• 4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】のアイキャッチ画像5枚目

4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選【ゲーム・パソコンに!】

フルHDの約2倍もの画素数で、美麗な映像を映し出す4Kモニター。4Kテレビよりも安く手に入るだけでなく、PCと接続して作業用にしたりゲームを楽しんだりと、4K放送が始まっていない現在でも十分に高画質を楽しるアイテムです。しかし50インチや40インチなどサイズも豊富で、応答速度やIPS・VA・TNといったパネルの種類など、初めてモニターを検討している人にとって効き慣れないスペックも多いですよね。

そこで今回は、初めて4Kモニターを検討している人に向けて、選ぶ際に必ずチェックしておきたいポイントを解説。併せて、通販で人気の商品をおすすめランキング形式でご紹介します。縦横で使い分けられるモデルや4Kテレビとしても使えるモデル、ゲーム用に特化したものなど優れた機能を持つ商品ばかりを厳選しました。ぜひ、あなたの4Kモニター選びにお役立てください。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 126,635  views
目次

4Kモニターの選び方のポイント

それでは、4Kモニターを選ぶ時のポイントをご紹介します。自分のイメージする使い方に合わせて、最適なものを選んでみましょう。

視聴距離は高さ×1.5mを目安に、目的に合ったサイズを選ぶ

視聴距離は高さ×1.5mを目安に、目的に合ったサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

視聴に適した距離は一般的に、「画面の高さの約1.5倍」とされています。50V型なら約1m、40V型では約0.9mほどになり、視野いっぱいに映像が広がる距離で迫力のある映像を楽しむことが可能です。

ただパソコンと接続して使う場合、当然パソコンデスクも奥行きのあるものが必要になります。デスク上で無理のない視聴距離は、50~60cmまでが理想的。また大き過ぎるものは目も疲れやすくなってしまいますので、24型~28型くらいまでを目安にしましょう。

ゲーム用として検討している場合は、部屋の広さも重要なポイント。50V型では8畳、40V型では4畳半から6畳程度を目安にしてみてくださいね。

使い方やシーンに合わせてパネルの種類を選ぶ

4Kモニターの液晶パネルには、IPS・VA・TNと3つの種類があります。それぞれの見え方や適した使い方をご紹介しますので、自分の使い方や設置シーンに合うものを選んでみてください。

IPSパネル:視野角が広くどの角度からでも見やすい

IPSパネルは視野角の広さが特徴で、正面以外から見ても画面の美しさがほとんど変化しません。見る角度で色彩が変化することもないため、自分の真正面に設置するのが難しい場合に最適で、作業用としてもおすすめできます。またグラフィックの美しさもトップクラスですので、映画や動画を中心に楽しむ人にもぴったりです。

VAパネル:正面から見た時が最も美しく、コントラスト性能が高い

VAパネル:正面から見た時が最も美しく、コントラスト性能が高い

出典:amazon.co.jp

VAパネルは、コントラスト性能に優れた液晶です。真正面から見た時の美しさはIPS以上とも言われますから、正面で見ることが多い人に適していると言えるでしょう。また映像が表示されるまでの速度もスピーディーなので、ゲーム用としてもうってつけ。ただし正面から外れてしまうと色彩や輝度が変化しやすいので、自分の真正面に設置できるかどうか、事前に確認しておきましょう。

TNパネル:表示速度の遅延がなく、価格も手ごろで導入しやすい

TNパネル:表示速度の遅延がなく、価格も手ごろで導入しやすい
ゲーム用として4Kモニターの導入を検討しており、なおかつできるだけコストを抑えたいという方にはTNパネルがおすすめです。TNパネルはVAパネルと同様にリアルタイムでの表示速度に優れており、映像が遅延する心配がほぼありません。ただ視野角が狭いこともVAパネルと同じですから、こちらもやはり正面に設置して使う人向けです。

入力端子の種類とバージョンをチェック

入力端子の種類とバージョンをチェック

出典:amazon.co.jp

4Kモニターの入力端子は主に、HDMIとDisplayPortの2種類。モニターと接続する機器に合わせて、それぞれ端子がいくつ必要かを確認しておきましょう。

モニター単体ではテレビ番組が視聴できないことから、必然的にゲーム機やネット動画サービスのセットトップボックスを接続することが多くなります。そのためぴったりの数を想定するのではなく、多少余裕をもって見ておいた方が良いでしょう。

