1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】
  • ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】のアイキャッチ画像5枚目

ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選【IH対応や多層構造のものも!】

耐久性に優れ、銀色に輝く姿もおしゃれな「ステンレスフライパン」。プロ仕様の便利なキッチンアイテムで、ティファールをはじめとするさまざまな有名ブランドから発売されており、選択肢も豊富です。とはいえ使い方にコツがいるため、初心者には扱いが難しく、どれを選べばスムーズに調理できるのか悩みどころでもあります。


そこで今回は、本格料理をご家庭で気軽に楽しみたい方におすすめのステンレスフライパンの選び方と人気ランキング形式でご紹介!焦げる・くっつくなどの悩みを解決するための、使い方のコツも最後に解説していますよ。長く使えるステンレスフライパンを手に入れて、プロ仕様の調理を楽しみましょう!

  • 最終更新日:2020年08月25日
  • 41,653  views
目次

ステンレスフライパンの選び方

それではまず、ステンレスフライパンの選び方からおさえておきましょう。

ステンレスフライパンは重い!ジャストサイズがおすすめ

ステンレスフライパンは重い!ジャストサイズがおすすめ
ステンレスフライパンはフッ素加工のものに比べ重いので、扱い慣れていない方にとっては「重くて使いにくい」と感じることも。そのため大きすぎるサイズは選ばず、ジャストサイズのフライパンを選びましょう。

サイズ目安としては、1~2人暮らしなら24cm、3人暮らしなら26cm、4人暮らしなら28cmが妥当です。また少量の調理をしたいときに便利な20cmもあると重宝します。30cm以上のステンレスフライパンになると、2kgを超えるものもありますので注意しましょう。

ステンレスの欠点を補う多層構造が使いやすい!

ステンレスは保温性が高いものの、熱伝導率が悪いという欠点があります。そのステンレスの欠点を補うのは多層構造のフライパンです。

ステンレス+アルミなら熱保温性・熱伝導率◎!

ステンレス+アルミなら熱保温性・熱伝導率◎!
純粋なステンレスのみでできているフライパンだと、保温性は高いものの熱伝導率が非常に悪く、焼きムラや焦げが発生しがちです。家庭で使うステンレスフライパンには、ステンレスの欠点を補う多層構造のものがおすすめ。

例えば3層構造で、ステンレス・アルミ・ステンレスと中にアルミを挟んでいるものは、アルミがステンレスの熱伝導率の悪さを補い、ステンレスの表面にムラなく熱を伝えることができます。もちろんステンレスの保温性も確保されるので、食材をおいしく焼き上げることができますよ。

無水調理したいなら全面多層構造のものを選ぶ

無水調理したいなら全面多層構造のものを選ぶ
無水調理とは、調理時にほとんど水を足さず、食材がもともと蓄えている水分のみで調理する方法のことです。水を加えないので旨みを凝縮できると同時に、水に溶けやすい栄養成分を逃がさず調理できます。

無水調理をしたいなら、底面だけが多層になっているタイプではなく、側面も多層構造になっているものを選びましょう。また、専用のピタリとはまる蓋も必須ですので、専用蓋が用意されているか確認してください。

オーブン調理をするなら、取っ手が外せるタイプが便利

オーブン調理をするなら、取っ手が外せるタイプが便利
ステンレスは頑強で高温にも耐えられるため、その特徴を活かす調理方法として、オーブン調理が挙げられます。しかし本体がステンレスでも、取っ手部分が高温に耐えられる素材でないとオーブン調理はできませんし、オーブンやフライパンのサイズによっては、取っ手をつけたまま入れられないことも。

そこでおすすめなのは、取っ手がワンタッチで取り外せるタイプです。商品数は限られますが、オーブン調理をしてみたい方はぜひ検討してみてください。

フッ素加工+ステンレスなら、使いやすくおしゃれ

フッ素加工+ステンレスなら、使いやすくおしゃれ

熱し始めてすぐ材料を入れると焦げ付くため、充分な加熱と油が必要といったように、ステンレスフライパンは使い方にコツが必要です。油を少なく済ませたい方、素材がくっつくのが面倒な方は、フッ素加工+ステンレスのフライパンがおすすめ。


フッ素加工を施しているので、焦げにくく、こびりつきを防げます。一方、本体はステンレス製なので保温性に優れ、一度フライパンが温まると弱い火力での調理が可能です。もちろんステンレス製の美しい輝きもあります。


