【徹底比較】ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング18選

【徹底比較】ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング18選

筋トレ・プロポーション維持に効果的で、プロテインの王様とまで呼ばれるホエイプロテイン。しかしタンパク質配合量・製法・味も異なる多種多様な商品が販売されており、一体どれが本当に優秀でおすすめの商品なのか気になっている方も多いはず。


そこで今回はザバスやDNSなど、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のホエイプロテイン18種類、全41商品を全て購入し、最もおすすめのホエイプロテインを決定したいと思います。


検証は、全ての商品を実際に飲んで以下の2点を比較・検証しました。
  1. タンパク質含有量


果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年05月15日更新
  • 554,441 views

検証のポイント

売れ筋のホエイプロテイン18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • タンパク質含有量

    検証① タンパク質含有量

    まずは「タンパク質含有量」を検証します。パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、5段階で評価しました。

  • 味

    検証② 味

    次に検証するのは「味」です。今回の検証では、健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、41商品全てを試飲。その結果をもとに5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ホエイプロテインとは?

    ホエイプロテインとは?

    牛乳に含まれる乳清タンパク成分が原料であるホエイプロテインの魅力は、吸収速度が速い点。摂取後、約2時間で体内に消化・吸収されるため、トレーニング直後のタンパク質補給にぴったりなプロテインです。アスリートやボディビルダーにも愛用者が多く、筋肉づくりに必要なBCAAも豊富に含まれています。


    またホエイプロテインは、水に溶けやすく味も比較的おいしいのもメリットの1つ。加えて販売されている商品数も多いため、自分に合った商品を手に入れやすいのもポイントです。

    ホエイプロテインの選び方

    ホエイプロテインの選び方

    今回はホエイプロテインの選び方について、パーソナルトレーナーやフィジーク選手としてご活躍されている、湯浅さんに取材しました。


    <取材協力:湯浅幸大さん>
    株式会社ワークアウト・ライフ代表取締役。パーソナルトレーナー兼フィジーク選手。2016年世界選手権準優勝 2017年アーノルドクラシック(アーノルドシュワルツェネッガー主催の国際大会)優勝。フィットネスクラブに入社後、全国約40店舗の中で売上業績全国No.1を維持する一方、所属店舗の業績も全国トップにした経歴を持つ。現在は渋谷、恵比寿、赤坂を中心に、一般の方からアスリート・モデル・ボディビルダーと、幅広い層のトレーニングを指導。定期的にオンラインサロンも開講中。
    Twitter
    Facebook


    ※ 選び方について専門家の監修を受けたものであり、特定の商品について推薦したり効果効能を保証するものではありません

    ① タンパク質含有率と製法から選ぶ

    ホエイプロテインには大きく分けて3種類の製法があり、それぞれタンパク質の配合量・その他物質・吸収速度が異なります。価格だけでなく、ダイエットや筋トレといった目的・体質にも注目して選んでいきましょう。

    WPC製法:タンパク質含有率80%程度。安さで選ぶならコレ

    WPC製法:タンパク質含有率80%程度。安さで選ぶならコレ

    コスト面に優れており初心者でも選びやすいのが、WPC製法です。タンパク質の含有率は約80%と、ほかのタイプと比べると低めではありますが、そのぶん生理活性物質と呼ばれる身体に必要な物質が残っているのが特徴です。

    ただし、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるという方は選ばないほうが無難。乳糖が含まれていますので、体質によっては腹痛や下痢の原因になることが考えられます。

    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    WPCは、増量中の方にも選んでもらいたいホエイプロテインです。普段の食事の補助としてタンパク質を摂取したいという方にもおすすめですよ。

    WPI製法:タンパク質含有率90%程度。お腹を壊しがちの方におすすめ

    WPI製法:タンパク質含有率90%程度。お腹を壊しがちの方におすすめ

    余計なものを摂取したくない、牛乳を飲むとお腹が張る、そんな方はWPI製法で作られているホエイプロテインを選びましょう。WPCよりもタンパク質が豊富に含まれているのが特徴です。