なおHDMIとDisplayPortにはどちらもバージョンがあり、古いバージョンでは現在主流になっている4K映像のポテンシャルを発揮できません。HDMIはバージョン2.0以上、DisplayPortはバージョン1.3以降のものを選びましょう。

5msを目安に、応答速度の速いモデルを選ぶ

5msを目安に、応答速度の速いモデルを選ぶ

出典:amazon.co.jp

4Kモニターに限らず、液晶モニターには「応答速度」というスペックがあります。これはドットが違う色を表示するまでに必要な時間を示すもので、数値の低いものほど表示切替速度が速いことを表しています。スポーツ観戦やゲームをする人は、ぜひ1~5msの応答速度を備えたモデルを選んでみてください。

なお応答速度に、「GtoG」と表記された製品もあります。GtoGとは従来の白黒の切り替えではなく、中間色から中間色へ切り替えた場合の速度を示したもの。実際の映像では白黒の切り替えよりも中間色同士の切り替えの方が多いので、GtoG速度が速いものも1つの目安となるでしょう。GtoGでの応答速度をさらに速める、「オーバードライブ」という表記があるものを選ぶのも1つの手です。
なお、ゲームに特化したモニターはゲーミングモニターと呼ばれており、ゲームをプレイする上で大変便利な機能を備えたモデルもあります。4K以外でも魅力的なモデルが多数登場しているので、以下のリンクもぜひ参考にしてみてくださいね。

内蔵スピーカーの有無も確認

内蔵スピーカーの有無も確認

出典:amazon.co.jp

4Kモニターの中には、スピーカーを内蔵したものと非内蔵のものがあります。スピーカーが内蔵されていないモデルを選んだ場合、ヘッドホンなどに音を出力できないので別途HDMIなどで出力しなければいけません。ゲームや映画を楽しむ時などにヘッドホンを使いたい方は、スピーカー内蔵モデルを選びましょう。

4Kモニターのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの4Kモニターをランキング形式でご紹介します。選び方で挙げたスペックも併せて表記していますので、ぜひチェックしてみてください。
10位
4Kモニタ JAPANNEXT 28インチ液晶ディスプレイ
出典:amazon.co.jp

JAPANNEXT28インチ液晶ディスプレイ

JN-T2880UHD

49,800円 (税込)

画面サイズ28型
液晶タイプTNパネル
入力端子HDMI・DisplayPort
応答速度3ms(最大)
スピーカー内蔵
9位
画面サイズ32型
液晶タイプVAパネル
入力端子HDMI×2・DisplayPort×1
応答速度4ms(GtoG)
スピーカー内蔵(5W×2)
8位
4Kモニタ acer ディスプレイ ゲーミングモニター
出典:amazon.co.jp

acerディスプレイ ゲーミングモニター

CB281HK

67,615円 (税込)

画面サイズ28型
液晶タイプTNパネル
入力端子HDMI・DisplayPort
応答速度1ms(GtoG)
スピーカー内蔵
7位
4Kモニタ アイ・オー・データ モニター ディスプレイ
出典:amazon.co.jp

アイ・オー・データモニター ディスプレイ

LDC-M4K282XB

44,432円 (税込)

画面サイズ28型
液晶タイプ記載なし
入力端子HDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGB
応答速度5ms/2.2ms(GtoG/オーバードライブオン時)
スピーカー内蔵(ステレオ)
6位
4Kモニタ BenQ カラーマネージメントモニター ディスプレイ
出典:amazon.co.jp

BenQカラーマネージメントモニター ディスプレイ

SW320

159,800円 (税込)

画面サイズ32型
液晶タイプIPSパネル
入力端子HDMI・DisplayPort・MiniDisplayPort
応答速度5ms(GtoG)
スピーカー内蔵
5位
画面サイズ28型
液晶タイプ記載なし
入力端子HDMI×3・DisplayPort×1・D-SUB
応答速度1ms/5ms
スピーカー内蔵(3.0W×2)
4位
画面サイズ43型
液晶タイプIPSパネル
入力端子HDMI×4・DisplayPort・USB Type-C・RS-232C
応答速度8ms(GtoG)
スピーカー内蔵(10Wx2 Rich Bass対応)
3位
4Kモニタ アイ・オー・データ モニター ディスプレイ
出典:amazon.co.jp

アイ・オー・データモニター ディスプレイ

LDC-M4K401XVB

65,670円 (税込)

