• デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

デュアルディスプレイモニターの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

液晶モニター2台でパソコンを操作できる、デュアルディスプレイ。デュアルモニターと呼ばれることもあり、2つの操作を同時に行えるので大変作業効率がいいというのがメリットです。しかし、大画面タイプ・4K映像対応タイプ・ノングレア液晶などさまざまな種類が発売されており、スペックのどこに注目して選んだらいいのか分かりにくいと感じたことはありませんか?

そこで今回は、デュアルモニターにぴったりのディスプレイを、通販や口コミで人気のモデルから厳選しておすすめ順にランキング形式でご紹介します。用途に合わせて選べるように、詳しい選び方も解説。長時間の作業が快適になる、目に優しいモデルや縦と横で切り替えて使えるモデルなど、使い勝手のいい商品も登場しますよ。あなたの使い方にぴったりなモニターを見つけて、作業効率のアップにお役立てください!
  • 最終更新日:2019年08月29日
  • 156,624  views
目次

デュアルディスプレイモニターの選び方のポイント

デュアルディスプレイにするためのモニターは、サイズや価格だけでなく、接続の仕方や画面の種類なども選ぶポイントになってきます。まずは、それらポイントを詳しくご紹介します。

サイズ・形状・設置タイプを選ぶ

モニターにもいろいろなサイズがありますが、置き方を決めるには設置場所の確保が先決です。置きたい場所をしっかりと決めてから、大きさや形を選んでいきましょう。

20~30インチを目安に、疲れにくく見えやすいサイズを選ぶ

20~30インチを目安に、疲れにくく見えやすいサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

デュアルディスプレイ用のモニターは、無理なく視野に収められるサイズを選ぶことが重要。最も見やすいのは23~24インチで、大画面のものでも30インチまでを限界と考えた方が無難です。これ以上の大きさになると視聴距離が近すぎて、画面全体を視野に収めるのが困難になってしまいます。

スクエア?ワイド?デスクに合わせて形を選ぶ

スクエア?ワイド?デスクに合わせて形を選ぶ

出典:amazon.co.jp

モニターには大きく分けて、スクエアタイプとワイドタイプの2種類があります。現在の主流となっているワイドタイプは一般的なパソコンのモニターと同じ横長なので、違和感も少なく使いやすいと言えるでしょう。ただメインのモニターと並べて設置した場合は横にスペースを必要としますので、パソコンデスクの長さも考慮して選ぶ必要があります。

一方でスクエアタイプは、小スペースに設置できるのが強み。横並びに設置してもさほどスペースを必要としないので、コンパクトなパソコンデスクをお使いの方に適しています。

VESAマウント対応ならモニターアームの取り付けも可能

VESAマウント対応ならモニターアームの取り付けも可能

出典:amazon.co.jp

VESAマウント規格とは、Video Electronics Standards Associationという団体によって作られた規格のこと。モニターの後ろに4つの穴があり、モニターアームを取り付けられるようになっています。

いざ購入したものの、もっと見えやすい角度にしたい・置く場所を調整したいといった時に、専用のモニターアームを用意するだけで設置場所を自由に調節することが可能です。自分にとってベストな位置にモニターを取り付けられるので、ここもぜひ確認しておいてくださいね。
VESAマウント対応のモニターを検討しているのなら、モニターアームも一緒にチェックしてみてください。角度を細かく調整できるものや、1台に2つのモニターを取り付けられるモデルなど種類も豊富です。ぜひ気になるモニターと併せて選んでみてくださいね。

ピボット機能があると活用の幅も広がる

ピボット機能があると活用の幅も広がる

出典:amazon.co.jp

ピボット機能とは、モニターを回転させて縦長・横長の両方で使える機能のことです。縦長にすれば小スペースで使えますし、ウェブページの閲覧や長文の作成などもしやすくなります。仕事やプライベートで縦横どちらも使うという人は、ピボット機能のあるモデルを選ぶといいでしょう。

ただしこの機能を持ったモニターは、そもそも種類が多くありません。選択肢は限られてしまうので、メーカーや機能にこだわりがある人は、角度調整ができるモニターアームの取り付けを検討するのがおすすめです。

接続端子を確認、対応ケーブルの種類から選ぶ

パソコンとモニターを接続するケーブルには、主に4つのタイプがあります。4種類すべて接続できるものもあれば、1種類にしか対応していないパソコンもあるので、お手持ちのパソコンの接続端子を確認して対応する端子を選びましょう。

