• 6daf3c8aece94525110880a127c4fa5b34ed81fc
  • A0359f3949bb3e65dccee1aff3f673c19792e4f5
  • 8f7df9dc0c5297961ed124ab07a0e6291077bc3c
  • B27d23b53fcead73f68a02f01ce92a4586f067d3
  • 922c8e267016e7634c25f678803f661cef24d3b3

スマートリモコンのおすすめ人気ランキング5選【家電を一括操作!】

スマートリモコンは、そのほかの家電をまるでスマート家電のように操作することが可能になる、夢のようなリモコンです。家電に敏感な方ならば、ソニーのカメラなどが対応していた「スマートリモコンアプリ」を思い浮かべるかもしれませんが、実際の機能はそれ以上。

スマートリモコンは現在ラトックシステムやリンクジャパンなどから販売されていますが、温度センサーや照度センサーなど機能が豊富な一方、使い方や選び方の難しい商品です。赤外線対応・ブルートゥース対応・iPhone対応などさまざまなタイプがあるため、ご自身に合ったものを購入しなければ本来の便利さを発揮してくれません。

そこで今回は、通販で購入できる人気のスマートリモコンをランキング形式で5選ご紹介します。合わせて機能や選び方についてもご紹介しますので、ぜひお気に入りのスマートリモコンを見つけてください!

最終更新日:2017年09月25日 | 18,121views

スマートリモコンとは?

出典:getirkit.com

スマートリモコンは、テレビやエアコンといった各種家電のリモコンを、赤外線によってひとまとめにしてくれる最新のガジェットです。さらにWi-Fi環境さえあれば、スマホで家中の家電を一括かつ遠隔で操作できるようになる優れもの。

リモコンによってはタイマーや温度・照度といった各種センサーが搭載されており、それらを組み合わせることで家電をオートメーション化することも可能です。昨今はIoTが注目されていますが、スマートリモコンはまさにこれを象徴する道具と言えるでしょう。

便利で頼れるスマートリモコンの選び方

そんな非常に便利なスマートリモコンですが、これだけの機能がすべて搭載されたものもあれば、もちろんそうでないものもあります。また実際に使い易いかどうかは、自分がどんな風に生活に取り入れていくかによっても変わってきます。

ペットがいるかどうか、留守がちかそうでないか、家電に強い人とそうでない人、多くの機器を管理するのかエアコンやテレビなどの家電を単独で管理するのかなどのポイントから見ていきましょう。

何をしたいか目的に応じて選ぶ

まずはスマートリモコンを使ってどんな生活がしたいのかを想像してみましょう。家電を単純にオンオフするだけなのか、留守中のペットの為に温度を一定に保ちたいのか、疲れて帰宅した時に明りが灯り室温も快適な部屋にしたいのかなど、選ぶべき機能は目的によってまったく異なります。

適温管理がしたい人は温度センサー付を選ぶ

出典:i-remocon.com

熱帯魚に水温管理が必要なように、私たちと同じ部屋で暮らすペット達にも適温というものがあります。犬猫や小鳥など種類によっても違ってきますが、夏や冬はもとより季節の変わり目で温度変化が激しい時などは特に気を遣います。昼間働いている人などは留守中のペットが心配ですね。

本体に温度センサーが付いていれば、室温がわかるので離れていてもペットの環境が管理できます。またスマートリモコンの情報を各自のスマホで共有できるものなら、家族で見守りもできて安心です。お年寄りの熱中症による悲しい事故なども防げるのではないでしょうか。

家電を自動で操作したい人はタイマー機能付を選ぶ

仕事で昼間家を空けていたり、長期の旅行に出かける時に心配なことのひとつが留守宅の防犯ではないでしょうか。そんな心配にも心強い助っ人となってくれるのがタイマー機能です。照明のオンオフで留守とは悟られないようにカモフラージュすることができます。

また1人暮らしで朝が苦手な人や、遅い時間に真っ暗で冷え冷えした部屋に入るのが寂しいという人もタイマー機能を上手に使えば朝もスッキリ目覚めたり、部屋に帰れば明りが灯り、室温も快適で幸せに過ごせるのではないでしょうか。

