• 圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】のアイキャッチ画像5枚目

圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選【ティファール・フィスラー・パール金属など!】

カレー・角煮・肉じゃが・おでん・ご飯など、さまざまなレシピが短時間でおいしく仕上がる圧力鍋。ガス代、電気代の節約にもなるので、上手に使いこなせば、主婦の強い味⽅になってくれます︕でもいざ買おうとすると、ティファールやフィスラーなどたくさんのメーカーから発売され、大きさや価格もさまざま。いったいどこがどう違うのかわからない…という方も多いと思います。

そこで今回は、圧力鍋の選び方とともに、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。初心者の方でも付属の料理本などを見れば、すぐに使いこなすことができますよ。あなたにぴったりの商品を選ぶ参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

Mayu*
  • 最終更新日:2019年07月16日
  • 328,254  views
目次

圧力鍋の選び方

一見同じように見える圧力鍋ですが、作る料理や調理スタイルによって、ふさわしいものが変わってきます。ここからはそれぞれの特徴をふまえながら、自分に合ったものを選ぶポイントをご紹介します。

圧力調節のタイプを選ぶ

圧力鍋には、大きく分けておもり式とスプリング式の2タイプあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、なにを重視したいか見極めて選びましょう。

圧がかかったことがわかりやすい「おもり式」

圧がかかったことがわかりやすい「おもり式」
鍋蓋の蒸気が出る部分におもりをセットして使うのが、「おもり式」です。圧力がかると蒸気でおもりが揺れて、「シュー!」と音がするのが特徴。この音こそがおもり式の最大のメリットです。

大きな音で圧のかかりを知らせてくれるので、火を弱めたり消したりするタイミングが計りやすく、圧力鍋初心者の方でも失敗が少ないといったメリットがあります。

ただし赤ちゃんのいるご家庭などでは、お昼寝のときなど、この音がうるさく感じるかもしれません。また、音が怖くて圧力鍋の使用をためらっている、という方には不向きと言えるでしょう。高圧・低圧を調節したいなら、おもりが2つついたタイプを選んでください。

凝った煮込み料理も得意な「スプリング式」

凝った煮込み料理も得意な「スプリング式」

出典:amazon.co.jp

スプリング式は静かに調理できるため、大きな音が苦手という方におすすめです。また高圧・低圧と、圧力の調整ができるのもスプリング式の魅力です。

野菜中心なら低圧、スペアリブを煮込んだり魚の骨まで柔らかくしたいときには高圧にするなど、食材に合わせて調理法を変えることができ、より幅広いレシピを作りたい料理上級者の方に最適です。


圧力がかかったかどうかは、表示ピンが上がることで確認できます、小さなピンが音もなくポンと上がるだけなので、圧力がかかるまで目が離せず、使い慣れていない方はちょっと注意が必要です。おもりを失くすのが不安という方にも、こちらがぴったりですね。

材質によるメリット・デメリットを比較

次にチェックしたいのが材質です。調理時間や保温性、重さなどに関わる大切なチェックポイント。くわしく見ていきましょう。

軽くて時短料理向きの「アルミ製」

軽くて時短料理向きの「アルミ製」
熱伝導率が良いため、早く圧力かかるのがアルミ製圧力鍋の特徴です。より調理時間を短くしたい方には、アルミ製がぴったり。しかし、逆に熱が逃げやすいという性質も持ち合わせているので、火を止めたあと予熱を利用したり、保温したりするのにはあまり向いていません。

アルミ製は軽量なのも魅力の一つ。取り出しやすく洗いやすいので、力のない方でも毎日気軽に活用することができます。

ただ酸性・アルカリ性どちらにも弱いので、黒ずみなど汚れが目立ちやすい、という難点があります。ゴシゴシこすらず、酸素系の漂白剤などでこまめにお手入れして、きれいな状態を保ってくださいね。

