1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. お酒
  6. >
  7. 【徹底比較】純米酒のおすすめ人気ランキング35選
【徹底比較】純米酒のおすすめ人気ランキング35選

【徹底比較】純米酒のおすすめ人気ランキング35選

お米と米麹だけで造られる「純米酒」は、米本来の風味や香りが楽しめることで、日本酒ファンに人気です。全国各地の蔵元がさまざまな銘柄を売り出していますが、どれが本当に美味しい純米酒なのか、気になりませんか?


そこで今回は、獺祭や雪の茅舎、新政などに代表される、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の35商品を全て購入し、最もおすすめの日本酒を決定したいと思います。


検証では、唎酒師の資格を持つ専門家3名にご協力いただき、全ての商品を実際に飲んで、美味しさ」を軸に比較・検証しました。また、各銘柄の特徴がわかりやすいよう、「甘辛」「香りの強弱」「味わいの強弱」の点でも評価をつけています。


果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年07月08日更新
  • 113,228 views

検証のポイント

売れ筋の純米酒35商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 美味しさ

    検証① 美味しさ

    全ての純米酒について、常温での「美味しさ」を検証します。銘柄を伏せた日本酒全点を専門家3名が唎酒し、風味や香り・喉越しを確認した上で、5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    日本酒のスぺシャリストが検証協力!

    日本酒のスぺシャリストが検証協力!

    今回は、3名の専門家の協力を得て、商品の比較・検証を行いました。


    <左:お酒の愉しみプランナー 滝川大介さん>
    きき酒師、焼酎きき酒師、日本酒学講師、酒匠、SSI専属テイスターの資格を持つ。学生時代に日本酒に興味を持ち、程なく唎酒師の資格を取り酒類量販店に入社。その後、「純米酒専門 YATA」に入社し神田日本橋店 店長となる。1年で1万回の燗つけをした経験もある、大の燗酒ファン。現在は、日本酒以外のお酒にもジャンルごとの魅力があることを伝えるべく、フリーランスの酒類プランナーとして活動を行っている。
    好みの日本酒のタイプ:奥行きと可能性を感じさせる「得体の知れない酒」。

    <中央:日本酒アンバサダー Reinaさん>
    唎酒師、国際唎酒師、調理師、着物講師の資格を持つ。日本酒のミスコン「ミス蔵2017」でのグランプリ受賞をきっかけに、Instagramにて日本酒の魅力の発信を開始。酒蔵巡りなどの日本酒記事を執筆し、日本酒ライターとしても活動中している。人気銘柄(獺祭、七田、黒龍、作、賀茂鶴など)の蔵元との日本酒会を企画、運営した経験も豊富で、Instagram(@love_sake_tokyo)のフォロワーは4000人を超す。
    好みの日本酒のタイプ:フルーティかつ、味がしっかりした濃厚なお酒

    <右:利酒師/日本酒エバンジェリスト 上仙裕一さん>
    東京農業大学・醸造科学科出身。大学生時代より「お酒が弱い利酒師」としても注目される。日本酒を紹介するコラムを書くなど日本酒の普及・啓蒙を行っている。偏見や先入観なく日本酒を味わい、食や場所との組み合わせを妄想するのが好き。「日本酒を嗜む人たちに常に歩み寄りながら」をモットーに一口一口に魂をかけている。
    好みの日本酒のタイプ:特になし。今回の検証では、「初心者にも飲みやすいお酒」を基準に評価。

    そもそも純米酒とは?

    そもそも純米酒とは?
    日本酒は原料や製造法の違いによって9種類に分類されており、その中でも「普通酒」以外の8種類は、酒税法の基準に沿って「特定名称酒」と呼ばれています。さらに特定名称酒は、原料別に大きく下記のように分けられます。

    ■原料:お米と米麹と水のみ(純米酒)

    ・純米酒
    ・特別純米酒
    ・純米吟醸酒
    ・純米大吟醸酒

    ■原料:上記の原料+醸造アルコール

    ・本醸造酒
    ・特別本醸造酒
    ・吟醸酒
    ・大吟醸酒

    本記事では、なかでも原料=お米の風味をしっかりと味わうことができる純米系の日本酒、いわゆる「純米酒」に絞ってご紹介していきます。

    純米酒の選び方

    純米酒を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 香りや味わいは「特定名称」を参考に判断しよう

    「純米酒」にあたる4種類の分類は、「精米歩合」と「製法」の違いによって決定します。


    精米歩合と製法の違いは、味わいや価格の違いとして現れてくるため、各特定名称酒の特徴をおさえておくと、純米酒選びが楽になります。

    精米歩合とは

    精米歩合とは

    精米歩合とはお米全体のどれだけが精米されているかを示すもので、例えば「精米歩合60%」と記載のある日本酒は、玄米の状態から米の外側を40%を削り、残った60%を使用している、ということになります。


