• 20e36b2ab37865f669fc1f2217e43b421c00c209
  • F8c7e8f69d2beaa51825c2a0850931a464a0410b
  • 2fa6f3b05971955c81893a3b53bea552b0ba9b99
  • E073ec594ebeb151726c479f5fb1f76e3fed79d7
  • 33de810b5876e6dc82c92cac27f5fc13044dd402

【パーソナルトレーナーが教える】ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

強靭な肉体を作り、キレイなプロポーションを維持するために欠かせないのが、ホエイプロテイン。しかしザバス・チャンピオン・アルプロンなどのメーカーから、タンパク質配合量・製法・味も異なる多種多様な商品が販売されており、一体どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は通販で購入できるホエイプロテインを、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。身体づくりのプロであるパーソナルトレーナーの湯浅さんに取材した「ホエイプロテインの正しい選び方」も解説しますので、ぜひ商品選びと併せてチェックしてみてください。

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
Fa5dd0bc2dfda50718d1e85a7616162016ef1fd0
Ea0c04394b4d110220ada28a124f1186eb67bc26
最終更新日:2018年02月02日 | 129,846views

ホエイプロテインの選び方のポイント

今回はホエイプロテインの選び方について、パーソナルトレーナーやフィジーク選手としてご活躍されている、湯浅さんに取材をさせていただきました。

湯浅さんだからこそわかる選び方のポイントを詳しくお聞きできましたので、ぜひ今後のホエイプロテイン選びの参考にしてみてください!
Loading

<取材協力:湯浅幸大さん>
株式会社ワークアウト・ライフ代表取締役。パーソナルトレーナー兼フィジーク選手。2016年世界選手権準優勝 2017年アーノルドクラシック(アーノルドシュワルツェネッガー主催の国際大会)優勝。

フィットネスクラブに入社後、全国約40店舗の中で売上業績全国No.1を維持する一方、所属店舗の業績も全国トップにした経歴を持つ。現在は渋谷、恵比寿、赤坂を中心に、一般の方からアスリート・モデル・ボディビルダーと、幅広い層のトレーニングを指導。定期的にオンラインサロンも開講中。
・オンラインサロン:https://synapse.am/contents/monthly/kingyuasa
・Twitter:https://twitter.com/workoutlife
・Facebook:https://www.facebook.com/yukihiro.yuasa

タンパク質含有率を左右する製法をチェック

ホエイプロテインは製法によって、タンパク質の配合量や残っている物質、吸収速度などが異なります。目的や体質により選ぶべきタイプが異なりますので、まずはそれぞれの特徴を知ることから始めましょう。製法が不明な場合には、タンパク質含有率に注目して選んでみてくださいね。

安さで選ぶなら「WPC製法」

コスト面に優れており初心者でも選びやすいのが、濃縮膜処理法とも呼ばれる、ホエイ・プロテイン・コンセントレート=WPC製法。タンパク質の含有率は約80%と、ほかのタイプと比べると低めではありますが、そのぶん生理活性物質と呼ばれる身体に必要な物質が残っているのが特徴です。

ただし牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるという方は、選ばないほうが無難です。乳糖が含まれていますので、体質によっては腹痛や下痢の原因になることが考えられます。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

WPCは、増量中の方にも選んでもらいたいホエイプロテインです。普段の食事の補助としてタンパク質を摂取したいという方にもおすすめですよ。

乳糖不耐症の方におすすめの「WPI製法」

余計なものを摂取したくない、牛乳を飲むとお腹が張る、そんなあなたは分離乳清タンパク質製法とも呼ばれる、「ホエイ・プロテイン・アイソレート=WPI製法で作られているホエイプロテインを選びましょう。WPCよりもタンパク質が豊富に含まれており、低脂質なうえに乳糖は除去されているのが特徴です。

またWPI製法には、タンパク質含有率が約90%のイオン交換法と、タンパク質含有量が約85%のCFM製法の2つのタイプがあります。より効率的にタンパク質を摂取したいのであれば、イオン交換法の製品を購入するのがベストですよ。ただ生理活性物質は含まれていませんので、その点は留意しておきましょう。

