• 鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

鉄フライパンのおすすめ人気ランキング10選【空焼き不要のタイプも!】

場合によっては、一生使い続けることのできる鉄フライパン。使ううちに表面がなじんで、どんどん使いやすくなるのも醍醐味です。最近では空焼き不要のタイプも出てきて、より手軽に使えるようになっています。柳宗理やビタクラフトなどのブランドから魅力的な商品が数多く出ていますが、毎日のように使う道具ですから、慎重に選びたいものです。


そこで今回は、人気の商品をご紹介するだけでなく、選び方のポイントも解説します。長く使えるからこそ後悔しないよう、ベストな鉄フライパンを選びましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,402  views
目次

一生使い続けられる!鉄フライパンの魅力とは

一生使い続けられる!鉄フライパンの魅力とは

鉄フライパンはメンテナンスさえしっかりすれば10年以上は持ち、物によっては一生使っていくことができます。よくあるフッ素加工のフライパンだと、保っても2~3年。コーティングが剥がれてしまうため、買い替える必要があります。


鉄フライパンなら、そもそもコーティングについて気にしなくて済みますし、丈夫なため、汚れも金属タワシなどでこすって落とせます。熱伝導率も高く、短い時間で美味しく調理ができるのもいいところ。


素材の特性上、どうしても重くなるといった点はありますが、それを補って余りあるメリットがたくさんありますよ。長く付き合える鉄フライパン、ぜひ使ってみませんか?

鉄フライパンの選び方

まずは、鉄フライパンを選ぶポイントをご紹介します。長く使っていける物ですから、後悔しないようにしっかり選びましょう!

重さ・厚みがポイント?!鉄フライパンのサイズ選び

フライパンのサイズ選びは重要ですね。鉄フライパンを選ぶ場合には、特に重さと厚みがチェックポイントとなります。早速見ていきましょう。

重さは最重要ポイント

重さは最重要ポイント

出典:amazon.co.jp

やはり、鉄フライパンを使う上で重要なのは重さですね。こちらはメーカーごとに同じサイズでも重さにかなり違いがあるため、女性や年配の方はできるだけ軽い物を選ぶのがベター。よく使われる26cmを見ると多いのは1kgほどですが、一部に900g台の軽いタイプも販売されています。


ちなみに、この後にご紹介するランキングでは、主に26cmとその前後サイズの重さを載せているので参考にしてください。結構な差があるので、びっくりしますよ。

厚みによって向いている料理が違う

厚みによって向いている料理が違う

鉄フライパンを購入するなら、厚みも重要なポイント。厚みによって得意な料理が違い、炒め物中心ならすぐに温まる1.6mm以下の薄いタイプ、ステーキなどには2mm以上が向いています。厚みがあるほど温まるのに時間は掛かりますが、均一に熱が通り冷めにくいので、じっくりと焼けますよ。

空焼き不要のタイプも便利

空焼き不要のタイプも便利

出典:amazon.co.jp

鉄フライパンを購入したら、錆び防止のために塗られている錆止め剤を火に掛けて焼き切る「空焼き(焼き込み)」という作業を行う必要があります。その後に油慣らしを行いますが、空焼きの際は結構な煙が出るので、ご家庭によっては難しいケースも…。そこでおすすめなのが、空焼きの必要がないタイプです。


こちらは表面に特殊な熱処理を施すことで、錆止め剤を使わなくても錆びにくくしています。油慣らしについては鉄フライパンであればどんなタイプでも行う必要がありますが、詳しくはランキング後にご紹介していますので、こちらも参考にしてくださいね。

ハンドルのタイプにも注目しよう

取っ手の部分は、大きく分けて2タイプに分かれます。それぞれメリットがあるため、購入前に把握しておきましょう。

安全で握りやすい「木製」「フェノール樹脂」ハンドル

安全で握りやすい「木製」「フェノール樹脂」ハンドル

出典:amazon.co.jp

こちらは、取っ手の部分が木やフェノール樹脂で出来たタイプです。熱が伝わらず、金属よりも柔らかいため持ちやすいのが特徴です。フェノール樹脂はプラスチックの一種ですが、高温でも強度が変わらないため、フライパンや鍋などのハンドルによく使われています。


便利なタイプですが、使ううちにハンドル部分の接続が緩んで取れることがあることについては頭に入れておきましょう。

丈夫で長持ちする「金属製」ハンドル

丈夫で長持ちする「金属製」ハンドル

出典:amazon.co.jp

こちらは本体と一体型、もしくは本体と同素材の鉄やステンレス製のハンドルが付いているタイプです。とにかく丈夫なので、一生鉄フライパンを使っていきたいなら特におすすめです。ちなみに、そのままオーブンに入れるといった使い方もできますよ。


