• 【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

パソコンやタブレットでの文字入力に欠かせないキーボード。bluetoothなどのワイヤレスタイプが人気ですが、従来からある有線タイプも根強い支持を集めています。コンパクトで持ち運びに便利なもの、タイピング音が静かなもの、防水性能を搭載したもの、また耐久力があるものやショートカットキーの付いたものなど種類豊富で、これらの中から自分に合うものを選ぶのは少し難しいですよね。

そこで今回は、自分にぴったりなキーボードを見つけられるよう、まずは選び方のポイントを解説。その後で、Amazonや楽天などの通販で購入できる人気商品をランキング形式でご紹介したいと思います。また記事後半ではキーボードの掃除の仕方についても解説するので、ぜひ合わせて参考になさってください。

この記事に登場する専門家

柳谷智宣
山本 竜也
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 326,864  views
目次

キーボード選びのポイント

キーボードを購入する際に、どのようなポイントを重視して選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。そこでまずはキーボード選びのポイントをご紹介します。

有線か無線か?接続方法を選ぶ

キーボードには、無線接続タイプと有線接続タイプがあります。それぞれ異なるメリットを持っているので、自分の重視したい方を選びましょう。

パソコン周りがすっきり。持ち運びにも便利な「無線接続タイプ」

パソコン周りがすっきり。持ち運びにも便利な「無線接続タイプ」
無線接続タイプには、専用レシーバーをUSBへ接続して使用するものと、Bluetooth機能を利用するものがあります。

Bluetooth接続ならスマートフォンやタブレットなど端末を切り替えての接続も可能。配線がないため持ち運びに便利で、パソコン周辺もすっきりしますよ。電池が必要なものと充電式のものありますので購入の際には確認しましょう。

ペアリング不要。遅延がなく快適な「有線接続タイプ」

ペアリング不要。遅延がなく快適な「有線接続タイプ」

出典:amazon.co.jp

有線接続タイプは配線があるので見た目はすっきりしませんが、USBポートへ接続するだけで、ペアリング設定を行わずすぐに使用できます。直接コードでつないでいるため、無線タイプにありがちな入力の遅延もありません。

電源も常に供給されるので、電池交換や充電切れの心配もご無用。構造が単純なので耐久性があり、ヘビーユーザーでも安心できるのがメリットです。

日本語配列か英語配列、自分の使い慣れているものを選ぶ

日本語配列か英語配列、自分の使い慣れているものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

キーボードには、日本語配列と英語配列の2種類があります。日本語配列キーボードには「全角/半角」「無変換」「変換」「カタカナ ひらがな」のキーがありますが、 英語配列キーボードにはありません。

また、スペースキー・Enterキー・Shiftキーの形や大きさも微妙に違っています。この配列を確認して購入しないと、普段と異なるキー配列に慣れずに使いにくくなってしまいます。

日本向けの端末に慣れているなら日本語配列のキーボードを、プログラミングなどで英語配列をずっと使ってきた方なら、引き続き英語配列のキーボードを選ぶといいですね。通販サイトでは「間違えて購入してしまった!」というレビューも散見されるので、くれぐれもご注意を。

テンキー・Fキー・ホットキーの有無と操作性を確認

キーボードにはそれぞれキーの配置や使い勝手に違いがあります。以下の点を中心に確認し、ご自身の用途にあったものを選んでください。

数字入力が多いなら「テンキー」があると便利

数字入力が多いなら「テンキー」があると便利
計算や数字入力などで頻繁に使うという方はテンキーの有無を忘れずに確認してください。一般的なキーボードはテンキーが右側に配置されていますが、コンパクトさを重視するために設けられていないテンキーレスタイプもあります。

普段はあまりつかわないけど、ピンポイントでテフレキシブルに接続できます。後付けテンキーにも打ちやすさや接続方式などに違いがありますので、下の記事を参考に自分にぴったりな1台を見つけてくださいね。