D-sub15ピン:古いモデルの接続に対応したアナログ端子

D-sub15ピン:古いモデルの接続に対応したアナログ端子

出典:amazon.co.jp

D-sub15ピンは本来、ブラウン管テレビなどアナログ機器用の規格だったもので、現在では主流となっていないため見かける機会は少ない端子です。パソコンと接続しても画像や映像は劣化して見えてしまうため、パソコンがD-sub15ピン端子にしか対応していない・デジタルの端子を他の機器と接続しているといった理由がない限りは選択肢に含めなくてもいいかと思います。

D-sub15ピンという名称の他、アナログRGB端子・VGA端子などメーカーによって呼び名が異なる点には注意が必要です。

DVI:デジタル信号で比較的画質もきれい

DVI端子には、デジタルのDVI-D・デジタルとアナログ兼用のDVI-I・アナログのDVI-A、と3つの種類があります。現在ではDVI-IやDVI-Aを見かけることはほとんどありませんが、どれも端子の形が異なりますので、接続する場合は正しい組み合わせのケーブルを選ぶ必要があります。なお機器にDVIの表記しかない場合は、一般的にDVI-Dのことを指します。

また、1920×1200pxの解像度に対応したシングルリンクと、2560×1600pxに対応したデュアルリンクもありますが、2560×1600pxに対応しているものはほとんどがHDMIやDisplayPortに対応しているため、特に理由がなければあえて選ばなくてもいいでしょう。

HDMI:汎用性の高さと4K映像への対応が魅力

HDMI:汎用性の高さと4K映像への対応が魅力
AV機器やデジタル家電でよくみられる端子で、音声と映像・著作権保護の制御信号をデジタル信号で送ることができます。この規格を用いるにはメーカーが使用料を払う必要があり、生産コストと商品価格に影響することから対応していないモニターも多くあります。

ただゲーム機やパソコン、音楽機器などにも使われているので汎用性が高いところがメリット。最近登場しているHDMI2.0以降からは4K画質にも対応しており、画質の美しさを求める人にもぴったりです。

DisplayPort:複数台接続などハードな使い方に最適

DisplayPort:複数台接続などハードな使い方に最適

出典:amazon.co.jp

DVIの後継となる、最新の映像端子です。DVIやHDMIよりも小型でノートパソコンや電子機器に搭載しやすく、今後モニターでも搭載されたモデルが増えていくことでしょう。

大きな特徴は、ハードな使い方にも耐えられること。パソコンと2つのモニターを数珠つなぎのように接続することも可能なので、モニターを2つ接続したマルチディスプレイや4K以上のモニターを接続するといった人に最適です。ただHDMIに比べると価格は高くなりますから、ハードな使い方をする人でなければHDMIをメインで選んでもいいかと思います。

画面の美しさや見え方をチェックする

モニター選びでは、画質や見え方も大切なポイントです。以下を参考にして、自分にぴったりな見え方のモニターを選んでみてください。

高画質にこだわらなければフルハイビジョンでも美しさは十分

高画質にこだわらなければフルハイビジョンでも美しさは十分

出典:amazon.co.jp

4Kはフルハイビジョンに対して4倍の画素数があるため、大画面でも画素が荒くならず、美しい映像を楽しめるのがメリットです。しかしサイズ選びの項目でお伝えしたように、無理なく視野に収まるのは30インチまで。画面サイズが小さくなるほど4K画質の醍醐味が失われてしまうので、24インチ前後を選ぶのならばあえて4Kにこだわらなくてもいいでしょう。

30インチまでなら、フルハイビジョンでも十分に美しい画像や映像を見ることができます。またフルハイビジョンの方が価格も安いですから、どうしても高画質を重視したいという場合を除いて、フルハイビジョンを検討するのがおすすめです。

用途・見方に合わせてパネルの種類を選ぶ

用途・見方に合わせてパネルの種類を選ぶ

出典:amazon.co.jp

モニターに使われているパネルには、主なものでIPS・VA・TNなどがありますが、設置する角度や見え方、用途に合うかを考慮して選ぶのが理想的です。IPSパネルは視野角が広く高画質という特徴があるので、モニターを斜めに設置する際に適します。

VAパネルはコントラストが美しいため映像や画像を中心に見る人にぴったりですが、視野角は狭いので斜めの角度で設置するのには向きません。TNパネルは画素の色を切り換える速度が大変速いので、画面切り替えにスピーディーさを要求されるスポーツ番組やゲームをプレイするのに最適。ただこちらも視野角が狭いので、正面以外の角度からは見えにくい点に注意しましょう。

