1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 調味料
  6. >
  7. 【徹底比較】醤油のおすすめ人気ランキング10選
【徹底比較】醤油のおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】醤油のおすすめ人気ランキング10選

刺身や煮物など、さまざまな料理に欠かせない調味料、醤油。キッコーマンをはじめとする多くのメーカーから様々な商品が販売されていますが、本当に美味しい醤油はどれなのか気になりませんか?


そこで今回は、スーパーでも買える市販の商品をはじめ、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位の醤油10商品を全て購入し、最も美味しい醤油を検証して決定したいと思います。


検証には調味料ソムリエ3名に全ての商品を実際に試食してもらい以下の5つの項目について、比較・検証しました。

  1. 塩味
  2. 甘味
  3. 旨味(コク)
  4. 香り
  5. 用途や素材とのバランス


果たしてどの商品が最も美味しい醤油なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年07月08日更新
  • 361,935 views

検証のポイント

売れ筋の醤油10商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 塩味のバランス

    検証① 塩味のバランス

    一般的に「醤油=しょっぱい」という印象が強いかと思いますが、この塩味にもさまざまな強さや種類が存在します。塩味の強さでマッチする料理や素材が変わりますし、好みが現れる部分です。健康を気遣う方は減塩醤油なども視野に入れて選ぶといいかもしれません。ここでは、どの醤油の塩味が一番バランスが良いか、実際に商品を試食して5段階で評価しました。

  • 甘味の加減

    検証② 甘味の加減

    醤油には独自の甘味が存在します。醤油の種類によっては、かなり甘口のものが存在するほど。塩味よりもより好みが分かれるのが甘みではないでしょうか。どの醤油がバランスよい甘味があるのか、実際に試食して5段階で評価しました。

  • 香りの立ち方

    検証③ 香りの立ち方

    食事をする上で香りも重要なポイントです。実際にすべての商品の香りを嗅いで、醤油の香りの立ち方を検証しました。醤油の特徴である大豆の香りが感じられるものがどれか、そのままの香りと温かいだし汁とあわせたときの香りを嗅いで、香り高いものから5段階で評価していきます。

  • 旨味(コク)のバランス

    検証④ 旨味(コク)のバランス

    日本食のベースとなる調味料といったも過言ではない醤油。料理の旨味を引き出す重要な調味料として、だし汁と合わせた際の旨味(コク)を検証しました。今回は、だし汁に加えた際の旨味を実際に試食して、5段階で評価していきます。

  • 素材とのバランス

    検証⑤ 素材とのバランス

    醤油にはその特徴により、素材につけて食べるのに向いているものと、加熱などの調理に向いているものに分かれます。調味料ソムリエの3名にかまぼこや出汁に混ぜた醤油のバランスを実食してもらい、総合的に5段階で評価してもらいました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    調味料の専門家が検証協力!

    調味料の専門家が検証協力!

    今回の醤油の検証には、調味料のスペシャリストとして活躍している、以下3名の専門家にご協力いただきました。


    <左:牧野悦子さん>
    野菜ソムリエ・調味料ソムリエとして、商品・レシピ開発を行い、さまざまな世代へ野菜果物のおいしさをPR。NHKラジオ「さいたま~ず」やテレビ埼玉「マチコミ」などへのメディア出演も果たし、現在もアクティブに活動中。


    <中央:吉田めぐみさん>
    野菜ソムリエ・調味料ソムリエの資格を持つ食の専門家。ファミリー向けのレシピ考案・連載を始め、コラム執筆、カルチャースクール講師、青森野菜専門マルシェの店長、ラジオなどへのメディア出演など、幅広く活動中。


    <右:石川貴代さん>
    野菜ソムリエ・調味料ソムリエプロなどの資格を持つ食の専門家。主婦目線で調味料との付き合い方を伝えるべく、ワークショップや食育講座などで活動中。キッチングッズにも精通しており、調味料関連アイテムの監修なども手がけている。また、調味料メーカーのレシピ開発、食に関する執筆など活動内容は多岐にわたる。

    醤油の基礎知識

    醤油の基礎知識

    醤油の主原料は、大豆・小麦・食塩の3つです。大豆と小麦に種麹を加え醤油麹を作り、それに食塩を加えて発酵させるのが、「本醸造方式」といわれる基本的な作り方。


    各メーカーが原材料にこだわっているのはもちろん、醤油を作る際は気温や湿度が大切なので、ほとんどの工場では徹底した温度管理のもと製造されています。商品によって味や香りは大きく異なりますので、好みの醤油を見つけていきましょう。

