• 【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【簡単でおいしい!】ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選

おいしいご飯が炊けると人気の「ご飯鍋」。最近は炊飯器ではなく、土鍋・圧力鍋・鉄鍋などでご飯を炊く方も多いですよね。ご飯鍋は、ハリオやストウブなど人気メーカーからも販売され、ih対応・ガス対応などさまざまな種類の鍋が販売されているので、どれを購入していいかわからないと迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は通販で購入できる人気のおすすめご飯鍋をランキング形式でご紹介。意外と簡単に炊けるご飯鍋で、食卓をもっとおいしく華やかに変化させましょう♪

この記事に登場する専門家

Mayu*
  • 最終更新日:2018年11月15日
  • 103,644  views
目次

ご飯鍋の選び方

ご飯鍋は基本的に、厚みとある程度の深さがあるものである方がおいしいご飯が炊けます。また、吹きこぼれを防ぐ為に蓋がドーム状になっていたり、文化鍋のように縁が高くなっているものが多いのが特徴です。ここでは、その他にチェックしておきたいご飯鍋を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

鍋の材質で選ぶ

ご飯鍋の材質によって、使い勝手や炊き上がりはさまざま。それぞれの特徴を知り、自分に合ったご飯鍋を選びましょう。

かまどご飯のような炊き上がり「土鍋タイプ」

かまどご飯のような炊き上がり「土鍋タイプ」

出典:amazon.co.jp

ご飯鍋として最も人気なのが、土鍋タイプの商品。ステンレスやアルミなどの鍋と違い、土鍋は底が丸くなっているのが特徴です。そのため鍋全体からじっくりとお米に火を通すことができ、まるでかまどご飯のような炊き上がりが実現できます。また保温性が高く、ステンレスやアルミ製の鍋と違い程よく蒸気を逃がしてくれるので、ご飯がべチャっとなりません。

デメリットとしては、鍋の重量が重いうこと。特に女性は鍋が重いと調理が大変になってしまい、洗うのも一苦労に。毎日使うなら特に使い勝手は重要ですね。また、土鍋なのでどうしても割れやすいというのも欠点のひとつです。蓋が別売りしてある商品もあるので、その辺りも考慮して選ぶようにしましょう。

軽くて使いやすい「文化鍋タイプ」

 軽くて使いやすい「文化鍋タイプ」

出典:amazon.co.jp

炊飯器がまだ普及していない時代に毎日活躍していたのが、この文化鍋。文化鍋は縁が段差状になっているので、吹きこぼれの心配がなく、安心して使えます。多くはアルミ製やステンレス製であり、土鍋に比べて薄くても充分な温度維持が可能です。特にアルミ製のものは軽量で、土鍋のご飯鍋に比べて重量が半分以下のものも多く、毎日使っても苦になりません。また、土鍋のように割れる心配も無くお手入れが楽で、全般として普通の鍋のような扱いやすさが魅力となっています。

デメリットとしては、土鍋のようなしっかりとしたおこげを作るのが難しいこと。また、鍋が水分を弾くので、鍋に入れたままにしておくとべチャっとなってしまうことです。

加熱方法をチェック

加熱方法をチェック

出典:hario.com

ご飯鍋を選ぶときにチェックしたいのが、どのような加熱方法で炊飯するかということ。ガスコンロで炊くという人が多いかとは思いますが、昨今ではIHも普及してきています。土鍋のご飯鍋は特に直火専用であるものが多いので、IHで炊飯をしたい場合は対応商品であるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

また、中には電子レンジで調理可能なご飯鍋もあります。直火で調理するよりも簡単に炊けて便利です。さらに、圧力鍋の中に入れて炊くタイプのものも。細かな火加減や水加減が必要なくもっちりとした仕上がりになるので、玄米を炊きたい人は特にチェックしておきたい商品です。

大きさや重さで使いやすさが変わる

大きさや重さで使いやすさが変わる

出典:amazon.co.jp

炊けるご飯の味も重要ですが、毎日のように使いたいなら使い勝手も重視したいポイントです。特に多くのご飯鍋は、おいしく炊くために底が厚めになっていることが多く、重量が3kg以上になってしまうものも少なくありません。また、その分鍋の大きさも大きいサイズになるため、他のおかずを作りながら炊飯をしたくても、鍋が邪魔になってしまうことも…。

最近は取っ手が小さめのコンパクトなタイプの土鍋も増えてきているので、鍋の大きさが気になる場合はそのような点もチェックしましょう。また、重さが気になる場合は、アルミ製やステンレス製のご飯鍋もおすすめです。

プロの愛用するおすすめのご飯鍋

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのご飯鍋をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、手軽においしいご飯が炊ける最強アイテムを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

ご飯鍋のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめのご飯鍋をランキング形式でご紹介していきます。

毎日使いたい人は特に、味以外に使い勝手なども考慮したいポイント。選び方を参考にして、ぴったりのご飯鍋を見つけましょう!

