• 【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選

ごみやほこりが気になった時に気軽に取り出して掃除ができるスティッククリーナー。ダイソン、マキタ、日立、東芝、アイリスオーヤマなどから、サイクロン式、ハンディタイプ、充電式など様々な特徴を持ったスティッククリーナーが販売されています。

そこで今回は、スティッククリーナーの購入を検討されている方のために、選び方のポイントを解説していきます。さらに人気商品の価格や機能・口コミを比較して、おすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います!最強のスティッククリーナーは果たしてどれでしょうか!?

この記事に登場する専門家

たろっさ
長崎 昭人
yokoiyoko
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 355,896  views
目次

スティッククリーナーの選び方のポイント

すぐ取り出して使えるスティッククリーナーは、掃除嫌いな人を掃除好きに変えてしまうくらいに画期的な掃除機。超人気家電の1つなので、種類も豊富で迷ってしまいますよね。以下の6つのポイントをしっかりチェックすれば、自分にぴったりのスティッククリーナーを購入することができますよ!

メインで使う?サブで使う?

メインで使う?サブで使う?
収納場所をとらず、ハンディークリーナーとしても使えるようなスティッククリーナーは、2台目の掃除機として検討される方も多いと思います。でも、最近のスティッククリーナーは、従来の商品の、「吸引力が弱い」「連続稼働時間が短い」というイメージを払拭し、メインの掃除機としても十分な働きをしてくれる商品が多数あります。

スティッククリーナーには幅広い価格帯の商品があり、こだわるとやはりお値段もそれなりになります。メイン用かサブ用か、まずはどの程度の機能が必要かを考えて選びましょう。

「紙パック式」か「サイクロン式」か

掃除機には大きく分けて「紙パック式」と「サイクロン式」のものがあります。近年はサイクロン式の商品が主流ですが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、詳しくみてみましょう。

メンテナンス不要の「紙パック式」

メンテナンス不要の「紙パック式」
「紙パック式」は皆さんご存知のように、吸い込んだゴミを紙パック内に集めます。それと同時に、吸い込んだ空気も紙パックを通して排出されるため、排気のにおいが気になる…というのはよく聞く話ですよね。また、定期的に交換する紙パック代がかかります。

ただし、面倒なフィルターのお手入れや、毎回の掃除後にダストカップのゴミを捨てるという手間はかかりませんし、実はサイクロン式よりも吸引力が強いというのはあまり知られていないかもしれません。

近年のサイクロン式ブームで、高価なものほど紙パックを採用している商品は少ないようですが、あえて新商品に紙パックを採用している商品も出てきています。

排気が気になるならサイクロン式

排気が気になるならサイクロン式
サイクロン式は、吸い込んだゴミをダストカップに集めます。紙パックとの最大の違いは、遠心分離によりゴミと空気を分けるところです。分離された空気はフィルターを通り排出されるので、紙パック式よりも排気がきれいという仕組みです。

使用後にダストカップのゴミを毎回捨てる、定期的にフィルターを清掃するなどのメンテナンスが必要です。ダストカップのゴミを放置しておくと、ごみのにおいが本体に移ってしまい、結局排気がにおう…という原因になりますし、フィルター清掃を怠ると、吸い込みが悪くなったり、最悪故障の原因にもなりますので注意が必要です。

吸引だけでは選ばない

掃除機の性能の良し悪しの表現として、よく「吸引力」という言葉が使われます。吸引力が強いほどよくゴミを取ってくれる…というのは、間違いでもありませんが正解というわけでもありません。

ゴミを取る能力は、単にパワーが強ければ良いというだけではなく、ヘッドやブラシの性能でも大きく変わってきます。また、説明書などで見かける「吸込仕事率」も同様で、「吸込仕事率が高い」=「良い掃除機」というわけではありません。

とは言え、やはりパワーや吸込仕事率は低いよりも高い方が優秀ですので、あくまでも目安の一つとしてとらえておきましょう。

コードレスがいいとは限らない!