    醤油の選び方

    醤油を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① 種類で選ぶ

    種類で選ぶ

    醤油は大きく5種類に分けられます。

    • 濃口醤油
    • 淡口(うすくち)醤油
    • たまり醤油
    • 再仕込み醤油
    • 白醤油

    濃口は、日本で流通している醤油の約80%を占め、旨味や酸味のバランスが良く、迷ったときはこれを選べば間違いありません。淡口はその名の通り色が薄く、味も控えめなので、素材の味を活かしたいときにおすすめの醤油です。


    続いて使用する水を減らし味を凝縮した「たまり醤油」と、濃口醤油の2倍の原料と期間を使って作られる「再仕込み醤油」、淡口醤油よりも更に色が薄く原料の小麦粉の割合が多い「白醤油」となります。


    他にもしょうゆ加工品になりますが、だしが入った「だし醤油」なども人気がある商品です。よく料理をする方は、いくつかの種類を揃えて、調理法や用途によって使い分けるといいでしょう。

    ② 製造方法から選ぶ

    製造方法から選ぶ

    醤油の製造法には、伝統的な「本醸造」とアミノ酸液や甘味料などを加えて旨味を出す「混合」または「混合醸造」の2種類があります。


    純粋な醤油の味を楽しみたい方は本醸造より旨味などを求める方は混合を選んでください。


    製造方法は、醤油の名称部分に必ず記載があります。混合の場合は、原材料も忘れずにチェックすると旨味成分にどういったものが加えられているのかが分かるでしょう。

    ③ 味の好みで選ぶ

    味の好みで選ぶ

    一言で醤油といっても味は様々。塩味が強いものから甘めのものまで幅広く作られています。


    地域や家庭によって味の好みはあるので、醤油を選ぶ際、特に以下の3点を比較して理想の味を見つけてみるといいでしょう。

    • 塩味
    • 甘味
    • 旨味(コク)

    ④ 用途や素材とのバランスで選ぶ

    用途や素材とのバランスで選ぶ

    基本的に醤油は、調理してもそのまま素材にかけて食べても美味しいものです。


    しかし、自分が普段どういった料理に使っているのかを考えて使い勝手の良い醤油を選ぶほうが、より醤油の美味しさを味わえるでしょう。


    例えば、色が濃い醤油や甘味の強いものは、煮物を味だけでなく見た目も艶やかに仕上げてくれたり、塩味や香りが強めのものは、焼き物の素材の味をより引き立ててくれたりといった特徴があります。味の特徴を知って、素材や調理法とのバランスがとれた醤油を選ぶことも大切です。

    ⑤ 塩分が気になる方には減塩タイプがおすすめ

    塩分が気になる方には減塩タイプがおすすめ

    通常の醤油には容量の約15%の塩分が含まれていますが、減塩醤油は約9%と通常の半分に塩分が抑えられています。健康に気を遣っている方や、家族に年配の方がいる場合は、減塩醤油を使うとよいでしょう。


    塩分濃度が低いため、物足りないと感じることもありますが、醤油そのものの味は大きく変わりません。


    味の薄さを補うために、保存料や化学調味料などの添加物を含んでいるものもあるため、気になる方は原材料をチェックしてください。

    売れ筋の人気醤油全10商品を徹底比較!

    醤油の検証
    売れ筋の人気醤油全10商品を徹底比較!

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位の醤油10商品を全て購入し、味のバランスや素材(食品)との相性などを比較・検証しました。


    選び方のポイントは以下の5項目です。

    検証①:塩味のバランス

    検証②:甘味の加減

    検証③:香りの立ち方

    検証④:旨味(コク)のバランス

    検証⑤:素材とのバランス


    それぞれの検証項目の結果は、ポイントの高いものをご紹介していきますが、最終的には全体のバランスなどを踏まえて、総合的な評価でランキングを付けていきます。

    今回検証した商品

    1. 大徳醤油|丸大豆醤油
    2. 井上醤油店|井上 古式じょうゆ
    3. 丸中醤油|丸中醤油
    4. 丸島醤油|純正醤油 濃口
    5. フジキン醤油|うすくち醤油
    6. キッコーマン食品|いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ
    7. チョーコー| 超特選むらさき
    8. いわて醤油|うまみ本醸造しょうゆ
    9. キッコーマン食品|いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ
    10. フジキン醤油|大野うまくち醤油