10位:ウルシヤマ金属 ご飯釜炊き三昧

ウルシヤマ金属 ご飯釜炊き三昧 21208
出典:amazon.co.jp
ウルシヤマ金属 ご飯釜炊き三昧 21208

6,300円 (税込)

詳細情報
・サイズ:25.2×25.2×17cm
・本体重量:1.88kg
・材質:釜本体/アルミニウム合金・蓋/ステンレス鋼・蓋ツマミ/焼杉・かまど/アルミニウム板
・加熱方法:直火専用・IH不可
・炊飯可能量:2合・3合・5合
・原産国:日本

ご家庭のコンロで、懐かしの釜炊きを

ご家庭のコンロで、懐かしの釜炊きを

出典:amazon.co.jp

ご家庭のコンロで昔ながらのかまど炊きを再現できる、珍しい商品です。そのまま小さくしたような釜は、職人の手仕事によるもの。底のなだらかな丸みにより、加熱することで対流が起き、お米一粒一粒をしっかりと炊き上げてくれます。

吹きこぼれ受けが付属しているので、コンロでの調理も安心。また、Siセンサーコンロに対応しており、自動炊飯機能を使ってお任せで手軽に炊くことも可能です。釜だからといって特別な手順は必要なく、30分ほどでおいしいご飯が炊きあがります。5合炊きでも本体重量1880gと、見かけによらずかなり軽めなのもチェックしたいポイントです。

9位:オーサワジャパン 新・特選カムカム鍋2

オーサワジャパン 新・特選カムカム鍋2 3800型
出典:amazon.co.jp
オーサワジャパン 新・特選カムカム鍋2 3800型

6,290円 (税込)

詳細情報
・サイズ:外径約17.3cm×高さ約13.0cm
・本体重量:1.35kg
・材質:陶器
・加熱方法:圧力鍋に入れて使用
・炊飯可能量:3.9合
・原産国:日本

失敗無し!圧力鍋で炊くモチモチ玄米

そのまま直火で使用するのではなく、圧力鍋に入れて炊くタイプのご飯鍋です。黒塗りの陶器でできており、遠赤外線効果で芯までじっくりを火を通すことが可能です。また、水を張った圧力鍋に入れて調理するので、細かな火加減や水加減の調整が必要なく、水が沸騰した後は弱火で40~50分炊くだけと調理が簡単なのがポイント。

おこげはできませんが、ふっくらモチモチに炊き上がるので、パサパサになってしまいがちな玄米を炊くのにおすすめのご飯鍋となっています。

8位:ノーリツ 温調機能用炊飯鍋

ノーリツ 温調機能用炊飯鍋 LP0149
出典:amazon.co.jp
ノーリツ 温調機能用炊飯鍋 LP0149

2,670円 (税込)

詳細情報
・サイズ:約:15.4×32.8×21.9cm
・本体重量:約1.6kg
・材質:アルミニウム合金、表面加工/外面パフ研磨・内面フッ素樹脂塗膜加工
・加熱方法:直火専用・IH不可
・炊飯可能量:3合
・原産国:中国

より進化した、扱いやすさ抜群の炊飯鍋

より進化した、扱いやすさ抜群の炊飯鍋

出典:amazon.co.jp

お鍋で炊くご飯といえば、昔ながらの文化鍋。炊飯器が普及する前まで活躍していたこのタイプのお鍋は、扱いやすさや吹きこぼれしにくいデザインが魅力です。こちらの商品は鍋内側の水位目盛りや、ご飯がくっつきにくいテフロン加工など、炊飯鍋としてさらに使いやすく改良されており、毎日の炊飯をより手軽にしてくれます。

価格がかなり手頃で、アルミニウム製なので軽く、割れる心配もないのが嬉しいポイント。ガスを使って30分ほどで美味しいご飯が炊けると、今でもなお人気の商品となっています。

7位:四日市ばんこ焼 炊飯土鍋 二重蓋

四日市ばんこ焼 炊飯土鍋 二重蓋
出典:amazon.co.jp
四日市ばんこ焼 炊飯土鍋 二重蓋

5,480円 (税込)

