【徹底比較】5,000円以下イヤホンのおすすめ人気ランキング19選

【徹底比較】5,000円以下イヤホンのおすすめ人気ランキング19選

売れ筋の人気5,000円以下イヤホン19商品をすべて購入して、徹底的に比較しました!

イヤホンの機能性は、値段に応じて変わるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、5,000円以下のイヤホンでも、うまく選べば申し分ない音質のものを手に入れることができます。しかし、ソニーやBOSEなどの大手メーカーに加え、AnkerやSoundPEATSなど手頃な価格の商品を扱うメーカーから、幅広いイヤホンが展開されているため、どのイヤホンを選ぶべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?


そこで今回は人気のワイヤレス型に絞って、Yahoo!ショッピング・Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の5,000円以下イヤホン19商品を実際にテストして、最もおすすめできる5,000円以下イヤホンを決定したいと思います。


果たして、どれが最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年03月12日
  • 932,167  views
目次

5,000円以下イヤホンの選び方

比較検証の前に、まずは5000円以下のイヤホンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。


はじめに、イヤホンを選ぶ上で最初に決めるべきイヤホンのモデルと形状について。次に音質やつけ心地をご紹介していきますので、イヤホンを選ぶ際の参考にしてくださいね。

①使用感が大きく違う3種類のワイヤレスイヤホン。タイプごとに商品の幅が異なる

5,000円以下のイヤホンでも以下の3種類それぞれ選ぶことができます。各モデルの特徴をチェックして、用途にあったものを選ぶようにしましょう。

完全ワイヤレス型イヤホン:お手頃で質のいい新興メーカーの商品がねらい目

完全ワイヤレス型イヤホン:お手頃で質のいい新興メーカーの商品がねらい目

イヤホンをつなぐコードがまったくない完全ワイヤレス型イヤホンは、より自由で軽やかなつけ心地が魅力のタイプです。


ソニーやBOSEといった大手メーカーの完全ワイヤレス製品は、比較的高級なモデルが多いです。しかし、AnkerやsoundPEATSをはじめとした新興メーカーが、手頃で質の良い商品をたくさん展開しています。それらのメーカーを中心に探すと価格以上に満足できる商品にめぐり合えますよ。


有名ブランドに対してこだわりがない、かつイヤホンコードを完全になくしたい方におすすめです。

左右一体型イヤホン:手頃な値段で大手メーカーの機種を買いたいならこのタイプ

左右一体型イヤホン:手頃な値段で大手メーカーの機種を買いたいならこのタイプ

左右のイヤホンが1本のコードで繋がっている左右一体型。安価な製品が多く、手軽に購入することができるため、Bluetoothイヤホンの入門機におすすめのモデルです。左右一体型ならソニーなどの大手メーカーでも手頃な価格で購入することができますよ!


外した後も首からネックレスのようにかけておけるので、完全ワイヤレスのようにイヤホンをなくすのが心配な人におすすめのモデルです。

ネックバンド型イヤホン:価格帯は左右一体型と同じだが、大手メーカー商品は品薄

ネックバンド型イヤホン:価格帯は左右一体型と同じだが、大手メーカー商品は品薄

首にかける部分が形状記憶素材になっているのがネックバンド型。ケーブル部分が少なく安定したつけ心地が魅力です。またバンド部分にバッテリーを搭載しているため、再生時間も左右一体型に比べて長いのが特徴。


一方で、あまり商品数が多くなく、主なラインナップは国内メーカー以外の製品などが多くなります。メーカーにこだわらず、左右一体型よりもつけ心地や再生時間の長さを求める方におすすめのモデルです。

②つけ心地が大きく異なる!イヤホンの形状にも注目

②つけ心地が大きく異なる!イヤホンの形状にも注目

イヤホンの形状はカナル型とインナーイヤー型の2種類。この形状によってつけ心地が大きく左右されます。


軽いつけ心地を求める方や、耳の中が圧迫される感じが苦手な方には、インナーイヤー型をおすすめします。耳を密閉しないため、外の音が聞き取りやすいのも特徴のひとつです。