お手入れしやすく保温性が高い「ステンレス製」

お手入れしやすく保温性が高い「ステンレス製」
じっくり煮込むメニューが多いなら、ステンレス製がおすすめです。高い圧力がかけられ、保温性が高いので一度圧力を上げてしまえば、あとは少ない火力で煮込むことが可能。少し早めに火を止めて、予熱でじっくり火を通して料理を仕上げるのにも向いています。

ビーフシチューを作ったり、おでんのすじ肉をやわらかく煮込んだりと、普通の鍋では時間のかかる、手の混んだ煮込み料理を作るのにぴったり。


ただステンレス製は、圧力がかかるまでにやや時間がかかり、また重さがあるのが難点です。お手入れに関しては、傷が入りにくく、きれいに保ちやすいというメリットがあります。光沢があり黒ずみや汚れもつきにくいですよ。

優秀!良いとこどりの「多層式」

優秀!良いとこどりの「多層式」

出典:amazon.co.jp

熱伝導率と保温力、どちらも捨てがたいという人には、多層式がおすすめです。ステンレスの層の間にアルミを挟んだ多層式は、アルミの熱伝導の良さ・軽量さと、ステンレスの保温性の高さ、どちらの性質も持っているのが特徴。

ステンレス同様黒ずみが目立ちにくく、きれいに保ちやすいのも魅力。高機能である分、価格はやや割高となりますが、扱いやすく多彩なメニューが作れるので、長く使うことをお考えなら、ぜひ候補に入れてみてください。

料理に合わせて圧力値を選ぼう

料理に合わせて圧力値を選ぼう
圧力値も大切なチェックポイントです。圧力値はkPa(キロパスカル)で表示され、これが高ければ鍋の中の温度も高くなり、より短時間での調理が可能になります。50~70kPaくらいが低圧、90kPa以上になると高圧に分類されますので、目安にしてください。

高圧力であればいいというわけではなく、扱う食材によって適する圧力値が異なります。例えばお肉料理や根菜など、硬めの食材には高圧のものが最適。一方、野菜などの煮崩れを避けたいなら低圧のものがぴったりです。


炊飯や煮物など、特定の料理にしか使用しないというのであれば、それに適した圧力値のものを探してみてください。幅広いメニューに圧力鍋を活用するなら、低圧・高圧の調整できるものがおすすめです。

容量は「家族の人数+1L」を目安に

容量は「家族の人数+1L」を目安に
圧力鍋のサイズ選びに迷ったら、余裕を持って、大きめのものを購入するといいでしょう。鍋の3分の2程度が満量という商品が多く、いっぱいいっぱいにまで食材を入れることはできません。鍋の見た目に対し、料理の仕上がり量は少ないので、容量はしっかり検討してくださいね。

2人家族なら2.5~3L、4人家族なら5Lがほどよいと言われていますので、適切な容量が分からないときは、「家族の人数+1L」を目安にして選ぶといいですよ。4.5Lの圧力鍋の場合、ご飯なら4合、カレーは8皿分ほど作ることができます。

パーツが分解できるとお手入れラクラク

パーツが分解できるとお手入れラクラク

毎日の料理に使う物だから、清潔に使いたいですよね。圧力鍋は細部にまで汚れが入りやすいので、作りが簡単であったり、パーツが細かく分解できるものだと、掃除がしやすいのでとっても便利。


特に圧力弁には汚れがつきやすいので、その周囲が簡単に洗えるかがポイントになります。圧力弁の場所は商品によって異なります。ハンドル部分についているものは、ハンドルも分解できるものを選びましょう。

保障期間の確認も忘れずに!

保障期間の確認も忘れずに!

