【徹底比較】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15選

【徹底比較】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15選

筋トレにはもちろん、栄養補給・運動によるダイエットを助けるドリンクとしても人気のソイプロテイン。しかしタンパク質含有量や味、配合成分などが異なるさまざまな商品が販売されているため、一体どれが本当に優秀でおすすめの商品なのか気になりませんか?


そこで今回はザバスやケンタイなど、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のソイプロテイン15種類、全23商品を全て購入し、最もおすすめのソイプロテインを決定したいと思います。


検証は、全ての商品を実際に飲んで以下の4点を比較・検証しました。

  1. タンパク質含有率
  2. 溶けやすさ
  3. 腹持ち

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年04月16日更新
  • 230,366 views

検証のポイント

売れ筋のソイプロテイン15商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • タンパク質含有率

    検証① タンパク質含有率

    まずは「タンパク質含有率」を検証します。パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、1~5の5段階で評価しました。

  • 味

    検証② 味

    次に検証するのは「味」です。健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、23商品全てを試飲し、その結果をもとに1~5の5段階で評価しました。今回の検証では、フレーバー違いの商品を複数用意。味の比較をしやすいように、可能な限りノンフレーバー・ココア・バニラ・ストロベリーのフレーバーを揃えています。

  • 溶けやすさ

    検証③ 溶けやすさ

    飲みやすさに繋がる「溶けやすさ」も検証します。味の検証同様、mybestスタッフ7名が全ての商品を試飲。ダマのできやすさや粘度などを、1~5の5段階で評価しました。

  • 腹持ち

    検証④ 腹持ち

    最後に、ゆっくりと体内に吸収されるソイプロテインだからこそ気になる「腹持ち」も検証します。毎朝8:00にメーカーが定める規定量を飲み、昼の12:00までどの程度満腹感が持続するか調査。お腹がすいた時刻やお昼に食べたくなったものなどで腹持ちの良さを総合的に判断し、1~5の5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ソイプロテインとは?

    ソイプロテインとは?

    ソイプロテインはその名の通り、大豆が原料である植物性タンパク質のプロテイン。


    腹持ちがよくイソフラボンも含まれており、ダイエット中の方や女性にもおすすめ。植物性タンパク質は、動物性たんぱく質よりも脂質が少なく、カロリーも低いため太りにくいというメリットがあります。


    トレーニング時のタンパク質補給からダイエット、さらには健康の維持まで、幅広い方にぜひ摂取してもらいたいプロテインです。

    ソイプロテインの選び方

    ソイプロテインの選び方

    カゼインプロテインを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。今回は、筋肉芸人そしてボディビルダーとしてご活躍中のなかやまきんに君に、選び方を取材しました。


    <取材協力:なかやまきんに君>

    お笑い芸人・ボディビルダー。東京オープンボディビル選手権第23回準優勝、第24回準優勝。自身のトレードマークである肉体を鍛えるため、アメリカへの筋肉留学を経てサンタモニカ市立大学運動生理学部を卒業。筋肉の知識や筋トレの方法をわかりやすく発信している『ザ☆きんにくブログ』も人気が高く、自身がプロデュースしたプロテイン「ザ・プロテイン」も発売されている。2018年10月26日に学研プラスより初の著書「ウケる筋トレ」を出版。

    ・Youtubeチャンネル「ザ・きんにくTV」

    Instagram


    ※ 選び方について専門家の監修を受けたものであり、特定の商品について推薦したり効果効能を保証するものではありません

    ① タンパク質含有率で選ぶ

    タンパク質含有率で選ぶ
    タンパク質含有率は、ダイエット・筋トレ・栄養補給等どんな目的によっても最も重視して欲しいポイント。ソイプロテイン1回の摂取で効率よくタンパク質を補えるよう、タンパク質含有率80%以上の商品を選ぶのが理想です。

    タンパク質含有率が高いということは、それだけ余計なものが入っていないということ。効果的にタンパク質を摂取できるだけでなく、余分な脂質やカロリーを摂取しなくて済みますよ。
    なかやまきんに君
    筋肉芸人
    なかやまきんに君さんのコメント

    タンパク質含有率の低い商品は安いですが、コスパがいいわけではありません。十分なタンパク質を摂取するためには大量のプロテインを飲む必要性があるため、結果的に高くついてしまうこともあるんです。


    若干値が張るかもしれませんが、筋肉そしてコスパのためにも、必ずタンパク質含有率の高いプロテインを手に入れてくださいね!

