1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. 【徹底比較】日焼け止めのおすすめ人気ランキング28選【アネッサ・アリィー・ビオレも】
【徹底比較】日焼け止めのおすすめ人気ランキング28選【アネッサ・アリィー・ビオレも】

【徹底比較】日焼け止めのおすすめ人気ランキング28選【アネッサ・アリィー・ビオレも】

日焼け止めは、肌にさまざまな影響を与える紫外線から肌を守るために欠かせないアイテムです。しかしアネッサ・アリィー・ビオレ・ニベアをはじめとする多くのブランドから発売されており、乳液・ジェル・スプレーなど、タイプもさまざま。いったいどれを買えばいいのか悩んでいませんか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の日焼け止め28商品を比較して、最もおすすめの日焼け止めを決定したいと思います。


比較検証は以下の5点について行いました。

  1. 焼けにくさ
  2. 耐摩擦性
  3. 撥水性
  4. 落としやすさ
  5. 使用感

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?日焼け止めの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年08月14日更新
  • 3,449,261 views

検証のポイント

売れ筋の日焼け止め28商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 焼けにくさ

    検証① 焼けにくさ

    まず検証したのは、日焼け止めを選ぶ際に欠かせない基準「焼けにくさ」です。クリアファイルの上に日焼け止めを塗り、紫外線に当てると色が変わるUVラベルの上に乗せます。屋外で日差しに当て、どのくらいUVラベルの色が変化するかを確認しました。また、UVラベルだけでなく人の肌でも検証します。社内の男性スタッフに協力を仰ぎ、背中に全28商品を塗らせてもらいました!それぞれの塗った箇所を明確にするためにマスキングテープを貼って枠をつくり、一つずつ日焼け止めを塗布します。塗り終わったらビルの屋上で30分ほど日に当たってもらいます。日焼け後は肌が赤くなってしまったので、少し落ちついてから状態をチェックしました。

  • 耐摩擦性

    検証② 耐摩擦性

    続いて検証したのは耐摩擦性。日焼け止めがなじんだ後の肌を2回ほどタオルでこすってみて、どれくらい残っているかを確認しました。

  • 撥水性

    検証③ 撥水性

    次に検証したのは撥水性。日焼け止めをなじませた腕に疑似汗(馬油とぬるま湯を混ぜたもの)を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

  • 落としやすさ

    検証④ 落としやすさ

    次の検証項目は落としやすさです。日焼け止めを塗布した腕に、泡タイプの洗顔料を乗せて2~3回撫で、水をかけます。流した後に日焼け止めがきれいに落ちているかどうか、目視でチェックしました。

  • 使用感

    検証⑤ 使用感

    最後に検証したのは使用感。毎日使い続けるためには、使用感の良さも重要なポイントです。今回は5名のスタッフが検証に参加。実際に使用して、肌に乗せたときの感触や香り、見た目などをチェックしました。平等性を保つため、各人で評価した後に平均値を算出しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    日焼け止めの選び方

    日焼け止めを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「6つのポイント」をご紹介します。

    ① シーンに合わせたSPF・PA値を選ぼう

    シーンに合わせたSPF・PA値を選ぼう

    日焼け止めは、使うシーンに合わせて適切なSPF・PA値を選ぶことが大切です。


    SPFとは、紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す数値のこと。数値が高くなるほど、赤くなる日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間が長いことを示します。


    PAは、肌を黒くしたりツヤ・ハリ不足の原因になるとも言われる紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標。+の数が多いほど、その効果が期待できます。


    SPFやPA値は高いほどいい、というイメージを持っている方も多いかと思いますが、紫外線の防止効果が高くなればなるほど、肌への負担が増える可能性もあります。以下を参考に、どんなシーンで使用するのかイメージして適切なものを選ぶようにしましょう。


    • SPF30~50+・PA++++:海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツなど
    • SPF20〜30・PA++前後:屋外での簡単なスポーツなど
    • SPF10~20・PA+~++:家事や短時間の買い物などの日常生活

    ② 使い心地・持ちなどを考慮してタイプを選ぼう

    日焼け止めにはさまざまなタイプがあります。タイプごとに特徴や使い心地が異なるので、用途や好みに合わせて選びましょう。

    さらっとして水にも強い!2層式の乳液・ローションタイプ

    さらっとして水にも強い!2層式の乳液・ローションタイプ
    日焼け止めの中でもスタンダードなのが、W/O(Water in Oil)型の乳液タイプ。商品によっては「ローションタイプ」と表現されることもあります。