スティッククリーナーはコードレスじゃなきゃ!と思いきや、一概にそうとは言えません。それぞれの特徴をみてみましょう。

パワフルが続くコード式

パワフルが続くコード式
コード式は、同等クラスの充電式のものと比べ、パワーが強いのが特徴です。また「充電が少なくなってパワーが落ちる」という心配もなく、稼働時間を気にせずに使用できます。

安価な商品が多くあり、バッテリー交換などのコストもかかりません。逆に高価なスティッククリーナーは、充電の性能が良くコードに頼る必要がないため、コード式という選択肢自体なくなります。

手軽さMAXの充電式(コードレス)

手軽さMAXの充電式(コードレス)
スティッククリーナーの中でもお手頃価格の充電式の商品は、例えば充電までに10時間かかったとしても、使用できるのは10~20分という商品もあり、胸を貼って便利とは言えないのが現状です。

とは言え、せっかく手軽さが魅力のスティッククリーナーを選ぶのであればコードレスにしたいところですよね。ここ数年で、充電の性能は劇的に良くなり、フル充電後の稼働時間も伸びてきています。ただし価格も高くなりますので、充電式を検討するならば予算設定を少し高めにしたおいた方が良いでしょう。また、バッテリー交換の費用も予め念頭に置いておきましょう。

使いやすさも細かくチェック!

機能ばかりでなく、使い心地も大切です!見逃しがちなポイントもしっかりチェックしておきましょう

軽い・持ちやすいが操作のカギ

軽い・持ちやすいが操作のカギ

出典:sharp.co.jp

掃除のやる気を妨げる要因の一つに、掃除機が重たいという理由があると思います。特に家の中を掃除する機会の多い女性にとって、重たいというのはかなりネックになるのではないでしょうか。スティッククリーナはキャ二スタータイプと違い、本体ごと前後に動かして掃除をするので、軽さは大切なポイントです。ハンディクリーナーで高い位置のほこりを取りたい時にも、軽いに越したことはありませんよね。

また、ハンドル(持ち手)も注目すべきポイントです。ハンドル部分が持ちやすく軽いと、操作がしやすく疲れにくいですよ。中には重たいモーターがハンドル部分についているスティッククリーナーもありますが、操作性は実際に試してみないと分かりづらい部分です。口コミなどを参考にすると良いでしょう。

すき間のそうじはヘッドの可動域が重要

すき間のそうじはヘッドの可動域が重要

出典:amazon.co.jp

ヘッドがどのくらい可動するかも大切なポイントです。ヘッドの可動域が広いと方向転換などもスムーズにでき、ストレスなく掃除したい場所へと進んでいくことができます。

ソファー・ベッドのすき間や、壁際などを掃除する場合は特に、このヘッドの動きが重要です。ヘッドを寝かせても動かしやすいか、壁際のゴミまでスムーズに掃除できるかどうか、口コミなども参考にチェックしておきましょう。

メンテナンスのしやすさも大切

メンテナンスのしやすさも大切

出典:twinbird.jp

紙パック式のメンテナンスは、数カ月に1回ほどの紙パックの交換のみですが、サイクロン式の場合は、ダストカップのゴミ捨てやフィルター清掃が必要になってきます。フィルター清掃する際の分解・組立のしやすさはチェックしておいた方が良いでしょう。きちんとメンテナンスしないと故障の原因にもなりますので、スムーズにメンテナンスできるもののほうが良いですね!

また、ダストカップを取り出す際やゴミを捨てる際に、粉塵が手についたり空中に舞う可能性もあるので、アレルギーの方などは注意してくださいね。

なるべく静かなほうがいい!

なるべく静かなほうがいい!
夜にしか掃除ができない方や、家に赤ちゃんがいるという方は静音性の高いタイプが良いですよね。そうでなくとも、掃除機の音は静かに越したことはありません。

一概には言えませんが、居住環境の違いから、欧米のメーカーよりも日本製の方が静音に配慮した商品が多くありますよ。また、強弱や節電モードなど、モードの切り替えをすると音も静かになります。音が気になる方は、強弱などの切り替えがついているかどうかもチェックしておきましょう。

リビング置きが当たり前!デザイン性も大事なポイント

必要な時にサッと使えるのが魅力の一つであるスティッククリーナー。リビングに置いてもインテリアに馴染むような、おしゃれなものがベストです。各メーカーとも、デザインにもこだわった商品が多数ありますよ!目につくところにお気に入りのデザインのものがあると、ついお掃除したくなってしまうかもしれませんね!