    検証① 塩味のバランス

    塩味のバランス

    一般的に「醤油=しょっぱい」という印象が強いかと思いますが、この塩味にもさまざまな強さや種類が存在します。塩味の強さでマッチする料理や素材が変わりますし、好みが現れる部分です。


    健康を気遣う方は減塩醤油なども視野に入れて選ぶといいかもしれません。ここでは、どの醤油の塩味が一番バランスが良いか、実際に商品を試食して5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】本醸造ほど塩味が立っていて、混合タイプは他の旨味も強く感じられました

    【検証結果ハイライト】本醸造ほど塩味が立っていて、混合タイプは他の旨味も強く感じられました

    本醸造の醤油ほど塩味が立っていて、キリッとした印象で、しっかりした醤油らしい塩味が感じられるものが多かった傾向にあります。


    一方、混合タイプは、添加物が加えられているため、甘さなどが目立ってしまい醤油らしい塩味が失われてしまうのです。

    3名の採点で塩味のインパクトがあると評価されたのは「井上醤油店 井上 古式じょうゆ」でした。


    単独で味を見るとかなりしょっぱさを感じるものの、塩味が強い分、どんな素材と合わせても負けることなく絶妙なバランスになります。

    石川貴代
    調味料ソムリエプロ・野菜ソムリエ
    石川貴代さんのコメント
    「井上醤油店 井上古式じょうゆ」は、塩味が際立っているので甘味はあまり感じられません。しかし、濃口ならではのうま味があります。料理に使うとそのうま味により、味わいが深くなると思います。

    検証② 甘味の加減

    甘味の加減

    醤油には独自の甘味が存在します。醤油の種類によっては、かなり甘口のものが存在するほど。塩味よりもより好みが分かれるのが甘みではないでしょうか。


    どの醤油がバランスよい甘味があるのか、実際に試食して5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】混合タイプの醤油は加えられた甘味が感じられる結果に

    【検証結果ハイライト】混合タイプの醤油は加えられた甘味が感じられる結果に

    醤油らしい味わいを感じられる本醸造に比べて、混合タイプの醤油は添加物のおかげで甘さなどが目立って感じられました


    その中でも甘さが特徴といってもいいほど甘味の強い醤油は「大野うまくち醤油」。“うまくち”と謳っているだけあって、原材料に甘味料が入っています。スモーキーな香りがするというコメントも。


    平均して甘みが高い評価を得た醤油は、出汁が入っているような旨味とともに、甘さが広がる商品でした。甘みが際立つものは、そのまま使うよりも、調理の際に活躍してくれる醤油が多いのも特徴です。

    吉田めぐみ
    調味料ソムリエ/野菜ソムリエプロ
    吉田めぐみさんのコメント

    「大野うまくち醤油」などの混合タイプの醤油は、甘味の印象が強いので料理を選んでしまいそうですが、照り焼きや煮物などには合いそうな醤油です。

    検証③ 香りの立ち方

    香りの立ち方

    食事をする上で香りも重要なポイントです。実際にすべての商品の香りを嗅いで、醤油の香りの立ち方を検証しました。


    醤油の特徴である大豆の香りが感じられるものがどれか、そのままの香りと温かいだし汁とあわせたときの香りを嗅いで、香り高いものから5段階で評価していきます。

    【検証結果ハイライト】本醸造のなかでも天然醸造の醤油は大豆本来の香りが感じられる

    【検証結果ハイライト】本醸造のなかでも天然醸造の醤油は大豆本来の香りが感じられる

    本醸造と混合の作り方によって、原料である大豆の豊かな香りから感じられる醤油本来の香り高さに差が出た結果となりました。添加物があるものほど自然な香りから遠くなってしまいます。


    10商品中、香りの検証評価が3名ともA評価を採点したのが「井上醤油店 井上 古式じょうゆ」です。


    濃口醤油で、国内産の大豆を使用しており、本醸造の中でも天然醸造で作られているため、醤油本来の豊かな香りが感じられます。香りが立つ醤油の特徴は、大豆の豆らしい香りが感じられる商品が多い結果になりました。