身体を動かせない人は音声認識機能付を選ぶ

ご高齢の方や、病気などで体調がすぐれず身体があまり動かせない時などは、声で指示を出すことで家電をコントロールできる音声認識機能付のものがおすすめ。最初からそうした機能が付いているものと、自分でプログラムすることで音声認識機能を加えることのできる拡張機能付のものがあります。

身体の具合が悪い時だけでなく、子育てで大忙しのお母さんなどなかなか手が離せないという方にもおすすめできる機能です。

機械が苦手な人は簡単設定できるものを選ぶ

スマートリモコンの素晴らしさがわかったところで、設定するまでが大変そうだと購入をあきらめてしまう人がいるかも知れません。でもある程度スマホが使える人なら、簡単に設定できるものもあります。

設定アプリを介することで、スマートリモコンを直接操作することなく、家電のリモコンと同じ信号を出せるようになります。しかしたくさん家電がある人は1つ1つやっていくのは非常に大変です。そこで活躍するのがプリセット。パナソニック、ソニー、シャープ等有名メーカーのものならば大体の信号はすでに出せるようにセットされていますので、このプリセットを上手く活用していきましょう。

家電を連動させたい人はマクロ機能付を選ぶ

外出中、留守番しているペットが心配になって室温をチェックしたらちょっと気温が低かった、という場合、手動(スマホ)でエアコンをONにするというのが通常の遠隔操作です。

でもそうした一連の操作を事前に登録しておけば、「ある一定の温度になったら自動的にエアコンをつける」といった動作をさせることが可能です。外出中に室温をいちいちチェックする必要はなく、ペットはいつも適温で過ごすことができます。

そのほかにも、GPSと連動させて家の近くまで来たらエアコンのスイッチが自動的に入るように登録するなど、使い方は無限大。センサー機能やセキュリティー機能の付いた機器と連携させることで、温度・湿度・照度などの管理もすべて家電に任せることができます。

赤外線が広範囲に届くものを選ぶ

出典:i-remocon.com

スマートリモコンは電化製品に向けて赤外線を出しコントロールするので、赤外線の範囲に電化製品の受信部分が当たらなければなりません。テレビのリモコンも向きが悪いと上手く反応してくれないことがありますが、それと同じことです。

その都度スマートリモコンの向きを調整するのは面倒ですから、最初から赤外線が広範囲に届くものを選ぶのがおすすめです。管理する家電が少ない場合はそこまで気にする必要はありませんが、今後家電が増える可能性があるならばある程度広範囲に対応したものを選んでおきましょう。

バッテリーかケーブルか給電方式で選ぶ

こうした固定して使用する機器を使う際に気になるのが電源ケーブルです。家電のケーブルはできるだけ減らしたいと考える人や、ケーブルの届かない範囲で使う可能性のある人などは、バッテリーや電池で動作するものを選びましょう。

基本的には電源給電のため完全にケーブルを廃することは難しいですが、長いものですと半日程度はバッテリー(電池)での動作が可能です。

サポート体制やアフターサービスのしっかりしたものを選ぶ

出典:i-remocon.com

いくら設定が簡単と言われているものであっても、設定途中で疑問が湧いたり、説明書通りにやっているのに上手くいかなかったりした時には不安になってしまいます。そんな場面は想像したくないものですが、たとえメカに自信がある人でも、万が一のサポート体制があれば苦労せずに済みますね。

よくある質問などのページもありますが、それでも解決できない場合はメールによるサポートがあります。また電話で申し込めば他に訪問設置が可能だったりするメーカーもあります。サポートが必要になってからでは慌ててしまいますから、できれば事前に調べておきたいですね。

スマートリモコンのおすすめ人気ランキング5選

生活を豊かにしてくれるスマートリモコンの便利で助かる機能や選び方のポイントについて見てまいりましたが、いよいよ人気ランキングの発表です。

実際にどんなメーカーのどんな商品があるのか、温度管理、設定の簡単さ、タイマー機能、赤外線の範囲、本体の大きさ、マクロ機能などの情報を記してありますのでご自分の生活スタイルに合ったスマートリモコンを見つける参考にしてください。

