• Bb35e38d900d2f964218e3cf43fe5d65eda5e3e5
  • 5c4f1e5dbd3450b398801cab6161e4d03c4eaeef
  • C3041dfb4e0b98498416b9bc9ab707f1c13d1e3f
  • Fc41f843f215b859dff112b49d3d13bed3232aa5
  • Cc91cf1c7d7439c354c2e44644e8316a22625ba8

【吸引力がすごい!】キャニスター掃除機の最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

スティック型やハンディ型、ロボット型、コードレスなどもいいけれど、やっぱり吸引力はキャニスター掃除機!という方も多いと思います。ダイソン、パナソニック、日立、東芝、三菱、シャープなどから人気のサイクロン式、紙パック式、小型タイプなど様々な種類が販売されていて、選び方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャニスター掃除機の選び方のポイントを解説した上で、本体、ヘッドの性能、価格などを比較しておすすめのキャニスター掃除機ランキングをご紹介します!ラクしてキレイにできる、最強のキャニスター掃除機を見つけてくださいね♪

最終更新日:2017年07月31日 | 29,280views

キャニスター掃除機の選び方のポイント

未だに根強い人気をほこるキャニスター掃除機。昔ながらの掃除機とはいえ日々進化しています。どういった点に注意して選べば良いか、さっそくポイントをみていきましょう!

集塵方式(紙パック方式かサイクロン方式か)

キャニスター掃除機は、掃除機が吸い込んだゴミの廃棄方法に2種類の方法があります。

ゴミ捨て回数が少ない紙パック方式

専用の集塵用紙パックをキャニスター掃除機にセットして使用し、ゴミが溜まったら紙パックごと廃棄する、昔からある定番スタイルです。ゴミ捨ての際に、直接ゴミに触れることがないため、ホコリが舞いにくい利点があります。

紙パックの捨て方、セットの仕方もわかりやすい掃除機が多く、ご年配の方にも使いやすいですね。ただし、掃除機で吸い込んだ空気はごみを通して排出されるため、においやハウスダストが気になるのは否めません。赤ちゃんやアレルギー体質の方は排気を直接吸い込まないよう気をつけた方がよさそうです。

クリーンな排気で人気のサイクロン方式

掃除機が吸い込んだゴミがダストカップに溜まるタイプ。紙パック代がかからず、経済的なところが人気です。吸い込んだ空気は遠心力により分離され、ゴミと分離された空気が排出されるため、紙パック式よりも排気がきれいでにおわないというメリットがあります。

紙パックと比べるとこまめにゴミを捨てなければなりませんが、常に清潔を保てるのできれい好きな方やアレルギー体質の方におすすめ。ただし遠心力で分離することにパワーを使ってしまうため、紙パック式よりも吸引力が弱くなる傾向があります。

集めたゴミは吸引力に影響する!

よく掃除機の吸引仕事率で「600W」などと書かれていますが、これは最大値でこの数値だけで判断はしない方が賢明です。紙パック方式、サイクロン方式ともにゴミが掃除機内に溜まってくると吸い込みが悪くなります。

紙パック方式は紙パックにごみがたまった状態で使用するため、紙パックを交換するまでは、毎回使用するごとに吸込みが悪くなります。一方のサイクロン方式は、ダストカップに紙パック式ほどゴミが入らないものが多く、掃除ごとゴミを捨てなければなりません。その結果、毎回吸引力が変わらない状態で使用することができます。

ただし、もともとの吸引力は紙パック式の方が強いということを念頭に置き、どちらが自分に合っているかを総合的に判断しましょう。

吸引力に差が出るヘッドの違い

キャニスター掃除機のカタログなどで「モーターヘッド(またはパワーヘッド)」と「タービンヘッド」というフレーズが出てきます。この2種類のヘッドの違いも頭に入れておくと良いでしょう。

フローリングならこれで十分!タービンヘッド

見た目はモーターヘッドと変わりませんが、風の力でヘッド内のブラシを回転させる仕組み。フローリング向きのヘッドで、フローリングはカーペットや絨毯と違ってホコリやゴミが絡み付いていないため、タービンヘッドで十分とされています。モーターヘッドに比べると価格も手頃です。

カーペットのごみも絡めとるモーターヘッド

モーターの力でヘッド内のブラシを回転させます。カーペット、フローリング、畳、絨毯、どこでも実力を発揮します。吸引力が高く、「自走式」と書かれているものはちょっと押しただけでヘッドが前へ進んでくれる優れものです。

移動のしやすさ「軽量&コンパクト」

最近のキャニスター掃除機は軽くてコンパクトなものは、もはや当然のことのようになっています。ただ、注目すべきは「本体重量」です。本体重量というのは、ノズルやホースが入っていない重さを指すので、さらに重量が増すことは頭に入れておいてください。

3.5kgが一般的なキャニスター掃除機の本体重量と言われているので、3kg以下であれば軽量ですね。本体重量2kgのキャニスター掃除機も登場していて、誰もがかなり軽い使用感を実感できます。

キャニスター掃除機より、スティッククリーナーの方が圧倒的に軽そうに感じますが、スティッククリーナーはヘッドやダストカップ、モーターなど全てが1つのスティッククリーナーについているので、場合によってはキャニスター掃除機の方が軽くて使いやすいこともあります。

あると便利な付加機能

キャニスター掃除機に付いた付加価値を見て選んでみるのも良いですよ。例えばフローリングの菌や微細な汚れを絡めとってくれる「からぶきブラシ」がついているものや、ごみが残っていたらランプで教えてくれるセンサーがついているもの、排気と一緒にイオンを放出してくれるものまであります。

同じお部屋掃除でも、楽しくラクにお部屋がきれいになるならお掃除も苦じゃなくなりますね!