加熱しているうちにハンドル部分も段々と熱くなるものの、火力が低い家庭用コンロならヤケドするまでにはなりません。


特に熱伝導率が鉄よりも低いステンレス製だと、熱くなりにくいのでおすすめ。なお、あまり長時間加熱した際や、強力な業務用コンロでご使用の際は取っ手も熱くなるケースがあるため、その点にはご注意くださいね。

鉄フライパンの人気ランキング10選

それでは、いよいよ人気の鉄フライパンをご紹介します。それぞれ特徴があるので、選び方を参考にずっと使っていく鉄フライパンを見つけてくださいね!

10位
重さ約505g(18cm)・約800g(22cm)・1460g(25cm)
厚み-
空焼き必要なし
ハンドルの材質フェノール樹脂
サイズの種類18cm・22cm・25cm
IH対応使用可能
9位
重さ約1300g(24cm)・約1520g(26cm)・約1900g(28cm)
厚み-
空焼き必要
ハンドルの材質
サイズの種類20cmから40mまで(2cm間隔)・45cm
IH対応使用可能
8位
鉄フライパン タクミジャパン 匠 鉄製フライパン
出典:amazon.co.jp

タクミジャパン匠 鉄製フライパン

3,118円 (税込)

重さ739g(20cm)・971g(24cm)・1170g(26cm)
厚み約1.6mm
空焼き必要
ハンドルの材質天然木(ブナ)
サイズの種類20cm・24cm・26cm
IH対応使用可能
7位

藤田金属スイト 匠の技 鉄フライパン

2,062円 (税込)

重さ約1070g(26cm)・約1160g(28cm)
厚み1.4mm
空焼き必要なし
ハンドルの材質アルミ・フェノール樹脂
サイズの種類20cm・24cm・26cm・28cm
IH対応使用可能
6位

デバイヤー鉄フライパン ミネラルビー エレメント

5,300円 (税込)

重さ1424g(24cm)・1893g(26cm)・2180g(28cm)
厚み-
空焼き必要なし(熱湯で蜜蝋を洗い流すだけ)
ハンドルの材質
サイズの種類12cm・20cm・24cm・26cm・28cm
IH対応使用可能
5位
重さ800g(24cm)・940g(26cm)・1130g(28cm)
厚み1.6mm
空焼き必要
ハンドルの材質
サイズの種類16cmから45cmまで(2cm間隔)
IH対応使用可能
4位
重さ662g(20cm)・962g(26cm)
厚み1.6mm
空焼き必要なし
ハンドルの材質ステンレス製
サイズの種類20cm・26cm
IH対応使用可能
3位

和平フレイズサビにくい鉄フライパン

3,698円 (税込)

重さ1160g(26cm)
厚み1.6mm
空焼き必要なし
ハンドルの材質木製
サイズの種類20cm・24cm・26cm
IH対応使用可能
2位
鉄フライパン 遠藤商事 業務用 鉄黒皮厚板フライパン
出典:amazon.co.jp

遠藤商事業務用 鉄黒皮厚板フライパン

1,468円 (税込)

重さ1160g(24cm)・1330g(26cm)・1550g(28cm)
厚み2.3mm
空焼き必要
ハンドルの材質
サイズの種類16cmから45cmまで(2cm間隔)
IH対応使用可能
1位

リバーライト極 ジャパン フライパン

6,180円 (税込)

重さ830g(24cm)・948g(26cm)・1300g(28cm)
厚み-
空焼き必要なし
ハンドルの材質木製
サイズの種類16cmから28cmまで(2cm間隔)
IH対応使用可能