圧力鍋は長く使う物なので、保証期間の長さや部品の購入ができるかも大切なポイントです。保証期間はメーカーや商品によって違いがあり、1年から長いものだと30年と幅があります。


圧力鍋の破損や故障が心配な方には、保証期間の長いものがおすすめ。製品の保証書と、領収書もしくは納品書は忘れずに保管してくださいね。


パッキンや圧力調整おもりなどのパーツが、追加購入できるかも要チェックです。特にパッキンは1~2年程度で交換する消耗品なので、手軽に購入できるモデルがおすすめ。旧式の圧力鍋は安価に購入できますが、パーツの販売が終了してしまうこともあるため、ご注意ください。

プロの愛用するおすすめの圧力鍋

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの圧力鍋をご紹介します。おすすめポイントを参考に、対応している熱源や素材をチェックして使いやすいものを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト

WMFパーフェクトプラス 圧力鍋 4.5L

W0793126040

23,890円 (税込)

圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、実際に選ばれていて満足度の高い商品をランキング形式で10選ご紹介します!それぞれに長所がありますので、自分に合った圧力鍋を選んでくださいね。

10位
圧力鍋 平和工業 ヘイワ アルミ 片手圧力鍋  1枚目
出典:amazon.co.jp

平和工業ヘイワ アルミ 片手圧力鍋

PC-28A

16,400円 (税込)

タイプおもり式
材質アルミ製
重量2.8kg
圧力値
圧切替2段階
容量2.8L
保証期間(パーツの購入)1年(○)
9位
タイプスプリング式
材質ステンレス製
重量約2.7kg
圧力値
圧切替2段階
容量約3.0L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
8位

パール金属ホットクッキング アルミ

HB-377

2,900円 (税込)

タイプおもり式
材質アルミ製
重量1.8kg
圧力値80kpa
圧切替×
容量3L
保証期間(パーツの購入)1年(○)
7位

ワンダーシェフあなたと私の圧力魔法鍋

8,249円 (税込)

タイプおもり式
材質ステンレス製
重量2.7kg
圧力値140kPa
圧切替×
容量5.5L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
6位
圧力鍋 北陸アルミニウム IHリブロン 圧力鍋 1枚目
出典:amazon.co.jp

北陸アルミニウムIHリブロン 圧力鍋

16,185円 (税込)

タイプおもり式
材質アルミニウム製
重量1.72kg
圧力値
圧切替2段階
容量2.8L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
5位

フィスラービタクイック プラス

90-04-00-500

13,580円 (税込)

タイプスプリング式
材質ステンレス製
重量約3.1kg
圧力値
圧切替2段階
容量4.5L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
4位

ワンダーシェフ 魔法のクイック料理 両手圧力鍋

15,000円 (税込)

タイプおもり式
材質多層式(ステンレス・アルミニウム)
重量約2.8kg
圧力値140kPa
圧切替×
容量5.5L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
3位
圧力鍋 ティファール クリプソ ミニット デュオ  1枚目
出典:amazon.co.jp

ティファールクリプソ ミニット デュオ

P4604236

9,887円 (税込)

タイプスプリング式
材質アルミ製
重量2.3kg
圧力値65kpa
圧切替×
容量4.2L
保証期間(パーツの購入)10年(○)
2位
タイプおもり式
材質多層式(ステンレス・アルミ)
重量約2.5kg
圧力値146kPa
圧切替2段階
容量3L
保証期間(パーツの購入)30年(○)
1位
タイプスプリング式
材質ステンレス製
重量2kg
圧力値60kPa・100kPa
圧切替2段階
容量3.5L
保証期間(パーツの購入)1年(○)

