• 中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】のアイキャッチ画像5枚目

中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【山田工業所製・IH対応も!】

チャーハンや野菜炒めを作るのに便利な中華鍋。形状によって北京鍋や広東鍋、炒め鍋やウォックパンとも呼ばれます。山田工業所の鉄製打ち出し鍋は以前からプロを中心に支持を集めていますね。最近では軽いチタン製やIH対応タイプ、焦げつかないフッ素加工品なども登場。空焼き不要のものやコンパクトサイズも販売されているので、一般家庭でも扱いやすくなってきています。

今回はそんな中華鍋をおすすめ順にランキング形式でご紹介。中華鍋は炒めものだけでなく、揚げ物や蒸し料理、燻製づくりにも活躍する万能鍋です。1つあればいろいろな用途に使えますので、ぜひこの機会に最高の一品を手に入れましょう。

この記事に登場する専門家

Mayu*
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 64,200  views
目次

中華鍋の選び方

まずは、中華鍋の選び方をご紹介します。形状や素材などチェックしておきたいポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

形で選ぶ

中華鍋には「北京鍋」と「広東鍋」の2種類あります。ここでは、それぞれの特徴と用途についてご紹介しますので、どちらを選ぶかを最初に決めましょう。

柄つきで片手で振れる「北京鍋」。初心者でも使いやすい

柄つきで片手で振れる「北京鍋」。初心者でも使いやすい
「北京鍋」は、片手で取り扱える深型の中華鍋。フライパンのように片手で鍋を振って食材を炒めることができるため、はじめての方でも取り扱いやすいのが特徴です。

ただし、サイズの大きいものや汁物を作る場合には、片手で支えるのが難しい場合も。最近では、持ち手の反対側にサブの持ち手がついている商品も販売されているので、中華鍋のサイズや調理内容に合わせて使いやすいものを選びましょう。

揚げ物や蒸し料理にも使いやすい「広東鍋」。炒め物にはコツが必要

揚げ物や蒸し料理にも使いやすい「広東鍋」。炒め物にはコツが必要
「広東鍋」は、両端に持ち手の付いた両手タイプの中華鍋です。北京鍋に比べ鍋底の丸みが浅く広いため、食材により早く熱を伝えることができます。

揚げ物や蒸し物をする場合も、油や水を早く加熱し、温度を維持することができるのがポイント。炒めもの以外の調理にも使う方におすすめです。

シーソーのようなイメージで揺すって食材を混ぜるため、使い方にはコツが必要。慣れるまでに少し時間がかかるので注意しましょう。

サイズは家族の人数とコンロの形状で選ぶ。重量チェックも忘れずに

サイズは家族の人数とコンロの形状で選ぶ。重量チェックも忘れずに
中華鍋ではチャーハンなど量のかさむ炒め物をすることも多いので、鍋を振ったり具材を混ぜてもこぼれない十分なゆとりが必要です。

そのため、通常使っているフライパンより一回り大きなサイズを選ぶのがおすすめ。2人分なら28~30cm、3人分以上を調理するのであれば30~33cm程度が最適です。

33cmより大きな鍋は家庭用のコンロ台の大部分を占めてしまうため、2口同時に使えなくなる可能性があります。また鍋肌全体に熱が回るのに時間がかかり、重量も増すため肝心の「振る」作業が難しくなってしまいます。

サイズを選ぶときは、調理する量とコンロの形状、片手で取り扱える重さかどうかにに注意しましょう。

素材で選ぶ

中華鍋の素材で最も一般的なのは鉄。そのほかにはチタンやアルミ・ステンレスなどがあります。それぞれのメリットデメリットをご紹介していきます。

鉄製:お手頃価格で料理の仕上がりが抜群。丈夫で熱伝導率が高い

鉄製:お手頃価格で料理の仕上がりが抜群。丈夫で熱伝導率が高い
「鉄」は、中華鍋のもっともスタンダードな素材です。熱伝導率が高く耐久性も高いため強い火力での調理が可能。また価格が手頃で油馴染みがよく、自然に鉄分が補給できるというメリットもあります。

ただし、錆びやすいので使用後にしっかりとしたお手入れが必要。重量も他素材に比べ重めです。しかしきちんとお手入れをすれば一生モノで、「自分の鍋を育てる」という楽しみ方もあります。

