• 803181f7bbab2e3942a78fd7a72bfd931f5f381b
  • 0428aafb5fbda26a25db5f0755553786b2587d67
  • Ae8cb8b237e6129508b9358f9e981ba727a84efb
  • 00b4f54b5710ffa1c5b0b7fbf12e50cb6752322d
  • 96445c47f59a816e1c5b8eb4c840e927ffdfde7b

ホームオートメーションガジェットのおすすめ人気ランキング10選

近年、iPhoneやiPadなどのスマホ・タブレットと連動して、家電や家具をコントロールする「ホームオートメーションガジェット」が注目されています。「ホームオートメーション」とは、IT技術を駆使して家事や家電の操作を自動化することを言い、「ガジェット」は英語で「装置・機器」などを指す単語です。スマートフォン一つでテレビやエアコン・照明などを操作したり、家の防犯を行う時代が到来しました!パナソニック・NASNOS・PHILIPSなどのメーカーが、それぞれ先進的なガジェットを展開していて、ホームオートメーションシステムの市場も急拡大中です。

今回は、みなさんのお家に近未来的な便利さを加える、ホームオートメーションガジェットのおすすめ商品10選をご紹介したいと思います!

最終更新日:2017年10月17日 | 757views

ホームオートメーションガジェットの選び方

ホームオートメーションガジェットは、他の機器と連動して動作するため、選び方が非常に重要です。また、海外の規格に基づいて作られたものであれば、自宅で使用できない場合もあります。

ここでは、せっかく買ったガジェットが使えないという事態も防止できるよう、ホームオートメーションガジェットの選び方のポイントをご紹介します!

Android向けかiPhone向けか

多くのホームオートメーションガジェットは、スマートフォンの専用アプリと連動して活躍します。そのほとんどはAndroid・iPhone両方にアプリを展開していますが、中には一方に対応していないものがあります。このような場合は、対応しているOSのスマホを自分が持っていないと、ガジェットを使用することができません。iPadやAndroidタブレットなどの端末をお持ちであれば、スマートフォンと同じアプリをインストールしてガジェットを使用できます。なお、残念ながら、Windows Phoneに対応しているホームオートメーションガジェットは非常に少ないのが現状です。

ちなみにガジェットによっては、スマートフォンを必要としない場合もあります。このようなガジェットでは、付属する機器で操作することになります。

家電や装置との通信方法は何か

スマートフォンがガジェットの専用アプリに対応していることが確認できたら、どうやって通信するかを確認しましょう。離れた機器同士で連動するには、何らかの通信手段が必要です。ホームオートメーションガジェットでは、Wi-FiやBluetoothが主な通信方法です。最近のスマートフォンの多くは、これらの通信が可能ですが、Wi-Fiを用いるガジェットでは、自宅でWi-Fiを使用する環境が別途必要になります。

ケーブルを使用して通信するガジェットもありますので、そのような商品の場合は、ケーブルが付属するかどうかや、別途購入できかどうかなども確認しましょう。

日本国内で使用できる規格かどうか

ホームオートメーションガジェットと呼ばれる製品の中には、海外製のものも多くあります。特に、コンセントに直接接続して使用するタイプのガジェットでは、上の画像のように日本国内の製品と形状が異なるため、自宅で使用する場合には変換プラグが必要です。

また、対応している電源の電圧が異なっていると電化製品の故障や火災などの原因になりますので、これも注意する必要があります。このように、海外製ガジェットを購入する際は、必ず電源の規格をチェックするようにしましょう。

ホームオートメーションガジェットのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのホームオートメーションガジェットをご紹介します!

どれも便利で簡単に使用できるガジェットを選びました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

10位:Logbar RING ZERO RPB-001

Logbar RING ZERO RPB-001
13,000円(税込)

・通信方法:Wi-Fi・Bluetooth
・対応スマートフォン:Android・iPhone

指の動きで家電をコントロール!