表面処理は、長時間作業に適したノングレアがおすすめ

表面処理は、長時間作業に適したノングレアがおすすめ

出典:amazon.co.jp

液晶パネルには、光沢処理が施されたグレアと、非光沢処理されたノングレアがあります。艶やかなグレアは表示される画像や映像が色鮮やかで、映画鑑賞や画像の閲覧などに適しています。ただその光沢感ゆえに光の映り込みが起こりやすく、蛍光灯などが反射すると見えにくいのがデメリットです。

一方ノングレアは艶消しされているマットなパネルで、表示される色合いがやや暗く見えてしまうのが難点。しかし光の映り込みがなく目の疲れも軽減されますから、長時間の作業やゲームをするのに最適です。デュアルモニターを検討している人はどちらかというと長時間作業になることが多いと思いますので、目の疲れにくいノングレアを選んだほうが良いでしょう。

ブルーライトカットやフリッカーレス機能でより疲れにくく

ブルーライトカットやフリッカーレス機能でより疲れにくく

出典:amazon.co.jp

パソコンやモニターなどの画面からは、ブルーライトと呼ばれる光線が発せられています。これは紫外線と同等とされるほど強力なもので、視力の低下や眼精疲労の原因となることも少なくありません。最近ではメガネやスクリーンフィルムにも、ブルーライトをカットできるものが登場しているほどです。

また一般的な液晶ディスプレイはLEDバックライトが高速に点滅しており、フリッカーと呼ばれる微細なちらつきが発生しています。これも目の疲れや視力低下につながるものなので、心配な人はブルーライトカットやフリッカーレス機能を持ったモニターを選んでみてください。

デュアルディスプレイモニターのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、デュアルディスプレイ用のモニターのおすすめ商品をご紹介します。各商品に付属しているケーブルも記載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
10位
デュアルディスプレイモニター Dell  ディスプレイ モニター
出典:amazon.co.jp

Dell ディスプレイ モニター

P1917S

22,890円 (税込)

サイズ19インチ
VESAマウント
ピボット機能
接続端子VGA・DisplayPort・HDMI
解像度ハイビジョン(1280x1024画素)
パネルIPSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
9位
サイズ21.5インチ
VESAマウント×
ピボット機能
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルTNパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能×
フリッカーレス設計×
8位
デュアルディスプレイモニター Acer モニターディスプレイ
出典:amazon.co.jp

Acerモニターディスプレイ

KA270HAbmidx

16,980円 (税込)

サイズ27インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルVAパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
7位
デュアルディスプレイモニター LG  モニターディスプレイ 27インチ
出典:amazon.co.jp

LG モニターディスプレイ 27インチ

27MP38VQ-B

18,380円 (税込)

サイズ27インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルIPSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
6位
デュアルディスプレイモニター ASUS  フレームレスモニター
出典:amazon.co.jp

ASUS フレームレスモニター

VZ239HR

14,980円 (税込)

サイズ23インチ
VESAマウント記載なし
ピボット機能記載なし
接続端子HDMI・D-Sub 15ピン
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルIPSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
5位
デュアルディスプレイモニター Philips 23.6型ワイド液晶ディスプレイ
出典:amazon.co.jp

Philips23.6型ワイド液晶ディスプレイ

246E7QDSB/11

16,963円 (税込)

サイズ23インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルPLSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能×
フリッカーレス設計
4位
デュアルディスプレイモニター Acer  ディスプレイ モニター 24インチ
出典:amazon.co.jp

Acer ディスプレイ モニター 24インチ

K242HLbid

13,899円 (税込)

サイズ24インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルTNパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能×
フリッカーレス設計×
3位
デュアルディスプレイモニター アイオーデータ モニター
出典:amazon.co.jp

アイオーデータモニター

EX-LD2071TB

10,769円 (税込)

サイズ20.7インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルTFTパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
2位
サイズ23.8インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルADSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能
フリッカーレス設計
1位
デュアルディスプレイモニター BenQ 24インチワイドスタンダードモニター
出典:amazon.co.jp

BenQ24インチワイドスタンダードモニター

GL2460HM

49,266円 (税込)

サイズ24インチ
VESAマウント
ピボット機能×
接続端子D-sub・DVI・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)
パネルTNTパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能×
フリッカーレス設計

