• スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】のアイキャッチ画像1枚目
  • スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】のアイキャッチ画像2枚目
  • スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】のアイキャッチ画像3枚目
  • スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】のアイキャッチ画像4枚目
  • スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】のアイキャッチ画像5枚目

スキレットのおすすめ人気ランキング20選【キャンプやアウトドアにも】

キャンプなどのアウトドアシーンで、直火で調理する際に重宝するスキレット。最近ではIHで使えるものも多く、普段使いの調理器具としても人気です。ステーキやハンバーグといった焼く料理はもちろんのこと、アヒージョなどの煮込み料理にも使われ、幅広く活用できる調理器具でもあります。


しかし、ユニフレーム・コールマン・ロッジなどスキレットを販売しているメーカーは多く、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。そこで、今回の記事では、スキレットの選び方と、人気が高いおすすめのスキレットをランキング形式でご紹介します。スキレットが気になっているあなた、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 最終更新日:2019年11月18日
  • 90,968  views
目次

スキレットにはどんなメリットがあるの?

スキレットにはどんなメリットがあるの?

見た目がおしゃれでSNS映えすると人気のスキレットですが、まずは普通のフライパンと比べて、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう!まず挙げられるのは、熱が伝わりやすく、調理をすばやく行えるという点。


また、食材に均一に熱が伝わり、素材の旨味を引き出してくれます。ステーキやハンバーグ、パンケーキといった分厚くて時間のかかる調理も、美味しく早く行えますよ。


また、蓄熱性にも優れているので、余熱調理を行ったり、そのまま食卓に出したりすることも可能です。飲み物や他の料理、スイーツと並べれば、思わず写真に撮りたくなるような食卓に!普通のフライパンとあわせて一つ持っておくと、色々と料理の幅が広がること間違いなしですよ。

スキレットの選び方

ここでは、スキレットの選び方のポイントをご紹介します。ポイントをしっかり押さえて、スキレット選びに役立ててくださいね!

まずは大きさや深さをチェック!

スキレット選びの際にまず注目したいのが、スキレットの大きさや深さ。一人暮らしかどうかやどんな料理を作りたいかによって向いた大きさや深さは変わってくるので、ポイントをしっかり確認しておきましょう!

1人用なら15cm程度、家族用なら22cm〜25cm程度のものを

1人用なら15cm程度、家族用なら22cm〜25cm程度のものを

スキレットは厚みがあり、サイズが大きくなるほど重くなってしまうので、基本的には必要最低限の大きさのものを選ぶことがおすすめです。


目安としては、一人暮らしの方なら、15cm程度のものを選ぶとよいでしょう。この程度の大きさなら、目玉焼きやベーコンエッグなど、一人分の朝食を作るのにぴったりです。


3〜4人ほどの家族で使うなら、22cm〜25cm程度を目安にしてください。大きめのステーキやパエリアなど、家族みんなで食べる料理を作ることができますよ。

煮たり茹でたりするなら深型が便利!

煮たり茹でたりするなら深型が便利!

スキレットは一般的に、炒めたり焼いたりといった用途に用いられることが多いですが、深さがあるスキレットなら煮込みや茹でといった用途にも活用できます。その場合は深型の形状のものが便利です。


例えば、アヒージョや煮込みハンバーグのような料理に使いたいなら、5cm以上の深さを目安にするのがおすすめ。ただし、深型のスキレットは浅型よりもかさばりがちなので、収納場所はきちんと確保しておきましょう。

見た目や機能性で素材を選ぶ

スキレットに使われる素材は鋳鉄が基本ですが、最近では他の素材を使った商品も販売されています。主に使われることが多い素材についてご紹介するので、自分に合うものを選びましょう。

鋳鉄製:丈夫で保温性抜群。ステーキ・ハンバーグの調理やアウトドアに

鋳鉄製:丈夫で保温性抜群。ステーキ・ハンバーグの調理やアウトドアに
鋳鉄製のスキレットは、まさにスキレットとしてのメリットだらけ。熱伝導率が高く蓄熱性が高いので、ハンバーグやステーキなど、スキレットの定番料理を作りたい方にぴったりです。

また、丈夫で耐久性も高いため、アウトドアでの利用にも最適。アウトドアでの利用を考えている方は、迷わず鋳鉄製を選ぶのがおすすめです。


ただし、はじめて使うときは事前にシーズニングの作業が必要です。また、お手入れにも洗剤が使えないなどの制限があります。最近ではシーズニング不要のタイプも販売されていますので、面倒な方はその点もチェックしてから購入してください。

耐熱陶器製:電子レンジ可でお手入れもラク。初心者におすすめ!

