1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. >
  6. 【徹底比較】ごはん鍋のおすすめ人気ランキング22選
【徹底比較】ごはん鍋のおすすめ人気ランキング22選

【徹底比較】ごはん鍋のおすすめ人気ランキング22選

炊飯器よりも安価で、おいしくごはんを炊けるので食事をこだわる方を中心に人気の絶えない鍋。しかし、長谷園やT-fal(ティファール)、KINTO(キントー)やHARIO(ハリオ)といったさまざまなブランド・メーカーから販売されており、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のごはん鍋22商品を比較して、最もおすすめのごはん鍋を決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. ごはんのおいしさ
  2. 使い勝手の良さ
  3. 手入れのしやすさ
  4. 保温性

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ごはん鍋の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年09月12日更新
  • 253,722 views

検証のポイント

売れ筋のごはん鍋22商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • ごはんのおいしさ

    検証① ごはんのおいしさ

    ごはん鍋で最も重要なのは、炊飯したごはんのおいしさ。今回は実際に商品ごとの推奨方法で炊飯を行い、5つ星お米マイスター、山辺恵一郎さんによる官能評価を行いました。炊きたて、冷むすびの2パターンに分けて、お米の雑味が少ない、甘みがあるか、炊きムラがないかといった項目から5段階で評価しています。

  • 使い勝手の良さ

    検証② 使い勝手の良さ

    忙しい毎日の料理で使用するごはん鍋は、なるべく使いやすい工夫があるとストレスが減りますよね。そこで、以下3点に着目して、使い勝手のよさを5点満点で評価しました。・炊飯のしやすさ・本体の取り扱いやすさ・使い勝手を向上させる工夫があるか

  • 手入れのしやすさ

    検証③ 手入れのしやすさ

    炊飯の手間を少しでも減らすためには、鍋の洗いやすさも重要ですよね。そこで今回は、鍋本体の洗いやすさやパーツの重さ、白米のこびり付きやすさなどを5点満点で評価しています。

  • 保温性

    検証④ 保温性

    炊飯器のような保温性はないものの、なるべく温かさを保ってくれるほうが、食事の時間が違う家族でもごはんを楽しむことができますよね。そこで保温性の検証として、炊飯が完了したあとの保温時間の長さを計測しました。炊飯完了から2時間半の間、30分ごとに5回温度を計測。保温時間が長い順に5段階で評価しています。※室温25℃5点:2時間半以内に40℃以下になった4点:2時間以内に40℃以下になった3点:1時間半以内に40℃以下になった2点:1時間以内に40℃以下になった1点:30分以内に40℃以下になった

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ごはん鍋で炊くと何がいいの?土鍋ご飯や炊飯器との違い

    ごはん鍋で炊くと何がいいの?土鍋ご飯や炊飯器との違い

    ごはん鍋は炊飯器のような保温機能はありませんが、熱が米一粒一粒に均一に伝わるため、「はがま」で炊いたようなふっくらとしたご飯に仕上がるといわれています。また家電製品ではないので、性能が劣化することがなく、今日のごはんも10年後のごはんも同じ味を実現できるといったメリットも。


    近年では、10万円程度の高級炊飯器であれば「はがま」や「土鍋」炊飯の味を再現できるといわれています。しかし、故障のリスクや掃除・取り扱い上の手間、またコストを考慮すると、炊飯器よりも使い勝手がいいといえるでしょう。

    ごはん鍋の選び方

    ごはん鍋の選び方

    ごはん鍋を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。今回は、ごはん鍋の商品特性にも知見豊富なステンレス鍋YouTuberの大澤勇さんから、ごはん鍋の選び方についてアドバイスを得ました。


    <ステンレス鍋YouTuber 大澤勇さん>

    キャリア13年、約1,000回にわたるステンレス多層鍋のデモンストレーション歴のなかで、たくさんの主婦のニーズを知り、お鍋のフル活用の方法やあらゆるメーカーの構造や特徴を研究。 現在はYouTuberとして「ステンレス鍋超活用!大澤チャンネル」(登録者2.3万人)を運営。 その技術と経験を生かして企業動画の撮影・編集、動画作成セミナーなどを行う。食生活アドバイザー2級、漢方養生アドバイザー、健康生活管理士の資格を取得。


    ※なお、ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。

    ① 素材によって扱いやすさ・仕上がりが変わる!特徴を抑えよう

    土鍋タイプは、じっくり温めることでお米の甘さを引き立てる

    土鍋タイプは、じっくり温めることでお米の甘さを引き立てる

    国内の鍋製品のほとんどを占める、蓄熱生の高い「萬古焼」や、耐火性の高い「伊賀焼」や「有田焼」など、産地ごとに少しずつ違いがあるのが「土製」のごはん鍋です。土の風合いや、土鍋炊飯の雰囲気を味わいたい方に向いています。


    土の種類により多少違いがありますが、鍋全体が緩やかに加熱され、蓄熱性が高いためムラなく炊飯でき、お米が持つ甘み・旨みを引き出しやすいといわれています。


    ただし、通常の土鍋と同じく、使い始めに「目止め」と呼ばれる作業が必要な場合もあります。目止めとは土鍋の水漏れを防ぐための作業のことで、お粥を炊いたり米のとぎ汁を煮炊いたりと、土の種類によって方法はさまざまです。また衝撃に弱く、ぶつけただけでも欠けたり割れたりしてしまう場合もあるので、やや取り扱いにくいといった難点も。

    熱伝導性が高く、お米をふっくら仕上げる鉄・ホーロータイプ

    熱伝導性が高く、お米をふっくら仕上げる鉄・ホーロータイプ

    鉄・ホーロータイプは他のタイプと比べると若干重めですが、蓋と鍋の密閉度が高く、蒸気を逃しすぎないためごはんをふっくらと炊くことができます。比較的シンプルで、やや高めの形状が多い傾向があります。普段ホーロータイプの鍋を使い慣れている方は、手始めに同じタイプを選ぶのもよいでしょう。


    特にホーロータープは土鍋同様に重く、また鉄にガラスコーティングがされているため、衝撃が加わると表面部分が欠けやすいといったデメリットがあります。ホーロータイプを選ぶならば、取り扱いには十分注意しましょう。