ただし一般的なフッ素加工は1~2年ほどではがれてしまうので、買い替えは必要になります。10年以上使うことを目標とするなら、フッ素加工をさらに特殊なチタンでコーティングしている高級フライパンを検討しましょう。

ステンレスフライパンのおすすめ人気ランキング10選

人気のステンレスフライパンをランキング形式でご紹介します。今回はステンレスフライパンの中でも多層構造のものを中心にピックアップしました。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月10日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

10位
ステンレスフライパン T-fal(ティファール) インジニオ・ネオ IHステンレス・エクセレンス セット9
出典:amazon.co.jp

T-fal(ティファール)インジニオ・ネオ IHステンレス・エクセレンス セット9

L93989

15,651円 (税込)

サイズフライパン26cm・ソテーパン24cm・ソースパン16cm・20cm
重さ1030g・940g・490g・750g
底面6層(アルミ・チタン・ステンレス)
フッ素コートチタン・エクセレンスコーティング
対応熱源IH・ガス・ラジエント・オーブンなど
9位
サイズ20cm(ほかに22cm・24cm・26cm・28㎝あり)
重さ約650g
三層鋼(ステンレス・アルミ)
フッ素コートフッ素樹脂コーティング
対応熱源IH・ガス・エンクロヒーター・シーズヒーター・ラジエントヒーター
8位
サイズ25cm(ほかに21cmあり)
重さ1920g
全面7層構造(ステンレス・アルミ)
フッ素コート-
対応熱源IH・ガス・ハロゲンヒーター・クッキングヒーター・オーブン
7位

遠藤商事ムラノ インダクション ステンレスフライパン

AHLV601

2,530円 (税込)

サイズ20cm(ほかに24cm・28cm・32cm・36cm・40cm・45cmあり)
重さ750g
サンドイッチ式三層底(ステンレス・アルミ)
フッ素コート-
対応熱源IH・ガス
6位
サイズ16cm
重さ720g
‐(ステンレス・アルミ)
フッ素コート-
対応熱源IH・ガス・オーブン
5位
サイズ20cm
重さ
3層(304Lステンレス・特殊カーボンスチール)
フッ素コート-
対応熱源IH・ガス
4位

T-fal(ティファール)コンフォートマックス IHステンレス

3,078円 (税込)

サイズ26cm(ほかに20cm・24cmあり)
重さ1000g
3層底面(ステンレス・アルミ)
フッ素コート-
対応熱源IH・ガスなど
3位
サイズ26cm(ほかに20cm・24cm・28cmあり)
重さ1030g
底面三層構造
フッ素コートフッ素樹脂(エクリプス)加工
対応熱源IH・ガスなど
2位
サイズ24cm
重さ1020g
底厚三層カプセル構造
フッ素コート-
対応熱源ガス・IHなど
1位
サイズ28cm(ほかに20cm・26cmあり)
重さ1250g
底面3層(ステンレス・アルミ)
フッ素コートフッ素樹脂加工
対応熱源IH・ガス・オーブンなど

人気ステンレスフライパンの比較一覧表

商品画像
1
ステンレスフライパン アイリスオーヤマ ステンレスフライパン 1枚目

アイリスオーヤマ

2
ステンレスフライパン フィスラー カターニャ 1枚目

フィスラー

3
ステンレスフライパン マイヤージャパン スターシェフ2 IHフライパン 1枚目

マイヤージャパン

4
ステンレスフライパン T-fal(ティファール) コンフォートマックス IHステンレス 1枚目

T-fal(ティファール)

5
ステンレスフライパン やかん屋 ロイヤルクラデックスフライパン 1枚目

やかん屋

6
ステンレスフライパン ツヴィリング ピコ フライパン  1枚目

ツヴィリング

7
ステンレスフライパン 遠藤商事 ムラノ インダクション ステンレスフライパン 1枚目

遠藤商事

8
ステンレスフライパン 宮崎製作所 ジオ・プロダクト ソテーパン 1枚目

宮崎製作所

9
ステンレスフライパン KIPROSTAR 業務用ステンレスフライパン 1枚目

KIPROSTAR

10
ステンレスフライパン T-fal(ティファール) インジニオ・ネオ IHステンレス・エクセレンス セット9

T-fal(ティファール)

