• 282fe9a8bbd4208b2493ae95b8ee82b857dd5b31
  • 8aa0503794ba6d7796356ebf316ab8fb940b2d25
  • D9a5e883d4ff6b39782055230296d600f795d88e
  • D437a7392f91df013258fa3e58996d6d146f77f6
  • 352dcb135c22c222d7d2e40e3c12b109c2867a89

キャンプ・アウトドアに最適なダッチオーブンのおすすめ人気ランキング10選

アウトドア用キッチンツールとしてすっかりメジャーになったダッチオーブン。パン・ピザ・ローストチキンにローストビーフ、パエリアに燻製など家でも作らないような豪華な料理が屋外で調理できる便利グッズです。最近では使用前のシーズニングが不要な商品も多数登場し、より身近なアイテムになりました。だからこそ、サイズ感や素材をしっかりチェックして、使い勝手の良いものを選ぶことが重要です。

そこで今回は、ダッチオーブンの選び方のポイントと、Amazonや楽天など通販ショップで人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。sotoやユニフレーム、コールマンといった有名定番メーカーから、6インチ・8インチ・10インチとサイズもさまざまな商品が登場。記事後半では定番レシピについても簡単に解説しますので、商品選びと合わせてぜひ参考にしてください。

最終更新日:2017年10月27日 | 6,889views

ダッチオーブンの選び方のポイント

まずはダッチオーブンの選び方のポイントをご紹介しますので、使い勝手のいいダッチオーブン選びの参考にしてください。

素材の特徴から選ぶ

鋳鉄のイメージの強いダッチオーブンですが、最近では素材もいろいろ。代表的な素材のメリット・デメリットをご紹介します。

定番の素材、初心者から上級者まで幅広く楽しめる「鋳鉄製」

鋳鉄製は、他の素材を使ったダッチオーブンよりも取り扱っているメーカーが多く、サイズやデザインなど幅広く選べます。使い込むほどに油が馴染んできて、「ブラックポット」と言われる黒光りする姿へと変わっていくのも楽しみの1つ。本格的にアウトドアでダッチオーブンを楽しんでいる方は、鋳鉄製でなければという方も多いようです。

反面重量感があり、シーズニングや錆びを防ぐためのメンテナンスの手間がかかります。急激な温度変化にも弱いので、扱いには注意が必要です。しかし長く使えば使うほど美しくなり、手間が掛かる分愛着もわきます。価格も比較的リーズナブルなものが多いので、初めての1台としてもおすすめ。最近ではシーズニング不要の商品も販売されていますので、ぜひ1度チェックしてみてください。

油なじみが良く手入れも簡単、使い勝手抜群の「黒皮鉄板製」

「黒皮」と呼ばれる皮膜でコーティングした、黒皮鉄板製のダッチオーブン。黒皮は鉄自体が酸化して出来た皮膜なのでそう簡単に剥がれ落ちることはなく、赤カビを防止する役目もあるのだとか。また黒皮鉄板は微細な凹凸のおかげで油が馴染みやすく、フライパンや中華鍋としても使われるほど取り回しやすいのが特徴です。

その他にも、錆びにくい上に急激な温度変化や衝撃にも強いとメリットは盛りだくさん。しかし鋳鉄製に比べ価格は少し高めで重量もあり、さらにシーズニングが必要な商品も多いなどややハードルは高いです。

面倒なシーズニングもメンテナンスも不要!「ステンレス製」

鋳鉄製や黒皮鉄板製が主流の中で、「ダッチオーブンの概念を覆した商品」として話題になったのが、ステンレス製のダッチオーブンです。シーズニング不要で、普通の鍋と同じように食器洗剤で洗えて、メンテナンスも必要ありません。面倒な手間がかからないので使い勝手はバツグンです。

しかしダッチオーブンの醍醐味ともいえる「育てる楽しみ」はありません。また、炭火や焚き火など火力の安定しない場所で利用すると、表面についた汚れが目立ってくるというデメリットがあります。

意外と便利? 軽量で錆びにくい「アルミ製」

ダッチオーブンで意外と知られていないのが「アルミ製」です。アルミは軽くて錆びないので、マリンスポーツや海のレジャーにもおすすめ。しかし、鍋本体だけでなくフタも軽いので、ダッチオーブンの魅力でもある圧力効果や蓄熱性は期待できず、他のダッチオーブンよりも性能は劣ります。