詳細情報
・サイズ:直径19.8cm、高さ17.5cm
・本体重量:2kg
・材質:陶器
・加熱方法:直火専用・IH不可
・炊飯可能量:4合
・原産国:日本

コンパクトで軽量。扱いやすさが嬉しい炊飯土鍋

コンパクトで軽量。扱いやすさが嬉しい炊飯土鍋

出典:amazon.co.jp

日本一の土鍋産地である三重県四日市市の、ばんこ焼のご飯鍋です。4合炊きでも直径20cmほどで重さは2kg。同様のご飯鍋よりもかなり小さめで扱いやすい点が、特に好評となっています。

省スペースで使いやすいだけでなく、品質や炊き上がりの味も好評。また、内蓋と上蓋の二重構造になっているので、吹きこぼれる心配がなく炊飯可能です。また、内側がツルツルなので、土鍋にありがちなご飯のこびり付きを防いでくれるのも嬉しいポイント。

6位:野田琺瑯 ご飯鍋 KAMADO

野田琺瑯 ご飯鍋 KAMADO KMD-20

7,550円 (税込)

詳細情報
・サイズ:26.5×21×17.5cm
・本体重量:5kg
・材質:鋳物(表面加工/ほうろう)
・加熱方法:直火・IH対応
・炊飯可能量:1~4合
・原産国:日本

ホーローの老舗メーカーが作る、スタイリッシュなご飯鍋

ホーローの老舗メーカーが作る、スタイリッシュなご飯鍋

出典:amazon.co.jp

70年以上ホーロー製品を製造し続ける老舗メーカー「野田琺瑯」のご飯鍋です。ホーロー製品の特長は、熱伝導の良い鉄と衛生的で臭いうつりしにくいガラスの良さを併せ持ち、丈夫だとということ。工業デザイナーである山田耕民氏がデザインしたKAMADOは、そのまま食卓に出してもオシャレです。

厚めで重量感もありますが、釜のように熱を循環させてお米の甘味や旨味を引き出します。蓋が外フタと中フタの二重構造になっており、1~4合の炊飯に対応。少量のご飯でもおいしく炊くことが可能です。IHに対応しているのも嬉しいポイント。

5位:ティファール キャストライン ライスポット

ティファール キャストライン ライスポット C76595
出典:amazon.co.jp
ティファール キャストライン ライスポット C76595

4,510円 (税込)

詳細情報
・サイズ:約24.5×20×16.2cm
・本体重量:約1kg
・材質:本体・取っ手・ふた・ふたつまみ/アルミニウム、底/アルミニウム・ステンレス18-0
・加熱方法:ガス・電気プレートコイル・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター・IH・100V-200V対応
・炊飯可能量:3合
・原産国:中国

普通の鍋感覚で使える軽さが魅力

普通の鍋感覚で使える軽さが魅力

出典:amazon.co.jp

アルミニウムをキャスト(鋳物)という製造法で形成したご飯鍋です。アルミニウムの蓄熱性と熱伝導率を活かしつつ、底を厚めにすることでじっくり火を通すことが可能に。短時間でおいしいご飯を炊き上げることができます。

人気の理由は、アルミニウムの特徴であるその軽さ。本体重量約1kgと、土鍋や鉄製のご飯鍋に比べてかなり軽量となっています。また、全体にフッ素加工を施してあるので、ご飯がこびり付かず後片付けも楽々。IH対応でオーブン調理も可能と、何かと便利なご飯鍋です。

4位:和平フレイズ 炊飯土鍋

和平フレイズ 炊飯土鍋 OR-7109
出典:amazon.co.jp
和平フレイズ 炊飯土鍋 OR-7109

1,420円 (税込)

詳細情報
・サイズ:約:21×16.5×14cm
・本体重量:約1.5kg
・材質:本体・中蓋/耐熱陶器・上蓋/陶器
・加熱方法:直火・電子レンジ対応・IH不可
・炊飯可能量:1合・2合・3合
・原産国:中国

レンジでもおいしい土鍋ご飯を

レンジでもおいしい土鍋ご飯を

出典:amazon.co.jp

Amazonで人気の炊飯土鍋がこちら、和平フレイズの商品です。その最大の特徴は、ガスだけでなく電子レンジでも炊飯が可能だということ。お米の量が少ないほど時短になり、1合なら500Wで10分と蒸らし時間15分で炊き上がります。細かい火加減が必要なく、炊飯器とは違った土鍋らしいしっかりとした炊き上がりとなるとレビューで好評です。

何より価格が手頃で、1~3合炊きでそれぞれサイズ展開しているのが嬉しいポイント。玄米や炊き込みご飯、お粥などのレシピも付属しているので、初めてご飯鍋を買う人にもおすすめです。