一方、イヤホンが外れやすい方は、イヤーピースの交換できるカナル型や、耳に引っ掛けて固定するイヤーウイング・イヤーフック付きのものを選ぶのがおすすめですよ。

③使用するメーカーに合わせた「コーデック」で選ぶ

③使用するメーカーに合わせた「コーデック」で選ぶ

低価格帯のイヤホンを買う際は、音質や動画視聴時のタイムラグが不安ですよね。そんな時は、使用している「コーデック」に注目してください。


コーデックとは音声送信時の形式(質)のことを表すもの。一例ですが、この規格の種類はBluetooth機器に標準搭載されている「SBC」や、主に IPhone製品に使用され、SBCに比べ高音質の「AAC」、Android製品の一部に対応し、SBCと比べ圧縮率が低く高音質な「aptX」 などがあります。


1点注意したいのが、コーデックは送信機(スマホなど)と受信機(イヤホン)の両方が対応していないと意味がないということ。そのため、必ず自分の使用する再生機がどのコーデックに対応しているか確認するようにしましょう。

④Bluetoothバージョンは4.1以上を選ぶ

④Bluetoothバージョンは4.1以上を選ぶ

Bluetoothのバージョンは通信性能の新旧を表しており、数字が最も大きいものが最新になります。なお、バージョンアップによる機能改善は「通信速度の高速化」や「通信可能エリア」などに影響しており、なかでもBluetooth4.1からは電波干渉を抑える機能が追加され、通信品質が向上しているため4.1以上の規格を選ぶのがおすすめ


もちろんイヤホン自体の性能にもよりますが、4.1以上を搭載しているモデルであれば日常的な場面での音切れがほとんどなくなり、初回に設定をすれば2回目以降はスマホとの接続を自動で行ってくれるようになります。

⑤連続再生時間も要チェック

⑤連続再生時間も要チェック

一口に5,000円以下のイヤホンと言っても、その再生時間は機種によってさまざま。4~5時間程度のものもあれば、15時間再生できるタフな商品もあります。


通勤通学で使用する程度であれば5時間ほどで十分ですが、仕事や勉強をしながら音楽を聴きたいという方は、8時間程度の性能があると、途中で充電を挟む心配なく使用できますよ。


ランキングに各商品の連続再生時間を記載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

売れ筋の人気5,000円以下ワイヤレスイヤホン全19商品を徹底比較!

売れ筋の人気5,000円以下ワイヤレスイヤホン全19商品を徹底比較!

それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の5,000円以下イヤホン19商品をすべて集めて、どれが最もおすすめのイヤホンなのかを検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. ANKER|【第2世代】Soundcore Liberty Neo
  2. ANKER|SoundBuds Slim
  3. ANKER|Soundcore Spirit X
  4. bikuto|Bluetooth イヤホン
  5. colel|Bluetooth イヤホン
  6. ELECOM|LBT-F11IP2
  7. ENACFIRE|Future Plus
  8. evio |Bluetooth イヤホン
  9. gaosa|Bluetooth イヤホン T9
  10. GEO|GRFD-SWE04
  11. Hihicup|Bluetooth イヤホン
  12. JVC|HA-FX101BT
  13. QCY|t1
  14. QCY|QCY-QY25Plus
  15. QCY|QCY-M1PRO
  16. Skullcandy|JIB+ ACTIVE
  17. Sony|WI-C310
  18. SoundPEATS|TrueFree+
  19. SoundPEATS|Q35Pro


検証項目は以下の4項目としました。
検証①:音質
検証②:音の遅延

検証③:つけ心地

検証④:音漏れ


今回は音楽再生プレイヤーとしてiPhoneXを使用して各検証を行いました。

検証①:音質

検証①:音質

検証では今年人気を博したOfficial髭男dismの「Pretender」を聴いて音質の良さを比較しました。


使用時間が長時間化している背景を踏まえて、単純に派手で味の濃い音を評価するのではなく、聴き疲れしない何時間でも聴いていたくなる音を良い音として評価を行いました


具体的には「音がきれいに聴こえているか?」「高い音がシャリシャリしすぎていないか?」「低い音が強調されすぎていないか?」を重視して評価しています。

【検証ハイライト】音質不合格は19商品中4商品。コーデックは候補から外す基準にできる

【検証ハイライト】音質不合格は19商品中4商品。コーデックは候補から外す基準にできる

不合格となったイヤホンは19商品中4商品。その内3商品はコーデックが最低ランクの「SBC」であったことから、コーデックを基準とした選び方は有効であることがわかります


