1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 健康食品・サプリメント
  6. >
  7. 【徹底比較】カゼインプロテインのおすすめ人気ランキング9選
【徹底比較】カゼインプロテインのおすすめ人気ランキング9選

【徹底比較】カゼインプロテインのおすすめ人気ランキング9選

腹持ちが良く、体内にゆっくり吸収されていくのが特徴のカゼインプロテインは、ダイエットや就寝前に飲むのがおすすめのプロテイン。味も配合されているタンパク質量も異なるさまざまな商品が販売されており、一体どれが本当に優秀でおすすめのカゼインプロテインなのか気になっている方も多いはず。


そこで今回はバルクスポーツやマイプロテインなど、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位のカゼインプロテイン9種類、21商品を全て購入し、最もおすすめのカゼインプロテインを決定したいと思います。


検証は、全ての商品を実際に飲んで以下の4点を比較・検証しました。
  1. タンパク質含有率
  2. 溶けやすさ
  3. 腹持ち

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年04月16日更新
  • 49,351 views

検証のポイント

売れ筋のカゼインプロテイン9商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • タンパク質含有率

    検証① タンパク質含有率

    まずは「タンパク質含有率」を検証します。パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、5段階で評価しました。

  • 味

    検証② 味

    次に検証するのは「味」です。今回の検証では、健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、21商品全てを試飲。その結果をもとに5段階で評価しました。

  • 溶けやすさ

    検証③ 溶けやすさ

    飲みやすさに繋がる「溶けやすさ」も検証します。味の検証同様、mybestスタッフ7名が全ての商品を試飲。ダマのできやすさや粘度などを、5段階で評価しました。

  • 腹持ち

    検証④ 腹持ち

    最後に、ゆっくりと体内に吸収されるカゼインプロテインだからこそ気になる「腹持ち」も検証します。毎朝8:00にメーカーが定める規定量を飲み、昼の12:00までどの程度満腹感が持続するか調査。お腹がすいた時刻やお昼に食べたくなったものなどで腹持ちの良さを総合的に判断し、5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    カゼインプロテインとは?

    カゼインプロテインとは?

    牛乳から脂肪とホエイを取り除いたものが、カゼインプロテイン。ホエイプロテインよりも体内に吸収される速度が遅く、4時間以上かけてゆっくりと体内にタンパク質を供給してくれるのが特徴です。

    また筋トレの強い味方である、BCAA・EAA・グルタミンが豊富に含まれているのもカゼインプロテインのいいところ。これらの特徴を活かし、就寝前や休息日のタンパク質補給、ダイエット中にもおすすめのプロテインです。

    カゼインプロテインの選び方

    カゼインプロテインの選び方

    カゼインプロテインを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。今回は、筋肉芸人そしてボディビルダーとしてご活躍中のなかやまきんに君に、選び方を取材しました。


    <取材協力:なかやまきんに君>

    お笑い芸人・ボディビルダー。東京オープンボディビル選手権第23回準優勝、第24回準優勝。自身のトレードマークである肉体を鍛えるため、アメリカへの筋肉留学を経てサンタモニカ市立大学運動生理学部を卒業。筋肉の知識や筋トレの方法をわかりやすく発信している『ザ☆きんにくブログ』も人気が高く、自身がプロデュースしたプロテイン「ザ・プロテイン」も発売されている。2018年10月26日に学研プラスより初の著書「ウケる筋トレ」を出版。

    ・Youtubeチャンネル「ザ・きんにくTV」

    Instagram


    ※ 選び方について専門家の監修を受けたものであり、特定の商品について推薦したり効果効能を保証するものではありません

    ① タンパク質含有率で選ぶ

    タンパク質含有率で選ぶ
    カゼインプロテイン選びで最も重要なのが、タンパク質含有率のチェックです。タンパク質を効率的に摂取し理想のボディを手にれるためにも、タンパク質含有率80%以上の商品を選んでおきたいところ。

    ただ中には増量用プロテインとして、極端にプロテイン含有率が低く、炭水化物が多かったりカロリーが高かったりする商品も存在します。目的に合ったタンパク質含有量のカゼインプロテインを選ぶことも大切なポイントです。

    なかやまきんに君
    筋肉芸人
    なかやまきんに君さんのコメント
    僕は筋肉に良いプロテインを摂りたいので、タンパク質含有率は85%以上を目安に選んでいます!