圧倒的なタンパク質配合率!吸収速度も速い「WPH製法」

加水分解ホエイペプチド=WPHは、ホエイペプチドとも呼ばれている製法です。タンパク質含有率は約90%と3製法の中で最も高く、余計なものは摂取したくないという方や減量中の方にぜひ選んでもらいたいタイプです。

またタンパク質を分解しペプチド状態にしているため、体内に吸収されやすいのもメリット。しかしながらお値段が張りますので、気軽に購入したいという方には手を出しにくいタイプかもしれません。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

タンパク質含有率が高いため、減量中に最適な製法です。それだけでなく、とにかく吸収速度を速めて身体へのダメージをすぐに回復させたい、と考えている方にもぜひ選んでもらいたいですね。

水への溶けやすさは製法や口コミで判断

Loading
ホエイプロテインを飲む習慣をつけるためも、水への溶けやすさを必ず確認しておきましょう。溶かすのが面倒になり、使わなくなってしまっては元も子もありませんよ。

最近のホエイプロテインは飲みやすいよう進化を遂げていますが、中には水に溶けにくい商品も販売されています。独自の製法で水への溶けやすさをアップさせている商品や、レビューや口コミ等で評判のいいホエイプロテインを購入するようにしてください。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

僕が実際に使ったプロテインでは、溶けにくいと感じたものはほぼありません。通常の水量に60gのプロテインを入れてもしっかり溶けるほど、今の製品は進化しているんです!

もしも溶けにくいと感じる商品を購入してしまったら、ダマになりにくい工夫が施されている高機能なシェーカーを使ってみるのも、ひとつの方法ですよ。

用途に合った成分が含まれているかチェック

プロテインを効率よく吸収するためには、同時に糖質も摂取する必要があります。トレーニング後、食事や間食で糖質を摂取できない方は、糖質が適度に配合されている商品を選んでみましょう。

またトレーニング中に失われやすい、BCAAやグルタミン等が配合されているホエイプロテインを選ぶのもひとつの選択肢です。トレーニング用だけでなくダイエットや健康維持のために購入を考えている方は、ビタミン類が配合されているかチェックしてみてくださいね。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

僕が特に気にしているのが、ドーピングに違反する成分が入っていないかどうかです。オリンピックなどのメジャーな競技大会では必ずドーピング検査があるので、検査済みの認定マークが付いている商品を選ぶことが、何よりも大切な前提条件なんです。

味と飲みやすさにも注目

Loading
好みの味の商品を購入することも、とても重要なポイントです。こってりとした味が好きならチョコレート系、トレーニング後にサッパリしたいならストロベリーなどのフルーツ系を選んでみるといいでしょう。

特に初心者の方は、飲みやすさにも注目しておきたいところ。プロテイン独特のドロリとした舌触りやニオイが気になる方は、サラリと飲み干せる製品を選択してください。ただ実際に飲んでみないとわからない部分でもあるため、口コミを参考にしながら飲みやすさを見極めてみてくださいね。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

ちなみに僕はチョコレート系が好きで飲んでいます。どの味が合うかわからないという方は、お試し用の少量サイズを購入して味を試してみるのもおすすめです。

今の商品は水で溶かすだけでもおいしいと思いますが、ホエイプロテインに慣れていない方だと、若干の飲みにくさを感じるかもしれません。そんなときは豆乳や牛乳、フルーツジュースに溶かしてみると比較的おいしく飲めますので、ぜひ試してみてください。

プロの愛用するおすすめのホエイプロテイン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのホエイプロテインをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、理想の肉体作りにぴったりのホエイプロテインを見つけてくださいね。

味・コスパ・品質すべてにおいて高評価!

