• Bff32d2fd288201d1e3c4ef2a98b5024750b1ba6
  • 2a69c1eb09cc808e65064242a8a0c390283cd456
  • 59200869ac3be1f31b44710e0f04e687b655419e
  • 4a1d5ba1947f2f5de8fb4fb51ca62aebd1d4e1b3
  • C20500344af5b841da1fec320ac2fcdfb0ad4564

圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【角煮・ご飯も時短でおいしく!】

カレー・おでん・肉じゃが・ご飯など、さまざまなレシピが短時間でおいしく仕上がる圧力鍋。ガス代、電気代の節約にもなるので、上手に使いこなせれば、主婦の強い味⽅になってくれます︕しかし、いざ買おうとすると、ティファールやフィスラーなどのメーカーからも多く販売されていますし、価格や種類も豊富。いったいどこがどう違うのか、分からない方も多いと思います。

そこで今回は、圧力鍋の選び方とともに、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。使い方次第ではお料理の幅も一気に広がりますよ。一度使うと手放せなくなる圧力鍋。あなたにぴったりの商品選びの参考にしてくださいね!

最終更新日:2017年12月07日 | 63views

圧力鍋の選び方

一見全部同じようにも見える圧力鍋ですが、調理するものや調理スタイルによってふさわしいものが変わってきます。ここからは、それぞれの種類の特徴をふまえながら、自分の調理スタイルに合ったものを選ぶためのポイントをご紹介します。

2つのタイプから選ぼう

圧力鍋には、大きく分けておもり式とスプリング式の2タイプがあります。それぞれにメリット、デメリットがありますから、自分が何を重視したいかを見極めてを選びましょう。

圧がかかったことが分かりやすい「おもり式」

まずは、鍋蓋の蒸気が出る部分におもりがついている「おもり式」です。圧力がかかったと同時にそのおもりが蒸気で揺れて「シュー!」と音がするのが特徴なのですが、実はこの音こそがおもり式の最大のメリット!

圧がかかったら、弱火にして煮込むという圧力鍋。おもり式は、この大きな音で圧のかかりを知らせてくれるので、調理のタイミングが計りやすいんです。そのため、圧力鍋初心者の方でも判断がしやすく、失敗が少ないタイプと言えます。またなるべく調理の手間を省きたい、鍋任せにしておきたい、という方にもこちらのタイプがおすすめですよ。

ただし、赤ちゃんのいるご家庭などでは、お昼寝のときにこのおもりの音がうるさく感じるかもしれません。また、あの音が怖くて圧力鍋の使用をためらっているという方には不向きと言えるでしょう。

凝った煮込み料理も得意な「スプリング式」

一方のスプリング式は、とにかく静かに調理できるのが特徴。あの大きな音が苦手という方におすすめです。また高圧・低圧と、圧力の調整ができるのもスプリング式の魅力です。野菜中心なら低圧で、スペアリブや魚の骨までまるごとといったレシピには高圧など、食材に合わせて調理法を変えることができるので、より幅広いレシピを作りたい料理上級者の方におすすめです。

圧力がかかったかどうかは、表示ピンが上がることで確認できます。とは言え、小さなピンが音もなくポンと上がるだけなので、使い慣れていないと、圧力がかかるまで表示ピンから目が離せないなんてことも。できるだけ調理は鍋任せにしたいという方や圧力鍋初心者には不向きかもしれませんね。

調理時間・使いやすさに影響する材質をチェック

次にチェックしたいのが材質です。材質によって調理時間や扱いやすさが変わってきますよ。くわしく見ていきましょう。

軽くて時短料理向きの「アルミ製」

熱伝導率が良いため、圧力かかるのが早いのがアルミ製の圧力鍋です。より時短調理をしたいときには、アルミ製がおすすめですよ。しかし、逆に熱が逃げやすいという性質も持ち合わせているので、保温にはあまり向いていません。

また、アルミ製は軽量なのも魅力の一つ。重い圧力鍋だと、取り出すのもおっくうになってしまいますし、洗うのも一苦労ですが、アルミ製ならその心配も解決です。ただ、酸性・アルカリ性どちらにも弱いので、黒ずみなどの汚れが目立ちやすい、という難点があります。調理の際も、お酢を使ったりするのはなるべく避けた方が良さそうです。