    ② 飲みやすさで選ぶ

    飲みやすさで選ぶ
    プロテインに最も重要なことは続けること。初心者であれば、成分以上に味を重視して選ぶのがおすすめです。ストロベリー・ココア・ヨーグルト等、自分に合った飲みやすい味を選ぶようにしましょう。

    また、初回から大量購入するのもおすすめできません。口コミやレビュー等である程度判断することはできますが、味覚はひとそれぞれ。まずは少量の製品やお試しセットなどを購入し、自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。
    なかやまきんに君
    筋肉芸人
    なかやまきんに君さんのコメント

    ソイプロテインはホエイプロテインと比べると、味気ないものが多いですね。


    本当においしいと思えるプロテインを手に入れたいなら、一般的に味付けしやすいとされるホエイプロテインを選んでみるのもおすすめですよ!

    ③ その他の成分で選ぶ

    ダイエットや筋トレ等の目的や、続けやすさを左右する脂質・炭水化物は、少なければ良いというものではありません。それぞれチェックしていきましょう。

    脂質は味を左右する場合も。1回につき1.5g程度がおすすめ

    脂質は味を左右する場合も。1回につき1.5g程度がおすすめ

    脂質は太る要因にもなりますが、味を大きく左右する場合がある要素でもあります。プロテインを使う際に最も重要なのは、続けられるかどうか。いくら成分が良くても、続けられなくては意味がありません。


    美味しく続けるならば、1回につき1.5g程度を目安にするとよいでしょう。

    筋トレ目的なら炭水化物は多めがおすすめ

    筋トレ目的なら炭水化物は多めがおすすめ

    トレーニング前後に摂取する場合、炭水化物は多めがおすすめ。プロテインを飲んでも筋肉が付かない方は、炭水化物の摂取が疎かになっているかもしれないので、理想の筋肉のために体重1kgあたり約1.0〜1.2g程度を摂取してみましょう。


    無論、ダイエットの際はなるべく少ない物をチョイスするのがベスト。特にプロテインを食事と一緒に摂取しようと考えている方は注意して選ばないと、逆に太ってしまうなんてこともあるので注意してください。

    筋トレに効果的なBCAA・グルタミンをチェック

    筋トレに効果的なBCAA・グルタミンをチェック

    BCAAやグルタミンは筋肉を付けたい方にはぜひ重視してほしい成分です。なかでもグルタミンは、より筋トレを効果的にするためにぜひ摂取してほしい成分のひとつ。サプリでの摂取もおすすめですが、面倒だと思う方は商品と一緒にチェックしてみてくださいね。

    売れ筋の人気ソイプロテイン全15商品を徹底比較!

    ソイプロテインの検証

    ここからは、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位のソイプロテイン15種類、23商品を全て購入し、どれが最も優れたソイプロテインなのか検証していきます。

    検証項目は以下の4項目としました。

      検証①:タンパク質含有率

      検証②:

      検証③:溶けやすさ

      検証③:腹持ち

    今回検証した商品

    1. 明治|ザバス ウェイトダウン
    2. 健康体力研究所|Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ
    3. 明治|ザバス ソイプロテイン100
    4. アルプロン|大豆プロテイン100 ココアミルク風味
    5. ボディウイング|大豆プロテイン チョコレート
    6. Myprotein|ソイプロテイン アイソレート チョコレートスムーズ
    7. 明治|SAVAS シェイプ&ビューティ ミルクティー風味
    8. ニチガ|大豆プロテイン プレーン
    9. Kentai|ウェイトダウン ソイプロテイン
    10. 540プロジェクト|540ソイプロテイン改
    11. 健康体力研究所|Kentai 100% SOY パワープロテイン ココア風味
    12. 森永製菓|ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味
    13. ボディプラスインターナショナル|バルクスポーツ ソイプロ
    14. 明治|ザバス タイプ3エンデュランス バニラ味
    15. RealStyle|ビーレジェンド ストイックソイ さっぱりヨーグルト風味

    検証① タンパク質含有率

    タンパク質含有率
    まずは「タンパク質含有率」を検証します。

    パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、1~5の5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】タンパク質含有率が85%以上かどうかは、人工甘味料の有無が決め手!

    【検証結果ハイライト】タンパク質含有率が85%以上かどうかは、人工甘味料の有無が決め手!

