1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. お酒
  6. >
  7. 【徹底比較】冷やで飲みたい日本酒おすすめ人気ランキング34選
【徹底比較】冷やで飲みたい日本酒おすすめ人気ランキング34選

【徹底比較】冷やで飲みたい日本酒おすすめ人気ランキング34選

暑い季節になると飲みたくなる冷やの日本酒。すっきりとリフレッシュできるので、仕事を頑張った日の晩酌や夕涼みのお供にぴったりです。とはいえ、酒蔵や銘柄によって風味や味わいはさまざまですから、どれが本当においしいお酒なのか気になりませんか?


そこで今回は、久保田や獺祭、新政など、Amazon・楽天・価格.com・Yahoo!ショップングなどで売れ筋上位の冷や向けの日本酒34商品をすべて購入し、最もおすすめの銘柄を決定したいと思います。


検証には、日本酒のスぺシャリストである唎酒師3名にご協力いただき、すべての商品を実際に飲んで、おいしさを軸に比較・検証しました。また、甘辛・香りの強弱・味わいの強弱も評価をつけています。


果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年09月09日更新
  • 42,704 views

検証のポイント

売れ筋の冷や向けの日本酒34商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • おいしさ

    検証① おいしさ

    すべての日本酒について、おいしさを検証します。銘柄を伏せた日本酒全点を専門家3名が唎酒し、風味や香り・口当たりや喉越しを確認したうえで、5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    日本酒のスぺシャリストが検証協力!

    日本酒のスぺシャリストが検証協力!

    今回は、3名の専門家の協力を得て、商品の比較・検証を行いました。


    <左:お酒の愉しみプランナー 滝川大介さん>
    きき酒師・焼酎きき酒師・日本酒学講師・酒匠・SSI専属テイスターの資格を持つ。学生時代に日本酒に興味を持ち、ほどなく唎酒師の資格を取り酒類量販店に入社。そのあと「純米酒専門 YATA」に入社し神田日本橋店店長となる。1年で1万回の燗つけをした経験もある、大の燗酒ファン。現在は、日本酒以外のお酒にもジャンルごとの魅力があることを伝えるべく、フリーランスの酒類プランナーとして活動を行っている。好みの日本酒のタイプ:奥行きと可能性を感じさせる得体の知れない酒。

    <中央:日本酒アンバサダー Reinaさん>
    唎酒師・国際唎酒師・調理師・着物講師の資格を持つ。日本酒のミスコン「ミス蔵2017」でのグランプリ受賞をきっかけに、Instagramにて日本酒の魅力の発信を開始。酒蔵巡りなどの日本酒記事を執筆し、日本酒ライターとしても活動中している。人気銘柄(獺祭・七田・黒龍・作・賀茂鶴など)の蔵元との日本酒会を企画、運営した経験も豊富で、Instagram(@love_sake_tokyo)のフォロワーは4000人を超す。好みの日本酒のタイプ:フルーティかつ、味がしっかりした濃厚なお酒

    <右:利酒師・日本酒エバンジェリスト 上仙裕一さん>
    東京農業大学・醸造科学科出身。大学生時代より、お酒が弱い利酒師としても注目される。日本酒を紹介するコラムを書くなど日本酒の普及・啓蒙を行っている。偏見や先入観なく日本酒を味わい、食や場所との組み合わせを妄想するのが好き。「日本酒を嗜む人たちに常に歩み寄りながら」をモットーに一口ひとくちに魂をかけている。好みの日本酒のタイプ:とくになし。今回の検証では、初心者にも飲みやすいお酒を基準に評価。

    冷やと冷酒の違いは?

    冷やと冷酒の違いは?

