高知の日本酒おすすめ人気ランキング10選【土佐鶴・久礼・亀泉も】

四万十川をはじめ、日本酒造りに欠かせない豊かな水源を有する高知県。中でも仁淀川は、国交省の水質調査において「水質が最も良好な河川」として名が挙げられているほどです。そんな日本酒造りに適した水が得られる高知の日本酒は淡麗辛口で食事を引き立ててくれ、飲み飽きない味わいが特徴的。

今回は高知の酒を選ぶ上で注目したいポイントや、おすすめの日本酒をランキング形式でご紹介していきたいと思います。銘柄だけではなく、蔵元についての情報も併せてご紹介しますので、高知の日本酒を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 1,100  views
目次

高知の日本酒の選び方

まずは、高知ならではの日本酒の特徴や注目の蔵元など、高知の日本酒を選ぶ上でチェックしておきたいポイントを一緒に見てみましょう。

蔵元や銘柄をエリアごとにチェックしてみよう

高知県は、空の玄関口「高知龍馬空港」がある東部・県庁所在地「高知市」を含む中部・観光地としても有名な「四万十川」が流れる西部と、大きく分けて3つのエリアがあり、大小合わせて18の蔵元が存在します。まずは、それぞれのエリアにある蔵元の特徴や銘柄をチェックしてみましょう。

日本酒激戦区、東部エリア

高知県の東部エリアは、県内18の蔵のうち半数の9蔵があり、日本酒の激戦区とも言える場所です。『美丈夫』や『土佐しらぎく』など全国的に人気のある銘柄が多いので、どれにすればいいか迷ったらまずは東部から攻めてみるのが良いでしょう。このエリアで特に注目しておきたい蔵元は、「土佐鶴酒造」と「南酒造場」です。

土佐鶴酒造は、四国最大の規模を誇る蔵元で、全国新酒鑑評会などの受賞歴も多数。室戸海洋深層水で仕込まれたお酒などを含め、取り扱われている日本酒の数も非常に多く、次はどれを飲もうかななどと楽しみながら選べるでしょう。

南酒造場は、全量箱麹を使用するなど、一つ一つのお酒を丁寧に造り上げている蔵元。それ故に代表銘柄である『南』などは、販売数が限定されてしまい、なかなか手に入らない幻のお酒とも言われています。運よく見つけたら、即買いしてみるのも◎。

日本酒と観光を楽しみたいなら、中部エリア

高知の県庁所在地・高知市を中心とする中部エリアには、「司牡丹酒造」や「酔鯨酒造」などの大規模な蔵元が存在します。どちらも観光地としても栄えているので、現地に行って観光がてらおいしいお酒を飲みたいという方におすすめです。

司牡丹酒造は、永田農法で栽培された山田錦のほか、高知の酒米である吟の夢や土佐錦などを積極的に使用し、水質が優れた仁淀川水系の湧水を仕込み水として酒造りを行っています。特徴を一言でいえば、味が非常にしっかりとした辛口。代表銘柄には、『司牡丹』や燗上がりすると評判の『船中八策』などがあります。

酔鯨酒造は、高知を代表する名所「桂浜」の直ぐそばにあります。料理の名脇役となるべくその酒質を追求している蔵元で、料理の邪魔をしない控え目な香りや、切れのある味わいなどが特徴的です。主要銘柄は、社名と同じ「酔鯨」。オシャレなラベルにも注目です。

清流・四万十川に恵まれた西部エリア

清流・四万十川に恵まれた西部エリア
高知県といえば、「四万十川」を想い起こすという方も多いでしょう。そんな四万十川の伏流水を使った日本酒が飲みたいという方におすすめなのが、『久礼』や『藤娘』などの銘柄です。

『久礼』や『純平』などで有名な西岡酒造は、高知県最古の蔵元としても知られています。四万十川源流名水を仕込み水として使い作られた日本酒は、コクのある味わいが特徴的。カツオの一本釣りで有名な場所でもあり、おいしいカツオのタタキなどとともに楽しめるお酒となっていますよ。

藤娘酒造は、清流・四万十川に恵まれた四万十市唯一の蔵元です。完全手づくりにこだわって造られた日本酒は、高知らしい淡麗辛口の味わいです。代表銘柄は『藤娘』。中でも、岡山の雄町と高知の酵母で作られた『大吟醸 藤娘』は、全国新酒鑑評会にて何度も金賞を獲得。ぜひ一度は手に取ってほしい一本となっています。

