1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. 薄型テレビ・液晶テレビ
  6. >
  7. 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】
  • 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

フルハイビジョンの4倍もの画素数を持ち、鮮明な映像を楽しめる「4Kテレビ」。独自のモデルをリリースしているソニー・シャープ・東芝・パナソニックなどのほか、韓国から参入してきたLGも人気です。メーカーやグレードによって色彩表現・音質なども異なるので、どれを選んでいいのか困ってしまいますよね。

そこで今回は、通販でおすすめのモデルを人気順にランキング形式でご紹介します。併せて前半部分では、家電のプロである家電販売員の野村暁さんにお話を伺いながら、4Kテレビの選び方を解説。ぜひ参考にして、あなたのお部屋に最適な4Kテレビを見つけてください。

この記事に登場する専門家

野村 暁(たろっさ)
  • 最終更新日:2020年10月02日
  • 953,390  views
目次

4Kテレビの選び方のポイント

今回は、家電販売員として10年以上のキャリアを持つ、野村暁さんに選ぶ際のポイントや注意点について詳しくお聞きしました。選び方のポイントを参考にして、自分が求めていた4Kテレビを見つけていきましょう。

4Kテレビの選び方のポイント

<家電販売員・アドバイザー 野村 暁さん>
20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。5年目で3億円を経験し、「法人ナンバーワン販売員」として表彰を経験。家電販売員たろっさとして、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営。


ブログ:http://taromomo.com/

Twitter:https://twitter.com/momoandtaro8931

「倍速液晶」は4K液晶テレビの必須条件!

「倍速液晶」は4K液晶テレビの必須条件!
倍速液晶は、プラズマテレビから4K液晶テレビに買い替える方には、特に重要視してほしいポイントです。映像を映す方式の違いから、プラズマテレビに比べて液晶テレビは動画応答性に劣っており、カクツキや残像感が残ってしまいます。

その欠点を補う技術が「倍速液晶」です。1秒間に60フレームだったものを、120フレームつなぎ合わせられる倍速液晶であれば、映像の滑らかさやカクツキといった問題を解決してくれます。
野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
スポーツ番組など、動きのある映像を見る方にとっては、倍速液晶は必須の条件になります。また、ニュースやバラエティしか見ないと言う方でも、ワイプやテロップなどの流れ方や滑らかさが大きく変わってくるので、倍速液晶のものを選んであげましょう。

ディスプレイの種類と性能で選ぶ

美しい映像が見れる4Kテレビですが、美しく見るためにはディスプレイの性能も大切。主に液晶ディスプレイ(直下型・エッジ型)と有機ELディスプレイがありますので、その違いについてもしっかり見ていきましょう。

高画質を求めるならLEDが液晶全体にある「直下型液晶ディスプレイ」

高画質を求めるならLEDが液晶全体にある「直下型液晶ディスプレイ」
直下型は、液晶全体にLEDを搭載しています。LEDの量が多い分、液晶自体には厚みが出てしまいますが、場面やシーンごとの明暗部分の対比が段違いに良いのが特徴です。ただ、テレビ自体に熱を持ってしまったり、電気代を食うというデメリットもあります。
野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
4Kテレビの高画質を楽しみたいのであれば、迷わず直下型の液晶ディスプレイを選びましょう!やや値段は高くつきますが、綺麗な画面に満足できること間違いなしです。

小型・薄型・低価格なら「エッジ型液晶ディスプレイ」

小型・薄型・低価格なら「エッジ型液晶ディスプレイ」

エッジ型は、縁だけに明るいLEDを搭載して画面を光らせる方式。エッジ型はライトの数が少ないため、テレビ本体が小型化・薄型化できる点と、省エネ性能が高いのが特徴です。ただし、ライト数が少ないために、表示する画面の繊細さや明るさのメリハリが弱いというデメリットもあります。