    冷やとは、温度でいうと約20℃前後のお酒のことを指します。一般的に、日本酒そのものの風味を楽しむことができる温度だとされています。


    これに対して、冷酒は温度が5〜19℃程度のお酒のこと。さらに細かく、雪冷え(約5℃)・花冷え(約10℃)・涼冷え(約15℃)などに分類することもできます。

    冷や向けの日本酒の選び方

    冷や向けの日本酒を選ぶ際に必ずチェックしておきたい3つのポイントをご紹介します。

    ① フルーティで華やかな香りの吟醸酒系がおすすめ

    フルーティで華やかな香りの吟醸酒系がおすすめ

    冷やで飲むのに適しているのは、すっきりとした繊細な風味が楽しめる吟醸酒系のお酒です。洗練された淡麗な味わいが特徴で、透明感のある芳香も際立っています。キリッと冷やすことで、高級感のある風味を最大限に楽しめますよ。


    吟醸酒の原料はお米の外側を4割以上削り、中心(心白)に近い部分だけを使っているので、雑味が抜けより香り高いお酒に仕上がっています。


    吟醸酒のなかで米を5割以上削ると大吟醸酒、醸造アルコールを加えないものは純米吟醸酒、両方当てはまると純米大吟醸酒です。冷やで飲むお酒を探している方は、まずは上記の3種類から選んでみる、または吟醸酒系を飲み比べてみるのもいいでしょう。

    ② 香りで選ぶなら薫酒か爽酒

    香りで選ぶなら薫酒か爽酒

    日本酒は香りによって薫酒・爽酒・熟酒・醇酒の4つのタイプに分けることができます。このうち、冷やで飲むことに向いているのは薫酒と爽酒のふたつ。


    薫酒は果実や花に似た香りの爽やかなお酒です。主に大吟醸酒系や吟醸酒系に多く見つけることができます。冷やしすぎると酸味や苦味などが出ることがあるので、10℃前後で飲むのがおすすめです。


    爽酒は、新鮮で清涼感のあるやや控えめな香りが特徴で、みずみずしい味わいが好きな方におすすめ。主に普通酒系・本醸造酒系・生酒系に多いタイプです。キンキンに冷やしても酸味や苦味などが突出しにくいため、5~10℃くらいの温度でも楽しむことができます。

    ③ 新酒の季節には生酒や原酒もおすすめ

    新酒の季節には生酒や原酒もおすすめ

    フレッシュな味わいを楽しみたい人には、生酒(なまざけ)や原酒(げんしゅ)もおすすめです。生酒はもろみを搾ったお酒を一切加熱処理しないお酒原酒は搾った日本酒を水で割らないおのことを指します。さらに、生原酒(なまげんしゅ)といった熱も水も加えていないものもあります。


    生酒は火入れをしていないために温度による劣化がおきやすく、冷やで飲むことが必須。なかでもにごり酒やスパークリング日本酒と呼ばれる生酒は、冷蔵庫に入れて冷酒として飲むのが一番です。


    こうしたお酒は秋から冬にかけての製造最盛期にできたて・搾りたてが登場しますので、ぜひチェックしてみましょう。

    売れ筋の人気冷や向けの日本酒全34商品を徹底比較!

    冷や向けの日本酒の検証

    ここからは、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の冷や向け日本酒34商品をすべて購入し、どれが最もおいしい日本酒なのか検証していきます。


    なお、検証項目はおいしさとし、同時に甘辛・香りの強弱・味わいの強弱を基準に各銘柄ごとの特徴をチェックしました。


    ※ランキング作成日:2019年3月31日

    今回検証した商品

    1. せんきん|モダン仙禽 無垢
    2. サケネット|鍋島 特別純米 クラシック
    3. 亀の井酒造|くどき上手 ばくれん
    4. 八海醸造|純米吟醸八海山 雪室貯蔵三年
    5. 八海醸造|八海山 特別本醸造 720ml
    6. 出羽桜酒造|出羽桜 桜花 吟醸酒 720ml
    7. 加藤吉平商店|梵 吟撰 特別純米酒 720ml
    8. 北鹿|北鹿 北秋田 大吟醸
    9. 南部美人|南部美人 純米吟醸 生酒
    10. 小林酒造|鳳凰美田 純米大吟醸 赤判 無濾過生酒 1.8L
    11. 平和酒造|紀土 純米大吟醸 山田五〇 720ml
    12. 新政酒造|瑠璃 -Lapis Lazuli-
    13. 新政酒造|No.6 R-type
    14. 旭酒造|獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分
    15. 旭酒造|獺祭 純米大吟醸50 720ml
    16. 旭酒造|獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 木箱入り
    17. 曙酒造|天明 純米吟醸 中取り 弐号 720ml
    18. 朝日酒造|久保田 萬寿
    19. 朝日酒造|久保田 碧寿 純米大吟醸
    20. 朝日酒造|久保田 千寿
    21. 木屋正酒造|而今 特別純米 無濾過生
    22. 清水清三郎商店|作 奏乃智 純米吟醸
    23. 澄川酒造場|東洋美人 壱番纏 純米大吟醸
    24. 白瀧酒造|上善如水 純米大吟醸
    25. 石本酒造|越乃寒梅 純米大吟醸 無垢 720ml
    26. 神戸酒心館|福寿 純米吟醸
    27. 福光屋|加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒 720ml
    28. 花泉酒造|ロ万ろまん 純米吟醸酒
    29. 萬乗醸造|醸し人九平次 山田錦 EAU DU DÉSIR
    30. 諸橋酒造|越乃景虎 龍 720ml
    31. 赤武酒造|赤武 Akabu 純米大吟醸 吟ぎんが 720ml
    32. 高木酒造|十四代 純米吟醸 300ml
    33. 黒龍酒造|黒龍 大吟醸
    34. 齋彌酒造店|雪の茅舎 純米吟醸 720ml

