• ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】のアイキャッチ画像1枚目
  • ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】のアイキャッチ画像2枚目
  • ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】のアイキャッチ画像3枚目
  • ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】のアイキャッチ画像4枚目
  • ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】のアイキャッチ画像5枚目

ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選【プレイスタイルに合う選び方も解説】

FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)やMMO(多人数同時参加型オンラインゲーム)のプレイヤーに欠かせない「ゲーミングキーボード」。無線タイプや静音設計、テンキーレスなどゲームに特化した仕様が魅力です。人体工学に基づいたものはプログラマーにも人気。しかし赤軸や青軸、PS/2といった聞き慣れない用語も多く、初心者にとっては選びにくいものです。

そこで今回は、ゲーミングキーボードの選び方を解説。それを踏まえて、人気商品をランキングでご紹介します。キーボード1つでプレイ環境が大きく変わりますよ。ぜひ最適なものを選んでゲームの腕を磨いちゃいましょう!

  • 最終更新日:2020年04月08日
  • 274,148  views
目次

ゲーミングキーボードの選び方

まずは、軸・キーの種類・搭載された機能などからゲーミングキーボードを選ぶポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「メカニカル式」はキー軸の色がポイント

メカニカル式キーボードのキー軸には、赤・青・茶・黒と主に4色あり、押下時の感触もそれぞに特徴があります。打鍵感やタイピング時の音などをチェックして、自分のプレイスタイルに合わせて選んでみましょう。

指が疲れにくく、長時間プレイに最適な「赤軸」

指が疲れにくく、長時間プレイに最適な「赤軸」
赤軸は、ゲームをプレイする時間が長い方や、疲れにくいものをお探しの方におすすめです。キー押下時の感触が最も軽く、カチッとしたクリック感がないところが特徴。また打鍵音も静かです。

ただ打鍵感が弱いために、叩くようにしてタイピングする方には物足りなさがあるかもしれません。

押下時の手ごたえを感じられる「青軸」

押下時の手ごたえを感じられる「青軸」
タイピング時に爽快感を求める方は、青軸を選びましょう。キーを押下した際にしっかりと跳ね返るため手ごたえを感じやすく、叩くようにしてタイピングする方には満足度が高いと言えます。

ただ打鍵音が大きめで、静かな場所での使用には向いていません。音を気にせずプレイできる環境での使用がおすすめです。

「茶軸」は、初心者でも使いやすいバランス型

「茶軸」は、初心者でも使いやすいバランス型
初めてゲーミングキーボードを使うという初心者には、茶軸をおすすめします。茶軸は赤軸と青軸のちょうど中間のような位置づけで、赤軸よりもしっかりとしたクリック感がありながらも、青軸よりも音が控えめです。

赤軸と青軸のいいとこどりのような存在ですから、まずは茶軸を使ってみて、より軽いタッチで操作したいなら赤軸、軽快なタイピングが好みなら青軸に移行すると良いでしょう。

高速タイピングを求める上級者向けの「黒軸」

高速タイピングを求める上級者向けの「黒軸」
瞬発力を求められるゲームでは、いかに高速でタイピングできるかも重要です。黒軸のゲーミングキーボードは、キー押下時の反応が素早く、音も比較的静かなのが特徴。

とにかく高速で打ちたい!というプレイヤーのニーズに応えてくれます。ただ疲れやすいという一面もあるので、ゲームに慣れている上級者向けと言えます。

なじみ深い「メンブレン式」は安価で初めての1台にぴったり

なじみ深い「メンブレン式」は安価で初めての1台にぴったり
普段からキーボードを使ったパソコン作業が多い方には、メンブレン式がおすすめです。メンブレン式は一般のパソコンでもおなじみのキースイッチで、使い慣れた感触でタイピングしたい方に向いています。

押下時の爽快感はありませんが、価格が安いので、手始めにゲーミングキーボードを使ってみたいという方にぴったりでしょう。

静音性に優れ、薄型で収納しやすい「パンタグラフ式」

静音性に優れ、薄型で収納しやすい「パンタグラフ式」
同居している家族や近隣などに気兼ねなく夜間もプレイしたい方には、パンタグラフ式をおすすめします。キーストローク(キーを押した際の沈み込み)が浅いためタイピングが軽く、音も控えめです。

キーボード自体が薄いので、立ててパソコン横に収納することも可能。押下時の力が分散されやすいので高耐久なところも魅力です。

「静電容量無接点方式」は壊れにくく、爽快な打ち心地

「静電容量無接点方式」は壊れにくく、爽快な打ち心地

爽快な打ち心地を求める方は静電容量無接点方式がおすすめ。これは物理的な接点がないキースイッチなので、摩耗が少なく軽やかなタイピングを実現。また接点がないことで壊れにくいため、比較的長く使い続けることができます。


ただし、性能が優れている分製造費が高騰するため、高価で販売されていることがほとんどです。

PS/2?USB?無線?接続方式はゲーム内容や接続機器に合わせて

キーボードの接続方式はとても重要。キーの反応をどれだけ素早く送信できるかが左右されます。以下に、送信容量が大きい順に紹介しますので、あなたのゲーム内容に合うものを選びましょう。

