• 山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】のアイキャッチ画像5枚目

山口の日本酒おすすめ人気ランキング10選【獺祭・長門峡・貴も!】

豊かな自然に恵まれた山口県は米の栽培にも非常に適しており、山田錦や西都の雫など酒造好適米の栽培も盛んです。そんな山口の日本酒の代表格と言えば、今や世界的にも名の知れた獺祭でしょう。でも、山口には他にも雁木や東洋美人、長門峡、五橋などの名酒がまだまだたくさんあります。


そこで今回は、山口の日本酒の選び方をお伝えしながら、地元民にも人気が高く、口コミでも評判のおすすめ銘柄をランキング形式でご紹介します。自分好みの1本を見つけて、もっと山口のお酒を楽しみましょう!

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 6,850  views
目次

山口の日本酒の選び方

下関のフグをはじめ、ハモや白魚など、上品で淡白な魚を使ったものが特徴的な山口の料理。山口で作られる日本酒は、当然そんなそれらの料理を引き立てる端麗で飲みやすいものが主流です。その特徴を早速みていきましょう。

主な蔵元・銘柄をチェックしよう

「日本酒復権の、のろしを上げよう」を合言葉に、ブランド価値を高める取り組みを行う山口の日本酒。それぞれの蔵元や銘柄の個性もはっきりしているので、その特徴をチェックしておきましょう。

世界規模で展開している旭酒造の「獺祭」

旭酒造は「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」というポリシーで純米大吟醸「獺祭」だけを製造しているという、珍しい経営方針の酒造メーカー。今もっとも山口らしい日本酒を買い求めたい場合には、まずは旭酒造の「獺祭(だっさい)」がおすすめ。


同社では、伝統的な酒造りを支える杜氏をを敢えて廃止し徹底したデータ管理を行うことで年間を通して日本酒の製造を行える体制を整えたり、精米歩合23%と極限まで磨いた山田錦を使ったり、遠心分離機を使って圧力をかけずに絞ったりと常識にとらわれない独自の製法を取り入れています。


旭酒造はまた、日本酒の消費量が低迷する中唯一売り上げを伸ばし続けている酒造メーカーでもあります。ニューヨークやパリ、香港といった世界各国の主要都市でも販売展開するなど、獺祭は世界中で愛されている、もっとも有名な日本酒と言って良いでしょう。

高品質で希少な岩崎酒造の「長陽福娘」

高品質で希少な岩崎酒造の「長陽福娘」

出典:amazon.co.jp

とことん地元の味にこだわった一品をお求めなら、岩崎酒造の商品もおすすめ。明治34年の創業以来、昔ながらの方法を守って酒造りを行う岩崎酒造は、山田錦をはじめとする県内産の米、阿武川の清流、県内特有の吟醸酵母を使用し、こだわりの酒を造り続けています。


特に創業当時岩崎家に続けて女子が誕生したことから「子供が福々しい良い子に育つように」という願いを込めて命名された「長陽福娘(ちょうようふくむすめ)」は有名。全国新酒鑑評会で3年連続金賞を受賞、大吟醸の部・純米の部では過去5年間で最優秀賞を最多受賞するなど、名実ともに山口を代表する銘柄の一つとなっています。


ただし、徹底した品質本位のもと総米630kgという小仕込で造られているので、お目にかかる機会は多くはないかもしれません。

山口の自然が詰まった岡崎酒造場の「長門峡」

岡崎酒造場も全国新酒鑑評会で数々の賞を受賞している酒造メーカーであり、全国で最初に日本酒リキュールを造った蔵という経歴を持っています。

同社の「長門峡(ちょうもんきょう)」は地元の景勝地からその名を付けられており、山田錦などの山口県産酒造好適米を100%使用しているのも特徴的。阿武川の伏流水で育った、米の旨みを存分に感じることのできるお酒です。

個性派の新進気鋭!永山本家酒造場の「貴」

日本酒造りに使用される水といえばミネラル分の少ない軟水が一般的ですが、永山本家酒造場では、ミネラルを含む中硬水(秋芳洞カルスト大地を源流とする地下水)を使っているのが特徴的です。


こちらは冬場には酒造りを、そして夏場には米作りを手がける、一貫造りを行なっている造り酒屋。永山本家酒造場といえば「男山」という銘柄が古くから地元で愛されてきた造り酒屋ですが、2001年に4代目社長であり杜氏の永山貴博氏が新しく生み出した「貴(たか)」は、じんわりとお米の味を感じることのできる飲み飽きない日本酒です。


土地の土壌や風土を反映させたワインのように、そこでしか作れない個性的な酒をという想いで作られる同社の酒。食事と一緒に楽しめるお酒を探しているなら、ぜひチェックしておきましょう。