野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント

夜景や景色の映像を、エッジ型と直下型で見比べてみると違いは一目瞭然です。エッジ型で見る場合は、光っている星の周りがぼやけるイメージ。直下型の場合は周りが鮮明にクッキリ見えるはずです。 エッジ型の購入は、直下型が予算的に厳しい場合のみ考えたほうが良いでしょう。

軽量&薄型、完全な黒を再現する「有機ELディスプレイ」

軽量&薄型、完全な黒を再現する「有機ELディスプレイ」
有機ELディスプレイは、放電スペースを持たない自発光タイプ。バックライト(LED)が不要になったため、軽量化と薄型化を可能としており、液晶ディスプレイの約10分の1の薄さを実現しました。また、液晶ディスプレイでは限界があった黒色の表現を得意とし、完全な黒を再現できる液晶としても知られています。

映し出される映像の美しさには定評がありますが、価格は液晶ディスプレイより高く、テレビとしての寿命は約半分であることから、耐久面や価格よりも映像美を重視したい方におすすめです。
野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
有機ELは、パネル自体が発光するので熱を持たないという特徴があります。また、1画素ごとの明るさを調整できるので非常に綺麗な「完全な黒」を表現できます。

ただやはりまだまだ値段が高いので、ガジェット好きの方や本当にこだわりたい方が購入するというイメージのテレビです。

角度によって見え方が変わらない「IPS液晶方式」がおすすめ

角度によって見え方が変わらない「IPS液晶方式」がおすすめ
4Kテレビは画面サイズが大きいため、見る角度によって見え方が違うことも考慮しておきましょう。見え方を左右する液晶方式は、VA方式とIPS方式の2種類です。

VA方式はコントラスト性能は高いのですが視野角が狭く、IPS方式は視野角が広い代わりにコントラスト性能が低いという対照的な特徴を持っています。
野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
正面からみないのであれば、色彩がかなり深いVAがおすすめです。Sonyのテレビは正面から見ることに重点をおいて作られているので、そういった方はSonyのテレビを選ぶと良いかもしれません。

ただ、「リビングとダイニングで見るテレビは共通。ご飯を食べるときにもテレビを見る」といったように、視野角が広い方が何かと便利なタイミングが非常に多いです。それ以外にもソファで寝転がりながら見る場面も多くあるかと思います。

そうなったときに、正面から以外は極端に暗くなってしまうVA液晶はあまり望ましくなく、できればIPS方式のテレビの方が適しています。

HDR対応モデルなら映像がよりリアルに

HDR対応モデルなら映像がよりリアルに
ゲームソフトやDVDと同じように、4KテレビにもHDR対応モデルと非対応モデルがあります。HDRはハイダイナミックレンジの略で、白や黒にもしっかりと陰影が加わることで、より人の視覚に近い見え方をするという表示技術のことです。

繊細なグラデーションや色の変化も再現するため、画面にリアリティが感じられるようになります。4Kテレビならではの美しさをより実感しやすくなりますので、HDRに対応しているかどうかもしっかり確認しておきましょう。

内蔵チューナーが放送に対応しているかも忘れずに確認

内蔵チューナーが放送に対応しているかも忘れずに確認
内蔵されているチューナーがどの放送に対応したものかも、十分確認してください。「チューナー内蔵」と記載されていても、CS・BSなど種類があり、対応していない場合は4K映像を視聴することができません。

せっかく4Kテレビを購入したのに、肝心の4K映像が見られないのではがっかりしてしまいますので、ご自身が見たい4K放送を見るには何が必要か、確認しておくことが重要です。

インターネット接続が必要かどうかも要チェック

インターネット接続が必要かどうかも要チェック

最近のテレビは、インターネットに接続できるものもあります。動画配信サービスやYouTubeなどをテレビで見たい方は、テレビがインターネットに接続できるかどうか確認しましょう。

野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
地上波の放送しか見ないという人は、全体の5割をきっています。何らかのネット動画を見たり、そういった類のサービスを契約しているという事です。

例えばスマホでdtvを見ている方は、テレビを選ぶ際、テレビでdtvが見れるかどうかを確認しておいたほうが良いでしょう。自分の契約しているネットサービスがテレビでも利用できるか、というところが選ぶポイントになります!