    検証① おいしさ

    おいしさ

    すべての日本酒について、おいしさを検証します。


    銘柄を伏せた日本酒全点を専門家3名が唎酒し、風味や香り・口当たりや喉越しを確認したうえで、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】エグみや苦味がなく、お米の旨みが広がる純米大吟醸酒が高評価

    【検証結果ハイライト】エグみや苦味がなく、お米の旨みが広がる純米大吟醸酒が高評価

    上位にランクインしたのは、純米大吟醸酒のなかでも、エグみや苦味が少ない味わいのお酒でした。日本酒は温度が下がると味がよりシャープになるため、エグみや苦味といった尖った味わいのあるお酒はその特徴がよけいに強調されてしまいます。


    しっかりとしたお米の旨みがあり、低い温度でも味の膨らみが感じられるお酒が点を伸ばしました。

    上仙裕一
    利酒師/日本酒エバンジェリスト
    上仙裕一さんのコメント

    青や白など光透過性の高い色のボトルは、「一度開けたらすぐに飲みきってください」というメッセージ


    生原酒やスパークリング日本酒と同様、開封前から必ず冷蔵庫で保冷し、開封したら最長でも2日程度で飲むようにしましょう。

    No.1

    赤武酒造赤武 Akabu 純米大吟醸 吟ぎんが 720ml

    2,750円(税込)

    総合評価

    4.20
    • おいしさ(冷や): 4.2

    しっかり骨太な味わい。単品でじっくり味わいたい名酒!

    1位を獲得したのは「赤武 純米大吟醸 吟ぎんが」でした!


    お米の清々しい香りが強く立ち、口に含むとしっかりした骨太な旨みが感じられます。麹の甘みが目立ち、どっしりと落ち着きのある味わいです。


    お酒のおいしさが際立っているので、料理に合わせるよりも単品で味わいたい1本。玄人受けするレベルの高い味わいでありながら、初心者でも飲みやすく、日本酒の魅力を感じられるお酒だといえます。

    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類吟ぎんが
    No.2

    澄川酒造場東洋美人 壱番纏 純米大吟醸

    3,850円(税込)

    総合評価

    4.20
    • おいしさ(冷や): 4.2

    辛口だが味の膨らみがよく飲みやすい。蜜系のデザートにも合う

    淡麗な辛口ながらそれだけで終わらず、豊かな味の膨らみが感じられます。味わいにキツさがなく飲みやすいので、好き嫌いが出づらく、万人ウケするお酒だといえます。


    プリンやカステラなど、蜜系の甘いお菓子やデザートに合わせてもおいしく嗜めそうです。

    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.3

    平和酒造紀土 純米大吟醸 山田五〇 720ml

    1,540円(税込)

    総合評価

    4.00
    • おいしさ(冷や): 4.0

    飲み進めるごとにおいしくなる。フルーティな淡麗辛口

    フルーティな風味のある淡麗なお酒。やさしい味わいでバランスがよく、そのために一見特徴がないようにも感じられます。しかし「2口、3口と飲み重ねていくとだんだんおいしさが増してくる」と、奥深い旨みがクセになるという意見が上がり、総合評価で上位3位に食い込みました。
    特定名称純米大吟醸
    酒度3
    酸度1.5
    米の種類山田錦
    No.4

