• IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選

温かい食べ物が恋しい寒い季節、IH対応の土鍋で手軽に鍋料理を楽しんでみませんか?最近ではIH土鍋の種類が増え、一人用の小さいサイズのものから伝統的な萬古焼までたくさんの商品が出回っています。サーマテックなどの高機能商品にも注目が集まっていますよ。

そこで今回は、素材や機能性・価格などを比較し、おすすめしたいIH対応土鍋をランキング形式でご紹介したいと思います。これを機に、おしゃれで使いやすいお気に入りの土鍋を手に入れましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 97,735  views
目次

IH対応土鍋の選び方

土鍋は保管場所を取りますので、自分の家庭でより使いやすいベストなものを1つ選びたいですよね。そこでまずは、IH対応土鍋の選び方についてご説明していきます。IH対応土鍋を選ぶ際に考慮したい点を説明していきますので、購入する前に読んでおきましょう!

使用予定人数より少し大きめのサイズを選ぶ

使用予定人数より少し大きめのサイズを選ぶ
土鍋のサイズは1人用の小さいものから、4~5人で囲めるサイズのものなど様々です。一人暮らしでもちゃんと土鍋で作った鍋が食べたいという方や、1人前のおかゆを作るのに使いたいという方には一人用の鍋でも良いですが、1つの土鍋をより多くの目的に使用したい方は、普段使用する人数用のサイズより少し大きめを選ぶことをおすすめします。

お客様を呼んで鍋パーティーをする場合、大きめの鍋が必要になりますし、大きめの土鍋なら蒸野菜など他の調理にも有効に使いまわすことが可能ですよ。

土鍋は「号」でサイズ表記されています。3~5号(幅約15~20cm)は1人用、6号(幅約22cm)は1~2人用、7号(幅約25cm)は2~3人用、8号(幅約28cm)は3~4人用、9号(幅約31cm)は4~5人用に適したサイズとなっています(幅は持ち手部分も含む)。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

使用目的に合わせた形状を選ぶ

使用目的に合わせた形状を選ぶ
土鍋には浅いものと深いものがありますが、この2つで大きく異なる点は、テーブルに置いた時の中身の見えやすさや食材の取り出しやすさです。

浅型の方が見やすさ・取り出しやすさ共に優れているので、小さなお子様がいるご家庭などには浅型が良いかもしれません。ただし、吹きこぼれしにくいのは深型ですので、大人だけで使用するのであれば深型の土鍋を使用するのもおすすめです。

また、用途の違いもあります。浅型は蒸し料理などに使いやすく、深型は対流が起こりやすいためご飯をふっくらと炊けるという特徴があります。

加工タイプorプレート取り付け?底の種類で選ぶ

加工タイプorプレート取り付け?底の種類で選ぶ

出典:amazon.co.jp

IH対応土鍋の底の部分は、IHクッキングヒーターなどの電磁調理器での過熱を可能にするための加工があらかじめ施されているものと、IH使用時のみ鍋底に専用のプレートを取り付けるタイプのものがあります。

この2つのタイプを比較すると、前者より後者の方が安価なものが多いので、誰もが購入しやすいのは取り付けタイプかもしれません。しかし、取り付けタイプは土鍋とプレートを別々に洗浄する必要がありますので、片付けの手間を少しでも減らしたい人には加工タイプをおすすめします。

加工タイプのものには、鍋底に磁性体が塗布されたものや、磁性金属板を埋め込んだものなどがあり、加工の方法も製品によって様々です。鍋底に銀の転写を貼り付けることにより通電を可能とした「サーマテック土鍋」は、加工タイプのIH土鍋の代表的なものです。

材質の特徴や違いを理解して選ぶ

一般に土鍋は陶磁器製品ですが、中には高耐熱セラミックなど、通常の陶磁器が持つ特徴を強化させたり、欠点を補う機能を持たせるよう加工された特殊な材質のものもあります。また、「萬古(ばんこ)焼」と「伊賀(いが)焼」のように、同じ陶器でも原料や焼き方が異なると、さらに異なる特徴が出てきます。

土鍋の特徴はメーカー・商品ごとに少しずつ異なるところがありますが、自分により合った土鍋を選ぶためには、材質や陶器の種類による特徴の違いを知っておくことも大切ですよ。

土鍋の一般的な特徴と陶器の焼き方による違い

土鍋の一般的な特徴と陶器の焼き方による違い

出典:amazon.co.jp

一般的な陶器の土鍋には遠赤外線効果があり、食材の芯までじっくり熱を通します。一度温まると冷めにくいため、余熱調理効果もあります。また、蓄熱性が高い、食材が煮崩れしにくいというところが優れた点です。

ただし急激な温度差に弱いため、使用後熱いうちに水で洗うと割れることがあります。土鍋の外側に水が付いた状態で火にかけるのもNGです。水分を吸収しやすい性質もあるので、中身を入れたまま長時間置いておくと、臭いや色が染み込んでしまいます。さらに、長期間使用しないとカビが生えやすいので気を付けましょう。

中でも「萬古焼」の土鍋は耐熱性、「伊賀焼」の土鍋は蓄熱性や遠赤外線効果が特に優れている土鍋です。是非覚えておきましょう!

