【徹底比較】海外製プロテインのおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】海外製プロテインのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気海外製プロテイン23商品全て購入し、徹底的に比較しました!

海外製プロテインの魅力はなんと言っても、その値段の安さとプロテインに対する意識の高さ。日本よりも進んでいる海外製プロテインだからこそホエイ・ソイなどの種類や、味のバリエーションも豊富です。ただ日本製とは配合されている成分も異なるため、安全なのか、一体どれが本当に優秀でおすすめの商品なのか気になっている方も多いはず。


そこで今回はコンバットやマイプロテインなど、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の海外製プロテイン10種類、23商品を全て購入し、最もおすすめの海外製プロテインを決定したいと思います。


検証は、全ての商品を実際に飲んで以下の3点を比較・検証しました。

  1. タンパク質含有
  2. 溶けやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

なかやまきんに君
全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年05月30日
  • 275,318  views
目次

なかやまきんに君が選び方を監修!

今回は、筋肉芸人そしてボディビルダーとしてご活躍中のなかやまきんに君に、海外製プロテインの選び方を取材しました。

なかやまきんに君が選び方を監修!
<取材協力:なかやまきんに君>

お笑い芸人・ボディビルダー。東京オープンボディビル選手権第23回準優勝、第24回準優勝。自身のトレードマークである肉体を鍛えるため、アメリカへの筋肉留学を経てサンタモニカ市立大学運動生理学部を卒業。


筋肉の知識や筋トレの方法をわかりやすく発信している『ザ☆きんにくブログ』も人気が高く、自身がプロデュースしたプロテイン「ザ・プロテイン」も発売されている。2018年10月26日に学研プラスより初の著書「ウケる筋トレ」を出版。


・Youtubeチャンネル「ザ・きんにくTV」

Instagram

海外製プロテインの選び方

比較検証の前に、まずは海外製プロテインを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

①プロテインの種類で選ぶ

①プロテインの種類で選ぶ
プロテインには大きく分けてホエイ・カゼイン・ソイの3種類がありますが、大きな違いは「原料」と「吸収の早さ」にあります。

牛乳からできているのがホエイとカゼイン、大豆が原料になっているのがソイプロテインです。また筋トレの前後には吸収が早いホエイプロテイン、就寝時には吸収がゆっくりのソイプロテインやカゼインプロテインを摂取するのがおすすめです。それぞれのプロテインを使い分ければ、より筋トレの効果を実感できるはずですよ。

なかやまきんに君
筋肉芸人
なかやまきんに君さんのコメント

ほかにも玄米・ヘンププロテイン・植物性プロテインなど、日本では見かけない種類があるのも、海外製プロテインならではですね。さまざまなプロテインが販売されているので、どんな人でも自分に合ったプロテインが手に入ります!


筋肉留学でアメリカに行った際、スーパーや空港、さらにはガソリンスタンドにまでプロテイン製品が売られていて、とても驚きました!

②タンパク質含有率で選ぶ

②タンパク質含有率で選ぶ
プロテインを選ぶ際になにより重視すべきなのは、配合されているタンパク質量が多いこと。タンパク質含有率85%以上を目安に、1回のプロテインの摂取で効率よくタンパク質を取り込んでいきましょう。

また筋トレ・身体作りに重要なアミノ酸であるBCAA・グルタミンが配合されているかどうかも併せてチェックしてみるのもおすすめです。

なかやまきんに君
筋肉芸人
なかやまきんに君さんのコメント

トレーニングやダイエットなど関係なく、どんな人でも85%を目安に選んでほしいですね!もちろん体重を増やしたい方は、タンパク質量にこだわらなくても大丈夫ですよ!

③味で選ぶ

③味で選ぶ
プロテインは飲み続けなければ意味がありません。続けるためにも、なるべくおいしい物を選びたいところですが、海外製プロテインは甘い味が好まれる傾向にあり、日本人の舌にあわない場合があるため要注意。レビュー等を参考に、好みの味を選ぶのが得策でしょう。

とは言え、海外製プロテインは味のバリエーションが非常に多彩なのもメリットの1つ。代表的なチョコ・ココア・バニラ・ストロベリーに加え、バナナ・ピーナッツバター等の変わり種まであるので、まずは試しに少量サイズから飲んでみることをおすすめします。
なかやまきんに君
筋肉芸人
なかやまきんに君さんのコメント

いろんな海外製プロテインを飲みましたが、やはり日本製よりも甘みが強いですね。特にアメリカは日本よりもプロテインに関する意識が進んでいるので、味もおいしいものが多く、種類も豊富です!

