するランニングにおすすめの最強イヤホンをご紹介します!

プロのおすすめポイントを参考に、ランニングの邪魔をしないイヤホンを見つけてくださいね。

iPhoneユーザーにおすすめの「AirPods」

愛用品のおすすめポイント
De209b1147e8485e63dfbb48c8e7493ff1b64192
ITライター
柳谷 智宣

筆者はiPhoneでしか音楽を聴かないので、「AirPods」が手放せない。完全ワイヤレスタイプのイヤホンで、昨年登場した時には度肝を抜かれた。イヤーピースを収納するケースにはバッテリーを搭載しており、充電も簡単。

もちろん、ケースの端子もLightningだ。iPhoneなら、Bluetoothをオンにして、充電ケースを開ければ「AirPods」を見つけるお手軽動作もうれしいところ。音楽を楽しむときに、ケーブルから解放されるのは想像以上に快適だった。

ランニングにおすすめイヤホン人気ランキング20選

ここからは、ランニングする方に最適なイヤホンをランキング形式でご紹介します。ランニング中でも音楽をしっかり楽しみたい方、邪魔にならないイヤホンをお探しの方は是非参考にしてくださいね。

20位:Skullcandy ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン

Skullcandy ネックバンド式カナル型ワイヤレスイヤホン A2IKW-J509
5,385円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

スタイリッシュなデザインのエントリーモデル

スタイリッシュなデザインで、リーズナブルながら音質や操作性にも優れているため人気のイヤホンです。軽量で操作性が高く、純粋なイヤホンとして優れています。ただしスポーツを楽しむ方向けのイヤホンではなく、防水機能がない点などは注意が必要です。

19位:フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース ワイヤレス Bluetooth イヤホン

フォステクスカンパニー KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース ワイヤレス Bluetooth イヤホン
14,800円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

本田選手プロデュースらしいこだわりがいっぱい

運動の際に実際にイヤホンで音楽を聴くという、本田圭佑プロデュースというだけあって、こだわり満載です。独自開発のスポーツサポートイヤフック、運動でも操作が行いやすいシステムなど、ランニングやスポーツをされる方に嬉しい優れた機能がついています。ただし同価格帯のイヤホンと比べ、音質重視の方には不満が残るかもしれません。

18位:yurbuds VENTURE PRO 防水機能(IPX5)対応スポーツイヤホン

yurbuds VENTURE PRO 防水機能(IPX5)対応スポーツイヤホン
1,397円(税込)

・形状:インナーイヤー型(コードあり)
・防水機能:あり

防水・防汗性能を持ったリーズナブルなスポーツモデル

低価格ながら汗に強いスポーツ・アウトドアタイプを実現しているのがこのイヤホンです。長時間快適な装着性と、アウトドアにも使える防水機能のあるイヤホンがこの価格で購入できます。ただし、こちらのイヤホンはワイヤレスではありませんし、形状もインナーイヤー型なので注意が必要です。

17位:PHILIPS カナル型イヤホン SHE9700

PHILIPS カナル型イヤホン SHE9700
1,582円(税込)

・形状:カナル型(コードあり)
・防水機能:なし

コード付きでもOKならおすすめ。1,500円クラスで高音質

コードがあってもそれほどランニングで気にならない、スポーツタイプでなくても安くて音質の良いイヤホンがいいという方におすすめです。イヤホン部は柔らかく快適な装着感なので、運動しても気にならない方が多いと思います。ワイヤレスという条件を外し、価格重視の方は候補に入れてもいいのではないでしょうか。

16位:JBL UA Sport ワイヤレスイヤホン インイヤー型

JBL UA Sport ワイヤレスイヤホン インイヤー型
16,070円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

耳の小さい方におすすめの、外れにくい小型イヤホン

有名スポーツブランドとオーディオブランドのコラボということで、スポーツ向きの機能性と高い音質を両立したイヤホンです。ツイストロックテクノロジーという技術で、耳からも外れにくくランニングなどの運動に非常に適しています。小型なので耳が小さめの方に好評です。ただし価格が少し高い点はネックになるかもしれませんね。

15位:QCY QY8 Bluetoothイヤホン BT ver 4.1

QCY QY8 Bluetoothイヤホン BT ver 4.1 APT-X CSR 8645 CVC6.0
2,980円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

Amazonなどで人気のリーズナブルなモデル

アマゾンなどの通販で売れ筋のイヤホン。リーズナブルですが防水機能と高い操作性を備え、シンプルながら人気が出るのもうなずけます。音質も、リーズナブルなエントリーモデルとしては良質でオーディオ用としても使えます。コスパが良く優れたイヤホンなのですが、外れにくさ・装着感はかなり個人差がある点には注意が必要です。

14位:Sol Republic SHADOW ワイヤレス Bluetooth イヤホン

Sol Republic SHADOW ワイヤレス Bluetooth イヤホン
10,130円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

