1. TOP
  2. >
  3. クレジットカード・ローン
  4. >
  5. クレジットカード
  6. >
  7. 【徹底比較】プラチナカードのおすすめ人気ランキング17選
【徹底比較】プラチナカードのおすすめ人気ランキング17選

【徹底比較】プラチナカードのおすすめ人気ランキング17選

ゴールドカードよりさらに格上のカードであるプラチナカード。空港ラウンジ利用権やプライオリティ・パスのほか、まるで秘書を雇ったような感覚が味わえるコンシェルジュサービスといった、非常に満足度の高いサービスが得られる高ステータスカードです。


今回はそんなプラチナカードについて、雑誌やネットなどでランキング上位の人気カードを徹底的に調査して、最もおすすめなプラチナカードを決定したいと思います!


お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)や、クレジットカード情報サイト運営者といった専門家に取材を実施し、mybest編集部で以下2点の比較・検証をしました。

  1. 特典
  2. 保険・補償

果たしてどのカードが最もおすすめのプラチナカードなのでしょうか?ぜひあなたのライフスタイルに合うお得なカード探しに役立ててください。

  • 2020年09月11日更新
  • 11,163 views

検証のポイント

人気のプラチナカード17サービスをすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 特典

    検証① 特典

    まずは、プラチナカードにとって最も重要な特典の内容を比較していきます。今回の検証では、初めてのプラチナカードとして選びやすいコスパ優秀なカードを見つけるため、特典が年会費に見合っているかどうかを比較。コンシェルジュサービス・空港ラウンジ・レストラン優待といった定番のサービスを比較基準としました。それぞれの有無と、質の高さを比較します。例えば空港ラウンジ利用であれば、プライオリティ・パスの付帯で1点、同伴者も無料ならさらに+0.5点といった形で加点し、さらに年会費も加味してより安い年会費で質の高いサービスを提供するカードを高評価としました。

  • 保険・補償

    検証② 保険・補償

    続いて、旅行保険やショッピング補償の手厚さを比較しました。自動付帯や制限なしといった付帯条件のものを高く評価したほか、遅延補償や盗難補償といったその他の保険も含めて総合的に評価しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家が全面協力!

    ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家が全面協力!

    今回の比較・検証では、お金の専門家であるFPの古田拓也さん、伊藤亮太さん、クレカ・電子マネー情報サイトを運営されている藤井伸一郎さんにご協力いただきました!

    <写真左:1級FP技能士 古田拓也さん>

    オコスモ1級FP技能士事務所代表。事業会社向け経営コンサルティングや個人向けの資産相談業務を行う。そのほか、講演活動や大手のビジネス系メディアにて記事の執筆も手掛ける。ツイッターは@full_tangent。


    <写真中:FP事務所代表 伊藤亮太さん>

    スキラージャパン株式会社取締役。プロフェッショナルFPの証であるCFP®資格保有。資産運用と社会保障(特に年金)を中心に、FP相談・執筆・講演を行っている。監修本として『ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート』(宝島社)などがある。


    <写真右:クレカ・電子マネー情報サイト運営 藤井伸一郎さん>

    株式会社JESTO共同創業者。クレジットカードと電子マネーの情報サイト「E MONEY JAPAN」の立ち上げ・運営を行う。

    プラチナカードのメリット

    プラチナカードのメリット

    クレジットカードを使う人ならきっと一度は憧れる、プラチナカードやブラックカード。審査が厳しく年会費のハードルも高いですが、プライオリティ・パス会員券が付帯したり補償額1億円を超える保険が付帯したりと、そのサービスやステータス性も段違いです。


    さらにコンシェルジュサービスを利用すれば、予約困難な名店の席が電話ひとつで確保できたり、時間がないときにも旅行券やチケットが手配ができたりと、さまざまなシーンで快適さを味わうことができます。


    プラチナカードの中には実質の年会費が2~3万円と手ごろなものもありますので、自分にはまだ早いなんて諦めずに、ぜひ憧れのプラチナカード所持を目指してみませんか。

    プラチナカードの選び方

    プラチナカードを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① ポイントよりも特典で元を取る!利用しやすい特典をチェック

    プラチナカードの醍醐味は豊富な特典です。ポイント還元率は高くないものが多いため、自分にとって使いやすい特典を選んで、年会費分のサービスをしっかり享受しましょう。

    ホテル予約・チケット手配などが電話1本で頼めるコンシェルジュサービス

    ホテル予約・チケット手配などが電話1本で頼めるコンシェルジュサービス

    あらゆる要望に応えるコンシェルジュサービスは、プラチナカード特有のサービスです。ホテルの予約や飛行機のチケット手配のほか、予約困難なレストランを優先的に押さえてくれるといったサービスも提供してくれます。


    中には依頼に対する回答をメールで送ってくれるコンシェルジュデスクもありますので、電話でのやりとりが難しいという方は、ぜひチェックしておきましょう。

    藤井 伸一郎
    クレジットカード情報サイトE MONEY JAPAN運営
    藤井 伸一郎さんのコメント
    コンシェルジュサービスは、プラチナ以上のカードには基本的に付帯していますが、プラチナ相当といわれているダイナースクラブカードには付帯していないため注意してください。

    フライト前に贅沢なひと時を過ごせる空港ラウンジサービス

    フライト前に贅沢なひと時を過ごせる空港ラウンジサービス

    ほとんどのプラチナカードには、搭乗前に主に国内空港のラウンジを使用できる空港ラウンジサービスが用意されています。このサービスがあると、慌ただしい空港の雑踏からはなれて、ラウンジで落ち着いて仕事に集中したり、軽食やドリンクを楽しんでくつろいだりすることができますよ。