人気鉄フライパンの比較一覧表

商品画像
1
鉄フライパン リバーライト 極 ジャパン フライパン

リバーライト

2
鉄フライパン 遠藤商事 業務用 鉄黒皮厚板フライパン

遠藤商事

3
鉄フライパン 和平フレイズ サビにくい鉄フライパン

和平フレイズ

4
鉄フライパン ビタクラフト 鉄フライパン

ビタクラフト

5
鉄フライパン 遠藤商事 業務用 鉄フライパン

遠藤商事

6
鉄フライパン デバイヤー 鉄フライパン ミネラルビー エレメント

デバイヤー

7
鉄フライパン 藤田金属 スイト 匠の技 鉄フライパン

藤田金属

8
鉄フライパン タクミジャパン 匠 鉄製フライパン

タクミジャパン

9
鉄フライパン turk クラシックフライパン

turk

10
鉄フライパン 柳宗理 鉄フライパン フタ付き

柳宗理

商品名

極 ジャパン フライパン

業務用 鉄黒皮厚板フライパン

サビにくい鉄フライパン

鉄フライパン

業務用 鉄フライパン

鉄フライパン ミネラルビー エレメント

スイト 匠の技 鉄フライパン

匠 鉄製フライパン

クラシックフライパン

鉄フライパン フタ付き

特徴初心者にも使いやすいと大人気の鉄フライパンしっかりの厚みで、ステーキに最適!錆びにくく、メンテナンスの手間も減らせる熱くなりにくいステンレスキャストハンドルが便利サイズバリエーションの多さも魅力!安全な蜜蝋を錆止めに使用厚み1.4mmで、火の通りも早い!握りやすいブナ材のハンドルで、鍋振りもラクラクドイツの職人が作るこだわりの鉄フライパン左右に付いている注ぎ口が便利!
価格6,180円(税込)1,468円(税込)3,698円(税込)6,836円(税込)1,241円(税込)5,300円(税込)2,062円(税込)3,118円(税込)13,800円(税込)3,780円(税込)
重さ830g(24cm)・948g(26cm)・1300g(28cm)1160g(24cm)・1330g(26cm)・1550g(28cm)1160g(26cm)662g(20cm)・962g(26cm)800g(24cm)・940g(26cm)・1130g(28cm)1424g(24cm)・1893g(26cm)・2180g(28cm)約1070g(26cm)・約1160g(28cm)739g(20cm)・971g(24cm)・1170g(26cm)約1300g(24cm)・約1520g(26cm)・約1900g(28cm)約505g(18cm)・約800g(22cm)・1460g(25cm)
厚み-2.3mm1.6mm1.6mm1.6mm-1.4mm約1.6mm--
空焼き必要なし必要必要なし必要なし必要必要なし(熱湯で蜜蝋を洗い流すだけ)必要なし必要必要必要なし
ハンドルの材質木製木製ステンレス製アルミ・フェノール樹脂天然木(ブナ)フェノール樹脂
サイズの種類16cmから28cmまで(2cm間隔)16cmから45cmまで(2cm間隔)20cm・24cm・26cm20cm・26cm16cmから45cmまで(2cm間隔)12cm・20cm・24cm・26cm・28cm20cm・24cm・26cm・28cm20cm・24cm・26cm20cmから40mまで(2cm間隔)・45cm18cm・22cm・25cm
IH対応使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能使用可能
商品リンク

空焼きと油慣らしのポイントを押さえよう

最後に、鉄フライパンを使っていくために必要な、空焼きと油慣らしの方法をご紹介します。どちらも簡単にできるので、安心してくださいね。

空焼きのコツは「玉虫色まで加熱する」こと

空焼きのコツは「玉虫色まで加熱する」こと

開封してから始めに行うのは、この空焼きです。空焼きが必要なのは、主に錆び防止剤が塗ってあるタイプ。ただし空焼きには加熱することで鉄フライパンの表面に小さな穴をあけ、食材をくっつきにくくする効果もあるため、そのような加工がされていないタイプもできれば行っておくことをおすすめします。


洗剤で洗い、水気をしっかりと拭き取った鉄フライパンを火に掛けたら、中火から段々と強火にしていきます。そして、全体が青っぽい虹のような玉虫色になるまで加熱します。この際に煙がかなり出るため、警報器が作動してしまわないよう、換気はしっかり行ってくださいね。


加熱が終わったら自然に冷めるまで待ち、その後に油慣らしの作業を行います。ちなみに、油慣らしの前に再度洗剤で洗う方もいるようですが、これはどちらでも構いません。

油慣らしは、どの鉄フライパンも必要!

油慣らしは、どの鉄フライパンも必要!

空焼きが終わったら、次は油慣らしです。鉄フライパンをもう一度火に掛け、中火にして熱くなってきたら、1/3ほどまで油を注ぎます。後は傾けながら全体に油をなじませていき、煙が出てきたら火を止めて、油を別の容器に移します。


移したら油ひきやキッチンペーパーを使って、内部全体に油を塗りつけるように拭き取ります。この後に野菜くずを多めの油で炒めれば、油膜がしっかりと張られますよ。


油慣らしを行った後は、せっかくできた油膜がなくなってしまうため、よほど汚れているとき以外は洗剤を避けてくださいね。

まとめ

空焼きはマンションなどでは難しいですが、ご紹介したように空焼き不要のタイプもありますし、錆びにくいタイプを選べば、使用後に水気を拭き取るといった基本的なことを守れば、まず錆びません。


長持ちで、意外なほど扱いやすいタイプもある鉄フライパン、この機会に一つ手に入れてみてはいかがですか?

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す