• DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】のアイキャッチ画像5枚目

DJ用ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【Pioneer・AKG・beatsも!】

DJにとって欠かせない道具の一つであるヘッドホン。普通のヘッドホンといったい何が違うのでしょうか?今回はそんなちょっとした疑問から、DJ用として使いやすいヘッドホンの条件や、逆にDJ用として適さないヘッドホンなどについて解説していきます。

もちろん、人気の機種についてもランキング形式でご紹介していますよ!DJ用ヘッドホン選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 8,187  views
目次

DJ用ヘッドホンが欠かせない理由とは?

DJ用ヘッドホンが欠かせない理由とは?

出典:amazon.co.jp

DJはなぜヘッドホンをしているのでしょうか?それは大音量で音楽が流れる中で、次に流す曲をチェックするため。フロアに流れる曲と次に流す曲を比較し、テンポやスタートさせるタイミングなどを調整しています。

丈夫さや、手元の音に集中できるよう密閉性も欠かせないなど、通常のヘッドホンよりもチェックしておくべきポイントも多いため、フロアでの使いやすさに特化したDJ用のヘッドホンが必要となってくるんですね。

DJ用ヘッドホンの選び方

さて、これからDJ用にヘッドホンを選ぶという際、どういった基準で選べば良いのでしょうか。まずはそのポイントについてご紹介していきます。

どんなヘッドホンがDJにとって使いやすいの?

次にかける曲をチェックするのが、DJ用ヘッドホンの主な用途。その用途にとって使いやすいヘッドホンこそがDJ用ヘッドホンにとって大切なポイントとなります。続いてはそのポイントについて見ていきましょう。

ハードな現場で使うため、頑丈さは必須条件

ハードな現場で使うため、頑丈さは必須条件

出典:amazon.co.jp

まずDJ用ヘッドホンにとって大切な要素は、頑丈であるということ。DJブースでさて素敵な曲をプレイしようとした瞬間、音が聴こえない…なんてことになっては目も当てられません。

そもそもDJ用ヘッドホンは多くのレコードやCDと共に(最近ではデータもありますが、本格的なDJはやはり音源にもこだわるものです)運ばれることになります。それらの重い荷物と運ばれるため、移動中どれだけ丁寧に運んでいてもそれなりのダメージを受けるものです。

そこで簡単に音が出なくなるなんてことがあっては、信頼して使えませんよね。それなりに雑な扱いをしても壊れないというのは、DJ用ヘッドホンとして最も大切なことです。

フロアの音も確認できるよう、片耳が出しやすい物

フロアの音も確認できるよう、片耳が出しやすい物

出典:amazon.co.jp

DJ用ヘッドホンといいますと、なぜか片耳を出しているイメージがありますよね。あれはカッコつけてそうしているのではありません。

ヘッドホンをつけている耳では次に流す曲を、そしてもう一方の耳ではフロアに流れる音楽をチェックしています。その二つを比較することによって、テンポなどを調整しているのです。

DJで用いられるヘッドホンは片耳が出しやすいよう、様々な工夫がなされています(モノによっては片耳だけのヘッドホンも存在しているほど)。

もちろん普通のヘッドホンでも、装着位置をずらせば片耳を出すことは可能です。けれど長時間のプレイをすることを考えますと、耳やヘッドホンに余計な負担がかかってしまいます。やはり片耳が簡単に出せるというのは必須なのです。

手元の音に集中!遮音性の高い密閉型をチョイス!

手元の音に集中!遮音性の高い密閉型をチョイス!

出典:amazon.co.jp

基本的に、DJをするシーンでは大音量で音楽が流れています。そこで次の曲をしっかりとモニターするためには、耳をすっぽりと覆う密閉型のヘッドホンがおすすめ。次の曲に集中できるからこそ、きちんとタイミングやボリュームを合わせることが可能となります。

長く使い続けるため、ケーブルなどのパーツを交換できるものがベター

長く使い続けるため、ケーブルなどのパーツを交換できるものがベター

出典:amazon.co.jp

形あるもの、いつかは故障するときがやってきます。ヘッドホンで最も故障しやすい部分はどこか?その答えはずばりケーブルです。DJプレイ中に何かに引っ掛けたり、何かを落としたり、ケーブルは常に断線の危機にさらされているものです。