アルミ製のダッチオーブンは販売数が少ないため、取り扱いが少ないのも特徴。アルミ製のダッチオーブンをお探しの方は、見つけたらすぐにチェックしておきましょう。

使用人数や用途に合わせてサイズを選ぶ

サイズもダッチオーブンを選ぶ時の重要なポイントです。大き過ぎても小さ過ぎても使い勝手が悪くなってしまいます。サイズ選びを間違えると、ダッチオーブンの良さを生かしきれません。特に最初の1台はサイズ選びを慎重に行いましょう。

一般的に、使い勝手がもっともいいのが「10インチ」のダッチオーブンです。4人家族ならこれで十分。4人家族+アルファで使用する場合は「12インチ」程度がおすすめ。上火を使うオーブン調理も焦げ付かせる心配もなく、手軽に楽しめます。14インチ以上は6人以上向け。ダッチオーブンの重量もかさみますので、扱いが少し大変です。

また調理の内容によっても選ぶべきサイズは変わります。例えば、鶏を一羽まるごと調理するならそれなりに深さのあるダッチオーブンが必要。いろいろなサイズのダッチオーブンがありますので、使用する人数や調理の内容に合わせて最適なサイズを選んでくださいね。

フタの上に炭火を乗せられるかどうか

ダッチオーブンは、上ブタに焼けた炭を乗せて、下火と上火の両方から加熱できるのが大きな特徴。全体をまんべんなく加熱することで、鍋単体でオーブン料理に挑戦できます。

しかし中には、ダッチオーブンという名称でありながらフタの上に炭が乗せられないタイプも。鋳鉄製のダッチオーブンならほぼ炭火を乗せて調理できますが、フタの形状によっては対応していないものもありますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

使用する熱源に合わせて鍋底の脚の有無を選ぶ

ダッチオーブンには、鍋の底に脚がついているタイプと、普通の鍋のように平らになったタイプの2種類があります。焚き火や炭火などの上に直にダッチオーブンを置く場合は、脚があると多少凹凸があっても安定するのでとても便利。反対にツーバーナーやバーベキューコンロなどの上に置くときには邪魔になります。

メインの使用法が直置きの場合は脚付きが便利ですが、脚がない方がいろいろな熱源に対応が可能。いろいろな熱源での調理を前提にしている場合は、脚のない底が平らなタイプを選びましょう。

家庭でも使える兼用タイプなら調理の幅も広がる

Loading
年に数回のアウトドアでの利用のために、ダッチオーブンを購入するのがもったいないという方は、家庭でも使える兼用タイプがおすすめ。直火はもちろんオーブンでも利用できるものが多く、レシピの幅を広げる便利な調理器具として使えます。

兼用タイプを選ぶポイントは2つ。脚の有無と熱源の確認です。「鍋底の脚の有無で選ぶ」でご紹介した通り、脚があると一般的なコンロで利用できません。そのため、家庭での利用に制限がかかってしまいます。ダッチオーブンを家庭でも利用する場合は脚のないものを選びましょう。

また、ご自宅のコンロがIHの場合は、IH対応の製品かを確認しておく必要があります。最近ではIH対応のダッチオーブンも増えてきていますので、選択の幅はかなり広いです。またオーブンでの利用を考えている方は、オーブン庫内のサイズに合わせて選びましょう。

お手入れが簡単なものを選ぶ

ダッチオーブンは普通の鍋に比べ、お手入れに手間がかかります。メンテナンスが面倒で使わなくなるのを防ぐためにも、事前にお手入れ方法をチェックしておきましょう。

シーズニングの有無

新品のダッチオーブンには錆止めの工業用ワックスが塗られています。そのため、ワックスを取り除いて油の膜で表面をコーティングする作業をしなければなりません。その作業をシーズニングといいます。

このシーズニングがダッチオーブンの楽しみの1つという方もいらっしゃいますが、時間と手間がかかるためシーズニング作業が面倒でダッチオーブンをあきらめてしまう方も多いはず。そんな方は、シーズニングが必要ないタイプのダッチオーブンを選びましょう。

基本的にステンレス製やアルミ製のダッチオーブンにはシーズニングは必要ありません。また鋳鉄製と黒皮鉄板製のダッチオーブンでも、最近ではシーズニングが不要なタイプが販売されています。ダッチオーブンを使いはじめる前に挫折してしまわないためにも、シーズニングに自信のない方は、事前にシーズニングの有無を必ずチェックしてください。