    17歳の頃からプロテインを飲み始め、23年間常にカバンの中に入れてプロテインを持ち歩いています。体づくりのために飲んでいるのはもちろんですが、もはや日課、プロテインは心のよりどころですね!

    ② カゼインの種類で選ぶ

    カゼインの種類で選ぶ
    カゼインプロテインは、大きく「カゼインミセル」「カゼイネート(カゼインカルシウム)」「ミルクプロテイン」の3種類に分けられます。それぞれの特徴を説明するので、飲みやすさや飲むタイミングに合わせてどれを選ぶのか見極めましょう。

    • カゼインミセル

    牛乳に含まれるカゼインプロテインをそのまま取り出したものが、カゼインミセルです。大きな分子の集合体で、吸収スピードが極めてゆるやか。就寝前など、しばらく食事がとれないタイミングで利用におすすめです。


    • カゼイネート(カゼインカルシウム)

    カゼイネートは酸カゼインをアルカリ(カルシウムなど)で中和したタイプ。カゼインミセルよりは吸収されるスピードがやや早く、比較的に溶けやすいです。使いやすさ・溶けやすさを重視する方に最適でしょう。


    • ミルクプロテイン

    乳製品に含まれるタンパク質をそのまま取り出したプロテイン。はじめからホエイとカゼインが2:8の比率で含まれているため、ホエイプロテインも摂取して筋肉を増やしたい方にぴったりなタイプです。

    ③ コストと手軽さでタイプを選ぶ

    コストと手軽さでタイプを選ぶ
    カゼインプロテインには、「カゼイン単体」「ホエイ混合」の2タイプがあります。選ぶ決め手は、価格と手軽さ。それぞれの特徴をチェックし、負担なく長く飲み続けられるものを選びましょう。

    • カゼイン単体

    コストを抑えたいなら、カゼインプロテイン単体を選ぶのがおすすめです。ただ、カゼインだけを飲んで運動・トレーニングをしても大きな効果が見込めないため、筋肉の増量などの機能に優れたホエイの摂取は欠かせません。カゼインのみの商品を選ぶ場合は、ホエイプロテインもあわせて検討しておきましょう。


    • ホエイ混合

    価格は少し高くなりますが、カゼインとホエイ、2種類のプロテインを手っ取り早く摂りたいなら、ホエイ混合タイプがおすすめ。ホエイとカゼインの割合をチェックし、ホエイが多い場合はトレーニング前、カゼイン多めなら就寝前に飲むなど、使用するタイミングに合った配合比率のプロテインを選択してください。

    ④ 飲みやすさで選ぶ

    飲みやすさで選ぶ
    カゼインプロテインは牛乳を薄めたような独特の風味がベースなので、基本的においしいものではありません。またシェイクすると泡立ち、ドロドロして飲みにくくいのがカゼインプロテインの特徴です。

    しかしソイやホエイと比べて味のバリエーションが少ないものの、商品によってはキャラメルやバナナクリームなど独自のフレーバーも販売されています。味の好みや口コミを参考にしながら、少しでも飲みやすいものを選択していきましょう。
    なかやまきんに君
    筋肉芸人
    なかやまきんに君さんのコメント
    甘味が足りないと感じたら、水ではなく牛乳や豆乳で溶かしてみてください!オレンジジュースもいいでしょう。

    溶けにくさを感じる場合には、お湯を混ぜてみてください。泡も消えやすくなり、体も冷えないのでおすすめですよ!

    ⑤ GABAやグリシンなど、他の有効成分にも注目!

    GABAやグリシンなど、他の有効成分にも注目!
    タンパク質以外の成分にもこだわっているカゼインプロテインにも注目してみましょう。就寝前に飲む方が多いカゼインプロテインだからこそ、リラックス効果や安眠効果のあるGABA・グリシンなどが同時配合されている商品も販売されています。

    そのほか、食物繊維や消化酵素を同時配合して胃腸に配慮した商品などもあります。ご自分が飲むタイミングや飲む目的などにあわせて、より効果的な成分が配合されているものを選んでみてくださいね。

    なかやまきんに君
    筋肉芸人
    なかやまきんに君さんのコメント

    僕が成分表を見るときは、必ず人工甘味料や添加物の有無を確認しています!