    純米酒の中では、精米歩合の数値が小さい順に、「純米大吟醸」「純米吟醸」「特別純米」「純米」となります。


    お米は中心に近づくほど香りがよくなるため、特に精米歩合の数値が小さい「純米大吟醸」は、香り高く嗅覚でも楽しめるお酒です。


    ただし、精米歩合の数値が小さいほど、原料となる米を大量に消費するため、価格が高くなる傾向にあります。

    日常の食卓に最適な「純米酒」

    日常の食卓に最適な「純米酒」

    特定名称としての「純米酒」は、大枠としての純米酒の中で、最も精米歩合や製法に関するしばりが少ないお酒です。


    精米歩合に関する規定は特にありませんが、60%から70%程度まで削ることが一般的です。


    香りが控えめなので料理に合わせやすく価格設定が比較的リーズナブルで、日常的な食中酒として重宝します。

    酒造のこだわりが詰まった「特別純米酒」

    酒造のこだわりが詰まった「特別純米酒」

    「特別純米酒」は、「精米歩合60%以下」または「特別な製造方法」で作られた純米酒のことを指します。純米酒に比べて少し価格は高くなりますが、酒蔵のこだわりが感じられる、個性的な味わいが魅力です。


    なお、「特別な製造方法」には明確な基準がなく、発酵日数が長い・原料に明らかに差異がある・特別な搾り方など、蔵によって異なるのが現状です。また、これらの特別製法については、ラベルに表記することが必要になっています。

    フルーティーな香りとスッキリとした味わいが特徴の「純米吟醸酒」

    フルーティーな香りとスッキリとした味わいが特徴の「純米吟醸酒」

    「純米吟醸酒」は、精米歩合60%以下で、かつお米を低温で時間をかけて発酵させる「吟醸造り」の製法で造られたものを指します。


    特有のフルーティーな香り(吟醸香)が特徴で、純米酒より雑味がなく、スッキリとしたお米の旨味を楽しむことができます。


    香りと味わいのバランスがよく、クセがないので、少し特別な食中酒としてもおすすめです。

    特別な日に飲みたい日本酒の最高峰!「純米大吟醸酒」

    特別な日に飲みたい日本酒の最高峰!「純米大吟醸酒」

    「純米大吟醸酒」は、精米歩合50%以下で「吟醸造り」の製法で造られたものを指します。中には米全体の3割程度しか使用しないといった、非常に贅沢な銘柄も。際立った芳醇な香りと洗練された味わいで、日本酒の最高峰とされています。


    クセがないので初心者にも飲みやすく、ワインが好きな方にも好まれる味といえるでしょう。お米を半分以下にまで磨き、手間暇かけて造られるため、価格も他の種類に比べて高めです。


    香りや味わいをじゅうぶんに堪能するためには、食前酒や食後酒として、お酒だけでじっくり飲むのもおすすめです。

    ② 甘口・辛口の味わいは、日本酒度・酸度の数値を参考に

    甘口・辛口の味わいは、日本酒度・酸度の数値を参考に

    日本酒のラベルには、日本酒度・酸度などの記載があります。これは、日本酒の風味を数値化してイメージできるようにしたものです。


    「日本酒度」は糖度を表しており、いわゆる「甘口」「辛口」の程度を知るための基準になります。日本酒度は、マイナスの数字が大きいほど「甘口」、プラスの数字が大きいほど「辛口」と読むことができます。


    「酸度」日本酒に含まれる酸の量を表すもので、酸度が高いほど味わいが濃厚、低いほど淡麗に感じられます。


    好みの味わいがある程度決まっているなら、ラベルや説明表示に記載された「日本酒度」「酸度」の数値をもとに銘柄選びを行ってもいいでしょう。

    ③ 酒米の種類と特徴で選ぶのも楽しい

    日本酒の産地や、米の種類でも味わいが大きく異なります。


    原料に使われている米の種類によっても味わいが異なるため、日本酒を飲み慣れてきたら、ラベルで米の種類を確認するのもいいでしょう。


    注意が必要なのは、ラベルに「山田錦使用」と書かれていたとしても、必ずしも山田錦100%ではないということ。これは、法律上、特定の原料米の使用率が50%を超えていれば「○○使用」と書くことができるためです。お酒によっては、麹や酒母を作る米には高価なものを使用し、全体の70%を占める「掛米」には安価な米を使っているものもあります。