ファンクションキーの有無と操作性を確認

ファンクションキーの有無と操作性を確認

出典:amazon.co.jp

ファンクションキーを普段から活用している人は、検討中の機種にFキーがついているかどうかしっかり確認しましょう。現在販売されているほぼすべてのキーボードに装備されているものですが、コンパクトタイプの中にはついていないものも存在しています。

またメーカーによっては割り当てられている機能が違うので、ここも注意したいところ。一部の機種で、カタカナ変換をしようとしてF7を押すと機内モードが起動してしまう…というのはよく知られた話です。解除する方法もありますが、ちょっとしたことが使い勝手に影響することも事実。チェックすべき項目の一つとして押さえておきましょう。

キーピッチは「打ちやすさ」と「サイズ」のバランスで決めて

キーピッチは「打ちやすさ」と「サイズ」のバランスで決めて

出典:elecom.co.jp

キーピッチは、キートップの中心から隣り合うキートップの中心までの距離を示すもの。通常のデスクトップタイプのキーボードでは18mm~20mmで設定されています。手の大きさや指の太さなどによって、押しやすいと感じるキーピッチは人それぞれですが、普段と変わらないほうがいいという方はキーピッチが18mm~20mmのものを選びましょう。

キーピッチが広いほどキーボードは大きくなり、逆にコンパクトさを重視して狭いものを選ぶとタイピングしにくくなることも。店頭で実機を触りつつ、今使っているキーボードとも比較して、打ちやすさとサイズ感のバランスで選ぶことをおすすめします。

キーストロークも要確認、アイソレーションという選択肢も

キーストロークも要確認、アイソレーションという選択肢も
キーストロークとは、キーを押下したときの沈み込む深さ。これもキーボード選びでは重要なポイントとなります。

ノートパソコンなどのキーストロークの浅いキーボードは、フラットで指先が引っかかりにくいため素早くタイピングするのに適しています。しかし、キーを押した感覚が薄くタイピングミスをしやすいという点も。

一方、デスクトップパソコン向けのキーストロークの深いものは、しっかりキーを押下した感触が得られ入力ミスも起こしにくいのですが、高速タイピングはしにくくなります。

キーとキーの間に空間のあるアイソレーションタイプなら、ストロークの浅いキーボードでもタイピングミスをしにくいので、素早くミスなくタイプしたい方にとっては有力な選択肢となり得るでしょう。

打鍵音や耐久性からキースイッチを選ぶ

キーを押して反応させる仕組みをキースイッチと言います。キースイッチには主に4つの種類があり、それぞれ打鍵音や耐久性に違いがあります。

長時間のタイピングには向かないが、安価で水に強い「メンブレン式」

メンブレン式はキーの直下にラバードームが設けられ、このゴムの反発力によって押下したキーが戻ってくる構造。ゴムの反発が指先に伝わるので負担がかかりやすく、長時間連続で使用すると疲れてしまうという声も。また真っすぐ押さないと反応しないことがあるので、キートップの中心を意識してタイプする必要があります。

内部のラバードームがキーを反応させる接点をすっぽり覆っているため、水濡れに強いというメリットも。価格は手ごろで、タイピング時の音も控えめとなっています。

軽いタッチでタイピングでき、音も静かな「パンタグラフ式」

軽いタッチでタイピングでき、音も静かな「パンタグラフ式」

出典:buffalo.jp

パンタグラフ式にもラバードームが内蔵されていますが、X型のパーツを組み込んだことでメンブレン式よりも真っすぐ押しやすいのが特徴です。ゴム自体も薄いため指先に感じる反発力が少なく、軽いタッチでのタイピングが可能。メンブレン式よりも疲れにくいところが最大のメリットです。

最近のノートパソコンはこのパンタグラフ式を採用している製品が多くなっています。メンブレン式と同様にこちらも打鍵時の音が控えめなので、カチャカチャとうるさいキーボードが苦手な方はこのタイプを選ぶといいですね。

