• 自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選【2019年最新版】

インスタなどで"ぼかし"の効いたおしゃれな自撮りを見て、真似したいと思ったことはありませんか?それならiPhoneではなく、デジカメを使ってみてはいかがでしょうか。しかし自撮りに焦点を当てると、メーカー・F値・画素数・Wifi・チルト液晶など選び方のポイントも多く、何を選べばいいか迷っている方も多いはず。

そこで今回は、自撮りにおすすめのデジカメをランキング形式でご紹介します。この記事を参考にして、ワンランク上の自撮り写真を目指してみましょう!

この記事に登場する専門家

川村 容一
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 271,571  views
目次

自撮りにおすすめなデジカメの選び方

ランキングに入る前に、自撮りに向いているデジカメの選び方やポイントをご紹介します。折角買ったのに自撮りし辛くてホコリをかぶるなんてことがないように、しっかりチェックしてくださいね。

重さや自撮り用のシャッター位置をチェック。片手で操作できるかがポイント

重さや自撮り用のシャッター位置をチェック。片手で操作できるかがポイント

出典:panasonic.jp

自撮り撮影をする際に大事なのが片手で簡単に操作ができるかどうかです。カメラの前面に自撮りシャッターが用意されており、スマホみたいに自撮りがスムーズにできます。

ボディのサイズや重量も大事です。いくら簡単に操作ができるからと言ってもサイズが大きかったり、重かったりすると操作がやりにくいですし、すぐに疲れてしまいます。

300gを超えるとちょっと重いかな?程度ですが、400gを超えると片手での自撮りは難しいでしょう。200g程度であれば、ストレスなく自撮りができると思います。ちなみに、iPhone Xの重さが174gなので、参考にしてみてください。

液晶180度回転はマスト、タッチパネルがあると嬉しい

液晶180度回転はマスト、タッチパネルがあると嬉しい

出典:panasonic.jp

デジカメは、スマホのようなインカメがないので、背面ディスプレイを動かせるか否かが重要なポイントになります。180度回転する「チルト式」や、上下左右に自在に動かせる「バリアングル式」を選ぶのがおすすめです。

タッチパネルがついていれば、初めてのカメラでもスマホと同じ感覚で操作することができるのでおすすめです。

手ブレ補正があると失敗が少ない

手ブレ補正があると失敗が少ない
いかに重さや操作性が考慮されていたとしても、デジカメはスマホより重い物がほとんど。それを片手で操作するとなれば、どうしても手ブレが起きます。そういった時に「手ブレ補正」は絶対に欲しい機能です。

うまく撮れず、撮り直しが続けば、一緒に自撮りをしてくれる友人や恋人にウンザリされることは間違いありません。失敗を避けるために、絶対に手振れ補正はチェックしてくださいね。

Bluetoothなどでスマホと連携できれば加工もアップも楽ちん

SNSに自撮りをアップする方にとって重要な選び方のポイントとなるのが、「スマホとの連携機能」です。連携機能がないデジカメであれば、一度PCに繋ぎ、写真をPCに入れ、スマホに転送するというめんどくさい作業をしなければなりません。

一方、連携機能があれば、サッサとスマホに写真を転送することができます。Bluetoothなどで写真を転送する機能がついているデジカメは多く販売されているので、選ぶ際に是非チェックしてみてください。

美肌モードや魚眼モードも。独自機能で選ぶ

美肌モードや魚眼モードも。独自機能で選ぶ

出典:panasonic.jp

自撮りが楽しく・美しくなるような機能がついたデジカメもおすすめです。特に美顔モードは簡単に肌や輪郭などを自動で修正してくれるので、とにかく手軽できれいに自撮りをしたい人におすすめ。

さらに特徴的な機能だと360°カメラというものもあります。このカメラはその名の通り360°の写真を撮れるので、その場の雰囲気を余すことなく伝えることができますよ。

アートフィルターや撮影モードが充実しているカメラも多いので是非チェックしてみてくださいね。

ミラーレス?コンデジ?価格やこだわりから選ぶ

ミラーレス一眼とコンデジは、見た目こそ似ていますが、似て非なるものです。その大きな違いは、「レンズが交換できるかどうか」。では、2つの違いを見ていきましょう。

ミラーレス一眼:本格的な自撮りができるが、値段と重さがネック

ミラーレス一眼:本格的な自撮りができるが、値段と重さがネック

出典:panasonic.jp

ミラーレス一眼は、「小さな一眼レフ」と言ってよいでしょう。その特徴は何といってもボケ。背景をぼかした、プロがとったような写真を撮影できるのが魅力です。レンズの交換が可能なので、様々な表現を一台ですることができます。自撮りもしたいけど風景も撮りたいなんて方におすすめです。

デメリットとしては、コンデジと比較してお値段が張ること。最低でも5万円程度と見繕って良いでしょう。また、本体自体は軽くてもレンズが重い場合があるので、重さの確認は慎重にしてくださいね。

コンデジ:安く・高機能なものが多いが、本格的な撮影には不向き

コンデジ:安く・高機能なものが多いが、本格的な撮影には不向き

出典:casio.jp

一眼レフと比較して画質・ボケには劣るもの、様々な機能や軽さ、コンパクトさでカバーできるのがコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジです。ミラーレス一眼と比較して軽く、小さいので、気軽に自撮りをするのであればこちらのタイプがおすすめです。

最近のコンパクトデジタルカメラはかなり進化しており、ある程度のボケた写真の撮影も可能ですし、画質もかなり良いんです。スマホ以上の写真を撮るのに十分なスペックがありますよ。