メンテナンスが必要ないものを選ぶ

シーズニングが不要なダッチオーブンでも、鋳鉄製や黒皮鉄板製は、最低限のメンテナンスが必要です。その点アルミ製やステンレス製のダッチオーブンはお手入れが簡単。普通のお鍋のように洗えます。

ダッチオーブンは欲しいけれど、どうしてもお手入れのことを考えると躊躇してしまうという方は、ステンレス製かアルミ製のダッチオーブンを選びましょう。レシピの幅は限られますが、手軽にダッチオーブンをアウトドアライフに取り入れられますよ。

キャンプ・アウトドアに最適なダッチオーブンのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のあるおすすめのダッチオーブンをランキング順にご紹介します。お気に入りのダッチオーブンを使って、ワンランク上の本格的なアウトドア料理にぜひ挑戦してみましょう!

10位:キャプテンスタッグ ココット ダッチオーブン

キャプテンスタッグ ココット ダッチオーブン 14cm UG-3036
1,390円(税込)

・サイズ:幅19cm・奥行14.5cm・高さ9cm
・重量:1.5kg
・素材:鋳鉄・ステンレス鋼

ソロキャンプでもダッチオーブン料理を楽しみたい方に

キャプテンスタッグの「ココット ダッチオーブン」は、容量800mlのコンパクトサイズ。一人で行くソロキャンプでも、ダッチオーブンでの調理を楽しみたい方におすすめです。

またIHやオーブンにも対応し、使い勝手は上々。底に焚き火用の足がついていないため、ご自宅のコンロでも利用できます。一人暮らしの方で、少し凝った料理を作りたい方はチェックしてみてください。サイズは小さめですが、重さは1.5kgしかありませんので1つあれば何かと重宝しますよ。

9位: ロゴス SLダッチオーブン

・サイズ:直径26cm・高さ13.5cm/内径23.7(21)cm・深さ10.5cm
・重量:5.5kg
・素材:鋳鉄・ポリエステル

IH対応だから家庭での料理にも幅広く使える

肉料理から煮込み調理まで、多彩な調理が楽しめる深型のダッチオーブン。シーズニング不要なので、購入後一度丸洗いするだけですぐに使用できます。「ダッチオーブンは使ってみたいけどシーズニングが面倒で大変そう」と躊躇されている方には特におすすめです。

大きさは10インチで、友達同士や家族でのキャンプ、さらにバーベキューにも丁度いいサイズ。また家庭用のガスレンジだけでなくIH調理器にも対応しているので、ご自宅用としても幅広い調理が楽しめます。専用のキャリーバッグも付属されており、持ち運びにも大変便利。アウトドアだけでなく家庭用としてもおすすめのダッチオーブンです。

8位:コールマン ダッチオーブン

コールマン ダッチオーブン8インチ 170-9393
6,345円(税込)

・サイズ:直径20cm・高さ10cm/内径18.5cm・深さ8cm
・重量:3.5kg
・素材:鋳鉄他

少人数のキャンプにおすすめサイズ

アウトドアグッズでは王道かつ人気の高いコールマン。ダッチオーブンも大変人気が高く、少人数での調理に適した8インチタイプは2台目として購入される方も多いようです。脚無しタイプなので家庭のガスコンロでも使用でき、揚げ物や煮込み調理などにもおすすめ。パンを焼くにも丁度いい大きさなので、いつでも焼きたてパンを手軽に楽しめます。

ちなみに、蒸し料理などに便利なステンレスプレートは8インチサイズのみ取り扱っていませんので、必要な場合は他社製品で代用してください。面倒なシーズニングが不要で、いつでもすぐに調理を始められるように植物性オイル仕上げになっています。専用の収納ケースとフタを持ち上げるリッドリフターが付属されており、持ち運びと使い勝手のいいダッチオーブンです。

7位:キャプテンスタッグ ダッチオーブン

キャプテンスタッグ ダッチオーブン25cm M-5502
3,018円(税込)

・サイズ:直径26cm・高さ12.8cm
・重量:5.2kg
・素材:本体・フタ・鋳鉄/つる・ステンレス鋼

コストパフォーマンスに優れた人気商品

他社の同サイズのダッチオーブンと比べ、かなりお手頃な価格が魅力のキャプテンスタッグ・10インチダッチオーブン。初めてダッチオーブンを購入しようと思っている方にもおすすめな人気商品です。シーズニングが必要かつ、見た目も無骨な印象ですが、機能面は焼く・煮る・蒸す、と申し分ありません。