    原料となっている米の割合をより詳しく知りたい場合は、「使用割合」を確認しましょう。

    豊かな芳香が魅力!最もポピュラーな「山田錦」

    豊かな芳香が魅力!最もポピュラーな「山田錦」

    酒米の中で最も生産量が多い品種が「山田錦」です。粒や心白が大きく、壊れにくいので、お酒の醸造に適しており、多くの日本酒がこのお米から造られています。


    山田錦からつくられる日本酒は、芳醇な香りと澄んだ味わいが特徴です。

    クセのない味わいが楽しめる「五百万石」

    クセのない味わいが楽しめる「五百万石」

    「五百万石」は「山田錦」の次に使用率の高い酒米で、新潟を中心とした北陸地方で生産されています。


    「五百万石」を使用した日本酒は、キレのあるすっきりとした味わいに仕上がります。

    淡麗で軽やかな飲み口を生む「美山錦」

    淡麗で軽やかな飲み口を生む「美山錦」

    「美山錦」は、長野をはじめとした東北地方で多く栽培されている酒米です。


    「五百万石」と同様、軽やかで程よい旨味を感じる、バランスの良い日本酒ができあがります。

    深い味わいが人気の「雄町」

    深い味わいが人気の「雄町」

    栽培の難しさから生産者が途絶え、一時は幻の米と言われていた「雄町米」。現在は主に岡山で栽培されています。


    雄町を原料とした日本酒は、しっかりとした濃厚な味わいが特徴です。まだ生産量が少ないため価格が高く、高級な日本酒に使用されるお米としても知られています。

    ④ 普段飲みにはコスパを重視

    普段飲みにはコスパを重視

    日本酒の価格は、一般的に、純米酒<特別純米酒・純米吟醸酒<純米大吟醸酒の順に高くなります。その分、洗練された味わいや豊かな香りを楽しむことができますが、あまりに高額だと、普段使いには贅沢に感じてしまう人も少なくないでしょう。


    種類ごとの特徴を生かし、デイリーに楽しむには純米酒、美味しいお酒が飲みたいときやパーティーには特別純米酒や純米吟醸酒、おめでたい特別な日には純米大吟醸など、シチュエーションに合わせて楽しむのもおすすめです。

    売れ筋の人気純米酒全35商品を徹底比較!

    純米酒の検証

    今回は、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の純米酒35商品を全て購入し、どれが最もおいしい純米酒なのか検証しました。


    なお、検証項目は「美味しさ」としています。


    また、同時に「甘辛」「香りの強弱」「味わいの強弱」を評価することで、各銘柄ごとに評価しました。

    今回検証した商品

    1. 亀泉酒造|亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24
    2. 油長酒造|日本酒 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 720ml
    3. 松崎酒造店 廣戸川|廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒 720ml
    4. 村祐酒造|村祐 「黒」純米大吟醸 無濾過本生 濃醇甘口 720ml
    5. 石川酒造|多満自慢 純米無濾過 1800ml
    6. 加藤吉平商店|梵 吟撰 特別純米酒 720ml
    7. 加藤嘉八郎酒造|大山 特別純米酒 十水(とみず) 720ml
    8. 八海醸造|純米吟醸八海山 雪室貯蔵三年 720ml
    9. 神州一味噌|真澄 純米吟醸 辛口生一本 720ml
    10. 木下酒造|玉川 自然仕込 山廃純米酒 無濾過生原酒 720ml
    11. 萬乗酒造|醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦50% EAU DU DESI(希望の水) 720ml
    12. 旭酒造|獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 720ml
    13. 曙酒造|天明 純米吟醸 中取り 弐号 720ml
    14. 梅錦山川|梅錦 純米吟醸酒一筋
    15. 神戸酒心館|福寿 純米吟醸 720ml
    16. 飯沼銘醸|姿 純米吟醸無濾過生原酒 720ml
    17. 清水清三郎商店|作 奏乃智 純米吟醸 720ml
    18. 福光屋|加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒 720ml
    19. 宮尾酒造|〆張鶴 純 純米吟醸 720ml
    20. 石本酒造|越乃寒梅 無垢 純米大吟醸 720ml
    21. 小嶋総本店|東光 純米 720ml
    22. 李白酒造|李白 純米酒 720ml
    23. 酔鯨酒造|酔鯨 特別純米酒 720ml
    24. 齋彌酒造店|雪の茅舎 純米吟醸 (秋田) 720ML
    25. 南部美人|南部美人 純米吟醸 720ml
    26. 平和酒造|紀土 純米大吟醸 720ml
    27. 白瀧酒造|上善如水 純米大吟醸 720ml
    28. 大七酒造|大七生もと純米 720ml
    29. 神亀酒造|神亀 純米酒 辛口 720ml
    30. サケネット|鍋島 特別純米 クラシック 720ml
    31. 今西清兵衛商店|春鹿 超辛口 純米酒 黒ラベル 720ml
    32. 一ノ蔵|一ノ蔵 特別純米酒 辛口 720ml
    33. 新政酒造|No.6 R-type
    34. 仁井田本家|金寶仁井田本家 福島県 『燗誂(かんあつらえ)』お燗して美味しい自然酒純米酒 720ml
    35. 本田商店|龍力 生酛仕込み 特別純米酒 720ml