    丈夫で使い勝手の良いアルミ・ステンレスタイプ

    丈夫で使い勝手の良いアルミ・ステンレスタイプ

    土鍋やホーロータイプの鍋と比較すると、軽量で扱いやすく安価なものも多いのが「アルミ」「ステンレス」などの金属製のごはん鍋です。


    熱伝導性が高く沸騰までの時間が短かったり、鍋の内側にフッ素加工や樹脂テフロン加工が施されていたりと、使いやすさに特化したタイプです。 市販の鍋やフライパンにもよく用いられる素材なので、いきなり土製やホーロータイプから始めるのは自信がない、といった方にも向いていますよ。


    どちらも丈夫な素材ではありますが、アルミはお手入れ不足時の黒ずみ、ステンレスは焦げ付きに注意が必要です。

    セラミックは電子レンジでの温め直しもOK

    セラミックは電子レンジでの温め直しもOK

    機能的なタイプを探している方に向いているのが、セラミックのごはん鍋です。吸水性があるため、柔らかく炊いてしまったごはんの水分もある程度調節してくれる、といったメリットがあります。


    また、なかには鍋ごと電子レンジでの温め直しができるタイプもあるので、食事のタイミングが違う家庭でも、それぞれのタイミングでホカホカのごはんを楽しめます。また匂いうつりに強いため、炊飯専用ではなく他の調理法でも利用したい、といった方にもぴったりですよ。


    このように、比較的弱点の少ないように見えるセラミックですが、 「脆さ」が最大の欠点で、強い衝撃や温度変化に弱いといった特性があります。

    ② 基本はガス火対応!IHキッチンの場合はIH対応商品をチョイス

    基本はガス火対応!IHキッチンの場合はIH対応商品をチョイス

    基本的にごはん鍋はガス・直火対応が中心ですが、ホーロー・アルミ・ステンレスタイプのなかにはIHヒーターに対応している商品もあります。対応熱源による性能の優劣はありませんので、自宅のキッチンに合わせた方式を選ぶとよいでしょう。


    しかし、機器にもよりますが、IHヒーターはガスと比べて火加減の調整がやや難しい場合があります。失敗を防ぐためにも強火で加熱することは避け、中強火程度の火力にとどめることを厳守しましょう。

    ③ 吹きこぼれにくい構造になっているか、つくりで選ぶ

    吹きこぼれにくい構造になっているか、つくりで選ぶ

    外蓋と内蓋の二重蓋になっているタイプや、本体の縁が高いものは、炊飯方法にかかわらず吹きこぼれにくいといわれています。


    日本産のお米はもともと水分を多く含む品種も多いので、炊飯時も水分調整が重要。蓋が軽いタイプは吹きこぼれしやすく、水分が蒸発しすぎる場合があるので、使用の際はしっかりと鍋のそばで火加減の調整ができる時間を確保しましょう。

    大澤勇
    ステンレス鍋YouTuber
    大澤勇さんのコメント

    吹きこぼれにくさには、ある程度の蓋の重さも必要です。軽すぎるものだと沸騰時にカタカタと動き、また蒸気も飛び散ってしまいますので、吹きこぼれにくさを重視する場合は蓋に重さがあるものか、二重蓋構造になっているタイプを選びましょう

    ④ 長く愛用するには、使いやすい工夫がされているかをチェック

    洗いやすくこびり付きにくいものを

    洗いやすくこびり付きにくいものを

    洗いやすさや手間の少なさ、ごはんのこびりつきにくさを重視する方は、鍋の内側にフッ素加工が施されているタイプを選ぶと洗いやすさを感じることができますよ。


    炊飯専用以外の土鍋はごはん専用として想定されていないため、鍋内部にごはんが付着しやすく、しゃもじですくう際に潰れてしまうケースも。ごはんは粘度があるので、潰れてしまった場合はしばらく水に漬けたり、お湯でふやかしたりといったひと手間がかかってしまいます。毎日使うごはん鍋なので、なるべく洗いやすい工夫がされているようなものを選ぶとよいでしょう。

    蓋が透明なタイプは中身が見えて初心者にもぴったり

    蓋が透明なタイプは中身が見えて初心者にもぴったり

    おいしい炊飯には、炊飯完了までに蓋を開けないことが重要。これまでに土鍋炊飯の経験がない方であれば、沸騰の具合やごはんの様子などをチェックできる蓋が透明なタイプが使いやすいでしょう。


    また、毎日の炊飯にはなるべくストレスや手間を減らす仕組みがあることが基本です。例えば炊飯器のように鍋本体の中に水の目盛りがついているタイプなら、計量カップいらずで水を注ぐだけでよいので便利ですよ。

    ⑤ 普段炊くサイズ+1合程度のサイズを選ぶと失敗が少ない

    普段炊くサイズ+1合程度のサイズを選ぶと失敗が少ない

    毎日使うごはん鍋は、毎回の食事の量に合わせてサイズを選びましょう。ごはん鍋のサイズに対してお米の量が少ないほど、空間が大きくなりお米がよく踊ります。そして空間が広い分だけ、沸騰まで時間をかけられるので、吹きこぼれの防止もつながります。もしキッチンに余裕がある家庭であれば、普段炊くサイズ+1合程度のサイズを選ぶとおいしく炊飯できますよ。


    ただし大きすぎるとかさばるので、自宅の収納のサイズを加味してサイズを選ぶとよいでしょう。

    大澤勇
    ステンレス鍋YouTuber
    大澤勇さんのコメント

    炊飯の際は、釜や鍋内部の空間が広いほうが米に均一に熱が通り、おいしさが増すと言われています。いわゆる「米が踊る」というものですね。また、沸騰までの時間は短すぎないものを選ぶべきです。空間が広い方が沸騰時間が長くなりますので、あまり小さすぎるタイプは避けましょう

    売れ筋の人気ごはん鍋全22商品を徹底比較!