充電スタンドがついているものや、自立式のタイプがおすすめですが、充電スタンドもなく、自立式でもない場合は、収納場所を考えておく必要があります。中には壁にかけれるフック式のものもあります。

プロの愛用するおすすめのスティッククリーナー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのスティッククリーナーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、ライフスタイルに合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト
ダイソン V8 フラフィ コードレスクリーナー  1枚目
出典:amazon.co.jp

ダイソンV8 フラフィ コードレスクリーナー

SV10 FF

78,500円

軽くてもパワフル!DIY用の集塵機としての利用も

専門家の
マイベスト

プラマイゼロコードレスクリーナー

17,300円 (税込)

【~10,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、以上の選び方のポイントを踏まえて、「~10,000円」「10,000~30,000円」「30,000~50,000円」「50,000円~」と価格帯別におすすめのスティッククリーナーをランキング形式でご紹介していきます!まずは10,000円以下の商品を見ていきましょう。
5位
スティッククリーナー ツインバード ジェットサイクロン
出典:amazon.jp

ツインバードジェットサイクロン

TC-E105

12,381円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:10時間/稼働時間:最大20分)
重量2.1㎏
ハンディ×
モード切替〇(強・弱)
自立
4位
集塵タイプサイクロン
電源コード式
重量1.2㎏
ハンディ
モード切替×
自立×
3位
スティッククリーナー アイリスオーヤマ 2WAYスティッククリーナー
出典:amazon.co.jp

アイリスオーヤマ2WAYスティッククリーナー

IC-S50-S

3,444円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源コード式
重量1.7㎏
ハンディ
モード切替-
自立
2位
スティッククリーナー ANABAS 2WAYサイクロンクリーナー
出典:amazon.jp

ANABAS2WAYサイクロンクリーナー

SSC-100

3,262円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源コード式
重量1.5㎏
ハンディ
モード切替-
自立
1位
スティッククリーナー ツインバード サイクロンスティック型クリーナー
出典:amazon.co.jp

ツインバードサイクロンスティック型クリーナー

TC-E123

3,258円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源コード式
重量1.7㎏
ハンディ
モード切替-
自立

おすすめ人気【~10,000円】スティッククリーナーの比較一覧表

商品画像
1
スティッククリーナー ツインバード サイクロンスティック型クリーナー

ツインバード

2
スティッククリーナー ANABAS 2WAYサイクロンクリーナー

ANABAS

3
スティッククリーナー アイリスオーヤマ 2WAYスティッククリーナー

アイリスオーヤマ

4
スティッククリーナー ソウイ サイクロン掃除機

ソウイ

5
スティッククリーナー ツインバード ジェットサイクロン

ツインバード

商品名

サイクロンスティック型クリーナー

2WAYサイクロンクリーナー

2WAYスティッククリーナー

サイクロン掃除機

ジェットサイクロン

特徴驚きの低価格ながらトータルで使いやすいパワフルさとおしゃれなデザインが人気!ハンドル操作のしやすさが人気ワンプッシュゴミ捨てでストレスフリーさっと使えるほうき感覚の掃除機
価格3,258円(税込)3,262円(税込)3,444円(税込)5,980円(税込)12,381円(税込)
集塵タイプサイクロンサイクロンサイクロンサイクロンサイクロン
電源コード式コード式コード式コード式充電式(充電時間:10時間/稼働時間:最大20分)
重量1.7㎏1.5㎏1.7㎏1.2㎏2.1㎏
ハンディ×
モード切替---×〇(強・弱)
自立×
商品リンク

【10,000~30,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

次に10,000~30,000円のおすすめ人気の商品をみていきましょう。10,000円以下の商品に比べると、充電式の商品の選択肢が一気に増えますよ。フル充電後の稼働時間の長さにも注目です。
5位
スティッククリーナー アイリスオーヤマ スティッククリーナー
出典:amazon.jp

アイリスオーヤマスティッククリーナー

IC-SLDC1

11,800円 (税込)