    空港ラウンジサービスで選ぶ場合、利用機会の多い空港がサービスの対象になっているかチェックを忘れずに。プラチナ以上のカードでは、基本的に国内の主要空港はしっかり押さえられているものの、中には地方の主要空港が対象外のケースもあるので注意が必要です。


    また、同伴者がラウンジを無料で利用できるかも見ておきたいポイント。カードの種類によって、同伴者1人までは無料のパターンと、同伴者は有料のパターンに分かれます。特に2人以上での出張や旅行が多い方は、この点は抜かりなく確認しておきましょう。

    旅行や出張で役立つプライオリティ・パス。同伴者無料ならさらにお得

    旅行や出張で役立つプライオリティ・パス。同伴者無料ならさらにお得

    プラチナカードの中には、世界中のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスが付帯するカードも多くあります。空港ラウンジサービスは主に国内空港が対象ですが、プライオリティ・パスはむしろ海外空港のラウンジ利用がメインのサービス。


    そのため、海外への旅行や出張が多い方であれば、プライオリティ・パスの特典のあるカードがおすすめです。また、中には家族会員や同伴者1名までラウンジ利用が無料などさらにお得な条件を備えたカードも。場合によっては、あっという間に年会費の元を取ることができますよ。


    その一方、会員本人が無料で利用できる上限回数が少ないタイプや、最初から有料でないと利用できないものもあります。プライオリティ・パスの利用頻度が高くなりそうなら、利用上限などを含めた細かい条件まであらかじめ目を通しましょう

    伊藤 亮太
    ファイナンシャルプランナー
    伊藤 亮太さんのコメント
    空港で便利なサービスはラウンジ以外にも、手荷物無料宅配やエアポート送迎サービス、優先チェックインに優先搭乗などがあります。旅行時や出張時などにプラチナカードの力を最大限利用したい方は、ぜひあわせてチェックしてみてください。

    ホテル無料宿泊券やレストラン1名無料など、すぐに年会費の元が取れる優待も

    ホテル無料宿泊券やレストラン1名無料など、すぐに年会費の元が取れる優待も

    日ごろからホテルやレストランの利用が多い方におすすめなのが、年に1度対象ホテルに無料で宿泊できる特典や、2名以上の利用で1名分の飲食代が無料になるといったお得度の高い特典です。


    仮に年会費が10万円するカードでも、こうした特典をフル活用できれば決して年会費が高すぎるとは感じないはず。そのほかにも、指定店舗で飲食代30%割引といった割引率の高いサービスもあり、大人数での飲食時に利用すれば一気に元を取ることができますよ。

    アミューズメントパークでVIP待遇も!独自の価値がある「カード会員限定特典」

    アミューズメントパークでVIP待遇も!独自の価値がある「カード会員限定特典」

    特別感のある特典に魅力を感じるなら、会員限定の特典をチェックしてみましょう。代表的なところでは、JCBのブラックカードと呼ばれているJCBザ・クラスのディズニーリゾート優待や、三井住友プラチナカードのUSJ優待などがあります。


    そのほか、スポーツ観戦・演劇・音楽のライブチケットなどを、オンラインで優先的に予約可能なものもありますよ。

    ② 適切な保険・補償を選ぶポイント

    プラチナカードには非常に手厚い保険が付帯しているものが多いですが、だからこそ適切な保険を見極めるためにはきちんと項目別に見比べることが重要です。

    旅行保険・ショッピング保険の付帯条件は「自動付帯」&「制限なし」がベター

    旅行保険・ショッピング保険の付帯条件は「自動付帯」&「制限なし」がベター

    カードに付帯する保険をチェックする際は、補償金額だけでなく補償の条件も重視しましょう。


    例えば旅行保険では、カードで旅行の代金を支払った場合のみ適用される「利用付帯」ではなく、常に適用される「自動付帯」の保険を選ぶのがベターと言えます。


    ショッピング保険についても、リボ払いを選択した場合のみ適用される保険などがありますので、確認が必要です。できれば「制限なし」のものを選びましょう。

    古田 拓也
    ファイナンシャルプランナー
    古田 拓也さんのコメント

    大手旅行代理店のJTB傘下にある「ジェイアイ傷害保険」の調査によれば、海外旅行における保険事故の発生確率は3.7%でした。これは、3人グループであれば9グループに1人はトラブルに見舞われるということです。


    旅行保険でもっとも気にすべきことは、他人に障害や損害を発生させた場合です。この点でゴールドカード未満は不安です。2018年度にも、3,000万円規模の賠償が発生したケースがいくつもあります。これは、ゴールドカードの一般的な補償額である200万円〜300万円を優に上回ります。


    上回った分は自己負担となるため、多額の出費が発生する可能性があります。しかし、プラチナカードの補償額であれば数千万円規模の賠償額となってもカバー可能なカードが多数を占めます

    旅先での病気・ケガに備える「傷害疾病治療費用」は500万円以上を目安に

    旅先での病気・ケガに備える「傷害疾病治療費用」は500万円以上を目安に
    出典:netbk.co.jp

    旅行保険の手厚さは、死亡保障や賠償責任といった最大補償額の大きなものよりも、利用する可能性が高い傷害補償・疾病補償の金額で見分けましょう。


    一般的に、傷害補償と疾病補償の項目は500万円ほどあるのが望ましいとされています。プラチナカードでは1枚で500万円を超えるものもありますので、これを目安に選びましょう。