知る人ぞ知るレアな日本酒と出会える!中島屋酒造場

中島屋酒造場は文政6年創業という、大変歴史のある酒蔵です。現在は家族で酒造りをされていて、生産量は年間わずか100石(1石=一升瓶100本)ほどという、まさに知る人ぞ知る酒蔵と言えるでしょう。


古くから地元の日常の酒としてはもちろん長寿や祝い事の席でも愛飲されてきた「寿」のほか、近年では屋号を冠した「中島屋」や生もと(キモト)造りで醸された「カネナカ」も主力商品。どちらも熟成に向いた酒で、運が良ければ様々な年度に醸造された熟成酒に出会うことができます。熟成酒ならではの濃厚さと、一期一会を楽しむことができるのは嬉しいですね。

日本酒の新しい魅力と出会える村重酒造

日本酒に興味をお持ちの若い世代には、村重酒造の酒もおすすめ。こちらは、西都の雫や山田錦などの米を主に使用し、仕込水には超軟水と硬水の井戸水を使い分けることによって、幅広い酒造りを行なっています。


「品質本位」を貫きながら、特に若い世代に日本酒の魅力を伝えていくことに力を入れており、パッケージやボトルがおしゃれで女性にも飲みやすい大吟醸 「錦」や、今や代表銘柄の一つとなった「日下無双」など新しい商品が世に送り出されています。

三位一体で積極的な商品開発を行う酒井酒造の「五橋」

酒井酒造は山口の「米・水・人」が一体となった酒造りにこだわっている蔵元です。契約栽培の米と、山口県最大の清流である錦川の伏流軟水で仕込まれた酒の香り高さ、味わいはまさに逸品。独特の味わいで全国的にも評価されています。


特にフルーティで華やかな香りと繊細な味わい、キレのある喉ごしの「五橋」は、山口の日本酒の中でも特にメジャーな商品です。ほかに、発泡酒の「ねね」と「のの」やロックなパッケージが目を引く「fiveシリーズ」など、日本酒になじみのない若者でも手に取りやすいものが揃っています。

蔵元の個性が伝わる!八百新酒造の「雁木」

戦後の原材料不足や、環境・社会情勢の変化により長く低迷していた八百新酒造が酒造りの原点に立ち返り、長い年月をかけ廃業の危機を乗り越えて生み出したのが「雁木」です。無理に生産量を増やさず純米にこだわった少量仕込みの伝統的な製法がとられており、特に無濾過で仕上げあられる「ノ壱」は無濾過ならではの濃厚な旨みとキレがあります。


蔵元の志と個性を訴えてくる存在感抜群の力強さが支持され、今では八百新酒造で生産されている日本酒のほとんどが「雁木」です。せっかく地酒を飲むのであれば、個性的なものの方が良いという人はぜひお試しください。

山口のオリジナル酒造好適米「西都の雫」にも注目!

山口は国内でも有数の山田錦の産地ですが、地元ならではの酒米で造った酒を味わってみたいなら、山口オリジナルの酒造好適米である「西都の雫」を使った商品に注目してみましょう。


西都の雫は、2005年からオリジナルの酒造好適米として、生産推奨や利用促進が活発に行われている品種。その生産量は年々増加しており、現在では山田錦に迫るほどです。


コクと香りの山田錦に対し、淡麗でキレのある風味が西都の雫の特徴。「やはり日本酒は淡麗辛口」という方や、「せっかくならとことん山口オリジナルにこだわりたい」という方には特におすすめです。


岡崎酒造場の「長門峡」や村重酒造の「金冠黒松」、岩崎酒造の「長陽福娘」、澄川酒造場の「東洋美人」、酒井酒造の「五橋」など、県内16社が様々な日本酒の製造に利用していますので、要チェックですよ。

山口の日本酒人気ランキング10選

ここからは、人気の山口の日本酒をランキング形式でご紹介していきます。お気に入りの一本を見つける参考にしてくださいね。

10位
原料米麹:山田錦・掛け米:日本晴
特定名称吟醸酒
精米歩合50%
度数15度
日本酒度+5
酸度1.5
容量1800ml
9位
原料米山田錦・五百万石(山口県産)
特定名称純米
精米歩合麹:55%・掛け米:60%
度数15度
日本酒度+6
酸度-
容量1800ml
8位
原料米山田錦(兵庫県産)
特定名称大吟醸
精米歩合35%
度数17〜18度
日本酒度+3
酸度1.5
容量720ml
7位
原料米麹米:山田錦 掛米:八反錦(季節により異なる)
特定名称特別純米酒
精米歩合60%
度数15〜16度
日本酒度+6
酸度1.6
容量1800ml
6位
原料米西都の雫(山口県)
特定名称純米吟醸
精米歩合55%
度数15〜16度
日本酒度+3〜4
酸度1.6〜1.7
容量1800ml
5位
原料米山田錦
特定名称大吟醸
精米歩合35%
度数16〜17度
日本酒度+6
酸度-
容量1800ml
4位
原料米山田錦
特定名称純米吟醸
精米歩合50%
度数16度
日本酒度+2
酸度1.5
容量720ml
3位
原料米山田錦
特定名称純米吟醸
精米歩合50%
度数16度
日本酒度−5.0
酸度1.6
容量1800ml
2位
原料米山田錦
特定名称純米
精米歩合60%
度数17~18度
日本酒度+3
酸度1.8
容量1800ml
1位
原料米山田錦
特定名称純米大吟醸
精米歩合50%
度数16度
日本酒度-
酸度-
容量1800ml

