1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. ブランデー
  6. >
  7. カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】
  • カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】のアイキャッチ画像5枚目

カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選【カクテル・料理にも!】

香り高く、華やかなブランデーとして定評のあるカルヴァドス。ブランデー愛好家の中でも人気です。カルヴァドスには「フランス北西部のノルマンディー地方でつくられるリンゴを原料としたアップルブランデー」という定義があります。AOC(原産地呼称規制)の定める基準をクリアしたものだけがカルヴァドスと名乗ることができるというわけです。

一見、同じように見えますが、原料のリンゴの種類や産地、熟成の具合によって味わいが大きく異なるため、どれを選んでいいかわからないという方も多いはず。そこで今回は、初心者にもわかりやすい選び方のコツと、おすすめのカルヴァドスをランキング形式でご紹介します。ブラーや、ペール マグロワールなどの人気ブランドもたくさん。料理やカクテルにおすすめの1本もご紹介します。いつものブランデーとは違う、カルヴァドスならではの味わいを堪能してくださいね!

  • 最終更新日:2020年10月13日
  • 37,784  views
目次

カルヴァドスの選び方

まずは、カルヴァドスの特徴や違いの見分け方、選び方のポイントを見ていきましょう。カルヴァドスには、原料・産地・熟成度の違いなど、選ぶためのポイントがいくつかあります。

カルヴァドスの種類は3種類。産地と味わいで選ぶ

カルヴァドスは、生産される地域によって「カルヴァドス ペイ・ドージュ」「カルヴァドスAC」「カルヴァドスドンフロンテ」の3種類に分かれます。それぞれの特徴を知り、飲みたいカルヴァドス選びの参考にしてみましょう。

カルヴァドスの王様「カルヴァドス ペイ・ドージュ」

カルヴァドスの王様「カルヴァドス ペイ・ドージュ」
ノルマンディー地方の中央北東よりに位置する、カルヴァドス ペイ・ドージュ地区で生産されるカルヴァドスです。リンゴ以外の洋ナシを混合する割合は、30%以下にすることが条件。オーク樽による熟成期間は2年以上必要とし、コニャックと同じように、単式蒸留器で2回蒸留されます。

ペイ・ドージュ地区は最もリンゴに最適の土壌とされ、ここで作られたカルヴァドスは高級品として取引されます。リンゴを多く使用しており、その味はまさにリンゴのブランデー「カルヴァドス」の王様。コニャックやアルマニャックが好きで、「今度はカルヴァドスを」という方は、このペイ・ドージュ地区のカルヴァドスからはじめてみるのがおすすめです。

味わいを試してみたい方におすすめの「カルヴァドス」

味わいを試してみたい方におすすめの「カルヴァドス」
ノルマンディー地方の全域(カルヴァドス県・マンシュ県・オルヌ県の大部分・ウール県)や、ペイ・ド・ラ・ロワール地方のマイエンヌ県とサルト県、サントル地方のウール・エ・ロワール県で作られるカルヴァドス。蒸留法に規定はありません。異なる地域で作られたシードルやポアレをブレンドして作ることもあります。

価格が比較的抑えられ、入手しやすいことも特徴のひとつ。ブランデー自体が初めての方や、カルヴァドスの味を試してみたいという方におすすめです。

リンゴと梨のハーモニーを味わえる「カルヴァドス ドンフロンテ」

リンゴと梨のハーモニーを味わえる「カルヴァドス ドンフロンテ」
ノルマンディー地方の中央南側に位置するカルヴァドス・ドンフロンテ地区で生産されるカルヴァドス。原料に洋ナシワインや梨ワイン(ポアレ)を30%以上使用し、3年以上オーク樽で熟成させて作ります。アルマニャックと同様、半連続式で蒸留されることも特徴です。

この地域はリンゴと並んで洋ナシの生産量も多く、蒸留時のリンゴと洋ナシの割合がカルヴァドス ペイ・ドージュとは大きく異なります。リンゴと洋ナシの合いまった複雑な味わいが人気の秘密。生産量が少なく、他のカルヴァドスと比べると流通も少ないので、希少価値を求める方におすすめのカルヴァドスと言えるでしょう。

初めての方は6~15年熟成されたものがおすすめ

初めての方は6~15年熟成されたものがおすすめ
ブランデーの一種であるカルヴァドスは、同じ産地、同じ素材であっても熟成期間によって全く別の味わいに変化します。コニャックやアルマニャックと同じですね。