【49型以下】4Kテレビのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、4Kテレビのおすすめランキングをご紹介していきます。まずは、ワンルームのお部屋にもぴったりな49型以下のモデルのご紹介です。続いて50型以上の大画面モデルも登場しますので、お見逃しなく!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月9日時点) をもとにして順位付けしています

PR

SUNRIZE 4Kテレビ 65V型

85,800円 (税込)

基本送料無料!3年保証付きで安心して利用できる♪

ボタン

SUNRIZEの「4Kテレビ 65V型」は、大画面ながらも85,800円(税込)で購入できるので、低価格で探している方にピッタリです!しかも、基本送料無料なのも嬉しいポイント。

また、安定感のあるスタンドや3年保証も付いているため、初めて4Kテレビを利用する方でも安心して使うことができます。ぜひこの機会に、ご家族みんなで4Kテレビをお楽しみください!

10位
サイズ43型
9位
サイズ43型
8位
4Kテレビ LG Electronics Japan 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 1枚目
出典:amazon.co.jp

LG Electronics Japan4Kチューナー内蔵 液晶テレビ

43UM7300EJA

60,525円 (税込)

サイズ43型
7位
サイズ43型
6位
サイズ43型
5位
サイズ40型
4位
サイズ49型
3位
サイズ43型
2位
サイズ49型
1位
サイズ43型

おすすめ人気【49型以下】4Kテレビの比較一覧表

商品画像
1
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

2
4Kテレビ パナソニック VIERA 1枚目

パナソニック

3
4Kテレビ アイリスオーヤマ 4K対応液晶テレビ 1枚目

アイリスオーヤマ

4
4Kテレビ SUNRIZE(サンライズ) 4Kフレームレステレビ 49V型 1枚目

SUNRIZE(サンライズ)

5
4Kテレビ シャープ AQUOS 4K 1枚目

シャープ

6
4Kテレビ パナソニック VIERA 1枚目

パナソニック

7
4Kテレビ TCL JAPAN ELECTRONICS 4K液晶テレビ 1枚目

TCL JAPAN ELECTRONICS

8
4Kテレビ LG Electronics Japan 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 1枚目

LG Electronics Japan

9
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K対応液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

10
4Kテレビ パナソニック VIERA 1枚目

パナソニック

商品名

4K液晶テレビ

VIERA

4K対応液晶テレビ

4Kフレームレステレビ 49V型

AQUOS 4K

VIERA

4K液晶テレビ

4Kチューナー内蔵 液晶テレビ

4K対応液晶テレビ

VIERA

特徴AV機器の専門家をうならせるハイクオリティ品画面の大きさと品質のバランスの良さが魅力財布にも目にもやさしい優秀モデルリアルに近い再現力と網羅した機能性で使い勝手は◎独自の映像技術とコンテンツサービスで満足度高め多彩なコンテンツが楽しめる機能性と映像美が魅力値段で選んでも失敗しない優れものAI機能・ネット動画アプリ搭載の高性能モデルコスパ高めで一人暮らし用にぴったりBSとCSのダブルチューナー内蔵&IPS方式のファミリー向け
最安値
49,440
送料無料
詳細を見る
122,520
送料無料
詳細を見る
37,800
送料無料
詳細を見る
42,000
送料要確認
詳細を見る
74,747
送料無料
詳細を見る
81,802
送料無料
詳細を見る
34,900
送料無料
詳細を見る
60,525
送料無料
詳細を見る
34,990
送料無料
詳細を見る
114,980
送料無料
詳細を見る
サイズ43型49型43型49型40型43型43型43型43型43型
商品リンク

【50型以上】4Kテレビのおすすめ人気ランキング10選

続いては、50型以上の大迫力サイズのみを厳選してご紹介します。4Kの美しさを大画面で楽しみたい方は、要チェックです。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月9日時点) をもとにして順位付けしています

