1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 調味料
  6. >
  7. 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選
  • 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【オイルソムリエが教える】アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選

美容や健康に良い効果が期待できる、とメディアでも注目されているアボカドオイル。あまり味にクセがないのでそのまま飲むこともでき、幅広く使えるオイルとして人気が集まっています。しかし、日本をはじめ、海外のさまざまなメーカーから色々な商品が販売されていて、どれを選んだら良いか迷ってしまっていませんか?

そこで今回は、日本オイル美容協会所属で、オイルソムリエの資格を持つ平野清美さんにお伺いしたアボカドオイルの選び方をご紹介。あわせて、通販で購入できるおすすめの商品を人気ランキング形式でお伝えします。食事から美容まで幅広く使えるアボカドオイル。ぜひ毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

平野清美
  • 最終更新日:2020年08月07日
  • 47,769  views
目次

アボカドオイルの選び方

今回は、できる限り高品質で失敗のない商品を見つけるための選び方について、日本オイル美容協会の平野さんにお話を聞きました。

製造方法や認証マークなど、これまであまり気にしていなかったところまでチェックできるようになりますので、要チェックですよ!
アボカドオイルの選び方
<取材協力:平野清美さん>
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ

家族の健康を考えるようになったことがきっかけで、一般社団法人日本オイル美容協会でオイルについて学ぶ。その後、オイルソムリエ・シニアオイルソムリエの資格を取得し、現在は日本オイル美容協会認定校で「オイルソムリエ資格講座」の講師として教鞭を振るう。

さらにフェイシャル・ボディエステのプライベートサロンも運営。お肌の表面だけでなく、体の内側の両面からサポートしたいと、美容オイル・食用オイルのアドバイスも行う。「少しでも多くの方々に、良質なオイルで健やかに暮らしていただきたい」と、精力的に活動を続けている。

低温圧搾で未精製のオイルがおすすめ

低温圧搾で未精製のオイルがおすすめ
アボカドからオイルを抽出する方法は、主に「高温圧搾」と「低温圧搾(コールドプレス)」の2つです。購入するなら良質で栄養価の高い「低温圧搾(コールドプレス)」と書かれたものを選びましょう。

基本的に、高温で加熱しながらオイルを抽出する高温圧搾なら、効率よく大量に油分を抽出することができますが、加熱することでアボカドオイルの持つ栄養素が損なわれ、酸化しやすくなってしまいます。また、これを補うために色々な添加物が加えられてしまうというわけです。

一方、低温圧搾(コールドプレス)は摩擦熱さえ起こらないように低温でじっくりとオイルを搾り取る方法で、高温圧搾の半分ほどしか抽出できないため効率は悪く、値段も高めになってしまいますが、アボカド本来の栄養素や風味を損なうことなく抽出できます。
平野清美
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ
平野清美さんのコメント
ちなみに低温というのは、日本オイル美容協会では40℃以下と決めております。低温と書かれているにもかかわらず、これ以上の温度で圧搾しているものは避けた方が無難です。

また、未精製のオイルは色や独特な香りは残ってしまいますが、栄養価は高いまま摂取することができるので、おすすめですよ。

逆に、精製したオイルは色や味の独特の特徴を消すことができますが、添加物が混じっていたり、栄養価が低くなってしまうので、なるべく避けた方がいいかもしれません。

添加物や化学薬品不使用であること!認証マークのチェックも忘れずに

添加物や化学薬品不使用であること!認証マークのチェックも忘れずに
品質にこだわりたい方は一つの目安として、パッケージに記載されている成分表やオーガニック認証機関の認証マークの有無を確認してみるといいでしょう。

アボカドはあまり農薬を使わなくても栽培・輸出入できるため、食品としての安全性は高いとされています。しかし、先にも述べたように、アボカドオイルの中には効率よくオイルを抽出したり、酸化スピードを抑えたりするために添加物や化学薬品などを添加している商品もあるため、アボカドそのものの安全性はまた別問題と言えます。

