• 【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】

美肌と健康のために、日焼け止めは年中使用すべきアイテムです。ビオレ・ニベア・アリィー・アクセーヌといったブランドから、クリーム・スプレー・パウダータイプなど、さまざまな種類が販売されています。また赤ちゃんや子供の顔など敏感な肌にも使える、安心なノンケミカルやオーガニックの日焼け止めも最近は人気です。

今回は数ある商品の中から、おすすめの日焼け止めを人気順にご紹介します。併せて前半部分では、皮膚科医の平川先生に伺った「日焼け止めの選び方」を解説。SPF値が高い商品や下地に使えるもの、ウォータープルーフタイプなどいろいろ商品が登場しますよ!

この記事に登場する専門家

平川彩子
八朔ママ
中道 登茂子
赤木 桃
立花 ゆうり
遠藤 幸子
浅野 景子
剱持 百香
清水美知
かにかに車窓
hitomi andoh
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 1,754,181  views
目次

日焼け止めが重要な理由

肌の老化(光老化)を早める最大の原因といわれる紫外線。日焼け止めを正しい方法で使い、日常的に紫外線ケアに取り組めば、数年後の肌が違ってきます。まずは紫外線がお肌に与える影響を知り、対策に取り組むことが大切です。

肌の乾燥をまねく

肌の乾燥をまねく
紫外線をほんの20~30分浴びただけでも肌の水分量は減少するというデータがあります。もしこのときに日焼け止めを付けていないと、その数十分のあいだにも肌はダメージを受けるということです。

肌の水分量が低下すると角層の細胞が成熟しにくい肌環境となり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥していきます。角層内には乾燥した細胞が増え、キメも乱れていきます。

その肌荒れが原因となって紫外線による黒化・炎症が起こりやすくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

シミ・ソバカスの原因になる

シミ・ソバカスの原因になる
日焼けをすると肌内部でメラニンが生成されますが、ターンオーバーの乱れによってメラニンがうまく排出できなくなると、「メラニンをつくりなさい」という指令が止まらなくなり、メラニンを根付かせ、シミやそばかすの原因になるのです。

ちなみに生理前は黄体ホルモンの分泌が多くなります。この黄体ホルモンは紫外線感受性を高める働きがあるため、この時期は普段よりも日焼けしやすくなります(妊娠中、ピルを服用中も同じ)。そのためいつもより念入りにUVケアを施す必要があるということを覚えておきましょう。

SPFとPAの違いを理解する

SPFとPAの違いを理解する
「SPF」と「PA」という言葉をよく目にすると思いますが、しっかり理解している方は意外と少ないのではないでしょうか?違いは以下の通り。

・SPFはUVBの遮断効果:サンバーンを防ぐ指標
・PAはUVAの遮断効果:サンタンを防ぐ指標

強い紫外線を大量に浴びると、皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたりするのは、「UVB」という紫外線が主な原因。これを「サンバーン」といい、紫外線による肌の火傷です。赤みや痛みによる炎症は数日続き、皮膚はやがてはがれ落ちて治ってきますが、その後に肌が黒くなった状態になります。これを「サンタン」といい、主にUVAによるものです。

サンバーンやサンタンの出かたは、スキンタイプにより個人差があります。こういった紫外線による肌影響を防ぐために、日焼け止めは非常に重要な役割を果たします。

日焼け止めの選び方のポイント

今回は、日焼け止めを選ぶ際にどのようなポイントに気をつけるべきなのか、皮膚科医の平川先生にお話をお聞きしました。SPFやPAだけでなく、形状の違いや成分による違いなど、ぜひ参考にしてください!
日焼け止めの選び方のポイント
〈取材協力:平川彩子さん〉
皮膚科医/日本コスメティック協会インストラクター(認定指導員)

帝京大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学付属第三病院にて初期研修を修了。その後、東京慈恵会医科大学病院皮膚科学講座に入局。

助教に就任後、メンズヘルスクリニック東京・ウイメンズヘルスクリニック東京、皮膚専門外来を担当。皮膚科一般診療及び美容皮膚科診療を得意分野とする。日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本香粧品学会所属。