    ごはん鍋の検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のごはん鍋22商品をすべて集め、検証を実施。どれが最も優れた商品かを決定しました。なお、mybestでは、使いやすく、美味しく簡単にごはんが炊ける商品を優れたごはん鍋として定義しています。


    選び方のポイントをふまえ、検証項目は以下の4点としました。

    検証①:ごはんのおいしさ

    検証②:使い勝手のよさ

    検証③:手入れのしやすさ

    検証④:保温性


    ※ランキング作成日:2020年9月4日

    今回検証した商品

    1. リンナイ|炊飯鍋
    2. 北陸アルミニウム|文化ごはん鍋
    3. HARIO|フタがガラスのご飯釜
    4. HARIO|フタがガラスのIH対応ご飯釜雪平
    5. ティファール(T-fal)|キャストラインアロマ ライスポット 3合炊き
    6. 銀峯陶器|菊花 ごはん土鍋
    7. 長谷製陶|かまどさん
    8. staub(ストウブ)|ラ・ココット de GOHAN
    9. 三鈴陶器|三合炊き
    10. 四日市ばんこ焼 華月|大黒 ごはん鍋 黒釉手造り 3合炊き
    11. リンナイ|つつみ炊きKAMADO
    12. ル・クルーゼ(Le Creuset)|ココット・エブリィ18
    13. 和平フレイズ|炊飯土鍋 3合炊き
    14. 宮崎製作所|ライスポットステンレスタイプ2合
    15. ビタクラフトジャパン|両手鍋 ごはん鍋 3合
    16. i-WANO(イワノ)|うれし炊き 3合 
    17. CtoC JAPAN|NEWセラミックおひつ
    18. かもしか道具店|ごはんの鍋 3合
    19. ウルシヤマ金属工業|ウルシヤマ 謹製 釜炊き三昧 3合炊き
    20. 良品計画|土釜おこげ3合炊き
    21. 岩鋳|ごはん鍋 3合炊
    22. キントー|KAKOMI

    検証① ごはんのおいしさ

    ごはんのおいしさ

    ごはん鍋で最も重要なのは、炊飯したごはんのおいしさ。今回は実際に商品ごとの推奨方法で炊飯を行い、5つ星お米マイスター、山辺恵一郎さんによる官能評価を行いました。炊きたて、冷むすびの2パターンに分けて、お米の雑味が少ない、甘みがあるか、炊きムラがないかといった項目から5段階で評価しています。

    <5つ星お米マイスター、1級惣菜管理士 山辺恵一郎さん>

    (株)ミツハシ所属。システム、企画広報、ネット販売担当と異色の経歴を持ち、現在は「美味しいご飯をできるだけ多くの人に食べてもらいたい」と土鍋ごはん専門店「GOHANYA'GOHAN」の監修・運営を行っている。「もっと美味しいご飯を追求したい」をモットーに、お米のブレンドや炊き方の探求や品種の食べ比べ、学校、企業、イベントなどでお米、ご飯に関する授業なども実施している。

    【検証結果ハイライト】お米の甘味を引き立たせ、高評価を獲得したのは萬古焼・アルミ製

    【検証結果ハイライト】お米の甘味を引き立たせ、高評価を獲得したのは萬古焼・アルミ製

    どの商品も香り・甘みが豊かで、味わいは炊飯器よりもおいしい印象でしたが、なかでも「アルミ」「ステンレス」などの金属製や、土製の「萬古焼」タイプのごはん鍋はごはんの粒が立ち、甘みを引き出し高得点を獲得しました。


    どのごはん鍋もそこまで味わいに差は生じなかったものの、水分の蒸発のしやすさによって、規定量の水分を入れてもごはんが柔らかめに炊ける場合もありました。素材にもよりますが、炊飯時に柔らかすぎたかな、と感じた場合でも、しばらく時間をおくことでごはんの水分量が鍋によって調整される場合もあったので、柔らかすぎた場合は1〜2時間程度時間を置いてみてもいいでしょう。

    検証② 使い勝手の良さ

    使い勝手の良さ

    忙しい毎日の料理で使用するごはん鍋は、なるべく使いやすい工夫があるとストレスが減りますよね。そこで、以下3点に着目して、使い勝手のよさを5点満点で評価しました。


    ・炊飯のしやすさ

    本体の取り扱いやすさ

    使い勝手を向上させる工夫があるか

    【検証結果ハイライト】沸騰したあと、火を止めて蒸らすだけで炊飯が完了するタイプが使いやすく便利!

    【検証結果ハイライト】沸騰したあと、火を止めて蒸らすだけで炊飯が完了するタイプが使いやすく便利!

    炊飯の方法で最も多いのが沸騰した後に弱火で数分程度加熱するタイプですが、初回〜数回はちょうど良い頃合を見計らうのがむずかしいと感じる場合もありました。そのため初心者や火加減の調整が面倒な方は、沸騰した後に火を止めて蒸らすだけで炊飯が完了するタイプを選ぶと失敗が少なくすむでしょう


    一方で火加減が難しく、初心者に扱いにくい鍋や、蓋が軽いタイプは沸騰時のカタカタという音がうるさく感じ、低評価となる傾向がありました。

    検証③ 手入れのしやすさ

    手入れのしやすさ

    炊飯の手間を少しでも減らすためには、鍋の洗いやすさも重要ですよね。そこで今回は、鍋本体の洗いやすさやパーツの重さ、白米のこびり付きやすさなどを5点満点で評価しています。

    【検証結果ハイライト】内釜にフッ素加工がないタイプは、米が潰れこびりつく原因に

    【検証結果ハイライト】内釜にフッ素加工がないタイプは、米が潰れこびりつく原因に

    素材ごとに洗いやすさの違いや差はほぼないものの、内釜にフッ素加工が施されているタイプは、米がスルッと取れてこびり付きにくい傾向がありました。


    ごはんの粘着性は、吹きこぼれてしまった蒸気にも含まれています。そのため吹きこぼれにくく、フッ素加工が施されているタイプが最も洗いやすいといえるでしょう。

    検証④ 保温性

    保温性

    炊飯器のような保温性はないものの、なるべく温かさを保ってくれるほうが、食事の時間が違う家族でもごはんを楽しむことができますよね。そこで保温性の検証として、炊飯が完了したあとの保温時間の長さを計測しました。炊飯完了から2時間半の間、30分ごとに5回温度を計測。保温時間が長い順に5段階で評価しています。※室温25℃