不純物の多いオイルを長期間摂り続けるのは美容にも健康にも良くないですし、食用としてだけでなく肌にも使う方にはトラブルのもとになりかねないので、注意が必要です。
平野清美
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ
平野清美さんのコメント
添加物や化学薬品の使用有無は必須のチェック項目です。特に輸入物に関してはオーガニック認証マークがついているものを選ぶのが無難でしょう。「JAS(日本)」「USDA(アメリカ)」「BIO(EU)」といった認証マークの取得には時間もお金もかかるので、製造元のオイルに対する熱意の指標になるかもしれません。

しかし、認証マークが無いものでも鮮度が良い商品もあるので、一概にマークが無いからダメ!という訳ではないのが難しいところ。あくまでも認証マークは目安にし、製造過程までしっかり確認するのが最善です。

農場と搾油所が同じ一貫生産で作られたオイルを選ぶ

農場と搾油所が同じ一貫生産で作られたオイルを選ぶ
オイルの質を決める重要な要素として、収穫から圧搾までにどれだけ時間を短縮できるかという点が挙げられるでしょう。多くの農場では、収穫した後に別の場所にある圧搾所に送られています。

しかし、その運搬などの時間でアボカドの酸化が進んでしまい、最終的にできあがるオイルの質を下げてしまいます。農場と圧搾所が同一の場所であれば一元管理し、質の高いアボカドオイルの製造が可能というわけです。
平野清美
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ
平野清美さんのコメント
代表的な果実オイルでオリーブがありますが、収穫から搾油までの時間による影響が大きく、圧搾までの時間によって鮮度や味・香りに影響がでます。いかに時短で搾油できるかでクオリティが決まるため、農場と搾油所が同じ敷地にあるのが望ましいと言われています。

アボカドオイルも同じように果実からの搾油になるので、良質なアボカドオイルを作るためには、収穫してから熟すまでのタイミングを見分けることが重要です。そのため、果実生産者との連携が取れているしっかりした生産管理の元で作られるオイルが良いでしょう。

遮光性のある瓶やステンレスの容器を選ぶ!

遮光性のある瓶やステンレスの容器を選ぶ!
アボカドオイルは紫外線を受けると酸化してしまいます。少しでも長くアボカドオイルの品質を保つため、遮光性のボトルに入っているものを選ぶのがベターです。透明なボトルに入っているアボカドオイルの場合は、遮光ボトルに小分けしたり、アルミホイルなどで覆って紫外線をカットすると良いでしょう。

ボトルは、瓶やステンレスのものを選び、なるべく早く使いきれるサイズを選んでください。
平野清美
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ
平野清美さんのコメント
オイルは全て、熱・空気・光に弱い性質があるので、必ず遮光性の高い容器を選びましょう。プラスティック容器の場合は、プラスティックに含まれる化学物質が溶け出す可能性があるので避けたいところです。

全てのオイルに言えることですが、開封した時点から1日1日酸化が進み、味が落ちてファイトケミカルやビタミンも減っていきます。遅くとも開封後1ヵ月~3ヵ月で使い切れるといいでしょう。

アボカドオイルのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のアボカドオイルをランキング形式でご紹介します。ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月5日時点)をもとに順位付けしました。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

10位
抽出方法低温圧搾
精製-
添加物
認証マーク
原産国チリ
容器-
9位
抽出方法-
精製-
添加物
認証マーク
原産国ニュージーランド
容器-
8位
抽出方法低温圧搾
精製未精製
添加物
認証マーク有(BRC)
原産国メキシコ
容器-
7位
アボカドオイル La Tourangelle(ラ・トゥランジェル) アボカドオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

La Tourangelle(ラ・トゥランジェル)アボカドオイル

1,959円 (税込)

抽出方法-
精製-
添加物
認証マーク-
原産国フランス
容器金属ボトル
6位
抽出方法低温圧搾
精製-
添加物
認証マーク
原産国南アフリカ
容器-
5位

コストコホールセールジャパンチョーズン フーズ アボカドオイル

2,680円 (税込)