    家族特約の有無と付帯条件をチェック

    家族特約の有無と付帯条件をチェック

    プラチナカードの多くは、旅行保険に家族特約が付帯しています。ただ中には、家族特約でなく追加で家族カードを発行しなければ補償が得られないものもあります。


    また家族特約の付帯条件に、「成人」などの項目があるものも。子どもも含めた旅行時の備えとしたい場合は、各カードの約款まできちんと読み込むことをおすすめします。

    ③ まずは年会費2~3万円の格安プラチナでお試しする手も

    まずは年会費2~3万円の格安プラチナでお試しする手も

    コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスを使いこなせるか分からないという方には、年会費2~3万円程度の格安プラチナがおすすめです。ボーナスポイントなども付くので、実質年会費はさらに抑えられます。


    まずは手ごろなプラチナカードで特典の使い心地を試して、それから本格的にプラチナカードを検討するというのもひとつの手です。


    ちなみに年会費2万円程度のプラチナカードの年収条件は、およそ400万円以上といわれています。ステータス性の高いプラチナカードを手に入れるまでのつなぎとしてもよいでしょう。

    人気プラチナカード全17サービスを徹底比較!

    プラチナカードの検証

    それではここからは、雑誌やネットなどでランキング上位の人気プラチナカード17枚を徹底的に調査し、どれが最もおすすめのプラチナカードなのかを検証していきます。


    以下の2項目としました。

    検証①:特典

    検証②:保険・補償

    今回検証した商品

    1. JCBカード|ANA JCBカードプレミアム
    2. JCBカード|JCBプラチナ
    3. MUFGカード|MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス
    4. アプラス|ラグジュアリーカード Mastercard Black Card
    5. アプラス|TRUST CLUB プラチナ Visaカード
    6. アプラス|ラグジュアリーカード MasterCard Titanium Card
    7. アメリカンエキスプレス|アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
    8. エポスカード|エポスプラチナ
    9. オリコカード|Orico Card THE PLATINUM
    10. クレディセゾン|MileagePlus セゾンプラチナカード
    11. ジャックスカード|ジャックスカードプラチナ
    12. セディナ|セディナプラチナカード VISA
    13. ダイナースクラブインターナショナル|ダイナースクラブカード
    14. 三井住友カード|三井住友VISAプラチナカード
    15. 三井住友トラストクラブ|デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
    16. 三菱UFJニコス|JAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ
    17. 住信SBIネット銀行|ミライノカードPLATINUM

    検証① 特典

    特典

    まずは、プラチナカードにとって最も重要な特典の内容を比較していきます。


    今回の検証では、初めてのプラチナカードとして選びやすいコスパ優秀なカードを見つけるため、特典が年会費に見合っているかどうかを比較。コンシェルジュサービス・空港ラウンジ・レストラン優待といった定番のサービスを比較基準としました。


    それぞれの有無と、質の高さを比較します。例えば空港ラウンジ利用であれば、プライオリティ・パスの付帯で1点、同伴者も無料ならさらに+0.5点といった形で加点し、さらに年会費も加味してより安い年会費で質の高いサービスを提供するカードを高評価としました。

    【検証結果ハイライト】アメックスはさすがの特典。しかし格安ながら大健闘したエポスプラチナ

    【検証結果ハイライト】アメックスはさすがの特典。しかし格安ながら大健闘したエポスプラチナ

    今回検証したプラチナカードのなかでも、優秀な特典を備えていたのはアメックスプラチナ・ラグジュアリーブラック・エポスプラチナの3枚でした。


    特にアメックスプラチナに関しては年会費が13万円と高額なだけあって、ホテル無料宿泊券、有名ホテルの上級会員資格、その他宿泊施設へお得に泊まれる優待など、圧巻の充実ぶり。


    それに対し、3万円と格安年会費で健闘したのがエポスプラチナです。ホテル無料宿泊券こそ付帯しませんが、プラチナカードとして定番のサービスはすべて完備。特にオンライン利用可能なコンシェルジュサービスは慣れない方でも使いやすく、初めてのプラチナカードとしてぴったりですよ。

    検証② 保険・補償

    保険・補償
    続いて、旅行保険やショッピング補償の手厚さを比較しました。

    自動付帯や制限なしといった付帯条件のものを高く評価したほか、遅延補償や盗難補償といったその他の保険も含めて総合的に評価しています。

    【検証結果ハイライト】総合力はやはりアメックスプラチナが最強。国内旅行ならミライノカードでも十分

    【検証結果ハイライト】総合力はやはりアメックスプラチナが最強。国内旅行ならミライノカードでも十分

    まず、海外旅行保険の手厚さはアメックスプラチナがトップでした。特典の充実ぶりに続き、年会費を考えれば当然ともいえる結果です。


    そして国内旅行保険の手厚さでトップだったのが、意外にも住信SBIネット銀行のミライノカードPLATINUM。家族特約として入院・通院補償も付帯する手厚さで、これ1枚で家族全員の補償をカバーできるといってもよさそうです。


    しかしミライノカードPLATINUMはショッピング保険の限度額が100万円と、プラチナカードとしてはかなり心もとない金額。さらに航空券の遅延費用補償などもないため、保険全般の手厚さを重視するなら、やはりアメックスプラチナカードがベストです。

    PR
    ハイクオリティサービス!

    JCBカードJCBプラチナ

    JCBの最上級!特典も保険も高クオリティなクレジットカード

    「せっかくなら最上級クオリティのクレジットカードがいい」そんな方におすすめなのが、最上級の付加価値を兼ね備えた「JCBプラチナ」です!


