1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. PCモニター・液晶ディスプレイ
  6. >
  7. モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2020年最新版】

外出先でPCを使って作業したりプレゼンしたり…という時に、もう1台モニターがあったら便利ですよね。そんな時に役立つのが「モバイルディスプレイ」です。サブモニターとしてモバイルディスプレイを用意していれば、どこでもデュアルモニター化が可能!


ASUSやGechicなどからさまざまな商品が出ているモバイルディスプレイですが、どんな基準で選べば良いのか迷ってしまいませんか?

そこでモバイルディスプレイを選ぶ際に気をつけたいポイントを解説し、おすすめの商品をご紹介します。

  • 最終更新日:2020年08月24日
  • 268,785  views
目次

モバイルディスプレイとタブレットの違いとは?

モバイルディスプレイとタブレットの違いとは?
タブレットとモバイルディスプレイは形状が似ているため、同じようなものじゃないのか?と思われるかもしれませんが、全く違います。タブレットは本体にOSが入っており、それ単体でもさまざまなファイルの編集や閲覧ができるものです。

モバイルディスプレイは基本的にはモニターとしての機能しかないため、あくまでもサブ的な画面として使用するものになります。

モバイルディスプレイの選び方のポイント

それでは、モバイルディスプレイを選ぶ際に気をつけておきたい6つのポイントについてご紹介します。買ったはいいけれど使えなかった…などということがないように、しっかりチェックしてください。

1. 画面のサイズと解像度を決めよう

1. 画面のサイズと解像度を決めよう
モバイルディスプレイを選ぶ場合に、まずチェックしたいのは画面の大きさです。頻繁に持ち歩くことを考えると、カバンに収まるサイズを選ぶべきでしょう。一方で、主にゲームやプレゼンなどで使う場合は、ある程度大きなサイズの方が見やすく、使いやすいと感じるはず。自身の用途に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

また、より美しい画像を求めるなら、解像度にも注目して選ぶ必要があります。フルHD対応のモバイルディスプレイであれば美しい画像が楽しめます。

2. 視認性を確認しよう

2. 視認性を確認しよう
ディスプレイの視認性は、ディスプレイ表面がどういった処理をされているかにもよっても異なります。この表面処理には「グレア(光沢)」と「ノングレア(非光沢)」の2種類があります。グレア処理されたディスプレイは、画面の色が鮮やかで美しく見えるのが特徴。一方で、外光の映りこみや指紋汚れなどが目立つというデメリットがあります。

ノングレア処理ならば映りこみなどのグレア処理のデメリットは軽減され、目が疲れにくいというメリットがあります。しかし、発色や色合い、シャープさなどはグレアよりも劣ります。室内で使うことが多ければグレア処理タイプ、外で使うことが多いならばノングレア処理タイプなど、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

その他にもどの角度までなら見えるかどうかを表す視野角、画面の明るさ度合いを示す輝度などもチェックしておくと、見やすいモバイルディスプレイを手に入れるために役立ちます。

3. 重量を確認しよう

3. 重量を確認しよう
モバイルディスプレイというくらいですから、持ち運ぶためにはやはり重量というのは大きなチェックポイントになります。あまりに重たいディスプレイでは、便利だといっても持ち運ぶことが面倒になり、結局使わない、ということになりかねません。

そのため、重さのチェックはとても大切です。だいたい500gから1kgくらいの重さのディスプレイが多く商品展開されているため、このあたりを目安の重さとしてください。1kgを超えるものになると、かなりカバンの中で重量を感じてしまうはず。最近のノートパソコンの中には1kgより軽いものもありますから、パソコンよりもサブディスプレイが重たいという状況は避けたいですよね。

4. パソコンと接続しやすいか

4. パソコンと接続しやすいか
モバイルディスプレイはパソコンと接続して使用します。そのため、パソコンとの接続のしやすさについても確認する必要があります。まずは、パソコン側の映像出力端子の種類と数を確認しましょう。

最近のパソコンの場合にはHDMI接続に対応しているものが多いですが、少し古いモデルでは、VGAしか対応していない場合があります。

5. 電源供給の方法は?

5. 電源供給の方法は?

