• モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】

出先などでパソコンを使って作業やプレゼンなどをする場合に、もう1台モニターがあったら便利なのにな…、そう思ったことはありませんか?そんな時に大活躍してくれるのがモバイルディスプレイです。サブモニターとしてモバイルディスプレイを用意していれば、どこでもデュアルモニター化が可能!ノートPCでも、デスクトップタイプと併せて使う際にも大活躍してくれることでしょう。

ASUSやGechicなどからさまざまな商品が出ているモバイルディスプレイ。でも、どのような基準でモバイルディスプレイを選べばいいのか、わかりにくいのもまた事実です。そこでここではモバイルディスプレイを選ぶ際に気をつけたいポイントを解説し、おすすめの商品をご紹介します。モバイルディスプレイを便利に使うためにも、しっかりチェックしてくださいね。
  • 最終更新日:2019年02月18日
  • 208,038  views
目次

モバイルディスプレイとタブレットの違いとは?

モバイルディスプレイとタブレットの違いとは?
タブレットとモバイルディスプレイは形状が似ているため、同じようなものじゃないのか?と思われるかもしれませんが、全く違います。タブレットは本体にOSが入っており、それ単体でもさまざまなファイルの編集や閲覧ができるものです。

ところがモバイルディスプレイは基本的にはモニターとしての機能しかないため、アプリなどを使って動かすわけではなく、あくまでも出力側の画面のサブ的に使用するものになります。

スティックPCなどを使えばスティックPC内のOSを使ってパソコンのようには使えますが、あくまでもそれはスティックPCにその機能があるからです。モバイルディスプレイにそういった機能はありませんので、この点には注意しましょう。

モバイルディスプレイの選び方のポイント

それでは、モバイルディスプレイを選ぶ際に気をつけておきたい6つのポイントについてご紹介します。買ったはいいけれど使えなかった…などということがないように、しっかりチェックしてください。

1. 画面のサイズと解像度を決めよう

1. 画面のサイズと解像度を決めよう
モバイルディスプレイを選ぶ場合に、まずチェックしたいのは画面の大きさです。サブディスプレイなどとして使うわけですから、それなりの大きさがなければ不便ですし、小さすぎるものを選ぶならばサブディスプレイとしてモバイルディスプレイを導入する意味がありません。また持ち運ぶことを考えると、大きすぎないということも大切!カバンの中にすっぽりと収まるサイズを選ぶ方が適しています。

また、より美しい画像を求めるなら、解像度にも注目して選ぶ必要があります。フルHD対応のモバイルディスプレイであれば美しい画像が楽しめます。しかし、あまりフルHDにこだわりすぎると、比例してモバイルディスプレイの値段が上がる傾向にありますので、注意が必要です。

モニターサイズとしては13~15インチ程度、解像度は予算が許すならフルHD対応のものを選ぶと良いでしょう。

2. 視認性を確認しよう

2. 視認性を確認しよう
ディスプレイの視認性は、ディスプレイ表面がどういった処理をされているかにもよっても異なります。この表面処理には「グレア(光沢)」と「ノングレア(非光沢)」の2種類があります。ぱっと見たときに画面が美しく見えるのはグレア処理されたディスプレイですが、映りこみや指紋汚れなどが目立つというデメリットがあります。

ノングレア処理ならば映りこみなどのグレア処理のデメリットは軽減されますが、発色や色合い、シャープさなどはグレア処理の方が勝っています。ノングレアディスプレイの方が目が疲れにくいというメリットもあるので、室内で使うことが多ければグレア処理タイプ、外で使うことが多いならばノングレア処理タイプなど、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

その他にもどの角度までなら見えるかどうかを表す視野角、画面の明るさ度合いを示す輝度などもチェックしておくと、見やすいモバイルディスプレイを手に入れるために役立ちます。

3. 重量を確認しよう

3. 重量を確認しよう
モバイルディスプレイというくらいですから、持ち運ぶためにはやはり重量というのは大きなチェックポイントになります。余りに重たいディスプレイでは、便利だといっても持ち運ぶことが面倒になり、結局使わない、ということになりかねません。

そのため、重さのチェックはとても大切です。だいたい500gから1kgくらいの重さのディスプレイが多く商品展開されているため、このあたりを目安の重さとしてください。1kgを超えるものになると、かなりカバンの中で重量を感じてしまいます。最近のノートパソコンの中には1kgより軽いものもありますから、パソコンよりもサブディスプレイが重たいという状況は避けたいですよね。

4. パソコンと接続しやすいか

4. パソコンと接続しやすいか
モバイルディスプレイはパソコンと接続して使用します。そのため、パソコンとの接続のしやすさについても確認する必要があります。接続のしやすさについては、対応している映像入力端子の数を見ればおおよそ見当をつけることができますよ。

最近のパソコンの場合にはHDMI入出力端子があるものが多いのですが、例えばもともとディスプレイを使用することのないサーバー機器は、VGAしか対応していない場合があります。

そのため、サーバー機器などに接続して使う予定などがある人は、HDMIだけでなくVGA端子に対応しているかもチェックしておきましょう。

5. 電源供給の方法は?