指輪型のリモコンである「RING ZERO」は、20種類以上のアプリケーションに対応しており、スマートフォンを含めた様々な電子機器をコントロールします。RING ZEROに対応しているテレビや照明などのスマート家電をジェスチャーだけで操作できます。

スマート家電と同様に、ジェスチャーで操作するプレゼンテーションアプリも展開しています。ジェスチャーを設定することで、スライドの送りや戻しなどの操作や登録したスライドへの移動を行うことができます。周りとは一味違うプレゼンを行う強い味方となってくれます。

9位:Netatmo Welcome NET-OT-000007a

Netatmo Welcome NET-OT-000007a
23,500円(税込)

・通信方法:Wi-Fi・Bluetooth・イーサネットケーブルによる有線接続
・対応スマートフォン:Android・iPhone

物の動きで自動録画!顔認識機能搭載で不審者を見逃さない

「Welcome」はセキュリティカメラによる防犯はもちろんですが、家族の帰宅・在宅を出先で確認したい方におすすめのガジェットです。自宅のリビングや玄関に設置することで、撮影した人の顔を識別し、スマートフォンに名前を通知します。さらに、登録していない人物を撮影した場合も通知し、撮影した映像をmicroSDカードに保存します。映像はパソコン・スマートフォンでリアルタイムに確認することが可能です。

小さいお子さんがいるご家庭や、人の出入りの多い事業所などにもおすすめのホームオートメーションガジェットです。

8位:Qrion Smart Tag Q-ST1

Qrion Smart Tag Q-ST1
3,269円(税込)

・通信方法:Bluetooth
・対応スマートフォン:iPhone

大事な持ち物の位置情報をアプリで把握

持ち物に取り付けた「Smart Tag」をスマートフォンアプリを利用して鳴らすことで、探し物が格段に楽になります。タグの位置情報を保存することもできるため、旅行中に紛失した場合にも所持品を探し出す上で有力な手がかりになります。スマートフォンが手元に見当たらない場合は、Smart Tagでスマートフォンのアラームを鳴らすことができるため、相互に紛失を防ぐことが可能です

カラーバリエーションはピンク・ネイビー・ブラック・ライムイエロー・ライトブルーの5色ですので、年齢や性別を問わず使用することができます。探し物が苦手な方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

7位:NASNOS デライトQ2/クアトロタイマーリモコン

NASNOS デライトQ2/クアトロタイマーリモコン
26,714円(税込)

・通信方法:電波式
・対応スマートフォン:なし(専用の時計と連動)

目覚まし時計と連動してカーテンを開閉

専用の目覚まし時計がカーテンの開閉をコントロールします。リモコンを兼ねている目覚まし時計に時間を設定することで、設定した時間にカーテンの開閉を行います。工事が不要なので、賃貸住宅でも使用できます。別売りのスタンド用調光器と連動して、照明をコントロールすることも可能です。一人暮らしの方や、出張や旅行で家を空けることが多い方には、空き巣対策としておすすめです。

生活リズムの改善には、適切な時間に日光を浴びることが重要ですので、自然な生活リズムで暮らしたい方にもおすすめのガジェットです。

6位:Koogeek スマートコンセント

Koogeek スマートコンセント
4,099円(税込)

・通信方法:Wi-Fi
・対応スマートフォン:iPhone

Siriが家電のオン・オフをコントロール!

スマートコンセントを家庭の電源に接続することで、家電の電源のオン・オフがiPhoneアプリやSiriで行えるようになります。Wi-Fiで通信を行いますが、設定は非常に簡単ですので、機械が苦手な方でも抵抗なく使用できます。電源のオン・オフのみで操作する家電をコントロールする目的に適しています。また、タイマーの設定や消費電力の確認も可能なため、節電にも効果を発揮してくれるでしょう。

なお、こちらの製品は3Pプラグなので、使用の際には2Pへの変換プラグが必要です。

5位:Qrio Smart Lock

Qrio Smart Lock Q-SL1
14,158円(税込)

・通信方法:Bluetooth Low EnergyもしくはWi-Fi
・対応スマートフォン:Android・iPhone

施錠はもちろん、合鍵のシェアも可能!

Qrioが販売している「Smart Lock」は、スマートフォンと家の鍵が連動する、防犯に関心のある方には非常におすすめのガジェットです。「サムターン」と呼ばれる内鍵の上からかぶせるように取り付けるため、設置工事がなく賃貸住宅でも使用できます。自宅のドアにオートロック機能」を付加し、専用アプリで鍵の使用履歴を確認することができます。また、スマートフォンに鍵の情報を登録することから、合鍵のシェアも簡単に行うことができます。

別売りの「Qrio Hub」を室内に設置することで、家から遠く離れていても鍵の操作を行うことが可能になります。

4位:Amazon Dash Button

・通信方法:Wi-Fi
・対応スマートフォン:Android・iPhone

ボタンひとつでAmazonの買い物ができる!