高速送信可能な「PS/2」ならFPSで有利に戦える

高速送信可能な「PS/2」ならFPSで有利に戦える

FPSなど素早くたくさんのキー入力を要求されるゲームでは、USBよりもより多くのキーを同時押しできるPS/2を選びましょう。キー押下時の反応が素早く伝わり、コマンド入力をスムーズに進められます。また、複数のキーの同時押しにも対応しています。


起動中にコードの抜き差しができませんので、別端末で使う場合などは一旦パソコンの電源を落とす必要があります。

パソコンだけでなくPS4などにも対応できる「USB」

パソコンだけでなくPS4などにも対応できる「USB」
複数の端末で使用する方には、USB方式をおすすめします。差し込むだけですぐに接続でき、パソコンだけでなくPS4などのゲーム機にも手軽に使用可能。起動中にコードの抜き差しができるところも使いやすいですね。

ただ同時入力の反映には上限があり、多数のキーを同時押しできるほどの容量がありません。しかしそこまで多くのキーを使うシーンはごく稀、6キーほど同時押しできれば十分、という方ならUSB接続でも問題なくプレイできるでしょう。

のんびり楽しむなら「無線(Bluetooth)式」が便利

のんびり楽しむなら「無線(Bluetooth)式」が便利
デスク上に捉われず、ベッドやソファに寝転んでプレイしたい方には、Bluetoothを使った無線式がおすすめです。コードを気にする必要がなく、自由なスタイルで楽しめることがメリット。

ただどうしても遅延が生じやすいので、FPSには向きません。のんびり遊べるMMOなどに向いています。

「Nキーロールオーバー」と「アンチゴースト」はスピード重視のゲームに必須

「Nキーロールオーバー」と「アンチゴースト」はスピード重視のゲームに必須
素早い操作が必要なゲームでは、入力ミスが命取りとなります。これを防ぐには、「Nキーロールオーバー機能」と「アンチゴースト機能」を搭載したものを選ぶようにしましょう。Nキーロールオーバーはキーの同時押しを認識する機能。アンチゴースト機能は誤認識を防ぐ機能です。

つまり、Nキーロールオーバーとアンチゴースト機能が同時搭載されていれば、複数のキーを素早くタイピングした際も認識ミスを起こしにくく、より有利にゲームを展開することができるでしょう。

スキル発動など、操作の時短には「マクロ機能」が便利

スキル発動など、操作の時短には「マクロ機能」が便利
マクロ機能が搭載されたキーボードでは、よく使うスキル発動コマンドなどをGキーに登録すれば、ワンタッチで操作することが可能です。ゲームをよりスムーズにしたいのならマクロ専用キーのついたモデルを検討するといいでしょう。

またゲームへのログイン時などは、アカウント入力が意外と面倒。マクロでパスワードやID登録しておけば、誤入力もなくスピーディにログインできますよ。

海外ゲームには英語、チャットありなら日本語を。キー配列も重要

海外ゲームには英語、チャットありなら日本語を。キー配列も重要
ゲーミングキーボードはほぼ英語配列。ほとんどのゲームは英語配列で問題なくプレイできます。海外ゲームもわざわざキーの割り当てを変更する必要がなく、そのまま楽しむことができます。

しかし、他プレイヤーと日本語でチャットしながらゲームを楽しむ場合、英語配列では入力しにくいことがあります。自分のプレイススタイルに合わせて、英語配列・日本語配列のどちらがいいのか見極めましょう。

テンキーレスならコンパクト。マウス必須のゲームに最適

テンキーレスならコンパクト。マウス必須のゲームに最適
右端にテンキーを設けていないテンキーレスキーボードは、小スペースで使えるので、マウス必須のゲームにおすすめです。キーボードの占領する場所が小さいため、マウス操作に切り替える際もスムーズですよ。小さいので持ち運びもしやすく、外出先で楽しむ場合にも便利です。

バックライト機能があると暗い場所でも見やすい

バックライト機能があると暗い場所でも見やすい
暗い場所でプレイする方には、バックライトキーボードがおすすめ。キートップの文字が浮かび上がるため暗い部屋でも見やすいのが魅力。部屋の明かりを落としてゲームの世界に没入したい方には、まさにぴったりでしょう。

文字を印字してあるキーとは異なり、タイピングによる文字の薄れがないのもメリットです。

ゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のゲーミングキーボードをランキング形式でご紹介していきます。細かな違いも使い心地に大きく影響してくるので、選び方も参考にしながら自分に合ったものを見つけてくださいね!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月30日時点) をもとにして順位付けしています。