5年以内の比較的熟成期間が短いカルヴァドスは、リンゴのフレッシュな香りとパンチのあるアルコール感が強い傾向にあります。熟成期間が長ければ長いほど舌触りはまろやかになり、深いコクのある仕上りに。概ね、熟成期間が長いものほど高額になります。ブランデーがはじめての方は、香りとアルコール感のバランスが良い、6~15年くらいの熟成期間を経たものがおすすめです。

料理やカクテルには若いカルヴァドスがおすすめ

料理やカクテルには若いカルヴァドスがおすすめ
カルヴァドスをストレートで飲む場合は、生産地と熟成期間に注目すれば、ほとんど外れることはありません。一方、ストレートだけではなく、水割り・ソーダ割り・ロックなどで楽しんだり、カクテルやお料理にも使いたいという方は、あまり高額ではない、比較的若いカルヴァドスがおすすめです。

カルヴァドスの産地ノルマンディー地方では、リンゴを使ったタルトやガレットにカルヴァドスをかけたり、チキンのクリーム煮に使用したりと、食生活にも密着。また、トニックウォーターで割って飲むと、甘みと炭酸がプラスされ、リンゴの香りが引き立ちさっぱりと美味しくいただけます。色々な料理やカクテルに活用して、ひと味違うカルヴァドスの味わいを楽しんでみてもいいでしょう。

カルヴァドスのおすすめ人気ランキング10選

人気のカルヴァトスをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月1日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

10位

Spirit Franceカルヴァドス ペールレーゼ コルドンブルー

CD0235JP

8,900円 (税込)

AOCカルヴァドスAC
熟成期間20年
特徴モンサンミシェル近郊の果樹園で栽培したリンゴを使用
9位
カルヴァドス 明治屋 カルヴァドス・クール・ド・リオン・セレクション・アペラシオン・カルヴァドス 1枚目
出典:amazon.co.jp

明治屋カルヴァドス・クール・ド・リオン・セレクション・アペラシオン・カルヴァドス

2,599円 (税込)

AOC カルヴァドスAC
熟成期間-
特徴フルーティーな味わい
8位
AOCカルヴァドスAC
熟成期間2年以上
特徴-
7位
AOCカルヴァドスペイ・ドージュ
熟成期間15年以上
特徴-
6位
AOCカルヴァドスペイ・ドージュ
熟成期間平均10~12年
特徴家族経営のプロプリエテール
5位
AOCカルヴァドスペイ・ドージュ
熟成期間 6年以上
特徴自家栽培のリンゴのみを使用
4位
カルヴァドス ドメーヌ・ド・コックレル カルヴァドス ポム・ド・イブ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ドメーヌ・ド・コックレルカルヴァドス ポム・ド・イブ

7,480円 (税込)

AOCカルヴァドスAC
熟成期間2年以上
特徴リンゴ丸ごと1個入り
3位

シアドゴウブルビルカルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ

6,500円 (税込)

AOCカルヴァドスAC
熟成期間4年以上
特徴モンサンミッシェル近郊で採れたリンゴを使用
2位
AOCカルヴァドスペイ・ドージュ
熟成期間-
特徴8〜40年熟成の原酒をブレンド
1位
AOCカルヴァドスペイ・ドージュ
熟成期間2〜5年
特徴-