    容器の中では油分と水分が2層に分離しているため、使用前にしっかり振ってかくはんすることが大切です。さらっとした使用感でべたつきにくく、水にも強いのがメリット。


    独特のきしみ感が気になるから苦手…という意見もよく聞かれますが、最近ではどのメーカーも使用感の改良に力を入れています。商品によってかなり違いがあるので、2層式だから使用感が悪い、と決めつけないことをおすすめします。

    みずみずしくべたつきにくいジェルタイプ

    みずみずしくべたつきにくいジェルタイプ

    軽い使用感が好まれる、近年のトレンドに合わせて増えてきているのがジェルタイプ。水分をベースにしているためみずみずしく、べたつきやきしみを感じにくいというメリットがあります。


    水や汗には若干弱い傾向にありますが、石けんでするりと落としやすいのは魅力的。タウンユースにも最適です!

    乾燥肌にうれしいクリームタイプ

    乾燥肌にうれしいクリームタイプ

    乳液やジェルに比べると数は少なめですが、クリームタイプの日焼け止めもあります。


    日焼け止めに限らず、クリームという剤型には油性成分も配合しやすいのが特徴。油分が多いものは塗布したときのしっとり感がアップするだけでなく、うるおいを肌にとどめる効果も期待できます。紫外線と肌の乾燥を同時にケアしたい方は、クリームタイプも視野に入れてみてくださいね。

    手が届かない部位や塗り直しに便利なミスト・スプレータイプ

    手が届かない部位や塗り直しに便利なミスト・スプレータイプ
    ミストやスプレータイプの日焼け止めは、シュッとひと吹きするだけで塗布できる手軽さが魅力。しかし形状的にどうしてもムラになりやすいので、メインではなく補助的に使うのがおすすめです。通常の日焼け止めが塗りにくい背中や頭皮に使ったり、日中の塗り直し用として活用しましょう。

    ③ 落ちにくさで選ぼう!ウォータープルーフ表記や2層式かどうかをチェック

    落ちにくさで選ぼう!ウォータープルーフ表記や2層式かどうかをチェック
    海やプール、大量に汗をかくようなシーンでは、落ちにくい日焼け止めを選びましょう。「ウォータープルーフ」「汗や水に強い」といった表示があるものは一つの目安になります。

    またそういった表記がなくても、2層式タイプの日焼け止めは比較的水に強いのが特徴です。使用前によく振ることを推奨しているものはほとんどが2層式なので、パッケージなどを確認してみてください。

    ④ 簡単に落とせる日焼け止めを選ぼう

    簡単に落とせる日焼け止めを選ぼう

    余計な摩擦による肌負担を増やさないためにも、簡単に落とせる日焼け止めを選びましょう。


    パッケージに「石けんで落とせる」「ボディソープで落とせる」「専用クレンジング不要」などと書かれているものが目安です。また、一般的に水分が多いジェルタイプは落としやすさに長けているので、一つの指標にしてみてください。

    ⑤ 好みの使用感で選ぼう

    好みの使用感で選ぼう

    日焼け止めは基本的に毎日使うものなので、使用感が気に入るものを選びましょう。さらっとしたテクスチャーがよければ乳液、みずみずしく軽いものがよければジェル…といったように、先にお伝えしたタイプごとの特徴からある程度絞り込むのもおすすめです。


    今回の検証では使用感の検証も行っているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    ⑥ 紫外線散乱剤・吸収剤は肌の状態に合わせて選ぼう

    紫外線散乱剤・吸収剤は肌の状態に合わせて選ぼう

    一般的に日焼け止めは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2タイプに分けることができ、中には両方含んでいるものもあります。どちらにもメリットとデメリットがあるため、特徴を理解したうえで肌の状態に合わせて選びましょう。


    吸収剤タイプは、一度紫外線の熱を肌に取り込んでから熱などのエネルギーに変換することで紫外線を放出します。使用感がよく安価なのも特徴で、高いUVカット効果と使用感の良さを兼ね備えています。一般によく普及しているタイプですが、肌が敏感な場合は熱を蒸発させる際のエネルギーが負担となる場合も。心配な方は、事前にパッチテストをするのがおすすめです。


    一方散乱剤は、「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」などの粉体で肌を覆い、物理的な仕組みにより紫外線を跳ね返します。吸収剤に比べると色がつきやすく、コストもやや高め。しかし熱エネルギーを肌に吸収する必要がないため、敏感肌用の日焼け止めに使われることが多いのも特徴です。

    売れ筋の人気日焼け止め全28商品を徹底比較!