マイベスト
LA NUTRITION 1WHEY PROTEIN10LB Chocolate
詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:約69%
・味のバリエーション:プレーン・チョコレート・ストロベリー
・プラスアルファの成分:食物繊維
05770a311779b44406bd4f935dc4efbf76857037
パーソナルトレーナー
湯浅 幸大のおすすめポイント

プロテインパウダー。水や牛乳などでシェイクして飲みます。トレーニング直後はたんぱく質をいち早く摂取することが筋肉をつくるのに大切です。それを助けてくれるのがプロテインです。

味、コスパ、品質全てにおいて最高品です。食物繊維も配合されており、腸内環境を整えるのにも役立ちます。

女性にも飲みやすい甘めの味のプロテイン

マイベスト
ゴールドジム ホエイプロテイン ミックスベリー風味

12,350円 (税込)

詳細情報
・製法:WPI(CFM)
・タンパク質含有率:約69%
・味のバリエーション:ミックスベリー・ストロベリー・ヨーグルト・チョコレート・バナナシェイク・ダブルチョコレート・プレーン・リッチミルク
・プラスアルファの成分:ビタミン・ミネラル
E896b0270b1945283534774ca9a65b933668a789
モデル
川口 優菜のおすすめポイント

トレーニングの効果を効率よくするものが、プロテイン。筋トレ後には必ずプロテインを飲みます。プロテインを飲むか飲まないかで、筋肉量ってすごく変わっちゃうんだなぁ、と実感してプロテインの大切さを知りました。

太るイメージがあるかもしれないけど、女性は特に筋肉がつきづらいのでぜひトレーニング後は飲んでもらいたいですね。

ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング10選

お待たせいたしました。ここからは先ほどご紹介した選びかたを参考に、おすすめのホエイプロテインをランキング形式でご紹介していきます。

10位:ボディウイング ホエイプロテイン無添加ナチュラル

ボディウイング ホエイプロテイン無添加ナチュラル

2,290円 (税込)

詳細情報
・製法:WPC
・タンパク質含有率:84%
・味のバリエーション:ナチュラル
・プラスアルファの成分:アミノ酸

完全無添加!玄人向けのホエイプロテイン

無添加でタンパク質本来の栄養素がたっぷり含まれていますので、健康的な体作りにこれほどいい商品はないでしょう。また、甘い飲み物が苦手な方には薄いミルク味そのままのこの商品がフィットするかもしれません。

ただ味や飲みやすさを期待しないほうが良いので、値段が安めだからといって初めて購入する方は手を出さない方が無難です。ナチュラルの他にプレーン・チョコレート・ストロベリーのフレーバーがありますが、香り付けだけで味はどれも同じなので注意しましょう。

9位:健康体力研究所 Kentai パワーボディ

Kentai パワーボディ100%ホエイプロテイン

3,791円 (税込)

詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:77%
・味のバリエーション:ミルクチョコ・バナナラテ・ストロベリー
・プラスアルファの成分:-

スポーツプロテインのパイオニア企業

1978年に日本初のスポーツプロテインを開発したKentai製のホエイプロテインだけあって、特にウエイトトレーニングする人にファンが多いです。泡立ち具合はいまいちで、味もそれほどおいしいとは言えませんが、トップアスリート向けに最先端の技術開発を行ってきた実績から筋肉をつける効果については信頼感があります。

反面、初心者にはやや不向きかもしれません。ミルクチョコ味はいわゆる「チョコ」ではなく、豆乳の麦芽味に近いです。一般向けにミルクチョコ味の他にバナナ味などもありますが、甘すぎるという意見も多いため、飲みやすさは期待しない方が良さそうです。

8位:アルプロン ホエイプロテインWPC

アルプロン ホエイプロテインWPC

2,776円 (税込)

詳細情報
・製法:WPC
・タンパク質含有率:約80%
・味のバリエーション:プレーン・チョコレート・ストロベリー・カフェオレ・バナナ・キャラメル
・プラスアルファの成分:-

安さが魅力!初めて試すならこれで決まり

グラム単位でみると価格の安さに驚かれるかもしれませんが、品質は決して悪くありません。アルプロン社は広告宣伝などをあまりしないため名前が知られていないですが、その分コストダウンに成功しています。さらに、「特殊スプレードライ製法」という方式で熔けやすく飲みやすいホエイプロテインに仕上がっています。

