• 7a30e601dc619251e4d122ec27c12bc348cba08c
  • F2863d0d936fae9ced64f7dd4214539be5c68f55
  • 632e8cbf83bf7c6beeb375541b214f0030c173bb
  • 82e30254a81e5e8ece8e1bad49ff30af9f79ea96
  • Be253452335e22d3b4c3daf90c5722611aadeea9

【徹底比較!】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング20選

ごみやほこりが気になった時に気軽に取り出して掃除ができるスティッククリーナー。ダイソン、マキタ、日立、東芝、アイリスオーヤマなどから、サイクロン式、ハンディタイプ、充電式など様々な特徴を持ったスティッククリーナーが販売されています。

そこで今回は、スティッククリーナーの購入を検討されている方のために、選び方のポイントを解説していきます。さらに人気商品の価格や機能・口コミを比較して、おすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います!最強のスティッククリーナーは果たしてどれでしょうか!?

最終更新日:2017年08月13日 | 80,267views

スティッククリーナーの選び方のポイント

すぐ取り出して使えるスティッククリーナーは、掃除嫌いな人を掃除好きに変えてしまうくらいに画期的な掃除機。超人気家電の1つなので、種類も豊富で迷ってしまいますよね。以下の6つのポイントをしっかりチェックすれば、自分にぴったりのスティッククリーナーを購入することができますよ!

メインで使う?サブで使う?

収納場所をとらず、ハンディークリーナーとしても使えるようなスティッククリーナーは、2台目の掃除機として検討される方も多いと思います。でも、最近のスティッククリーナーは、従来の商品の、「吸引力が弱い」「連続稼働時間が短い」というイメージを払拭し、メインの掃除機としても十分な働きをしてくれる商品が多数あります。

スティッククリーナーには幅広い価格帯の商品があり、こだわるとやはりお値段もそれなりになります。メイン用かサブ用か、まずはどの程度の機能が必要かを考えて選びましょう。

「紙パック式」か「サイクロン式」か

掃除機には大きく分けて「紙パック式」と「サイクロン式」のものがあります。近年はサイクロン式の商品が主流ですが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、詳しくみてみましょう。

メンテナンス不要の「紙パック式」

「紙パック式」は皆さんご存知のように、吸い込んだゴミを紙パック内に集めます。それと同時に、吸い込んだ空気も紙パックを通して排出されるため、排気のにおいが気になる…というのはよく聞く話ですよね。また、定期的に交換する紙パック代がかかります。

ただし、面倒なフィルターのお手入れや、毎回の掃除後にダストカップのゴミを捨てるという手間はかかりませんし、実はサイクロン式よりも吸引力が強いというのはあまり知られていないかもしれません。

近年のサイクロン式ブームで、高価なものほど紙パックを採用している商品は少ないようですが、あえて新商品に紙パックを採用している商品も出てきています。

排気が気になるならサイクロン式

サイクロン式は、吸い込んだゴミをダストカップに集めます。紙パックとの最大の違いは、遠心分離によりゴミと空気を分けるところです。分離された空気はフィルターを通り排出されるので、紙パック式よりも排気がきれいという仕組みです。

使用後にダストカップのゴミを毎回捨てる、定期的にフィルターを清掃するなどのメンテナンスが必要です。ダストカップのゴミを放置しておくと、ごみのにおいが本体に移ってしまい、結局排気がにおう…という原因になりますし、フィルター清掃を怠ると、吸い込みが悪くなったり、最悪故障の原因にもなりますので注意が必要です。

吸引だけでは選ばない

掃除機の性能の良し悪しの表現として、よく「吸引力」という言葉が使われます。吸引力が強いほどよくゴミを取ってくれる…というのは、間違いでもありませんが正解というわけでもありません。

ゴミを取る能力は、単にパワーが強ければ良いというだけではなく、ヘッドやブラシの性能でも大きく変わってきます。また、説明書などで見かける「吸込仕事率」も同様で、「吸込仕事率が高い」=「良い掃除機」というわけではありません。

とは言え、やはりパワーや吸込仕事率は低いよりも高い方が優秀ですので、あくまでも目安の一つとしてとらえておきましょう。

コードレスがいいとは限らない!