    日焼け止めの検証

    ここからは@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位の日焼け止め全28商品を全て集めて、どれが最も優れた日焼け止めなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の5項目としました。

    検証①:焼けにくさ

    検証②:耐摩擦性

    検証③:撥水性

    検証④:落としやすさ

    検証⑤:使用感

    今回検証した商品

    1. カネボウ化粧品|アリィー エクストラUV パーフェクト
    2. ドクターシーラボ|UV&WHITE エンリッチリフト50+
    3. 資生堂|アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク
    4. コーセー|スポーツビューティ サンプロテクトジェル
    5. カネボウ化粧品|アリィー エクストラUV ハイライトジェル
    6. P&Gプレステージ(同)|SK-Ⅱ アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム
    7. 資生堂|アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル a
    8. 良品計画|日焼け止めローション
    9. 花王|ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス
    10. カネボウ化粧品|RMK UVフェイスプロテクター50
    11. ロート製薬|メンソレータム サンプレイ スーパーブロック
    12. 花王|キュレル UVローション
    13. ファンケル|ファンケル サンガード50+ プロテクトUV
    14. 花王|ニベアサン ウォータージェル
    15. 花王|ビオレUV アクアリッチ ウオータリージェル
    16. ディーエイチシー|サンカットQ10パーフェクトミルク(SPF50+/PA++++)
    17. ニールズヤードレメディーズ|ナチュラルUVプロテクションミルク
    18. ロート製薬|スキンアクア トーンアップUVエッセンス ラベンダー
    19. 資生堂薬品|サンメディックUV 薬用サンプロテクトEXa ミルクジェル
    20. コーセー|コスメデコルテ サンシェルター マルチプロテクション
    21. コーセー|サンカット パーフェクトUVジェル
    22. 資生堂インターナショナル|クレ・ド・ポーボーテ クレームUV
    23. コーセー|サンカット トーンアップ UVエッセンス
    24. 日本ロレアル|UV エクスペール トーン アップ ローズ
    25. ロート製薬|スキンアクア スーパーモイスチャージェル
    26. 花王|ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+
    27. 日本ロレアル|ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ
    28. ユースキン製薬|ユースキンS UVミルク

    検証① 焼けにくさ

    焼けにくさ

    まず検証したのは、日焼け止めを選ぶ際に欠かせない基準「焼けにくさ」です。


    クリアファイルの上に日焼け止めを塗り、紫外線に当てると色が変わるUVラベルの上に乗せます。屋外で日差しに当て、どのくらいUVラベルの色が変化するかを確認しました。


    また、UVラベルだけでなく人の肌でも検証します。社内の男性スタッフに協力を仰ぎ、背中に全28商品を塗らせてもらいました!


    それぞれの塗った箇所を明確にするためにマスキングテープを貼って枠をつくり、一つずつ日焼け止めを塗布します。


    塗り終わったらビルの屋上で30分ほど日に当たってもらいます。日焼け後は肌が赤くなってしまったので、少し落ちついてから状態をチェックしました。

    【検証結果ハイライト】最近の日焼け止めはすごい!しっかりムラなく塗ることの方が大切?

    【検証結果ハイライト】最近の日焼け止めはすごい!しっかりムラなく塗ることの方が大切?

    紫外線を浴びるとピンク色になるUVラベルも、ほとんどが白いまま!一部ムラになっていたものは、テクスチャーがみずみずしいジェルタイプでした。きちんと塗布できていた部分は問題ありませんでしたが、そもそも塗るときにムラになってしまうのが原因だと思われます。


    しっかり伸ばすことができれば、基本的にはどの日焼け止めも問題ないでしょう。最近の日焼け止めの紫外線カット効果は優秀であることがうかがえる結果となりました。


    肌での検証結果も、ほとんどの製品がUVラベルと相違ありませんでした。


    しかし唯一差が出たのはユースキン。UVラベルは真っ白だったにもかかわらず、肌は若干赤くなってしまいました…。今回検証した商品はほとんどがSPF50以上・PA++++でしたが、ユースキンはSPF25・UV++。その数値では、長時間の紫外線には耐えられなかったということでしょう。