④成分で選ぶ

④成分で選ぶ
成分にも注目することで、自分に合った海外製プロテインの特徴がより明確になります。人工甘味料の有無や炭水化物や脂質量、さらにはグルテンフリーなのかなどもチェックしておきましょう。

しかし海外製ゆえに、日本とは配合されている成分の基準が異なることも。商品によっては日本では禁止されている成分が入っている場合もあるため、しっかりと成分表や注意書きを確認したうえで購入してください。

なかやまきんに君
筋肉芸人
なかやまきんに君さんのコメント
日本とは基準が違うだけでなく表記も英語なので、英語が理解できないと何が入っているかわからないというリスクもあります。

日本では禁止されている成分が入っていると知らずに飲んでしまったら、ボディビルの大会でドーピング検査に引っかかってしまう可能性もあるので、注意書きをじっくり読んでから摂取するようにしてくださいね!

⑤値段や発送法で選ぶ

⑤値段や発送法で選ぶ

海外製プロテインの魅力の1つに、国内製品よりの値段が安い点が挙げられます。経済的な負担にならないように、まずは価格の安い商品を選んでみるのも1つの手です。


また海外製プロテインは、Amazon等で購入した場合でも、到着まで1週間以上かかることは珍しくありません。すぐに必要な方やトラブルが心配という方は、国内から発送されているものを選ぶのが無難です。

なかやまきんに君
筋肉芸人
なかやまきんに君さんのコメント

消費量が多いからこそ、海外製プロテインは安価で販売できています。容量が多いほど値段も安くなるので、コストを抑えたい方は、一度に2kgなど大量に購入してみるのがいいと思いますよ!

売れ筋の海外製プロテイン全23商品を徹底比較!

売れ筋の海外製プロテイン全23商品を徹底比較!

ここからは、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の海外製プロテイン10種類、23商品を全て購入し、どれが最も優れた海外製プロテインなのか検証していきます。

<今回検証した商品>

【ホエイプロテイン】
  1. MyProtein Impact ホエイプロテイン (ナチュラルチョコレート/ナチュラルバニラ/ナチュラルストロベリー)
  2. Muscle Pharm コンバット 100%ホエイ プロテイン (チョコレートミルク/バニラ/ストロベリー)
  3. Optimum Nutrition ゴールドスタンダート 100% ホエイ エクストリーム (ミルクチョコレート)
  4. チャンピオンニュートリション チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック (バニラ)
  5. Optimum Nutrition パフォーマンスホエイ (チョコレートシェイク)
  6. BSN シンサ-6 アイソレート (チョコレートミルクシェーキ)

【カゼインプロテイン】

  1. Optimum Nutrition 100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン (クッキーズ&クリーム/クリーミーバニラ/ストロベリークリーム)
  2. Myprotein スロー リリース カゼイン (ノンフレーバー/チョコレート/バニラ/ストロベリー)
  3. MuscleTech ナイトロテックカゼインゴールド (チョコレートシュープリーム/クリーミーバニラ)

【ソイプロテイン】

  1. Myprotein ソイプロテイン アイソレート (ノンフレーバー/チョコレートスムーズ/バニラ/ストロベリークリーム)

  2. 上記の選び方のポイントを踏まえて、検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:タンパク質含有

    検証②:

    検証③:溶けやすさ

検証①:タンパク質含有率

検証①:タンパク質含有率
まずは「タンパク質含有率」を検証します。

パッケージの裏面に記載されているタンパク質含有量などから、タンパク質含有率を計算して導き出し、A+~Dの5段階で評価しました。

【検証結果ハイライト】値段に惑わされずにタンパク質含有率を見極めて

【検証結果ハイライト】値段に惑わされずにタンパク質含有率を見極めて

今回の検証では「タンパク質含有率が高いから高価である」という方程式が成り立たない結果となりました。安価でも、満足できるタンパク質含有率の商品は見つかります


またタンパク質含有率が高いからまずい・溶けにくいというわけでもなく、味や飲みやすさがタンパク質の含有量に直接影響を及ぼすことはほぼありません。

検証②:味

検証②:味
次に検証するのは「味」です。健康に対する意識の高いmybestスタッフ7名が、23商品全てを試飲し、その結果をもとにA+~Dの5段階で評価しました。

今回の検証では、フレーバー違いの商品を複数用意。味の比較をしやすいように、可能な限りノンフレーバー・ココア・バニラ・ストロベリーのフレーバーを揃えています。

【検証結果ハイライト】バニラやチョコ系が無難。水で溶かしても甘みは十分

【検証結果ハイライト】バニラやチョコ系が無難。水で溶かしても甘みは十分

味のバリエーションが豊富な海外製プロテインですが、王道のバニラ味やチョコ系の味はハズレが少ない印象でした。


とは言っても、やはり甘みが強い海外製プロテイン。水で溶かしたにも関わらず十分すぎるほどの甘みがあり、甘さが苦手な人にとっては、1回分を飲み切るのも辛いようです。

検証③:溶けやすさ

検証③:溶けやすさ
最後に「溶けやすさ」を検証します。

味の検証同様、mybestスタッフ7名が全ての商品を試飲。ダマのできやすさや粘度などを、A+~Dの5段階で評価しました。

【検証ハイライト】粘度が高いものが多い傾向に。気になる場合は水分量を増やして

【検証ハイライト】粘度が高いものが多い傾向に。気になる場合は水分量を増やして

日本製のプロテインに比べて粘度の高いものが多く、粉っぽさよりものど越しが気になる結果に。溶け切ってはいるもののドロドロしていて飲みにく製品もあったので、その場合は規定より多めの水で溶かすなどの対策が必要です。

【最終結果】海外製ホエイプロテインのおすすめ人気ランキングBEST6

ここからは各検証結果を踏まえて、海外製プロテインのおすすめ人気ランキングをタイプ別に発表します!


今回は全ての商品をA+~Dの5段階で評価し、最も高評価だった商品をmybestがおすすめするベストバイ海外製プロテインとしました。まずはホエイプロテインのランキングから見ていきましょう!

6位
海外製プロテイン Champion Nutrition チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ 1枚目
出典:amazon.co.jp

Champion Nutritionチャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ

5,270円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率C(70%)
D
溶けやすさC
総合評価D
5位
海外製プロテイン Optimum Nutrition パフォーマンスホエイ チョコレートシェイク 1枚目
出典:amazon.co.jp

Optimum Nutritionパフォーマンスホエイ チョコレートシェイク

4,320円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率D(56.4%)
B
溶けやすさC
総合評価C
4位
海外製プロテイン BSN シンサ-6 アイソレート チョコレートミルクシェーキ 1枚目
出典:amazon.co.jp

BSNシンサ-6 アイソレート チョコレートミルクシェーキ

3,310円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率C(65.8%)
A+
溶けやすさC
総合評価B
3位
海外製プロテイン オプティマムニュートリション Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート 1枚目
出典:amazon.co.jp

オプティマムニュートリションGold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート

4,286円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率A(75%)
A
溶けやすさB
総合評価A
2位
海外製プロテイン Muscle Pharm コンバット 100%ホエイ プロテイン 1枚目
出典:amazon.co.jp

Muscle Pharmコンバット 100%ホエイ プロテイン

チョコレートミルク風味

5,200円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率A(75.8%)
A(チョコレートミルク・バニラ・ストロベリー)
溶けやすさA
総合評価A
1位
人工甘味料
タンパク質含有率A(76%)
A+(ナチュラルチョコレート・ナチュラルバニラ・ナチュラルストロベリー)
溶けやすさA
総合評価A+

おすすめ人気海外製ホエイプロテインの比較一覧表

商品画像
1
海外製プロテイン MyProtein Impact ホエイプロテイン バニラ 1枚目

MyProtein

2
海外製プロテイン Muscle Pharm コンバット 100%ホエイ プロテイン 1枚目

Muscle Pharm

3
海外製プロテイン オプティマムニュートリション Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート 1枚目

オプティマムニュートリション

4
海外製プロテイン BSN シンサ-6 アイソレート チョコレートミルクシェーキ 1枚目

BSN

5
海外製プロテイン Optimum Nutrition パフォーマンスホエイ チョコレートシェイク 1枚目

Optimum Nutrition

6
海外製プロテイン Champion Nutrition チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ 1枚目

