• ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】のアイキャッチ画像5枚目

ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選【通勤ランにも!】

長距離やトレイルランニング、またレースに参加するときにも欠かせないのがランニング用バックパックです。グレゴリー・アシックス・ノースフェイス・カリマーなどのアウトドアブランドからも数多く販売されていますよね。通勤ランナーにとっても必須アイテムです。

ランニング用バックパックは、ただ物が入れば良いというものではありません。いかに走りを邪魔せずに背負えるかが大事なポイント。そこで今回は使い心地の良いランニング用バックパックの選び方と、実際に口コミ評価の高い商品をランキング形式でご紹介します。人気があるのはどのバックパックなのでしょう?人気の「ランニングバックパック4」はいったい何位?
  • 最終更新日:2019年05月23日
  • 73,195  views
目次

ランニング用バックパックの選び方

ランニング用バックパックは走っている際に揺れないように、体にフィットしていることが大切です。ショルダーハーネスがフィットすることなどは、必ずチェックしたいですね。ここからは、それ以外にも快適な走りをサポートしてくれるバックパックの選び方のポイントをご紹介します。

容量はランニング・スタイルに合わせて

容量はランニング・スタイルに合わせて
まず確認したいのが容量です。小さいものだと0.5L、大きいものだと20Lなど様々ですが、何Lが最適か判断するには、自分がどれくらいの物を収納したいか明確にしておくことが大切です。簡単な練習だけだったり、ドリンクが提供されるレースに参加する場合などは容量が少なくても良いかもしれませんね。

トレイルランニングで一人で奥地まで入る場合や、自分で必要物を用意するレースなどでは容量が大きい方が便利です。荷物が少ない時と多い時と併用できるよう、容量が大きい物を買う、というのはおすすめできません。中がスカスカだと走るたびに物が動いて快適さが損なわれてしまいます。

そのような場合は容量が大きいものと小さいもの、サイズ違いで2個持ちすることをおすすめします。

背面の通気性は優れているか

背面の通気性は優れているか
ランニング中には大量の汗をかきますが、バックパックを背負っていると背面の汗が蒸発せず、蒸れやすくなりますよね。そうすると、ランニング中にも不快感がありますし、肌がかぶれたりとデメリットも様々…。

ランニング用バックパックを購入する際は、背面に通気性が優れた素材が使われているかチェックしましょう。メッシュ素材が使われていると、蒸れにくいですよね。商品によっては背面部分に冷却素材を取り入れたものもあって、より走りを快適にしてくれますよ!ぜひチェックしてみてください。

ポケットは何個ついているか

ランニング用バックパックで大事なのは、走っている最中、いかに物が取り出しやすいかです。全部を内ポケットにまとめてしまうと、中の物を取り出すたびにいちいち立ち止まらなければいけません。無駄な動作も増えますし、スマートには使えないですね。

外側にポケットがついていれば、走りながら手を伸ばすだけで必要なものが取れ、ランニングを邪魔しません。またどの位置にポケットがついているかも同時にチェックしましょう。ショルダー部分や、サイドにポケットがあるとより取り出しやすいですよね。ポケットの数と位置は無駄な動作を減らすのに欠かせないポイントです。

ボトル入れはどこについているか

ボトル入れはどこについているか
前述のポイントと少し重複しますが、ボトル入れの位置も大切です。ランニング最中の水分補給は欠かせないですし、その動作をいかにスムーズにできるかも走りに影響しますこちらもどの位置についているか確認しましょう。走りを邪魔せず、かつ取りやすい位置にあるのが理想ですね。

特に長距離ランナーの方は1本だけでなく、複数本ボトルを持たれますよね。外ポケットにボトルが何本入れられるかも、同時にチェックしましょう。

ハイドレーションシステムに対応しているか

ハイドレーションシステムに対応しているか

出典:amazon.co.jp

給水に関してもう一つ、あるととても便利なのがハイドレーションシステムです。水の入ったパックをバックパックにしまっておいて、ストローで直接水分補給することができます。ボトル給水よりも無駄な動作を省いてくれる優れもの。ランニング用バックパックを選ぶ際は、ぜひハイドレーションシステムに対応しているかもチェックしましょう。

対応バックパックの多くは、水を入れたパックを入れるポケットと管を通す穴があるだけで、実際のパックと管は別売りとなっている物がほとんどです。購入の際は何Lまで対応しているか、忘れずに確認しましょう。

ランニング用バックパックのおすすめ人気ランキング10選

ここまでは、走りを快適にサポートしてくれるランニング用バックパックの選び方を見てきました。ここからはいよいろ実際に人気のある商品をランキング形式で10選ご紹介!大きさもデザインも異なるので、自分のタイプに合ったものを探しながら見てみてくださいね。
10位

BODYMAKERランニングバッグ ミニマム

BR016

1,080円 (税込)

サイズ-
容量0.5L
素材ナイロン・ポリエステル
ポケット外1、内0
ボトル位置
ハイドレーション×
9位

AONIJIE ハイドレーションバッグ ランニングバッグ

3,880円 (税込)