・Instagram(メンズヘルスクリニック東京・ウイメンズヘルスクリニック東京):https://www.instagram.com/team_makoto/

・Instagram(個人):https://www.instagram.com/ayakoh1014/

「SPF/PA」はシーンに合わせて選ぶ

「SPF/PA」はシーンに合わせて選ぶ
「SPF/PA」は、使うシーンに合わせて適切な数値のものを選びましょう。数値が高ければ高いほど予防効果は高いですが、その分肌への刺激が強くなってしまう場合も。以下を参考に、自分がどんなシーンで使用するのかイメージして選んでみましょう。

・日常生活:SPF15/PA+
・屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動:SPF15~30/PA++
・炎天下でのレジャー・リゾート地でのマリンスポーツ等:SPF30~50+/PA+++
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
日焼け止めは、皮膚1平方センチメートル当たりに2mg塗布する必要があります。だいたい500円玉サイズになりますが、多くの人はこの量の半分しか使わないというアンケート結果があります。

一般的に、日常生活なら「SPF15/PA+で十分」と言われていますが、塗布する量が少なければ効果は期待できません。適量を使用するように心がけましょう。

海やプールに入るなら「ウォータープルーフ」は絶対条件

海やプールに入るなら「ウォータープルーフ」は絶対条件
海やプール、大量に汗をかくようなシーンでは、「ウォータープルーフタイプ」を選ぶのがおすすめ。ウォータープルーフとは、防水性や耐水性を持ち、水や汗に濡れても落ちにくい成分を含んでいる製品を指します。

ただ、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは耐水性に優れているので、普段使っている洗顔料やボディソープではすっきり落とせないことがあります。専用のクレンジング料が用意されている製品もありますので、必ず使用説明書を確認しておくことが大切です。
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
海やプールなどに入る場合は、塗布した日焼け止めが落ちやすくなってしまうので、頻繁に塗り直すように心がけましょう。数時間ごとに塗り直すという意識ではなく、肌がこすれたり、水に濡れたタイミングなどを目安に塗り直してください。

特に、水着でこすれた部分は赤くやけど状態になることがあるので、入念に塗っておくことをおすすめします。

アレルギー・敏感肌なら「無機系素材(ノンケミカル)」のものを

アレルギー・敏感肌なら「無機系素材(ノンケミカル)」のものを
日焼け止めの素材には、無機系素材と有機系素材の2種類があります。基本的に肌トラブルを起こしやすい方は、比較的リスクの少ない「無機系素材(ノンケミカル)」のものを選ぶようにしましょう。

代表的な成分として、「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」「アルミニウム」などがあります。ただ使用感が良い反面、コストの高いものが多いというデメリットもあります。
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
一般的に日焼け止めは、紫外線を吸収する「有機系素材(紫外線吸収剤)」と、紫外線を散乱・反射させる「無機系素材(紫外線散乱剤)」に分けられています。しかし、金属の励起(れいき)作用によって、無機系素材も「紫外線吸収剤」としての効果を発揮することもあります。

そのため、一概に吸収剤・散乱剤というように括ることは難しく、有機系素材・無機系素材で選んだ方がわかりやすいでしょう。なお、有機系素材にUVA・UVBの両波長を吸収する「オキシベンゾン-3」がありますが、女性ホルモン作用があるので、2歳以下の皮膚バリアが形成されていない子供への使用は避けてください。

さらに、海外ではサンゴ礁に悪影響を与える有機系素材として、「オキシベンゾン-3」「オクチノキサート (メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)」を含む日焼け止めの販売を禁止する動きもあります。安全性にこだわりたい方は、購入前に上記の成分が入っていないか確認するようにしましょう。

使い心地・持ちなどを考慮してタイプを選ぶ

日焼け止めにはさまざまなタイプがあります。タイプごとに特徴や使い心地・持ちなどが異なるので、用途や好みに合わせて選ぶようにしてください。

メイン使用は「クリーム」「乳液」「ローション」「ジェル」がおすすめ

メイン使用は「クリーム」「乳液」「ローション」「ジェル」がおすすめ
必要な量がしっかり塗りやすい「クリーム」「乳液」「ローション」タイプがおすすめ。また、化粧品に慣れていない男性には、しっかり塗れて軽いつけ心地のジェルタイプがぴったりです。塗りやすく、比較的持ちもいいため、日常的に使用するメインの日焼け止めとして使うといいでしょう。

特にクリームや乳液タイプは保湿効果(セラミド・ヒアルロン酸など)に優れている商品も多いので、乾燥肌の方はこれらのタイプを選ぶと尚良いでしょう。
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
「ジェルは透明で効果が薄いのでは?」という意見もありますが、日焼け止めの色は効果とは全く関係ありません。ジェルタイプの日焼け止めも、クリームや乳液のものと同様の効果があると考えていいでしょう。