    1製品を除き、人工甘味料を使っていない製品のタンパク質含有率は、全て85%以上。上位8商品製品全てが、人工甘味料未使用です。成分に対するこだわりが、人工甘味料の有無にも表れた結果でしょう。


    またフレーバー付き商品よりも、ノンフレーバー商品のほうがタンパク質含有率が高くなる傾向にありました。一概には言い切れませんが、味とタンパク質含有率はトレードオフの関係にある模様です。

    検証② 味

    味
    次に検証するのは「味」です。健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、23商品全てを試飲し、その結果をもとに1~5の5段階で評価しました。

    今回の検証では、フレーバー違いの商品を複数用意。味の比較をしやすいように、可能な限りノンフレーバー・ココア・バニラ・ストロベリーのフレーバーを揃えています。


    【検証結果ハイライト】ココア系なら大豆っぽさが気になりにくい!大豆っぽさに対する慣れが必要

    【検証結果ハイライト】ココア系なら大豆っぽさが気になりにくい!大豆っぽさに対する慣れが必要

    大豆から作られているプロテインなだけに、どうしても豆乳っぽさや大豆っぽさは残ります。同じ商品でも、普段から豆乳を飲んでいる方であればおいしく飲めても、そうでない方にとっては毎日飲むのはキツイかも…。


    ただ中には、ほとんど癖がなく飲みやすいものもあるので、ソイプロテインだからといって妥協する必要はなさそう。加えてプレーン・バニラ・ストロベリー・ココアの順で味の評価が高くなる傾向にありました。

    検証③ 溶けやすさ

    溶けやすさ
    飲みやすさに繋がる「溶けやすさ」も検証します。

    味の検証同様、mybestスタッフ7名が全ての商品を試飲。ダマのできやすさや粘度などを、1~5の5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】同商品でもフレーバーによって溶け方に差が出る結果に…

    【検証結果ハイライト】同商品でもフレーバーによって溶け方に差が出る結果に…

    同じ商品なのに、フレーバーが違うと溶けやすさにも影響が出ることが判明。タンパク質含有率の違いが影響している部分もあるようですが、この検証結果には驚きを隠せません。


    また、水で混ぜたら問題なかったのに、牛乳に混ぜると溶けが悪かったという声もありました。

    検証④ 腹持ち

    腹持ち
    最後に、ゆっくりと体内に吸収されるソイプロテインだからこそ気になる「腹持ち」も検証します。

    毎朝8:00にメーカーが定める規定量を飲み、昼の12:00までどの程度満腹感が持続するか調査。お腹がすいた時刻やお昼に食べたくなったものなどで腹持ちの良さを総合的に判断し、1~5の5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】飲みごたえがあると腹持ちもGOOD!自分で水分量を調整するのもアリ

    【検証結果ハイライト】飲みごたえがあると腹持ちもGOOD!自分で水分量を調整するのもアリ

    腹持ちの良さは、飲みごたえに大きく関係する傾向に。極端に言ってしまうとドロドロのものはお腹にたまり、水のようにサラッとしているものは小腹を満たすことも難しいです。


    しかし、腹持ちの良さを重視しすぎて気持ち悪くなってしまったら本末転倒です。加える水分量を調整してみて、自分に合った飲みごたえを探ってみるのが1番かもしれません。

    No.1

    明治ザバス ウェイトダウン

    3,931円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 5.0

    飲みやすいのに腹持ちがいい!理想的なダイエット向きプロテイン

    驚異的な腹持ちのよさで見事ランキング1位に輝いた、ザバスのウェイトダウン。食事の時間を遅らせても問題ないほどの腹持ちで、文句なしのA+評価です。


    また腹持ちだけでなく、タンパク質もしっかりと含有されていて、味もお菓子のようでおいしいとほとんどの検証項目で高評価を獲得しました。やや溶けにくさが気になりますが、飲んでみると気になるほどではなく、腹持ちのわりに飲みやすいというのも嬉しいポイントです。


    ヨーグルト味よりも、チョコレート味のほうが好評。チョコレートよりかはココアのような風味で、しつこい甘さのないがないため毎日でも飲めるほど。mybestが自信を持っておすすめするベストバイソイプロテインは「明治 ザバス ウェイトダウン」で決まりです!