    5点:2時間半以内に40℃以下になった

    4点:2時間以内に40℃以下になった

    3点:1時間半以内に40℃以下になった

    2点:1時間以内に40℃以下になった

    1点:30分以内に40℃以下になった

    【検証結果ハイライト】どの商品も1時間程度は55~60℃の温度をキープ!選ぶ決め手にはならない

    【検証結果ハイライト】どの商品も1時間程度は55~60℃の温度をキープ!選ぶ決め手にはならない

    保存から2時間程度が経つと10度ほど差が生じた商品もありましたが、それぞれ素材ごとに自動・電動による保温機能を持ち合わせていないため、素材の保温性能はほぼ差がありませんでした。そのため、保温性能はごはん鍋を選ぶ際の大きな決め手とはならないでしょう。


    しかし匂いうつりやごはんの乾燥を防ぐため、1時間以上の保温・保存をする場合はごはん鍋から移し替えるのが無難です。風味を損なわずに保存したい場合はおひつ、温かいまま食べたい場合は電子ジャーの利用がおすすめです。

    No.1
    ベストバイ・ごはん鍋
    使い勝手No.1

    リンナイ炊飯鍋

    2,480円(税込)

    総合評価

    4.55
    • 保温性: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 5.0
    • 白米のおいしさ: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    ほぼすべての検証で最高評価!毎日使いたい便利なごはん鍋

    すべての検証で高水準の得点を獲得したのは、リンナイ のアルミ製ごはん鍋「炊飯鍋(3合)」です。自動炊飯機能に対応しているため、炊飯機能が搭載されているコンロであれば、ボタンをセットするだけでホカホカごはんを楽しむことができますよ。


    炊飯中も鍋内部を確認できるガラス蓋や、ミトンいらずの大きめの取っ手、また鍋本体の縁が高く、吹きこぼれにも配慮がなされている点などが使い勝手の検証で満点を獲得。さらに、鍋内部に炊飯器のようにひと目でわかる水量のメモリがついており、初心者のうちはもちろん、使い慣れてきた頃にもうっかり間違えてしまうような心配がありません。フッ素コーティングによる洗いやすさ・こびり付きにくさも高評価でした。


    炊飯方法も簡単で、炊飯直後はごはんの粒が立ち、香りが強く米の粘りを感じます。時間を置いて冷えた状態でもそのおいしさを保ちました。


    極めて現代的なフォルムの鍋なので、風合いを求める方は物足りなさを感じるかもしれませんが、性能の面ではピカイチ。毎日の使用に足る便利なごはん鍋を探している方や、これからごはん鍋での炊飯にチャレンジする方など、多くの方が満足できるごはん鍋といえるでしょう。

    本体サイズ34.5×21×16.5cm
    本体重量1.30kg
    素材・コーティングアルミニウム合金
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無
    サイズ展開
    付属品
    No.2
    バランスNo.1

    北陸アルミニウム文化ごはん鍋

    4,400円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 5.0
    • 白米のおいしさ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    軽さ、洗いやすさ、おいしさのバランスが高水準で使いやすい

    両手鍋タイプの北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi) 「文化ごはん鍋」は、798gとトップクラスで軽く取り扱いやすいアルミ製ごはん鍋です。軽量ながら炊飯量は3.5合と多めで、3合だと若干足りないと感じる家庭にも向いています。


    炊飯時の火加減調整は必要ですが、ガラス蓋なので沸騰時や火を止めるタイミングが明白で、煩しさを感じず炊飯が可能です。内鍋にはテフロン加工が施されており、ごはんをよそう際もごはんが潰れず洗いやすさを感じられます。


    炊飯直後のごはんは香りもよく、粘り気と甘みのバランスが取れていた点が高評価。しばらく時間が経過し、冷えてもそのおいしさを保ちました。


    最上位商品と比較すると、若干の吹きこぼれが生じた点が一歩及ばずといった結果でしたが、ほぼすべての検証で高得点を獲得しています。目一杯ごはんを炊いても持ち運べる程度の軽さで、収納もしやすいです。毎日使ってもストレスは少なく、炊飯器と比較しても使うメリットが多い商品でしょう。

    本体サイズ18×不明×10.3cm
    本体重量0.79kg
    素材・コーティングアルミニウム
    容量3.5合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開18㎝、20㎝
    付属品
    No.3
    バランスのよさNo.1

    HARIOフタがガラスのご飯釜

    6,578円(税込)

    総合評価

    4.25
    • 保温性: 4.5
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 5.0

    笛で沸騰のタイミングを知らせてくれる、使いやすさが魅力

    HARIO(ハリオ)の「フタがガラスのご飯釜2~3合」は、萬古焼タイプのごはん鍋です。ガラス蓋の取っ手中央に穴が開いており、沸騰時はホイッスルのような高音が鳴るつくりで、ついうっかり焦がしてしまうような失敗も避けられますよ。

    大きめのガラス蓋がごはん鍋の空間をつくり、蒸気や火を全体に行き渡らせることができます。ごはんは比較的しっかりとした食感で、粒がきれいに立ち、冷えてもおいしく食べられました。

    持ち運びやすいような鍋本体の取っ手はありませんが、鍋内部には水量の目安となる凹みがあり、計量カップがない時でも問題なく炊飯が可能です。


    なお、沸騰時は割と早い段階で弱く笛の音が鳴りますが、鳴ってすぐ火を止めず、ピーっとしっかり鳴るまで待ちましょう。笛が沸騰時に常時鳴るのがストレスに感じる方は避けた方が無難ですが、気にならない方であれば特に欠点もなく使い勝手のよい鍋といえるでしょう
    本体サイズ27×23×21cm
    本体重量2.45kg
    素材・コーティング土(萬古焼)
    容量3合
    対応熱源ガス,直火
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開1合~2合、2~3合
    付属品
    No.4

    HARIOフタがガラスのIH対応ご飯釜雪平

    6,723円(税込)