山口の人気日本酒比較一覧表

商品画像
1
山口
日本酒 旭酒造 獺祭 純米大吟醸50

旭酒造

2
山口
日本酒 八百新酒造 雁木 純米無濾過生原酒 ノ壱

八百新酒造

3
山口
日本酒 澄川酒造場 東洋美人 純米吟醸50

澄川酒造場

4
山口
日本酒 岩崎酒造 長陽福娘 山田錦純米吟醸

岩崎酒造

5
山口
日本酒 岡崎酒造場 長門峡 大吟醸

岡崎酒造場

6
山口
日本酒 酒井酒造 五橋 純米吟醸 西都の雫

酒井酒造

7
山口
日本酒 永山本家酒造 貴 特別純米

永山本家酒造

8
山口
日本酒 村重酒造 大吟醸 「錦」

村重酒造

9
山口
日本酒 中島屋酒造場 きもと純米・カネナカ

中島屋酒造場

10
山口
日本酒 中島屋酒造場 無濾過吟醸 中島屋

中島屋酒造場

商品名

獺祭 純米大吟醸50

雁木 純米無濾過生原酒 ノ壱

東洋美人 純米吟醸50

長陽福娘 山田錦純米吟醸

長門峡 大吟醸

五橋 純米吟醸 西都の雫

貴 特別純米

大吟醸 「錦」

きもと純米・カネナカ

無濾過吟醸 中島屋

特徴知名度ナンバーワン!日本を代表する世界の「獺祭」デイリーにおすすめ!米の生命力を感じる力強い銘酒あらゆるシーンに対応!その日の気分で楽しめる新生「東洋美人」山口の伝統的な食文化を感じさせるザ・地酒デザート酒にも食中酒にも!香りと味のバランスが絶妙な逸品おしゃれに飲みたい上品な淡麗和食にも洋食にも合わせやすく、食中酒におすすめ華々しい実績を持つ上品な銘酒特に冬におすすめ!純米の柔らかな味わいが沁みる飲み飽きないまろやかな味わい
最安値
3,078
送料要確認
詳細を見る
1,405
送料要確認
詳細を見る
2,750
送料別
詳細を見る
2,680
送料要確認
詳細を見る
2,860
送料要確認
詳細を見る
1,417
送料無料
詳細を見る
2,750
送料別
詳細を見る
5,500
送料別
詳細を見る
3,002
送料要確認
詳細を見る
3,190
送料別
詳細を見る
原料米山田錦山田錦山田錦山田錦山田錦西都の雫(山口県)麹米:山田錦 掛米:八反錦(季節により異なる)山田錦(兵庫県産)山田錦・五百万石(山口県産)麹:山田錦・掛け米:日本晴
特定名称純米大吟醸純米純米吟醸純米吟醸大吟醸純米吟醸特別純米酒大吟醸純米吟醸酒
精米歩合50%60%50%50%35%55%60%35%麹:55%・掛け米:60%50%
度数16度17~18度16度16度16〜17度15〜16度15〜16度17〜18度15度15度
日本酒度-+3−5.0+2+6+3〜4+6+3+6+5
酸度-1.81.61.5-1.6〜1.71.61.5-1.5
容量1800ml1800ml1800ml720ml1800ml1800ml1800ml720ml1800ml1800ml
商品リンク

中国地方の日本酒なら、こちらもどうぞ!

今回ご紹介してきた山口県をはじめ、水の恵み豊かな中国地方では、他にも数多くの素晴らしい日本酒が造られています。山口の日本酒で中国地方のお酒を試してみたくなったら、以下の記事も必見ですよ!

まとめ

山口では、15年ほど前から日本酒のPRイベントが活発に行われており、蔵元の商品開発や品質向上への取り組みも盛んです。全国的に日本酒の出荷量は減少していますが、山口だけが出荷量を増やし続けており、今や国内だけでなく、海外でも展開されはじめるほど。


出荷量が増えているだけでなく、日本酒が苦手な若者や、女性でも飲みやすい商品が増えているのも素敵なところ。日本酒が大好きという人も、今まであまり日本酒とは縁がなかったという人も楽しめるのが、山口の日本酒なんですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す