• 住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

住宅ローンのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

憧れのマイホームをゲットしよう、という時に、住宅ローンで頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?楽天銀行や住信SBIネット銀行などのネット系銀行から、三井住友信託銀行など店舗型銀行まで、様々な銀行で取り扱われていますね。しかし、金利や返済方法によっても月々の返済額が違ってくるので、どれが自分達に適しているのか判断が難しいところ。

こちらでは、住宅ローンの基本的な選び方から、人気の高い住宅ローンを紹介していきます。固定・変動に分けて、それぞれ10品ご紹介しますよ。憧れのマイホーム購入に向けて、ぜひぴったりの住宅ローンを選んでくださいね!
  • 最終更新日:2019年02月21日
  • 8,078  views
目次

住宅ローンの選び方

ランキングの前に、まずは住宅ローンの選び方についてご紹介していきます。

金利のタイプで選ぶ

住宅ローンを選ぶ上で最も皆が注目する部分は、金利ではないでしょうか?ここでは、固定金利と変動金利の2つについて、順に解説します。

金利の変動なし!家計管理のしやすさで選ぶなら「固定金利」

金利の変動なし!家計管理のしやすさで選ぶなら「固定金利」
住宅ローンを借りる時に、借りている間ずっと金利の変動がない方がいいという方は、「固定金利」を選ぶようにしましょう。住宅ローンを借りた時から、返し終わる時まで、常に金利が変わらないのが「固定金利」です。

借り始めてから一定期間(3年・5年・10年など)だけ固定金利にできるタイプのものもあります。後に紹介する変動金利に比べて、返済金額がずっと変わらない魅力はありますが、固定の期間が長くなればなるほど、金利が高くなるようになっているので注意してくださいね。

また、一定の条件を満たしていれば借りることができる「フラット35」も、35年間固定が続く商品で、他の固定金利よりも低い金利になっているので人気がありますよ。

低金利でスタートできるのが魅力!その後のリスクを許容できるなら「変動金利」

低金利でスタートできるのが魅力!その後のリスクを許容できるなら「変動金利」
何よりもまず、支払い金額を減らしたい、という方は、金利が最も低い「変動金利」がおすすめです。ただし、その名の通り半年に一度金利が見直され金利が変動する可能性があるため、世の中の動きによって返済額が上がるかもしれないデメリットがあります。

もちろん下がるかもしれないメリットもありますし、超低金利時代の今、変動金利を選んで返済額を抑えることで貯金をして備える、という考え方も1つですね。返済額が増えても返済額が動かない方がいいのか、とにかく返済額を減らして蓄えを作る方がいいのか、自分のお金の使い方や家計を見直してしっかりと選ぶようにしましょう。

金利以外のコストも!「融資事務手数料」をチェック

金利以外のコストも!「融資事務手数料」をチェック
ローンを融資してもらう上で、契約の際にもお金がかかります。どの住宅ローンを選ぶかによって事務手数料は異なりますので、どのくらいかかるのかもよくチェックして選びましょう!

融資事務手数料は、借入金額によって変動する低率型といくら借りても手数料が変わらない定額型があります。例えば3000万円を借り入れするとして、その2%を手数料として支払うという低率型のローンなら、60万円の事務手数料となりますね。

それに対して、定額型は、2~3万円程度の安価な手数料を最初に支払い、その分金利が0.1~0.2程度上乗せされる場合が多いです。初期費用に大きいお金を支払うのは大変ですが、長期借入をする場合は低率型の方が総支払い額は安くなることもあるので、借入金額や年数からしっかりと計算してみましょう。

返済方法に注目して選ぶ

どの住宅ローンを選ぶかによって、元金の返済の仕方が変わってくる場合もありますので、返済方法についてもチェックしておきましょう。

月々の支払いリスクを減らしたいなら「元利均等返済」

月々の支払いリスクを減らしたいなら「元利均等返済」
毎月の支払いリスクを減らしたいなら、支払額が一定になる「元利均等返済」がおすすめです。利息と元金を合わせたものが毎月の返済額になりますが、こちらのタイプは借入初めから終わりまで返済額が同じになるように設定されます。

借入した初期のころは利息の割合が多く、だんだんと元金の割合が多くなっていく仕組みなので、初めは返済しているけれど思ったよりも元金が減っていない…となるのがデメリットです。とはいえ、返済額が安定する方が家計管理もしやすいので、ローン契約者の多くはこちらのタイプで契約しています。

総支払額を少なくしたいなら「元金均等返済」

総支払額を少なくしたいなら「元金均等返済」
どんどんと元金を減らしていきたい方におすすめなのが、「元金均等返済」です。名前の通り、返済期間の中で、元金を均等に分割してそこに利息を上乗せするので、元金が多いうちは利息も多く返済額が大きくなります。