    加藤吉平商店梵 吟撰 特別純米酒 720ml

    1,760円(税込)

    総合評価

    4.00
    • おいしさ(冷や): 4.0

    瑞々しく柔らかな味わい。アルコール感強めでフレッシュな後味

    瑞々しく柔らかな味わいのお酒。アルコールがガツンと利いており、後味がフレッシュなので、食中酒としても楽しめそうです。


    米感は少ないですが尖った不快感はなく、すいすいと飲み進められる風味が魅力です。

    特定名称特別純米
    酒度3
    酸度1.4
    米の種類山田錦
    No.5

    木屋正酒造而今 特別純米 無濾過生

    13,200円(税込)

    総合評価

    3.80
    • おいしさ(冷や): 3.8

    香りがよく爽やか。酸味・甘み・辛みのバランスが秀逸

    清涼感のある心地いい香り。酸味がありつつもくどくなく、爽やかなクセのない味わいです。全体的には甘み寄りの旨みが目立つものの、ほどよい辛みもあり、バランスに優れたお酒だといえます。
    特定名称特別純米
    酒度-
    酸度-
    米の種類山田錦など(月によって異なる)
    No.6

    齋彌酒造店雪の茅舎 純米吟醸 720ml

    1,630円(税込)

    総合評価

    3.80
    • おいしさ(冷や): 3.8

    華やかな香りと味わい。フルーティさと酸味が心地よい

    花を思わせるような華やかな芳香があります。フルーティかつほどよい酸味のある味わいが一気に口の中に広がり、雑味やエグみは一切感じません。


    主張が強いので脂身の魚などにも負けないお酒。カルパッチョなどに合わせるのもおすすめです。

    特定名称純米吟醸
    酒度2
    酸度1.5
    米の種類山田錦・あきた酒こまち
    No.7

    高木酒造十四代 純米吟醸 300ml

    8,089円(税込)

    総合評価

    3.80
    • おいしさ(冷や): 3.8

    都会の女性を意識した味。酸味が利いてがっしりした旨み

    フルーティさがあり、がっしりとした甘めの味わい酸味がしっかり利いており、都会の女性にウケることを意識した味といえます。


    人気のプレミア酒ですが、後味にはやや引っかかる印象があり、もう一歩評価を伸ばせませんでした。

    特定名称純米吟醸
    酒度2
    酸度1.3
    米の種類山田錦
    No.8

    せんきんモダン仙禽 無垢

    1,600円(税込)

    総合評価

    3.70
    • おいしさ(冷や): 3.7

    シュワシュワ感と酸味が楽しい。ワイン感覚のフルーティなお酒

    シュワっとした発酵感が楽しい、酸味の利いたお酒です。柑橘系のフルーティな風味があり、白ワインや清涼飲料水のような飲みやすさ。


    味にインパクトがありつつバランスがいいので、日本酒初心者でも飲みやすい1本です。

    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.9

    小林酒造鳳凰美田 純米大吟醸 赤判 無濾過生酒 1.8L

    7,537円(税込)

    総合評価

    3.70
    • おいしさ(冷や): 3.7

    個性を感じる濃いめの味。苦味とエグみが惜しい

    お米のしっかりとした旨みがあり、やや濃い口の味わいです。ほどよい辛みもあり、ほかのお酒とは違う明確な個性が感じられます。


    一方、後味の苦味やエグみが強く、あと一歩のところで点数が伸びませんでした。

    特定名称純米大吟醸
    酒度2
    酸度1.4
    米の種類山田錦
    No.10

    旭酒造獺祭 純米大吟醸50 720ml

    1,650円(税込)

    総合評価

    3.50
    • おいしさ(冷や): 3.5

    苦味があるかと思うとジューシー。余韻が心地いい

    口当たりは甘め。あとから苦味が現れたかと思うとジューシーさに変わり、心地よい余韻が残ります。


    人によってはエグみがありややクセがあると感じられるため「一杯目よりは二杯目、三杯目に飲みたい」という声が聞かれました。


    ※現在取り扱いのない商品です。

    特定名称純米大吟醸
    酒度3
    酸度1.5
    米の種類山田錦
    No.11

    旭酒造獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

    1,061円(税込)