スティッククリーナーはコードレスじゃなきゃ!と思いきや、一概にそうとは言えません。それぞれの特徴をみてみましょう。

パワフルが続くコード式

コード式は、同等クラスの充電式のものと比べ、パワーが強いのが特徴です。また「充電が少なくなってパワーが落ちる」という心配もなく、稼働時間を気にせずに使用できます。

安価な商品が多くあり、バッテリー交換などのコストもかかりません。逆に高価なスティッククリーナーは、充電の性能が良くコードに頼る必要がないため、コード式という選択肢自体なくなります。

手軽さMAXの充電式(コードレス)

スティッククリーナーの中でもお手頃価格の充電式の商品は、例えば充電までに10時間かかったとしても、使用できるのは10~20分という商品もあり、胸を貼って便利とは言えないのが現状です。

とは言え、せっかく手軽さが魅力のスティッククリーナーを選ぶのであればコードレスにしたいところですよね。ここ数年で、充電の性能は劇的に良くなり、フル充電後の稼働時間も伸びてきています。ただし価格も高くなりますので、充電式を検討するならば予算設定を少し高めにしたおいた方が良いでしょう。また、バッテリー交換の費用も予め念頭に置いておきましょう。

使いやすさも細かくチェック!

機能ばかりでなく、使い心地も大切です!見逃しがちなポイントもしっかりチェックしておきましょう

軽い・持ちやすいが操作のカギ

掃除のやる気を妨げる要因の一つに、掃除機が重たいという理由があると思います。特に家の中を掃除する機会の多い女性にとって、重たいというのはかなりネックになるのではないでしょうか。スティッククリーナはキャ二スタータイプと違い、本体ごと前後に動かして掃除をするので、軽さは大切なポイントです。ハンディクリーナーで高い位置のほこりを取りたい時にも、軽いに越したことはありませんよね。

また、ハンドル(持ち手)も注目すべきポイントです。ハンドル部分が持ちやすく軽いと、操作がしやすく疲れにくいですよ。中には重たいモーターがハンドル部分についているスティッククリーナーもありますが、操作性は実際に試してみないと分かりづらい部分です。口コミなどを参考にすると良いでしょう。

すき間のそうじはヘッドの可動域が重要

ヘッドがどのくらい可動するかも大切なポイントです。ヘッドの可動域が広いと方向転換などもスムーズにでき、ストレスなく掃除したい場所へと進んでいくことができます。

ソファー・ベッドのすき間や、壁際などを掃除する場合は特に、このヘッドの動きが重要です。ヘッドを寝かせても動かしやすいか、壁際のゴミまでスムーズに掃除できるかどうか、口コミなども参考にチェックしておきましょう。

メンテナンスのしやすさも大切

紙パック式のメンテナンスは、数カ月に1回ほどの紙パックの交換のみですが、サイクロン式の場合は、ダストカップのゴミ捨てやフィルター清掃が必要になってきます。フィルター清掃する際の分解・組立のしやすさはチェックしておいた方が良いでしょう。きちんとメンテナンスしないと故障の原因にもなりますので、スムーズにメンテナンスできるもののほうが良いですね!

また、ダストカップを取り出す際やゴミを捨てる際に、粉塵が手についたり空中に舞う可能性もあるので、アレルギーの方などは注意してくださいね。

なるべく静かなほうがいい!