    検証① 美味しさ

    美味しさ

    全ての純米酒について、常温での「美味しさ」を検証します。


    銘柄を伏せた日本酒全点を専門家3名が唎酒し、風味や香り・喉越しを確認した上で、5段階で評価しました。

    【検証結果ハイライト】エグみのない甘口の生原酒が上位にランクイン

    【検証結果ハイライト】エグみのない甘口の生原酒が上位にランクイン

    純米酒検証で高得点を獲得したのは、お米の風味がしっかり感じられる、比較的甘口の生原酒でした。中でも、エグみの少ない銘柄が人気。フルーティーな香りやフレッシュな酸味を感じながら、お米の旨みをじっくりと味わうことができます。


    反対に、エグみ・苦味が気になるクセの強いお酒は、旨みを純粋に楽しむことができず、低評価となりました。

    滝川大介
    お酒の愉しみプランナー
    滝川大介さんのコメント
    純米酒は往往にして口当たりが固くなりがちですが、上位のお酒はアタックが柔らかく、それでいてキレのよさもあり好感度大です!
    No.1

    亀泉酒造亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24

    1,683円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 美味しさ(純米): 4.2

    「米と酵母でここまでフルーティーにできるのはすごい!」驚きのある名酒

    1位に輝いたのは、「亀泉 純米吟醸生原酒」でした!


    まず際立つのは香りのよさ。パイナップルを思わせる南国風の芳香がふわっと立ち上ります。味わいは非常にクリアでフルーティー。お米由来の甘みとほどよい酸味のバランスがよく、雑味もないので、すいすい飲み進めることができます。


    識者からは「米と酵母でここまでフルーティーにできるのはすごい!」「日本酒の固定概念を打ち破ってくれる」と絶賛の声が上がりました。

    特定名称純米吟醸
    酒度-13
    酸度1.8
    米の種類八反錦
    No.2

    油長酒造日本酒 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 720ml

    1,650円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 美味しさ(純米): 3.8

    乳酸菌系の濃い酸味とフルーティーな甘み。キレも良好で小気味いい

    乳酸菌風味の濃厚な酸味があり、味わいにコクをもたらしています。フルーティーな甘みとキレのよさもあり、しっかりした味わいなのに後味がしつこくない点が高評価。雄町の個性がいい方向に発揮されており、味の膨らみもじゅうぶんで満足感があります。


    味の主張が強いお酒なので、好き嫌いが分かれる面はあるかもしれません。

    特定名称純米吟醸
    酒度-1.5
    酸度-
    米の種類雄町
    No.3

    松崎酒造店 廣戸川廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒 720ml

    2,024円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 美味しさ(純米): 3.8

    辛めのアタックから柔らかな甘みへ。後味がよく飲みやすい

    ヨーグルトのような発酵臭とパイナップルのようなフルーティーな芳香が混ざり合った、フレッシュな香り。アルコール感が強く、口に入れた瞬間のアタックはやや辛めに感じます。中盤からじわじわと心地よい甘みが広がり、キレはさっぱり。


