• 福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】のアイキャッチ画像1枚目
  • 福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】のアイキャッチ画像2枚目
  • 福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】のアイキャッチ画像3枚目
  • 福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】のアイキャッチ画像4枚目
  • 福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】のアイキャッチ画像5枚目

福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選【梵・一本義など】

日本酒の有名な産地は色々とありますが、福井県も酒造り盛んな県のひとつ。蔵元が30以上あり、梵や一本義などを始めとする、さまざまな有名な銘柄があります。そんな福井県の日本酒に興味のある方も多いと思いますが、種類が多いだけにどれを選べばいいか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、福井県の日本酒の選び方と、人気のおすすめ日本酒をランキング形式で紹介していきます。福井県出身の方はもちろん、居酒屋で飲んで印象に残った日本酒もあるはず。この記事を参考に福井県の日本酒を楽しんでくださいね!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 4,416  views
目次

福井の日本酒の選び方

福井県産の日本酒には美味しいものがたくさんあります。その中から好みの日本酒を選ぶために、押さえるべきポイントをチェックしてみましょう。

歴史やこだわりの酒造りに注目!蔵元で選ぶ

福井県には32の蔵元があります。ほとんどは小さな蔵元ですが、それぞれに特徴ある酒造りをしています。福井県では主に4つのエリアにわかれて蔵元があります。それぞれのエリアで代表的な蔵元をいくつか紹介していきましょう。

奥越地区なら一本義久保本店や真名鶴酒造

奥越地区は福井県の北東部にあたり、大野盆地と周辺の山地を指して呼ばれます。有名な九頭竜湖をはじめ、豊かな水源に恵まれた地域です。それを活かした酒造りしている蔵元のひとつが「一本義」を製造している一本義久保本店。明治35年の創業で、酒の「後キレ」の良さにこだわり、雑味なく透明感にあふれるきれいな味わいを追求した蔵元です。

また、「眞名鶴」を製造している真名鶴酒造も有名。1750年の創業で、江戸時代後期の蔵人が蔵元の名声を高め、酒銘を改名して今に至ります。高品質な酒造りはもちろんですが、楽しんで飲んでもらうために独創性のある個性的な酒や物語性のある酒作りを目指している蔵元です。

嶺北地区なら黒龍酒造や舟木酒造

嶺北地区なら黒龍酒造や舟木酒造

出典:kokuryu.co.jp

福井県の木ノ芽峠以北の地域を指し、日本海に面した地域です。越前地方と呼ばれる地域がこの嶺北地域にあたります。この地域の有名な蔵元は、まず「黒龍」を製造している黒龍酒造。1804年の創業で、他とは違うオンリーワンの酒造りを目指しています。1975年には大吟醸酒の市販化に成功し、2004年に燗用の大吟醸酒「九頭龍大吟醸」を発表していますよ。

1866年創業の舟木酒造は「北の庄」を製造している蔵元です。関東や関西でも飲めるメジャーな銘柄のひとつ。福井県内で吟醸造りを始めた最初の蔵元で、米の旨みとすっきりした喉ごしの純米吟醸酒を中心に酒造りしています。

丹南地区なら加藤吉平商店や白駒酒造

丹南地区なら加藤吉平商店や白駒酒造

出典:born.co.jp

福井県のちょうど中央にあたり、物づくりが盛んな地域が丹南地域です。伝統的な技術が受け継がれている地域ですが、この地域の有名な蔵元では「梵・超吟」を製造している加藤吉平商店があります。創業は1860年で、現在11代目が引き継いでいる老舗。昭和天皇の即位式や国賓をもてなす際に梵が度々使用されています。手掛ける日本酒がすべて純米酒・高精米・長期間の氷温熟成によりつくられ、日野川の伏流水を使った伝統的な手作りの酒造りで、蔵内の自社酵母だけを使っています。

「白駒」を製造している白駒酒造は創業1697年で、北陸街道を往来する旅人に珍重された日本酒です。昔ながらの手作り酒造法を続けており、深いコクときめ細かな味わいのある酒は、創業以来代々受け継がれている逸品。

嶺南地区なら敦賀酒造や鳥浜酒造

嶺南地区なら敦賀酒造や鳥浜酒造

出典:torihama.jp

福井県の一番南側に位置するリアス式海岸が美しいエリアが嶺南地域です。若狭町の三方五湖や瓜割の滝など、自然豊かで水に恵まれています。この地域の蔵元では「福寿杯」を製造している敦賀酒造が有名。1642年創業で、現社長は11代目にあたる老舗です。県内産100%の酒米を使った辛口ですっきりした飲み心地が特徴の酒を造っています。

「早瀬浦」を製造しているのが三宅彦右衛門酒造。1718年創業で現在は11代目の蔵元になっています。飲みごたえがありながらも飲み飽きない、飲んでいて疲れない芳醇で旨口な日本酒造りを目指しています。