お手入れ楽ちんで保温性が高い「ステンレス製」

保温性の高さを求める人におすすめなのがステンレス製です。ステンレスは、圧力がかかるまでに時間がかかりますが、一度熱が通ると、長時間にわたり保温することができます。じっくり煮込んでビーフシチューを作ったり、おでんのすじ肉をやわらかく煮込んだりなど、少し凝った煮込み料理を作るときに向いています。

ただ、ステンレス製は重さがあるのが難点です。さらに、鍋の中に具材が入ることを考えると、相当の重さになることを覚悟しなければなりません。お手入れに関しては、傷が入りにくく、きれいに保ちやすいというメリットがあります。光沢があり黒ずみなどもつきにくく、汚れが目立ちにくいですよ。

優秀!良いとこどりの多層式

熱が通りやすいアルミ製と、保温力が高いステンレス製。どちらにもメリットがありますが、正直どちらも捨てがたいですよね!そんな方におすすめなのが、ステンレスの層の間にアルミを挟んだ多層式です。ステンレスとアルミの両方の良さが活かされるので、熱伝導率も良く、保温力も高いという優れもの。

さらにお手入れも、黒ずみが目立たないステンレス製の良さが生かされていて、きれいに保ちやすいですよ。しかし、使い勝手が良い分価格が高くなることと、重さが出てしまうという点は否めません。

料理に合わせて圧力値を選ぼう

圧力鍋にかかる圧力値も大切なチェックポイントです。圧力値はkPa(キロパスカル)で表示され、圧力値が高いものほど鍋の中の温度が高くなり、より短時間で調理ができます。では高圧力の物が良いのか、と言うとそういうわけでもなく、扱う食材によって適する圧力値が異なります。

例えばお肉料理や、根菜などの硬めの食材には高圧のものが適しています。一方、野菜などの煮崩れを避けたいものを調理するなら低圧のものがおすすめ。具体的には、90kPa~ほどあれば高圧、50~70kPaくらいのものが低圧調理に向いています。炊飯や、煮物など特定の料理にしか使用しないというのであれば、ある程度の圧力値が絞り込めると思いますが、幅広く圧力鍋を活用したいと思うのであれば、やはり低圧・高圧と圧力が調整できるものを選んでおくと良いでしょう。

容量は「家族の人数+1L」を目安に

圧力鍋を使う際に特に注意したいのが、鍋の中に入れられる食材の量が、鍋の大きさに対して少ないということです。鍋の3分の1や、3分の2が満量といったものがほとんで、いっぱいいっぱいに入れることはできません。このことから、大きさは余裕を持って、大きめのものを選ぶ方がおすすめです。

例えば4.5Lの圧力鍋を選んだ場合、ご飯を炊くなら4合、カレーは8皿分ほど作ることができます。また、2人家族なら2.5L、4人家族なら5Lがピッタリとも言われています。ぴったりな容量が分からないときは、「家族の人数+1L」を目安として選ぶと良いですよ。

IHに対応しているかも忘れずチェック

最後に確認したいのがIHに対応しているかどうかです。今はガスコンロを使っているから大丈夫、と思っていても、いつ状況が変わってIHに移行するかも分かりません。お鍋を全部買い直すのは大変ですし、特に高価な圧力鍋の場合は、使えなくなるとショックですよね。最近ではIH・ガス両用の圧力鍋が主流となってはいますが、購入時には念の為にチェックしとておくと良いでしょう!

圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選

ここからは実際に選ばれていて満足度の高い商品をランキング形式で10選ご紹介します!それぞれに長所がありますので、自分に合った圧力鍋を選ぶ際の参考にしてくださいね。

10位:フィスラー プレミアム

フィスラー プレミアム 4.5L 622-302-04-073
39,980円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:多層(ステンレス・アルミ)
・重量:2.6kg
・圧力値:43kPa/69kPa
・圧切替:3段階
・容量:4.5L
・IH対応:○

超高圧も!3つの圧力設定が可能

ドイツ製の高品質圧力鍋として有名なフィスラーから、欲しい機能がギュッと詰まったその名も「プレミアム」がランクインです。プレミアムの特徴は、高圧・低圧だけでなく、さらに超高圧にまで圧力設定を切り替えられることです。かける圧力によって、黄・緑・赤とピンの色で教えてくれるのも嬉しいですね。ただ機能が多すぎるので、本格的に使わない方には使いこなせないかもしれません。

9位:ドウシシャ ルミナスプラス ライト

ドウシシャ ルミナスプラス LPLKN3.2
6,200円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:ステンレス
・重量:1.6kg
・圧力値:65kPa/110kPa
・圧切替:2段階
・容量:3.2L
・IH対応:○

シンプルで軽量だから使いやすい

ステンレス製ですが、比較的軽いこちらの圧力鍋。軽いので食卓にそのまま出すこともできます。また、2段階の圧力調整機能がついているので、シンプルな作りながらも色々な料理をすることができますよ。お手頃な価格も嬉しいですね!