    売れ筋の人気カゼインプロテイン全9商品を徹底比較!

    ここからは、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位のカゼインプロテイン9種類、21商品を全て購入し、どれが最も優れたカゼインプロテインなのか検証していきます。

    検証項目は以下の4項目としました。

      検証①:タンパク質含有率

      検証②:

      検証③:溶けやすさ

      検証④:腹持ち

    今回検証した商品

    1. MYPROTEIN|スロー リリース カゼイン
    2. GOLD'S GYM|ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン
    3. MuscleTech|ナイトロテックカゼインゴールド
    4. Real Style|ビーレジェンド カゼイン&ホエイ プロテイン 大人のミルクティー風味
    5. ボディプラスインターナショナル|ビッグカゼイン チョコレート
    6. Optimum Nutrition|100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン・クッキーズ&クリーム
    7. 森永製菓|ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味
    8. アルプロン|カゼインプロテイン100 チョコレート風味
    9. 健康体力研究所|Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ

    検証① タンパク質含有率

    タンパク質含有率
    まずは「タンパク質含有率」を検証します。

    パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】値段とタンパク質含有率は関係なし!

    【検証結果ハイライト】値段とタンパク質含有率は関係なし!

    今回の検証では、全て1kg前後のカゼインプロテインを用意。1000円台から5000円台まで、商品によって価格にバラつきがありましたが、値段が高いからタンパク質含有率も高くなることはありません


    また、タンパク質含有率の差による溶けやすさや腹持ちの変化も、ほぼ見られません。タンパク質含有率においては特に、商品ごとの見極めや何を重視して選ぶのかが肝となりそうです。

    検証② 味

    味
    次に検証するのは「味」です。

    今回の検証では、健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、21商品全てを試飲。その結果をもとに5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】カゼインのクセが抑えられるかがポイント!タンパク質含有率が低いと飲みやすいかも…?

    【検証結果ハイライト】カゼインのクセが抑えられるかがポイント!タンパク質含有率が低いと飲みやすいかも…?

    一概には言えないものの、タンパク質含有率が低いものほどおいしいと感じられる傾向にありました。カゼインプロテイン特有の味やニオイを抑えるために甘味や香りをしっかり付けることで、純度が低くなったのでしょう。


    しかしそれでも、カゼインプロテインならではの風味を完全に抑えられている商品はありません。ホエイやソイなど、ほかのプロテインと比べても味の評価がなかなか上がらないほど、カゼインプロテインのクセを抑えるのは至難の業です。

    検証③ 溶けやすさ

    溶けやすさ
    飲みやすさに繋がる「溶けやすさ」も検証します。

    味の検証同様、mybestスタッフ7名が全ての商品を試飲。ダマのできやすさや粘度などを、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】溶けやすさなら日本製が吉!ドロドロなのは諦めて

    【検証結果ハイライト】溶けやすさなら日本製が吉!ドロドロなのは諦めて
    プロテイン産業において、圧倒的に進んでいる海外よりも日本の製品のほうが、溶けやすさの評価が高くなるという予想外の展開に。フレーバーが違ったとしても同じ商品であれば、溶けやすさはほぼ変わりませんでした。


    ただプレーンやノンフレーバータイプの中には、コップを逆さまにしてもこぼれないほど粘度が高いものも。全体的にさらっと飲みやすいと思える商品は少なく、やはりそこはカゼインプロテイン。ドロドロとした飲み口の商品が多いです。

    検証④ 腹持ち

    腹持ち
    最後に、ゆっくりと体内に吸収されるカゼインプロテインだからこそ気になる「腹持ち」も検証します。

    毎朝8:00にメーカーが定める規定量を飲み、昼の12:00までどの程度満腹感が持続するか調査。お腹がすいた時刻やお昼に食べたくなったものなどで腹持ちの良さを総合的に判断し、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】甘味が強いと満足感も高い!しかし粘度の高さは腹持ちにはあまり影響せず