    総合評価

    4.25
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 5.0

    軽さと扱いやすさはほぼ最高評価。吹きこぼれやすさに注意

    アルミ・ステンレスタイプのごはん鍋HARIO(ハリオ) 「フタがガラスのIH対応ご飯釜雪平」は、アルミ・ステンレスの4層構造で、火の通りが早いといった特徴があります。

    洗うパーツが少なく、また本体の凹凸が少ないため非常にスムーズです。類似タイプで土製の商品もありますが、こちらは1,4kgと土製のものと比較しても1kg程度軽量で取り扱いやすい印象。沸騰時にガラス蓋の取っ手部分にある空気穴から笛が鳴るのでわかりやすく、初心者でも失敗の少ない鍋といえるでしょう。

    使い初めから数回程度は、笛の強弱による沸騰を見極めるタイミングに慣れが必要ですが、問題ない程度です。ごはんも旨みを引き出し、おいしく炊くことができました。


    若干の吹きこぼれやすさがある点が最上位商品には劣るものの、軽く扱いやすいため総合的に使いやすく便利なごはん鍋といえます。IH対応タイプなので、自宅がIHキッチンの家庭であれば十分活躍が見込めます。
    本体サイズ26×21.6×20cm
    本体重量1.4kg
    素材・コーティングアルミニウム合金,ステンレス
    容量3合
    対応熱源ガス,IH,直火
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品
    No.5

    ティファール(T-fal)キャストラインアロマ ライスポット 3合炊き

    4,700円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 保温性: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 5.0

    コンパクトさ・軽さ・おいしさを兼ね備えた使いやすい商品

    ティファール(T-fal) が販売する「キャストラインアロマ ライスポット 3合炊き」は、軽さと使いやすさが魅力のアルミ製ごはん鍋です。内・外側両方にフッ素加工が施されており、万が一吹きこぼれてもささっと拭くだけで手入れが完了します。

    中強火で沸騰させてから、ごく弱火で10分超加熱するだけと簡単に炊飯でき、鍋の縁が高いので吹きこぼれにくい点が高評価。また本体は1kgとかなり軽量。そして蓋の取っ手も大きく、手に沿う形なので、十分持ちやすいといえるでしょう。コンパクトなので収納場所にも困りません。


    炊飯後、蓋を開けた時ににはごはんの豊かな香りを感じ、硬さもほどよく、冷えてしまってもそのおいしさをキープ。米本来のおいしさをしっかり引き出していました。


    最上位商品と比較しても比較的コンパクトな作りなので、台所の収納が限られている方、軽くて取り扱いやすいごはん鍋を探している方にちょうどよい商品でしょう。

    本体サイズ24.5×20×16.2cm
    本体重量1.03kg
    素材・コーティングアルミニウム合金
    容量3合
    対応熱源ガス,IH,電気プレートコイル,セラミックヒーター,ハロゲンヒーター
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品
    No.6

    銀峯陶器菊花 ごはん土鍋

    2,180円(税込)

    総合評価

    4.05
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    沸騰して蒸らすだけのお手軽鍋。火加減の調整が面倒な方に

    歴史深い焼き物メーカーの銀峯陶器が販売する「菊花 ごはん土鍋 (3合炊き,瑠璃釉)」は、火加減の調節が不要な、初心者にもうれしい使いやすさを備えたごはん鍋です。どこか懐かしいようなフォルムながら、現代的なスタイリッシュなデザインが食卓に彩りを添えてくれますよ。

    沸騰後に火を止め、蒸らすだけで炊飯が完了するので、他の料理と並行して炊飯を行うことが可能。炊飯時の手軽さが高評価となりました。


    蒸気穴に粘り気のある汚れが多少付着しますが、落としやすく普段使いでは気にならない程度です。洗い流す際もごはんがこびりつかず、一粒ずつぽろっと取れるのでストレスは少なめ。


    炊飯したごはんも粒が立っていツヤがあり、全体が均等に炊き上がりました。冷えた状態でも、変わらずおいしい状態をキープしています。重さも1kg以下と軽く、取り扱いやすさ・おいしさ・洗いやすさすべてが高水準で、デザインに惹かれて購入しても失敗なく満足度の高い商品といえるでしょう。

    本体サイズ22.7×24.2 ×15.2cm
    本体重量0.99 kg<br>
    素材・コーティング土(萬古焼)
    容量3合
    対応熱源ガス,オーブン
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合、5合
    付属品
    No.7

    長谷製陶かまどさん

    8,164円(税込)

    総合評価

    3.95
    • 保温性: 3.5
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    重さはあるものの、細部に使いやすさを備えた優秀な商品

    伊賀土製のごはん鍋、長谷園 「かまどさん」は、吹きこぼれにはめっぽう強い内蓋と外蓋の二重蓋構造となっています。コロンとしたフォルムは懐かしさもありつつ、シンプルで現代的なキッチンにも親和性が高いでしょう。


    内蓋がある分4.1kgと全商品中トップレベルで重いものの、取っ手部分が分厚く、安定して持てるのでストレスは少なめ。外蓋の溝にしゃもじを置けるデザイン上の工夫なども含め、使い勝手の検証では高得点を獲得しています。中強火で加熱したあとは、そのまま蒸らすだけで炊飯が完結するのも手軽で便利です。


    おいしさの検証ではごはんの甘さを強く感じ、ツヤもあり美しく、味わい深く炊けていました。そして冷えてしまっても味わいはキープしています。重さがややネックながらも、総合的に欠点の少ないごはん鍋といえるでしょう。

    本体サイズ21×21×16cm
    本体重量4.0kg
    素材・コーティング土(伊賀焼)
    容量2合
    対応熱源ガス,直火
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合
    付属品しゃもじ
    No.8

    staub(ストウブ)ラ・ココット de GOHAN

    17,550円(税込)

    総合評価

    3.95
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    沸騰・蒸らしが短い。毎日の炊飯に時間をかけたくない方に

    staub(ストウブ)「ラ・ココット de GOHAN」は、小型で収納場所を選ばないフランス製ホーロータイプのごはん鍋です。コロンとした丸みのある形状で、深さがあり熱が鍋全体に行き渡る構造になっています。