「スプレー」「シート」「パウダー」は塗り直し用など補助の役割で

「スプレー」「シート」「パウダー」は塗り直し用など補助の役割で
「スプレー」「シート」タイプは手軽な反面、規定の塗布量には足りないため、塗り直しなどの補助的な使用に留めるべきでしょう。ただ、急な外出やお出かけにも対応でき、スプレータイプであれば商品によって髪の毛にも使える点は嬉しいですよね。

塗り直しに抵抗感がある方であれば、クリームや乳液タイプなどをメインとして使い、補助的な役割としてスプレーやシートタイプを併用するといいかもしれません。
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
「パウダー」タイプも同様に薄塗りになりやすいので、日焼け止めの効果を発揮するのは難しいです。こちらも日焼け止め+ベースメイクを使用した上で、塗り直し用として使うのに留めましょう。

「飲むタイプ」に過度な期待はNG

「飲むタイプ」に過度な期待はNG
近頃、美意識の高い女性を中心に人気を集めているのが「飲むタイプ」の日焼け止めです。こちらのタイプは肌に直接塗る必要がないので、塗り残しといった心配がありません。

気になる方は以下の記事もチェックしてみてください。ただし、飲む日焼け止めはまだまだ科学的に効果が実証されたものではないので、過度な期待はせず、その他のタイプでしっかりケアすることをおすすめします。

プロの愛用するおすすめの日焼け止め

まずはランキングの前に、プロの愛用する日焼け止めをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に日焼け止めとしての効果はもちろん、肌に合うものを見つけてくださいね。
PR

ビーグレンホワイトケア トライアルセット

1,800円 (税別)

【71%オフ相当!】5品をたっぷり7日間お試しできて、1,800円!

ボタン
少しでも気になった方は、まずはトライアルセットで気軽にお試しを♪なんと、洗顔料・化粧水・美容液・夜用クリーム・クリームの5品、6,422円相当がたったの1,800円で購入できちゃうんです!

ぜひ、詳細をチェックしてみてくださいね。  
専門家の
マイベスト
リサージ パーフェクトプロテクターUV 1枚目
出典:amazon.co.jp

リサージパーフェクトプロテクターUV

2,592円 (税込)

専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションミスト 1枚目
出典:amazon.co.jp

ラ ロッシュ ポゼUVイデア XL プロテクションミスト

2,700円 (税込)

専門家の
マイベスト
SUN BATH サンスクリーンジェル (日焼け止め) 1枚目
出典:amazon.co.jp

SUN BATHサンスクリーンジェル (日焼け止め)

F38700

1,340円 (税込)

専門家の
マイベスト
カントリー&ストリーム   UVウォータリージェル N 1枚目
出典:amazon.co.jp

カントリー&ストリーム UVウォータリージェル N

972円 (税込)

専門家の
マイベスト
オルビス  サンスクリーン(R)フリーエンス 1枚目
出典:amazon.co.jp

オルビス サンスクリーン(R)フリーエンス

1,296円 (税込)

専門家の
マイベスト
ロート製薬 スキンアクア モイスチャージェル 1枚目
出典:amazon.co.jp

ロート製薬スキンアクア モイスチャージェル

513円 (税込)

専門家の
マイベスト
カネボウ化粧品 アリィー エクストラUVジェル 1枚目
出典:amazon.co.jp

カネボウ化粧品アリィー エクストラUVジェル

2,149円 (税込)

専門家の
マイベスト

アクセーヌスーパーサンシールド ブライトフィット 40g

3,200円 (税込)

専門家の
マイベスト

ラロッシュポゼUVイデア XL ティント SPF50/PA++++

3,672円 (税込)

専門家の
マイベスト

RMK (RMK) UVフェイスプロテクター50 SPF50+/PA++++ 50g

3,240円 (税込)

肌の弱い方にもおすすめな乳液タイプ

日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選

ここからは、人気の日焼け止めの中からおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。果たして価格・性能ともに最強の日焼け止めはどれでしょうか。
20位
パラソーラ エッセンスイン フレグランス UVスプレー
出典:amazon.co.jp

パラソーラエッセンスイン フレグランス UVスプレー

1,592円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプスプレー
内容量90g
19位
ロート製薬 スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス 無香料
出典:amazon.co.jp