Champion Nutrition

商品名

Impact ホエイプロテイン バニラ

コンバット 100%ホエイ プロテイン

Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート

シンサ-6 アイソレート チョコレートミルクシェーキ

パフォーマンスホエイ チョコレートシェイク

チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ

特徴味も溶けやすさも抜群!海外製プロテインデビューにも最適癖のない甘さで飲みやすい。含有量で選ぶならバニラかスト...世界シェア1位の信頼感。BCAA・グルタミン配合で筋ト...どろどろとした粘度の高さ。味は悪くないが飲みにくいタンパク質含有率ワースト。味は好みが分かれるところ塩味を感じるほどの甘さと薬品のような苦み
価格6,450円(税込)5,200円(税込)4,286円(税込)3,310円(税込)4,320円(税込)5,270円(税込)
人工甘味料
タンパク質含有率A(76%)A(75.8%)A(75%)C(65.8%)D(56.4%)C(70%)
A+(ナチュラルチョコレート・ナチュラルバニラ・ナチュラルストロベリー)A(チョコレートミルク・バニラ・ストロベリー)AA+BD
溶けやすさAABCCC
総合評価A+AABCD
商品リンク

【最終結果】海外製カゼインプロテインのおすすめ人気ランキングBEST3

次に発表するのは、カゼインプロテインのランキングです!
3位
海外製プロテイン オプティマムニュートリション 100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム 1枚目
出典:amazon.co.jp

オプティマムニュートリション100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム

8,500円 (税込)

人工甘味料×
タンパク質含有率C(72.7%)
B
溶けやすさC
総合評価B
2位
海外製プロテイン MuscleTech ナイトロテックカゼインゴールド チョコレートシュープリーム 1枚目
出典:amazon.co.jp

MuscleTechナイトロテックカゼインゴールド チョコレートシュープリーム

5,978円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率B(75%)
A
溶けやすさC
総合評価A
1位
海外製プロテイン MYPROTEIN スロー リリース カゼイン チョコレート 1枚目
出典:myprotein.jp

MYPROTEINスロー リリース カゼイン チョコレート

2,590円 (税込)

人工甘味料
タンパク質含有率A(78%)
A
溶けやすさA+
総合評価A+

おすすめ人気海外製カゼインプロテインの比較一覧表

商品画像
1
海外製プロテイン MYPROTEIN スロー リリース カゼイン チョコレート 1枚目

MYPROTEIN

2
海外製プロテイン MuscleTech ナイトロテックカゼインゴールド チョコレートシュープリーム 1枚目

MuscleTech

3
海外製プロテイン オプティマムニュートリション 100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム 1枚目

オプティマムニュートリション

商品名

スロー リリース カゼイン チョコレート

ナイトロテックカゼインゴールド チョコレートシュープリーム

100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム

特徴サラッとしたのど越しで飲みやすい!味もしっかりチョコレートしっかりしたのど越しで腹持ちも◎!程よい甘みも飲みやす...お菓子のような甘み。抜群の腹持ちの良さで減量中も嬉しい
価格2,590円(税込)5,978円(税込)8,500円(税込)
人工甘味料×
タンパク質含有率A(78%)B(75%)C(72.7%)
AAB
溶けやすさA+CC
総合評価A+AB
商品リンク

【最終結果】おすすめの海外製ソイプロテイン

最後に、おすすめの海外製ソイプロテインもご紹介します!


商品数が少なかったため、今回は人気の1商品のみを検証しています。

1位
海外製プロテイン Myprotein ソイプロテイン アイソレート チョコレートスムーズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

Myproteinソイプロテイン アイソレート チョコレートスムーズ

2,127円 (税込)

人工甘味料ノンフレーバーのみ×
タンパク質含有率A+(90%)
C(チョコレートスムーズ・バニラ・ストロベリークリーム・ノンフレーバー)
溶けやすさD
総合評価B

まとめ

今回は、売れ筋上位の海外製プロテインを徹底的に比較・検証しました。

海外製プロテインはボトル製の商品が多いためか、プロテインの中にスプーンが埋もれてしまっていることが多く、検証中にスプーンを見つけるのに苦労しました。しかし付属のスプーンがないというわけではないので「スプーンが入っていない」と諦めず、容器の中をくまなく探してみてくださいね!


取材/文:近藤奈緒、写真:三浦晃一

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す