    サイズの割に重さがありますが、蓋も重く本体の密封性が高い印象です。沸騰までは蓋を開けておき、沸騰したら米を一度かき混ぜたりと、他の鍋と炊飯方法が若干異なります。しかし大きな手間ではなくストレスには感じません。沸騰・蒸らしなどが短く、炊飯に必要な時間が短い点も好印象でした。ごはんのおいしさ・洗いやすさも平均以上の得点を獲得しています。ホーロータイプで、毎日時間をかけずに手軽に炊飯できるごはん鍋を探している方は選択肢の一つとして加えてもよいでしょう。

    本体サイズ16×21×15.5cm
    本体重量2.35kg
    素材・コーティングホーロー
    容量1.75l
    対応熱源ガス,IH,直火,オーブン
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開1合、2合
    付属品
    No.9

    三鈴陶器三合炊き

    1,782円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 3.0
    • 白米のおいしさ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    コンパクトでおいしく炊飯できる。手の大きい人には不向き

    丸型のコロンとしたフォルムが特徴的な三鈴陶器の「三合炊き」は、その丸みのある形状から全体に満遍なく火が通り、ムラなく仕上げてくれる萬古焼のごはん鍋です。

    炊飯後は米の粒がしっかり立ち、水分量や粘りも程よいといった評価に。冷めた後もおいしさを保ち、最高評価に近い高得点を獲得しました。コンパクトで収納場所を選ばす、1.5kgと軽量のため取り扱いやすい印象です。一方で口径が若干狭めで、手が大きい人は洗う際にストレスに感じてしまう可能性がある点や、鍋底の面積が狭いので五徳に載せる際のバランスの取りにくさが上位商品と比べると低評価になりました。しかしながら、すべての検証で平均点を超えていますので、コンパクトで土の風合いを感じるベーシックなごはん鍋を探している方には選択肢となりえるでしょう。

    本体サイズ20.6×18.6×16.7cm
    本体重量1.5kg
    素材・コーティング土(萬古焼)
    容量3合
    対応熱源ガス,オーブン,電熱コンロ
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開1合、3合、5合、7合
    付属品
    No.10

    四日市ばんこ焼 華月大黒 ごはん鍋 黒釉手造り 3合炊き

    5,360円

    総合評価

    3.80
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 3.5

    吹きこぼれはほぼなし。慣れないうちは火加減に要注意

    老舗萬古焼メーカーの華月から販売される「大黒 ごはん鍋 黒釉手造り 3合炊き」は、萬古焼タイプのごはん鍋です。火加減の調整が必要なく、中強火で10分程度加熱させたあとは、蒸らすだけで炊飯が完了する手軽なタイプです。

    炊飯が簡単な点や、鍋の縁が高めで、ほぼ吹きこぼれない点が高評価に。おいしく炊けるものの、中強火の加減を間違えると焦げてしまうので、鍋底に触れる程度の火加減を必ず守る必要があります。3回中1回は少し焦げてしまい、慣れないうちは注意が必要です。また鍋本体の取っ手部分が小さく薄いので、持ちにくい点がややストレス。ミトンやふきんなどをを使って本体ごと持ち上げる必要があり、3kg程度と重めなのでコンロから下ろす際には少し慎重にならなくてはいけません。
    本体サイズ27×21.5×17cm
    本体重量2.96kg
    素材・コーティング土(萬古焼)
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合、4合、6合
    付属品しゃもじ
    No.11

    リンナイつつみ炊きKAMADO

    6,282円(税込)

    総合評価

    3.65
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 3.0
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    使い勝手・洗いやすさは高評価ながら、おいしさはもう一歩

    リンナイ 「つつみ炊きKAMADO」3号炊飯用の鋳物・ホーロータイプのごはん鍋です。本体の取っ手が樹脂製で熱くなりにくく、蓋も自立するので置き場所に困らないといった特徴があります。

    また、沸騰し続けても吹きこぼれがまったく生じず、鍋内部と蒸気穴以外は洗う必要がない点も相まって、使い勝手と洗いやすさの検証は平均点を上回る高評価でした。沸騰後に数分程度加熱し火を止めるだけでよいので、火加減を調整せずに炊飯できるのも手軽です。しかし炊き上がったごはんの甘みが上位商品と比較しても控えめで、若干物足りないといった評価に。3合炊飯用ですが、2層構造のためほかの3合炊きごはん鍋と比較しても一回り程度大きく、小形の炊飯器程度と場所を取る点が評価を下げました。
    本体サイズ30.2×30×21.6 cm
    本体重量1.80kg
    素材・コーティングホーロー
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無
    サイズ展開
    付属品
    No.12

    ル・クルーゼ(Le Creuset)ココット・エブリィ18

    22,000円(税込)

    総合評価

    3.65
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 3.5
    • 白米のおいしさ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    欠点は少ないものの、突出したメリットもないシンプルな鍋

    Le Creuset ル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋「LE CREUSET ココット・エブリィ18」は内面にフッ素加工が施された洗いやすいごはん鍋です。

    2.7kgとやや重めで、シンクの中で片手で扱って洗うのが少々ストレスに感じますが、取っ手の内側に凹みがあり持ちやすいので大きな欠点にはなりません。外蓋の取っ手部分ももう少し大きさがある方が持ちやすいですが、問題ない程度でしょう。蓋と本体の密封性は高めで、ごはんも平均を少し超えた程度の得点を獲得しています。フッ素加工のためごはんのこびり付きかず、洗いやすさを感じます。すべてにおいて平均点、もしくは平均を少し超えた商品といった印象で、決定的なメリット・デメリットが少ない商品といえるでしょう。

    本体サイズ23×10.5×12.5cm
    本体重量2.7kg
    素材・コーティングホーロー
    容量2000l
    対応熱源ガス,IH,オーブン
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無
    サイズ展開
    付属品
    No.13

    和平フレイズ炊飯土鍋 3合炊き

    1,639円(税込)

    総合評価

    3.65
    • 保温性: 3.5
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 3.0
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    平均的な商品だが、手ごろな価格帯で初めての人も使いやすい