    牧野悦子
    調味料ソムリエ・野菜ソムリエプロ
    牧野悦子さんのコメント

    「井上醤油店 井上 古式じょうゆ」は大豆本来のまろやかな香りが感じられました。

    検証④ 旨味(コク)のバランス

    旨味(コク)のバランス

    日本食のベースとなる調味料といったも過言ではない醤油。料理の旨味を引き出す重要な調味料として、だし汁と合わせた際の旨味(コク)を検証しました。


    今回は、だし汁に加えた際の旨味を実際に試食して、5段階で評価していきます。

    【検証結果ハイライト】バランスの取れた旨味が高評価だったのは「大徳醤油 丸大豆醤油」

    【検証結果ハイライト】バランスの取れた旨味が高評価だったのは「大徳醤油 丸大豆醤油」

    昔ながらの製法で作られた本醸造の醤油ほど、コクがあり旨味を感じられる結果に。


    検証結果の総合評価はBとなっていますが、「大徳醤油 丸大豆醤油」は全体的な旨味のバランスがいいと評価されています。


    原材料はすべて国産を使用し、工場などではなく杉蔵で造られる伝統的な醤油のため、日本人の味覚に合った旨味の味わいを感じられます。

    石川貴代
    調味料ソムリエプロ・野菜ソムリエ
    石川貴代さんのコメント

    一般的な醤油の中でも「大徳醤油 丸大豆醤油」は、上質な味わいと旨味のバランスがとれているため、どの料理にもマッチしそうです。

    検証⑤ 素材とのバランス

    素材とのバランス

    醤油にはその特徴により、素材につけて食べるのに向いているものと、加熱などの調理に向いているものに分かれます。


    調味料ソムリエの3名にかまぼこや出汁に混ぜた醤油のバランスを実食してもらい、総合的に5段階で評価してもらいました。

    【検証結果ハイライト】汎用性の高い醤油は強めの塩味とコクのあるもの!

    【検証結果ハイライト】汎用性の高い醤油は強めの塩味とコクのあるもの!

    やはり、醤油として素材にあうバランスを持ち合わせているのは、本醸造タイプのスタンダードなものでした。


    塩味がしっかり効いている「ザ・醤油」といった味わいが感じられます。一般的な醤油を想像している人におすすめ。


    大豆の風味が感じられ、塩辛さの中に甘味のある醤油ですが、旨味が控えめなため、バランスが良く素材を選ばずに使用できる醤油です。

    牧野悦子
    調味料ソムリエ・野菜ソムリエプロ
    牧野悦子さんのコメント

    キリッとした辛さが感じられる醤油。香りの中にも辛味が感じられるため、蕎麦の返しなどに合いそうです。

    No.1

    大徳醤油丸大豆醤油

    772円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 塩味のバランス: 4.0
    • 甘味の加減: 2.0
    • 香りの立ち方: 5.0
    • 旨味(コク)のバランス: 5.0
    • 素材とのバランス: 5.0

    上質な味わいとスッキリとした塩味がバランスの良い旨味を引き出していて迷ったらこれを買え!のイチオシ醤油

    調味料ソムリエ3名が総合評価から揃って1位に選んだのが「丸大豆醤油」。


    とにかく旨味と塩味のバランスが最高です。スッキリとした塩味の中にほのかに酸味が効いていることにより、合わせる素材の良さを引き出してくれます。


    香りも強すぎず弱すぎずの絶妙さで、調理はもちろんそのまま使用する際に主張しすぎず、醤油のほのかな旨味の乗った香りが楽しめる使い勝手の良い醤油でしょう。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.2

    井上醤油店井上 古式じょうゆ

    929円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 塩味のバランス: 4.0
    • 甘味の加減: 2.0
    • 香りの立ち方: 4.0
    • 旨味(コク)のバランス: 4.0
    • 素材とのバランス: 4.0

    まろやかな香りとともにじる強い塩味は、素材とのバランスもよく醤油本来の旨味が感じられます!

    全体的に“こいくちしょうゆ”の個性が全面に出た塩味の印象がかなり強めの醤油です。ただ、素材と合わせた際のバランスがよく、まろやかな香りも食欲をそそります。


    醤油単体では、塩味が強いため甘味をあまり感じませんが、素材と合わせたり、調理したときに甘味が引き立ち、コク(旨味)がしっかり感じられる一品です。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.3

    丸中醤油丸中醤油

    1,555円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 3.0
    • 香りの立ち方: 3.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 3.0

    塩味・甘味・旨味のバランスが絶妙!素材と合わせた際に感じる酸味が好みを分けるかも

    ほどよい塩味と強すぎず後に残る甘さのバランスがよく、旨味が感じられる醤油。総合的に評価は良いのですが、素材と合わせた際に感じる酸味が、好みを分けそうな印象の一品です。