抽出方法-
精製-
添加物
認証マーク-
原産国メキシコ
容器-
4位

アボカドオイルニュージーランドグローブ エクストラバージン アボカドオイル

2,200円 (税込)

抽出方法低温圧搾
精製-
添加物
認証マーク
原産国ニュージーランド
容器-
3位

レインフォレストハーブジャパン低温圧搾一番搾り カリフォルニア エキストラ バージン アボカドオイル

1,280円 (税込)

抽出方法低温圧搾
精製未精製
添加物
認証マーク
原産国アメリカ
容器ガラス瓶
2位
抽出方法低温圧搾
精製未精製
添加物
認証マーク
原産国ニュージーランド
容器-
1位
アボカドオイル Dynaworth(ダイナワース) ファンクティア アボカドオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

Dynaworth(ダイナワース)ファンクティア アボカドオイル

1,952円 (税込)

抽出方法-
精製-
添加物
認証マーク
原産国トルコ
容器プラスチック瓶

人気アボカドオイルの比較一覧表

商品画像
1
アボカドオイル Dynaworth(ダイナワース) ファンクティア アボカドオイル 1枚目

Dynaworth(ダイナワース)

2
アボカドオイル ヤカベ エキストラバージンアボカドオイル 1枚目

ヤカベ

3
アボカドオイル レインフォレストハーブジャパン 低温圧搾一番搾り カリフォルニア エキストラ バージン アボカドオイル 1枚目

レインフォレストハーブジャパン

4
アボカドオイル アボカドオイルニュージーランド グローブ エクストラバージン アボカドオイル 1枚目

アボカドオイルニュージーランド

5
アボカドオイル コストコホールセールジャパン チョーズン フーズ アボカドオイル 1枚目

コストコホールセールジャパン

6
アボカドオイル ユウキ食品 エクストラバージンアボカドオイル 1枚目

ユウキ食品

7
アボカドオイル La Tourangelle(ラ・トゥランジェル) アボカドオイル 1枚目

La Tourangelle(ラ・トゥランジェル)

8
アボカドオイル Avoplus Japan アボカドオイル ロシオ・デル・ボスケ 1枚目

Avoplus Japan

9
アボカドオイル Olivado(オリバード) アボカドオイル レモン 1枚目

Olivado(オリバード)

10
アボカドオイル 紅花食品 エキストラバージン アボカドオイル 1枚目

紅花食品

商品名

ファンクティア アボカドオイル

エキストラバージンアボカドオイル

低温圧搾一番搾り カリフォルニア エキストラ バージン アボカドオイル

グローブ エクストラバージン アボカドオイル

チョーズン フーズ アボカドオイル

エクストラバージンアボカドオイル

アボカドオイル

アボカドオイル ロシオ・デル・ボスケ

アボカドオイル レモン

エキストラバージン アボカドオイル

特徴たっぷり1L!コスパ抜群で惜しまず使える1本にNZ産アボカドの成分をたっぷり凝縮肥沃な大地で育ったアボカドの無添加一番搾りオイル素材本来の色鮮やかなグリーンが魅力のNZ産オイル料理などにたっぷり使える100%ピュアオイル味・香りそのままのピュアなアボカドオイル料理はもちろん、ボディケア用にもおすすめ果肉だけで絞ったこだわりの逸品レモンを加えてさっぱりした味わいにお試しにもぴったりな100gサイズ
最安値
1,952
送料要確認
詳細を見る
1,910
送料別
詳細を見る
1,280
送料別
詳細を見る
2,200
送料要確認
詳細を見る
2,680
送料無料
詳細を見る
1,373
送料無料
詳細を見る
1,959
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
2,160
送料別
詳細を見る
1,164
送料要確認
詳細を見る
抽出方法-低温圧搾低温圧搾低温圧搾- 低温圧搾-低温圧搾-低温圧搾
精製-未精製未精製-- --未精製--
添加物
認証マーク- -有(BRC)
原産国トルコニュージーランドアメリカニュージーランドメキシコ南アフリカフランスメキシコニュージーランドチリ
容器プラスチック瓶-ガラス瓶---金属ボトル---
商品リンク