商品名

ステンレスフライパン

カターニャ

スターシェフ2 IHフライパン

コンフォートマックス IHステンレス

ロイヤルクラデックスフライパン

ピコ フライパン

ムラノ インダクション ステンレスフライパン

ジオ・プロダクト ソテーパン

業務用ステンレスフライパン

インジニオ・ネオ IHステンレス・エクセレンス セット9

特徴リーズナブルでサイズ違いを揃えやすい!熱ムラも少ない3層構造1~2人分調理にぴったり!スタイリッシュさが魅力ステンレス素材にフッ素コートで使いやすさをプラス!酸化を抑える18-10ステンレス採用。長く愛用したい方に耐久性・保温性に優れたマルチなフライパンコンパクトサイズでも本格派。小さめのフライパンをお探しの方にプロ仕様のステンレスフライパン!サイズも豊富◎無水鍋としても使えるウォーターシール構造家庭でも使いやすい業務用フライパン使い勝手の良いフライパン・ソースパンをセットで
最安値
2,580
送料無料
詳細を見る
7,149
送料無料
詳細を見る
3,620
送料要確認
詳細を見る
3,078
送料要確認
詳細を見る
6,731
送料要確認
詳細を見る
2,800
送料無料
詳細を見る
2,530
送料別
詳細を見る
4,818
送料要確認
詳細を見る
2,890
送料要確認
詳細を見る
15,651
送料無料
詳細を見る
サイズ28cm(ほかに20cm・26cmあり)24cm26cm(ほかに20cm・24cm・28cmあり)26cm(ほかに20cm・24cmあり)20cm16cm20cm(ほかに24cm・28cm・32cm・36cm・40cm・45cmあり)25cm(ほかに21cmあり)20cm(ほかに22cm・24cm・26cm・28㎝あり)フライパン26cm・ソテーパン24cm・ソースパン16cm・20cm
重さ1250g1020g1030g1000g720g750g1920g約650g1030g・940g・490g・750g
底面3層(ステンレス・アルミ)底厚三層カプセル構造底面三層構造3層底面(ステンレス・アルミ)3層(304Lステンレス・特殊カーボンスチール)‐(ステンレス・アルミ)サンドイッチ式三層底(ステンレス・アルミ)全面7層構造(ステンレス・アルミ)三層鋼(ステンレス・アルミ)底面6層(アルミ・チタン・ステンレス)
フッ素コートフッ素樹脂加工-フッ素樹脂(エクリプス)加工-----フッ素樹脂コーティングチタン・エクセレンスコーティング
対応熱源IH・ガス・オーブンなどガス・IHなどIH・ガスなどIH・ガスなどIH・ガスIH・ガス・オーブンIH・ガスIH・ガス・ハロゲンヒーター・クッキングヒーター・オーブンIH・ガス・エンクロヒーター・シーズヒーター・ラジエントヒーターIH・ガス・ラジエント・オーブンなど
商品リンク

ステンレスフライパンを焦げ付かせないコツ

ステンレスフライパンを焦げ付かせないコツ

最後にステンレスフライパンを焦げ付かせない使い方のコツをお伝えします。まず、フライパンを中火~強火で充分に熱してください。少量の水を入れたときに、蒸発せずコロコロとフライパンの中を転がる加減が目安です。


上記のようになったら、多めの油を入れて充分にフライパンに馴染ませ、しばらくそのまま温めてください。その後、火を止めて、濡れ布巾の上にフライパンを置いて2~3分ほど冷まし、再び火にかけます。ここから調理を開始しましょう。


ポイントは、最初に充分フライパンを熱することです。この熱し方が中途半端だと、油がフライパンに馴染まないため、焦げ付いてしまいます。ステンレスフライパンは調理開始前の使い方が大切なので、ぜひ試してみてくださいね!

他の素材のフライパンもチェックしてみよう

耐久性に優れ、長年の愛用品として使うのに向いているステンレスフライパン。とはいえ扱いにはひと手間が必要なので、場合によっては他の素材のフライパンと使い分けるのもアリです。以下の記事ではさまざまなフライパンをご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください!

まとめ

今回は、ステンレスフライパンのおすすめ商品をご紹介しました。使い方に慣れていない方にとっては、焦げ付きやすく使いづらいステンレスフライパンですが、少しの工夫で一生モノのフライパンに変身します。お使いのフライパンから買い替えを考えている方はぜひ、ステンレスフライパンを検討してみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す