集塵タイプ紙パック
電源充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
重量1.3㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・ターボ・自動)
自立×(壁固定パーツ付)
4位
スティッククリーナー 日立 パワーブーストサイクロン
出典:amazon.co.jp

日立パワーブーストサイクロン

PV-BD700 N

24,800円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:30分)
重量2.3㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立
3位
スティッククリーナー マキタ 充電式ハンディクリーナー
出典:amazon.jp

マキタ充電式ハンディクリーナー

CL182FDRFW

26,111円 (税込)

集塵タイプ紙パック
電源充電式(充電時間:22分/稼働時間:最大40分)
重量1.5㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×
2位
スティッククリーナー エレクトロラックス 【オンライン限定モデル】 エルゴラピード
出典:amazon.co.jp

エレクトロラックス【オンライン限定モデル】 エルゴラピード

ZB3113AKB

19,800円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大45分)
重量3.3㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立
1位
スティッククリーナー Proscenic コードレス掃除機 スティック型&ハンド型
出典:amazon.co.jp

Proscenicコードレス掃除機 スティック型&ハンド型

17,900円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大35分)
重量2㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×

おすすめ人気【10,000~30,000円】スティッククリーナーの比較一覧表

商品画像
1
スティッククリーナー Proscenic コードレス掃除機 スティック型&ハンド型

Proscenic

2
スティッククリーナー エレクトロラックス 【オンライン限定モデル】 エルゴラピード

エレクトロラックス

3
スティッククリーナー マキタ 充電式ハンディクリーナー

マキタ

4
スティッククリーナー 日立 パワーブーストサイクロン

日立

5
スティッククリーナー アイリスオーヤマ スティッククリーナー

アイリスオーヤマ

商品名

コードレス掃除機 スティック型&ハンド型

【オンライン限定モデル】 エルゴラピード

充電式ハンディクリーナー

パワーブーストサイクロン

スティッククリーナー

特徴お掃除をする瞬間が待ち遠しい!つい握りたくなるクリーナーパワフルな吸引力に満足の声が多数清掃業の方も愛用のハイパワー自走タイプで操作がらくらくコスパ良し!使いやすいとの声が多数
価格17,900円(税込)19,800円(税込)26,111円(税込)24,800円(税込)11,800円(税込)
集塵タイプサイクロンサイクロン紙パックサイクロン紙パック
電源充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大35分)充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大45分)充電式(充電時間:22分/稼働時間:最大40分)充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:30分)充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
重量2㎏3.3㎏1.5㎏2.3㎏1.3㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・ターボ・自動)
自立×××(壁固定パーツ付)
商品リンク

【30,000~50,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

さて次は、30,000~50,000円の中級クラス以上のおすすめ人気の商品をみていきましょう。機能やデザインも良く、眺めているだけでも楽しいですよ!
5位
スティッククリーナー 東芝 トルネオVコードレス
出典:amazon.co.jp
集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大50分)
重量1.4㎏
ハンディ
モード切替〇(自動・セーブ)
自立×(壁掛けホルダー付)
4位
集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)
重量2.4㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・自動・強)
自立
3位
集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大30分)
重量1.5㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×
2位
スティッククリーナー エレクトロラックス エルゴラピード
出典:amazon.co.jp

エレクトロラックスエルゴラピード

ZB3233BA

29,800円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:-/稼働時間:最大45分)
重量1.5㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立
1位
スティッククリーナー ダイソン コードレス スティッククリーナー V6
出典:amazon.co.jp

ダイソンコードレス スティッククリーナー V6

SV07MHCOM

49,989円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:最大20分)
重量2.1㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×(収納用ブラケット付)