打鍵音は大きいが耐久力抜群の「メカニカル式」

メカニカル式はラバードームではなくバネの力で接点に触れるため、キーの戻りが滑らか。ゴムよりも反発力が軽く、長時間連続で使用しても疲れにくくなっています。打鍵音は大きいですがしっかり押下した感触もあり、バネはゴムよりも耐久力があるためヘビーユーザーに適しています。

細かく分けると赤軸・黒軸・青軸などキートップの軸の色に違いがあり、軸色によって押下時の感触や打鍵音などが微妙に違うのもメカニカル式の特徴。しかしこれはあくまでキートップを外して見なければわからない話。メカニカル式を選ぶ場合は、店頭で実際に触れてみることをおすすめします。

高耐久で打鍵音も静か、使用頻度が多い人向けの「静電容量無接点方式」

高耐久で打鍵音も静か、使用頻度が多い人向けの「静電容量無接点方式」

出典:amazon.co.jp

静電容量無接点方式は、キーを押下した際に物理的な接点がなく、内部の部品が摩耗しにくいことが強みです。そのため耐久性が高く、タイピング時の音も静か。

プロ向けのものが多いため価格も大変高価で、種類もあまり多くありません。しかしながら仕事などでキーボードを長時間使うという人にとっては、効率が上がればそれだけ見返りも得られ、満足のいく自己投資となるかもしれません。

防水性や排水穴もチェック!丸洗いできるものも

防水性や排水穴もチェック!丸洗いできるものも

出典:amazon.co.jp

キーボードには、防水性に優れた商品もあります。防水性能は完全防水タイプと耐水タイプの2種類で、完全防水タイプなら丸洗い可能。皮脂やホコリで汚れがちなキーボードをいつでも清潔にしておけるのが嬉しいですね。

耐水タイプは背面に排水穴を設けたもので、丸洗いには対応していません。しかし、小量なら飲み物をこぼしてしまっても排水してくれるので、いざというとき安心です。コーヒーなどを飲みながら作業することが多い方は、これらの機能面も確認しておくといいでしょう。

プロの愛用するおすすめのキーボード

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのキーボードをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、使い勝手の良いキーボードを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列 1枚目
出典:amazon.co.jp

PFUHappy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列

PD-KB620W

29,700円 (税込)

専門家の
マイベスト
ロジクール MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD 1枚目
出典:amazon.co.jp

ロジクールMULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD

K380BK

2,814円 (税込)

キーボードの人気ランキング10選

ここからはランキング順に人気商品をご紹介していきたいと思います。これまで解説した選び方のポイントとあわせて、キーボード選びの参考にしてみてください!

10位
キーボード Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード
出典:amazon.jp

Ankerウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

1,899円 (税込)

接続無線接続(Bluetooth)
配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(◯)
キーピッチ19.0㎜
キーストローク-
キースイッチ-
防水性能×
9位
キーボード ロジクール メカニカルゲーミングキーボード
出典:amazon.co.jp

ロジクールメカニカルゲーミングキーボード

G610

15,765円 (税込)

接続有線接続
配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(◯)・ホットキー(○)
キーピッチ-
キーストローク2.0mm〜4.0mm
キースイッチメカニカル式
防水性能×
8位
キーボード サンワサプライ USBキーボード
出典:amazon.jp
接続有線接続
配列日本語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)
キーピッチ19.0㎜
キーストローク2.4㎜(±0.1㎜)
キースイッチメンブレン式
防水性能△(排水穴あり)
7位
キーボード Qtuo ワイヤレスキーボード 静音マウス セット
出典:amazon.co.jp

Qtuoワイヤレスキーボード 静音マウス セット

2,000円 (税込)

接続無線接続(USB)
配列日本語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)
キーピッチ-
キーストローク4.0mm
キースイッチ-
防水機能
6位
キーボード PFU REALFORCE R2 テンキーレス PFU Limited Edition
出典:amazon.co.jp

PFUREALFORCE R2 テンキーレス PFU Limited Edition

30,780円 (税込)