10位
キー構造ゲーミンググレード メンブレンキースイッチ
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能
キー配列日本語
テンキー
バックライト機能
9位
キー構造メカニカル式(青軸)
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能
キー配列日本語
テンキー
バックライト機能
8位
キー構造-
接続方式-
Nキーロールオーバー機能-
アンチゴースト機能-
マクロ機能-
キー配列英字
テンキー
バックライト機能
7位
キー構造メカニカル式(Romer-Gタクタイル)
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能
キー配列日本語
テンキー
バックライト機能
6位
キー構造メンブレン式
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能-
マクロ機能-
キー配列日本語
テンキー
バックライト機能
5位
キー構造メカニカル式(OmniPoint)
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能-
キー配列日本語
テンキー-
バックライト機能
4位
キー構造Cherry MX RGB Red
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能
キー配列日本語
テンキー×
バックライト機能
3位
キー構造GXメカニカルスイッチ
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能-
アンチゴースト機能-
マクロ機能
キー配列日本語
テンキー×
バックライト機能
2位
ゲーミングキーボード GameSir VX AimSwitch E-sportsゲーミングコンボ 1枚目
出典:amazon.co.jp

GameSirVX AimSwitch E-sportsゲーミングコンボ

10,099円

キー構造メカニカル式(青軸)
接続方式ワイヤレス
Nキーロールオーバー機能-
アンチゴースト機能-
マクロ機能
キー配列英語
テンキー-
バックライト機能-
1位
キー構造メンブレン式
接続方式USB
Nキーロールオーバー機能
アンチゴースト機能
マクロ機能-
キー配列日本語
テンキー
バックライト機能

人気ゲーミングキーボードの比較一覧表

商品画像
1
ゲーミングキーボード Logicool(ロジクール) RGBゲーミングキーボード 1枚目

Logicool(ロジクール)

2
ゲーミングキーボード GameSir VX AimSwitch E-sportsゲーミングコンボ 1枚目

GameSir

3
ゲーミングキーボード Logicool G(ロジクール G) PRO X 1枚目

Logicool G(ロジクール G)

4
ゲーミングキーボード Corsair K65 LUX RGB 1枚目

Corsair

5
ゲーミングキーボード SteelSeries Apex Pro TKL JP 1枚目

SteelSeries

6
ゲーミングキーボード NPET  ゲーミングキーボード 3枚目

NPET 

7
ゲーミングキーボード Razer BlackWidow JP 1枚目

Razer

8
ゲーミングキーボード STARABA ゲーミングキーボードマウスセット 1枚目

STARABA

9
ゲーミングキーボード Logicool G(ロジクール G) ゲーミングキーボード 1枚目

Logicool G(ロジクール G)

10
ゲーミングキーボード Razer Cynosa Cnroma 1枚目

Razer

商品名

RGBゲーミングキーボード

VX AimSwitch E-sportsゲーミングコンボ

PRO X

K65 LUX RGB

Apex Pro TKL JP

ゲーミングキーボード

BlackWidow JP

ゲーミングキーボードマウスセット

ゲーミングキーボード

Cynosa Cnroma

特徴欲しい機能全部乗せのヒット作1度慣れると手放せなくなる!片手キーボードの魅力プロフェッショナル向けに設計されたモデルカスタマイズの可能性が高いコンパクトタイプ自分好みに感度をカスタマイズ可能なスイッチ防撥水と人間工学設計で、長く使える人気アイテムゲームにより没頭できる機能性の高さ耐久性の高い、マットな質感のキーボードみんな大好きメカニカル(青軸)の代表作!静音、耐水、耐久性を備えたメンブレン式
最安値
5,982
送料無料
詳細を見る
要確認
11,165
送料無料
詳細を見る
14,210
送料別
詳細を見る
24,955
送料無料
詳細を見る
2,099
送料無料
詳細を見る
10,800
送料要確認
詳細を見る
2,799
送料要確認
詳細を見る
9,800
送料無料
詳細を見る
7,680
送料別
詳細を見る
キー構造メンブレン式メカニカル式(青軸)GXメカニカルスイッチCherry MX RGB Redメカニカル式(OmniPoint)メンブレン式メカニカル式(Romer-Gタクタイル)-メカニカル式(青軸)ゲーミンググレード メンブレンキースイッチ
接続方式USBワイヤレスUSBUSBUSBUSBUSB-USBUSB
Nキーロールオーバー機能---
アンチゴースト機能----
マクロ機能----
キー配列日本語英語日本語日本語日本語日本語日本語英字日本語日本語
テンキー-××-
バックライト機能-
商品リンク

ゲームの操作を向上させる周辺アイテムは他にも

ゲーミングマウス・ゲーミングマウスパッド・ゲーミングイヤホンも、Razerやロジクール、オーディオメーカーなどから高機能なものが続々発売されています。操作性が向上し没入感がアップすれば、楽しみは何倍にも!ぜひ下のページも参考に、お気に入りのアイテムをゲットしてください。

ゲーミングキーボードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ゲーミングキーボードのAmazonの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

ゲーミングキーボードの人気ランキング、いかがでしたか?キースイッチの種類や軸の色、接続方式の違いなどがおわかりいただけたかと思います。

ゲームでは素早い操作性を求められるので、自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切。この記事を参考にして、あなたのプレイスタイルに最適なキーボードを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す