また、コーデックと合わせて注目すべきなのがメーカーです。検証では有名なイヤホンメーカーやブランドは、一通り合格点を上回る結果となっていました。音質で失敗したくない人は、コーデックとメーカーに注目して商品を選びましょう

検証②:音の遅延

検証②:音の遅延

音の遅延では、各イヤホンでyoutubeにある動画を2種類視聴し、動画と音声のズレがどの程度あるかを検証しました。


採点の際は「通常のバラエティ動画で遅延を感じるか?」「遅延の影響が大きく出るダンス動画で遅延を感じるか?」を基準に点数をつけています。

【検証ハイライト】遅延が大きく出たのは19商品中6商品。遅延の少なさでもコーデックの確認は有効だった

【検証ハイライト】遅延が大きく出たのは19商品中6商品。遅延の少なさでもコーデックの確認は有効だった

遅延が大きく感じられたのは19商品中6商品。そのうちの1商品はコーデックの記載がされておらず不明ですが、のこりのイヤホンの内4商品はコーデックが最低ランクの「SBC」となっており、音が遅延するイヤホンを一定数弾くためにもコーデックのチェックは有効であることがわかりました。

検証③:つけ心地

検証③:つけ心地

つけ心地の検証では、3人の編集部員が各イヤホンを耳につけた状態で、下記の動作を行いました。

  • 頭を傾ける
  • ジャンプする
  • 頭を激しく振る

つけ心地が安定しているかや安心感があるかを基準に評価しました。


最終的な点数は、各編集部員がつけた点数の平均をそのイヤホンの得点としています。

【検証ハイライト】すべての商品が合格点以上!日常使いで大きな差は出ない

【検証ハイライト】すべての商品が合格点以上!日常使いで大きな差は出ない

検証結果を見てみると、どの商品も高い評価を得ており、日常的に使用する分には安定して装着できることがわかりました。つけ心地は値段に影響されないと言えるので、5,000円以下の商品でも十分快適に利用できますよ。


しかし、大きく意見が割れるものもあったため、特にイヤホンが外れやすい方は、今回の検証結果やレビューをよく確認してから購入してくださいね。

検証④:音漏れ

検証④:音漏れ

音漏れの検証では、静かなオフィスにて、快適に音楽が聴こえる音量(iphoneの音量バーの16段階中7程度)で音楽を聴いて検証しました。隣でもう1人の編集部員がどの程度漏れた音が聞こえるかをチェックしました。

【検証ハイライト】音漏れした商品はゼロ!適切な音量で再生する分には安心してOK

【検証ハイライト】音漏れした商品はゼロ!適切な音量で再生する分には安心してOK

検証の結果、今回音漏れした商品はなんとゼロ!多くのイヤホンでは適切な音量で使用する分には、音漏れの心配は必要ないことがわかりました。


少しずつ音量を上げてカナル型とインナーイヤー型を比較してみたところ、インナーイヤー型の方が早い段階で音漏れが確認できました。大音量で音楽を聴きたい方は、カナル型の使用をおすすめします。

【最終結果】5,000円以下イヤホンのおすすめ人気ランキングBEST19

それではいよいよ、これまでの比較・検証を踏まえ、5,000円以下イヤホンのおすすめ人気ランキングBEST19を発表します!