耐熱陶器製:電子レンジ可でお手入れもラク。初心者におすすめ!
最近話題になっているのが、耐熱陶器でできたスキレット。直火に加えて電子レンジでも使えるものがほとんどなので、時短調理に活躍します。より手軽に料理をしたい方におすすめです。

また、食器洗浄機に対応しているものも多く、特別なお手入れが必要ないので手軽に使えるところもポイント。扱いが簡単なので、スキレット初心者にもおすすめです。


ただし、衝撃に弱く、熱伝導率・蓄熱性が弱めというデメリットも。肉などを焼いて、ジュージュー焦げる音と一緒に楽しみたい方は注意してください。

ホーロー製:色が豊富でおしゃれ。SNS映えも重視したい方に

ホーロー製:色が豊富でおしゃれ。SNS映えも重視したい方に
ホーロー製のスキレットは、見た目が最大の魅力。カラーバリエーションが豊富でおしゃれなので、食卓に並べてSNSなどにアップしたい!という方におすすめです。

ただし、火力が強すぎると焦げてしまい、せっかくのホーローも台無しになってしまいます。そのため、鋳鉄製のようなハードな使い方はNG。使い慣れていない方は注意してくださいね。


なお、最近では、外側がホーローで内側は鋳鉄製という商品も販売されています。見た目と機能性の両方を求めている方はそちらもチェックしておきましょう。

無水料理などをしたいなら、蓋付きがおすすめ

無水料理などをしたいなら、蓋付きがおすすめ

出典:amazon.co.jp

スキレットで無水調理や、ダッチオーブンに近い使い方をしたいなら、鋳鉄の蓋つきのスキレットがおすすめです。


蓋なしのスキレットでも、炒めや焼きといった用途なら十分に活用できますが、蓋があればより調理の幅が広がります。後からスキレットの蓋が欲しくなった場合には、別売りの「スキレットカバー」を購入して使うこともできますが、セットになっているほうがお得ですよ。

長めの取っ手がおすすめ!両手タイプも選択肢に

長めの取っ手がおすすめ!両手タイプも選択肢に

出典:amazon.co.jp

スキレットは持ち手も鋳鉄でできているものがほとんどなので、火傷をしないようにミトンなどを使用します。そのため、ミトンで掴みやすいよう、持ち手が長めのものがおすすめです。


また、中には持ち手が両手になっている商品も存在します。重量のあるものやサイズの大きなものは、両手でしっかり持てるタイプの方が安定するので、購入予定のスキレットのサイズに合わせて両手タイプも検討するとよいでしょう。


ただし、オーブンなどで調理するときには、持ち手が邪魔で庫内に入らない可能性も。お使いの調理器具のサイズを事前に確認してください。なお、オーブンが小さい場合は、持ち手を外せるものを選ぶと使いやすいですよ。

お使いのIHに対応しているかも要確認!

お使いのIHに対応しているかも要確認!

スキレットは基本的に直火には対応していますが、IHに対応しているかは商品によってさまざま。IHコンロを使っているなら、IH対応製品かどうか、しっかり確認しておくのがおすすめです。


また、スキレットはサイズの小さなものも多いため、IH対応商品だったとしても、IHコンロのサイズによっては使えない場合も。お使いのIHコンロの規格を確認し、サイズが合うかどうかもチェックしましょう。

作る料理や目的によっては、丸型以外もアリ!

作る料理や目的によっては、丸型以外もアリ!

スキレットといえば丸型が主流ですが、中には角型や変形タイプの商品も販売されています。万能型でどんな料理にも使えるのは丸型ですが、卵焼きのように四角く仕上げたい場合には角型の方が便利です。


他の変形タイプのスキレットとしては、星型やハート型のものなどが挙げられます。これらは調理上の利便性では丸型や角型に劣りますが、見た目のかわいさは抜群。写真映えを狙いたい方には、変わった形のものをチョイスするのもいいですね。

スキレットのおすすめ人気ランキング20選

ここからは、人気のスキレットをランキング形式でご紹介します。どんなスキレットが人気なのか、ぜひチェックしてみてくださいね!

20位
サイズ18.4㎝
深さ5.2㎝
重さ0.47kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH×
素材耐熱陶器
×
シーズニング不要
19位
サイズ16㎝
深さ4.2㎝
重さ1.1kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH×
素材ホーロー
×(別売)
シーズニング必要
18位
サイズ19㎝
深さ4.5㎝
重さ1.8kg
持ち手片手(取り外し可)
IH
素材鋳鉄
×
シーズニング不要
17位

チャムスホーロー スキレット

CH62-1261

3,240円 (税込)

サイズ20.5㎝
深さ5.5㎝
重さ1.6kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材ホーロー
×
シーズニング不要
16位

ロッジロジック ワンダースキレット

L5WS3

2,041円 (税込)

サイズ13㎝四方
深さ2㎝
重さ0.81kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×
シーズニング不要
15位