ケーブルが断線してしまいますと、当然ながら音楽を聴くことはできなくなります。その他の部分は問題なく使えるのに、ケーブルだけの故障でお払い箱にするというのはあまりにもったいないですよね。

いくつかのヘッドホンではケーブルを簡単に交換できるようになっています。それだけで安心感がグッと高まるものです。

なお、ケーブルの次に不具合が出やすい部分はイヤーパッド。音が出ないという致命的な不具合にはなりませんが、装着感が悪くなります。この部分に関しても、交換用のパーツが販売されているものもありますので、ヘッドホン購入前にはぜひチェックしてみてください。

持ち運びも多いので、コンパクトに折りたためると何かと便利

持ち運びも多いので、コンパクトに折りたためると何かと便利

出典:amazon.co.jp

DJ用途で用いられるヘッドホン、基本的に持ち歩くことが前提です。ですからコンパクトに折りたためる方が何かと便利。耳や首にかけておくことも出来ますが、暑い日などは結構不愉快なものです。

なお、コンパクトに折りたためるということは、専用のポーチなどに収納しやすく、それは移動時にヘッドホンが衝撃を受けにくいということにもつながります。そういった細かなことの積み重ねが、ヘッドホンが長持ちするか否かの境目です。

DJ用向きではないヘッドホンはどれ?

続いては、DJ向きではないヘッドホンについてご紹介していきます。本格的にDJをする場合、下記のようなタイプは避けましょう。

ミキサーと接続できないブルートゥースヘッドホンはNG

ミキサーと接続できないブルートゥースヘッドホンはNG

出典:amazon.co.jp

今や一般的となったブルートゥース接続のヘッドホンですが、DJ用途としてはNGです。そこには二つの理由があります。

一つ目の理由として、一般的なミキサーはブルートゥースに対応していないということ。そもそも接続できないのでは使い物になりませんね。

二つ目の理由が、ブルートゥースは通信状態によってはタイムラグが発生してしまうということ。普通に音楽を聴いている時には問題ありませんが、曲を途切れないようにつなげていくDJという役割において、このちょっとしたタイムラグは致命傷になりかねません。

DJ用途であれば、選ぶべきは有線のヘッドホンです。

DJ用途であれば、ノイズキャンセリングは不要

DJ用途であれば、ノイズキャンセリングは不要

出典:amazon.co.jp

最近はノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンも増えてきましたが、DJ用途という場合については、ノイズキャンセリングは不要です。この機能はあくまでも電車や飛行機など騒音が気になる中で音楽に集中するためのもの。DJのヘッドホンは音楽を集中して聴くためのものではありません。

また、ノイズキャンセリングなどの機能が増えれば増えるほど、電池切れなどのトラブルもまた起きやすくなります。DJ用ヘッドホンに求められるのはあくまでも質実剛健。シンプルでしっかりとしたアイテムが一番です。

せっかくならスペックにもこだわりたい!

せっかくならスペックにもこだわりたい!

出典:amazon.co.jp

せっかくヘッドホンを購入するのであれば、できる限り良い音を愉しみたいというのは当然の思い。良い音というのはなかなか数値化できるものではないのですが、スペックも参考にしておきたいもの。気にしておくべき点はいくつかありますが、中でも重要なのが「再生周波数帯域(Hz)」と「インピーダンス(Ω)」です。

再生周波数帯域(Hz)とは低音から高音まで、そのヘッドホンが理論上再生できる音の範囲のこと。どのくらい低い音を再生できるのか、あるいはどれくらい高い音を再生できるのかをチェックすることができます。

一方のインピーダンス(Ω)は、ヘッドホンに流れる電流の流れにくさ(流れやすさ)を表します(値が大きくなれば、電流は流れにくくなる)。この値が大きいほどノイズに強くなるのですが、スマホなどの小型プレイヤーでは音が小さくなってしまうことも。