なお今回は、5,000円以下のイヤホンを選ぶ上で重視すべき、「音質」の評価を重視してランキングを作成しました。

19位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間4時間
音質1.0
遅延1.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価2.5
18位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC
Bluretoothバージョン4.1
連続再生時間4.5時間
音質1.0
遅延3.0
つけ心地4.3
音漏れ5.0
総合評価2.9
17位
イヤホンの種類ネックバンド型
イヤホンの形状カナル型
コーデック不明
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間12時間
音質1.0
遅延3.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
総合評価3.0
16位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間4~5時間
音質3.0
遅延1.0
つけ心地4.0
音漏れ5.0
総合評価3.2
15位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデック不明
Bluretoothバージョン不明
連続再生時間8時間
音質3.0
遅延1.0
つけ心地4.3
音漏れ5.0
総合評価3.3
14位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、aptX
Bluretoothバージョン4.1
連続再生時間8時間
音質3.0
遅延1.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価3.3
13位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC・AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間4時間
音質3.0
遅延1.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価3.4
12位
イヤホンの種類ネックバンド型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間8~10時間
音質3.0
遅延3.0
つけ心地4.0
音漏れ5.0
総合評価3.6
11位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデック不明
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間6~7時間
音質3.0
遅延3.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価3.7
10位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデック不明
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間4~6時間
音質3.0
遅延5.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価4.1
9位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間8時間
音質4.0
遅延3.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価4.1
8位
イヤホンの種類ネックバンド型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、aptX
Bluretoothバージョン4.1
連続再生時間10時間
音質5.0
遅延1.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価4.1
7位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間18時間
音質3.0
遅延5.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
総合評価4.2
6位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデック不明
Bluretoothバージョン4.1
連続再生時間7時間
音質3.0
遅延5.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
総合評価4.2
5位
イヤホンの種類完全ワイヤレス
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間7.5時間
音質3.0
遅延5.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
総合評価4.2
4位
イヤホンの種類左右一体型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC・AAC・aptX
Bluretoothバージョン4.1
連続再生時間8時間
音質3.0
遅延5.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
3位
イヤホンの種類完全ワイヤレス型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間5時間
音質5.0
遅延3.0
つけ心地4.3
音漏れ5.0
総合評価4.5
2位
イヤホンの種類ネックバンド型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間10時間
音質4.0
遅延5.0
つけ心地4.7
音漏れ5.0
総合評価4.5
1位
イヤホンの種類ネックバンド型
イヤホンの形状カナル型
コーデックSBC、AAC
Bluretoothバージョン5.0
連続再生時間15時間
音質5.0
遅延3.0
つけ心地5.0
音漏れ5.0
総合評価4.6