キャニスター掃除機のおすすめ人気ランキング

さあ、それではおすすめの人気キャニスター掃除機をランキング形式でご紹介していきます!頻繁に使うものだからこそ、選び方のポイントも参考にしながら、納得のいく一台をぜひ選んでくださいね♪

10位:日立 掃除機 紙パック式

日立 掃除機 紙パック式 CV-VP5 W
8,890円(税込)

シンプルイズベスト!コスパも良く人気

機能もデザインも価格も、とってもシンプルな掃除機!軽量なボディは女性やご年配の方でも移動がしやすく、階段の掃除機掛けなども楽にできます。

安心の日立製で、あれもこれもと機能を求めない方にはじゅうぶんの性能です。パワフルで満足という声の中、音が大きいという意見もあります。夜に掃除機をかけるなど、音が気になる方は注意してくださいね!

9位:ダイソン カーボンファイバーモーターヘッド DC36MHCOM

Dyson カーボンファイバーモーターヘッド DC36MHCOM
53,500円(税込)

静音構造を取り入れだした、カーペット掃除に強いモデル

独自のボールテクノロジーを採用し、取り回しがラクに!内部に緩衝材が入っているので、このモデルから騒音や振動に対して静音設計になりました。

dysonの掃除機によく[モーターヘッド]と[タービンヘッド]という名前が付いていますが、モーターヘッドはヘッドにモーター式回転ブラシが付き、ちょっと重めですがカーペットが特に得意なタイプです。

ペットを飼っているお宅や徹底的にカーペット掃除するならこれ!

8位:日立 ごみダッシュサイクロン CV-SC8

日立 ごみダッシュサイクロン CV-SC8
13,500円(税込)

すっきりした見た目なのにグングン吸い込む!

安心の日本製でびっくりするほどのパワーがある、ごみダッシュサイクロン。サイクロン式で、吸い込んだゴミを空気と分離させ、クリーンフィルターで塵もしっかり逃さずキャッチします。

ティッシュをゴミタンクのフィルターに使えるので便利です。ゴミタンクがちょっと小さめですが、簡単にワンプッシュで捨てられるので、気づいた時にこまめに捨てれば問題ないでしょう。

このパワー、使えば必ず驚きますよ!

7位:シャープ サイクロン掃除機 EC-CT12C

シャープ サイクロン掃除機 EC-CT12
10,478円(税込)

フィルターセルフクリーニング機能も付いて 吸引力を落とさない!

本体重量約3.8kgで、軽々とお掃除できる遠心分離式サイクロン掃除機です。この掃除機は特に床掃除が得意。からぶき機能まで付いているので隅々までキレイなフローリングに仕上がります。

ネットではヘッドの可動域が狭いという声もありますが…かなりの吸引力にもかかわらずこの価格はリーズナブル!Amazonでもベストセラー1位になるほど人気があるので、その実力は信用できますね。

6位:アイリスオーヤマ サイクロンクリーナー コンパクト 低騒音タイプ IC-C100K-S

アイリスオーヤマ サイクロンクリーナーコンパクト低騒音タイプ IC-C100K-S
12,800円(税込)

早朝や夜にも掃除できてしまう驚きの静かさ!

ユーザーのほとんどが、音の静かさに驚いたというサイクロンクリーナー。国内の家庭用サイクロン式掃除機コンパクトタイプにおいて、クラス最高水準の低騒音を誇る実力です。音が静かなだけでなく、超吸引毛取りヘッドで髪の毛やペットの毛もグングン効率よく吸い込みます。

寝ている赤ちゃんが起きなかったというレビューもあるほど静かに掃除ができるので、朝晩しか掃除ができない方は特にこの掃除機、買いですよ!

5位:日立 かるパック CV-PC30

日立 かるパック CV-PC30
23,400円(税込)

ジェット吸引機構を搭載したヘッドで吸引力抜群!

紙パック式で排気にこだわる方もこれなら安心。

ヘッドに付いたジェット吸引機構は気密性が高く、カーペットに対して強い吸引力があります。さらに、このヘッド上部が空気を取り込み、床面へ吹きつけることでフローリングの目地に入った細かいチリも浮き上がらせるので、微細なチリも逃しません!

カーペットもフローリングも、どちらも満足できる掃除機を購入するならこれですね!