    総合評価

    3.50
    • おいしさ(冷や): 3.5

    ザ・中庸。甘み・苦味・酸味すべてがあり飲みやすい

    やや甘くやや苦く、酸味も感じられる中庸な味。「取り立ててよいところ・悪いところがない」「全体的に飲みやすい」と、高め安定の評価に。


    上位商品との比較で惜しくもトップ10入りを逃しました。

    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.12

    清水清三郎商店作 奏乃智 純米吟醸

    1,980円(税込)

    総合評価

    3.50
    • おいしさ(冷や): 3.5

    ザ・爽酒。爽やかで飲み口がいいがわずかにエグみあり

    フレッシュな香りが特徴的な、ザ・爽酒。アルコール感が目立たず、すーっと消えていくような爽やかな飲み心地です。


    一方、「わずかなえぐみが感じられる」「ジュースみたいで物足りない」といった意見もあり、評価が分かれました。

    特定名称純米吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類みえのゆめ
    No.13

    サケネット鍋島 特別純米 クラシック

    2,500円(税込)

    総合評価

    3.50
    • おいしさ(冷や): 3.5

    爽やかな酸味。キンキンに冷やして飲みたい

    爽やかな酸味のあるお酒。味わいがやさしく膨らみながら、最後はきれいに落ち着いていきます。キンキンに冷やしてワイングラスで飲みたい雰囲気です。一方、さつまいものような独特の香りが気になると指摘する人もいました。
    特定名称特別純米
    酒度5
    酸度1.6
    米の種類佐賀の華・山田錦
    No.14

    花泉酒造ロ万ろまん 純米吟醸酒

    2,995円(税込)

    総合評価

    3.30
    • おいしさ(冷や): 3.3

    飲み始めから喉越しまでの流れがよく、徐々においしさが増す優等生

    お米の旨みとほのかな甘みが感じられ、熱燗でもおいしく飲めそうな味わいです。飲み始めから終わりまでの流れがよく、味のまとまりも良好。「徐々においしく感じてくる」「万能酒、優等生という感じ」と好評でしたが、上位商品との比較でこの位置に落ち着きました。

    特定名称純米吟醸
    酒度0
    酸度2
    米の種類五百万石・夢の香・ヒメノモチ
    No.15

    マスカットのようなフルーツ感。酸味が尖っている

    マスカットのようなフルーティな香りが特徴的です。柑橘系の爽やかな飲み口ですが、酸味が固く、尖った印象になっているのが惜しいところ。


    ボトルデザインも風味もおしゃれなので、パーティーやデートなどにおすすめです。

    特定名称特別純米
    酒度-
    酸度-
    米の種類秋田県産酒造好適米100%使用
    No.16

    旭酒造獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 木箱入り

    2,541円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ(冷や): 3.2

    スッキリした淡麗な味わいだが、やや軽く物足りない

    非常に精製度の高い、高級感のある純米大吟醸酒です。雑味は一切なく、ライムを思わせる端正でスッキリとした味わい。米の香りや甘みはそこまで強くありません。


    淡麗なぶんやや味が軽く感じられる点、わずかな苦味が気になる点などが響いてしまいました。

    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度1.1
    米の種類山田錦
    No.17

    石本酒造越乃寒梅 純米大吟醸 無垢 720ml

    2,750円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ(冷や): 3.2

    口当たりの印象は抜群。じっくり味わうとエグみが出る

    フルーティな香りを楽しみながら口に含むと、ふわっと酒感が漂い、口当たりは最高です。ただしじっくり味わうとエグみが出てくるため、さらっと飲み込んでしまえばおいしいお酒、というところ。
    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.18

    爽やかな香りが特徴的な、ザ・淡麗辛口

    冷やすことでレモンを想像させる爽やかな香りが引き立ち、シャープな、ザ・淡麗辛口の味わいに。若干のフルーティさもあり、食中酒として活躍しそうです。やや刺激感がある点が評価に響きました。
    特定名称吟醸
    酒度5
    酸度1.1
    米の種類五百万石
    No.19