モバイルディスプレイには、バッテリーが内蔵されているものもあります。内蔵されていない製品に関しては、USB給電やAC電源で給電しましょう。

6. その他の機能も注意しよう

6. その他の機能も注意しよう
モバイルディスプレイの中にはタブレットのようにタッチ操作を可能にしているものもあります。タッチ操作ができると、プレゼンテーションの際に操作性があがりますし、直感的に使うことができるのでとても便利です。

また、自立できるようなスタンドが搭載されているものだと、サブディスプレイとしても使用しやすくなります。こちらについては絶対に必要な機能というわけではありませんが、チェックしておくと良いでしょう。

モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選

それでは選び方のポイントを踏まえて、おすすめのモバイルディスプレイBEST5をご紹介します。どのモバイルディスプレイもいつでも一緒に持ち運んで、頼れる相棒になること間違いなしのものばかりですよ!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月3日時点) をもとにして順位付けしています。

5位
モバイルディスプレイ ZSCMALLS ZSCMALLS モバイルモニター  1枚目
出典:amazon.co.jp
サイズ/重さ15.60 インチ/649 g
解像度1920×1080
表面処理-
視野角178°全視野IPS
輝度220cd/m2
映像入力端子HDMI、USB Type-C
電源USB
その他-
4位
サイズ/重さ13.3 インチ/680g
解像度FHD 1920 x 1080
表面処理-
視野角-
輝度250cd/m2
映像入力端子mini HDMI
電源USB
その他-
3位
サイズ/重さ15.6 インチ/約900g
解像度1920×1080
表面処理ノングレア
視野角上下左右170°
輝度220cd/㎡
映像入力端子mini HDMI、USB Type-C
電源USB
その他-
2位
サイズ/重さ12.5インチ/約450g
解像度2560×1440
表面処理-
視野角178°
輝度400cd/m2
映像入力端子mini HDMI、USB Type-C
電源USB
その他-
1位
サイズ/重さ15.6インチ/約700 g
解像度1920×1080
表面処理-
視野角上下左右170°
輝度250cd/m2
映像入力端子mini HDMI、USB Type-C
電源USB
その他-

おすすめ人気 モバイルディスプレイの比較一覧表

商品画像
1
モバイルディスプレイ JAPANNEXT モバイルディスプレイ 1枚目

JAPANNEXT

2
モバイルディスプレイ Hoyaliro モバイルモニター 1枚目

Hoyaliro

3
モバイルディスプレイ アイ・オー・データ機器 モバイルモニター 1枚目

アイ・オー・データ機器

4
モバイルディスプレイ XIAJING モバイルモニター 1枚目

XIAJING

5
モバイルディスプレイ ZSCMALLS ZSCMALLS モバイルモニター  1枚目

ZSCMALLS

商品名

モバイルディスプレイ

モバイルモニター

モバイルモニター

モバイルモニター

ZSCMALLS モバイルモニター

特徴スマートで目にも嬉しい優秀なモニター画質よし、性能よしの、スリムで優秀なモニターブルーライトカット付きなど、目に優しいモニターまずは1台、バランスの良いモニターが欲しいならこちら薄くて、軽くて、使いやすい!スマートなモニター
最安値
23,770
送料別
詳細を見る
19,890
送料無料
詳細を見る
22,999
送料無料
詳細を見る
11,999
送料無料
詳細を見る
サイズ/重さ15.6インチ/約700 g12.5インチ/約450g15.6 インチ/約900g13.3 インチ/680g15.60 インチ/649 g
解像度1920×10802560×14401920×1080FHD 1920 x 10801920×1080
表面処理--ノングレア--
視野角上下左右170°178°上下左右170°-178°全視野IPS
輝度250cd/m2 400cd/m2220cd/㎡250cd/m2220cd/m2
映像入力端子mini HDMI、USB Type-Cmini HDMI、USB Type-Cmini HDMI、USB Type-Cmini HDMIHDMI、USB Type-C
電源USBUSBUSBUSBUSB
その他-----
商品リンク

まとめ

モバイルディスプレイの選び方のポイントと、おすすめのモバイルディスプレイをご紹介しました。

使い方次第でとても便利なものになる2代目のモニターは、外でも中でも作業効率をアップさせ、楽しみ方の幅も広げてくれる存在です。どこにでも持ち運べて、すぐにノートパソコンやデジタルカメラなどと接続して使えるのはとても魅力的ですよね。

ぜひ自分の使い方にぴったり合うモバイルディスプレイを見つけて、便利なデジタルライフを送ってくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す