夜にしか掃除ができない方や、家に赤ちゃんがいるという方は静音性の高いタイプが良いですよね。そうでなくとも、掃除機の音は静かに越したことはありません。

一概には言えませんが、居住環境の違いから、欧米のメーカーよりも日本製の方が静音に配慮した商品が多くありますよ。また、強弱や節電モードなど、モードの切り替えをすると音も静かになります。音が気になる方は、強弱などの切り替えがついているかどうかもチェックしておきましょう。

リビング置きが当たり前!デザイン性も大事なポイント

必要な時にサッと使えるのが魅力の一つであるスティッククリーナー。リビングに置いてもインテリアに馴染むような、おしゃれなものがベストです。各メーカーとも、デザインにもこだわった商品が多数ありますよ!目につくところにお気に入りのデザインのものがあると、ついお掃除したくなってしまうかもしれませんね!

充電スタンドがついているものや、自立式のタイプがおすすめですが、充電スタンドもなく、自立式でもない場合は、収納場所を考えておく必要があります。中には壁にかけれるフック式のものもあります。

【~10,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

それでは、以上の選び方のポイントを踏まえて、「~10,000円」「10,000~30,000円」「30,000~50,000円」「50,000円~」と価格帯別におすすめのスティッククリーナーをランキング形式でご紹介していきます!まずは10,000円以下の商品を見ていきましょう。

5位:ツインバード ジェットサイクロン

TWINBIRD ジェットサイクロン TC-E105
8,600円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:10時間/稼働時間:最大20分)
・重量:2.1㎏
・ハンディ:×
・モード切替:〇(強・弱)
・自立:〇

さっと使えるほうき感覚の掃除機

軽くてコンパクトに折りたためるツインバードのコードレススティッククリーナー。使った分だけ充電してくれて、ワンタッチで手を汚さずにゴミが捨てられます。気になる排気も前方排気型なので、掃除中に自分に当たりません。強弱のモード切替つきも嬉しいですね。

ダストカップのごみを捨てた後の、取り付けが難しいとの声が多くありました。分解・取付が苦手な方は注意してくださいね!

4位:ソウイ サイクロン掃除機

ソウイ(SOUYI) サイクロン掃除機 軽量 ハンディ スティック タイプ 掃除機 SY-054
5,980円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:コード式
・重量:1.2㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:×
・自立:×

ワンプッシュゴミ捨てでストレスフリー

4位はソウイのスティッククリーナです。欧米の商品かと思うようなデザインのかっこよさに、思わずクリックしてしまう人も多いのではないでしょうか。価格の割に吸引力も良く、また毎回のゴミ捨てもワンプッシュで手を汚さずに捨てられます。

音が大きい・排気が顔に当たるという意見も見られましたが、トータル的に満足している方が多い商品です。

3位:アイリスオーヤマ 2WAYスティッククリーナー

アイリスオーヤマ 2WAYスティッククリーナー IC-S50-S
2,587円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:コード式
・重量:1.7㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:-
・自立:〇

ハンドル操作のしやすさが人気

重心が低く、軽い力でハンドル操作ができると人気の商品です。可動域の広いヘッドで自由自在に小回りがきき、すき間のほこりもしっかりキャッチしてくれます。

スイッチが、本体ではなくハンディ部分についているため、少々扱いづらいようです。また、吸い込み口が小さいため、メインの掃除機には不向きかもしれません。お値段もお手頃なので、サブの掃除機としていかがでしょうか。

2位:ANABAS 2WAYサイクロンクリーナー

ANABAS 2WAYサイクロンクリーナー SSC-100
2,918円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:コード式
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:-
・自立:〇

パワフルさとおしゃれなデザインが人気!

嬉しいプチプラのスティッククリーナーですが、その価格以上の吸引力に驚く方も多いようです。おしゃれなデザインとともに、買って良かったと喜びの声が多数ありましたよ。

自立式で重量も1.5㎏と軽量なので、女性やご高齢の方でも楽々持ち運びできます。畳の部屋でもぐんぐんホコリを吸い取るのでフローリング以外でも実力を発揮。ただし吸い付きが強いため、カーペットの上の掃除は苦戦する方が多いようですので、注意してくださいね!

