1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. フィットネス・ダイエット
  6. >
  7. パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】
  • パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】のアイキャッチ画像1枚目
  • パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】のアイキャッチ画像2枚目
  • パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】のアイキャッチ画像3枚目
  • パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】のアイキャッチ画像4枚目
  • パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】のアイキャッチ画像5枚目

パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選【握力を補助!ダンベルや懸垂を強力サポート】

バーベルやダンベルを使って筋トレをしていると、先に握力が無くなってしまうことがよくありますよね。そんなときの味方がパワーグリップ。簡単装着で握力をしっかりサポートしてくれるのでとても便利です。しかし、人気のゴールドジムをはじめさまざまなメーカーから商品が販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、パワーグリップの選び方と通販でも購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。自分にぴったりのパワーグリップを使えば、ベンチプレスやデッドリフトなどの筋トレもさらに効率UP!握力をしっかりサポートしながら、より効果的にトレーニングに励みましょう。
  • 最終更新日:2020年03月25日
  • 173,230  views
目次

筋トレにパワーグリップを使うメリットとは?

筋トレにパワーグリップを使うメリットとは?
フリーフェイトで筋トレをするときに便利な、パワーグリップ。指や前腕の疲労が溜まって握力が無くなったときでも、しっかりサポートしてくれる必須アイテムです。ターゲットの筋肉を最後まで追い込むことができるため、ダンベル・バーベルを楽に持ち上げることが可能。特にデッドリフト・ローイング・チンニングなどプル系の種目の握力補助にとても効果的です。

決して高重量向けではありませんが、類似の他製品に比べて着脱が簡単ですぐトレーニングを始められるのが最大のメリット。手の平を保護する役割もあるため、手の平の痛みやマメが気になる方にもおすすめです。パワーグリップを活用すれば、トレーニング初心者の方でも比較的効率よく筋力UPを目指せます。早速、自分にぴったりのものを見つけて、トレーニング効果を高めていきましょう!

パワーグリップの選び方

パワーグリップは見た目が似通っていて、パッと見ただけでは良し悪しの判断が難しいですよね。そこでまずは、より良いパワーグリップを手に入れるための選び方のポイントをご紹介していきます。

手首の大きさに合わせてサイズで選ぶ

手首の大きさに合わせてサイズで選ぶ
出典:ggmania.jp
パワーグリップの商品の中には、手首周りの大きさを基準にS・M・Lのようにサイズが分かれているものがあります。手首部分はマジックテープでしっかり固定するため、大きすぎても小さすぎてもパワーが出せません。ジャストサイズのものを選べるよう、できれば事前に手首周りをメジャーで計測してから選びたいですね。

また、フリーサイズ・ワンサイズのパワーグリップもありますが、こちらはメーカーによってサイズ感が少しずつ異なります。購入者のレビューなどを参考にして、自分の手に合うどうかもチェックしておきましょう。

ベロの材質で選ぶ

手のひらを覆って直接バーに巻きつける部分をベロといいますが、このベロの材質も商品によって異なります。それぞれの特徴を押さえて、自分が使いやすい素材を選んでいきましょう。

定番なのはラバー素材!

定番なのはラバー素材!
出典:ggmania.jp
ベロ部分の材質はラバー素材が主流で、握り込んだ手が滑ることなくしっかりホールドできるのが魅力です。バーベル・ダンベルの種目だけでなく、チンニングでも握力補助に使うことができ、アームカール・リストカールなどの種目では手のひら保護にも役立ちます。パワーグリップ選びに迷ったときはラバー製のものを選んでおけば間違いないでしょう。

高級感のある革素材も人気

高級感のある革素材も人気
出典:cobragrips.jp

革素材は高級感のある見栄えが魅力で、使っていくうちに手に馴染んで柔らかくなっていくのが特徴です。フリーフェイトのトレーニングギアではよく使われる革ですが、パワーグリップでもゴム素材に次いで人気があります。高重量を扱うと滑りやすいものもありますが、これは商品ごとに差がありますので事前にチェックしておきましょう。

手軽に使いたいなら鉄製が便利

手軽に使いたいなら鉄製が便利
ベロの部分が鉄製のものはリフティングフックとも呼ばれ、バーに引っ掛けて握り込んで使います。ベロを巻きつける必要すらないので、装着はさらに簡単で、必要な握力もぐっと少なくなるのがメリットです。ただ、チンニングスタンド(懸垂台)などでバーが斜めになっているところではフックが滑って使えない点には注意が必要です。

手のひらの保護目的で使うならネオプレン素材でOK

一部のパワーグリップには、ベロ部分がネオプレン素材(ナイロン素材)のものがあります。強度は決して高くないので高重量を扱うのには不向きですが、軽めの重量を扱う方や手のひらを保護したい方には適しています。また、ネオプレンは汚れた場合に洗うことができ、清潔さを保てるのもメリットですよ。