    またWPI製法には、タンパク質含有率が約90%で乳糖が含まれていないイオン交換法と、タンパク質含有量が約85%のCFM製法(フィルター膜処理)の2つのタイプがあります。より効率的にタンパク質を摂取したいのであれば、イオン交換法の製品を購入するのがベストですよ。ただ生理活性物質は含まれていませんので、その点は留意しておきましょう。

    WPH製法:タンパク質含有率95%程度。吸収速度も速くトレーニング向き

    WPH製法:タンパク質含有率95%程度。吸収速度も速くトレーニング向き

    WPH製法は、ホエイペプチドとも呼ばれている製法です。タンパク質含有率は約95%と3製法の中で最も高く、余計なものは摂取したくないという方や減量中の方にぜひ選んでもらいたいタイプです。


    またタンパク質を分解しペプチド状態にしているため、体内に吸収されやすいのもメリット。しかしながらお値段が張りますので、気軽に購入したいという方には手を出しにくいタイプかもしれません。

    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    タンパク質含有率が高いため、減量中に最適な製法です。それだけでなく、筋トレ後すぐにタンパク質を補給したい、と考えている方にもぜひ選んでもらいたいですね。

    ② 味で選ぶ

    味で選ぶ
    好みの味の商品を購入することも、とても重要なポイントです。こってりとした味が好きならチョコレート系、トレーニング後にサッパリしたいならストロベリーなどのフルーツ系を選んでみるといいでしょう。

    特に初心者の方は、飲みやすさにも注目しておきたいところ。プロテイン独特のドロリとした舌触りやニオイが気になる方は、サラリと飲み干せる製品を選択してください。ただ実際に飲んでみないとわからない部分でもあるため、口コミを参考にしながら飲みやすさを見極めてみてくださいね。
    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    ちなみに僕はチョコレート系が好きで飲んでいます。どの味が合うかわからないという方は、お試し用の少量サイズを購入して味を試してみるのもおすすめです。

    最近の商品は水で溶かすだけでもおいしいと思いますが、ホエイプロテインに慣れていない方だと、若干の飲みにくさを感じるかもしれません。そんなときは豆乳や牛乳、フルーツジュースに溶かしてみると比較的おいしく飲めるので、ぜひ試してみてください。

    ③ 溶けやすさで選ぶ

    溶けやすさで選ぶ
    ホエイプロテインを飲む習慣をつけるためも、水への溶けやすさを必ず確認しておきましょう。溶かすのが面倒になり、使わなくなってしまっては元も子もありませんよ。

    最近のホエイプロテインは飲みやすいよう進化を遂げていますが、中には水に溶けにくい商品も販売されています。独自の製法で水への溶けやすさをアップさせている商品や、レビューや口コミ等で評判のいいホエイプロテインを購入するようにしてください。
    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    僕が実際に使ったプロテインでは、溶けにくいと感じたものはほぼありません。通常の水量に60gのプロテインを入れてもしっかり溶けるほど、今の製品は進化しているんです!

    もしも溶けにくいと感じる商品を購入してしまったら、ダマになりにくい工夫が施されている高機能なシェーカーを使ってみるのも、ひとつの方法ですよ。

    ④ BCAA・グルタミン・糖質なども用途に合わせて摂取

    BCAA・グルタミン・糖質なども用途に合わせて摂取

    プロテインを効率よく吸収するためには、糖質も摂取する必要があります。トレーニング後、食事や間食で糖質を摂取できない方は、糖質が適度に配合されている商品を選んでみましょう。

    また、トレーニングの効果を高めるBCAAやグルタミン等が配合されているホエイプロテインを選ぶのもひとつの選択肢です。トレーニング用だけでなくダイエットや健康維持のために購入を考えている方は、ビタミン類が配合されているかもチェックしておきましょう。

    なお各成分の具体的な栄養素については、下記リンクも参考にしてください。

    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    僕が特に気にしているのが、ドーピングに違反する成分が入っていないかどうかです。オリンピックなどのメジャーな競技大会では必ずドーピング検査があるので、検査済みの認定マークが付いている商品を選ぶことが、何よりも大切な前提条件なんです。

    売れ筋の人気ホエイプロテイン全18商品を徹底比較!