マルチに活躍するイヤホンながら、防水機能が高くスポーツにも使える

この後8位で紹介するSol Republic RELAYS SPORTと同じブランドなのですが、こちらはよりマルチにイヤホンを使いたい方向けです。長時間着用しても疲れにくいネックバンドが好評です。

イヤホンとしての音質や総合的な操作性はこちらのほうが上です。一方でランニングに求めたい、高い防水性や耳へのフィット感は8位で紹介するRELAYS SPORTのほうが上という評価になります。自分に必要な機能を考えて選んでくださいね。

13位:Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式

OneOdio Bluetooth 4.1 イヤホン ステレオ 防汗防滴 マイク内蔵式
2,469円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

細めのワイヤーフックで装着しやすく、コスパも高いイヤホン

ワイヤーフックが細めで、ランニング中に装着感が気になりにくいイヤホンです。かなりリーズナブルなお値段も魅力ですね。音質もこの価格帯の中では優れた評価を得ていて、イヤーチップなども豊富に用意されています。ただし連続再生時間が短めな点は注意が必要です。

12位:COULAX ワイヤレスイヤホン bluetooth V4.1

COULAX ワイヤレスイヤホン bluetooth V4.1 ステレオ ノイズキャンセリング bluetoothイヤホン
1,999円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:なし

2,000円で買えるお手頃なbluetoothワイヤレスイヤホン

カナル型・スポーツタイプで価格重視ならこのイヤホンもなかなかおすすめです。2,000円とはいえ音質・機能性ともに侮れないスペックです。防水性などはやや低く、軽いランニングが中心のライトユーザー向けのイヤホンとなります。

11位:JVC HA-ETR80BT-R Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン

JVC Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン HA-ETR80BT
6,853円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

耳にフィットしやすいシリコンのイヤーサポート

耳に合わせて回転させられるシリコンのイヤーサポートで装着感が良く、防滴性も高いランニング向けのイヤホンです。低遮音イヤーピース付属で、屋外のランニングを安全に行いたい方にも配慮しています。音質・機能を考慮するとコスパは高いのですが、連続再生時間が他のイヤホンよりも短めなので長時間の利用を考えている方はご注意ください。

10位:audio-technica Sound Phone イヤホン ワイヤレス

audio-technica Sound Phone イヤホン ワイヤレス ATH-BT07
7,390円(税込)

・形状:インナーイヤー型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

防水機能が高いヘッドホン一体型タイプ

しっかり汗をかいても大丈夫な防水機能で水洗いOK!操作も耳元で可能ですから、ランニングなどに向いたイヤホンです。外部の音を聞きやすく、デザインもスポーティーなので、で完全にランニング・スポーツをされる方向けですね。

フリーアングルのネックでフィットしやすさにも配慮していますが、完全に遮音しないように配慮したインナーイヤータイプなので、カナル型のような強力なフィット感をお求めの場合は注意が必要です。

9位:Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応 カナル型ワイヤレスイヤホン

Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応 カナル型ワイヤレスイヤホン ML8V2PA/A
19,428円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)・
防水機能:あり

機能性・操作性の高さがウリ。長時間再生も可能

耐汗・防沫機能、バッテリー最大12時間という持続性、操作性の高さなど機能の良さが光るワイヤレスイヤホンです。人間工学に基づくデザインで、圧迫感をあまり感じずに装着可能であることもランニングにはぴったりです。

高い価格帯のイヤホンだけあって音質もデュアルドライバ音響採用とこだわっています。機能性と音質、どちらもこだわりたい方は候補の1つになるのではと思います。

8位:Sol Republic RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth ワイヤレスイヤホン

Sol Republic RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth ワイヤレスイヤホン
8,099円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

外れにくい特許取得でストレスフリーの装着感

イヤーフックなしでも快適な装着感を実現するというFreeFlexテクノロジーで特許を取得しており、フィット感重視の方に向いたイヤホンです。ランニング中にイヤホンによる耳の違和感が気になるという方におすすめです。防水などの機能性・音質も高いレベルですので、イヤホンとしての基本性能で不満を持たれる方は多くないでしょう。

7位:Bose SoundSport Pulse wireless headphones ワイヤレスイヤホン

Bose SoundSport Pulse wireless headphones
23,760円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

心拍数計測機能つきでランニングに最適

精度の高い心拍数計測機能付きですから、安全に・快適にランニングしたい方が利用するイヤホンとしておすすめです。BOSEなので、当然音質の高さでもユーザーから高い評価を受けています。多少高くてもいいので、とにかく音質第一!という方にもおすすめできるイヤホンですね。

6位:Q12 サウンドピーツ Bluetooth イヤホン

Q12 SoundPEATS Bluetooth イヤホン
2,899円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