食材をムラなく加熱し、あこがれのパラパラ炒飯を作れるのはやはり鉄製。料理の仕上がりにこだわるなら、上質な鉄製の中華鍋を選びましょう。

チタン製:軽くて丈夫で扱いやすい。錆びに強くお手入れが簡単

チタン製:軽くて丈夫で扱いやすい。錆びに強くお手入れが簡単

出典:amazon.co.jp

「チタン」の特徴である熱伝導率の低さと油馴染みの悪さは中華鍋にとってデメリットですが、鉄の約2/3という軽さで、力の弱い人でも片手で取扱いやすいのは大きなメリットです。

なにより錆びに強く、強火調理に適した耐久性があるのは嬉しいポイント。調理・お手入れ両方の面で使い勝手のいい素材です。

ただし高額な商品が多いのがネック。最低でも1万円以上の予算が必要です。ある程度の重さがあっても問題のない方は、他素材の中華鍋がおすすめです。

アルミ・ステンレスの多層構造:お手入れが簡単なノンスティック加工の商品が多い

ステンレスとアルミを使った多層構造の中華鍋は、熱伝導率の高いアルミをステンレスで挟むことによって、効率的に鍋全体を加熱します。ただし熱伝導率・油馴染み・耐久性は鉄に劣り、価格もやや高め

反面、鍋の表面にノンスティック加工(焦げ付き防止加工)が施されていることが多く、少量の油でのヘルシー調理が可能で、使用後の汚れ落ちのよさもポイントです。他の素材に比べお手入れがしやすいので、手間を省きたい方にもおすすめですよ。

持ち手の素材も確認

持ち手の素材も確認
昔ながらの中華鍋は、本体の素材がそのまま持ち手に使われています。そのため、火力や柄の長さによっては素手で触ることができない場合も。

最近ではハンドルの部分に天然木など、熱伝導率が低い素材が使われている商品も多いので、鍋つかみやミトンを使うのが煩わしいと感じる方は、そういったタイプを選びましょう。

熱源はガス火が主流。IH対応タイプの確認が必須

熱源はガス火が主流。IH対応タイプの確認が必須

出典:amazon.co.jp

直火のイメージの強い中華鍋ですが、最近ではIHコンロの普及とともにIH対応タイプも増えてきています。やはり主流はガス火専用タイプですので、IHコンロをお使いの方は必ず対応しているかどうかを確認してください。

また、IHコンロはガス火のように持ち上げて振ることはできず、コンロに接した状態でゆすりながら調理します。底の部分が少し広めに作られているものを選ぶと、熱効率がアップしますよ。最近では、専用スタンドがついた丸底のIH対応中華鍋も出ていますので、検討してみるのも一手です。

反対に、ガス火を利用する方がIH兼用タイプを選ぶと、底が平らなため思った使い方ができない場合も。対応する熱源と形状は必ずチェックしましょう。

プロの愛用するおすすめの中華鍋

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの中華鍋をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、ご家庭のコンロでも使いやすいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

中華鍋の人気ランキング10選

ここからは、おすすめの中華鍋をランキング形式でご紹介していきます。デザイン性に優れたものや実用性の高いものなど様々ありますので、きっとお気に入りが見つかりますよ。
10位
タイプ広東鍋
サイズ直径32.5×高さ13cm
重量3500g
本体の素材鋳鉄
持ち手鋳鉄
IH対応×
9位
タイプ広東鍋
サイズ直径28×高さ9cm
重量1300g
本体の素材アルミ・ステンレス3層構造(表面/フッ素樹脂加工)
持ち手ステンレス
IH対応
8位
タイプ北京鍋
サイズ直径32×深さ9×ハンドル22cm
重量2105g
本体の素材アルミニウム・チタン・ステンレス・フッ素樹脂加工
持ち手記載なし
IH対応
7位
タイプ北京鍋
サイズ直径31×高さ8.9cm
重量1500g
本体の素材18-8ステンレス・アルミ・18-0ステンレス3層構造(表面/フッ素樹脂加工)
持ち手記載なし
IH対応
6位
タイプ広東鍋
サイズ直径30×高さ8cm
重量930g
本体の素材
持ち手
IH対応×
5位
中華鍋 北陸アルミニウム ウー・ウェンパン テフロン加工中華鍋 28cm
出典:amazon.co.jp

北陸アルミニウムウー・ウェンパン テフロン加工中華鍋 28cm

WPL28

8,998円 (税込)