8位:アイリスオーヤマ 簡単開閉圧力鍋

アイリスオーヤマ かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E
9,200円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:ステンレス製
・重量:2.77kg
・圧力値:-
・圧切替:2段階
・容量:4L
・IH対応:○

ハンドルを回すだけ。簡単開閉が魅力

アイリスオーヤマから販売されているこちらの圧力鍋。両手持ちなので、持ち運びがしやすいデザインが嬉しいですね。また、圧力鍋の蓋は重いので、慣れていても開けるのに一苦労するという方もいますが、この商品は、片手でハンドルを回すだけで開閉ができるので、とても便利ですよ!

7位:鋳物屋 ヘイワ圧力鍋

鋳物屋 ヘイワ圧力鍋 689-0952 PC-45A
16,200円(税込)

・タイプ:おもり式
・材質:アルミ製
・重量:3kg
・圧力値:-
・圧切替:2段階
・容量:4.5L
・IH対応:×

玄米炊きにおすすめ!ベーシックなおもり式

出典:imonoya.co.jp

昔ながらのおもり式が欲しいならぜひおすすめしたいのが、こちらのヘイワ圧力鍋です。2種類の異なるおもりで圧力の調整もできますよ。特に玄米をこれで炊くととても美味しくなると評判です。玄米食の方はぜひ試してみてください!

6位:シリット シラルガン シコマチック T+

シリット シラルガン シコマチック Tプラス S8222174814
29,203円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:シラルガン
・重量:2.8kg
・圧力値:-
・圧切替:2段階
・容量:2.5L
・IH対応:○

シリット独自のシラルガンで高圧時短を実現!

ドイツの高級キッチンウェアブランドのシリット。そんなシリットの圧力鍋は、シリット独自のシラルガンという強化ガラスセラミックを使っているのが特徴です。とても丈夫なのでタフに使うことができますし、アルミのように、酸で黒ずみすることもありません。中で圧力がこもってしまったときは、自動で減圧するように設計されており、安心して使うことができるのも魅力。見た目もスタイリッシュで、お料理の時間が楽しくなりそうですね。

5位:ワンダーシェフ 魔法のクイック料理

ワンダーシェフ 魔法のクイック料理 5.5L AQDA55
14,940円(税込)

・タイプ:おもり式
・材質:多層式(ステンレス・アルミニウム)
・重量:2.8kg
・圧力値:140kPa
・圧切替:×
・容量:5.5L
・IH対応:○

140kPaの高圧力で、時短料理もお手の物!

圧力鍋といったらワンダーシェフが有名ですが、中でもこちらの魔法のクイック料理は日本最高クラスの140kPaという高圧力で、あっという間に料理ができるという優れもの!高圧力のものを探している人におすすめです。内側が全面フッ素加工されているので、洗いやすいのも嬉しいですね。5.5Lと容量は大きいですが、両手持ちの取っ手なので女性でも扱いやすいですよ。

4位:フィスラー ビタクイック

フィスラー ビタクイック 600-300-03-073
27,601円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:ステンレス製
・重量:2.7kg
・圧力値:38kPa/80kPa
・圧切替:2段階
・容量:3.5L
・IH対応:○

調理中もとっても静かなスプリング式

圧力鍋使用中の音をなるべく抑えたい人におすすめなのが、こちらのフィスラーのビタクイックです。加圧中も音や蒸気がほとんど出ないんですよ。圧のかかり具合は、ピンの白線本数で見れば一目瞭然。弱火にするタイミングが分かりやすいですよ。シンプルでスタイリッシュなデザインも人気の理由です。

3位:ワンダーシェフ あなたと私の圧力魔法鍋

あなたと私の圧力魔法鍋 ZADA55
8,249円(税込)

・タイプ:おもり式
・材質:ステンレス製
・重量:2.7kg
・圧力値:140kPa
・圧切替:×
・容量:5.5L
・IH対応:○

日本最高水準の高圧力♪

先ほどもランクインしたワンダーシェフから、もう一つ高圧力の圧力鍋のご紹介です。こちらの、あなたと私の圧力魔法鍋は、先ほどの5位の商品と同様、日本最高水準の140kPaという高圧力。凝った煮込み料理もあっという間にできあがります。なんと、カレーや肉じゃがだったら加圧時間が30秒でOKという時短ぶり!ステンレス製なので、作った後の保温もばっちりです。料理の時短にこだわりたい人におすすめですよ。

2位:T-fal クリプソアーチ

T-fal クリプソアーチ P4360732
13,198円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:ステンレス製
・重量:3.1kg
・圧力値:-
・圧切替:2段階
・容量:6L
・IH対応:○

こんなに簡単に蓋が開くのは、T-falだけ!