ペトロマックスグリルファイヤースキレット

gp30h-t 13193

6,292円 (税込)

サイズ30㎝
深さ5㎝
重さ3.7kg
持ち手両手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×
シーズニング-
14位

ロッジロジック ラウンドグリドル

L9OG3

3,044円 (税込)

サイズ26㎝
深さ1.5㎝
重さ2kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×
シーズニング不要
13位

スケーター 取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット

INFW16

2,019円 (税込)

サイズ20㎝
深さ3㎝
重さ1.5kg
持ち手片手(取り外し可)
IH
素材鋳鉄
シーズニング必要
12位
サイズ25.7㎝
深さ8.2㎝
重さ3kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
×(別売)
シーズニング不要
11位

ル クルーゼスキレット

20124-20-09

13,552円 (税込)

サイズ20㎝
深さ-
重さ1.5kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材ホーロー
×
シーズニング-
10位
サイズ15.1㎝
深さ4㎝
重さ1kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
×
シーズニング不要
9位
スキレット キャプテンスタッグ 両手スキレット 1枚目
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグ両手スキレット

UG−3032

330円 (税込)

サイズ18㎝
深さ5㎝
重さ1.3kg
持ち手両手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×
シーズニング不要
8位

イシガキ産業スキレット オーブン

3969

2,217円 (税込)

サイズ18㎝
深さ9㎝
重さ2.37kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
シーズニング必要
7位
サイズ16.5㎝
深さ3㎝
重さ1kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
×(別売)
シーズニング不要
6位
サイズ25㎝
深さ5㎝
重さ1.8kg(蓋を含めて2.7kg)
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材黒皮鉄板
シーズニング必要
5位

コールマンクラシックアイアンスキレット

2000021880

5,778円 (税込)

サイズ10inch
深さ-
重さ4.4kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
シーズニング不要
4位
サイズ12㎝
深さ3.9㎝
重さ0.635kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×
シーズニング必要
3位

ベストプライスショップスキレット鍋MT

398円 (税込)

サイズ15㎝
深さ-
重さ-
持ち手片手(取り外し不可)
IH
素材鋳鉄
×
シーズニング必要
2位
スキレット ロッジ ロジック スキレット 1枚目
出典:amazon.co.jp
サイズ21㎝
深さ5㎝
重さ1.5kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×(別売)
シーズニング不要
1位
スキレット キャプテンスタッグ スキレット 1枚目
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグスキレット

UG−3027

552円 (税込)