ロート製薬スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス 無香料

638円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプクリーム
内容量80g
18位

花王ビオレさらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

615円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプクリーム
内容量50g
17位
カネボウ アリィー エクストラUVジェル ミネラルモイスト
出典:amazon.co.jp

カネボウアリィー エクストラUVジェル ミネラルモイスト

3,500円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプジェル
内容量90g
16位
コーセー 雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル
出典:amazon.co.jp

コーセー雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

2,376円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプジェル
内容量80g
15位
SPF50PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプクリーム
内容量45g
14位

コーセーサンカット 日焼け止め透明スプレー 無香料

1,323円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプスプレー
内容量90g
13位

アクセーヌスーパーサンシールド

3,399円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプクリーム
内容量22g
12位
日本ロレアル ラロッシュポゼ UVイデア アクアフレッシュジェルクリーム
出典:amazon.co.jp

日本ロレアルラロッシュポゼ UVイデア アクアフレッシュジェルクリーム

3,670円 (税込)

SPF50PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプジェル
内容量30g
11位

カネボウアリィー エクストラUVプロテクター パーフェクトアルファ

3,220円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量60g
10位
SPF25PA++
ウォータープルーフ対応×
タイプクリーム
内容量40g
9位

資生堂専科 ミネラルウォーターでつくったUVエッセンス

564円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応×
タイプクリーム
内容量50g
8位
資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクト
出典:amazon.co.jp

資生堂サンメディックUV 薬用サンプロテクト

1,944円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプジェル
内容量50g
7位

花王ビオレ さらさらUVパーフェクトミルク

524円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量40g
6位

資生堂アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

2,970円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量60g
5位

花王ニベアサン プロテクトプラスウォータープルーフUVミルク

1,099円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量40g
4位

花王ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル

615円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプジェル
内容量90g
3位

花王ニベアサン プロテクトウォータージェル

502円 (税込)

SPF35PA+++
ウォータープルーフ対応×
タイプジェル
内容量80g
2位

資生堂アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン

4,100円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量60g
1位

カネボウアリィー エクストラUVプロテクター ホワイトニング

2,170円 (税込)