    【検証結果ハイライト】甘味が強いと満足感も高い!しかし粘度の高さは腹持ちにはあまり影響せず
    粘度が高いほうが腹持ちもよいのかと思いきや、カゼインプロテインの場合はドロっとしたものが腹持ちがよいとも限りません。中には、飲み応えや喉越しをよくするために、あえて粘度を高めている商品もありました。


    それよりも、腹持ちの良さにつながったのは味。甘味が強いと満足感が得られ、お昼まで間食せずに過ごせることが多い傾向にあります!

    No.1

    MYPROTEINスロー リリース カゼイン

    3,690円(税込)

    総合評価

    5.00
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 3.0

    含有量・味・溶けやすさ・腹持ち、すべてのバランスが取れたベストカゼインプロテイン

    カゼインプロテインのおすすめランキング第1位に輝いたのは、マイプロテインのスローリリースカゼイン。カゼインプロテインはホエイなどに比べて味や飲み心地の劣る商品の多い中、カゼインらしさの比較的少ない飲みやすさが高評価に繋がりました。


    少し粉っぽさはあるものの気になるほどではなく、どの味もそれぞれの風味がほどよくカゼインらしさを打ち消しています。とろみが弱く飲みやすさもありつつ、腹持ちのよさもそれなり。夜中の間食防止としては十分機能するレベルです。


    とりあえず迷ったらコレ!と、mybestが自信を持っておすすめするカゼインプロテインです。

    人工甘味料不使用
    No.2

    GOLD'S GYMホエイ&カゼイン ダブルプロテイン

    4,665円(税込)

    総合評価

    4.00
    • タンパク質含有量: 5.0
    • 味: 1.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 2.0

    ホエイとのミックスで成分高配合!飲みにくいときは牛乳・豆乳でお試しを

    ゴールドジムのホエイ&カゼインは、ミルクプロテインを利用しつつ、ホエイを混合して最終的にホエイ・カゼイン比率を1:1に仕上げています。今回検証した商品の中で1位のタンパク質含有を誇りながら、溶けやすさも申し分ないコスパ優秀なプロテインです。

    残念ながら2位となってしまった理由は、独特な味。薬品くささやバリウムのような見た目も手伝ってか、実際の味以上に抵抗を感じます。溶けやすさも活かしつつ、牛乳や調整豆乳で飲むと緩和されますよ。

    人工甘味料不使用
    No.3

    MuscleTechナイトロテックカゼインゴールド

    チョコレートシュープリーム

    4,328円(税込)

    総合評価

    4.00
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 4.0

    さらっと飲みやすいチョコと、腹持ちのよいバニラ。好みに合わせて

    マッスルテックのナイトロテックカゼインゴールドは、味の良さと腹持ちの良さが高評価。ただしバリエーションによってかなり評価が分かれますので、要チェックです。


    まずチョコレートシュープリームは、甘いけれどあまりチョコレート風味は感じない仕上がり。溶けやすくさらっとしているものの、後に多少ザラザラ感が残ります。クリーミーバニラは、どろっと粘度が高いため腹持ちはよいですが、変な甘さがあってやや飲むのが大変。目的や好みに合わせて検討してください。

    人工甘味料不使用
    No.4

    Real Styleビーレジェンド カゼイン&ホエイ プロテイン 大人のミルクティー風味

    4,580円(税込)

    総合評価

    3.00
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 4.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 3.0

    カゼイン特有の飲みにくさをカバー

    ビーレジェンドのカゼイン&ホエイは、カゼイン特有の飲みにくさをカバーしたと謳っている通りの飲みやすさが特徴です。


    いちごミルクはまさにいちごオレのような味わいで、大人のミルクティーは、コクはやや物足りないもののしっかりミルクティーの風味が感じられます。しかしあくまでも「カゼインプロテインにしては飲みやすい」レベルで、ジュースのようにごくごく飲めるほどではありません。

    人工甘味料不使用
    No.5

    ボディプラスインターナショナルビッグカゼイン チョコレート

    4,054円(税込)