サイズ16㎝
深さ-
重さ1kg
持ち手片手(取り外し不可)
IH-
素材鋳鉄
×(別売)
シーズニング不要

人気スキレットの比較一覧表

商品画像
1
スキレット キャプテンスタッグ スキレット 1枚目

キャプテンスタッグ

2
スキレット ロッジ ロジック スキレット 1枚目

ロッジ

3
スキレット ベストプライスショップ スキレット鍋MT 1枚目

ベストプライスショップ

4
スキレット チューボーマニア スキレット 1枚目

チューボーマニア

5
スキレット コールマン クラシックアイアンスキレット 1枚目

コールマン

6
スキレット ユニフレーム スキレット 1枚目

ユニフレーム

7
スキレット ロッジ ロジック スキレット 1枚目

ロッジ

8
スキレット イシガキ産業 スキレット オーブン 1枚目

イシガキ産業

9
スキレット キャプテンスタッグ 両手スキレット 1枚目

キャプテンスタッグ

10
スキレット チャムス スキレット  1枚目

チャムス

11
スキレット ル クルーゼ スキレット  1枚目

ル クルーゼ

12
スキレット ロッジ ディープスキレット 1枚目

ロッジ

13
スキレット スケーター  取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット 1枚目

スケーター

14
スキレット ロッジ ロジック ラウンドグリドル 1枚目

ロッジ

15
スキレット ペトロマックス グリルファイヤースキレット 1枚目

ペトロマックス

16
スキレット ロッジ ロジック ワンダースキレット 1枚目

ロッジ

17
スキレット チャムス ホーロー スキレット  1枚目

チャムス

18
スキレット ロゴス 合体できるスキレット 1枚目

ロゴス

19
スキレット ストウブ スキレット 1枚目

ストウブ

20
スキレット セイエイ 耐熱陶器のスキレット 1枚目

セイエイ

商品名

スキレット

ロジック スキレット

スキレット鍋MT

スキレット

クラシックアイアンスキレット

スキレット

ロジック スキレット

スキレット オーブン

両手スキレット

スキレット

スキレット

ディープスキレット

取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット

ロジック ラウンドグリドル

グリルファイヤースキレット

ロジック ワンダースキレット

ホーロー スキレット

合体できるスキレット

スキレット

耐熱陶器のスキレット

特徴気軽で使いやすい!大人気の定番スキレット家でもキャンプでも大活躍する大きめサイズコスパ最強!スキレットのお試しにぴったり器としてもちょうどいい小さめサイズは、インスタ映えも抜群無水調理や蒸し調理にも使える、便利な蓋つき黒皮鉄板製だから、焦げ付きにくくお手入れ簡単小ぶりなサイズは、ソロキャンプやデザート作りにおすすめ燻製からスープ作りまで使える優れもの両手持ちタイプだからオーブンで使うのに便利実用的で、インテリアとしての存在感も抜群発色もきれいで汚れ・臭い・傷付きに強い安心の深型タイプで煮物にもおすすめ取っ手が取れるから携帯するのもスムーズ超浅型のスキレットはグリルやクレープ作りに最適肉や魚料理にはこれ!焼き目もきれいな波型タイプ正方形で卵焼きやフレンチトースト作りに最適カラフルでキュート!これ一つで食卓が華やかにかまど・家庭用オーブンでの使用もOKインスタ映えする、コロンと可愛いフォルムが魅力保温性に優れた、扱いやすいスキレット
最安値
552
送料別
詳細を見る
2,453
送料別
詳細を見る
398
送料要確認
詳細を見る
734
送料要確認
詳細を見る
5,778
送料別
詳細を見る
6,091
送料別
詳細を見る
1,835
送料無料
詳細を見る
2,217
送料別
詳細を見る
330
送料要確認
詳細を見る
1,188
送料別
詳細を見る
13,552
送料無料
詳細を見る
5,271
送料無料
詳細を見る
2,019
送料別
詳細を見る
3,044
送料要確認
詳細を見る
6,292
送料別
詳細を見る
2,041
送料別
詳細を見る
3,240
送料要確認
詳細を見る
3,888
送料要確認
詳細を見る
8,610
送料無料
詳細を見る
2,329
送料無料
詳細を見る
サイズ16㎝21㎝15㎝12㎝10inch25㎝16.5㎝18㎝ 18㎝15.1㎝20㎝25.7㎝20㎝26㎝30㎝13㎝四方20.5㎝19㎝16㎝18.4㎝
深さ-5㎝-3.9㎝-5㎝3㎝9㎝5㎝4㎝-8.2㎝3㎝1.5㎝5㎝2㎝5.5㎝4.5㎝4.2㎝5.2㎝
重さ1kg1.5kg-0.635kg4.4kg1.8kg(蓋を含めて2.7kg)1kg2.37kg1.3kg1kg1.5kg3kg1.5kg2kg3.7kg0.81kg1.6kg1.8kg1.1kg0.47kg
持ち手片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)両手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し可)片手(取り外し不可)両手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)片手(取り外し可)片手(取り外し不可)片手(取り外し不可)
IH--------××
素材鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳鉄黒皮鉄板鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳鉄ホーロー鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳鉄ホーロー鋳鉄ホーロー耐熱陶器
×(別売)×(別売)×××(別売)××××(別売)××××××(別売)×
シーズニング不要不要必要必要不要必要不要必要不要不要-不要必要不要-不要不要不要必要不要
商品リンク

シーズニングの方法をチェックしておこう!

シーズニングの方法をチェックしておこう!

「スキレットに興味があるけど、使用前のシーズニングが面倒そう…」と思っている方も多いと思います。ですが、シーズニングはおいしい料理を作るためには必須の作業で、行うのは最初の1回のみ。購入前に方法を確認して、手に入れてからスムーズに使えるよう備えておきましょう!


まず最初に、サビ止めのワックスを落とすために、洗剤で全体を洗ってください。このとき、取っ手などもきちんと洗うのがコツです。次にスキレットをコンロにかけ、白い煙が出るまでしっかり空焼きします。


その後、スキレットにオリーブオイルなどを塗り、冷まして再度オイルを塗ってください。最後に鉄のにおいを消すため、野菜の端っこなどを集めて炒めれば完了です!スキレットはサイズが小さいので、やってみると意外と手軽に終わります。ぜひ試してみてください!

ダッチオーブンもチェックしてみよう!

煮る・焼く・蒸すすべてこなせる万能鍋のダッチオーブン。スキレットと同じく鋳鉄製のものが多く、アウトドアシーンでもよく使われる調理器具です。より幅広い調理をしたい方は、ぜひダッチオーブンもチェックしてみてください。以下の記事では、たくさんの人気商品を紹介していますよ。

スキレットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スキレットのYahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、おすすめのスキレットの人気商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

普通のフライパンや鍋には真似できない多彩なレシピを楽しめるスキレットは、アウトドアで人気があるばかりでなく普段使いにもおすすめ。そのままテーブルに出してもおしゃれに見える点も魅力です。この記事を参考に使い勝手のいいお気に入りを見つけて、レシピのバリエーションを増やして華やかな食卓を演出しましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す