5. 電源供給の方法は?
モバイルディスプレイの電源供給の方法には大きく分けると、「バッテリー」「USB給電」「AC電源」の3つに分けられます。電源供給の方法によって機能が制限されるということはないため、ある程度は好みで選んでも問題ありません。

「バッテリー」タイプや「USB給電」タイプの良いところは、モバイル性を邪魔しないというところです。ただし、両者とも電源供給の方法が限られているため、本体や接続先のバッテリーの残量に注意する必要があります。

その点、AC電源から電源を供給できるタイプは、不意のバッテリー切れという心配はありませんが、モバイルディスプレイのメリットは薄れますので注意しましょう。

6. その他の機能も注意しよう

6. その他の機能も注意しよう
モバイルディスプレイの中にはタブレットのようにタッチ操作を可能にしているものもあります。タッチ操作ができると、プレゼンテーションの際に操作性があがりますし、直感的に使うことができるのでとても便利です。

また、自立できるようなスタンドが搭載されているものだと、サブディスプレイとしても使用しやすくなります。こちらについては絶対に必要な機能というわけではありませんが、チェックしておくと良いでしょう。

モバイルディスプレイのおすすめ人気ランキング5選

それでは選び方のポイントを踏まえて、おすすめのモバイルディスプレイBEST5をご紹介します。どのモバイルディスプレイもいつでも一緒に持ち運んで、頼れる相棒になること間違いなしのものばかりですよ!
5位
モバイルディスプレイ Diginnos バッテリー内蔵モバイルモニター 1枚目
出典:amazon.co.jp

Diginnosバッテリー内蔵モバイルモニター

DG-NP09D

22,329円 (税込)

サイズ/重さ8.9インチ/499g
解像度1,920×1,200
表面処理-
視野角-
輝度-
映像入力端子HDMI
電源バッテリー内蔵、USB
その他-
4位

センチュリーマルチタッチ対応モニター

LCD-10000HT

33,110円 (税込)

サイズ/重さ10.1インチ/848g
解像度1,280×800
表面処理グレア
視野角上下左右とも80°
輝度300cd/m2
映像入力端子HDMI
電源USB
その他10点マルチタッチ操作可能
3位

ゲシックモバイルモニター

On-Lap1101H

119,562円 (税込)

サイズ/重さ11.6インチ/480g
解像度1,980×1,080
表面処理ノングレア
視野角水平178°、垂直178°
輝度300cd/㎡
映像入力端子HDMI、VGA、Mini DisplayPort
電源USB
その他-
2位

エイスースワイドモバイルディスプレイ

24,300円 (税込)

サイズ/重さ15.6インチ/798g
解像度1,980×1,080
表面処理ノングレア
視野角水平160°、垂直160°
輝度200cd/㎡
映像入力端子USB
電源USB
その他自動縦横表示切替、自動明るさ調整
1位
モバイルディスプレイ ゲシック モバイルモニター 1枚目
出典:amazon.co.jp

ゲシックモバイルモニター

On-Lap1303I

45,605円 (税込)

サイズ/重さ13.3インチ/599g
解像度1,920×1,080
表面処理ノングレア
視野角水平178°、垂直178°
輝度300cd/㎡
映像入力端子HDMI、VGA、Mini DisplayPort
電源USB
その他10点マルチタッチ操作可能

おすすめ人気 モバイルディスプレイの比較一覧表

商品画像
1
モバイルディスプレイ ゲシック モバイルモニター 1枚目

ゲシック

2
モバイルディスプレイ エイスース ワイドモバイルディスプレイ 1枚目

エイスース

3
モバイルディスプレイ ゲシック モバイルモニター 1枚目

ゲシック

4
モバイルディスプレイ センチュリー マルチタッチ対応モニター 1枚目

センチュリー

5
モバイルディスプレイ Diginnos バッテリー内蔵モバイルモニター 1枚目

Diginnos

商品名

モバイルモニター

ワイドモバイルディスプレイ

モバイルモニター

マルチタッチ対応モニター

バッテリー内蔵モバイルモニター

特徴いつでも一緒に持ち運べる!最高の相棒専用スリーブケース付きで持ち運びやすいのが魅力!デジタル機器との相性抜群!持ち運べるフルHD液晶光沢感のあるグレア処理ディスプレイ採用モデル8.9インチ小型タイプが欲しいならならこれを選ぼう
最安値
40,537
送料無料
詳細を見る
22,222
送料無料
詳細を見る
87,898
送料別
詳細を見る
33,110
送料別
詳細を見る
18,800
送料無料
詳細を見る
サイズ/重さ13.3インチ/599g15.6インチ/798g11.6インチ/480g10.1インチ/848g8.9インチ/499g
解像度1,920×1,0801,980×1,0801,980×1,0801,280×8001,920×1,200
表面処理ノングレアノングレアノングレアグレア-
視野角水平178°、垂直178°水平160°、垂直160°水平178°、垂直178°上下左右とも80°-
輝度300cd/㎡200cd/㎡300cd/㎡300cd/m2-
映像入力端子HDMI、VGA、Mini DisplayPortUSBHDMI、VGA、Mini DisplayPortHDMIHDMI
電源USBUSBUSBUSBバッテリー内蔵、USB
その他10点マルチタッチ操作可能自動縦横表示切替、自動明るさ調整-10点マルチタッチ操作可能-
商品リンク

まとめ

モバイルディスプレイの選び方のポイントと、おすすめのモバイルディスプレイをご紹介しました。

使い方次第でとても便利なものになる2代目のモニターは、外でも中でも作業効率をアップさせ、楽しみ方の幅も広げてくれる存在です。どこにでも持ち運べて、すぐにノートパソコンやデジタルカメラなどと接続して使えるのはとても魅力的ですよね。

ぜひ自分の使い方にぴったり合うモバイルディスプレイを見つけて、便利なデジタルライフを送ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す