    味の変化が大きいので、日本酒を飲み慣れないと最初はびっくりするかもしれません。飲み重ねるうちに美味しさが増すお酒です。

    特定名称純米吟醸
    酒度2,1
    酸度1.4
    米の種類夢の香
    No.4

    村祐酒造村祐 「黒」純米大吟醸 無濾過本生 濃醇甘口 720ml

    8,902円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 美味しさ(純米): 3.8

    フルーツカクテル感覚で飲めるジューシーな甘口日本酒

    非常にはっきりと甘口に振れた香りと風味で、フルーツのようなジューシーさがあります。デザートワインの趣きがあるので、しっかり冷やして単品で楽しみたい1本です。


    甘い日本酒が苦手な人や、もっとお米の旨みを主体で楽しみたい人には不満が残るかもしれません。

    特定名称純米大吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類非公開
    No.5

    石川酒造多満自慢 純米無濾過 1800ml

    2,031円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 美味しさ(純米): 3.7

    しっかりしたお米の香りと旨み。キレもよく高め安定の実力

    お米の香りと旨みがじゅうぶんに発揮されており、しっかりとした味わいのお酒です。口に入れてからキレるまでの味のバランスがよく、「ザ・純米酒」ともいうべき正統派の印象。


    インパクトの強いお酒なので、和食のようなさっぱりとした料理よりは、ややこってりとした料理に合いそうです。

    特定名称純米
    酒度-7
    酸度1.8
    米の種類コシヒカリ
    No.6

    加藤吉平商店梵 吟撰 特別純米酒 720ml

    2,138円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 美味しさ(純米): 3.7

    フルーティーでお米の旨みもしっかり。中華に合うお酒

    フルーティーでお米の旨みがしっかり出ている、まとまりのいい味わいのお酒です。甘みも感じられ、味にインパクトがあるので、酢豚や回鍋肉など味の濃い中華料理に合いそう。
    特定名称特別純米
    酒度3
    酸度1.4
    米の種類山田錦
    No.7

    加藤嘉八郎酒造大山 特別純米酒 十水(とみず) 720ml

    1,980円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 美味しさ(純米): 3.5

    甘辛のバランスがいいサラッとした飲み口

    甘みと辛みのバランスがよく、名前の通り水のようなサラッとした飲み口のお酒です。フルーティーな香りもあるので、しっかりと冷やしてワイングラスで飲むと雰囲気が楽しめそうです。
    特定名称特別純米
    酒度-7
    酸度1.6~1.7
    米の種類はえぬき
    No.8

    八海醸造純米吟醸八海山 雪室貯蔵三年 720ml

    3,348円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 美味しさ(純米): 3.5

    ピリっとスパイシー。味のインパクトがあるお酒

    ナッツやアーモンドのような香ばしい香りと、ピリッとした刺激を感じるややスパイシーな味わいが特徴的。味にインパクトがあるので、肉料理などに合わせても負けることなくいい仕事をしてくれそうです。
    特定名称純米吟醸
    酒度-1
    酸度1.5
    米の種類山田錦(麹)、ゆきの精(掛米)、五百万石(掛米)
    No.9

    神州一味噌真澄 純米吟醸 辛口生一本 720ml

    1,485円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 美味しさ(純米): 3.5

    スッキリ飲みやすくキレもあるがやや物足りない

    香りは穏やか。やや甘めの口当たりから徐々に辛みが出てきます。スッキリ淡麗で飲みやすく、キレがあって後味も良好。そのぶんやや物足りなく感じるという意見も上がりました。
    特定名称純米吟醸
    酒度3
    酸度1.6,1.4
    米の種類美山錦・山田錦・ひとごこち
    No.10

    木下酒造玉川 自然仕込 山廃純米酒 無濾過生原酒 720ml

    1,485円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 美味しさ(純米): 3.5

    フレッシュなフルーティーさは好印象も、エグみが残念

    ヨーグルトのような乳酸菌系のフレッシュな酸味とフルーティーさ、わずかな辛みが好印象。南国的な雰囲気があり、「ナイトプールのバーで出されていそう」というコメントも。エグみが目立つ点が響いて点が伸びませんでした。
    特定名称純米,山廃純米
    酒度-
    酸度-
    米の種類北錦
    No.11

    萬乗酒造醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦50% EAU DU DESI(希望の水) 720ml

    2,095円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 美味しさ(純米): 3.3

    酵母の香りがしっかり。純米らしさが詰まったお酒

    飲む前から酵母の香りが漂い、口に入れると乳酸菌の味とぴりっとした刺激があります。純米大吟醸酒のスッキリしたイメージからすると比較的ケミカルな風味です。純米らしいニュアンスがしっかり感じられるお酒です。
    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度1.7
    米の種類山田錦
    No.12