    No.2

    健康体力研究所Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ

    3,564円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 3.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 4.0

    トータルバランスが高い。トレーニング後はもちろん置き換えダイエットにも

    ケンタイのパワープロテイン・プロフェッショナルタイプは、今回検証した商品の中でもトップクラスのタンパク質含有率と、トータルバランスの高さが魅力。特に腹持ちの良さはかなりのもので、朝食をプロテインに置き換えてもまったく問題ないほどです。


    ソイプロテイン特有のきな粉っぽさはありますが、それも他メーカーのプレーンタイプと比べるとそこまで気になりません。とはいえプレーンなのでほぼ無味ですから、そもそもプレーンに慣れていない人は気を付けましょう


    また腹持ちが良い反面、飲み心地もどろっとして口に残ります。ストレスなく飲めるかは慣れにもよりそうです。

    No.3

    明治ザバス ソイプロテイン100

    3,642円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 5.0

    飲みやすい味わいが圧倒的人気、タンパク質含有量があと一歩

    おいしく飲みやすいプロテインと言えばコレ、ザバスのプロテイン。根強い人気を誇るココア風味は、水で溶かしてもしっかりココアの味を感じることができます。

    また味わいだけでなく、腹持ちの良さもかなりのもの。普段から少食な人ならば、これ1杯で空腹を満たせるでしょう。今回の検証ではタンパク質含有率があと一歩及ばずこの順位となりましたが、それもダイエット目的ならば十分と言えます。


    プロテイン初心者でも、「これなら続けられそう」と思わせてくれるプロテインです。

    No.4

    アルプロン大豆プロテイン100 ココアミルク風味

    2,480円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 3.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 5.0

    高タンパク・良腹持ち、ジュース感覚で楽しめる

    タンパク質含有量も腹持ちも申し分ないものの、溶けやすさに難アリ、ということでこの順位に落ち着きました。溶けやすさ以外はかなり高い水準でまとまっており、その点さえ解消されればもっと上位にランクインしたでしょう。


    甘いものが苦手な方はプレーンを、甘いものが好きな方はぜひココアミルクやイチゴミルクを試してみてください。どちらも定番・王道の味わいで、ジュース感覚で楽しめます。

    No.5

    ボディウイング大豆プロテイン チョコレート

    2,100円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 1.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 5.0

    味以外は素晴らしい。豆乳好きならプレーンを試してみて

    トップクラスのタンパク質含有率と、4時間たっても空腹を感じないほどの腹持ちの良さを発揮したボディウィングの大豆プロテイン。溶けやすさに関しても、やや粉っぽさは感じられるものの、溶けにくいというほどではありません。


    ただ味わいについてはかなり厳しい評価で、チョコもストロベリーも甘さがなく「らしさ」を感じられません。普段から豆乳を飲んでいる方なら、プレーン味がもっとも抵抗なく飲めるはず!

    No.6

    Myproteinソイプロテイン アイソレート チョコレートスムーズ

    2,127円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 1.0
    • 腹持ち: 4.0

    タンパク質含有量と腹持ちはいいがとにかく溶けにくい

    マイプロテインのソイプロテインアイソレートは、高タンパクと腹持ちの良さが目立ちます。しかし腹持ちが良いのは、粉物の生地かと思うほどの粘度の高さが理由で、溶けにくさ・飲みにくさは継続するにはかなり厳しいレベルです。


    ノンフレーバーは豆乳、チョコレートスムーズはしっかりココア風味、ストロベリークリームはストロベリーらしさがあっておいしく飲めるのですが、甘みが強いので苦手な方は要注意です。

    No.7

    明治SAVAS シェイプ&ビューティ ミルクティー風味

    860円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 5.0
    • 溶けやすさ: 5.0
    • 腹持ち: 1.0

    ダイエット中の栄養補給におすすめのプロテイン

    ザバスのシェイプ&ビューティは、タンパク質含有量の少なさとその味わいから、トレーニング中よりもダイエット中の栄養補給におすすめのプロテイン。ミルクティーと変わりなく飲めるほどのおいしさです。


    溶けやすさも申し分ありませんが、難点は腹持ちの悪さ。小腹を満たすことも難しく、置き換えダイエットなどにはまったく向きません。また甘いものが苦手な場合は、規定量飲むのが難しいでしょう。

    No.8

    ニチガ大豆プロテイン プレーン

    2,000円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 2.0

    優秀なタンパク質含有量を誇るも、その他が伴わず

    ニチガの大豆プロテインは、今回の検証商品中でも1位2位を争う優秀なタンパク質含有量を誇ります。しかし味わい・溶けやすさ・腹持ち、どれもいまひとつ。特にどろどろとした飲み心地はかなり抵抗があり、我慢して飲むというレベルです。
    No.9

    Kentaiウェイトダウン ソイプロテイン

    2,970円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 1.0

    味と飲み心地は悪くないが腹持ちの悪さが致命的

    ケンタイのウェイトダウンソイプロテインは、大豆っぽさの少ない飲み心地の良さが高評価を獲得しました。粉っぽさも感じられるものの、飲み口はスムーズ。その反面まったく腹持ちせず、置き換えなどには不向きです。
    No.10

    540プロジェクト540ソイプロテイン改

    1,700円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 3.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 1.0

    高コスパでたんぱく質摂取に最適。トレーニング用なら?