    内蓋・外蓋の二重蓋構造の和平フレイズの「炊飯土鍋 3合炊き」は、ガスに加え電子レンジでも炊飯ができる初心者でも始めやすいタイプのごはん鍋です。


    内蓋や本体の取っ手が非常に浅く、手が大きい方は若干の不便を感じるでしょう。そして持ち上げる際はミトンでは掴めないので、薄手のふきんが必要な点はマイナス評価となりました。しかし鍋本体が深く、吹きこぼれにくいといえるでしょう。炊き上がりはやや柔らかめなものの、おいしさの面では平均的な評価でした。洗う際の米のこびり付きも少なめで、米が潰れる・取りにくいような印象はありませんでした。総合的に目立った欠点はなく、手軽な価格帯なので、初めてごはん鍋を購入する方の選択肢の一つに加えても問題ないでしょう。

    本体サイズ23.1×18.6×16cm
    本体重量2.18kg
    素材・コーティング耐熱陶器
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開1合、2合、3合
    付属品
    No.14

    宮崎製作所ライスポットステンレスタイプ2合

    7,527円(税込)

    総合評価

    3.55
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 3.5
    • 白米のおいしさ: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    香り・甘みは上位商品に届かないが、軽く扱いやすい商品

    1,150gと軽量な宮崎製作所「ライスポットステンレスタイプ 2合」は、アルミ・ステンレス・チタンの全面三層構造の金属製ごはん鍋です。

    鍋がごく薄く、金属製のため、沸騰までの時間が短時間ですみます。沸騰してからも弱火5~10分程度加熱してから蒸らすだけのタイプで、比較的簡単に炊飯可能。かなりコンパクトで軽量なので、収納スペースがそこまで大きくない家庭でも問題ありません。鍋本体の持ち手もかなり薄めですが、そこまでストレスには感じませんでした。炊飯後のごはんは粒が立ち、ツヤがあり粘りもあり平均以上の評価を獲得しています。しかし上位商品と比較すると、甘みや香りが若干弱い点がマイナス評価になりました。

    本体サイズ18×12.7cm
    本体重量1.15kg
    素材・コーティングステンレス
    容量2合
    対応熱源ガス,IH
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品
    No.15

    ビタクラフトジャパン両手鍋 ごはん鍋 3合

    15,912円(税込)

    総合評価

    3.45
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.5
    • 白米のおいしさ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 2.0

    おいしく炊けるが、蓋が軽く沸騰時のカタカタ音が気になる

    ステンレス・アルミ五層構造のVita Craft(ビタクラフト) 「両手鍋 ごはん鍋 3合」は、998gと全商品トップレベルで軽いIH対応のごはん鍋です。

    小さめながら蓋・鍋本体の取っ手部分が大きめで持ち運びやすい印象です。また、鍋蓋がしっかりと密着するためしっかりとごはんの甘みを引き立てる炊き上がりで、香り豊かな点も高評価でした。しかし、沸騰までのタイミングが早く、ごくとろ火にしても吹きこぼれ続け、コンロを汚してしまう点が使い勝手の面でマイナス評価に。また蓋が非常に軽量で、火をつけている間ずっとカタカタと音が鳴り続ける点がストレスになりました。

    本体サイズ26×9.5×15.6cm
    本体重量0.99 kg<br>
    素材・コーティングアルミニウム合金,ステンレス
    容量3合
    対応熱源ガス,IH
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品
    No.16

    i-WANO(イワノ)うれし炊き 3合 

    7,800円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 2.5

    2層構造で吹きこぼれにくい。一方決定的なメリットに欠ける

    i-WANO(イワノ) の「うれし炊き 3合」は、内蓋と外蓋の2層構造で萬古焼タイプの土製ごはん鍋。中強火で10~13分程度、そのあとは弱火で3~5分加熱したあと、蒸らして炊飯が完了する火加減の調整が必要なタイプです。

    使い勝手・ごはんのおいしさは平均程度で吹きこぼれは少ないものの、内蓋があり洗うパーツが多くごはんがこびりついて落としにくさを感じました。また炊飯方法は簡単ですが、火加減の調整が必要で手間がかかる点が上位商品と比較してマイナス評価に。極めて平均的な商品なものの、決定打にかけるといった印象です。

    本体サイズ25×20×19cm
    本体重量2.3kg
    素材・コーティング土(萬古焼)
    容量3合
    対応熱源ガス,IH,オーブン
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合
    付属品
    No.17

    CtoC JAPANNEWセラミックおひつ

    4,332円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.0
    • 白米のおいしさ: 3.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    電子レンジで炊飯可能と便利ながら、性能はいまひとつ

    シートゥーシー ジャパン(Ctoc Japan) 「 NEWセラミックおひつ」は、炊飯後はおひつとしても使用できる便利な一人用ごはん鍋です。電子レンジ炊飯にも対応しているので、食べきれなかった際もそのまま冷蔵庫に保存して温め直すことができます。また、電子レンジで炊飯することも可能ですよ。

    しかし吹きこぼれが多い点や、ごはんの水分が蒸発しきらず粒の立ちが甘い点などが目立ちました。洗いやすさ・おいしさなど、性能面に関してはいまひとつといったところです。一人用に、場所を取らない軽くて小さなごはん鍋が欲しい方に向いている商品でしょう。

    本体サイズ15×15×11.5cm
    本体重量1.03kg
    素材・コーティング土(有田焼)
    容量780㏄
    対応熱源ガス,IH,オーブン
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品鍋敷台
    No.18

    かもしか道具店ごはんの鍋 3合

    7,480円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 保温性: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 3.5
    • 白米のおいしさ: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    火加減の見極めが初心者には難しい。ひと手間が苦にならない方に

    耐熱陶器製のごはん鍋、かもしか道具店「ごはんの鍋 3合」は、電子レンジ対応で冷めてしまってもそのまま温め直しが可能なタイプです。

    電子レンジで再加熱が可能な点やコンパクトで取り扱いやすい点は高評価だったものの、蒸気穴がなく蓋の隙間全体から蒸気が全体的に吹き上がり、火を止めたり調節したりするタイミングの判断が難しい点がマイナス評価になりました。3回炊飯中、火加減をしっかり調整できおいしく炊飯できたのは1回のみと、初心者にはやや難しい印象でしたので、自分で加減を探るひと手間を楽しめる方に向いているでしょう。