    逆にほどよい酸味が好みの方には、万能に使える便利なおすすめの醤油と言えます。豊かな豆の香りも特徴です。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.4

    丸島醤油純正醤油 濃口

    756円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 2.0
    • 香りの立ち方: 3.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 4.0

    塩味と甘味のバランスが良く、使い勝手のいい味わいがあるものの特徴に欠ける

    塩味・甘味のバランスが良いので、程よい旨味(コク)が感じられる醤油。最初のインパクトは薄めですが、風味とともに後に残る甘さが特徴的です。


    全体的に平均的なバランスが食材を選ばずに使えますが、無難すぎて物足りなさを感じる方がいるかもしれません。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.5

    フジキン醤油うすくち醤油

    400円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 3.0
    • 香りの立ち方: 3.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 3.0

    塩味が強いうすくち醤油ながら、出汁っぽさと口の中に残る甘さが気になる醤油

    うすくち醤油なので、塩味が強めな醤油です。混合製法で調味料が加えられているため、出汁っぽさと後に残る甘さが気になります。


    調理用の醤油としては、旨味が程よく強いためおすすめです。

    タイプ淡口(薄口)
    製法混合
    原材料脱脂加工大豆
    No.6

    キッコーマン食品いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ

    248円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 2.0
    • 香りの立ち方: 4.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 2.0

    標準的な醤油の風味だが旨味は弱め、ライトな味わいのため様々なシーンで使えそう

    非常に標準的な醤油。ライトな味わいのため旨味と甘味は弱めですが、塩味が尖りすぎておらず、様々なシーンで活躍してくれそうです。


    火入れした調理に使用すると、華やかな香りが立ち料理を引き立ててくれるでしょう。また、密閉ボトルが取り扱いやすいため、卓上に一つ欲しい醤油です。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.7

    チョーコー 超特選むらさき

    693円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 3.0
    • 香りの立ち方: 2.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 3.0

    パンチの効いた塩味・甘味・コクが特徴の非常に個性的な醤油

    塩味・甘味・コクが非常にインパクトのある醤油。パンチが効いている味ながら、バランスがよく後味にまろやかな甘味を感じらます。


    この醤油は、小麦を多く使って製造されているため、小麦のデンプンによる甘さが特徴。加えられた甘さではなく、素材の甘さを感じられる商品です。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料大豆
    No.8

    いわて醤油うまみ本醸造しょうゆ

    880円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 3.0
    • 香りの立ち方: 2.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 3.0

    調理済みのような強い甘さがあるため、純粋な塩味を求めた醤油としては今ひとつ

    調理済みのような味わいは、甘味料が添加されているから。そのせいでコクがありつつも甘いだけの醤油かと思いきや、塩味もそこそこ強いため、煮込み料理などに合う味わいです。


    メインの醤油というよりも調理用にサブで用意しておくと活躍してくれそうな醤油ではないでしょうか。

    タイプ濃口
    製法本醸造
    原材料脱脂加工大豆
    No.9

    キッコーマン食品いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ

    246円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 3.0
    • 香りの立ち方: 2.0
    • 旨味(コク)のバランス: 2.0
    • 素材とのバランス: 2.0

    減塩ならではの風味が一般的な食卓では物足りなさが出てしまいそう

    減塩と謳っているだけあって、塩味はかなり弱め。甘味も香りも全体的に控えめな印象で、一般的に使用するのには不向きな醤油です。


    健康に気をつけている方や、持病などで塩分が多く取れない方にはおすすめです。

    タイプ減塩
    製法本醸造
    原材料脱脂加工大豆
    No.10

    フジキン醤油大野うまくち醤油

    400円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 塩味のバランス: 3.0
    • 甘味の加減: 4.0
    • 香りの立ち方: 3.0
    • 旨味(コク)のバランス: 3.0
    • 素材とのバランス: 3.0

    甘さが全面に出た濃口なので、料理を選んでしまいそうな醤油という結果に…

    混合製法で甘味料が入っているため、人工的な甘さが感じられてしまう醤油です。全体的に甘さが引き立つので、料理を選ぶところがマイナス評価になりました。


    煮物などの甘さを求める料理にはいいかもしれません。

    タイプ濃口
    製法混合
    原材料脱脂加工大豆

    人気醤油の検証結果比較表

    商品画像商品名特徴最安値タイプ製法原材料塩味のバランス甘味の加減香りの立ち方旨味(コク)のバランス素材とのバランス総合評価商品リンク
    1
    大徳醤油 丸大豆醤油 1枚目