高知ならではの酒米をチェック

日本酒造りに欠かせないお米は酒造好適米(酒米)と言われており、代表的な品種には兵庫県で開発された山田錦があります。でも、高知の日本酒を飲むなら、高知ならではの酒米を使ったお酒もおすすめです。まずは、どんな品種があるのか簡単に見てみましょう。

高知らしい淡麗辛口「土佐錦」

高知らしい淡麗辛口のお酒が飲みたいという方におすすめなのが、「土佐錦」を使った日本酒です。土佐錦は、もともとは主食米として検討・試験をされていた「中国81号」。酒造適正試験を経て、平成6年に酒造好適米として誕生しました。

米の粒の大きさや吸水性など酒造好適米としての条件を備えており、また、タンパク質の含有量が少ないので、雑味のない高知らしい淡麗で辛口のお酒に仕上がるとのこと。

土佐錦100%の日本酒を飲んでみたいという方におすすめなのが、亀泉酒造『亀泉 特別純米』。このお酒は酵母も高知のものが使われており、飽きの来ない味わいが特徴的です。

山田錦に勝るとも劣らない「吟の夢」

高知のおいしい吟醸酒を探しているという方におすすめなのが、酒造好適米の代表的品種「山田錦」と食用米である「ヒノヒカリ」を交配させて作られた「吟の夢」を使った日本酒です。香り・旨み・酸味などのバランスが良く、飲み飽きないと評判ですよ。

吟の夢100%の日本酒には、仙頭酒造『土佐しらぎく 純米吟醸 吟の夢 ひやおろし』・高木酒造『豊能梅 純米吟醸 吟の夢仕込』・松尾酒造『山田太鼓 純米吟醸酒』・土佐酒造『桂月 吟之夢 純米大吟醸 45』などがありますので、チェックしてみてくださいね。

個性を感じたいなら「風鳴子」

もう一つ、高知のお酒を語る上で忘れてはならないのが「風鳴子」です。「露葉風」と「一本〆」を交配させて作られており、心白が多めでタンパク質の含有量が低いので、雑味のないお酒を造ることができます。

風鳴子100%の日本酒を飲んでみたいなら、亀泉酒造『純米吟醸 原酒 高育63号』はいかがでしょうか。フルーティーな香りでありながら、淡麗辛口の飲み口が楽しめる一本となっていますよ。

高知県で開発された酵母も知っておこう!

日本酒を造る上で重要な役割を持つ酵母。高知の日本酒を思う存分堪能したいのなら、「KW-77」「A-14」「CEL-19」「CEL-24」「AC-17」「AC-95」などの高知県ならではの酵母も要チェックです。

バナナのような甘い香りの優しいお酒が好みなら、酢酸イソアミル系の「A-14」「AC-17」などが、酸味が強めでリンゴのような香りの力強いお酒が好みなら、カプロン酸エチル系の「CEL-19」「CEL-24」などが使われている日本酒を探してみると良いでしょう。

どちらの特徴も備えたお酒なら「AC-95」が使われている、高木酒造の『豊能梅 純米吟醸 (松山三井)』がおすすめ。料理との相性も良く、食中酒としてぴったりです。純米酒大賞2014純米吟醸部門で金賞を受賞している実力のあるお酒ですよ。

高知の日本酒おすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの高知の日本酒を10選、ランキング形式でご紹介していきましょう。選び方なども参考に比較しながら、好みに合う銘酒をゲットしてくださいね。

菊水酒造四万十川 純米吟醸 720ml

962円 (税込)

エリア東部
蔵元菊水酒造
造り純米吟醸酒
酒造好適米山田錦
酵母-
内容量720ml

濱川商店美丈夫 特別純米酒 720ml

1,242円 (税込)

エリア東部
蔵元濱川商店
造り特別純米酒
酒造好適米松山三井
酵母KA-1(熊本酵母)
内容量720ml

土佐鶴酒造土佐鶴 純米大吟醸

2,504円 (税込)

エリア東部
蔵元土佐鶴酒造
造り純米大吟醸
酒造好適米山田錦
酵母-
内容量720ml

アリサワ酒造文佳人 純米酒 1800ml

2,712円 (税込)