家庭用ガスコンロでも使用できますので、家庭でもアウトドア料理を楽しめます。ただフタのかみ合わせなど、要所要所に低価格らしさが垣間見えるという意見も。ダッチオーブンをカジュアルに試したい方は検討してみてはいかがでしょう。

6位:SOTO ステンレスダッチオーブン

SOTO ステンレスダッチオーブン10インチ ST-910
19,799円(税込)

・サイズ:幅35cm・奥行28cm・高さ16cm/内径25.9cm・深さ11.5cm
・重量:5.2kg
・素材:ステンレス 

サビと衝撃に強いステンレス製

ダッチオーブン=鋳鉄製、という一般常識を覆したステンレス製のダッチオーブン。サビや衝撃に強く面倒なシーズニングも必要ないため、すぐにダッチオーブン調理が楽しめる優れモノです。片付けは普通の鍋のように洗剤でゴシゴシ洗えるので、使用後にサビ止め用油を塗る必要もありません。

保温性や蓄熱性も高く、煮物や蒸し調理にも最適。鋳物のダッチオーブンのように油浮きしませんので、ご飯も美味しく炊くことができます。ガスレンジはもちろんIH調理器での使用も可能。アウトドアだけでなく、家庭用としても重宝します。価格は高めですが、省ける手間を考えると十分検討の余地があると言えるでしょう。

5位:ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ

ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ 10インチ/660973 uf-660973
14,601円(税込)

・サイズ:直径26cm・深さ11cm
・重量:5.8kg
・素材:本体・フタ・黒皮鉄板4.5mm厚/クリアラッカー焼付塗装ツル・スタンド・底網・ステンレス

黒皮鉄板製でじっくり加熱

こだわりの黒皮鉄板1枚から作られ、熱伝導率が高く全体的にムラなく調理できる取扱いやすいダッチオーブン。一緒に付属されているレシピブックには、蒸し調理から焼き・スモーク調理など全29レシピが掲載されています。ダッチオーブンの料理の幅を広げてくれるうれしい1冊です。

黒皮鉄板は手入れが簡単で、家庭用洗剤や金タワシで洗浄が可能。また、比較的赤サビが発生しにくい耐錆性も備えています。ただし完全にサビが発生しない訳ではないので、使用後のサビ止め防止油などのお手入れは必要です。コンパクトに折りたためるダッチスタンドと底網も付属され取り回しやすさは抜群ですが、シーズニングは必要なので注意してください。

4位:コールマン ダッチオーブン 10インチ

コールマン ダッチオーブン10インチ 170-9392
6,429円(税込)

・サイズ:直径25cm・高さ13cm/内径23.5cm・深さ11cm
・重量:6kg
・素材:鋳鉄他

ダッチオーブン初心者におすすめサイズ

コールマンで人気の10インチダッチオーブン。植物性オイル仕上げなので面倒なシーズニングは不要、使いたい時にサッと使用できて、無駄な時間を使わずに手早く調理を楽しめます。底に脚がないので家庭用ガスコンロでも使用可能。お家に居ながらキャンプをしている気分でダッチオーブン料理を堪能できますよ。

フタを持ち上げるのに便利な「リッドリフター」が付属されているので、熱くなったフタを直接手で持つ必要もありません。また収納ケースも付いているので、持ち運びが楽なだけでなく汚れを気にせずに収納しておけます。

3位:LODGE ロッジ ロジック キャンプオーヴン

LODGE ロッジ ロジック キャンプオーヴン 10インチディープ L10DCO3
12,636円(税込)

・サイズ:直径25cm・深さ11cm
・重量:7.1kg
・素材:-

炭火と焚き木、両方で調理が可能

植物性油を均一に吹き付けてから、高温のオーブンで焼きこんで作られたダッチオーブン。面倒なシーズニング不要で、使用前にお湯で全体を洗うだけですぐに調理できます。底に3本脚が付いていることで、炭火や焚き火のように不安定な場所でも安定して置くことができ、ガスバーナーなどの設備が無い状況でも安心して調理を楽しめます。

また、フタの上にはしっかり炭火も乗せられるので、ローストビーフなどの上火調理も可能。10インチのお手頃サイズで、アウトドア上級者から初心者まで手軽に使えて楽しめるダッチオーブンです。

2位:コールマン ダッチオーブン

コールマン ダッチオーブン12インチ 170-9391
8,808円(税込)