    総合評価

    3.00
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 4.0
    • 腹持ち: 3.0

    定番のビッグカゼイン。量の多さと腹持ちの良さが魅力

    カゼインプロテインの中では定番の、バルクスポーツのビッグカゼイン。どのフレーバーもカゼインプロテインとしては飲みやすいと定評があるものの、カゼイン特有の甘ったるさが無いわけではありません。

    また規定量が多いため、息継ぎをして2回に分けて飲むイメージで摂取することに。そのぶん腹持ちはよく、空腹感を満たすのにはぴったりです。
    人工甘味料不使用
    No.6

    Optimum Nutrition100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン・クッキーズ&クリーム

    8,500円(税込)

    総合評価

    3.00
    • タンパク質含有量: 2.0
    • 味: 3.0
    • 溶けやすさ: 2.0
    • 腹持ち: 4.0

    減量中なら甘さが嬉しいフレーバー

    サプリメーカーとして知られるオプティマム・ニュートリション。カゼイン単体製品で、甘みが強い海外製のお菓子のような風味が特徴。チョコ味がしっかりと感じられ腹持ちもよいので、減量中に甘いものが欲しくなったときにも◎。ただタンパク質含有量は多くないので、コスパは期待できません。
    人工甘味料不使用×
    No.7

    森永製菓ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味

    3,649円(税込)

    総合評価

    2.00
    • タンパク質含有量: 3.0
    • 味: 3.0
    • 溶けやすさ: 3.0
    • 腹持ち: 2.0

    さらっとした喉越しでごくごく飲めるが、腹持ちもそれなり

    ウィダーのマッスルフィットプロテインは、よく溶けて水のように飲みやすく、喉越しもさらっとしています。薬っぽさがやや強いですが、カゼインとしては比較的抵抗なくごくごく飲めるほうでしょう。腹持ちもそれなりなので、就寝前に飲むにはもってこいです。
    人工甘味料不使用
    No.8

    アルプロンカゼインプロテイン100 チョコレート風味

    3,599円(税込)

    総合評価

    2.00
    • タンパク質含有量: 4.0
    • 味: 2.0
    • 溶けやすさ: 1.0
    • 腹持ち: 3.0

    膜を張るほどの粘度の高さ。腹持ちもいまいち

    豊富なタンパク質含有量が魅力の、アルプロンのカゼインプロテイン100。味気ないと思えるくらいの飲み口は飲みやすさにもつながりますが、粘度が高くプレーンにいたってはカップを逆さまにしてもなかなかこぼれないほど。それでいて、腹持ちもそこまでよくありません。
    人工甘味料不使用○(プレーンのみ×)
    No.9

    健康体力研究所Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ

    2,484円(税込)

    総合評価

    1.00
    • タンパク質含有量: 1.0
    • 味: 5.0
    • 溶けやすさ: 5.0
    • 腹持ち: 3.0

    タンパク質含有量が極端に少ない、増量用プロテイン

    ケンタイのニューウェイトゲインアドバンスは、名前の通り増量用のカゼインプロテインです。増量用といってもタンパク質含有量が極端に少ないため、筋肉を増やすというより純粋なカロリー摂取がメイン。味と溶けやすさはトップクラスなので、飲みやすさを重視するなら一考の余地があるでしょう。
    人工甘味料不使用×

    人気カゼインプロテインの検証結果比較表

    カゼイン単体を購入するならホエイも一緒に

    カゼインは単独で摂取するよりも、ホエイプロテインと一緒に摂取した方が高い効果を期待できます。もし、カゼイン単体の商品を選ぶなら、ぜひホエイプロテインの購入も検討してみましょう。以下の記事でもおすすめ商品をたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位のカゼインプロテインを徹底的に比較・検証しました。

    約7~8時間と、ゆっくり時間をかけて身体に吸収されるカゼインプロテインは、積極的に摂取したいアミノ酸であるグルタミンも豊富に含んでいます。この記事を参考にお気に入りのカゼインプロテインを手に入れて、トレーニングはもちろん日々の生活でも賢くカゼインプロテインを活用してみてくださいね!

    取材/文:近藤奈緒、写真:三浦晃一

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す