    ホエイプロテインの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の18商品、41フレーバーを全て購入し、どれが最も優れたホエイプロテインなのか検証していきます。

    検証項目は以下の2項目としました。

      検証①:タンパク質含有量

      検証②:

    今回検証した商品

    1. ゴールドジム|ゴールドジム ホエイプロテイン チョコレート風味 720g
    2. ファイン・ラボ|ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味
    3. 明治|ザバス アクアホエイプロテイン100 アセロラ風味
    4. ボディウイング|ホエイプロテイン
    5. Muscle Pharm|コンバット 100%ホエイ プロテイン
    6. 健康体力研究所|Kentai パワーボディ 100%ホエイプロテイン
    7. DNS |プロテインホエイ100 チョコレート風味
    8. エクスプロージョン|ホエイプロテイン ミルクチョコレート味
    9. 明治|ホエイプロテイン100
    10. MyProtein|Impact ホエイプロテイン バニラ
    11. アルプロン|ホエイプロテイン100 ココアミルク風味
    12. Real Style|ビーレジェンド プロテイン
    13. オプティマムニュートリション|Gold Standard 100% ホエイ
    14. バルクスポーツ|バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ アーモンドチョコレート
    15. 江崎グリコ|パワープロダクション マックスロード ホエイプロテイン
    16. BSN|シンサ-6 アイソレート
    17. オプティマムニュートリション|パフォーマンスホエイ
    18. チャンピオンニュートリション|チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ

    検証① タンパク質含有量

    タンパク質含有量
    まずは「タンパク質含有量」を検証します。

    パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】同一製品でもノンフレーバーだとタンパク質含含有率が高めに!味と溶けやすさにはタンパク質含有はほぼ無関係

    【検証結果ハイライト】同一製品でもノンフレーバーだとタンパク質含含有率が高めに!味と溶けやすさにはタンパク質含有はほぼ無関係

    タンパク質含有量は低いもので50%台、高いもので90%台とかなりばらつきがありました。しかし、一概に「低いから飲みやすい」、「高いから飲みにくい」というわけでもなく、タンパク質含有量は味わいや溶けやすさにほぼ無関係という検証結果となりました。


    ただし同じ商品でも、ココアやバニラのようなフレーバー付きよりも、ノンフレーバー商品のほうがタンパク質含有量が多くなる傾向に。タンパク質含有量にこだわるなら、純度の高さにも着目してみましょう。

    検証② 味

    味
    次に検証するのは「味」です。

    今回の検証では、健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、41商品全てを試飲。その結果をもとに5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】チョコ系だと、苦味や薬品っぽさが気になりにくい!お試しセットで好みの味を見つけるのがベスト

    【検証結果ハイライト】チョコ系だと、苦味や薬品っぽさが気になりにくい!お試しセットで好みの味を見つけるのがベスト

    甘さひとつをとっても「甘すぎるから飲みにくい」のか「甘さのおかげで特有の匂いを誤魔化せる」のか、好みによって大きな個人差がある傾向に。レビューや口コミを参考にしながら、必要であれば少しだけ購入して味を確認してみるのがベストかもしれません。


    検証の結果では、プロテイン特有の苦みや薬品っぽさが苦手な人が多かったものの、チョコレートやココア系の独特の癖に関しては「香ばしさ」に繋がり、風味が増していると感じるものもありました。

    No.1

    ゴールドジムゴールドジム ホエイプロテイン チョコレート風味 720g

    5,041円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 5.0

    タンパク質含有量・味・溶けやすさ、どれをとっても申し分ないバランスの良さ!

    タンパク質含有量も申し分なく、溶けやすさも十分なゴールドジムのホエイプロテイン。タンパク質含有量と味、すべての検証項目においてA評価以上を獲得し、見事総合評価A+、ランキング1位に輝きました。


    甘味は強いもののコクのある味わいではないので、毎日飲むのにもぴったり。ただ普段からプロテインを飲みなれている人にとっては、やや甘すぎるという声もありました。しかし甘さがプロテイン特有の匂いを緩和してくれるので、初めてのプロテインとしても自信を持っておすすめできます。


    チョコレート風味はチョコ系プロテインの中でもひと際評価が高く、チョコドリンクのようにジュースの代わりとしても飲めそう。ストロベリーはストロベリーシェイクのような甘さで、プロテインを飲みなれていない人にもぴったりなベストバイホエイプロテインです!