3位:新大黒 炊飯 ごはん土鍋

新大黒 炊飯 ごはん土鍋 万古焼
出典:amazon.co.jp
新大黒 炊飯 ごはん土鍋 万古焼

2,880円 (税込)

詳細情報
・サイズ:約17×20.5×16cm
・本体重量:1.7kg
・材質:耐熱陶器
・加熱方法:直火・オーブン対応・IH不可
・炊飯可能量:2合・4合・6合
・原産国:日本

コスパ良好!遠赤外線効果でかまど炊きのような美味しいご飯を

コスパ良好!遠赤外線効果でかまど炊きのような美味しいご飯を

出典:amazon.co.jp

焼き物の町、三重県四日市市の伝統工芸品として指定されている「萬古焼(万古焼)」のご飯鍋です。遠赤外線効果が非常に高い葉長石(ペタライト)という鉱石を使用しているので、まるでかまどで炊いたようなおいしいご飯を炊くことができるのが特徴的です。

また耐熱性もとても高く、冷蔵庫から出してすぐに火にかけても割れないほど丈夫。火加減いらずで炊飯でき、おこげもできるとレビューで好評の商品です。価格が手頃なので、ご飯鍋を試してみたいという人にもおすすめ。蓋のみの購入も可能で、万が一割ってしまっても長く使っていくことができます。

2位:長谷園 かまどさん

長谷園 かまどさん CT-01
出典:amazon.co.jp
長谷園 かまどさん CT-01

14,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:24×24×18cm
・本体重量:3.5kg
・材質:陶器
・加熱方法:直火専用・IH不可
・炊飯可能量:1合・2合・3合・5合
・原産国:日本

妥協したくない人へ。伊賀焼窯元長谷園の、本格派ご飯鍋

妥協したくない人へ。伊賀焼窯元長谷園の、本格派ご飯鍋

出典:amazon.co.jp

「かまどさん」という名前で人気を博している、話題のご飯鍋です。底を肉厚にすることでお米にじっくりと火を通し、遠赤外線効果の高い釉薬を使用することでふっくらとしたご飯に炊き上げます。二重ふたなので吹きこぼれの心配もなく、火加減の調整も楽々。

何より特徴的なのが、伊賀の粗土をしようしているので土鍋が呼吸し、まるでおひつに入れているかのような効果が得られること。鍋に入れたままでもご飯がベタつきませんし、シンプルで存在感があるのでそのまま食卓に出しても。ご飯を炊くのも食べるのも楽しくなるような、魅力あるご飯鍋です。

1位:HARIO フタがガラスのご飯釜

HARIO フタがガラスのご飯釜 GNN-200B
出典:amazon.co.jp
HARIO フタがガラスのご飯釜 GNN-200B

5,680円 (税込)

詳細情報
・サイズ:27×23×21cm、口径20cm
・本体重量:約3kg
・材質:フタ/耐熱ガラス、ツマミ/ポリプロピレン・シリコーンゴム、鍋身/耐熱陶器
・加熱方法:直火専用、IH不可
・炊飯可能量:1合/3合
・原産国:日本

初心者でも安心!中が見えて、音で知らせるご飯鍋

初心者でも安心!中が見えて、音で知らせるご飯鍋

出典:amazon.co.jp

土鍋でお馴染みの萬古焼に、透明な耐熱ガラスの蓋。「おいしさが見えるご飯釜」として人気のご飯鍋です。初めてご飯鍋で炊飯するときにありがちなのが、「鍋の中が見えないので不安だ」ということ。こちらの商品は蓋がガラス製なので、ご飯が炊けていく過程を見ることができて安心です。

また、蓋の上部には火を止めるタイミングを知らせるホイッスルが付いており、火加減が分からなかったり目を離していても分かりやすくなっているのも嬉しいポイント。本体重量が3kgと少々重めなことや、ご飯がこびり付きやすいという難点もあるものの、鍋炊き初心者にも優しいおすすめのご飯鍋です。

見た目もおしゃれで使う人を選ばないデザインは、贈りものにも喜ばれるおすすめのご飯鍋ですね。

ご飯鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ご飯鍋のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

ご飯鍋の選び方とおすすめのご飯鍋10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

手間がかかりそうな印象のあるご飯鍋での炊飯ですが、最近では細かな火加減が必要ないような商品も増え、より手軽に鍋炊きのご飯を楽しむことができるようになりました。おこげができるのも、ご飯鍋での炊飯の楽しみのひとつ。ぜひお気に入りのご飯鍋を手に入れて、おいしいご飯を味わってくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す