1位:ツインバード サイクロンスティック型クリーナー

ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK
1,879円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:コード式
・重量:1.7㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:-
・自立:〇

驚きの低価格ながらトータルで使いやすい

1位のツインバードはお手頃価格の家電を多数販売しているメーカーです。こちらのスティッククリーナーも驚きの低価格ですよね!低価格ながらも、コード式のおかげで吸引力は十分。良い仕事をしてくれると満足の声が多数です。

本体にもハンディにもスイッチがついているので、スイッチ操作のストレスもなく自立するので収納場所も選びません。必要最低限の使いやすさがそろった、アマゾンでベストセラーの商品です。

【10,000~30,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

次に10,000~30,000円のおすすめ人気の商品をみていきましょう。10,000円以下の商品に比べると、充電式の商品の選択肢が一気に増えますよ。フル充電後の稼働時間の長さにも注目です。

5位:アイリスオーヤマ スティッククリーナー

アイリスオーヤマ スティッククリーナー IC-SLDC1
14,327円(税込)

・集塵タイプ:紙パック
・電源:充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
・重量:1.3㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・ターボ・自動)
・自立:×(壁固定パーツ付)

コスパ良し!使いやすいとの声が多数

紙パック式のこちらのスティッククリーナーは、優れたヘッド性能によるダストピック力で壁際のゴミまで見逃しません。また低価格ながらも、3時間という急速充電や30分という長い稼働時間で、満足しているという声が多数ありましたよ。

ホコリに合わせて消費電力をセーブしてくれるほこり感知センサーが付いているので電池も長持ち。サブのつもりで購入したけど、使い勝手の良さに、いつの間にかメインとして使っているという声もあるほどで、アマゾン・楽天ともに評価の良い商品です。

4位:日立 コードレス スティッククリーナー パワーブーストサイクロン

日立 掃除機 コードレス スティッククリーナー パワーブーストサイクロン PV-BD700 N
27,391円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:30分)
・重量:2.3㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:〇

自走タイプで操作がらくらく

ヘッド部分の性能が良く、壁際のごみもしっかり吸引。さらにヘッドを引くときに後ろ側のごみも吸い取ってくれます。また、回転ブラシの駆動力で前に進む自走タイプなので、操作もらくらくですよ。ヘッド部分のLEDライトもすき間の掃除をする際に活躍してくれます。

落ち着いたデザインは好みの分かれやすいところですが、ナチュラル・シンプルなお部屋や和室にしっくりきそうですね!

3位:マキタ 充電式ハンディクリーナー

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW
26,400円(税込)

・集塵タイプ:紙パック
・電源:充電式(充電時間:22分/稼働時間:最大40分)
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

清掃業の方も愛用のハイパワー

プロ用充電工具のハイパワーモーターを使用しているためかなりパワフルな吸引力。その吸引力はダストケースがいっぱいになるまで変わりません!操作性の良いハンドルと分かりやすいボタンで使いやすく、誰でもプロのように掃除ができます。

充電の時はバッテリーを外して充電します。替えのバッテリーをもう1つ購入すれば付け替えてすぐ使えるので、広範囲や長時間のお掃除にもぴったりです。

2位:エレクトロラックス 【オンライン限定モデル】 サイクロン式スティックハンディクリーナー エルゴラピード

【オンライン限定モデル】 サイクロン式スティック&ハンディクリーナー エルゴラピード・リチウム タングステン ZB3113AKB
17,820円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大45分)
・重量:3.3㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:〇

パワフルな吸引力に満足の声が多数

従来品よりもパワーが30%向上し、充電式ながらもハイパワーが長持ちします。またヘッド部分のスイッチを押すと、ブラシにからまった髪の毛や糸くずなどのゴミをカットし、吸引してくれます。吸込み口にからまったゴミが原因で吸引力が落ちることもありますので、スイッチ一つでお手入れができるのは嬉しいですね!