    「JCBプラチナ」は充実の特典が魅力のカードで、中でも24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジュデスクのサービスが人気です。旅の手配・予約、レストランの提案などを専任スタッフが行ってくれる特別なサービスです。また有名レストランで1名分が無料になる「グルメ・ベネフィット」、世界の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」など、食や旅が趣味の方にぴったりの特典も。


    もちろん航空機遅延保険、旅行傷害保険、ショッピングガード保険など補償の面でも充実しており、国内はもちろん海外でも安心です。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港,成田空港,新千歳空港,函館空港,旭川空港,青森空港,秋田空港,仙台国際空港,新潟空港,富士山静岡空港,富山空港,小松空港,中部国際空港,大阪国際(伊丹)空港,関西国際空港,神戸空港,岡山空港,広島空港,米子空港,出雲空港,山口宇部空港,高松空港,松山空港,徳島空港,福岡空港,北九州空港,長崎空港,熊本空港,大分空港,宮崎空港,鹿児島空港,那覇空港,ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    その他特典-
    ポイント還元率0.50%~1.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費25,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険◯(自動付帯:1億円)
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円

    コストパフォーマンス抜群!特典は利用するほどお得

    JCBプラチナ

    「JCBプラチナ」年会費27,500円(税込)で利用できます。ハイクラスな特典が豊富なので、特典は利用するほどお得に。


    2020年9月30日(水)までのキャンペーンではJCBギフトカード5,000円分プレゼントや家族カード同時申し込みでさらに最大2,000円分プレゼントなどの嬉しい特典も。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

    No.1

    エポスカードエポスプラチナ

    総合評価

    4.04
    • 特典(プラチナ): 4.7
    • 保険・補償(プラチナ): 2.6
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.8

    簡単に元が取れる!それでいて特典豊富なスーパープラチナカード

    コンシェルジュサービス・コース料理1名分無料といった定番特典は当然として、年100万円以上利用で年会費2万円に優遇され、さらに同じく年100万円以上の利用で2万円分のポイントがプレゼントされるため、年100万円以上の利用さえあればその時点で年会費を相殺することができるんです。


    ポイントの有効期限も無期限で使いやすく、マルイで年4回10%OFFセールがあるため高還元も得やすい。最高1億円の海外旅行保険には、同行する家族も補償される家族特約まで含まれます。


    くわえて最高1億円の国内旅行傷害保険まで付帯するのは、プラチナといえどもこの年会費を考えると破格の手厚さです。


    年間100万円利用できなかったとしても、年会費は3万円とプラチナカードの中では格安に入るカード。利用額100万円を超える方ならもちろん、超えない方でも検討する価値は十分にある超コスパ優秀プラチナカードです。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 仙台国際空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 松山空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港, 韓国・仁川国際空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典グルメクーポン
    ポイント還元率0.50%~1.25%
    電子マネー等チャージ還元率楽天Edy(0.5%)・スターバックスカード(1%)
    年会費30,000円税込(招待または年間利用額100万円以上で20,000円税込)
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償-
    そのほかの保険・補償カード紛失・盗難補償
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay, 楽天ペイ
    搭載電子マネー機能楽天Edy, モバイルSuica
    追加カードETCカード(無料)
    国際ブランドVISA
    発行までの日数即日発行(エポスカードセンター)・1週間程度
    No.2

    JCBカードJCBプラチナ

    総合評価

    3.95
    • 特典(プラチナ): 3.3
    • 保険・補償(プラチナ): 4.0
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.5

    JCBブランド最高峰JCB ザ・クラスへの最短ルート

    JCBプラチナカードは、コンシェルジュサービス、プライオリティ・パス、コース料理1名無料サービスなど定番の特典が揃った充実の格安プラチナカード。会員専用ラウンジ、JCB Lounge 京都も同伴者1名まで無料で利用することができます。


    海外旅行保険は最高1億円かつ家族特約付きで、国内旅行保険も同じく最高1億円まで付帯。さらにショッピング保険が年間500万円と充実しています。


    特筆すべき点は、JCBのプロパーカードで最上位に位置するJCB ザ・クラスへの最短ルートであるということ。ディズニーランドで優先搭乗などの特典も付帯する、ステータス性も十分な最上級カードですよ。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典JCB Lounge 京都
    ポイント還元率0.50%~1.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費25,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償カード盗難補償, 国内海外航空機遅延費用保険
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(1名無料、2人目より1名につき3,000円税抜), ETCカード(無料)
    国際ブランドJCB
    発行までの日数-
    No.3

    MUFGカードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

    総合評価

    3.91
    • 特典(プラチナ): 3.9
    • 保険・補償(プラチナ): 3.0
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.8

    お値打ち年会費でサービス充実。家族会員対象のプライオリティ・パスが優秀

    2万円の格安年会費ながら、コンシェルジュサービスに1名分コース料理無料など、プラチナならではの特典がしっかり付帯します。


    さらに定番であるプライオリティ・パスは、家族会員も対象というのが嬉しいですね。家族カードは1枚無料、2枚目からは3,000円かかりますが、プライオリティ・パスそのものの会費4万円強のコストを考えれば安いものでしょう。


    さらに家族特約の付帯した最高1億円の海外旅行保険や、最高5,000万円の国内旅行保険、そして年間最高300万円のショッピング保険が付帯と保険の手厚さも年会費以上です。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典手荷物空港宅配サービス・名門ゴルフ場予約代行サービス・ハーツレンタカー年会費無料・24時間健康介護相談サービス
    ポイント還元率0.20%~0.99%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費20,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:5000万円, 利用付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:5000万円
    ショッピング補償国内リボ払い・分割払い対象:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, 犯罪被害傷害保険
    対応スマホ決済Google Pay
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(1名無料・3,000円税抜), ETCカード(無料)
    国際ブランドAMEX
    発行までの日数最短3営業日
    No.4