人気5,000円以下ワイヤレスイヤホンの検証結果比較表

商品画像
1
5,000円以下のイヤホン Sony WI-C310 1枚目

Sony

2
5,000円以下のイヤホン colel Bluetooth イヤホン 1枚目

colel

3
5,000円以下のイヤホン ANKER 【第2世代】Soundcore Liberty Neo 1枚目

ANKER

5
5,000円以下のイヤホン gaosa Bluetooth イヤホン T9 1枚目

gaosa

6
5,000円以下のイヤホン ANKER SoundBuds Slim 1枚目

ANKER

7
5,000円以下のイヤホン ANKER Soundcore Spirit X 1枚目

ANKER

8
5,000円以下のイヤホン QCY QCY-QY25Plus 1枚目

QCY

9
5,000円以下のイヤホン QCY t1 1枚目

QCY

10
5,000円以下のイヤホン ENACFIRE Future Plus 1枚目

ENACFIRE

11
5,000円以下のイヤホン Hihicup Bluetooth イヤホン 1枚目

Hihicup

12
5,000円以下のイヤホン evio Bluetooth イヤホン 1枚目

evio

14
5,000円以下のイヤホン QCY QCY-M1PRO 1枚目

QCY

15
5,000円以下のイヤホン Skullcandy JIB+ ACTIVE 1枚目

Skullcandy

16
5,000円以下のイヤホン 株式会社グラモラックス GRFD-SWE04 1枚目

株式会社グラモラックス

17
5,000円以下のイヤホン bikuto Bluetooth イヤホン 1枚目

bikuto

18
5,000円以下のイヤホン JVC HA-FX101BT 1枚目

JVC

19
5,000円以下のイヤホン ELECOM LBT-F11IP2 1枚目

ELECOM

商品名

WI-C310

Bluetooth イヤホン

【第2世代】Soundcore Liberty Neo

Bluetooth イヤホン T9

SoundBuds Slim

Soundcore Spirit X

QCY-QY25Plus

t1

Future Plus

Bluetooth イヤホン

Bluetooth イヤホン

QCY-M1PRO

JIB+ ACTIVE

GRFD-SWE04

Bluetooth イヤホン

HA-FX101BT

LBT-F11IP2

特徴5000円以下のベストバイ!音質良好で、つけ心地も安定各項目とも高評価なオールラウンダー。中国系のお手頃なイ...お手頃価格でも高クオリティ!聴き疲れしない高音質つけ心地と音の遅延が高評価!しかし音質は微妙なクオリティ動画遅延やつけ心地は良好!音が少し軽く聴こえるのが惜しいつけ心地が高評価!手軽に使えればいい人向け高音質だが遅延大。音楽再生に特化する使い方ならおすすめ各項目バランスのとれた優等生。問題は蓋のないイヤホンケース安価な値段相当のクオリティ。やはり音質がネックに…つけ心地が魅力の中国イヤホン。イヤホンとしての機能は許...どの項目もパッとしない中国系イヤホン。つけ心地は19機...便利な機能で便利ではあるが肝心のイヤホン機能が微妙アメリカブランドに期待するも、検証結果は見るべき点なし値段相応の実力。動画遅延が大きく音楽再生にしか使えないつけ心地の良さは悪くないものの音質ですべて台無しに…人気メーカーのイヤホンだが不満が残る。年次の古さも原因かつけ心地は悪くないがイヤホンとしての機能は惨敗
最安値
3,430
送料別
詳細を見る
2,888
送料要確認
詳細を見る
3,999
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
2,899
送料要確認
詳細を見る
2,499
送料要確認
詳細を見る
3,569
送料要確認
詳細を見る
3,500
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
3,980
送料要確認
詳細を見る
3,580
送料要確認
詳細を見る
3,250
送料要確認
詳細を見る
3,783
送料要確認
詳細を見る
2,178
送料要確認
詳細を見る
3,233
送料要確認
詳細を見る
2,810
送料要確認
詳細を見る
1,881
送料別
詳細を見る
イヤホンの種類ネックバンド型ネックバンド型完全ワイヤレス型完全ワイヤレス 左右一体型左右一体型ネックバンド型完全ワイヤレス型完全ワイヤレス型完全ワイヤレス型ネックバンド型左右一体型左右一体型完全ワイヤレス型ネックバンド型左右一体型左右一体型
イヤホンの形状カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型
コーデックSBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC 不明SBCSBC、aptXSBC不明不明SBC、AACSBC、aptX不明SBC不明SBCSBC
Bluretoothバージョン5.05.0 5.05.04.15.04.15.0 5.05.05.04.1不明5.05.04.15.0
連続再生時間15時間10時間5時間7.5時間7時間18時間10時間8時間4~6時間6~7時間8~10時間8時間8時間4~5時間12時間4.5時間4時間
音質5.04.05.03.03.03.05.04.03.03.03.03.03.03.01.01.01.0
遅延3.05.03.05.05.05.01.03.05.03.03.01.01.01.03.03.01.0
つけ心地5.04.74.35.05.05.04.74.74.74.74.04.74.34.05.04.34.7
音漏れ5.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.05.0
総合評価4.64.54.54.24.24.24.14.14.13.73.63.33.33.23.02.92.5
商品リンク

イヤホンの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、イヤホンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクです。参考にしてみて下さい。

Bluetoothイヤホンの購入を考えているならこちらの記事もチェック!

今回は5,000円以下のイヤホンに絞ってご紹介しましたが、他の価格帯の商品も実際に音質や使い勝手をテストしています。より詳しい選び方やイヤホン試着の際のポイントも書いているので、ぜひ確認してくださいね。

まとめ

今回の記事では、5,000円以下で購入できるイヤホンについてご紹介しました。現在は安価で質のよいイヤホンがたくさん発売されていますが、粗悪な品質の商品も同様に販売されてしまっている玉石混交な状態。


今回の記事が、そんな中からどうやって良いイヤホンを選べば良いか、困っている皆さんの参考になれば幸いです。


検証/文:松本颯太、写真:稲垣佑季・三浦晃一・芝崎哲治・佐々木歩・松村宇洋・ねこちゃば
ランキング作成日:2018/09/30

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す