パワフルという声が多くあり、吸引力に満足している方が多数です。重たい…との声もありましたが、それを含めても高評価の多い商品ですよ!

1位:Proscenic コードレス掃除機 スティック型&ハンド型

Proscenic P8 コードレス掃除機 スティック型&ハンド型の2-in-1/サイクロン式/最大35分間稼働/4種類ブラシ付属
17,900円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:4時間/稼働時間:最大35分)
・重量:2㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

お掃除をする瞬間が待ち遠しい!つい握りたくなるクリーナー

ヘッド部分は、スイッチをONにすると自動で回転するブラシ付きです。カーペットの奥のごみなどもしっかりかき込んでくれそうです。さらにヘッドの可動域も広く、すみずみまでしっかり届きますよ。

充電が減ってくると点滅するLEDがお知らせしてくれたり、つい握りたくなるような持ち手も◎ですね!お掃除をする時にワクワクさせてくれそうです。デザインの良さも吸引力も十分で、ト―テルで満足度の高い商品です。

【30,000~50,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

さて次は、30,000~50,000円の中級クラス以上のおすすめ人気の商品をみていきましょう。機能やデザインも良く、眺めているだけでも楽しいですよ!

5位:東芝 スティック&ハンディクリーナー トルネオVコードレス

東芝 スティック&ハンディクリーナー グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1300-R
41,067円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大50分)
・重量:1.4㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(自動・セーブ)
・自立:×(壁掛けホルダー付)

吸い込むだけじゃなく吹き飛ばす?エアブローノズル付き

手元にあるランプが、ゴミを吸っている時は点灯し、吸い込むゴミがなくなれば消えて教えてくれるという、便利なごみセンサーつきです。ランプが消えるまで…というお掃除の目標ができ、やる気につながりそうです。

また、風を送るエアブローノズルをつけると、サッシにたまったほこりなどもサッと吹き飛ばしてくれますよ。吹き飛ばす力もなかなかのようで、車のお掃除でも活躍してくれそうですね!

4位:シャープ コードレスサイクロン掃除機 FREED

シャープ コードレスサイクロン掃除機 POWER CYCLONE FREED イエロー EC-SX520-Y
38,098円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)
・重量:2.4㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・自動・強)
・自立:〇

充電時間わずか80分!充電式の不満が解決

吸込口の裏側に、専用モーターで駆動する走行車輪がついているので、ハンドルに手をそえるだけで掃除機がグングン前に進みます。軽い力でスイスイお掃除することができるので、ご年配の方やお子さんを抱っこしながら掃除をする…というママにも嬉しいですね!

さらに充電時間が80分というのは驚きです。掃除したい時に充電し忘れていても、何時間も待つ必要がありません。またバッテリーが2個附属しているので、いざ充電が切れた時にも安心です。この形状で自立するというのも、お見事です!

3位:シャープ コードレスサイクロン掃除機 RACTIVE Air

シャープ コードレスサイクロン掃除機 軽量 ドライカーボン採用 RACTIVE Air ピンク EC-A1R-P
37,774円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大30分)
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

「Air」の名に恥じない軽さと使い心地

こちらも4位と同じくシャープの商品ですが、「Air」という商品名の通り、軽くて手軽なところが特徴です。重量は1.5㎏でボディもコンパクト。しかも吸引性能もしっかり追求し、微細なハウスダストまで強力に吸い込んでくれます。

ヘッドはコンパクトで、90度ひねって回転できるので、細かいところもしっかりお掃除できますよ。自立はしませんが、上部にラバー製のフックがついていて、ちょっとした場所に掛けることができます。至れり尽くせりで使いやすいこと間違いなしですね。