元金が減るにつれて返済額が下がっていくのが特徴で、支払期間中の返済額が一定でないのがデメリットです。しかし、元利均等返済に比べて、しっかりと頭から元金を減らしていけるので、返済額が多くなる時期があっても困らない!という方は元金均等返済の方が総支払額は抑えられますよ。

プラスαのサービス内容も見逃せない

プラスαのサービス内容も見逃せない
医療保険を付けられたり、様々な手数料が無料になっているなど、各社がおすすめポイントとして力をいれている部分をチェックして、自分の返済に有利な商品を探しましょう。万一の病気のための保障や手数料関係は、比較的多くの商品で取り扱われていることが多いです。

病気のための保障は、付けると金利が上乗せになるのか、そのままの金利で全員が適用できるのかもポイントになりますよ。また、例えばイオン銀行ならイオンでもお買い物がお得になったり、KDDI系列のじぶん銀行なら、au携帯とのセット割があるなど、各社特有のサービスもあるので、自分が受けられるかをチェックしてみてくださいね。

【固定金利】住宅ローンの人気ランキング5選

ここからは、「固定」と「変動」の2つの金利タイプに分けて、人気の住宅ローンをランキングにしますね。まずは、金利の変動がなくて安心な、固定金利からご紹介します。
5位
住宅ローン 三井住友信託銀行 住宅ローン10年固定

三井住友信託銀行住宅ローン10年固定

金利(平成30年5月現在)0.70%(当初引き下げタイプ)
融資事務手数料借入金額の2.16%(税込)
返済方法元利均等・元金均等
借入金額100万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
4位
住宅ローン ソニー銀行 住宅ローン10年固定

ソニー銀行住宅ローン10年固定

金利(平成30年5月現在)0.969%
融資事務手数料43200円
返済方法元利均等
借入金額500万円以上~1億円以内
借入期間1年以上35年以内
3位
住宅ローン 住信SBIネット銀行 住宅ローン10年固定
出典:netbk.co.jp

住信SBIネット銀行住宅ローン10年固定

金利(平成30年5月現在)0.720%
融資事務手数料融資金額の2%+消費税
返済方法元利均等・元金均等
借入金額500万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
2位

イオン銀行住宅ローン10年固定

金利(平成30年5月現在)0.69(当初引き下げタイプ)
融資事務手数料定額:108000円・定率:お借入れ金額の2.16%
返済方法元利均等返済
借入金額200万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
1位

じぶん銀行住宅ローン10年固定

金利(平成30年5月現在)0.64%(当初引き下げタイプ)
融資事務手数料借入金額に対して2.16%(税込)
返済方法元利均等・元金均等(途中変更不可)
借入金額500万円以上1億円以下
借入期間1年以上35年以内

【変動金利】住宅ローンの人気ランキング5選

続いて、変動金利タイプの商品のご紹介です。金利の低さと合わせて、各社の魅力をご紹介しますね!
5位
住宅ローン 楽天銀行 住宅ローン変動

楽天銀行住宅ローン変動

金利(平成30年5月現在)0.527%
融資事務手数料324000円
返済方法元利均等・元金均等
借入金額500万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
4位
住宅ローン ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン

ソニー銀行変動セレクト住宅ローン

金利(平成30年5月現在)0.457%
融資事務手数料借入金額×2.16%(税込)
返済方法元利均等返済
借入金額500万円以上1億円以下
借入期間1年以上35年以下
3位

イオン銀行住宅ローン変動

金利(平成30年5月現在)0.570%
融資事務手数料定額:108000円・定率:お借入れ金額の2.16%
返済方法元利均等
借入金額200万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
2位
住宅ローン 住信SBIネット銀行 住宅ローン変動
出典:netbk.co.jp

住信SBIネット銀行住宅ローン変動

金利(平成30年5月現在)0.457%
融資事務手数料融資金額の2%+消費税
返済方法元利均等・元金均等
借入金額500万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内
1位

じぶん銀行住宅ローン変動

金利(平成30年5月現在)0.457%
融資事務手数料借入金額×2.16%(税込)
返済方法元利均等・元金均等
借入金額500万円以上1億円以内
借入期間1年以上35年以内

お引越しの段取りも忘れずに

住宅ローンも決まって一安心!ここで、引っ越し準備の段取りも確認しておきましょう。以下の記事では、お引越しに役立つさまざまなサービスをご紹介しています。忙しくなる前にしっかりチェックして、スムーズな新生活を迎えて下さいね!

まとめ

住宅ローンの記事は、参考になりましたか?奥が深い住宅ローン選び。今回は、基本的なポイントしか紹介できていないので、これらを理解した上で自分の状況に合わせて各社のウリをチェックしてみてほしいと思います。人生で最も大きな買い物になる方が大半の、マイホーム。後悔の前に内容をしっかりと検討して、気持ちよくローンを契約してくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す