5位:グラモ iRemocon WiFi

グラモ iRemocon WiFi
22,400円(税込)

・外形寸法:直径10.5cmx高さ3.7cm
・重量:130g
・搭載センサー:温度・湿度・照度
・赤外線:360度
・タイマー機能:あり
・マクロ機能:あり
・電源:付属のACアダプター
※GPS連動や外出先からの操作に月額課金あり

温度・湿度・照度をイメージマップ表示、音声だけでもコントロール可能

温度・湿度・照度のセンサーが本体に搭載されています。これらは数字でも把握できますが、イメージマップというユニークな表示もあるので、お部屋の環境がどのようになっているかがパッと見てすぐにわかります。

iRemoconが特に優れているのは、完全に音声のみで家電操作ができるという点。もちろん自分でプログラミングできる人にはそれが可能な商品もありますが、iRemoconは音声認識機能をONにするだけでよいので、機械が苦手な人でも大丈夫でしょう。

ただ一点残念なのは、GPS機能や外出先からの利用には月額料金がかかるところ。それでもGPSによるON/OFF機能や音声認識機能が手軽に欲しいという人には願ってもない商品でしょう。

4位:maaash.jp IRKit

・外形寸法:6.2cmx6.2cmx1.7cm
・重量:54g
・搭載センサー:なし(拡張可能)
・赤外線:360度よりやや狭い
・タイマー機能:なし(拡張可能)
・マクロ機能:あり
・電源:別売りのUSBマイクロBケーブル

自分でアプリを作って家電をコントロールできる

こちらは、自分でアプリを作りたい、想像した機能を実現させたいという方にぴったりの商品です。GPSと連動させたり音声で操作したり、その機能は使う人次第でどんどん拡大させることができます。また今回紹介するスマートリモコンの中で最もコンパクトです。重量も軽いので、壁に貼り付けて使用している人もいるほど。

しかしデメリットももちろんあります。iOS7以降、Androidでは2.3以降と対応するOSも幅広いのですが、こちらは「Kit(キット)」と商品名にある通り、単体で完成された製品とは言えません。あくまでも自作する楽しみを味わうものですので、手軽に、すぐにスマートリモコンの便利さを体験したいという方は注意してください。

本体にセンサーも搭載されていませんので、いろいろな機能を試すには拡張が前提となります。

3位:ラトックシステム REX-WFIREX1

ラトックシステム REX-WFIREX1
9,978円(税込)

・外形寸法:直径10.4cmx高さ4.2cm
・重量:約110g
・搭載センサー:温度・湿度・照度
・赤外線:水平方向最大360度・垂直方向最大180度
・タイマー機能:あり
・マクロ機能:あり
・電源:付属品のUSB ACアダプター・単三アルカリ電池4本(約12時間稼働)

プリセットされたメーカー情報が豊富

こちらはプリセットが非常に豊富で、家電の信号を学習させる手間がかなり省けるお手軽なスマートリモコン。メインメーカーはもちろんのこと、それ以外のメーカーの信号も多くのものが登録済みです。

温度・湿度・照度のセンサーが搭載されているため、いわゆるスマートリモコンで可能とされるほとんどの操作を実現することができます。またリモコン情報をクラウドサーバーによって管理しているため、設定や管理状況を家族間などで共有することも可能です。

ただクラウドサーバーの影響か、外出時の操作がやや不安定なようですのでこの機能を目当てに購入する際は注意が必要です。留守中の管理を任せる場合も、事前に試運転することをおすすめします。

2位:リンクジャパン eRemote mini

リンクジャパン eRemote mini
6,980円(税込)

・外形寸法:5.3cmx5.3cmx6.5cm
・重量:136g
・搭載センサー:なし
・赤外線:360度
・タイマー機能:あり
・マクロ機能:あり
・電源:マイクロUSB ACアダプター