アボカドオイルを使用する際の注意点

最後に、アボカドオイルを使用する上で注意すべき点を4つご紹介します。

アトピーの人は主治医に相談してから使用する

アトピーの人は主治医に相談してから使用する
リノール酸の過剰摂取は、アレルギー体質だけでなくアトピー性皮膚炎の原因になるとも言われています。そのため、すでにアトピー性皮膚炎を患っている方はリノール酸の含有量が多いアボカドオイルを摂取するべきではないという説があります。

摂り方や体質によって結果が左右されることも考えられますので、アトピー性皮膚炎の方は主治医に用法用量を相談の上、使用するようにしましょう。

肌や髪に使う場合は化粧品用がおすすめ

肌や髪に使う場合は化粧品用がおすすめ
アボカドオイルには食用のものと髪や肌に直接使用する美容用のものがあり、今回ご紹介したアボカドオイルは全て食用のものです。スキンケアやヘアケアには食用ではなく、美容用アボカドオイルを使うことをおすすめします。

美容用のアボカドオイルは、不純物を徹底的に取り除いたより純度の高いオイルとなっています。食用のアボカドオイルをスキンケアに使用する方も少なくありませんが、製造工程で添加物や化学物質が添加されている場合は肌トラブルのもとにもなりかねません。髪や肌に使う場合は、美容用のものをチェックしてくださいね。

平野清美
オイルソムリエ/シニアオイルソムリエ
平野清美さんのコメント

食用のアボカドオイルでパッチテストをしてアレルギー反応がでなかった方でも、肌荒れを起こして敏感になっている時は使用を控えて下さい。お肌が敏感な時は植物の持つ栄養成分が刺激になり、接触性皮膚炎などを起こす場合がありますので、自分のお肌の状態をしっかり把握してからご使用ください。


ただ、日本オイル美容協会としては、お肌の上に塗布した状態は、熱・空気・光にさらされていることになるので、アボカドオイルだけでの使用は積極的にはおすすめできません。


過酸化脂質がお肌の上でトラブルを招き、肌老化の原因になります。できればお肌の構成成分の1つのワックスエステルを高含有している、ホホバオイルにブレンドしてご使用いただくことをおすすめしています。

冷暗所で保存し、使用期限は3ヵ月を目安に

冷暗所で保存し、使用期限は3ヵ月を目安に
アボカドオイルをベストコンディションで使用したいのであれば、直射日光が当たらず冷えすぎない場所で保管するようにしましょう。

アボカドオイルは、約10℃以下で白く固まってしまう特徴があります。常温になれば液体に戻るため、品質に問題はありませんが、香りが飛んで風味が悪くなってしまうというデメリットがあります。

また、アボカドオイルの賞味期限は商品にもよりますが、だいたい半年から一年ほどです。しかし、それは密封状態での賞味期限であり、一度開封すると空気に触れて酸化が始まってしまいます。開封したアボカドオイルは、賞味期限にかかわらず3ヵ月程度で使い切るようにしましょう。

摂り過ぎには注意

摂り過ぎには注意
アボカドオイルがいくら美容と健康に良く、ダイエットにも効果があるオイルとはいえ、油である以上高カロリーであることに変わりはありません。摂り過ぎると簡単にカロリーオーバーになってしまいます。

1日の摂取量の目安は大さじ1杯前後(10〜20g程度)と覚えておきましょう。

アボカドオイルの売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、アボカドオイルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめのアボカドオイルを人気ランキング順に紹介しましたが、いかがでしたか?

アボカドオイルは、自然素材から作られるものであるからこそ、商品によって品質に差があります。ぜひこの記事を参考に、品質と安全性が高く、味や香りの好みに合ったアボカドオイルを見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す