2位:エレクトロラックス エルゴラピード

Electrolux(エレクトロラックス) エルゴラピード・リチウム ラグジュアリーローズ ZB3233BA
44,800円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:-/稼働時間:最大45分)
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:〇

不満の声が見当たらない!?ストレスフリーなクリーナー

本体のボタンを押すと、ワンタッチでハンディタイプになるので、床の掃除機かけをしながら、目についた棚の上のほこりをハンディで吸い取る…という作業も素早くできます。ブラシにからまった髪の毛や糸くずなどをカットし吸引してくれる機能つきで、ブラシのお手入れがボタン1つでできます。

吸引力・操作性など、ほとんど不満の声が見当たりません。エレクトロラックスは、スウェーデン発祥の老舗ブランドです。聞きなれないメーカ名と思う方もいるかもしれませんが、高評価の商品が多数あり、その信頼度がうかがえます。人と違うものを探している方にもおすすめです。

1位:ダイソン コードレス スティッククリーナー V6

【国内正規品】 ダイソン コードレス スティッククリーナー V6 motorhead+ SV07MHCOM
44,650円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:3.5時間/稼働時間:最大20分)
・重量:2.1㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×(収納用ブラケット付)

アレルギーの方や赤ちゃんのいるご家庭におすすめ

「吸引力の変わらない…」というフレーズでおなじみのダイソン。連続稼働時間は20分とやや短めですが、安定したパワー供給により、20分間変わらない吸引力が続きます。

また、新しいテクノロジーである「ポストモーターフィルター」が搭載されており、このフィルターは、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上も捕らえることができます。これは空気清浄機と同等の性能で、ダイソンのキャッチコピーである「部屋の空気よりもきれいな空気を排出」を実現しています。アレルギー持ちの方や赤ちゃんのいるご家庭におすすめですよ!

【30,000~50,000円】スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング5選

最後は50,000円以上の高級スティッククリーナーのおすすめ人気ランキングです。魅力的な商品ばかりで、欲しい!と思う商品が1つはあるのではないでしょうか。それではさっそくみていきましょう。

5位:三菱 空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー

三菱 空気清浄機能付き 充電式スティッククリーナー(パワーブラシ)シャンパンゴールド【掃除機】MITSUBISHI iNSTICK(インスティック) HC-VXE20P-N
59,800円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:2時間/稼働時間:最大20分)
・重量:2.1㎏(クリーナーのみ)
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×(クリーナーのみ)

空気清浄機能もついて家中ピカピカ!

5位のこちらの商品は、とてもスタイリッシュで来客時にも目を引く事まちがいなしのデザインです。掃除機と言うと驚かれるかもしれませんね。さらに充電時に空気をきれいにしてくれる、空気清浄機能までついてるんですよ!掃除機と空気清浄機で家の中がピカピカ清潔になりそうです。

気になるスティッククリーナーとしての性能は、同じ価格帯の商品と比べると期待外れな思いをしてしまうようですが、吸引力はまずまずで、何よりもデザイン性に惹かれる方が多いようです。玄関先に置いても違和感がなく、花粉が辛い季節に重宝しそうです。

4位:ダイソン V8 フラフィ

ダイソン dyson V8 フラフィ [ SV10 FF ] コードレスクリーナー 掃除機 サイクロン 日本正規品
79,129円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)
・重量:1.58㎏(クリーナーのみ)
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×(収納ブラケット付き)

パワフルな吸引力で愛用者の多いダイソン

特許技術であるサイクロン・テクノロジーとデジタルモーターV8を搭載したダイソンのV8シリーズ。V6シリーズが改良されたモデルです。4位のこちらの商品は、ダイソンV8の基本モデルで、布団ノズルや延長ホースなどの附属品が不要な方におすすめ。

パワフルな吸引力で、大小さまざまなごみを強力に吸い取ってくれます。最長40分稼働し続け、室内の空気よりも綺麗な空気を排出するなど充実の機能です!