今回ご紹介しているのはストロベリーですが、ほかにさまざまなフレーバーが展開されています。1kgから販売されていますので、初心者の方でも気軽に試せるのも嬉しいですね。

7位:DNS ホエイプロテインストイック

DNS ホエイプロテインストイック

6,252円 (税込)

詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:97%
・味のバリエーション:プレーン
・プラスアルファの成分:-

バッチリ筋肉が付く、硬派なホエイプロテイン

タンパク質含有率はなんと97%、「ストイック」と名がついているとおり、アスリートでも満足間違いなしのホエイプロテインです。とにかく筋肉をつけたいという人にはおあつらえ向きですよ。

国際的なアンチドーピング検証にも対応していますので、大会の前でも摂取可能。ただしタンパク質を効果的に摂るには最適ですがプレーン味のため、飲みやすさにはあまり期待しないほうがいいでしょう。

6位:明治 ザバス アクアホエイプロテイン100

明治 ザバス アクアホエイプロテイン100

9,799円 (税込)

詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:67%
・味のバリエーション:グレープフルーツ・アセロラ
・プラスアルファの成分:クエン酸・7種類のビタミンB群・ビタミンC

スポーツドリンクのようにスッキリ飲みやすい

スポーツドリンク感覚で飲むことができるホエイプロテインです。その秘密は「アクア製法」と呼ばれる方式で、水に簡単に溶け、「本当にプロテイン?」と思わずうなるほどの飲みやすさを実現しています。どうしてもプロテイン独特の舌触りやにおいに慣れない人でも、これならきっと大丈夫です。

ビタミンやクエン酸なども摂取できる反面、タンパク質含有率が70%を下回るので、筋肉をつける効果はやや低め。食事の補助としてホエイプロテインを購入したい方向けの商品と言えるでしょう。

5位:Kentai 100%CFMホエイプロテイン グルタミンプラス

Kentai 100%CFMホエイプロテイン グルタミンプラス

5,899円 (税込)

詳細情報
・製法:WPI(CFM)
・タンパク質含有率:93.1%
・味のバリエーション:プレーン
・プラスアルファの成分:グルタミン・ビタミン11種・ミネラル

低糖質で乳糖も除去済み

93.1%という高いタンパク質配合率で、余計なものは摂取したくないというストイックな方にぜひ選んでもらいたい商品です。低脂質なのはもちろん、CFM製法で作られているため乳糖も含まれておらず、乳糖不耐症の方でも安心して摂取できますよ。

ただ味がプレーンのみですので、プロテインの味に慣れていない方にとっては、飲みにくいと感じる場合もあるかもしれません。

4位:グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン

グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン

5,300円 (税込)

詳細情報
・製法:WPI
・タンパク質含有率:95%
・味のバリエーション:プレーン
・プラスアルファの成分:カルシウム・鉄・マグネシウム・11種のビタミン

運動直後のダメージ補修に

運動後すぐにプロテインを吸収したい。そんな方におあつらえ向きなのが、WPI製法で作られているグリコのパワープロダクション ホエイプロテインです。

95%のタンパク質配合率にも関わらず、このお値段で購入できるのも魅力的ですね。フレーバーはプレーンしかありませんが、ミルク風味のため比較的飲みやすいと口コミでも高評価を得ています。

3位:ビーレジェンド プロテイン

ビーレジェンド プロテイン

3,480円 (税込)

詳細情報
・製法:WPC
・タンパク質含有率:73%
・味のバリエーション:ナチュラル・チョコ・リンゴ・パイン・バナナ・キャラメル珈琲・ベリー・パッションフルーツ・コーラ・抹茶・メロン・いちご・ピーチ
・プラスアルファの成分:ビタミンC・ビタミンB6

モンドセレクション最高金賞受賞のプロテイン

ホエイプロテインの中でも人気急上昇中の商品です。その証拠に、食品などの技術水準を評価する世界的な賞である「モンドセレクション」で2015・2016両年において最高金賞を受賞しています。グラム当たりの値段もとても安く、プロテイン業界に革命を起こしたと評されました。