SPF50+PA++++
ウォータープルーフ対応
タイプローション
内容量60g

おすすめ人気 日焼け止めの比較一覧表

商品画像
1
カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター ホワイトニング

カネボウ

2
資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン

資生堂

3
花王 ニベアサン プロテクトウォータージェル

花王

4
花王 ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル

花王

5
花王 ニベアサン プロテクトプラスウォータープルーフUVミルク

花王

6
資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

資生堂

7
花王 ビオレ さらさらUVパーフェクトミルク

花王

8
資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクト

資生堂

9
資生堂 専科 ミネラルウォーターでつくったUVエッセンス

資生堂

10
ユースキン ユースキンS UVミルク

ユースキン

11
カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター パーフェクトアルファ

カネボウ

12
日本ロレアル ラロッシュポゼ UVイデア アクアフレッシュジェルクリーム

日本ロレアル

13
アクセーヌ スーパーサンシールド

アクセーヌ

14
コーセー サンカット 日焼け止め透明スプレー 無香料

コーセー

15
ポーラ B.A ザ・プロテクター

ポーラ

16
コーセー 雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

コーセー

17
カネボウ アリィー エクストラUVジェル ミネラルモイスト

カネボウ

18
花王 ビオレさらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

花王

19
ロート製薬 スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス 無香料

ロート製薬

20
パラソーラ エッセンスイン フレグランス UVスプレー

パラソーラ

商品名

アリィー エクストラUVプロテクター ホワイトニング

アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン

ニベアサン プロテクトウォータージェル

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル

ニベアサン プロテクトプラスウォータープルーフUVミルク

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

ビオレ さらさらUVパーフェクトミルク

サンメディックUV 薬用サンプロテクト

専科 ミネラルウォーターでつくったUVエッセンス

ユースキンS UVミルク

アリィー エクストラUVプロテクター パーフェクトアルファ

ラロッシュポゼ UVイデア アクアフレッシュジェルクリーム

スーパーサンシールド

サンカット 日焼け止め透明スプレー 無香料

B.A ザ・プロテクター

雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

アリィー エクストラUVジェル ミネラルモイスト

ビオレさらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス 無香料

エッセンスイン フレグランス UVスプレー

特徴美白と紫外線対策を叶えてくれる絶対に焼きたくない人に化粧水みたいな使用感軽い付け心地で伸びが良いお手頃価格で使いやすい汗とお水を味方につけよう強力なのにお肌さらさら乾燥も肌荒れも予防したい方に毎日使える安心感敏感肌の方におススメ幅広いシーンで活躍敏感肌に優しい圧迫感のない肌へのやさしさ簡単お手軽スプレータイプ保湿力◎の大人の日焼け止めスーッとした使い心地が気持ちいいうるうるジェルで落ちにくい軽さとみずみずしさが気持ちの良い使用感なじみの良さ抜群で軽い使い心地制汗効果と美容成分配合のスプレータイプ
価格2,170円(税込)4,100円(税込)502円(税込)615円(税込)1,099円(税込)2,970円(税込)524円(税込)1,944円(税込)564円(税込)798円(税込)3,220円(税込)3,670円(税込)3,399円(税込)1,323円(税込)9,634円(税込)2,376円(税込)3,500円(税込)615円(税込)638円(税込)1,592円(税込)
SPF50+PA++++50+PA++++35PA+++50+PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++25PA++50+PA++++50PA++++50+PA++++50+PA++++50PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++50+PA++++
ウォータープルーフ対応×××××××××
タイプローションローションジェルジェルローションローションローションジェルクリームクリームローションジェルクリームスプレークリームジェルジェルクリームクリームスプレー
内容量60g60g80g90g40g60g40g50g50g40g60g30g22g90g45g80g90g50g80g90g
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

日焼け止めを使用する際のポイント

お気に入りの日焼け止めが見つかったら、使うときのポイントを理解しましょう!正しく使うことで、より効果的に紫外線からお肌を守ることができます。

サンケア指数が高くても、屋外活動では塗り直しが必要

サンケア指数が高くても、屋外活動では塗り直しが必要
オフィスなど屋内で一日過ごすのであれば、朝に日焼け止めを塗って通常のメイク直しをすれば十分です。しかし、屋外など紫外線の強い場所で過ごす場合は、汗をかいたり、汗を拭くときにこすれて取れてしまいやすいので、2~3時間ごとに塗り直すことが必要です。

ちなみに製品に表示されているサンケア指数の値は、1平方センチメートルあたり2mgを皮膚に塗ったときの測定をもとにしたもの。時間が経つとこすれたり、取れたりすることは当然ありますので、気づいたら塗り直すようにしましょう。
平川彩子
皮膚科医/日本コスティック協会インストラクター(認定指導員)
平川彩子さんのコメント
また、日焼け止めクリームの他にも、日傘・帽子・サングラスなどをシーンに合わせて使用し、太陽光に含まれる有害光をしっかりと遮断することも大切です。

開封した日焼け止めはそのシーズンで使い切る

開封した日焼け止めはそのシーズンで使い切る
製品や使用状況によるため一概にはいえませんが、一度開封した日焼け止めは半年~1年程度もつようです。

ただし、鮮度はよいに越したことはありません。また使い残したものは酸化している可能性もありますので、次のシーズンに使うのは避けた方がいいでしょう。

日焼け止めの正しい塗り方

下記に、パーツ別・日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。是非、参考にしてみてください!

顔
手のひらに適量をとり、両頬・額・鼻・あごにのせてから全体にムラなくなじませます。ファンデーションを塗らない場合はもう一度、同じ量を塗りましょう。日焼けしやすい頬からこめかみは重ねて塗るようにします。

首
手のひらに適量をとり、首から襟足の数か所にのせ、軽く広げてからなじませます。最後に下から上に向かってていねいに塗りましょう。

からだ

からだ
からだに使う場合は、容器から直接肌にのせていきます。手にとってつけていくと量も少なく、ムラになりやすいので注意しましょう。のばすときは手のひら全体で大きく円を描くように動かします。

手
手は意外と日焼けしやすい部分。腕を塗ったら、そのまま手の甲から指先にも日焼け止めを塗りましょう。指のあいだ、親指や小指の側面はとくに塗り忘れしやすいので注意しましょう。

日焼け止めの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、日焼け止めのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめの日焼け止めを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

肌に優しい日焼け止めから、バッチリ紫外線を防いでくれる日焼け止めまで、さまざまな商品をご紹介しました。ランキングを参考に、紫外線を浴びるシーンに合わせて、色々なタイプの日焼け止めをそろえて使い分けてみてはいかがでしょうか!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す