どのくらいの重さを扱えるかの強度をチェック

どのくらいの重さを扱えるかの強度をチェック
リストストラップやグローブと違い、中級者以上が扱うような高重量に耐えられる製品が少ないのがパワーグリップです。製品の品質によっては100kg程度でちぎれたり、数回使っただけで破れてしまうことも。重たい重量を扱う方は信頼できるメーカーの物や、耐久性が高いと評価されているものを選んでいきましょう。

パワーグリップのおすすめ人気ランキング7選

それではここからはオススメのパワーグリップをランキング形式で7選ご紹介していきます。さまざまなメーカーのアイテムがランクインしていますので、お気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月13日時点)をもとにして順位付けしています。

7位
パワーグリップ Cobra Grips コブラグリップス ブラウンレザー
出典:amazon.co.jp

Cobra Gripsコブラグリップス ブラウンレザー

5,930円 (税込)

手首回り14cm~22cm
ベロの材質レザー
強度-
6位
手首回り24cm
ベロの材質ラバー
強度耐摩擦・耐摩耗性が高い特殊ラバー
5位
手首回り-
ベロの材質ラバー
強度高強度素材
4位
手首回りSサイズ 約14~17cm・Mサイズ約17~19cm・Lサイズ18cm~21cm
ベロの材質ラバー
強度厚さ約2mmの強度
3位
手首回りSサイズ16cm・Mサイズ18cm・Lサイズ21cm
ベロの材質ラバー
強度-
2位
手首回り約16cm~18cm
ベロの材質ラバー
強度-
1位
手首回りSサイズ15~16.5cm・Mサイズ16.6~21cm
ベロの材質ラバー
強度高耐久モデル

おすすめ人気パワーグリップの比較一覧表

商品画像
1
パワーグリップ トリプルエス パワーグリップ プロ 1枚目

トリプルエス

2
パワーグリップ Fitness XX パワーグリップ 1枚目

3
パワーグリップ THINKフィットネス パワーグリッププロ

THINKフィットネス

4
パワーグリップ mukunoki−jp パワーグリップ 1枚目

mukunoki−jp

5
パワーグリップ CB SPALTAX パワーグリップ 1枚目

CB

6
パワーグリップ cosmos パワーグリップ PRO 1枚目

cosmos

7
パワーグリップ Cobra Grips コブラグリップス ブラウンレザー

Cobra Grips

商品名

パワーグリップ プロ

Fitness XX パワーグリップ

パワーグリッププロ

パワーグリップ

SPALTAX パワーグリップ

パワーグリップ PRO

コブラグリップス ブラウンレザー

特徴グリップ力もクッション性も抜群なアイテム肉厚なクッションで手首をしっかり守るゴールドジムのパワーグリップ安いのに品質が良い!コスパ抜群のアイテム手洗いできるから汚れが気にならない手首が太い方にもおすすめ人間工学に基づいた扱いやすいデザイン
最安値
2,980
送料無料
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
9,300
送料要確認
詳細を見る
2,980
送料無料
詳細を見る
1,680
送料要確認
詳細を見る
2,000
送料要確認
詳細を見る
5,930
送料要確認
詳細を見る
手首回りSサイズ15~16.5cm・Mサイズ16.6~21cm約16cm~18cmSサイズ16cm・Mサイズ18cm・Lサイズ21cmSサイズ 約14~17cm・Mサイズ約17~19cm・Lサイズ18cm~21cm-24cm14cm~22cm
ベロの材質ラバーラバーラバーラバーラバーラバーレザー
強度高耐久モデル--厚さ約2mmの強度高強度素材耐摩擦・耐摩耗性が高い特殊ラバー-
商品リンク

リストストラップとの違いは?

リストストラップとの違いは?
出典:rakuten.ne.jp
フリーフェイトの握力補助アイテムとして、パワーグリップと同じくらい人気があるのがリストストラップ。役割が同じなので、どちらの商品を選べばいいか迷ってしまいがちですが、リストストラップは、高重量でトレーニングしたい中上級者や、トレーニングを継続されている方に向いています。

リストストラップは、パワーグリップと違い、200kgを超えるような高重量でも問題なく扱える耐久性の高さがウリ。また、ネオプレン素材を利用しているものも多いため、軽量でかさばらず洗えることや、高品質のものでも2000円以内で買えるのも魅力です。ストラップ部分をバーに巻き付けるのに慣れが必要ですが、長期間利用していくのであれば、リストストラップをチョイスしてみるのもおすすめですよ。

体幹部の補強にはトレーニングベルトを!

スクワット・デッドリフトなどのウエイトトレーニングで、腰への負担を軽減するのに役立つのが「トレーニングベルト」。体幹部をしっかり固定し、高重量トレーニングをサポートしてくれます。以下の記事でもおすすめの商品をたくさん紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ベロ部分の素材や耐久性などのポイントを確認しつつ、自分のトレーニングスタイルに合わせたアイテムを選んでいきたいですね。パワーグリップで握力をサポートして筋肉をしっかり追い込んでいきましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す