    三井住友カード三井住友VISAプラチナカード

    総合評価

    3.87
    • 特典(プラチナ): 4.6
    • 保険・補償(プラチナ): 4.0
    • 年会費・手数料(プラチナ): 3.0

    年会費に対する性能は今一歩。ステータス性も加味してなんとか

    三井住友VISAプラチナカードは、申込制カードの中では比較的グレードの高い年会費5万円プラチナ。コンシェルジュサービス・1名分のコース料理無料・空港ラウンジで同伴者1名まで無料に加えて、手荷物宅配サービスなどかゆいところに手が届く特典をきちんと備えています。


    くわえて特徴的なのが、USJでの優待。さらに、半年間で50万円以上決済するともらえる0.5%相当のギフトカードプレゼントなども実施しています。最高1億円の海外旅行保険に同額の国内旅行保険、最高500万円のショッピング保険付帯と必要な保険が揃っていますよ。


    ただし、年会費5万円に見合うかというとコスパだけで見るには厳しく、ステータス性なども加味しなければ上位カードに劣る印象です。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典USJユニバーサルエクスプレスパス1人1枚提供・大丸東京店にあるD'sラウンジトーキョー利用可能・国内約50のホテルと旅館での優待料金とあわせて部屋もしくは料理などのアップグレード・宝塚歌劇優先販売・三井住友VISA太平洋マスターズペア観戦入場券プレゼント
    ポイント還元率0.50%~2.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費50,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償カード盗難補償, 航空機遅延保険
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay, 楽天ペイ
    搭載電子マネー機能iD
    追加カード家族カード(無料), ETCカード(無料)
    国際ブランドVISA, MasterCard
    発行までの日数-
    No.5

    オリコカードOrico Card THE PLATINUM

    総合評価

    3.82
    • 特典(プラチナ): 3.1
    • 保険・補償(プラチナ): 3.3
    • 年会費・手数料(プラチナ): 5.0

    お得さと補償の手厚さのバランスが魅力。個人賠償責任保険も付帯する

    オリコカードザPLATINUMは、プラチナカードながら高還元率を実現したコスパ重視派向けのカード


    コンシェルジュサービス、空港ラウンジ、コース料理1名無料サービスといったプラチナカードの基本ともいえる特典を備えつつ、基本還元率1%の高還元率を誇っています。


    海外旅行保険は自動付帯かつ最高1億円までで家族特約も付帯し、国内旅行保険も最高1億円が付帯。ショッピング保険は年間300万円とプラチナとしては並の水準ですが、最高100万円の個人賠償責任保険が付帯するのも嬉しいポイントです。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港, 韓国・仁川国際空港(同伴者は有料で利用可)
    プライオリティパス-
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典空港無料手荷物宅配・厳選レストラン1名無料
    ポイント還元率1.00%~2.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費20,000円税込, 20,370円税込
    海外旅行保険自動付帯:5000万円, 利用付帯:1億円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, 個人賠償責任保険
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay, 楽天ペイ
    搭載電子マネー機能iD, QUICPay
    追加カード家族カード(無料・3名まで), ETCカード(無料)
    国際ブランドMasterCard
    発行までの日数-
    No.6

    ジャックスカードジャックスカードプラチナ

    総合評価

    3.68
    • 特典(プラチナ): 2.5
    • 保険・補償(プラチナ): 3.5
    • 年会費・手数料(プラチナ): 5.0

    通常還元率1.5%!ポイントで元を取るプラチナカード

    ジャックスカードプラチナは、200円の利用ごとにラブリィポイントが3ポイントが付与される、通常還元率1.5%と破格の高さを誇るプラチナカードです。


    コンシェルジュ・空港ラウンジ・コース料理1名無料といった特典は備えているものの本当に最低限といったところで、年会費が同価格帯のプラチナカードと比べても見劣りします。


    そのためジャックスカードプラチナは、あくまでもポイント還元率を高めるためのカードであり、プラチナカードというよりも高還元率カードの一種として見た方がよさそうです。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は有料で利用可)
    プライオリティパス-
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典ツアーパッケージや航空券の予約・特別な旅行の提案・ギフト手配とお届け、お花のお届け
    ポイント還元率1.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費20,000円税込, 22,000円税込
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, カード盗難補償
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay, 楽天ペイ
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(無料・3枚まで), ETCカード(無料)
    国際ブランドMasterCard
    発行までの日数-
    No.7

    セディナセディナプラチナカード VISA

    総合評価

    3.65
    • 特典(プラチナ): 3.5
    • 保険・補償(プラチナ): 3.4
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.0

    最大3万ポイントプレゼントで年会費ペイ。しかし条件が厳しい

    セディナプラチナカードは、3万円という年会費に無難な特典を備えたプラチナカード。特色は、サンクスクリスマスポイントというボーナスポイントが設けられている点です。


    年間100万円以上の利用に対してボーナスポイントがプレゼントされるのですが、最大で3万ポイント付与されるため実質年会費を無料にすることも可能。


    しかし最大の得点を得るための条件が、年間1,000万円以上の利用となかなか厳しいため評価としては低めです。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典レストラン優待サービス・ホテル優待サービス・プレミアムクラブオフ利用可能
    ポイント還元率0.5%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費30,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償犯罪被害傷害保険, 空き巣被害見舞金
    対応スマホ決済Apple Pay
    搭載電子マネー機能iD, QUICPay
    追加カード家族カード(無料), ETCカード(無料)
    国際ブランドVISA
    発行までの日数-
    No.8

    アメリカンエキスプレスアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

    総合評価

    3.52
    • 特典(プラチナ): 4.9
    • 保険・補償(プラチナ): 4.2
    • 年会費・手数料(プラチナ): 1.4

    申込発行カード最高峰!ステータス随一の最強プラチナカード

    招待制から申込制へ切り替わり、ぐっと発行しやすくなったアメックスプラチナカード。


    各種特典は当然のように付帯、くわえて毎年更新時に2名分のホテル無料宿泊券フリー・ステイ・ギフトがもらます。さらに有名ホテルの上級会員資格を得られるホテル・メンバーシップ、宿泊施設へお得に泊まれるファイン・ホテル・アンド・リゾートなど、特典の充実ぶりはさすがです。


    ホテル・旅館からの手荷物無料配送も付帯するので、旅行時に思い付くサービスはすべてカバーしているといっても過言ではないでしょう。また旅行保険の手厚さも当然最高クラス。ショッピング保険も充実しています。


    しかしながら、ほとんどの人にとっては13万円という年会費の元が取れないのも事実。いきなり作るにはいささかハードルが高すぎるカードといえます。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可), センチュリオン・ラウンジ、インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ、デルタ・スカイクラブ、デルタ・スカイクラブ、エスケープ・ラウンジUS、エアスペース、プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジあり
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」のクーポン3万円分プレゼント・1年に1度国内の対象ホテルで1泊できる無料ペア宿泊券・現在お持ちの電化製品やパソコン・カメラなどが破損した場合購入金額の50~100%を補償
    ポイント還元率1.00%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費130,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償カード紛失・盗難補償, 航空機遅延保険, ショッピングプロテクション, キャンセルプロテクション, リターンプロテクション, オンラインプロテクション
    対応スマホ決済Apple Pay
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(無料・4枚まで), ETCカード(無料)
    国際ブランドAMEX
    発行までの日数-
    No.9

    アプラスラグジュアリーカード Mastercard Black Card

    総合評価

    3.49
    • 特典(プラチナ): 4.7
    • 保険・補償(プラチナ): 3.7
    • 年会費・手数料(プラチナ): 2.0

    ステータス性に年会費を支払えるなら一考の余地ありか

    本会員費10万円、家族会員費25,000円と超高額な年会費のかかる、ラグジュアリーカードブラック。ブラックは金属製のカードで、ずっしりとした重みが特徴的です。


    コンシェルジュやプライオリティ・パスなど定番の特典にくわえ、手厚い優待などを各種備えていますが、なかでも強みとなるのはコンシェルジュサービスがメール対応可能である点。より時間のない忙しい人でも使いやすいといえます。


    そういったサービスに年会費が見合うと感じられる方ならば、悪くない選択肢かもしれません。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス国内、ハワイ、韓国の主要空港で利用可(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典ワールドワイドサポート・ハーツレンタカー優待・海外手荷物配達サービス・ラグジュアリーリムジン(サービス対象のレストランと指定の場所を送迎)・ラグジュアリーホテルで会員限定のテイスティングイベント・HawaiianMilesのエリート会員ステータス「Pualani Gold」を提供・TOHOシネマズで毎月最大2回無料で映画を鑑賞
    ポイント還元率1.25%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費100,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億2000万円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償航空機遅延保険, カード紛失・盗難補償, ネット不正利用の保険
    対応スマホ決済-
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(25,000円税抜), ETCカード(無料)
    国際ブランドMasterCard
    発行までの日数-
    No.10

    三菱UFJニコスJAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ

    総合評価

    3.48
    • 特典(プラチナ): 3.2
    • 保険・補償(プラチナ): 3.1
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.1

    JALカードの最上級ステータスカード。だが特典も年会費も中途半端

    プライオリティ・パス、空港ラウンジ、コンシェルジュサービス、と最低限のプラチナ特典は付帯するものの、これでは年会費2万円程度の格安プラチナとあまり変わらないどころか、中には劣っていると思えるものまである始末です。


    また致命的なのが、海外旅行保険の薄さ。最高額は1億円となっているものの、内訳をみてみると傷害・疾病治療は200万円、また賠償責任は3000万円とゴールドカードと変わらないレベル。


    これでは、年会費3万円超を支払ってまで発行する価値があるとは言い難いです。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典ワールドワイドサポート・ハーツレンタカー優待・海外手荷物配達サービス・TOHOシネマズで毎月1回無料で映画を鑑賞
    ポイント還元率1.00%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費33,480円税込, 34,100円税込
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険国内1億円, 自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, 外貨盗難補償保険
    対応スマホ決済-
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(17,050円税込), ETCカード(無料)
    国際ブランドAMEX
    発行までの日数約3週間
    No.11

    住信SBIネット銀行ミライノカードPLATINUM

    総合評価

    3.45
    • 特典(プラチナ): 2.7
    • 保険・補償(プラチナ): 3.1
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.5

    通常還元1.2%と高めだが、格安プラチナとはいえ考慮しがたい

    住信SBIネット銀行の発行するミライノカードPLATINUMは、住信SBIネット銀行の利用者であれば検討の余地があるカードです。


    付帯する特典は、コンシェルジュサービス、プライオリティ・パス、空港ラウンジだけ、とそのほかの格安プラチナと比較しても少なめの水準。


    特筆すべきは銀行ATMの利用手数料無料などをはじめ、住信SBIネット銀行利用に際してお得になる点です。通常還元率こそ1.2%とやや高めの水準ではあるものの、プラチナカードの年会費を考えると考慮に入れるほどのメリットでもありません。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港で利用可(同伴者は料金はラウンジによって異なる)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典-
    ポイント還元率1.2%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費25,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外100万円
    そのほかの保険・補償-
    対応スマホ決済Apple Pay
    搭載電子マネー機能QUICPay
    追加カードETCカード(無料)
    国際ブランドJCB
    発行までの日数-
    No.12