コスパの高さで人気のリーズナブルなイヤホン

3,000円以下ながら音質とのバランスが良く、コストパフォーマンスに優れるイヤホンとなっています。ユニークなポイントとしては、マグネット内蔵で使わない時にコンパクトにまとめやすいことが挙げられます。リーズナブルながら装着感・音質・機能性を兼ね備えた使いやすいイヤホンで、実際に購入したユーザーの口コミも良いものが多いです。

5位:PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ)

PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット ステレオイヤホンタイプ
9,640円(税込)

・形状:インナーイヤー型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

高い防水性に反射加工で安心感のあるイヤホン

防水規格IP54に対応しており、防水性が高く耐久力に優れるイヤホンです。反射加工がされているので夜間にランニングする方にもおすすめです。こちらのイヤホンはカナル型ではなく、周囲の音も少し拾えるようになっています。ジムで周囲の雑音を遮断して走りたい方ではなく、車の音などにも注意しつつ、夜間を含め屋外で安全に音楽を聴きながらランニングしたい方向けです。

4位:Orinsong Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン

Orinsong Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン
2,999円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

フィット感がよくリーズナブルなのが魅力

3,000円クラスとリーズナブルなイヤホンながら、その性能は侮れません。装着感が良くバッテリーも長時間持ちますので、長くゆっくりフィットネスをされる方におすすめです。耳の形に沿ったデザインが心地よいフィット感を与えてくれます。イヤーフックもS・M・Lサイズから選ぶことができますよ。

防滴などの基本スペックもしっかり押さえています。音質も同価格帯のイヤホンと比べて評価が高く、音楽・音質にどうしても高いこだわりがあるという方以外は概ね満足できるのではと思います。

3位:ソニー SONY ワイヤレスイヤホンMDR-XB50BS

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS
12,410円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

高い防水性能・重低音に満足

水洗い可能な高い防水性能が特徴のイヤホンです。10分の充電で60分使用可能なクイック充電、耳元だけで操作可能なマルチファンクションボタンなどの仕様も優れています。

ソニーだけあって、音質の良さや音漏れの少なさも折り紙つきですよ。重低音にこだわりがあり、音質を高く評価するユーザーが多いのも頷けます。一見少し大きめに見えますが、耳にフィットしやすいです。ケーブルの長さを調整しやすくフックも頭部にしっかり固定できるので、ランニングに必要な装着感の良さでもおすすめできます。

2位:Jaybird Freedom Wireless ワイヤレス イヤホン

Jaybird Freedom Wireless ワイヤレス イヤホン JBD-FDM-001
13,008円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

圧倒的高音質、世界最小クラスのBluetoothイヤホン

ランニング中でも音質にこだわりたい方はこちら。大音量でも音漏れが少なく、サウンドのカスタマイズも充実しています。メリハリが効いていて、高音域から低音域までしっかりと「聴ける」ので、音楽好きな方におすすめします。

装着感に関しても、世界最小クラスでアンダーイヤー・オーバーイヤー両方に対応しており、かなり快適と評価が高いです。コントローラーも軽量なので、ランニング中に気になることが少ない点も快適さに貢献しています。

内蔵バッテリーで4時間、チャージ用バッテリークリップの装着でさらに4時間、合計8時間の長時間連続再生が可能な点も優れています。コントローラーも、押し間違いしにくいボタン設計でかなり親切になっていますよ。音質だけでなく、機能性やフィットしやすさなどを総合的に考えても価格に見合うハイスペックのイヤホンです。

1位:JPA1 MK-II iphone7 対応 Bluetooth イヤホン

JPRiDE JPA1 MK-II iphone7 対応 Bluetooth イヤホン
4,480円(税込)

・形状:カナル型(ワイヤレス)
・防水機能:あり

フィット感・防塵防水機能・音質・コスパを満たしたイチオシ商品

小型・軽量でスポーツに最適な、防塵・防水のワイヤレスイヤホンです。いろいろな耳の形にフィットするよう、11種類のイヤーピース付きなのに5,000円以下、そして高音質も実現している、とてもコスパの良いイヤホンです。

12.7gとかなり軽量で、ワイヤレスながらかなりの安定性が魅力です。走ってもなかなかイヤホンが抜けたり落ちたりせず、違和感なくランニングを続けることが可能です。遮音性能と音質も音楽鑑賞用としても十分なほどレベルが高く、ハンズフリー通話やノイズキャンセリング、スマートフォン2台までのマルチポイント接続などの機能もついています。

iPhoneとの相性もよく、ランニング中はiPhoneで音楽を聴くという方には特におすすめですよ。スマホとイヤホン、独立の音量調整も可能です。こうした様々な機能・音質・フィット感・価格を総合的に評価し、ランニング向けイヤホンランキングの1位とさせていただきます!

まとめ

いろいろなタイプのイヤホンを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。音楽を聴きながらだと、ランニングも飽きずに楽しく続けられるという方は多いですよね。定期的に走る習慣をお持ちの方は、ランニング用に機能性が高く、装着感の良いイヤホンを探してみてください。

関連記事

人気の記事