人気 圧力鍋の比較一覧表

商品画像
1
圧力鍋 パール金属  クイックエコ 1枚目

パール金属

2
圧力鍋 アサヒ軽金属 ゼロ活力なべ 1枚目

アサヒ軽金属

3
圧力鍋 ティファール クリプソ ミニット デュオ  1枚目

ティファール

4
圧力鍋 ワンダーシェフ  魔法のクイック料理 両手圧力鍋  1枚目

ワンダーシェフ

5
圧力鍋 フィスラー ビタクイック プラス 1枚目

フィスラー

6
圧力鍋 北陸アルミニウム IHリブロン 圧力鍋 1枚目

北陸アルミニウム

7
圧力鍋 ワンダーシェフ あなたと私の圧力魔法鍋 1枚目

ワンダーシェフ

8
圧力鍋 パール金属 ホットクッキング アルミ 1枚目

パール金属

9
圧力鍋 WMF パーフェクトプラス 1枚目

WMF

10
圧力鍋 平和工業 ヘイワ アルミ 片手圧力鍋  1枚目

平和工業

商品名

クイックエコ

ゼロ活力なべ

クリプソ ミニット デュオ

魔法のクイック料理 両手圧力鍋

ビタクイック プラス

IHリブロン 圧力鍋

あなたと私の圧力魔法鍋

ホットクッキング アルミ

パーフェクトプラス

ヘイワ アルミ 片手圧力鍋

特徴ダントツのコスパで人気。圧力鍋初心者にも!世界最高クラスの圧力で、どんな料理もあっという間に完成レバー1つで切り替える、便利な2WAYタイプ140kPaの高圧力で、時短料理もお手のもの!圧力鍋の音が気になる方にはコレ!安全を最優先した、初心者におすすめのアルミ圧力鍋驚きの時短ぶり!高圧力かつ安全設計がうれしい軽く扱いやすく、少人数家族にぴったりお手入れ簡単で毎日使いやすい優れもの玄米炊きにおすすめ!ベーシックなおもり式
価格3,740円(税込)26,892円(税込)9,887円(税込)15,000円(税込)13,580円(税込)16,185円(税込)8,249円(税込)2,900円(税込)29,484円(税込)16,400円(税込)
タイプスプリング式おもり式スプリング式おもり式スプリング式おもり式おもり式おもり式スプリング式おもり式
材質ステンレス製多層式(ステンレス・アルミ)アルミ製多層式(ステンレス・アルミニウム)ステンレス製アルミニウム製ステンレス製アルミ製ステンレス製アルミ製
重量2kg約2.5kg2.3kg約2.8kg約3.1kg1.72kg2.7kg1.8kg約2.7kg2.8kg
圧力値60kPa・100kPa146kPa65kpa140kPa140kPa80kpa
圧切替2段階2段階××2段階2段階××2段階2段階
容量3.5L3L4.2L5.5L4.5L2.8L5.5L3L約3.0L2.8L
保証期間(パーツの購入)1年(○)30年(○)10年(○)10年(○)10年(○)10年(○)10年(○)1年(○)10年(○)1年(○)
商品リンク

初心者でも大丈夫!圧力鍋の使い方はとっても簡単

初心者でも大丈夫!圧力鍋の使い方はとっても簡単

圧力鍋は使い方が難しくて手が出せない、と思っている方いませんか?実は使い方はとっても簡単です。まずは材料を入れ、蓋をしっかりと密閉してセットします。強火にかけて加圧がスタートすれば弱火にし、加圧が終われば火を止めて放置するだけ。


正しい手順を踏めば、初心者でも簡単に美味しい料理を作ることができますよ。蓋を開けるときに爆発してしまわないか心配という方もいますが、鍋内の圧力が下がるまで蓋は開けにくくなっていて、無理にこじ開けようとしない限り、事故の心配はないのでご安心ください。


圧力鍋の出番は意外と多く、料理の下ごしらえに使ったりご飯を炊いたりと、毎日使っている方も多くいます。ぜひ活用して、料理のレパートリーを増やしましょう。

時短・節約におすすめの鍋は他にも!

時短や節約に大活躍してくれる圧力鍋があれば、毎日のお料理にも気合が入りそう。もっと便利に使うなら電気圧力鍋もおすすめ。また保温調理鍋もガス代を節約しながら、料理をおいしく仕上げてくれます。あなたにぴったりのお鍋探しは、ぜひ以下の記事も参考に!

圧力鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、圧力鍋のAmazon・楽天・Yahooショッピング売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

圧力鍋の選び方と人気の商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?まだ使っていない方も、欲しくなったのではないでしょうか。難しそう…と思っていても、慣れてしまえば手放せなくなりますよ。


圧力鍋は同じブランドでも、異なる容量のものが売られていますので、ご家庭に合った大きさの商品を選んでくださいね。一度買えば長い付き合いになる圧力鍋。ぜひじっくりあなたのスタイルに合ったものを見つけてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す