• 静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】のアイキャッチ画像1枚目
  • 静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】のアイキャッチ画像2枚目
  • 静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】のアイキャッチ画像3枚目
  • 静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】のアイキャッチ画像4枚目
  • 静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】のアイキャッチ画像5枚目

静音キーボードのおすすめ人気ランキング10選【パンタグラフ式からゲーミング専用タイプまで】

キーボードのキー入力の音が気になる人におすすめの「静音キーボード」。静かな環境でも使いやすく便利です。しかし、エレコム・ロジクールなどたくさんのメーカーから販売されており、何を基準に選べばよいのか迷ってしまう人も多いことでしょう。


そこで今回は、静音キーボードの選び方のポイントと、通販で手に入る人気商品をランキング形式で紹介します。人気商品を比較検討し、自分にピッタリの静音キーボードを見つけてくださいね。

  • 最終更新日:2019年03月14日
  • 1,743  views
目次

静音キーボードで集中できる環境作りを!

静音キーボードで集中できる環境作りを!
キー入力する際の音が小さくなるように設計されている静音キーボード。通常のキーボードより半分以上音を抑えることができるため、職場やカフェなど、周りが静かな場所で使用したい人に最適です。カチャカチャとした入力音を気にしなくてもよいので、PC作業やゲームに集中したい人にも向いています

比較的キーストロークが浅いものが多く、軽いタッチで入力できるのもメリットのひとつ。長時間タイピングしても疲れにくく、作業効率を上げるのにも役立ちます。ぜひ使いやすい静音キーボードを手に入れて、周りを気にせず作業できる環境を作りましょう。

静音キーボード選び方

では、さっそく静音キーボードの選び方を見ていきましょう。

静音性は「キースイッチ」の種類でチェックしよう!

静音キーボードのスイッチは、主に4種類に分けられます。自分が重視したいポイントも考慮して、使いやすい商品を選びましょう。

高い静音性を重視するなら「静電容量無接点方式」や「パンタグラフ」を

高い静音性を重視するなら「静電容量無接点方式」や「パンタグラフ」を
何よりも静音性の高さを重視して選びたい人は、「静電容量無接点方式」や「パンタグラフ」のスイッチを採用したキーボードがおすすめです。どちらもキーストロークが浅く、あまりキーを押さなくても反応するため、押しこんだときに発生する音を抑えてくれます。

スイッチの種類の中では「静電容量無接点方式」が最も静音性が高く、その次が「パンタグラフ」です。音がほとんど出ない「シリコン製キーボード」もありますが、押している感覚があまりなく、ペコペコへこむ感触になります。あまりキータッチに拘らない人は検討してみるといいでしょう。

静音性だけでなく他の機能も重視する場合は「メンブレン」「メカニカル」が◎

静音性だけでなく他の機能も重視する場合は「メンブレン」「メカニカル」が◎

静音性だけでなく、他の機能のバランスもよいキーボードを選びたい場合は「メンブレン」や「メカニカル」スイッチのものがおすすめです。静音性は前述した2種類よりも劣りますが、しっかりキーを押している感覚を得られ、コストを抑えて機能性に優れたものを手に入れることができます。


とくに低コストで購入したい人には、メンブレン式が◎。最も種類が豊富で人気があります。また、メカニカルスイッチは多機能なものが多く、ゲーミングキーボードなどに搭載されているのが特徴です。静音性以外の性能も比較して決めたい人は選択肢に入れておきましょう。

ゲーミングキーボードは静音設計に注目!

ゲーミングキーボードは静音設計に注目!

静音性の高いゲーミングキーボードを手に入れたいときは、キースイッチが静音設計になっている商品を選びましょう。Romer-Gメカニカルスイッチのようなストロークが浅い商品や、打鍵音が静かなピンク軸・オレンジ軸を採用しているものがおすすめです。


ゲーミングキーボードの多くはキーをしっかりと押す感覚を得られる反面、打鍵音が大きくなります。夜に家族が寝静まってからゲームを楽しみたい人や、ゲーム配信する人は、軽いタッチでもよく反応する設計のものを選ぶとよいでしょう。


なお、メカニカルタイプのゲーミングキーボードを選ぶ場合は、底打ちしたときの音を緩和してくれるカスタマイズ用のダンパーリングを使うのもひとつの方法です。静音性を向上させたいときは、別途購入してカスタマイズしてみるのもおすすめですよ。

使用する環境に合わせて選ぼう

キースイッチの種類や設計で商品を絞り込んだら、次は使用環境に合わせて、より自分の使いやすいものを見極めていきましょう。

オフィスでのPC作業が多い人は、タイピングしやすいサイズを選ぼう

オフィスでのPC作業が多い人は、タイピングしやすいサイズを選ぼう

静かなオフィスなどでは、カタカタと打ち込む音が気になる人も多いはず。オフィスで使いやすい静音キーボードを探している人は、文字入力しやすいフルサイズを選ぶのがおすすめです。


フルサイズキーボードは、キー同士の幅が広めで打ち込みやすいため、手の大きい人にも◎。テンキー付きで、数字入力も便利です。


もちろん、普段あまりテンキーを利用しない人や、手の小さい人は、テンキー無しのコンパクトサイズにするのもあり。ただし、打ちにくいキーボードを使うとタイピングが遅くなり、静音キーボードのメリットがなくなるので注意してくださいね。