エリア東部
蔵元アリサワ酒造
造り純米酒
酒造好適米アケボノ
酵母-
内容量1800ml

司牡丹船中八策 1800ml

2,780円 (税込)

エリア中部
蔵元司牡丹酒造
造り純米酒
酒造好適米山田錦・北錦
酵母熊本酵母(自社培養)
内容量1800ml

酔鯨酒造酔鯨 純米吟醸 吟寿 720ml

2,203円 (税込)

エリア中部
蔵元酔鯨酒造
造り純米吟醸酒
酒造好適米八反錦
酵母熊本酵母KA-1
内容量720ml

西岡酒造純米吟醸 久礼 720ml

1,500円 (税込)

エリア西部
蔵元西岡酒造
造り純米吟醸酒
酒造好適米吟の夢
酵母-
内容量720ml

仙頭酒造場土佐しらぎく 純米吟醸 1800ml

3,672円 (税込)

エリア東部
蔵元仙頭酒造場
造り純米吟醸酒
酒造好適米山田錦
酵母-
内容量1800ml

亀泉酒造亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24 720ml

1,630円 (税込)

地域中部
蔵元亀泉酒造
造り純米吟醸生原酒
酒造好適米八反錦
酵母CEL-24
内容量720ml

南酒造場南 特別純米

2,453円 (税込)

エリア東部
蔵元南酒造場
造り特別純米酒
酒造好適米松山三井
酵母高知県酵母
内容量1800ml

高知のおすすめ人気日本酒比較一覧表

商品画像商品名特徴価格エリア蔵元造り酒造好適米酵母内容量商品リンク
1

南酒造場

南 特別純米

飲みやすさ抜群の特別純米酒2,453円(税込)東部南酒造場特別純米酒松山三井高知県酵母1800ml詳細を見る
2

亀泉酒造

亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24 720ml

新しい日本酒の発見?!高知酵母「CEL...1,630円(税込)中部亀泉酒造純米吟醸生原酒八反錦CEL-24720ml詳細を見る
3

仙頭酒造場

土佐しらぎく 純米吟醸 1800ml

洗練された綺麗なお酒3,672円(税込)東部仙頭酒造場純米吟醸酒山田錦-1800ml詳細を見る
4

西岡酒造

純米吟醸 久礼 720ml

吟の夢100%の純米吟醸酒1,500円(税込)西部西岡酒造純米吟醸酒吟の夢-720ml詳細を見る
5

酔鯨酒造

酔鯨 純米吟醸 吟寿 720ml

こってりとした料理と一緒に楽しもう2,203円(税込)中部酔鯨酒造純米吟醸酒八反錦熊本酵母KA-1720ml詳細を見る
6

司牡丹

船中八策 1800ml

旨みたっぷり、すっきり辛口2,780円(税込)中部司牡丹酒造純米酒山田錦・北錦熊本酵母(自社培養)1800ml詳細を見る
7

アリサワ酒造

文佳人 純米酒 1800ml

これぞ高知!濃醇な辛口酒2,712円(税込)東部アリサワ酒造純米酒アケボノ-1800ml詳細を見る
8

土佐鶴酒造

土佐鶴 純米大吟醸

四国最大規模の蔵元2,504円(税込)東部土佐鶴酒造純米大吟醸山田錦-720ml詳細を見る
9

濱川商店

美丈夫 特別純米酒 720ml

食事を引き立ててくれるお酒1,242円(税込)東部濱川商店特別純米酒松山三井KA-1(熊本酵母)720ml詳細を見る
10

菊水酒造

四万十川 純米吟醸 720ml

コスパ抜群の純米吟醸酒962円(税込)東部菊水酒造純米吟醸酒山田錦-720ml詳細を見る

四国・中国地方の日本酒をもっと楽しみたいなら

今回ご紹介してきた高知だけでなく、四国・中国地方には他にも銘酒を造る蔵元が多数あります。特に日本三大酒処の一つである広島県の「西条」は有名ですので、ご存じの方も多いかもしれませんね。さまざまな味わいを試してみたい日本酒好きの方、こちらも必見ですよ。

まとめ

今回は、高知の日本酒を選ぶときのポイントや、おすすめの日本酒をご紹介してきましたが、いかがでしたか。食事の魅力を最大限引き立ててくれる高知の日本酒。ぜひお気に入りの一本を見つけて、楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す