プロの愛用する自撮りにおすすめなデジカメ

まずはランキングの前に、プロの愛用する自撮りにおすすめなデジカメをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、使いたい機能がそろっているかをしっかりチェックして選んでくださいね。
専門家の
マイベスト
カシオ  デジタルカメラ EXILIM ZR4100 1枚目
出典:amazon.co.jp

カシオ デジタルカメラ EXILIM ZR4100

40,880円 (税込)

自撮りにおすすめなデジカメの人気ランキング10選

ここからはランキング形式で自撮りにおすすめのデジカメをご紹介していきます。
10位
自撮りデジカメ パナソニック ルミックス LX9
出典:amazon.co.jp

パナソニックルミックス LX9

DMC-LX9

70,430円 (税込)

重さ280g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶/タッチパネル
手振れ補正
Wi-fi
タイプコンデジ
画素数2010万画素
9位
重さ231g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶・タッチパネル
手振れ補正
Wi-fi
タイプミラーレス
画素数2081万画素
8位
重さ285g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶
手振れ補正×
Wifi/Bluetooth
タイプミラーレス
画素数2470万画素
7位
重さ266g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶/タッチパネル
手振れ補正×
Wifi/Bluetooth
タイプミラーレス
画素数2580万画素
6位
重さ209g
自撮りシャッター
液晶チルト液晶
Wifi/Bluetooth
手振れ補正
タイプコンデジ
画素数1276万画素
5位
重さ380g
自撮りシャッター
液晶チルト液晶/タッチパネル
手振れ補正
Wifi/Bluetooth
タイプミラーレス
画素数1605万画素
4位
重さ299g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶
手振れ補正
Wifi/Bluetooth
タイプコンデジ
画素数2029万画素
3位
重さ242g
自撮りシャッター
液晶チルト液晶
手振れ補正
Wifi/Bluetooth
タイプコンデジ
画素数1679万画素
2位
自撮りデジカメ パナソニック ルミックス GF90
出典:amazon.co.jp

パナソニックルミックス GF90

DC-GF90W

85,617円 (税込)

重さ270 g
自撮りシャッター
液晶チルト液晶/タッチパネル
手振れ補正×
Wi-fi/Bluetooth
タイプミラーレス
画素数1600万画素
1位
重さ約294g
自撮りシャッター×
液晶チルト液晶
手振れ補正
Wi-fi
タイプコンデジ
画素数2010万画素

自撮りにおすすめの人気デジカメの比較一覧表

商品画像
1
自撮りデジカメ キヤノン PowerShot G7 X MarkII

キヤノン

2
自撮りデジカメ パナソニック ルミックス GF90

パナソニック

3
自撮りデジカメ CASIO EXILIM

CASIO

4
自撮りデジカメ ニコン COOLPIX A900

ニコン

5
自撮りデジカメ オリンパス PEN E-PL9 EZ

オリンパス

6
自撮りデジカメ CASIO EXILIM ZR4100

CASIO

7
自撮りデジカメ キヤノン EOS M100

キヤノン

8
自撮りデジカメ ソニー(SONY) α6000

ソニー(SONY)

9
自撮りデジカメ ニコン Nikon1 J5

ニコン

10
自撮りデジカメ パナソニック ルミックス LX9

パナソニック

商品名

PowerShot G7 X MarkII

ルミックス GF90

EXILIM

COOLPIX A900

PEN E-PL9 EZ

EXILIM ZR4100

EOS M100

α6000

Nikon1 J5

ルミックス LX9

特徴一眼レフに負けない高画質!便利機能が凝縮されたコンパク...超高速連射の4Kフォトを自撮り写真でも使える高性能カメラ専用アプリと連携可能で自撮りが快適自撮りにも普段使いにもおすすめ!光学35倍ズームがすごいセルフィーモードでキレイな自撮り写真を自撮りに必要な機能全部乗せ・超広角・便利な機能で自撮り...タッチパネル操作メインでスマホ感覚で使える小型の本格派...軽くてコンパクト。本格的な撮影から気軽な自撮りまでタッチパネルで操作簡単。ボケの利いた一味違った自撮りができるボケの利いた写真が撮れる"高級コンデジ"
価格56,698円(税込)85,617円(税込)21,362円25,700円(税込)62,335円(税込)31,795円(税込)56,860円(税込)51,415円(税込)31,770円(税込)70,430円(税込)
重さ約294g270 g242g299g380g209g266g285g231g280g
自撮りシャッター××××××
液晶チルト液晶チルト液晶/タッチパネルチルト液晶チルト液晶チルト液晶/タッチパネルチルト液晶チルト液晶/タッチパネルチルト液晶チルト液晶・タッチパネルチルト液晶/タッチパネル
手振れ補正×××
Wi-fi
タイプコンデジミラーレスコンデジコンデジミラーレスコンデジミラーレスミラーレスミラーレスコンデジ
画素数2010万画素1600万画素1679万画素2029万画素1605万画素1276万画素2580万画素2470万画素2081万画素2010万画素
商品リンク

一風変わった自撮りカメラもチェック

今回紹介したのはミラーレス一眼・コンパクトデジタルカメラの二種類でしたが、自撮りができるカメラは他にもあります。それぞれに独自の機能があり、それぞれのカメラにしか出せない魅力があるので要チェックです。

プールや海で使うなら防水デジカメが便利

プールや海で写真を撮りたいと思った時、カメラに防水機能があると嬉しいですよね。以下のリンクで水に強いだけでなく、水中での撮影が可能なデジカメ・いつものデジカメに付けるだけで防水カメラにしてくれるカバーを紹介しています。是非チェックしてみてください。

まとめ

おすすめの商品をご紹介しましたが、あなたにぴったりの自撮りデジカメは見つかりましたか?

ぜひスマホよりも機能や画質の優れたデジカメを使用して、綺麗でSNS映えする写真を撮影してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す