人気カルヴァドスの比較一覧表

商品画像
1
カルヴァドス ブラー ブラー グランソラージュ 1枚目

ブラー

2
カルヴァドス サントリー カルヴァドス ブラー XO 1枚目

サントリー

3
カルヴァドス シアドゴウブルビル カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ 1枚目

シアドゴウブルビル

4
カルヴァドス ドメーヌ・ド・コックレル カルヴァドス ポム・ド・イブ 1枚目

ドメーヌ・ド・コックレル

5
カルヴァドス アドリアン・カミュ アドリアンカミュ  1枚目

アドリアン・カミュ

6
カルヴァドス デュポン オルダージュ 1枚目

デュポン

7
カルヴァドス シャトー ド ブルイユ シャトー ド ブルイユ 15年 1枚目

シャトー ド ブルイユ

8
カルヴァドス ペール・マグロワール フィーヌ  1枚目

ペール・マグロワール

9
カルヴァドス 明治屋 カルヴァドス・クール・ド・リオン・セレクション・アペラシオン・カルヴァドス 1枚目

明治屋

10
カルヴァドス Spirit France カルヴァドス  ペールレーゼ コルドンブルー  1枚目

Spirit France

商品名

ブラー グランソラージュ

カルヴァドス ブラー XO

カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ

カルヴァドス ポム・ド・イブ

アドリアンカミュ

オルダージュ

シャトー ド ブルイユ 15年

フィーヌ

カルヴァドス・クール・ド・リオン・セレクション・アペラシオン・カルヴァドス

カルヴァドス ペールレーゼ コルドンブルー

特徴料理やスイーツのアクセントにもおすすめ!コスパ最高の高品質カルヴァドスモンサンミッシェルの絵が美しいリンゴ型ボトル丸ごとのリンゴを瓶に閉じ込めた、ミステリアスなお酒自家栽培のリンゴのみを使用した、こだわりの味世界の有名店で愛される、完全家内生産のカルヴァドスカルヴァトス最良の地で生産された15年熟成酒リンゴ本来の風味が生きた、カクテルにおすすめのカルヴァドスフレッシュかつフルーティーな味わいが特徴深く鮮やかな琥珀色が楽しめる一本
最安値
1,999
送料要確認
詳細を見る
4,720
送料要確認
詳細を見る
6,500
送料別
詳細を見る
7,480
送料無料
詳細を見る
6,789
送料要確認
詳細を見る
7,543
送料要確認
詳細を見る
7,667
送料要確認
詳細を見る
2,768
送料要確認
詳細を見る
2,599
送料別
詳細を見る
8,900
送料別
詳細を見る
AOCカルヴァドスペイ・ドージュカルヴァドスペイ・ドージュカルヴァドスACカルヴァドスACカルヴァドスペイ・ドージュカルヴァドスペイ・ドージュカルヴァドスペイ・ドージュカルヴァドスAC カルヴァドスACカルヴァドスAC
熟成期間2〜5年-4年以上2年以上 6年以上平均10~12年15年以上2年以上-20年
特徴-8〜40年熟成の原酒をブレンドモンサンミッシェル近郊で採れたリンゴを使用リンゴ丸ごと1個入り自家栽培のリンゴのみを使用家族経営のプロプリエテール--フルーティーな味わいモンサンミシェル近郊の果樹園で栽培したリンゴを使用
商品リンク

カルヴァドスをもっと楽しめるアレンジ法

カルヴァドスをもっと楽しめるアレンジ法
ストレートで飲むことをおすすめされることの多いカルヴァドスですが、たまには違った飲み方もいいものです。寒い季節には、レモンスライスとシナモンスティックを浮かべてお湯で割った「ホットブランデー」がおすすめ!身体を芯から温めてくれるため、ナイトキャップにもピッタリです。

反対に暑い日には、氷を入れたグラスにカルヴァドスを入れてサイダーやトニックウォーター、ジンジャーエールを注げば、ほんのり甘い簡単カクテルの出来上がりです。お好みや気分、季節などに合わせていろんな味わいを楽しんでみてくださいね。

国産のアップルブランデーもおすすめ!

日本にもフランス産のカルヴァドスと同様に、美味しいアップルブランデーがあるのはご存知ですか?ウイスキーで有名なニッカが製造している「ニッカ アップルブランデー」がそのひとつ。実は、ニッカは元々、リンゴジュースの製造販売をしており、同じ原料を用いてアップルワインを、さらにその後、アップルブランデーの製造も開始したそうです。

ニッカのアップルブランデーは、リンゴの甘みと酸味のバランスが良いと非常に評価が高く、アルコール感が抑えられて飲みやすく仕上げられています。フランス産のカルヴァドスと味わいの違いを楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。
カルヴァドス アサヒビール アップルブランデー リタ 30年 1枚目
出典:amazon.co.jp

アサヒビールアップルブランデー リタ 30年

98,500円

美味しいブランデーを飲み比べてみよう!

今回ご紹介した「カルヴァドス」のほかにも、美味しいブランデーはたくさん。定番のコニャック・アルマニャックをはじめ、イタリアで作られるグラッパ、ブドウを原料にしたグレープブランデーなど種類も豊富です。ぜひ色々なブランデーの味わいを飲み比べながら、お気に入りの1本を探してみてくださいね。

まとめ

フランス・ノルマンディー地方で作られ、世界中で愛されるカルヴァドス。産地や熟成の度合いなどに注目すると飲んでみたい品を選ぶ時のポイントになります。また、同じ種類でも、飲み方を変えるだけで違った味わいを楽しむことができますね。カルヴァドス選びの参考にしていただけたら幸いです。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す