画面サイズ40型
液晶タイプ広角VAパネル
入力端子HDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGB
応答速度8.5ms/2.6ms(GtoG/オーバードライブ時)
スピーカー内蔵(6W+6W)
2位
画面サイズ27型
液晶タイプIPSパネル
入力端子HDMI・DisplayPort
応答速度9ms/6ms(GtoG/高速時)
スピーカーなし
1位
画面サイズ27型
液晶タイプIPSパネル
入力端子HDMI・DisplayPort
応答速度4ms(GtoG)
スピーカー内蔵(2W+2W)

おすすめ人気4Kモニターの比較一覧表

商品画像
1
4Kモニタ ASUS ROG SWIFT

ASUS

2
4Kモニタ DELL  ディスプレイ モニター

DELL

3
4Kモニタ アイ・オー・データ モニター ディスプレイ

アイ・オー・データ

4
4Kモニタ LG  モニター ディスプレイ

LG

5
4Kモニタ iiyama ProLite

iiyama

6
4Kモニタ BenQ カラーマネージメントモニター ディスプレイ

BenQ

7
4Kモニタ アイ・オー・データ モニター ディスプレイ

アイ・オー・データ

8
4Kモニタ acer ディスプレイ ゲーミングモニター

acer

9
4Kモニタ LG  モニター ディスプレイ

LG

10
4Kモニタ JAPANNEXT 28インチ液晶ディスプレイ

JAPANNEXT

商品名

ROG SWIFT

ディスプレイ モニター

モニター ディスプレイ

モニター ディスプレイ

ProLite

カラーマネージメントモニター ディスプレイ

モニター ディスプレイ

ディスプレイ ゲーミングモニター

モニター ディスプレイ

28インチ液晶ディスプレイ

特徴モニターに必要な機能を兼ね備えた隙のないモデルゲームと動画視聴に最適なダイナミックコントラスト機能を搭載178°という広視野角でリビングに置くのにぴったり映画や動画も大迫力で楽しめる大画面43型基本性能に優れ、直ぐに使えるよう各種端子もセット自然の色をそのまま再現できるHDR対応超解像技術でSD・HD動画も快適、PS4pro用にも画面の回転機構が便利!4Kテレビにもなる優れたモデル使い方も設定も簡単でメカに弱い人でも安心初めての4Kでも移行しやすい低価格モデル
最安値
91,609
送料別
詳細を見る
65,610
送料要確認
詳細を見る
65,670
送料要確認
詳細を見る
71,817
送料別
詳細を見る
48,052
送料別
詳細を見る
159,800
送料別
詳細を見る
44,432
送料要確認
詳細を見る
67,615
送料別
詳細を見る
59,162
送料別
詳細を見る
49,800
送料別
詳細を見る
画面サイズ27型27型40型43型28型32型28型28型32型28型
液晶タイプIPSパネルIPSパネル広角VAパネルIPSパネル記載なしIPSパネル記載なしTNパネルVAパネルTNパネル
入力端子HDMI・DisplayPortHDMI・DisplayPortHDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGBHDMI×4・DisplayPort・USB Type-C・RS-232CHDMI×3・DisplayPort×1・D-SUBHDMI・DisplayPort・MiniDisplayPortHDMI×3・DisplayPort×1・アナログRGBHDMI・DisplayPortHDMI×2・DisplayPort×1HDMI・DisplayPort
応答速度4ms(GtoG)9ms/6ms(GtoG/高速時)8.5ms/2.6ms(GtoG/オーバードライブ時)8ms(GtoG)1ms/5ms5ms(GtoG)5ms/2.2ms(GtoG/オーバードライブオン時)1ms(GtoG)4ms(GtoG)3ms(最大)
スピーカー内蔵(2W+2W)なし内蔵(6W+6W)内蔵(10Wx2 Rich Bass対応)内蔵(3.0W×2)内蔵内蔵(ステレオ)内蔵内蔵(5W×2)内蔵
商品リンク

薄さや作業性に特化したモニターはこちら!

今回は4K画質のモニターをご紹介しましたが、画質だけでなく作業性や設置スペースなどを重視したい人には以下の記事もおすすめです。作業効率を重視するならデュアルディスプレイ、小スペースに設置するのならば薄型モニターが断然便利。ぜひ併せてチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?画質の美しい4Kモニターは、PCと接続して作業したりゲームを楽しんだりといろんな目的で使えます。

もちろん大画面なら迫力も増しますが、使っていて疲れてしまわないように、サイズだけにとらわれないように選ぶことが大切です。どんな使い方をしたいのかイメージしながら、ご紹介した選び方も参考にして選んでみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す