    旭酒造獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 720ml

    1,208円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 美味しさ(純米): 3.3

    甘みと辛みの絶妙な調和。フルーティーな香りも魅力

    やや甘めの柑橘系アロマ。酵母の匂いが目立たないぶん、純米大吟醸らしいフルーティーさが際立ち好印象です。甘いけれど辛い絶妙なバランスの味わい。冷酒で爽やかな喉越しを楽しむのがおすすめです。
    特定名称純米大吟醸
    酒度6,-
    酸度1.1,-
    米の種類山田錦
    No.13

    曙酒造天明 純米吟醸 中取り 弐号 720ml

    1,458円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 美味しさ(純米): 3.3

    さらっとしつつ旨みもじゅうぶん。夏場に冷酒で飲みたい

    南国風のフルーティーな甘い香り。香りと濁った見た目からこってり甘口を想像しますが、実際はスッキリした味わいです。旨みもじゅうぶんにあるので物足りなさはありません。暑い日にキリッと冷やして飲みたいお酒です。
    特定名称純米吟醸
    酒度5
    酸度1.2
    米の種類美山錦
    No.14

    梅錦山川梅錦 純米吟醸酒一筋

    2,495円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 美味しさ(純米): 3.2

    甘い芳香とキレの良さが好評も、味わいが薄い

    純米酒らしく清々しい、甘い芳香があり、味への期待が高まります。酸が利いた味わいでキレも良好。ただし旨みは弱く、やや薄く平板な印象も。熱燗にすることで味が膨らみそうです。
    特定名称純米吟醸
    酒度0
    酸度1.8
    米の種類山田錦
    No.15

    神戸酒心館福寿 純米吟醸 720ml

    2,380円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 美味しさ(純米): 3.2

    落ち着きのある風味だが特徴が薄い

    グレープフルーツのような柑橘系の香り。落ち着きがあり料理の邪魔をしないので食中酒として重宝しそうです。一方、全体的に特徴が薄く、「煮ても焼いても食えない」という評価も…。
    特定名称純米吟醸
    酒度2
    酸度1.4
    米の種類兵庫夢錦
    No.16

    飯沼銘醸姿 純米吟醸無濾過生原酒 720ml

    1,728円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    甘みと苦みが両方ある。旨みの弱さが残念

    甘めですが苦みもある、濃い口のお酒です。味の膨らみとキレのよさが好印象。一方、味が濃い割に旨みが弱い点、アルコールのピリッと感がマイナス評価の原因となりました。
    特定名称純米吟醸
    酒度0
    酸度1.8
    米の種類雄町
    No.17

    清水清三郎商店作 奏乃智 純米吟醸 720ml

    1,940円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    まとまりよくまっすぐな風味。味はいいが純米感が乏しい

    香りは甘く酸味も感じられて好評。妙なクセがなくまっすぐな風味で、わずかな苦味がアクセントになっています。一方、「味はいいが純米感が乏しい」と、インパクト不足を指摘する評価もありました。
    特定名称純米吟醸
    酒度-
    酸度-
    米の種類みえのゆめ
    No.18

    福光屋加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒 720ml

    2,675円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    甘みと酸味のバランスがよく純米らしい。アタックの強さが気になる

    甘みと酸味がバランスよく調和し、純米酒らしいしっかりとした味わいです。フルーティーさは弱く、どちらかというとクリーミーな風味。アタックの強さが気になるという意見があり、この位置に留まりました。
    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度1.6
    米の種類山田錦
    No.19

    宮尾酒造〆張鶴 純 純米吟醸 720ml

    2,880円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    キレがよく純米らしさもあるが、もうひと味ほしい

    純米らしい風味でキレも良好。スカッとした印象ですが、やや平板さも目立ち、もうひとつ味わいの深さがほしいところです。白身の魚などと合わせる食中酒としておすすめ。
    特定名称純米吟醸
    酒度3
    酸度1.5
    米の種類五百万石
    No.20

    石本酒造越乃寒梅 無垢 純米大吟醸 720ml

    1,056円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    平均的な味わい。香りが強すぎないので食中酒として