・サイズ:直径31cm・高さ19cm/内径29cm・深さ12cm
・重量:10kg
・素材:鋳鉄他

大人数でも余裕で対応できる大型サイズ

12インチはコールマンのダッチオーブンの中でも一番大きなサイズです。植物性オイル仕上げなのでシーズニングはもちろん不要。大人数でも十分対応できるサイズで、具だくさんの煮込み調理や大きなローストチキンやブロックのお肉など、大型サイズならではの豪快な料理を楽しめるのが魅力です。

大人数のキャンプやバーベキューを豪華にする、メインディッシュ作りにぴったりなダッチオーブンです。

1位:LODGE ロッジ ロジック キッチンダッチオーブン

LODGE ロッジロジック キッチン ダッチオーブン 10・1/4インチ
11,799円(税込)

・サイズ:内径26cm・深さ10cm
・重量:6.1kg
・素材:-

家庭でもアウトドアでも重宝する使い勝手のいいダッチオーブン

LODGEの「ロジック キッチンダッチオーブン」は、植物性油を吹き付けた後に高温で焼きこんであるので、長年使い込んだような風合いの仕上がりが魅力。一般的なダッチオーブンと違い、フタの裏には無数の突起が付いています。突起によって蒸気が均等に素材に降り注ぐので、特に蒸し調理は水を入れなくても、しっとりとして旨味が凝縮されおいしく仕上がります。

家庭のガスコンロでも調理可能なので、家に居ながらキャンプ料理が楽しめ、メニューのレパートリーを広げてくれるでしょう。家族や友人同士で使うのに丁度良い10インチサイズで、アウトドアだけでなくホームパーティでも大活躍のダッチオーブンです。

ダッチオーブンを使って試してみたい定番レシピ

ダッチオーブンはいろいろな調理に使える万能鍋です。ダッチオーブンで作れる料理をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは入門編。ローストチキンやローストビーフ

Loading
下処理をして焼き目をつけた鶏肉と、たっぷりの旬の野菜を一緒に入れて加熱するローストチキンは、ダッチオーブンを使ったアウトドアの定番レシピです。手間をかけずに豪華な一品ができるので、ダッチオーブンを購入したらぜひチャレンジしてみてください。

応用編としてはローストビーフもおすすめ。少し材料費はかかりますが、家でもなかなか作らないローストビーフを外で食べられるのは、最高の贅沢ですよ。

白いご飯からパエリアまで。お米を使った調理

Loading
ダッチオーブンは炊飯鍋としても優秀です。白いご飯を炊くのはもちろん、おしゃれなアウトドアの定番パエリアまで幅広く対応しています。もちろん、旬の食材を使った炊き込みご飯やピラフだって可能です。家庭で良く食べているものだからこそ、ダッチオーブンで炊いたお米は普段との違いがはっきり出ますよ。

パンやピザ。生地を用意してワンランク上のキャンプを

前日に仕込んでおいたパン生地を翌朝ダッチオーブンで焼き上げれば、朝食に焼き立てパンも食べられます。おやつ用にシナモンロールなどを準備しておくのも良いでしょう。ダッチオーブンで作ったピザを片手にビールなんて、一度体験すれば病みつきですよ。

カレーやシチュー。煮込み料理もおすすめ

Loading
アウトドアのメニューの定番料理でもあるカレーも、ダッチオーブンで作れば一味違った豪華な味に。ダッチオーブンは無水調理にも適したアイテムですので、圧力鍋に近い感覚で調理が可能です。豚の角煮やビーフシチューなど、いろいろな煮込み料理を楽しんでみてはいかがでしょう。

燻製器なしで燻製だってできる!

網とアルミホイル、そして燻製用のチップを用意すれば燻製も作れます。重くて手入れが面倒というイメージの強いダッチオーブンですが、1つあれば大きな燻製鍋を持っていく必要もありません。一通りダッチオーブンのレシピを制覇したら、燻製にもぜひチャレンジしてみてくださいね。
下記リンクでは、スモークチップよりも扱いが簡単な「スモークウッド」について詳しくご紹介しています。気になった方はぜひ合わせてチェックしてみてください!

ダッチオーブンをより便利に使えるアイテムもチェック!

アウトドアでダッチオーブンをより便利に使うためには、焚き火や炭火をはじめ燻製にも使えるロストルがおすすめ。以下の記事では「ロストル」の選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

ダッチオーブンの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、ダッチオーブンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

ダッチオーブンのランキングと選び方のポイント、取り扱い方などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ダッチオーブンは、ワンランク上のアウトドア料理に欠かせないアイテムです。今回の情報を参考に、使い勝手のいい満足できるダッチオーブンを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

関連キーワード