    大徳醤油

    丸大豆醤油

    上質な味わいとスッキリとした塩味がバランスの良い旨味を引き出していて迷ったらこれを買え!のイチオシ醤油
    772円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆4.02.05.05.05.04.20
    2
    井上醤油店 井上 古式じょうゆ 1枚目

    井上醤油店

    井上 古式じょうゆ

    まろやかな香りとともにじる強い塩味は、素材とのバランスもよく醤油本来の旨味が感じられます!
    929円
    送料無料
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆4.02.04.04.04.03.60
    3
    丸中醤油 丸中醤油 1枚目

    丸中醤油

    丸中醤油

    塩味・甘味・旨味のバランスが絶妙!素材と合わせた際に感じる酸味が好みを分けるかも
    1,555円
    送料別
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆3.03.03.03.03.03.00
    4
    丸島醤油 純正醤油 濃口 1枚目

    丸島醤油

    純正醤油 濃口

    塩味と甘味のバランスが良く、使い勝手のいい味わいがあるものの特徴に欠ける
    756円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆3.02.03.03.04.03.00
    5
    フジキン醤油 うすくち醤油 1枚目

    フジキン醤油

    うすくち醤油

    塩味が強いうすくち醤油ながら、出汁っぽさと口の中に残る甘さが気になる醤油
    400円
    送料要確認
    詳細を見る
    淡口(薄口)混合脱脂加工大豆3.03.03.03.03.03.00
    6
    キッコーマン食品 いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ 1枚目

    キッコーマン食品

    いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ

    標準的な醤油の風味だが旨味は弱め、ライトな味わいのため様々なシーンで使えそう
    248円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆3.02.04.03.02.02.80
    7
    チョーコー  超特選むらさき 1枚目

    チョーコー

    超特選むらさき

    パンチの効いた塩味・甘味・コクが特徴の非常に個性的な醤油
    693円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口本醸造大豆3.03.02.03.03.02.80
    8
    いわて醤油 うまみ本醸造しょうゆ 1枚目

    いわて醤油

    うまみ本醸造しょうゆ

    調理済みのような強い甘さがあるため、純粋な塩味を求めた醤油としては今ひとつ
    880円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口本醸造脱脂加工大豆3.03.02.03.03.02.80
    9
    キッコーマン食品 いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ 1枚目

    キッコーマン食品

    いつでも新鮮 味わいリッチ減塩しょうゆ

    減塩ならではの風味が一般的な食卓では物足りなさが出てしまいそう
    246円
    送料別
    詳細を見る
    減塩本醸造脱脂加工大豆3.03.02.02.02.02.40
    10
    フジキン醤油 大野うまくち醤油 1枚目

    フジキン醤油

    大野うまくち醤油

    甘さが全面に出た濃口なので、料理を選んでしまいそうな醤油という結果に…
    400円
    送料要確認
    詳細を見る
    濃口混合脱脂加工大豆3.04.03.03.03.02.40

    お気に入りの醤油が見つかったら醤油さしも手に入れたい!

    お気に入りの醤油が見つかったら、使いやすい醤油さしも手に入れたいもの。よく使う調味料の醤油だからこそ、自分好みの醤油さしを探してみるといいかもしれません。

    醤油の売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、醤油のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    まとめ

    今回は調味料ソムリエ3名にご協力いただき、売れ筋上位の醤油を徹底的に比較・検証しました。


    たかが醤油と侮るなかれ、和食だけではなく、日本人が料理をするうえではなくてはならない重要な調味料であるため、こだわりをもって選ぶことで、今までの料理が格段とレベルアップするはずです。


    比較検証結果から、ぜひお気に入りの醤油を見つけてくださいね。


    取材/文/写真:伊藤嘉子 写真:倉島英資

    ランキング作成日:2018/09/30

    <検証・取材協力>

    調味料ソムリエ協会

    <情報>

    調味料ソムリエ協会では、調味料ソムリエになる第一歩を学べる調味料ソムリエプレコースを開講。調味料の基礎から、消費者目線での使い方を学べます。

    公式WEBサイトはこちら>>

    <検証会場協力>

    DMZカフェ

    住所:東京都中央区築地3-7-1 TSUKIJI GRANDE 6階

    プロが愛用するおすすめの醤油

    最後に、プロの愛用するおすすめの醤油をご紹介します。
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す