    突き抜けた特徴がない、平均的な味わいのお酒です。お米の香りがぷんぷんするわけではないので、料理の邪魔をせず、食中酒として重宝しそう。物足りなさを感じる識者が多く、評価が伸び悩みました。
    特定名称純米大吟醸
    酒度4
    酸度-
    米の種類山田錦
    No.21

    小嶋総本店東光 純米 720ml

    1,023円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    柑橘系の淡麗な辛口。おつまみには合わない

    フルーティーで比較的辛め寄りの味わい。サラッとした飲み口で、最後にやや苦味が感じられます。お米の旨みがあまり感じられず、満足感を得られない点が評価に響きました。
    特定名称純米
    酒度4
    酸度1.4
    米の種類-
    No.22

    李白酒造李白 純米酒 720ml

    1,080円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    酸味が立ち心地よい余韻が残る。口当たりの固さが残念

    酸味がはっきりと感じられ、クリアな後味。余韻が心地よく、純米らしい味わいです。熱燗にするとさらに味が膨らんで美味しく楽しめそう。一方、口当たりの固さを指摘する意見も聞かれました。
    特定名称純米
    酒度5
    酸度1.8
    米の種類神の舞
    No.23

    酔鯨酒造酔鯨 特別純米酒 720ml

    1,140円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 美味しさ(純米): 3.0

    柔らかな口当たりとピリッとした辛み。酸味のニュアンスが固い

    初めの口当たりは柔らかく、後から鼻に抜ける辛みが感じられます。米麹の甘みがないので飲み疲れない一方、「酸味のニュアンスが固く、口に入れた時に不快」という厳しい意見も。
    特定名称特別純米
    酒度6
    酸度1.6
    米の種類高知アキツホ
    No.24

    齋彌酒造店雪の茅舎 純米吟醸 (秋田) 720ML

    1,979円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ(純米): 2.8

    フルーティーな薫酒。万人ウケするクリアな味わい

    柑橘系の香りがふわっと広がる「ザ・薫酒」。雑味がなくクリアな味わいで純米吟醸らしいフルーティさもあり、万人ウケする飲みやすいお酒です。「純米としては個性が足りない」という評価が響き、上位には及びませんでした。
    特定名称純米吟醸
    酒度賊0
    酸度1.6
    米の種類山田錦・あきた酒こまち
    No.25

    南部美人南部美人 純米吟醸 720ml

    1,836円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ(純米): 2.8

    甘みの中に吟醸の苦み。飲み足りなさを感じて残念

    ほんのりとした甘みの中に吟醸ならではの淡い苦みがあり、味の印象は良好です。クセがなくするっと飲み下せるので、どんな料理とも合わせやすいお酒です。そのぶん、飲み足りなさを感じてしまう点が惜しいところ。
    特定名称純米吟醸
    酒度5
    酸度1.5
    米の種類ぎんおとめ・美山錦
    No.26

    平和酒造紀土 純米大吟醸 720ml

    1,512円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 美味しさ(純米): 2.8

    バランスのとれた風味だが全体的にインパクトが弱い

    お米の甘みが感じられ、ほんのりフルーティーなお酒です。全体のバランスはよく、エグみや苦みなどのクセも感じられない一方で、香りや旨みのトーンが弱く、物足りなさが指摘されました。
    特定名称純米大吟醸
    酒度3
    酸度1.5
    米の種類山田錦
    No.27

    白瀧酒造上善如水 純米大吟醸 720ml

    2,654円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    クリアでまとまりのいい味わい。淡麗すぎる点が評価に響いた

    やや辛口寄りの、非常にスッキリとしたクリアな味わい。全体の風味がきれいにまとまっており、純米酒としての味わいも感じられます。誰にでも飲みやすいお酒ですが、個性を重視する人には淡麗すぎると感じられるかもしれません。
    特定名称純米大吟醸
    酒度2
    酸度1.5
    米の種類山田錦
    No.28

    大七酒造大七生もと純米 720ml

    1,720円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    酸味がありフルーティー。「純米」としては物足りないという声も

    フルーティーな香りと味わいの中にほのかな酸味と甘みが感じられます。心地よい余韻が残り好印象。とはいえ、「純米酒としては物足りなさを感じる」という評価があり、点数が伸び悩みました。
    特定名称純米
    酒度3
    酸度1.8
    米の種類五百万石
    No.29

    神亀酒造神亀 純米酒 辛口 720ml

    1,623円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    旨みの強い豊潤なお酒。独特の匂いが気になる人も