カフェでも利用する場合は、耐水設計のものが安心

カフェでも利用する場合は、耐水設計のものが安心

カフェなどで周りに迷惑をかけずに作業したい人は、耐水設計の静音キーボードがおすすめです。カフェでの作業は、何か飲みながらしていることが多いですよね。もし、うっかりこぼしてしまったら機械はすぐ壊れてしまいます。


もちろん機械ですので、大量の水で洗い流すほどの性能ではありませんが、多少水がかかった程度では壊れにくいため安心です。カフェだけでなく、作業時によく何かを飲んでいることが多い人も、候補に入れておきましょう。

接続方式も確認しよう

接続方式も確認しよう

離れた場所からキーボード操作をしたい人や、持ち運びしやすいキーボードがよい人は、有線よりも無線タイプが最適です。逆にデスク上で使用するのであれば、接続が安定する有線タイプの静音キーボードを選びましょう。


なお、無線接続の商品は、USB接続の受信機が必要なものと、Bluetooth対応のものに分かれています。持ち運び前提の人や、タブレットと接続して利用できる静音キーボードを探している人は、Bluetooth対応商品を選んでくださいね。

静音キーボードの人気ランキング10選

では、ここまで見てきた静音キーボードの選び方を踏まえて、通販で手に入る人気商品をランキング形式で見ていきましょう。
10位
キースイッチの種類メンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)〇(浅いストロ-クで反応)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法有線
9位
キースイッチの種類シリコン
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線・Bluetooth
8位

ロジクールゲーミングキーボード

G613

14,706円 (税込)

キースイッチの種類メカニカル
静音設計(ゲーミングキーボード)〇(Romer-Gメカニカルスイッチ)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線・Bluetooth
7位
静音キーボード エレコム ワイヤレスキーボード 1枚目
出典:amazon.co.jp

エレコムワイヤレスキーボード

TK-FDM078TBK

1,440円 (税込)

キースイッチの種類メンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線
6位
キースイッチの種類静電容量無接点方式
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法有線
5位
静音キーボード エレコム ワイヤレスフルキーボード  1枚目
出典:amazon.co.jp

エレコムワイヤレスフルキーボード

TK-FDM092STBK

2,671円 (税込)

キースイッチの種類メンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線
4位

Longtopキーボード ワイヤレス

GEPC113AB

1,499円 (税込)

キースイッチの種類
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線
3位
キースイッチの種類メンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法有線
2位
静音キーボード Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 1枚目
出典:amazon.co.jp

Ankerウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

AK-A7726121

1,999円 (税込)

キースイッチの種類パンタグラフ
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線・Bluetooth
1位
キースイッチの種類メンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線

人気静音キーボードの比較一覧表

商品画像
1
静音キーボード ロジクール K270 1枚目

ロジクール

2
静音キーボード Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 1枚目

Anker

3
静音キーボード ロジクール K120 1枚目

ロジクール

4
静音キーボード Longtop キーボード ワイヤレス 1枚目

Longtop

5
静音キーボード エレコム ワイヤレスフルキーボード  1枚目

エレコム

6
静音キーボード 東プレ REALFORCE S R2 1枚目

東プレ

7
静音キーボード エレコム ワイヤレスキーボード 1枚目

エレコム

8
静音キーボード ロジクール ゲーミングキーボード 1枚目

ロジクール

9
静音キーボード Niwawa Bluetooth キーボード 1枚目

Niwawa

10
静音キーボード Siensync ゲーミングキーボード 1枚目

Siensync

商品名

K270

ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

K120

キーボード ワイヤレス

ワイヤレスフルキーボード

REALFORCE S R2

ワイヤレスキーボード

ゲーミングキーボード

Bluetooth キーボード

ゲーミングキーボード

特徴ベーシックな静音フルサイズキーボードスマホ・タブレットでも使えるBluetooth対応キーボード低コストで手に入る、静音設計の有線フルキーボードコスパ抜群のワイヤレスキーボードキーにラバーカップが付いた静音設計キーボードゲーム用途でも利用できる静電容量無接点方式キーボード省スペースで使いやすいコンパクトサイズのワイヤレスキーボードキー入力と静音性を両立させたメカニカルキーボードほぼ無音のワイヤレスキーボード軽いキータッチで高い反応速度と静音性を実現
価格2,180円(税込)1,999円(税込)1,317円(税込)1,499円(税込)2,671円(税込)22,050円(税込)1,440円(税込)14,706円(税込)2,100円(税込)2,699円(税込)
キースイッチの種類メンブレンパンタグラフメンブレンメンブレン静電容量無接点方式メンブレンメカニカルシリコンメンブレン
静音設計(ゲーミングキーボード)〇(Romer-Gメカニカルスイッチ)〇(浅いストロ-クで反応)
フルサイズ(テンキー付き)
耐水設計
接続方法無線無線・Bluetooth有線無線無線有線無線無線・Bluetooth無線・Bluetooth有線
商品リンク

オフィスではパンタグラフキーボードが便利

選び方の中でも紹介した「パンタグラフキーボード」。静音性に優れているうえ、キーストロークの浅いデザインで、長時間タイピングしても疲れにくいのが一番の魅力です。もっと多くの商品を比較して検討したい人は、ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は静音キーボードを選ぶときに見ておきたいポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?

静音キーボードといっても通常のキーボード選びと同じで、用途に合わせて選ぶことが大事です。ゲーム環境・接続機器・使用環境など必要なポイントを考えて静音キーボードを選ぶようにしましょう。この記事で紹介した選び方も参考に、自分の環境に適した静音キーボードを手に入れて下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す