全13種類のフレーバーから選べ、粉末の粒子が小さいため水に溶けやすいのが特徴です。また飲み終わった後にどろりとした感覚がないので、まずは試しにホエイプロテインを飲んでみたい、という方にはおすすめできます。

2位:バルクスポーツ ビッグホエイ

バルクスポーツ ビッグホエイ

3,100円 (税込)

詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:73%
・味のバリエーション:ナチュラル・ココアミルク・バナナミルク・イチゴミルク・フレッシュミルク・バニラアイス・モモアイス・ブルーベリーミルク・ティラミス・ストロベリーショートケーキ・アーモンドチョコレート
・プラスアルファの成分:-

11フレーバーから選択可能

世界的に有名なミルクプロテインメーカーであるビッグホエイの高品質ホエイプロテインです。そのため、水への溶けやすさや、筋肉増強効果はもちろんトップレベルですが、それ以外にも人々の心をつかんで離さないような味へのこだわりがあるのが3位にランクインした理由です。

その秘密はフレーバーの工夫です。すっきりした飲み心地と、11種類の味が選べることから、女子にも人気があります。「ストロベリーショートケーキ」・「ティラミス」などの味は、スイーツ好きの女性をターゲットに商品開発されており、飲みやすさは折り紙付きですよ。

1位:明治 ザバス ホエイプロテイン100

明治 ザバス ホエイプロテイン100

3,960円 (税込)

詳細情報
・製法:-
・タンパク質含有率:74%
・味のバリエーション:バニラ・ココア
・プラスアルファの成分:7種類のビタミンB群・ビタミンC

子どもでも「おいしい」と言うほどの飲みやすさ

お子様に本格的にスポーツをさせたい、または肥満気味の体型を直してあげたい方におすすめです。プロテインは独特のにおいや舌触りから、子どもはあまり好きこのんで飲みません。清涼飲料水などに比べるとどうしても味が劣ってしまうことが多いからです。しかし、ザバスのココア味プロテインは、牛乳に混ぜて飲ませると、「これ、ココアだよ」と言ってもだませてしまうぐらい違和感なく飲んでくれます。

もちろん子どもだけでなく、これまでプロテイン飲料に対して挫折しがちだった大人にもおすすめです。親子で毎朝ジョギングしたり、休日にスポーツしたりして、一緒にこのホエイプロテインを飲む習慣をつけたら、親子共々健康になり、筋肉がばっちりつきますよ!

飲むタイミングと摂取量の理想とは?

Loading
ホエイプロテインを飲む適切なタイミングは、あなたが何を重視しているのかによって大きく異なります。筋肉を効率よく大きくしたい方は運動直後、胃への負担が少し気になる方はトレーニングの20~30分後、筋肉を1ミリでも分解したくない方は就寝前に摂取してみましょう。

また摂取量に関しては、食事で摂取するタンパク質も考慮した上で調節してください。30分程度のスポーツを週4~5日行う方は体重1kgあたり約1g、筋力トレーニングを行う方は体重1kgあたり約1.5gのタンパク質量が目安です。大量に摂取しなければいけない場合には、1度の摂取量を減らし飲む回数を増やすと身体への負担を減らすことができますよ。
1549d75ca2736012a6846ca3feaa799a67727d53

運動中は交感神経が働いているため、胃腸があまりうまく働きません。ですので副交感神経が働いている20~30分後に飲んだほうが、身体への負担は少なくなります。ただ吸収しやすいペプチド状態になっているWPHなら、あまり気にする必要はありませんよ。

ちなみに僕は1日に、225gのタンパク質を摂取しています。体重が75kgなので、体重1kg×3gのタンパク質量の計算になりますね。食事にも気をつけながら、ドリンクタイプのホエイプロテインだけでなくプロテインバーも一緒に食べています!

ホエイプロテインの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ホエイプロテインのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はおすすめのホエイプロテインをご紹介しましたが、いかがでしたか?

タンパク質が不足すると効率良く筋肉がつかないのはもちろん、体調も崩しやすくなってしまいます。そんなことを防ぐためにも、ホエイプロテインをうまく生活の中に取り入れて、健康でパワフルな身体を手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事