ヘッドホンを選ぶ際、上記2つの値もぜひチェックしてみてください。ただし、繰り返しにはなりますが、数字が全てではないので、あくまでも参考に。

DJ用ヘッドホンの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のDJ用ヘッドホンをご紹介していきます。それぞれについて種類や特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
10位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)-
インピーダンス(Ω)-
9位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)5~40,000
インピーダンス(Ω)48
8位
ケーブル交換
折りたたみ
再生周波数帯域(Hz)5~30,000
インピーダンス(Ω)42
7位
ケーブル交換
折りたたみ
再生周波数帯域(Hz)8~30,000
インピーダンス(Ω)95
6位
ケーブル交換
折りたたみ
再生周波数帯域(Hz)-
インピーダンス(Ω)-
5位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)5~40,000
インピーダンス(Ω)37
4位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)10~30,000
インピーダンス(Ω)32
3位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)7~32,000
インピーダンス(Ω)40
2位
ケーブル交換
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)10~25,000
インピーダンス(Ω)38
1位
ケーブル交換不可
折りたたみ不可
再生周波数帯域(Hz)15〜28,000
インピーダンス(Ω)32

人気DJ用ヘッドホンの比較一覧表

商品画像
1
DJ
ヘッドホン marantz PROFESSIONAL MPH-1

marantz PROFESSIONAL

2
DJ
ヘッドホン audio-technica ATH-PRO5X-BK

audio-technica

3
DJ
ヘッドホン Pioneer HDJ-C70

Pioneer

4
DJ
ヘッドホン marantz PROFESSIONAL MPH-2

marantz PROFESSIONAL

5
DJ
ヘッドホン audio-technica ATH-PRO7X

audio-technica

6
DJ
ヘッドホン beats by dr.dre Mixr

beats by dr.dre

7
DJ
ヘッドホン Sennheiser HD8 DJ

Sennheiser

8
DJ
ヘッドホン AKG 181 DJ

AKG

9
DJ
ヘッドホン Pioneer HDJ-S7-K

Pioneer

10
DJ
ヘッドホン AIAIAI TMA-2 MODULAR All-Round Preset

AIAIAI

商品名

MPH-1

ATH-PRO5X-BK

HDJ-C70

MPH-2

ATH-PRO7X

Mixr

HD8 DJ

181 DJ

HDJ-S7-K

TMA-2 MODULAR All-Round Preset

特徴最低限必要な要素をこの一台にギュッと凝縮日本が世界に誇る傑作ヘッドホンDJ機器に強いPioneerならではの一台高級オーディオメーカーがヘッドホン分野に進出ミニマルなデザインから生み出される迫力のサウンド今最も勢いがあるヘッドホンブランドマイクとヘッドホンの世界的メーカー②マイクとヘッドホンの世界的メーカー①DJの現場を知り尽くした、Pioneerならではのハー...全く新しいコンセプトのヘッドホンブランド
価格3,980円(税込)7,915円(税込)31,881円(税込)6,980円(税込)19,500円(税込)32,800円(税込)36,310円(税込)11,467円(税込)24,800円(税込)15,319円(税込)
ケーブル交換不可
折りたたみ不可不可不可不可不可不可不可
再生周波数帯域(Hz)15〜28,00010~25,0007~32,00010~30,0005~40,000-8~30,0005~30,0005~40,000-
インピーダンス(Ω)3238403237-954248-
商品リンク

できれば実際に試して、フィット感を確かめよう

できれば実際に試して、フィット感を確かめよう

出典:amazon.co.jp

ヘッドホンは多かれ少なかれ耳を圧迫します。顔の形にあまりに合っていないものを選択してしまいますと、耳が痛くなる原因になりますし、ヘッドホンとしても本領発揮ができないものです。可能であればそのフィット感を実際に試してみるのがおすすめです。

ターンテーブルでのDJプレイなら…こちらも要チェック!

PCやアプリでのデジタルDJもスタンダードになりましたが、やはりターンテーブルでのDJプレイに憧れのある方も多いのでは?

以下の記事では、そんなアナログでのDJプレイに欠かせない、スクラッチターンテーブルを多数ご紹介しています。選び方のポイントだけでなく、今さら聞けないちょっとした疑問にもお答えしていますので、ぜひご覧になってくださいね。

DJ用ヘッドホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、DJ用ヘッドホンのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

DJ用ヘッドホンをご紹介してきましたが、いかがでしたか?とりあえずというのであれば、どんなヘッドホンでも(あるいはイヤホンでも)DJをすることは可能です。けれど、本気でプレイしてみたいという場合にはヘッドホンは必須のアイテムとなってきます。

この機会にぜひお気に入りの一台を購入して、DJプレイに更なる磨きをかけてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す