おすすめ人気デュアルディスプレイモニターの比較一覧表

商品画像
1
デュアルディスプレイモニター BenQ 24インチワイドスタンダードモニター

BenQ

2
デュアルディスプレイモニター アイオーデータ モニター

アイオーデータ

3
デュアルディスプレイモニター アイオーデータ モニター

アイオーデータ

4
デュアルディスプレイモニター Acer  ディスプレイ モニター 24インチ

Acer

5
デュアルディスプレイモニター Philips 23.6型ワイド液晶ディスプレイ

Philips

6
デュアルディスプレイモニター ASUS  フレームレスモニター

ASUS

7
デュアルディスプレイモニター LG  モニターディスプレイ 27インチ

LG

8
デュアルディスプレイモニター Acer モニターディスプレイ

Acer

9
デュアルディスプレイモニター iiyama ProLite 21.5インチ

iiyama

10
デュアルディスプレイモニター Dell  ディスプレイ モニター

Dell

商品名

24インチワイドスタンダードモニター

モニター

モニター

ディスプレイ モニター 24インチ

23.6型ワイド液晶ディスプレイ

フレームレスモニター

モニターディスプレイ 27インチ

モニターディスプレイ

ProLite 21.5インチ

ディスプレイ モニター

特徴機能と価格のバランスが秀逸なモデルサブモニターとしても最適なサイズ感とクオリティを両立小型のモニターを選ぶならこれ!省エネ使用が可能なエコなモニターIPSにも引けを取らないPLSパネル採用のモデル置き場所を選ばない極薄タイプのAmazon限定モデル斜めの角度で設置しても美しさの変わらない、IPSパネル採用ベゼルを極限まで削ってデュアルディスプレイのデメリットを解消ピボット機能搭載で縦横に切り替えて使うのに最適設置場所に困らないスクエア型の19インチ
最安値
37,884
送料要確認
詳細を見る
11,980
送料無料
詳細を見る
10,674
送料無料
詳細を見る
12,236
送料無料
詳細を見る
14,300
送料無料
詳細を見る
14,980
送料要確認
詳細を見る
18,380
送料要確認
詳細を見る
15,980
送料無料
詳細を見る
163,175
送料別
詳細を見る
19,311
送料無料
詳細を見る
サイズ24インチ23.8インチ20.7インチ24インチ23インチ23インチ27インチ27インチ21.5インチ19インチ
VESAマウント記載なし×
ピボット機能×××××記載なし××
接続端子D-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMIHDMI・D-Sub 15ピンD-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMID-sub・DVI・HDMIVGA・DisplayPort・HDMI
解像度フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)フルハイビジョン(1920x1080画素)ハイビジョン(1280x1024画素)
パネルTNTパネル(ノングレア)ADSパネル(ノングレア)TFTパネル(ノングレア)TNパネル(ノングレア)PLSパネル(ノングレア)IPSパネル(ノングレア)IPSパネル(ノングレア)VAパネル(ノングレア)TNパネル(ノングレア)IPSパネル(ノングレア)
ブルーライト軽減機能××××
フリッカーレス設計××
商品リンク

正常に動作しないときは設定方法とメモリ容量をチェック

正常に動作しないときは設定方法とメモリ容量をチェック

出典:amazon.co.jp

デュアルディスプレイは、モニターを追加するだけで2画面の操作が可能です。ただし接続した後は追加したモニターを複製画面と拡張用のどちらで使うのかの設定が必要ですので、お使いのOSでの設定方法を確認しておきましょう。

またモニターが1つ加わるとパソコンにかかる負担も増すため、スペックの低いパソコンでは動作が重くなってしまう点に要注意。当然ながら消費電力もアップするので、スムーズな操作性を求めるのならメモリの増設やグラフィックボードの導入・交換も検討してみてくださいね。

デュアルディスプレイに最適なモニターは他にも

以下のリンクでは、ゲームや高精細な画像に特化したモニターをご紹介しています。メインモニターと並べた際に境目の気にならないベゼルの薄いモニターもあるので、より使い道も広がりますよ。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

まとめ

今回はデュアルディスプレイにおすすめのモニターをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?どのモデルも比較的手ごろな価格帯で、検討しやすかったのではないでしょうか。

モニターが1台増えるだけで、ビジネスやプライベートでの作業効率もアップします。ぜひあなたの使い方にぴったりなモニターを手に入れて、デュアルディスプレイの便利さを体験してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す