どうしても一苦労してしまう圧力鍋の蓋の開閉。こちらのT-falのクリプソアーチは、通常の3分の1の力で圧力鍋の蓋をあけることができます。T-falにしかないアーチ式ハンドルだからできる技です。さらにこちらは、音が静かなスプリング式なのですが、お知らせタイマーがついているので、圧をかけすぎてしまうという失敗もしないですみます!安心で使いやすいスプリング式を探している方におすすめです。

1位:パール金属 クイックエコ

パール金属 クイックエコ H-5040
3,740円(税込)

・タイプ:スプリング式
・材質:ステンレス製
・重量:2kg
・圧力値:60kPa/100kPa
・圧切替:2段階
・容量:3.5L
・IH対応:○

ダントツのコスパの良さで人気。圧力鍋初心者にも!

ステンレス製なので保温力がありながら軽量かつ、圧力の調整もできる。これだけのスペックを持っていながら4000円以下という、圧倒的なコスパの良さで人気を誇るのが、こちらのパール金属の圧力鍋です。底面はステンレス・アルミニウム・ステンレスという3層構造で、使いやすさも文句なし。圧力鍋を使ってみたいけれど、使いこなせるか不安という方でも、とりあえずトライしてみて損はない商品ですよ。Amazonでベストセラー1位、楽天でも大人気の商品です!

慣れれば簡単!圧力鍋の使い方

圧力鍋は食材に圧をかけることで、短時間での調理が可能になるというものです。使い方を誤ると危険なこともありますので、ここでは、正しい圧力鍋の使い方をご紹介しますね。

まず使用前には、圧力鍋の部品が揃っているか、蒸気口が詰まっていないかなどのチェックをします。次に、食材と水をセット。この際に、食材等が鍋の満量を超えていないかをしっかり確認しましょう。必要に応じて調味料を加え、蓋をしっかりと閉めます。蒸気口を安全な方向に向けたら、いよいよ加熱です。まずは強火で加熱し、圧がかかった時点で弱火にします。メニューによって加熱時間を調整し、火を止めます。

さあ、いよいよ蓋を開けますよ!鍋の内部の温度が下がって(減圧されて)いれば、すんなりと蓋が開きます。このときに、圧がかかった状態で無理に開けると爆発の危険もあり大変危険です。圧がかかっていると、安全のために開かない仕組みになっていますので、そんなときには時間をおいて再度試してくださいね。蓋を開けたら、仕上げの味付けをして、調理の完成です!

なお、鍋の満量や、安全装置、緊急で蓋を開けたいときの急冷方法などは、それぞれの商品の説明書に従ってください。また、カレーのルウ、ちくわなど膨らむ食材は加圧すると危険です。使用が向かない食材についても、説明書をよく確認しておきましょう。

時短・節約におすすめの鍋は他にも!

時短や節約に大活躍してくれる圧力鍋があれば、毎日のお料理にも気合が入りそうですよね。しかし、もっと安全に圧力鍋を使いたい、圧をかけずとも、ガス代の節約ができればOKという方もいるかもしれません。あなたにぴったりのお鍋探しには、以下の記事も参考になりますよ。ぜひチェックしてくださいね!

圧力鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、圧力鍋のAmazon、楽天での売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

圧力鍋の選び方と、実際に人気の商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?まだ圧力鍋を活用していないという方も、使ってみたくなったのではないでしょうか。圧力鍋を使った料理は難しそう、と敬遠しがちですが、慣れるととても使いやすく、手放せなくなります。

今回ランキングでご紹介した圧力鍋は、同じスペックで異なる容量のものも売っているので、それぞれのご家庭に合った容量の商品を探してくださいね。一度購入すると長い付き合いになる圧力鍋。じっくり自分に合ったものを探してください!

関連記事

人気の記事

関連キーワード