接続有線接続
配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(○)
キーピッチ19.05mm
キーストローク4.0mm
キースイッチ静電容量無接点方式
防水機能×
5位
キーボード ロジクール ワイヤレスコンボ
出典:amazon.co.jp

ロジクールワイヤレスコンボ

MK245 NANO

1,493円 (税込)

接続無線接続(USB)
配列日本語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(×)
キーピッチ19mm
キーストローク2.5mm
キースイッチメンブレン式
防水機能△(耐水設計)
4位
接続有線接続
配列日本語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(×)
キーピッチ19mm
キーストローク2.8mm
キースイッチメンブレン式
防水機能△(耐水設計)
3位
キーボード ピーナッツクラブ ワイヤレスコンパクトキーボード
出典:amazon.co.jp

ピーナッツクラブワイヤレスコンパクトキーボード

1,380円 (税込)

接続無線接続(Bluetooth)
配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(×)・Fキー(×)・ホットキー(×)
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチ-
防水機能×
2位
キーボード PFU PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT
出典:amazon.co.jp

PFUPFU Happy Hacking Keyboard Professional BT

PD-KB600B

29,700円 (税込)

接続無線接続(Bluetooth)
配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(×)・Fキー(×)・ホットキー(×)
キーピッチ19.05mm
キーストローク4.0mm
キースイッチ静電容量無接点方式
防水機能×
1位
キーボード ロジクール ワイヤレスキーボード
出典:amazon.co.jp

ロジクールワイヤレスキーボード

K275

1,490円 (税込)

接続無線接続(USB)
配列日本語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
キースイッチメンブレン式
防水機能△(耐水設計)

人気キーボードの比較一覧表

商品画像
1
キーボード ロジクール ワイヤレスキーボード

ロジクール

2
キーボード PFU PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT

PFU

3
キーボード ピーナッツクラブ ワイヤレスコンパクトキーボード

ピーナッツクラブ

4
キーボード ロジクール 有線キーボード

ロジクール

5
キーボード ロジクール ワイヤレスコンボ

ロジクール

6
キーボード PFU REALFORCE R2 テンキーレス PFU Limited Edition

PFU

7
キーボード Qtuo ワイヤレスキーボード 静音マウス セット

Qtuo

8
キーボード サンワサプライ USBキーボード

サンワサプライ

9
キーボード ロジクール メカニカルゲーミングキーボード

ロジクール

10
キーボード Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Anker

商品名

ワイヤレスキーボード

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT

ワイヤレスコンパクトキーボード

有線キーボード

ワイヤレスコンボ

REALFORCE R2 テンキーレス PFU Limited Edition

ワイヤレスキーボード 静音マウス セット

USBキーボード

メカニカルゲーミングキーボード

ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

特徴便利機能を一発起動!いつもの操作もワンタッチで計算し尽くされた、究極の機能的コンパクトボディ薄くて、軽くて、使いやすいやっぱり有線接続が1番!という方におしゃれでコンパクト、もちろん高性能タイピングへのこだわりが生み出した、最高峰のキーボード超薄型キーボードと高性能マウスの最強セット!価格は手ごろでも機能面は充実!ゲームのためのパフォーマンスに特化軽量でコンパクト。移動もラクラク
価格1,490円(税込)29,700円(税込)1,380円(税込)821円(税込)1,493円(税込)30,780円(税込)2,000円(税込)500円(税込)15,765円(税込)1,899円(税込)
接続無線接続(USB)無線接続(Bluetooth)無線接続(Bluetooth)有線接続無線接続(USB)有線接続無線接続(USB)有線接続有線接続無線接続(Bluetooth)
配列日本語配列英語配列英語配列日本語配列日本語配列英語配列日本語配列日本語配列英語配列英語配列
テンキー・Fキー・ホットキーテンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)テンキー(×)・Fキー(×)・ホットキー(×)テンキー(×)・Fキー(×)・ホットキー(×)テンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(×)テンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(×)テンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(○)テンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)テンキー(○)・Fキー(○)・ホットキー(○)テンキー(○)・Fキー(◯)・ホットキー(○)テンキー(×)・Fキー(○)・ホットキー(◯)
キーピッチ19mm19.05mm-19mm19mm19.05mm-19.0㎜-19.0㎜
キーストローク3.2mm4.0mm-2.8mm2.5mm4.0mm4.0mm2.4㎜(±0.1㎜)2.0mm〜4.0mm-
キースイッチメンブレン式静電容量無接点方式-メンブレン式メンブレン式静電容量無接点方式-メンブレン式メカニカル式-
防水性能△(耐水設計)××△(耐水設計)△(耐水設計)×△(排水穴あり)××
商品リンク