サイズ43×22×-cm
容量12L
素材ポリエステル
ポケット-
ボトル位置前×2
ハイドレーション
8位
サイズ48×26×18cm
容量20L
素材ナイロン・ポリエステル
ポケット外4、内1
ボトル位置脇×2
ハイドレーション
7位
サイズ46×25×20cm
容量10L
素材ナイロン・スーパークールメッシュ
ポケット外5、内2
ボトル位置脇×2
ハイドレーション
6位
サイズ45×23×17cm
容量20L
素材ナイロン
ポケット外4、内2
ボトル位置-
ハイドレーション-
5位
サイズ41×17×16cm
容量10L
素材ナイロン、ポリエステル
ポケット外6、内1
ボトル位置前×2
ハイドレーション
4位

グレゴリー ルーファス8

16,200円 (税込)

サイズ-
容量8L
素材ナイロン
ポケット外10、内-
ボトル位置前×1、後ろ×2
ハイドレーション
3位

mont-bellクロスランナーパック15

1123870

9,500円 (税込)

サイズ47×32×16cm
容量15L
素材デニール、ナイロン、メッシュ
ポケット外5、内3
ボトル位置前×2、脇×2
ハイドレーション
2位
サイズ34×18.5×7.5cm
容量6L
素材70Dジオリップストップナイロン・ストレッチメッシュ
ポケット外7、内1
ボトル位置前×2
ハイドレーション
1位

ASICSランニングバックパック4

EBM404

3,880円 (税込)

サイズ39×25×10cm
容量4L
素材ナイロン・メッシュ
ポケット外4、内3
ボトル位置下×1
ハイドレーション

おすすめ人気ランニング用バックパックの比較一覧表

商品画像
1
ランニングバックパック ASICS ランニングバックパック4  1枚目

ASICS

2
ランニングバックパック THE NORTH FACE  Martin Wing 6  1枚目

THE NORTH FACE

3
ランニングバックパック mont-bell クロスランナーパック15  1枚目

mont-bell

4
ランニングバックパック グレゴリー  ルーファス8 1枚目

グレゴリー

5
ランニングバックパック SALOMON SKIN PRO 10 1枚目

SALOMON

6
ランニングバックパック SALOMON バックパック TRAIL 20  1枚目

SALOMON

7
ランニングバックパック カリマー  AR10  1枚目

カリマー

8
ランニングバックパック deuter スピードライト 20  1枚目

deuter

9
ランニングバックパック AONIJIE  ハイドレーションバッグ ランニングバッグ 1枚目

AONIJIE

10
ランニングバックパック BODYMAKER ランニングバッグ ミニマム 1枚目

BODYMAKER

商品名

ランニングバックパック4

Martin Wing 6

クロスランナーパック15

ルーファス8

SKIN PRO 10

バックパック TRAIL 20

AR10

スピードライト 20

ハイドレーションバッグ ランニングバッグ

ランニングバッグ ミニマム

特徴ちょうど良いが詰まったベストバランスのバックパックたっぷりのポケットと、フィット感が人気の理由ウエストベルトがなくてもしっかりフィット♪サプリメント入れまで!充実のポケットが魅力小物が取り付けやすいキャリーシステム通勤ランナーに支持されているバックパックスーパークールメッシュで背面快適!ドイツ生まれのタフな作りがポイントハイドレーションボトル付きが嬉しい!給水便利なバックパック荷物を最小限に抑えたいならコレ!
価格3,880円(税込)8,640円(税込)9,500円(税込)16,200円(税込)14,800円(税込)6,839円(税込)12,744円(税込)9,720円(税込)3,880円(税込)1,080円(税込)
サイズ39×25×10cm34×18.5×7.5cm47×32×16cm-41×17×16cm45×23×17cm46×25×20cm48×26×18cm43×22×-cm-
容量4L6L15L8L10L20L10L20L12L0.5L
素材ナイロン・メッシュ70Dジオリップストップナイロン・ストレッチメッシュデニール、ナイロン、メッシュナイロンナイロン、ポリエステルナイロンナイロン・スーパークールメッシュナイロン・ポリエステルポリエステルナイロン・ポリエステル
ポケット外4、内3外7、内1外5、内3外10、内-外6、内1外4、内2外5、内2外4、内1-外1、内0
ボトル位置下×1前×2前×2、脇×2前×1、後ろ×2前×2-脇×2脇×2前×2
ハイドレーション-×
商品リンク

ランニングを快適にする“即買い”アイテムは他にも

ランニングを快適にしてくれるアイテムは、バックパック以外にもいろいろ。軽いジョギングなら、ウエストポーチやボトルホルダーで十分かもしれません。またサングラスには紫外線をカットし、疲れを軽減してくれる効果がありますよ。使ったことがない人はぜひお試しを!

まとめ

タイプの異なる商品をご紹介してきましたが、お気に入りのバックパックは見つかりましたか?今回ご紹介した商品には、サイズ違いで販売されているものも多いので、公式サイトなどでぜひチェックしてみてください。

ランニング用バックパックは体にフィットすることが大切です。これは口コミだけでは分からないので、実際に店頭でフィッテングする方も多いですよ。走りに直接影響するので、妥協せずにピッタリのバックパックを見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す