10位
サイズ65型
9位
サイズ50型
8位
サイズ50型
7位
サイズ65型
6位
サイズ65型
5位
サイズ50型
4位
サイズ55型
3位
サイズ55型
2位
サイズ55型
1位
サイズ50型

おすすめ人気【50型以上】4Kテレビの比較一覧表

商品画像
1
4Kテレビ MOA STORE 4K対応液晶テレビ 1枚目

MOA STORE

2
4Kテレビ MOA STORE 4K対応液晶テレビ 1枚目

MOA STORE

3
4Kテレビ SUNRIZE(サンライズ) 4Kフレームレステレビ 55V型 1枚目

SUNRIZE(サンライズ)

4
4Kテレビ アイリスオーヤマ 4K対応液晶テレビ 1枚目

アイリスオーヤマ

5
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

6
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

7
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

8
4Kテレビ ハイセンスジャパン 4K液晶テレビ 1枚目

ハイセンスジャパン

9
4Kテレビ アイリスオーヤマ 4K対応液晶テレビ 1枚目

アイリスオーヤマ

10
4Kテレビ SUNRIZE(サンライズ) 4Kフレームレステレビ 65V型 1枚目

SUNRIZE(サンライズ)

商品名

4K対応液晶テレビ

4K対応液晶テレビ

4Kフレームレステレビ 55V型

4K対応液晶テレビ

4K液晶テレビ

4K液晶テレビ

4K液晶テレビ

4K液晶テレビ

4K対応液晶テレビ

4Kフレームレステレビ 65V型

特徴格安で大画面モデルが欲しいならコレ一択値段と品質のバランス感が良い導入モデルほど良いサイズ感とコストを重視する方には最適ナチュラルな色彩感と動きの強さで画質の良さバツグンインテリアも性能も重視したい方は必見多彩な性能で数々の賞も獲得したモデル迫力感も美しさも機能性も網羅新生活で初期費用を抑えたい方におすすめ大画面なのにコスパの高さも文句なしフレームレスの65インチ画面でダイナミックさは満点
最安値
41,800
送料無料
詳細を見る
46,800
送料無料
詳細を見る
47,900
送料要確認
詳細を見る
47,800
送料無料
詳細を見る
61,000
送料要確認
詳細を見る
94,980
送料無料
詳細を見る
96,800
送料無料
詳細を見る
45,600
送料無料
詳細を見る
45,800
送料無料
詳細を見る
84,800
送料要確認
詳細を見る
サイズ50型55型55型55型50型65型65型50型50型65型
商品リンク

音にもこだわるならARCを活用しよう!

音にもこだわるならARCを活用しよう!
ARC(Audio Return Channel)とは、「HDMI端子の入力の中で、音声データだけ出力の出来る端子」の事です。これにHDMI対応のシアターバーやシアターセットをつけると、シアター機器のほうのコントロールも、テレビのリモコンに連動するようになります。
野村 暁(たろっさ)
家電販売員/アドバイザー
野村 暁(たろっさ)さんのコメント
仮にARCがついていなくても、光デジタルケーブル+HDMI接続の2本で接続することにより、音声データは光デジタル、リモコン信号はHDMIで受けることができます。

これによって、ARC接続とほぼ同等のことができるようになります。2本ケーブルは刺さないといけませんが、無い場合でも諦めないで試してみてください!

スピーカーにこだわって4K映像に迫力をプラス!

せっかくの4K映像に合わせて、スピーカーもそろえてみてはいかがでしょう。美しい映像に臨場感あふれるサウンドが加われば、映画やゲームまで大迫力に! ぜひ、以下のリンクもチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 4Kテレビは各メーカーにそれぞれ特徴があり、音質や画質に優れているモデルが多数登場しています。

当初よりも安価になってきたとはいえ、まだ激安とはいかないためじっくり選びたいですよね。納得のいく1台を購入できるよう、ぜひご紹介した選び方を参考にしてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す