    人工甘味料不使用あり
    No.2

    ファイン・ラボホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味

    4,999円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 3.0

    タンパク質含有量だけじゃない。自然な甘さが意外と癖になる?

    ファイン・ラボのホエイプロテインピュアアイソレートは、今回検証した商品中トップのタンパク質含有量が魅力。ラインナップされている中でも特にタンパク質含有量の多いプレーンは、人工甘味料不使用というのもポイントです。


    一方で、味に関してはやや厳しい声も多く、残念ながらB評価。惜しくも2位のランクインとなりました。ミルクココアは無糖のココアのような印象で、ストロベリーも甘さ控えめで酸味が強い仕上がり。プロテインに自然な甘さを求めている方には、うってつけの商品ですよ!

    人工甘味料不使用あり(プレーンのみなし)
    No.3

    明治ザバス アクアホエイプロテイン100 アセロラ風味

    4,875円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 5.0

    圧倒的な飲みやすさ!まるでアセロラジュースのような仕上がり

    味の検証において圧倒的な人気の高さを誇った、ザバスのアクアホエイプロテイン100。清涼感があり、アセロラもグレープフルーツも、本当にジュースのように味わうことができます。


    その飲みやすさは、こんなにおいしいプロテインがあったのか、と毎日プロテインを飲んでいる人も驚くほど。トレーニング後にさっぱりとしたいときにも適していると言えます


    ただタンパク質含有量が70%といまひとつなため、ランキングは3位という結果に。しかしプロテインは飲み続けなければ意味がありませんので、とにかく飲みやすいプロテインをお探しならぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    人工甘味料不使用あり
    No.4

    ボディウイングホエイプロテイン

    2,390円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 2.0

    プロテインらしいプロテイン。お手頃価格でコスパ優秀

    ボディウィングのホエイプロテインは、しっかりとタンパク質含有量を確保しつつ、さらっと溶けやすいのが特徴。お手頃価格でコスパ優秀、いい意味でプロテインらしいプロテインです。


    しかし味についてはやや低評価。慣れれば飲めるものの、少しハードルが高いかも知れません。チョコミルクはプロテインの渋み・苦みを感じるという声も。人工甘味料不使用のナチュラルだけでなく、バナナも人工甘味料を感じない甘すぎない仕上がりで、暑い時期に飲むのにもおすすめですよ。

    人工甘味料不使用あり(ナチュラルのみなし)
    No.5

    Muscle Pharmコンバット 100%ホエイ プロテイン

    5,139円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 3.0

    海外製定番プロテインはやっぱり甘味が強い。含有量で選ぶならバニラかストロベリーを

    定番ブランドのひとつであるコンバットの100%ホエイプロテインは、しっかりとした甘味と癖のなさが飲みやすく、値段のわりにきっちり含有されたタンパク質がトレーニングをサポートします。


    ただ人工甘味料の風味が強いので、甘いものが苦手な方には甘すぎると感じられるかも。なおタンパク質含有量は、チョコレートミルクが75.8%なのに対し、バニラとストロベリーは80.6%とやや高効率です。

    人工甘味料不使用あり
    No.6

    健康体力研究所Kentai パワーボディ 100%ホエイプロテイン

    3,318円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 3.0

    スポーツプロテイン・パイオニアのホエイはしっかり目の味が結構イケる

    1978年に日本初のスポーツプロテインを開発したKentaiのパワーボディは、特にウェイトトレーニングする人にファンが多いです。泡立ち具合はいまいちで、味もそれほどおいしいとは言えませんが、トップアスリート向けに最先端の技術開発を行ってきた実績からタンパク質の補給については信頼感があります。


    味はしっかり目で、ミルクチョコ味はきちんとチョコを感じられますし、ストロベリーもいちごジュースとして飲めそうなほど。一方バナナラテはあまりバナナ感がなく、甘さがダイレクトに伝わり少し後引くくどさがあります。

    人工甘味料不使用あり
    No.7

    DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味

    3,990円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 3.0

    安定の高評価でアマゾンチョイスにも選出。飲みやすいが苦みが気になる

    DNSのプロテインホエイ100は、Amazonレビューで星4を獲得するほどの高評価。アマゾンチョイスにも選ばれており、その品質には安心感があります。タンパク質含有量は78.5%と高めで、粉っぽさもほとんどありません