    八海醸造八海山 特別本醸造 720ml

    900円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ(冷や): 3.2

    バランスのいい辛口。アルコール感が気になる人も

    苦みエグみがなく、バランスのいい辛口。酸味の主張もあり、魚介料理やガーリックにも負けないインパクトの感じられる風味です。後味に醸造アルコール独特の刺激が現れるため、気になる人もいるかもしれません。
    特定名称特別本醸造
    酒度4
    酸度1
    米の種類(麹米・掛米)五百万石・(掛米)トドロキワセほか
    No.20

    南部美人南部美人 純米吟醸 生酒

    1,870円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ(冷や): 3.0

    スッキリ淡麗ななかにほどよいまろやかさ。燗のほうが味が整うかも

    淡麗な辛口ですが、ほどよい甘みもあり、風味にまろやかさを加えています。料理の邪魔をしないので食中酒としても活躍しそう。やや酸っぱい味わいがあるので、「熱燗にしたほうが味が整うかもしれない」という意見も聞かれました。
    特定名称純米吟醸
    酒度5
    酸度1.5
    米の種類ぎんおとめ・美山錦
    No.21

    萬乗醸造醸し人九平次 山田錦 EAU DU DÉSIR

    2,035円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ(冷や): 3.0

    序盤はやさしく中盤からスパイシー。もう少し旨みがあってもいい

    やさしいアタックと中盤以降に感じられるスパイシーさのバランスが良好。喉越しにもキレがあります。全体的に悪いところは目立ちませんが、しみじみよいと感じられる旨みもなく、上位にはおよびませんでした。
    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度1.7
    米の種類山田錦
    No.22

    やや苦みあり。全体的に特徴が薄い

    全体的に淡麗な辛口ですが、やや苦みあり。それ以外については、「取り立てていいところはないが、まとまっている」といった意見がありました。
    特定名称純米大吟醸
    酒度2
    酸度1.2
    米の種類五百万石・新潟県産米
    No.23

    亀の井酒造くどき上手 ばくれん

    4,048円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ(冷や): 3.0

    口当たりは甘く、後味に苦味とエグみあり

    口当たりは甘くて心地よいものの、あとから苦味とエグみが目立ってきます。醸造アルコール由来のピリリとした刺激感もあり、好き嫌いが分かれる味わいだといえます。
    特定名称吟醸
    酒度20
    酸度1
    米の種類美山錦
    No.24

    神戸酒心館福寿 純米吟醸

    1,760円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ(冷や): 3.0

    アーモンドのような香り。フルーティと思いきや、やや苦い

    味わいは辛口ですが、香りはアーモンドのようにまろやか。フルーティな口当たりかと思うとわずかな苦みも感じられ、いろいろと予想外の展開が待っているお酒です。
    特定名称純米吟醸
    酒度2
    酸度1.4
    米の種類山田錦・兵庫夢錦
    No.25

    朝日酒造久保田 碧寿 純米大吟醸

    1,800円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ(冷や): 3.0

    なめらかでオーソドックスな味わいだが、辛味と苦みが気になる

    全体的に淡麗でなめらかな味わい。オーソドックスな風味でやや物足りなさも感じます。わずかに感じられる辛味と苦みが気になるという声が聞かれ、今回検証した久保田シリーズのなかでは最下位につけました。
    特定名称純米大吟醸(山廃仕込み)
    酒度2
    酸度1.2
    米の種類五百万石
    No.26

    白瀧酒造上善如水 純米大吟醸

    2,150円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ(冷や): 2.8

    端正な味わいでキレもある。あと一歩特徴がほしい

    うっすらと苦味を感じるスッキリ系の純米大吟醸酒。味わいとキレのバランスがよく、クセがないのですいすい飲むことができます。そのぶん全体的に風味が淡く、いまいち特徴が感じられないという評価になりました。

    特定名称純米大吟醸
    酒度2
    酸度1.5
    米の種類山田錦・美山錦
    No.27

    曙酒造天明 純米吟醸 中取り 弐号 720ml

    1,458円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ(冷や): 2.8

    フルーティで喉越しもいいが、若干ケミカルな風味

    夏にぴったりの濁りタイプの生酒です。香り・口当たりともにフルーティで、飲み込むまでの味のバランスも良好。若干ケミカルな風味があり、ひっかかりを感じるため、この順位に止まりました。
    特定名称純米吟醸
    酒度3
    酸度1.3
    米の種類美山錦
    No.28