誰にでも常備している生活用品があると思いますが、買い物のあとに「つい買い忘れてしまった!」と気づいた経験も一度はあるのではないでしょうか。「Amazon Dush Button」は、ボタン一つで買い物ができるガジェットです。Wi-Fiの使用できる環境で、Amazonアプリを使って商品をボタンに登録するだけで買い物ができます。商品やブランドごとに40種類以上のボタンが展開されており、一つのボタンに登録できる商品が複数あるため、自分の頻繁に使用する商品に対応したボタンを選ぶことができます。

重複してボタンを押してしまった場合でも、商品が届くまでは注文が確定することはありませんので、誤注文は防止できます。Amazonで定期的な買い物をする方には非常におすすめです。

3位:SONOS PLAY:1

・通信方法:Wi-Fi
・対応スマートフォン:Android・iPhone・Windows PC

ストリーミングサービスの音楽を直接流せる!

これまで、スマートフォンと接続できるワイヤレススピーカーはたくさん販売されていますが、「PLAY:1」はそれらとは一味異なっています。スマートフォンとスピーカーを無線接続することは従来のワイヤレススピーカーと同じですが、PLAY:1はWi-Fiを利用してスマートフォンやインターネットと接続するため、音楽をストリーミングで提供しているサービスに直接接続し、再生することが可能です。また、専用アプリで作成したプレイリストをスマートフォンを介さずにスピーカーから直接再生することができます。さらに、専用アプリではスピーカーのコントロールや、他のSONOS製品を接続してオーディオシステムを作ることも可能です。

「Apple music」や「Spotify」・「Google Play Music」・「tunein」など様々なストリーミングサービスに対応しているため、現在利用しているサービスがあれば、そのままPLAY:1でお気に入りの音楽を楽しむことができます。

2位:PHILIPS Hue スターターセット v2

PHILIPS Hue スターターセット v2
26,800円(税込)

・通信方法:Wi-Fi
・対応スマートフォン:Android・iPhone

アプリと連動して、1,600万色から光の色を選べる!

スマートフォンでコントロールできる照明は、ホームオートメーションの代表とも言えるのではないでしょうか。「Hue」はWi-Fiで照明とスマートフォンを接続することで、室内はもちろん外出先からでもコントロール可能です。また、iPhoneを使用している方は、「Apple HomeKit」に対応しているため、Siriを通じて照明を操作することができます。

さらに「Hue」は、専用アプリによって照明を音楽や映像・画像とリンクさせることができ、お部屋全体でエンターテインメントを楽しむためのツールとしても活躍します。光の色は1,600万色以上の中から選ぶことができるため、気分転換にも最適です。ステージを演出するための照明としても活用できます。アプリで調光する際も、時差が気になりません。

スターターセットには、ランプ本体と最大50個のランプをアプリと接続する「ブリッジ」が付属するので、購入後すぐに使用できます。

1位:リンクジャパン eRemote

リンクジャパン eRemote
9,800円(税別)

・通信方法:Wi-Fi(家電との通信は赤外線)
・対応スマートフォン:Android・iPhone

家中の赤外線リモコンをスマホで一括管理!

ホームオートメーションガジェットやスマート家電の多くは、まだまだ高価で興味はあっても手が出ないという方もたくさんいると思います。LinkJapanの「eRemote」は、すでにお持ちの家電のリモコンの赤外線を記憶し、それぞれの操作をスマートフォンで行うことができる、手軽で画期的なガジェットです。テレビ・エアコン・照明など、赤外線リモコンで操作する家電であれば、ほぼeRemoteを介して操作することができます。また、アプリを通してタイマー機能を付加することができ、純正のリモコンに引けを取りません。

さらに、LinkJapanが展開している「eSensor」と連動すると、室内の空調との連携が強化され、より快適なお部屋作りをサポートしてくれます。LinkJapanには近日発売予定とされている製品があります。一つは「eSecurity」と呼ばれるドアの開閉を監視するガジェットです。もう一つは電源のオン・オフをスマートフォンで操作できる「ePlug」です。eRemoteをこれらと連動させれば、帰宅すると同時に照明をつけたり、帰宅後すぐに使用する電化製品の電源をオンにすることができます。

まとめ

ここまでおすすめのホームオートメーションガジェットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どれも便利でお手軽な製品ばかりなので、気になったものがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

関連キーワード