    本体サイズ22.5×h3cm×19
    本体重量2.4kg
    素材・コーティング耐熱陶器
    容量3合
    対応熱源ガス,直火
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開1合、2合
    付属品
    No.19

    ウルシヤマ金属工業ウルシヤマ 謹製 釜炊き三昧 3合炊き

    4,820円(税込)

    総合評価

    3.05
    • 保温性: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 3.0
    • 白米のおいしさ: 3.0
    • 手入れのしやすさ: 3.5

    昔ながらのデザインが目を引くが、使い慣れるまでは若干不便

    ウルシヤマ金属工業の「ウルシヤマ 謹製 釜炊き三昧 3合炊き」は、昔ながらの「はがま」を模したデザインが特徴的なガス火専用タイプのごはん鍋です。

    五徳・かまど・窯・載せ蓋の四層構造で、通常の鍋とは違い蒸気が蓋全体から上がるので、使い慣れないうちは火を止めるタイミングがはっきりわかりにくいです。ごはんはおいしく炊けましたが、沸騰した際にかなり吹きこぼれ、かつ沸騰までの時間も短いので、つきっきりで鍋の管理ができる人に向いています。また自宅のコンロにサイズが合うか、事前に調べなくてはいけない点など、使用前・使用中とも手間がかかる商品といった印象を受けました。

    本体サイズ24×24×15cm
    本体重量1.40kg
    素材・コーティングアルミニウム合金
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合、5合
    付属品
    No.20

    良品計画土釜おこげ3合炊き

    4,900円(税込)

    総合評価

    3.05
    • 保温性: 3.5
    • 使い勝手の良さ: 2.0
    • 白米のおいしさ: 4.5
    • 手入れのしやすさ: 1.5

    おいしく炊けるものの、大きさや重さなどの欠点が目立つ商品

    無印良品 「土釜おこげ3合炊き」は、沸騰してから蒸らすだけで炊飯が完了するタイプのごはん鍋です。


    鍋本体が大きく、空間に余裕があるためふっくらとごはんが炊けたものの、ごはんの甘みが際上位商品と比較すると今一歩といった結果に。また3.7kgと大きいため取り扱いにくく、取っ手がないため本体を落としてしまうような危険性を感じます。ごはんをよそう時も鍋内部でごはんが潰れてしまい、おいしさはあるものの、そのほかの欠点が目立つといった結果になりました。

    本体サイズ22×15×17cm
    本体重量3.7kg
    素材・コーティング土(伊賀焼)
    容量3合
    対応熱源ガス,オーブン
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品
    No.21

    岩鋳ごはん鍋 3合炊

    8,897円(税込)

    総合評価

    2.85
    • 保温性: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 2.5
    • 白米のおいしさ: 2.5
    • 手入れのしやすさ: 4.0

    吹きこぼれやすさと手入れのしにくさがマイナス評価に

    岩鋳 (Iwachu) の鋳鉄型のごはん鍋「ごはん鍋 3合炊」は、蓋・本体は鉄製ながら内面にホーロー加工が施されています。

    雰囲気のある見た目が特徴的ですが、本体の縁が低いので吹きこぼれやすく、こぼれた粘着性のある蒸気が吹きこぼれ受け部分にびっしりと溜まってしまう点がストレスに。また、火加減の調整が難しく、3回炊飯中3回とも焦げが生じてしまいました。重さも3.4kgとかなり重く、使う場所や人を選ぶ商品といった印象です。

    本体サイズ28×22×13.5cm
    本体重量3.4kg
    素材・コーティング鋳鉄、内側ホーロー
    容量3合
    対応熱源ガス,IH,直火
    電子レンジ対応-
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開2合、3合、5合
    付属品
    No.22

    キントーKAKOMI

    6,600円(税込)

    総合評価

    2.45
    • 保温性: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 3.0
    • 白米のおいしさ: 2.0
    • 手入れのしやすさ: 2.5

    火加減が難しく、炊飯不足や焦げが目立つ。人を選ぶ商品

    KINTO (キントー) から販売される「KAKOMI 炊飯土鍋 」は、耐熱陶器製のごはん鍋です。

    検証の結果、すべての項目で平均以下の点数に。とくにおいしさの検証では、3回程度炊飯をしましたが水分の調整が難しく、表記通り炊飯しても毎回柔らかい炊き上がりになってしまいました。柔らかいながらも鍋底面には若干の焦げが生じており、初心者に取り扱いにくい点などが総じてマイナス評価となっています。
    本体サイズ19×17.5×12.5cm
    本体重量2.0kg
    素材・コーティング耐熱陶器
    容量3合
    対応熱源ガス
    電子レンジ対応
    フッ素加工の有無-
    サイズ展開
    付属品

    人気ごはん鍋の検証結果比較表

    ごはん鍋を使ったごはんのおいしい炊き方

    ごはん鍋を使ったごはんのおいしい炊き方

    米に割れ・欠けが生じていると、水分が多く含まれすぎてしまい柔らかいベチャッとした食感になってしまいます。お米を研ぐ際は、米を潰したり砕いたりしないように優しく研ぐのがポイントです。


    また、お米は精米後、どんどん乾燥や酸化が進んでしまいます。乾いてしまったお米に水分を浸透させるために、研ぎ終わった後、夏場は30分、それ以外の季節は1時間ほどを目安にひたひたの水に漬けておきましょう。


    また炊飯時は、火加減に注意が必要。焦げ付かないように、火は中強火以下を厳守しましょう。さらにおいしさを引き出したい方は、ミネラルウォーターで炊飯すると味わいアップ。毎日の炊飯には少し贅沢ですが、とっておきの日やおもてなしをする日など、ワンランク上のごはんを味わいたい時におすすめですよ。

    便利な調理グッズもあわせてチェック!

    また、ごはん以外の調理にもおすすめな「土鍋」や、ごはんの保存におすすめな「おひつ」「保温ジャー」なども販売されています。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

    ごはん鍋の売れ筋ランキングもチェック!

     なおご参考までに、ごはん鍋の売れ筋ランキングのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピング の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す