    新政酒造瑠璃 -Lapis Lazuli-

    3,025円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ(冷や): 2.8

    酸味が強く渋みも目立つ。ワイン感覚で飲みたい

    発泡性の酸味を強く感じる味わい。味の奥に渋みもあります。香りはフルーティでフレッシュな爽酒タイプ。ワイングラスで飲むのが合いそうな、日本酒というよりもワイン・カクテル感覚のお酒です。
    特定名称純米
    酒度0
    酸度1.8
    米の種類美山錦
    No.29

    出羽桜酒造出羽桜 桜花 吟醸酒 720ml

    1,408円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ(冷や): 2.8

    香りはフルーティだが味に苦みあり

    ややフルーティ寄りの香りが強く立ちます。基本的にはフラットで滑らかな飲み口ですが、苦みが気になり、得点が伸びませんでした。チョコレート菓子など甘みのある食べ物によく合います。
    特定名称吟醸
    酒度5
    酸度1.2
    米の種類国産米
    No.30

    諸橋酒造越乃景虎 龍 720ml

    791円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ(冷や): 2.8

    非常にスッキリ。どちらかというと燗で飲みたい

    今回の検証に使用したお酒のなかでは唯一の清酒。穀物らしい香ばしさが目立ちます。雑味は少なくスッキリなめらかな味わいですが、冷やにするにはもう少し洗練された印象がほしいところ。「熱燗で飲みたい」という意見が上がりました。
    特定名称普通酒
    酒度-
    酸度1.3
    米の種類五百万石、こしいぶき
    No.31

    苦みがきつい。醸造アルコールの風味が目立つ

    醸造アルコールの風味が目立っており、ピリッとした辛みを感じます。飲んだ瞬間からはっきりとした苦みがあり、単品で飲むにはクセの強いお酒だといえます。
    特定名称大吟醸
    酒度3
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.32

    北鹿北鹿 北秋田 大吟醸

    860円(税込)

    総合評価

    2.70
    • おいしさ(冷や): 2.7

    甘みと苦みの中間といった味の日本酒

    味わいの総合評価はやや辛口ですが、甘みと苦味も同時に感じられます。香りもそれほど強くなく、これといった特徴が見つからないという評価。クセを避けたい人にはいいかもしれません。
    特定名称大吟醸
    酒度3
    酸度1.3
    米の種類山田錦・秋田酒こまち
    No.33

    福光屋加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒 720ml

    2,750円(税込)

    総合評価

    2.50
    • おいしさ(冷や): 2.5

    味の膨らみが弱めで、エグみも少々気になる

    辛口の原酒。豊かな含み香があり期待が膨らみますが、味わいは今ひとつ。味の膨らみが弱く印象に欠ける一方で、後味のエグみが気になります。もう少しまろやかさがほしいところです。
    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度1.6
    米の種類山田錦
    No.34

    八海醸造純米吟醸八海山 雪室貯蔵三年

    3,410円(税込)

    総合評価

    2.50
    • おいしさ(冷や): 2.5

    香り・味ともにクセがある。むしろ熱燗で飲みたい

    燻製のような独特の香りと、粘性を感じさせる甘み寄りの風味。「肉と合わせるとおいしそうだけど、単品では飲めない」「むしろ熱燗で飲みたい」と、今回の飲み方に適したお酒ではないという意見が多く出ました。

    特定名称純米吟醸
    酒度-1
    酸度1.5
    米の種類(麹)山田錦・(掛)ゆきの精・五百万石

    人気冷や向けの日本酒の検証結果比較表

    冷酒器を用意して冷やをより楽しもう

    今回は冷やで飲むのにおすすめな日本酒をご紹介しましたが、冷やのおいしさを味わうためには、冷酒器を用意するのがベストです。以下の記事では、温度を保ってくれる器や、目でも楽しめるおしゃれな器など、たくさんの冷酒器をご紹介しています。ぜひあわせてチェックしてみてください!

    まとめ

    今回はプロの唎酒師にご協力いただき、売れ筋上位の冷やで飲みたい日本酒を徹底的に比較・検証しました。


    比較検証の結果を参考に、ぜひ自分好みの1本を見つけてくださいね。


    取材・文:鈴木紗綾子、写真:三浦晃一、稲垣佑季、瀧川寛

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す