    アプラスラグジュアリーカード MasterCard Titanium Card

    総合評価

    3.39
    • 特典(プラチナ): 3.4
    • 保険・補償(プラチナ): 3.7
    • 年会費・手数料(プラチナ): 3.0

    所有欲が満たされる金属製カード。年会費に見合うほどではない

    ラグジュアリーカードの中で、もっとも手ごろなグレードであるチタン。手ごろといっても年会費5万円と、格安プラチナに比べれば十分高い部類です。


    そんなラグジュアリーカードの特徴は、カードが金属製である点。チタンも例外ではなく、ずっしりとした重厚感が所有欲を満たします。しかしながらメリットらしいメリットはそれくらいで、その他に5万円という年会費に見合う特典があるかというと甚だ疑問です。


    もちろんプラチナカードとして基本的な特典は備えていますが、それを目当てに選ぶなら他の格安プラチナで十分でしょう。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス国内主要空港で利用可(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典ワールドワイドサポート・ハーツレンタカー優待・海外手荷物配達サービス・TOHOシネマズで毎月1回無料で映画を鑑賞
    ポイント還元率1.00%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費50,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億2000万円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外300万円
    そのほかの保険・補償航空機遅延保険, カード紛失・盗難補償, ネット不正利用の保険
    対応スマホ決済-
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(15,000円税抜), ETCカード(無料)
    国際ブランドMasterCard
    発行までの日数-
    No.13

    三井住友トラストクラブデルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード

    総合評価

    3.34
    • 特典(プラチナ): 3.0
    • 保険・補償(プラチナ): 3.5
    • 年会費・手数料(プラチナ): 3.5

    スカイマイル提携カード最上位。デルタスカイクラブラウンジを利用するなら

    新規入会後3か月間の利用額が30万円以上の場合、年会費が半額返金されるため実質2万円のキャッシュバックが受けられます。しかしその後永年4万円の年会費がかかることを考えると、気安く作りやすいとはいえません


    スカイマイル提携カードの中では最上級のカードで、毎年1回のフライトボーナス5,000マイルなどをはじめ、マイルの貯めやすさには優れています。


    使い方は限定されますが、デルタスカイクラブラウンジの利用など含め、お得だと感じる方は一考の余地があるかもしれません。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港, 韓国・仁川国際空港(同伴者は有料で利用可), デルタスカイクラブラウンジあり
    プライオリティパス-
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典空港前泊ホテルサービス・空港送迎タクシー優待・レストランおすすめのコース料理が1名分無料
    ポイント還元率1.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費40,000円税抜
    海外旅行保険利用付帯:1億円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償航空機遅延保険, 外貨盗難補償保険
    対応スマホ決済-
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(無料), ETCカード(無料)
    国際ブランドVISA
    発行までの日数-
    No.14

    アプラスTRUST CLUB プラチナ Visaカード

    総合評価

    3.33
    • 特典(プラチナ): 2.9
    • 保険・補償(プラチナ): 3.3
    • 年会費・手数料(プラチナ): 3.7

    スマホ決済対応が弱いのが難点。旅行保険利用付帯もプラチナには珍しい

    プラチナカードの基本特典を備えてはいるものの、Google Payに登録することができない不便さがネックのTRUST CLUBプラチナVISAカード。


    もうひとつ気になるのが、海外旅行保険が利用付帯である点です。内訳としては、傷害・疾病治療費用が500万円あるため決して悪い保険ではありませんが、自動付帯ではない点を承知したうえで発行することをおすすめします。


    ステータス面では同社の発行するダイナースクラブのほうが強く、あえて発行する理由はあまりないでしょう。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港, 韓国・仁川国際空港(同伴者は有料で利用可)
    プライオリティパス-
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典空港送迎タクシー無料または優待・手荷物宅配・コートお預かりサービス・レストランおすすめのコース料理を1名分無料で提供
    ポイント還元率1.00%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費35,000円税抜
    海外旅行保険利用付帯:1億円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, カード盗難補償
    対応スマホ決済楽天ペイ, Apple Pay
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(無料), ETCカード(無料)
    国際ブランドVISA
    発行までの日数-
    No.15

    JCBカードANA JCBカードプレミアム

    総合評価

    3.29
    • 特典(プラチナ): 3.3
    • 保険・補償(プラチナ): 4.0
    • 年会費・手数料(プラチナ): 2.5

    国内線ANAラウンジが同伴者1名無料で使える!