高機能センサー機器と連動させられるコンパクトタイプ

スマホの隣に置いて比較すると良くわかりますが、大変コンパクトなスマートリモコンです。本体にセンサーは搭載されていませんがスマートリモコンとしての性能は同社製品であるeRemoteと同様に高性能で、Eシリーズという他のセンサー機器と連動させることで生活を豊かにしてくれるでしょう。

例えば温度・湿度・照度のみならず、音や空気質まで見守ることができるeSensorと組み合わせれば、温度が15度まで下がったからエアコンをオンにする、ガソリンの臭いがするから空気清浄器をオンにする、といった操作も可能になります。

ただしこれも拡張が前提の機能となりますので、単体で真価を発揮してくれる製品ではありません。こちらを選ぶ際は、合わせてそのほかのEシリーズも確認することをおすすめします。

1位:リンクジャパン eRemote

リンクジャパン eRemote RJ-3
9,800円(税別)

・外形寸法:11.3cmx11.3cmx3.4cm
・重量:約368g
・搭載センサー:温度
・赤外線:端子7本で360度
・タイマー機能:あり
・マクロ機能:あり
・電源:Micro USB

本体に温度センサー搭載の人気機種、eSensorと組み合わせれば最強

本体に付いているのは温度センサーのみですが、こちらの優れている点はeRemote mini同様、リンクジャパンから発売されているEシリーズのeSensorという機器と組み合わせることで、部屋の環境の見守りにさらに威力を発揮する点です。またクラウドサーバー管理により、1つのアプリで設定したリモコン情報を家族で共有することが可能です。

そして何よりこのスマートリモコンが優れているのは、外出時の動作が比較的安定しているということ。その他の商品でも触れましたが、スマートリモコンの遠隔操作は通信状況よりもサーバー状況に依存しているため、製品(メーカー)によってその安定性に極端に差が出ます。その点eRemoteは不具合も少なく、かなり信頼度が高いと言えるでしょう。

とはいえ過度な信頼は禁物。介護やペットの管理などに利用する際はウェブカメラなどと併用して、万が一の可能性に備えることをおすすめします。

【番外編】SONY マルチリモコン HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS‐100RC

SONY マルチリモコン HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS‐100RC
25,242円(税込)

・外形寸法:約123x68x24㎜
・重量:約130g
・搭載センサー:‐
・赤外線:あり
・タイマー機能:‐
・マクロ機能:あり
・電源:付属のUSB ACアダプター、リチウムイオン電池(持続時間約1か月)別売り

プリセットデータは述べ150社以上で簡単設定

ランキングの他のスマートリモコンとの違いは、外出中の遠隔操作ができないこと。しかしそれ以外の機能は十分に備わっています。家の中にたくさんあるリモコンをすっきりひとまとめにしたい人には、見た目もシンプルで便利な学習リモコンと言えるでしょう。表示部分は見やすい電子ペーパーになっており、液晶に比べて消費電力も少なくて済みます。

また家電それぞれのリモコンのうち、カスタマイズして必要なボタンだけをセットさせる事ができます。表示もアプリを使うとボタンの配置やデザイン等が好みのものに変えられるのもおしゃれでいいですね。使っていたテレビのリモコンが壊れてしまって、代替品として学習リモコンを探している人などにおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 使ってみたくなるスマートリモコンは見つかったでしょうか。まずはスマホデビューという方もいらっしゃるかも知れませんが、ちょっと使い方を覚えればこんなに生活が便利になるものはないでしょう。ペットを飼っている人や高齢の方の見守りをしている方にとっても安心を与える家電の登場です。

また最近はお子さんのプログラミング学習も話題になっていますね。自宅でスマートリモコンを使うと興味を持たせるのに一役買いそうです。

興味を持ったけれど、使いたい家電が赤外線非対応だからできないとあきらめないで下さい。そんな時には赤外線付のプラグを使うことでスマートリモコンが使えるようになります。あとはWi-Fi環境が必要です。

ご購入の際にはスマホやその他タブレット端末の対応機器をよく確認することをおすすめします。そして皆さんの生活に合ったスマートリモコンを見つけて下さい。

関連記事

人気の記事