IH対応土鍋のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、いよいよおすすめのIH対応土鍋をランキング形式でご紹介していきます!今回は比較しやすいようサイズを揃え、主に8号サイズ(3~4人用)のものをピックアップしています。(8号がないものは他のサイズのものをご紹介しています)
10位
サイズ幅27.5×奥行24×高さ13.5cm重量約2000g
材質陶器
9位
IH土鍋 刷毛目
出典:nitori-net.jp

ニトリIH土鍋 刷毛目

1,933円 (税込)

サイズ幅27.4×奥行32.4×高さ11.7cm重量3100g
材質陶器
8位

アワサカポタリーフィールド IH土鍋

7-1867

7,290円 (税込)

サイズ幅28×25.5×14.5cm重量2150g
材質陶器
7位

リビングニューIH対応 仕切り付 土鍋

4,160円 (税込)

サイズ幅28.5×奥行24.5×高さ14.5cm重量-
材質陶器
6位
do-nabe IH対応土鍋
出典:amazon.co.jp

セラミックジャパンdo-nabe IH対応土鍋

8,100円 (税込)

サイズ幅・奥行19×高さ9cm重量1050g
材質陶器
5位
サイズ幅31.5×奥行26×14.5cm重量3100g
材質陶器
4位
サイズ幅21×高さ12.5cm(奥行:-)重量1700g
材質陶器(伊賀焼)
3位
サイズ幅27.5×奥行25.5×高さ14.5cm重量1800g
材質陶器(本体)・耐熱ガラス(蓋)
2位
花三島 萬古焼 IH対応土鍋
出典:amazon.co.jp

銀峯陶器花三島 萬古焼 IH対応土鍋

52031

3,759円 (税込)

サイズ幅27.5×奥行25×高さ14cm重量2200g
材質陶器(萬古焼)
1位

MIYAWOサーマテック IH洋風土鍋

THM21-810

6,985円 (税込)

サイズ幅30×奥行24.8×高さ14cm重量1700g
材質高耐熱セラミック

おすすめ人気IH対応土鍋の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格サイズ重量材質商品リンク
1
サーマテック IH洋風土鍋

MIYAWO

サーマテック IH洋風土鍋

機能性抜群で衛生的に使用できるサーマテックIH土鍋6,985円(税込)幅30×奥行24.8×高さ14cm1700g高耐熱セラミック詳細を見る
2
花三島 萬古焼 IH対応土鍋

銀峯陶器

花三島 萬古焼 IH対応土鍋

創業以来変わらないデザインと確かな品質3,759円(税込)幅27.5×奥行25×高さ14cm2200g陶器(萬古焼)詳細を見る
3
フタがガラスの土鍋

ハリオ

フタがガラスの土鍋

中身が見える蓋がポイントの多機能土鍋3,618円(税込)幅27.5×奥行25.5×高さ14.5cm1800g陶器(本体)・耐熱ガラス(蓋)詳細を見る
4
IH蒸し小鍋 赤アメ釉

長谷園

IH蒸し小鍋 赤アメ釉

遠赤外線効果が極めて高い伊賀鍋14,830円(税込)幅21×高さ12.5cm(奥行:-)1700g陶器(伊賀焼)詳細を見る
5
KAKOMI IH鍋

KINTO

KAKOMI IH鍋

様々な使い方ができるマルチ土鍋11,000円(税込)幅31.5×奥行26×14.5cm3100g陶器詳細を見る
6
do-nabe IH対応土鍋

セラミックジャパン

do-nabe IH対応土鍋

外側に持ち手がないから収納しやすい8,100円(税込)幅・奥行19×高さ9cm1050g陶器詳細を見る
7
ニューIH対応 仕切り付 土鍋

リビング

ニューIH対応 仕切り付 土鍋

一家団欒にもパーティーにも!2つの味が楽しめる4,160円(税込)幅28.5×奥行24.5×高さ14.5cm-陶器詳細を見る
8
ポタリーフィールド IH土鍋

アワサカ

ポタリーフィールド IH土鍋

北欧テイストのお洒落な土鍋でほっこり温まる7,290円(税込)幅28×25.5×14.5cm2150g陶器詳細を見る
9
IH土鍋 刷毛目

ニトリ

IH土鍋 刷毛目

安価でも吹きこぼれしにくい優秀な土鍋1,933円(税込)幅27.4×奥行32.4×高さ11.7cm3100g陶器詳細を見る
10
ニューIH対応土鍋

NATURAL

ニューIH対応土鍋

嬉しいロープライスとシンプルなデザインが魅力2,700円(税込)幅27.5×奥行24×高さ13.5cm約2000g陶器詳細を見る

まとめ

いかがでしたか?IH対応土鍋も本当に様々な種類がありますね。昔ながらの定番もいいですし、お洒落でデザイン性が高いものにも惹かれますね。

また、ご紹介したように、土鍋は鍋料理以外の調理にもいろいろと使えて、実はオールシーズン活躍してくれるお鍋です。お気に入りのものを見つけて、たくさん使ってあげてください♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す