タイプ北京鍋
サイズ外径28.8×51×高さ12cm
重量1530g(フタ含む)
本体の素材アルミニウム合金(マグネシウム合金)・内面テフロンTMプラチナプラス加工・外面セラミック耐熱塗装
持ち手木製
IH対応×
4位
タイプ北京鍋
サイズ直径27×深さ8cm
重量885g
本体の素材
持ち手木製
IH対応×
3位
タイプ北京鍋
サイズ直径27×深さ7.8cm
重量930g
本体の素材
持ち手
IH対応×
2位
タイプ北京鍋
サイズ48.5×31.1×11.5cm
重量835g
本体の素材鉄(透明シリコン焼付塗装)
持ち手木製
IH対応×
1位
タイプ北京鍋
サイズ直径30×高さ9cm
重量980g
本体の素材
持ち手
IH対応×

人気 中華鍋の比較一覧表

商品画像
1
中華鍋 山田工業所 鉄打ち出し片手鍋 30cm

山田工業所

2
中華鍋 ファンシア 鉄製木柄北京鍋 30cm お玉付き  1枚目

ファンシア

3
中華鍋 遠藤商事 業務用 プレス北京鍋 27cm 1枚目

遠藤商事

4
中華鍋 山田工業所 鉄 打出木柄 中華片手鍋 27cm 1枚目

山田工業所

5
中華鍋 北陸アルミニウム ウー・ウェンパン テフロン加工中華鍋 28cm

北陸アルミニウム

6
中華鍋 山田工業所 鉄打ち出し中華鍋 30cm

山田工業所

7
中華鍋 フジノス フジIH中華鍋DX 31cm

フジノス

8
中華鍋 SCANPAN CTX ウォック 32cm  1枚目

SCANPAN

9
中華鍋 クリステル フッ素加工中華鍋 28cm

クリステル

10
中華鍋 岩鋳 南部鉄器中華鍋 32.5cm

岩鋳

商品名

鉄打ち出し片手鍋 30cm

鉄製木柄北京鍋 30cm お玉付き

業務用 プレス北京鍋 27cm

鉄 打出木柄 中華片手鍋 27cm

ウー・ウェンパン テフロン加工中華鍋 28cm

鉄打ち出し中華鍋 30cm

フジIH中華鍋DX 31cm

CTX ウォック 32cm

フッ素加工中華鍋 28cm

南部鉄器中華鍋 32.5cm

特徴不動の人気!使い勝手がよく料理の仕上がりも抜群振りやすく扱いやすい835gの軽量タイプ気軽に手に取れるリーズナブルさが魅力大人気「山田工業所」の木製持ち手タイプ1台7役のオールマイティーな中華鍋油馴染みのいい打ち出し製法大量調理でも安心!両手で持ち運べるミニ持ち手付き全面多層構造でIHに最適。デンマーク製の高級中華鍋デザイン性だけでなく実用にも優れた鍋キッチンで存在感を放つ南部鉄器の中華鍋
最安値
3,190
送料別
詳細を見る
1,880
送料要確認
詳細を見る
1,210
送料別
詳細を見る
4,554
送料要確認
詳細を見る
8,998
送料無料
詳細を見る
1,570
送料別
詳細を見る
8,932
送料別
詳細を見る
45,100
送料無料
詳細を見る
30,332
送料要確認
詳細を見る
12,620
送料無料
詳細を見る
タイプ北京鍋北京鍋北京鍋北京鍋北京鍋広東鍋北京鍋北京鍋広東鍋広東鍋
サイズ直径30×高さ9cm48.5×31.1×11.5cm直径27×深さ7.8cm直径27×深さ8cm外径28.8×51×高さ12cm直径30×高さ8cm直径31×高さ8.9cm直径32×深さ9×ハンドル22cm直径28×高さ9cm直径32.5×高さ13cm
重量980g835g930g885g1530g(フタ含む)930g1500g2105g1300g3500g
本体の素材鉄(透明シリコン焼付塗装) アルミニウム合金(マグネシウム合金)・内面テフロンTMプラチナプラス加工・外面セラミック耐熱塗装18-8ステンレス・アルミ・18-0ステンレス3層構造(表面/フッ素樹脂加工) アルミニウム・チタン・ステンレス・フッ素樹脂加工アルミ・ステンレス3層構造(表面/フッ素樹脂加工)鋳鉄
持ち手木製木製木製記載なし記載なしステンレス鋳鉄
IH対応×××××××
商品リンク

炒め物・天ぷら・唐揚げには、フライパンや揚げ物用鍋も!

今回は中華鍋に絞ってご紹介しましたが、炒め物にはフライパンも便利。以下の記事ではさまざまな素材のフライパンの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

中華鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、中華鍋のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、中華鍋のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

スタンダードでお手頃価格な鉄製、チタン製の高級タイプ、機能性の高い多層構造などいろいろなタイプがありますので、お手入れや調理内容に合わせて使い勝手のいい中華鍋をみつけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す