3位:ダイソン V8 アブソリュート

ダイソン dyson V8 アブソリュート [ SV10 ABL ] コードレスクリーナー 掃除機 サイクロン 日本正規品
75,500円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:5時間/稼働時間:最大40分)
・重量:1.58㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×(収納用ブラケット付)

1本であらゆる場所の掃除ができる!

4位の「ダイソンV8フラフィ」に堅めのブラシや布団ノズルなどの付属品がセットになったタイプです。1台でさまざまな場所を掃除したい方におすすめです。

ちなみにV8シリーズは、バッテリーとモーターの性能を向上させたため、運転時間が従来のV6シリーズに比べ2倍になり、最長40分間も使えます。ダイソンは稼働時間の短さがネックという方も多かったと思いますが、40分という稼働時間の長さは嬉しい限りですね。ダイソンファンのみならず、以前からダイソンが気になっていたという方も手に取ってみたくなるのではないでしょうか。「凄い!」「おすすめ!」といった喜びの声も多数ありましたよ。

2位:パナソニック コードレススティッククリーナー イット 紙パック式

パナソニック コードレススティッククリーナー イット 紙パック式 ブロンズブラウン MC-PBU510J-T
56,700円(税込)

・集塵タイプ:紙パック式
・電源:充電式(充電時間:3時間/稼働時間:最大30分)
・重量:2.3㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

原点に返る!敢えての紙パック式が新発売

新発売のパナソニックのこちらの商品は、サイクロン式が主流の中敢えて紙パック式を採用しています。冒頭でも述べましたが、サイクロン式・紙パック式にそれぞれ良さがあります。サイクロン式の毎回のゴミ捨てや、フィルターのメンテナンスなどをわずらわしく感じる方は、紙パック式の方が向いているかもしれません。

I型に変形しすきまにしっかり入るヘッドや、壁に当たると前面のシャッターが開き、壁際のゴミを吸い込む「ガバとり」構造など、機能・性能面でも文句なしの商品です。サイクロン式が普及して、何となく紙パックは「古い」というイメージがありましたが、今後はまた変わっていくのかもしれませんね。

1位:シャープ コードレス サイクロン RACTIVE Air プレミアムパッケージ

シャープ 掃除機 コードレス サイクロン 軽量 ドライカーボン採用 RACTIVE Air(ラクティブ エア)プレミアムパッケージ EC-A1RX-N
56,301円(税込)

・集塵タイプ:サイクロン
・電源:充電式(充電時間:80分/稼働時間:最大60分)
・重量:1.5㎏
・ハンディ:〇
・モード切替:〇(標準・強)
・自立:×

高速振動のパワーヘッドもついてお得なプレミアムパッケージ!

いろんな場所で軽快に使える「RACTIVE Air」は、軽さとパワフルさを兼ね備えた商品です。1.5㎏の軽さと自走アシストつきでお掃除がらくらく。使い心地は文句なしで、お掃除が楽しくなりそうです。

こちらの商品は、「RACTIVE Air」EC-AIRシリーズのプレミアムバージョンです。プレミアムバージョンだけのシックな色合いと、ヘッドやノズルなどの附属品が多彩についていてお得です。1分間に最大10,000回もの高速振動でハウスダストをたたき出す、ふとん掃除パワーヘッドもついているので、ふとん用の掃除機をもう一台と考えている方にもおすすめですよ。

もう一台!サブ掃除機もあれば便利

メインの掃除機は持っているけど、階段や布団用にもう一台と考えている場合には、こちらの記事も参考にしてみて下さいね!

スティッククリーナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スティッククリーナーのAmazon、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのスティッククリーナーランキング、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのは、吸引力、デザインともに優れた商品ばかりです。気になるときにすぐに手に取って掃除できるのがうれしいですよね。ぜひお気に入りのスティッククリーナーを手に入れて、クリーンで快適な生活をお過ごしください♪

人気の記事

関連キーワード