おすすめ人気【30,000~50,000円】スティッククリーナーの比較一覧表

商品画像
1
スティッククリーナー ダイソン コードレス スティッククリーナー V6

ダイソン

2
スティッククリーナー エレクトロラックス エルゴラピード

エレクトロラックス

3
スティッククリーナー シャープ RACTIVE Air

シャープ

4
スティッククリーナー シャープ FREED

シャープ

5
スティッククリーナー 東芝 トルネオVコードレス

東芝

商品名

コードレス スティッククリーナー V6

エルゴラピード

RACTIVE Air

FREED

トルネオVコードレス

特徴アレルギーの方や赤ちゃんのいるご家庭におすすめ不満の声が見当たらない!?ストレスフリーなクリーナー「Air」の名に恥じない軽さと使い心地充電時間わずか80分!充電式の不満が解決吸い込むだけじゃなく吹き飛ばす?エアブローノズル付き
価格49,989円(税込)29,800円(税込)29,800円(税込)35,980円(税込)45,800円(税込)
集塵タイプサイクロンサイクロンサイクロンサイクロンサイクロン
電源充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:最大20分)充電式(充電時間:-/稼働時間:最大45分)充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大30分)充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大50分)
重量2.1㎏1.5㎏1.5㎏2.4㎏1.4㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・自動・強)〇(自動・セーブ)
自立×(収納用ブラケット付)××(壁掛けホルダー付)
商品リンク

【50,000円~】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

最後は50,000円以上の高級スティッククリーナーのおすすめ人気ランキングです。魅力的な商品ばかりで、欲しい!と思う商品が1つはあるのではないでしょうか。それではさっそくみていきましょう。
5位
スティッククリーナー 三菱 空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー
出典:amazon.co.jp

三菱空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー

HC-VXE20P-N

62,000円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:2時間/稼働時間:最大20分)
重量2.1㎏(クリーナーのみ)
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×(クリーナーのみ)
4位
集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)
重量1.58㎏(クリーナーのみ)
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×(収納ブラケット付き)
3位
スティッククリーナー ダイソン V8 アブソリュート
出典:amazon.co.jp

ダイソンV8 アブソリュート

SV10 ABL

57,000円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)
重量1.58㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×(収納用ブラケット付)
2位
スティッククリーナー パナソニック イット 紙パック式
出典:amazon.co.jp

パナソニックイット 紙パック式

MC-PBU510J-T

48,123円 (税込)

集塵タイプ紙パック式
電源充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
重量2.3㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×
1位
スティッククリーナー シャープ RACTIVE Air プレミアムパッケージ
出典:amazon.co.jp

シャープRACTIVE Air プレミアムパッケージ

EC-A1RX-N

45,980円 (税込)

集塵タイプサイクロン
電源充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)
重量1.5㎏
ハンディ
モード切替〇(標準・強)
自立×

おすすめ人気【50,000円~】スティッククリーナーの比較一覧表

商品画像
1
スティッククリーナー シャープ RACTIVE Air プレミアムパッケージ

シャープ

2
スティッククリーナー パナソニック イット 紙パック式

パナソニック

3
スティッククリーナー ダイソン V8 アブソリュート

ダイソン

4
スティッククリーナー ダイソン V8 フラフィ

ダイソン

5
スティッククリーナー 三菱 空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー

三菱

商品名

RACTIVE Air プレミアムパッケージ

イット 紙パック式

V8 アブソリュート

V8 フラフィ

空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー

特徴高速振動のパワーヘッドもついてお得なプレミアムパッケージ!原点に帰る!敢えての紙パック式が新発売1本であらゆる場所の掃除ができる!パワフルな吸引力で愛用者の多いダイソン空気清浄機能もついて家中ピカピカ!
価格45,980円(税込)48,123円(税込)57,000円(税込)48,800円(税込)62,000円(税込)
集塵タイプサイクロン紙パック式サイクロンサイクロンサイクロン
電源充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)充電式(充電時間:2時間/稼働時間:最大20分)
重量1.5㎏2.3㎏1.58㎏1.58㎏(クリーナーのみ)2.1㎏(クリーナーのみ)
ハンディ
モード切替〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)〇(標準・強)
自立×××(収納用ブラケット付)×(収納ブラケット付き)×(クリーナーのみ)
商品リンク

もう一台!サブ掃除機もあれば便利

メインの掃除機は持っているけど、階段や布団用にもう一台と考えている場合には、こちらの記事も参考にしてみて下さいね!

スティッククリーナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スティッククリーナーのAmazon、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのスティッククリーナーランキング、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのは、吸引力、デザインともに優れた商品ばかりです。気になるときにすぐに手に取って掃除できるのがうれしいですよね。ぜひお気に入りのスティッククリーナーを手に入れて、クリーンで快適な生活をお過ごしください♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す