    しかし実際に飲み比べてみると、普段飲んでいる人でも「そこまでおいしくなかった」「苦みが残る」とコメント。中には、カゼインのような風味を感じたという人もいました。

    人工甘味料不使用あり
    No.8

    エクスプロージョンホエイプロテイン ミルクチョコレート味

    5,698円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 4.0

    タンパク質含有量はそこそこだが味わいと溶けにくさが難点

    エクスプロージョンのホエイプロテインは、味はよくあるプロテインといったところですが、溶けにくさが難点。ラインナップの中でも、人工甘味料不使用のプレーンはかなり飲みにくい味わいで、ストロベリーは酸味が気になります。チョコレートは味も濃くチョコ感もそれなりにあり、比較的飲みやすい仕上がりです。
    人工甘味料不使用あり(プレーンのみなし)
    No.9

    明治ホエイプロテイン100

    3,690円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 4.0

    溶けやすく粉感もなし。プロテイン独特の匂いや舌触りも気にならない

    プロテイン独特のにおいや舌触りが少ないと評判の、ザバスのホエイプロテイン100。混ぜる回数が少ないとさすがにダマになるものの、かなり溶けやすく粉感もほとんど気になりません。ココアとバニラの2種類が展開されていますが、バニラのほうはやや風味が足りずプロテインらしさを感じます。


    ※2020年4月8日現在はココア・バニラの他に、リッチショコラ・抹茶・ヨーグルト味も販売されています。

    人工甘味料不使用あり
    No.10

    MyProteinImpact ホエイプロテイン バニラ

    2,600円(税込) / 1商品あたり

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 4.0

    悪くない味わいだが、肝心のタンパク質含有量が残念

    マイプロテインのインパクト ホエイプロテインは、ほどよい甘さで変な味もあまり感じない、非常に飲みやすいプロテインです。多少渋みはありますが、溶けもよくとりあえず試してみるのにぴったり。しかし肝心のタンパク質含有量がいまひとつなため、この順位となりました。
    人工甘味料不使用あり
    No.11

    アルプロンホエイプロテイン100 ココアミルク風味

    2,480円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 3.0

    いまひとつなタンパク質含有量で、コスパ優秀と言い切れない

    低価格でコスパ優秀という声の多い、アルプロンのホエイプロテイン100。ところがタンパク質含有量75%と高いとは言えず、味わいも標準的なプロテインといったところです。溶けやすさに関しても目立った難点はなく、よく言えばバランスの取れたプロテインと言えるでしょう。
    人工甘味料不使用あり(プレーンのみなし)
    No.12

    Real Styleビーレジェンド プロテイン

    3,480円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 4.0

    モンドセレクション最高金賞受賞の品質は確か。でもタンパク質含有量が…

    ビーレジェンドのホエイプロテインは、「モンドセレクション」で2015・2016両年において最高金賞を受賞しています。全13種類というフレーバーの多さに加え、溶けやすさなどその品質は確か。しかし気になるのがやはりタンパク質含有量の低さです。スペックを考えると、価格も決してお手頃とは言えません。
    人工甘味料不使用あり
    No.13

    オプティマムニュートリションGold Standard 100% ホエイ

    4,286円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 3.0

    世界シェア1位の信頼感はあるが、特筆する長所もなし

    オプティマムニュートリションのGold Standard 100% ホエイは、BCAA・グルタミンを配合した筋トレに最適なプロテイン。しかしタンパク質含有量はそう多くなく、味わいもいまひとつ。ただ、チョコ感はないもののココアっぽく飲めるという声もありました。
    人工甘味料不使用あり
    No.14

    バルクスポーツバルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ アーモンドチョコレート

    3,501円

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 3.0

    薄くてはっきりしない味。粉っぽさも気になる

    バルクスポーツのビッグホエイは、お手頃なプライスと12種類と豊富なフレーバーが魅力。しかしひとつひとつの味わいはいまいちで、後味も気になるのが正直なところです。ただ、粉っぽさに関しては意見が分かれるところで、飲んだ瞬間に感じるという声と、まったく粉っぽさを感じないという声がありました。
    人工甘味料不使用あり
    No.15