タイピング練習アプリは配列に合ったものを使おう

タイピング練習アプリは配列に合ったものを使おう

出典:amazon.co.jp

タイピングの練習と言えば、ホームポジションとその周辺のキーを覚えることから始まりますが、このとき使用しているキーボードと異なる配列で覚えてしまうとなかなか上達できません。無料で公開されている練習サイトやソフトはWindows用のものが多いので、特にMacユーザーはきちんとMac用アプリを活用するよう気を付けてください。

なかなかタイピングが上達しなくて困っているという方は、まずは「あいうえお」の位置を覚えることから始めましょう。母音はもっとも使うキーなので、この5つを覚えるだけでかなり効率が上がりますよ。

キーボードの掃除は正しい方法で!

キーボードは、使っているうちにホコリが溜まってしまいがち。手の皮脂なども付着するので、できれば定期的に掃除したいものですよね。しかし、間違った方法で掃除するとキーボードを破損してしまいかねません。正しい掃除方法を知って、いつでも清潔な状態を保ちましょう。

ホコリはエアダスターやブラシで取り除く

ホコリはエアダスターやブラシで取り除く

出典:amazon.co.jp

キーボードの隙間に入り込んだホコリは、エアダスターで吹き飛ばすのが基本。専用の細長いノズルをキーの隙間に近づけ、エアーを噴射するだけなので簡単です。拭き取れない場所のゴミやホコリはこれでキレイにすることができます。

エアダスターの他にも、キーボードの隙間を掃除する専用綿棒やブラシなどもあるので、用意しておくとこまめな掃除ができますよ。ホコリを溜め込まないためにも、キーボードを使い終わった後は軽く掃除しておくのがおすすめです。

キーを外して掃除する時は必ず専用工具で

キーを外して掃除する時は必ず専用工具で

出典:amazon.co.jp

いろいろやっても汚れが取り除けない時は、キートップを取り外して掃除するのも1つの手です。表面の皮脂汚れを洗ったり、見えなかった裏側までキレイにすることができますよ。取り外しにはフォークなどを使う方もいますが、破損の可能性が高いためおすすめできません。

画像のように、キートップを外すための引き抜き工具が発売されているので、必ずこれを使いましょう。自分のキーボードに使えるかどうかの確認も忘れずに行ってください。なおキートップの取り外しはリスクが高いので、不安な方は無理に自分で行わず専門業者へ依頼しましょう。

キーボードと一緒に選びたい便利アイテムはこちら

キーボード周辺をより快適にしてくれる、便利アイテムも一緒に選んでみませんか?リストレストがあればタイピングによる疲れを緩和できますし、キーボードトレイがあればデスク上のスペース確保や収納に役立ちます。自分に合うキーボードと一緒に選んで、パソコン周りを使いやすく整えちゃいましょう!

キーボードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、キーボードのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

まとめ

おすすめのキーボードをご紹介しましたが、自分にぴったりなものは見つかったでしょうか?

どの商品もキーピッチや打鍵感、接続方法などに違いがありますが、自分の重視したいポイントを押さえれば適した商品を見つけやすくなります。ここは重要!という機能をピックアップして、ぜひあなたにあうキーボードを探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す