    純米らしい旨みが強く、キレもあってバランス良好。味わいがしっかりしているので、熱燗でも美味しく飲めます。一方で、セメダインのような独特の匂いが気になる人もいるかもしれません。
    特定名称純米
    酒度5~6
    酸度1.5~1.6
    米の種類山田錦・五百万石など
    No.30

    サケネット鍋島 特別純米 クラシック 720ml

    2,682円

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    酸味のニュアンスが目立つ。もう少し甘みがあると◎

    メープルシロップのような甘い香りですが、味わいは酸味が強め。「味がありながら消えていく感じがいい」「品格がある」と上品な味わいを評価する声があった一方、物足りなさを指摘する意見も。甘みのある料理と合わせるとより美味しくなりそうです。
    特定名称特別純米
    酒度5
    酸度1.6
    米の種類佐賀の華・山田錦
    No.31

    今西清兵衛商店春鹿 超辛口 純米酒 黒ラベル 720ml

    1,455円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    キリッとした辛味と酸味。好みによって評価が分かれる

    キリッと辛い淡麗なお酒です。酸味のニュアンスが強く、口当たりが硬いので、「爽やかな風味」と感じるか「まろやかさが足りない」と感じるか、好みによって評価が分かれます。ぬる燗でも美味しく飲めそう。
    特定名称純米
    酒度12
    酸度1.4
    米の種類五百万石
    No.32

    一ノ蔵一ノ蔵 特別純米酒 辛口 720ml

    968円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 美味しさ(純米): 2.7

    強いお米の香りと味わい。どこでも飲めそうなところが惜しい

    お米の香りと味わいがしっかりと感じられ、ほんのりとした甘みもあります。全体のバランスはいいものの、口当たりはやや固め。「どこでも飲める」という厳しい声も…。
    特定名称特別純米
    酒度1~3
    酸度1.3~1.5
    米の種類ササニシキ・蔵の華
    No.33

    口当たりがいい洒落た味わいだが、純米感は少ない

    柑橘系の香りとヨーグルトのような風味があり、普段日本酒を飲まない若い人に受けそうな洒落た印象のお酒です。そのぶんお米の旨みがそれほど感じられず、物足りなさを指摘する意見も上がりました。
    特定名称特別純米
    酒度0,-
    酸度1.8,-
    米の種類秋田県産酒造好適米100%使用
    No.34

    仁井田本家金寶仁井田本家 福島県 『燗誂(かんあつらえ)』お燗して美味しい自然酒純米酒 720ml

    1,320円(税込)

    総合評価

    2.30
    • 美味しさ(純米): 2.3

    派手な要素がなく料理に合わせやすいが、意図をはかりかねる

    スッキリとした派手なところのない味わいで、どんな料理でも邪魔をせず引き立ててくれそうです。反面、「なんのためのお酒なのか?」と、背景の意図を汲むのが難しいという評価もありました。
    特定名称純米
    酒度-10
    酸度1.8
    米の種類夢の香・豊錦
    No.35

    本田商店龍力 生酛仕込み 特別純米酒 720ml

    1,650円(税込)

    総合評価

    2.30
    • 美味しさ(純米): 2.3

    クセがすごい。米感の強いお酒が好きならおすすめ

    お米の旨みはしっかりしているものの、酸味がくどく、アタックに野暮ったさが感じられます。「しかめ面になってしまう」と、クセの強さに対する言及が聞かれました。
    特定名称特別純米
    酒度1,5
    酸度1.8
    米の種類山田錦

    人気純米酒の検証結果比較表

    より純米酒を楽しみたい方は、酒器や日本酒アプリなどもチェック

    好みの純米酒が見つかったら、おちょこや徳利にもこだわってみてはいかがでしょうか?

    また、純米酒をはじめとした日本酒の知識を深めることで、より楽しむことができるため、アプリや本などをチェックしてみるのもいいかもしれません。

    純米酒の売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、純米酒のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    まとめ

    今回はプロの唎酒師にご協力いただき、売れ筋上位の純米酒を徹底的に比較・検証しました。


    比較検証の結果を参考に、ぜひ自分好みの1本を見つけてくださいね。


    取材/文:鈴木紗綾子、写真:三浦晃一、稲垣佑季、瀧川寛

    プロが愛用するおすすめの純米酒

    最後に、プロの愛用するおすすめの純米酒をご紹介します。
    専門家の
    マイベスト

    中勇酒造夢幻 特別純米 1800ml

    3,085円 (税込)

    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す