福井県は酒米の産地!酒米で選ぶ

福井県は酒米の産地!酒米で選ぶ
日本酒の酒米としては「山田錦」がもっとも有名で、福井県でも栽培されていますが、このほかにも福井県ではさまざまな酒米がつくられています。そういった酒米を使った日本酒を選んで、福井の味を思いっきり満喫するのも○ですよ。

特に有名なのは「五百万石」。クセがなく、すっきりとしてキレのいい味わいに仕上がるのが特徴で、福井県が国内生産量第二位を誇っています。他にも、福井県では「おくほまれ」「越の雫」「神力」といった福井県ならではの酒米が栽培され、福井県産の日本酒にも使われていますよ。

福井の日本酒おすすめ人気ランキング9選

ここからは福井でおすすめの日本酒をランキング形式で紹介していきます。酒造りが盛んな北陸のひとつ、福井ならではの日本酒選びの参考にしてはいかがでしょうか。
9位
一本義 袋吊り純米大吟醸
出典:amazon.co.jp

一本義久保商店一本義 袋吊り純米大吟醸

3,240円 (税込)

蔵元一本義久保商店酒米越の雫
アルコール度数17度
8位
白駒酒造 純米吟醸 中大(生貯蔵酒)
出典:amazon.co.jp

白駒酒造合資会社白駒酒造 純米吟醸 中大(生貯蔵酒)

1,998円 (税込)

蔵元白駒酒造酒米五百万石
アルコール度数15度
7位
蔵元舟木酒造酒米五百万石・神力米
アルコール度数15度
6位
蔵元敦賀酒造酒米山田錦
アルコール度数17度
5位
蔵元三宅彦右衛門酒造酒米五百万石
アルコール度数15.8度
4位
梵 夢は正夢 純米大吟醸
出典:amazon.co.jp

合資会社加藤吉平商店梵 夢は正夢 純米大吟醸

10,800円 (税込)

蔵元合資会社加藤吉平商店酒米山田錦
アルコール度数16度
3位
蔵元真名鶴酒造酒米山田錦
アルコール度数15度
2位
雲乃井 純米吟醸 東雲
出典:amazon.co.jp

吉田金右衛門商店雲乃井 純米吟醸 東雲

2,914円 (税込)

蔵元吉田金右衛門商店酒米五百万石
アルコール度数15度
1位
蔵元南部酒造場酒米非公表
アルコール度数16度

おすすめ人気福井の日本酒の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格蔵元酒米アルコール度数商品リンク
1
花垣 純米大吟醸

南部酒造場

花垣 純米大吟醸

低温長期発酵でつくられた日本酒4,320円(税込)南部酒造場非公表16度詳細を見る
2
雲乃井 純米吟醸 東雲

吉田金右衛門商店

雲乃井 純米吟醸 東雲

福井県産の酒米を100%使用した純米吟醸2,914円(税込)吉田金右衛門商店五百万石15度詳細を見る
3
mana1751 premium

真名鶴酒造

mana1751 premium

海外向けに醸造された特別な1本2,160円(税込)真名鶴酒造山田錦15度詳細を見る
4
梵 夢は正夢 純米大吟醸

合資会社加藤吉平商店

梵 夢は正夢 純米大吟醸

こだわりの逸品!芳醇な香りが楽しめる10,800円(税込)合資会社加藤吉平商店山田錦16度詳細を見る
5
早瀬浦 純米酒

三宅彦右衛門酒造

早瀬浦 純米酒

純米酒が人気の「早瀬浦」三宅彦右衛門酒造五百万石15.8度詳細を見る
6
福寿杯 大吟醸古酒

敦賀酒造

福寿杯 大吟醸古酒

大吟醸酒を3年寝かせた古酒3,670円(税込)敦賀酒造山田錦17度詳細を見る
7
北の庄 醇吟 純米吟醸

舟木酒造

北の庄 醇吟 純米吟醸

バランスの取れたフルーティーな味わい2,771円(税込)舟木酒造五百万石・神力米15度詳細を見る
8
白駒酒造 純米吟醸 中大(生貯蔵酒)

白駒酒造合資会社

白駒酒造 純米吟醸 中大(生貯蔵酒)

「大辛口」でもまろやかな酒1,998円(税込)白駒酒造五百万石15度詳細を見る
9
一本義 袋吊り純米大吟醸

一本義久保商店

一本義 袋吊り純米大吟醸

希少な酒米だけを全量使用した大吟醸酒3,240円(税込)一本義久保商店越の雫17度詳細を見る

まとめ

福井県の日本酒をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。居酒屋などで見るのは難しいものも多いですが、蔵元やモールで通販して手に入れることができるものばかりです。味わってみたい日本酒があればぜひ試してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す