    江崎グリコパワープロダクション マックスロード ホエイプロテイン

    3,479円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 4.0

    味わいはそれなり。しかしタンパク質含有量の低さを補うほどではない

    グリコが提供する、パワープロダクションのマックスロードホエイプロテイン。味わいに関しては一定の支持が得られA評価を獲得したものの、今回の検証商品中でも下位にあたるタンパク質含有量の低さを補うことはできませんでした。
    人工甘味料不使用あり
    No.16

    BSNシンサ-6 アイソレート

    4,062円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 4.0

    どろどろとした粘度の高さ。味は悪くないが飲みにくい

    BSNのシンサ-6 アイソレートは、ほどよい甘さと苦みで飲みやすさを感じる面もあるものの、粘度の高さが足を引っ張る形でこの順位に。タンパク質含有量も低く価格も安くありませんが、海外製プロテインの味わいが好みならば一考の余地はあるかもしれません。
    人工甘味料不使用あり
    No.17

    オプティマムニュートリションパフォーマンスホエイ

    4,320円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 3.0

    タンパク質含有量ワースト。味は好みが分かれるところ

    オプティマムニュートリションのパフォーマンスホエイは、とにかく濃厚な味わいが特徴です。濃い目のココア味は、人によって好みが分かれるところですが、薄いプロテインがいまいち合わなかったという人はぜひ試してみてください。
    人工甘味料不使用あり
    No.18

    チャンピオンニュートリションチャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ

    5,270円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 2.0

    くどさを感じる甘さと薬品のような苦み

    最下位という残念な結果になった、チャンピオンのピュアホエイ プロテインスタック。タンパク質含有量ワースト商品を差し置いての最下位となった要因は、微妙に塩味が感じられるほどの無理やりな甘さです。一口ならおいしいけれど、継続的に飲むのは難しいくどさがあります。
    人工甘味料不使用あり

    人気ホエイプロテインの検証結果比較表

    飲むタイミングと摂取量の理想とは?

    飲むタイミングと摂取量の理想とは?

    ホエイプロテインを飲む適切なタイミングは、あなたが何を重視しているのかによって大きく異なります。効率よく栄養補給をしたい方は運動直後胃への負担が少し気になる方はトレーニングの20~30分後体型維持をしたい方は就寝前に摂取してみましょう。


    また摂取量に関しては、食事で摂取するタンパク質も考慮した上で調節してください。30分程度のスポーツを週4~5日行う方は体重1kgあたり約1g、筋力トレーニングを行う方は体重1kgあたり約2gのタンパク質量が目安です。大量に摂取しなければいけない場合には、1度の摂取量を減らし、飲む回数を増やすと身体への負担を減らすことができますよ。

    湯浅 幸大
    パーソナルトレーナー
    湯浅 幸大さんのコメント
    運動中は交感神経が働いているため、胃腸があまりうまく働きません。ですので副交感神経が働いている20~30分後に飲んだほうが、身体への負担は少なくなります。ただ吸収しやすいペプチド状態になっているWPHなら、あまり気にする必要はありませんよ。

    ちなみに僕は1日に、225gのタンパク質を摂取しています。体重が75kgなので、体重1kg×3gのタンパク質量の計算になりますね。食事にも気をつけながら、ドリンクタイプのホエイプロテインだけでなくプロテインバーも一緒に食べています!

    目的に合せてプロテインの種類も選んでみよう

    今回紹介したのはホエイプロテインのみでしたが、筋トレが目的であれば、下のリンクをぜひ一緒にチェックしてみてください。筋トレ後の栄養補給として、サプリを飲むのもおすすめです。

    ホエイプロテインの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、ホエイプロテインのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位のホエイプロテインを徹底的に比較・検証しました。

    タンパク質が不足すると効率良く筋肉がつかないのはもちろん、体調も崩しやすくなってしまいます。そんなことを防ぐためにも、ホエイプロテインをうまく生活の中に取り入れて、健康でパワフルな身体を手に入れてくださいね!

    取材/文:近藤奈緒、写真:三浦晃一

    ランキング作成日:2018/12/31

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す