    低価格・高タンパクとコスパ優秀な、540ソイプロテイン改。水を飲んだ程度にしかお腹が膨らまないのが難点ですが、その分溶けやすいので、いっそ割り切ってトレーニング用として検討してもよいでしょう。味に関しては甘みもなく、良くも悪くもプロテインと言った味わいです。
    No.11

    健康体力研究所Kentai 100% SOY パワープロテイン ココア風味

    4,099円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 1.0
    • 溶けやすさ: 1.0
    • 腹持ち: 4.0

    タンパク質含有量1位!しかし味と飲みごたえに難アリ

    ケンタイの100%ソイパワープロテインは、なんといっても今回比較した商品の中でもトップのタンパク質含有率が魅力です。しかしそんなメリットを打ち消すほどの味と溶けにくさ。ただ溶けにくいぶん腹持ちはよく、味も人によっては他のココアプロテインより飲みやすいという声もありました。
    No.12

    森永製菓ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味

    2,513円

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 2.0

    プロテインが苦手な人におすすめしたい、ほろ苦いコーヒー味

    ちょっと珍しいコーヒー味の、ウイダーのおいしい大豆プロテイン。コーヒー牛乳の味に近く、いい意味でプロテインらしさを感じません。ただそれ以外の、タンパク質含有量・溶けやすさ・腹持ちは平均かそれ以下。ごくごく飲めるプロテインをお探しなら、一度試す価値はありますよ。
    No.13

    ボディプラスインターナショナルバルクスポーツ ソイプロ

    3,344円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 1.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 2.0

    スペックは優秀だが継続できるレベルではない飲みにくさ

    バルクスポーツのソイプロは、豊富なタンパク質に加え、人工甘味料不使用というのもポイント。しかしどろどろとした飲みごたえやざらざらとしたダマっぽさは、飲み続けるのが結構難しいレベルです。腹持ちも極めて優秀というほどではなく、スペックを重視しないのであれば、特に選ぶ理由はないでしょう。
    No.14

    明治ザバス タイプ3エンデュランス バニラ味

    3,964円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 5.0
    • 腹持ち: 3.0

    溶けやすさはトップクラス。味よりも喉越しを重視するなら

    ザバスのタイプ3エンデュランスは、薄味でさらりと飲めるのが特徴。甘味はないもののバニラの香りが強く、これがやや好みの分かれるところです。タンパク質含有率も低めですが、味よりも喉越しを重視するなら、あえて選んでみてもよいかもしれません。
    No.15

    RealStyleビーレジェンド ストイックソイ さっぱりヨーグルト風味

    4,880円

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 3.0

    飲めないほどまずいわけではないが、ジャリジャリ感や後味の悪さが気になる

    酸味のあるさっぱりとした味わいが特徴の、ビーレジェンドのストイックソイ・ヨーグルト風味。ヨーグルトの風味がしっかり感じられて飲みやすさはあるものの、ジャリジャリとした舌触りや薬品のような後味が…。味がまずいというよりも、味が薄いせいでプロテイン特有の匂いなどが際立ちます。

    人気ソイプロテインの検証結果比較表

    ソイプロテインの効果的な飲み方

    ソイプロテインの効果的な飲み方

    タンパク質の摂取量の目安は、体重1kgあたり約1gです。運動30分後・朝食時・間食代わり・就寝前などにソイプロテインを飲み、効果的にタンパク質を摂取していきましょう。


    ダイエット中はタンパク質が不足しがちです。タンパク質が足りないと体力が落ちたり肌にハリがなくなったりと、筋肉だけでなく美容にも悪影響がでてしまうので、しっかり補給するようにしましょう。

    プロテインシェイカーもあわせてチェック

    プロテインの中でも特に溶けにくいソイプロテイン。シェイカーにもこだわって、口当たりがよく飲みやすいソイプロテインを簡単に作ってみませんか?

    ソイプロテイン売れ筋ランキングもチェック

    なおご参考までに、ソイプロテインーのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位のソイプロテインを徹底的に比較・検証しました。

    女性に注目されているソイプロテインですが、もちろん男性にもおすすめのプロテインです。吸収速度がゆっくりな点をうまく活かし、日々の生活にソイプロテインを取り入れて理想の身体を手に入れてくださいね!


    取材/文:近藤奈緒、写真:三浦晃一

    ランキング作成日:2018/12/31

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す