    上級会員資格なしでANA国内線ラウンジが使えるJCBプレミアム。入会時と継続時に1万マイルもらえたりと、マイラーには嬉しい特典が多いです。


    さらに旅行保険も、海外・国内ともに自動付帯で最高1億円と申し分ありません。プラチナカードというグレードに恥じない強いカードの一角といってよいでしょう。


    しかしながら、7万円を超える年会費に見合った価値を見出せるかは人によります。ANAラウンジ利用などに価値を感じるなら、ぜひ検討してみてください。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港(同伴者は有料で利用可。ただし国内ANAラウンジは1名まで無料)
    プライオリティパス
    ラウンジキー
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典ビジネスクラス専用チェックイン・ホテル宿泊割引・レンタカー割引
    ポイント還元率1.30%
    電子マネー等チャージ還元率楽天Edy(0.5%)マイル積算
    年会費75,600円税込, 77,000円税込
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償国内海外航空機遅延費用保険, カード盗難補償
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay
    搭載電子マネー機能楽天Edy
    追加カード家族カード(4,400円税込), ETCカード(無料)
    国際ブランドJCB
    発行までの日数-
    No.16

    ダイナースクラブインターナショナルダイナースクラブカード

    総合評価

    3.10
    • 特典(プラチナ): 1.9
    • 保険・補償(プラチナ): 2.6
    • 年会費・手数料(プラチナ): 4.7

    グルメを楽しめる特典が満載の、実質プラチナ

    ダイナースクラブカードにはゴールドやプラチナといったグレードが設けられていないため、厳密にはプラチナカードではありませんが、一般的にプラチナカードとして扱われることが多いこちらのグレードが今回検証ラインナップに加わりました。


    グルメ系の優待や、国内外のホテル・旅館の優待などが充実しており、空港ラウンジ利用も可能などと特典は十分。と思いきや、プラチナカードに必須ともいえるコンシェルジュデスクが付帯しないのが致命的です。


    ただ反対に、そこは特に使う予定がないという方には、むしろバランスよく特典が備わったカードといえるかもしれません。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 函館空港, 旭川空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 鹿児島空港, 那覇空港, 約130か国の海外空港ラウンジ利用可(同伴者は有料で利用可)
    プライオリティパス-
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典グルメ優待・トラベル優待・エンタテイメント優待・ゴルフ優待
    ポイント還元率1.00%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費22,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:5000万円, 利用付帯:1億円
    国内旅行保険利用付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償-
    対応スマホ決済-, Apple Pay
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(5000円税抜), ETCカード(無料)
    国際ブランドDC
    発行までの日数-
    No.17

    クレディセゾンMileagePlus セゾンプラチナカード

    総合評価

    2.89
    • 特典(プラチナ): 2.0
    • 保険・補償(プラチナ): 2.9
    • 年会費・手数料(プラチナ): 3.7

    還元率1.5%でマイルが貯まるショッピングマイル最高水準のプラチナ

    ユナイテッド航空とセゾンカードが提携して発行する、MileagePlusセゾンカードの最上位。通常還元率1.5%という超高還元率でマイルを貯めることができるショッピングマイルとしては最高水準のプラチナカードです。


    しかしながら、年会費の割にグルメ系の優待が一切ないのはかなりマイナス。強みはマイル還元率ですが、弱みはそれ以外すべてとの声もあり、使う上では割り切って使う必要があります。

    主な特典-
    空港ラウンジサービス羽田空港, 成田空港, 新千歳空港, 旭川空港, 函館空港, 青森空港, 秋田空港, 仙台国際空港, 新潟空港, 富士山静岡空港, 富山空港, 小松空港, 中部国際空港, 大阪国際(伊丹)空港, 関西国際空港, 神戸空港, 岡山空港, 広島空港, 米子空港, 出雲空港, 山口宇部空港, 高松空港, 松山空港, 徳島空港, 福岡空港, 北九州空港, 長崎空港, 熊本空港, 大分空港, 宮崎空港, 鹿児島空港, 那覇空港, ダニエル・K・イノウエ国際(旧ホノルル)空港, 韓国・仁川国際空港(同伴者は1名まで無料で利用可)
    プライオリティパス-
    ラウンジキー-
    コンシェルジュサービス
    そのほか特典コンシェルジュサービス・国内空港ラウンジサービス・国内外の名門ゴルフ場でプレー・JTBの海外パッケージツアーを優待価格で利用・海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを優待
    ポイント還元率1.50%
    電子マネー等チャージ還元率-
    年会費50,000円税抜
    海外旅行保険自動付帯:1億円
    国内旅行保険自動付帯:1億円
    ショッピング補償制限なし:国内海外500万円
    そのほかの保険・補償カード紛失・盗難補償
    対応スマホ決済Apple Pay, Google Pay, 楽天ペイ
    搭載電子マネー機能-
    追加カード家族カード(9,000円税抜・4枚まで), ETCカード(無料)
    国際ブランドVISA, AMEX
    発行までの日数最短3営業日

    人気プラチナカードの検証結果比較表

    招待制カードを目指すなら一般・ゴールドから利用実績を積もう

    招待制カードを目指すなら一般・ゴールドから利用実績を積もう

    今回は申込制のプラチナカードに絞って検証・紹介しましたが、ステータス性の高いカードの中には招待(インビテーション)制のものもあります。


    インビテーションは年間利用額などの利用実績に応じて送られるため、作りたいプラチナカードよりもランクの低い一般カードやゴールドカードを作り、実績を積むことが必要です。一般カードやゴールドカードも含めてクレジットカードをお探しの方は、ぜひ下記記事もチェックしてみてください。

    まとめ

    今回は、お金の専門家にもお話を伺いつつ、プラチナカード17枚を徹底的に調査して比較検証しました!


    限られた人のカードという印象の強いプラチナカードですが、中には年会費2万円程度で所持できるものもあり、そう手の届かないものではないことが分かりましたね。


    まずは格安プラチナでそのサービスの質を体験して、よりハイステータスなプラチナカードを目指してみてはいかがでしょうか。


    ※本記事は2019年9月末時点の情報をもとに執筆されています。記載されている情報が最新ではない可能性がありますので、検討時・契約時にはクレジットカードの発行会社のホームページやコールセンター、利用規約などでサービス内容を必ずご確認いただきますようお願いいたします。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す