4位:ダイソン キャニスター掃除機 タービンヘッド DC48

Dyson キャニスター掃除機 DC48
44,928円(税込)

dysonの中でも超小型機!日本の家ではこのサイズがぴったり

[タービンヘッド]は、通常風力式回転ブラシでフローリングに強い掃除機ということになりますが、こちらはカーボンファイバーブラシが付いてフローリングの微細なホコリを逃しません。さらにナイロンブラシがカーペットのホコリをかき出すので、床の素材を問わず徹底的に掃除ができます!小型のパワフルモーターを使用したことで、軽量化と同時に音も静かになりました。

dysonの掃除機は種類が色々ありますが、迷ったらこれがベスト!

3位:シャープ サイクロン掃除機 プラズマクラスター搭載

シャープ サイクロン掃除機 軽量・コンパクト プラズマクラスター搭載 ピンク EC-QX310-P
15,760円(税込)

クリーン排気と一緒にイオンも放出!超軽量で扱いやすい

とてもコンパクト設計のこちらの掃除機は、内部部品までアルミ化したモーターを使用しているので軽さも特徴的です。5㎏近い商品もある中で、その重量はなんと2.4㎏というから驚きですよね。狭いスペースや階段回りなど、掃除機を持って移動する際にもストレスになりません。

遠心分離された排気は、さらにクリーンフィルターを通り、プラズマクラスターイオンと一緒に排出されます。赤ちゃんがいるご家庭やアレルギーを気にする方にもおすすめですよ!

2位:東芝 サイクロンクリーナー トルネオV

東芝 サイクロンクリーナー トルネオV グランレッド VC-SG512(R)
28,800円(税込)

吸引力・軽さ文句なし!真っ赤なボディもおしゃれ

スタイリッシュなボディがひときわ目をひくこちらの商品。見た目だけでなく、使いやすさ・軽さ・吸引力などもじゅうぶん満足のいく作りで、アマゾンで大人気の商品です。

ゴミ残しセンサーがついているため、きれいに思えるところでもセンサーが反応して驚き!という声があります。気づかないごみの取りこぼしが減らせるのは嬉しいですよね。布団用ブラシやロングブラシなどアタッチメントが豊富なところも人気の秘密ですよ。

1位:三菱電機 Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー

三菱電機 Be-K(ビケイ) 紙パック式クリーナー ブラウン TC-FXF7P-T
15,350円(税込)

紙パックの弱点を克服!コスパ良しで満足度大

紙パックの弱点である「ゴミが溜まると吸引力が落ちる」という部分に着目し、三菱独自の紙パック長持ち風路構造を採用。紙パックの上部から風が流れるようにしたことで、排気をスムーズにし、従来よりもごみがたくさん吸えるようになりました。

高価な商品も検討したが最終的にこれが良かった!という喜びの声が続出。紙パックの取り換え回数も少ないので取り扱いが楽との声もあります。サイクロン式のように毎回のごみ捨てがないのも紙パック式の魅力の1つですね。お値段以上の使いやすさと吸引力・満足度で堂々の1位です!

キャニスター掃除機でのお掃除のコツ

最後にキャニスター掃除機を使ったお掃除のコツをご紹介します。些細なことでも、お掃除の仕上がりに影響するので是非お試しください。

ヘッドは月1でお掃除

ヘッド部分に髪の毛やホコリが絡まったままにしておくと、せっかく吸引力のあるキャニスター掃除機を使っていても吸い込みが悪くなってしまいます。月1を目安にヘッドもチェックしてみてくださいね。

お掃除のリズム

ヘッドを動かす1往復は5〜6秒くらいがベストと言われています。これはリズムにするとちょっとゆっくりめです。早く終わらせようと素早く動かしたり力を入れて掃除機をかけても、吸い込みは悪くなり効率的ではありません。

1回で動かす距離は自分の身長の半分

出典:panasonic.jp

掃除機を1かけする距離は自分の身長の半分くらいの距離がgood。1回でザーッと自分から離れたところまで掃除機をかけようとすると、ヘッドが浮いてしまい、ゴミが吸いにくくなる可能性があります。自分の身長の半分の距離を目安にお掃除するようにしましょう。

カーペットや絨毯は念入りに

ホコリが溜まりやすいだけでなく、ダニの発生しやすいカーペットや絨毯は縦方向・横方向と、2回かけるときれいにお掃除ができます。逆毛を立てるように掃除機をかけて、次はカーペットや絨毯の毛の流れに合わせてかけるのも、ホコリやダニの取り残しを防げますね。

掃除機はメインとサブで使い分けると便利!

軽量・コンパクトで吸引力が高いキャニスター掃除機ですが、こぼれたものをちょっと掃除したいときや、棚の上のほこりが気になった時などは、もう少し手軽なハンディタイプやスティッククリーナーがあると便利です。以下の記事も参考になりますのでチェックしてくださいね。

キャニスター掃除機の売れ筋ランキングもチェック

なお、ご参考までにキャニスター掃除機のAmazon、楽天、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクをご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したキャニスター掃除機は、どれもおっくうな掃除が楽に感じる商品ばかりです!ランキングを参考に、お気に入りのキャニスター掃除機を見つけて、日々のお掃除を楽しくしちゃいましょう。

人気の記事

関連キーワード