    検証② 耐摩擦性

    耐摩擦性

    続いて検証したのは耐摩擦性。


    日焼け止めがなじんだ後の肌を2回ほどタオルでこすってみて、どれくらい残っているかを確認しました。

    【検証結果ハイライト】独自機能を打ち出した「進化形日焼け止め」が強い!散乱剤タイプはすぐに落ちてしまう

    【検証結果ハイライト】独自機能を打ち出した「進化形日焼け止め」が強い!散乱剤タイプはすぐに落ちてしまう

    みずみずしいテクスチャーのものが弱いかと思いきや、必ずしもそうとは言い切れない結果になりました。摩擦への耐久性に優れていたのは、アリィーやアネッサ、スポーツビューティ、アスリズムなど。どれも直近のリニューアルで「汗や水だけでなく擦れにも強い」と打ち出しています。


    一般的に摩擦に弱い傾向にある水分が多いジェルタイプでも、上記のブランドのものは優秀でした。特に独自の「フリクションプルーフ技術」を採用しているアリィーは、ジェルもエッセンスもかなり高評価。塗り直しができない日には、アリィーをはじめとする新技術を採用した日焼け止めを選ぶのがおすすめです!


    一方、ラロッシュポゼやニールズヤード、ユースキンなどは擦っただけですぐに落ちてしまいました。これらに共通しているのはすべて紫外線散乱剤を使用しているということ。粉体が肌の上に乗っただけのような状態になるため、擦れに弱いのは仕方ないのかもしれません。

    検証③ 撥水性

    撥水性

    次に検証したのは撥水性。


    日焼け止めをなじませた腕に疑似汗(馬油とぬるま湯を混ぜたもの)を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

    【検証結果ハイライト】乳液タイプと散乱剤タイプが水に強い!粒になってはじく

    【検証結果ハイライト】乳液タイプと散乱剤タイプが水に強い!粒になってはじく

    撥水性の高さが目立ったのは、乳液やローションタイプの日焼け止め。特にアネッサをはじめとするオイルの中に水を入れ込んでいる2層式タイプは、疑似汗をかけたとたん粒になってはじきました。


    また紫外線散乱剤を使用している日焼け止めも、しっかり水をはじくものが多い傾向に。酸化チタンなどの粉体で物理的に水をはじいたものと考えられます。


    反対に、ジェルは水分を多く含んでいる分、疑似汗とともに流れてしまうものがほとんど。汗っかきの方や海やプールで使おうとしている方は、乳液タイプか散乱剤タイプを選ぶのがおすすめです!

    検証④ 落としやすさ

    落としやすさ

    次の検証項目は落としやすさです。


    日焼け止めを塗布した腕に、泡タイプの洗顔料を乗せて2~3回撫で、水をかけます。流した後に日焼け止めがきれいに落ちているかどうか、目視でチェックしました。

    【検証結果ハイライト】ジェルタイプはすっきり落ちる!反対に2層式のローションは落としにくい傾向に

    【検証結果ハイライト】ジェルタイプはすっきり落ちる!反対に2層式のローションは落としにくい傾向に

    予想通りですが、やはりジェルタイプは簡単に落とせるものがほとんど!泡を乗せて少し撫でるだけで、あと残りなくきれいに流せるものがほとんどでした。


    反対に水や摩擦への耐久性があるもの、特に2層式のローションタイプは落としにくい傾向にあります。耐久性と落としやすさはリンクしているとも言えるので、どちらを重視したいかあらかじめ明確にしておきましょう。

    検証⑤ 使用感

    使用感

    最後に検証したのは使用感。毎日使い続けるためには、使用感の良さも重要なポイントです。


    今回は5名のスタッフが検証に参加。実際に使用して、肌に乗せたときの感触や香り、見た目などをチェックしました。平等性を保つため、各人で評価した後に平均値を算出しています。

    【検証結果ハイライト】みずみずしいジェル、デパコス系の日焼け止めが人気

    【検証結果ハイライト】みずみずしいジェル、デパコス系の日焼け止めが人気

    使用感の検証では、なかなか厳しいコメントが出ることも…!日焼け止め特有のきしみ感や独特の香りがするもの、伸ばした後にべたつきがあるものは、総じて低めの評価となってしまいました。


    比較的高い評価になったのは、ジェルタイプの中でもテクスチャーがみずみずしいもの。「ジェル」と言っていながら実際にはクリームのようなものもあるので、購入前にはテスターなどで試してみるのがおすすめです。


    また、SK-ⅡやRMK、ランコムなどといったいわゆる「デパートコスメ」の日焼け止めも好評でした。そもそも顔に使うことを想定して、使用感の良さを重視して作られているのかもしれません。

    PR

    ビーグレンホワイトケア トライアルセット

    1,800円(税別)送料無料

    出来てしまった日焼け悩みに!リピート率98.5%を誇る「ハイドロキノン」配合のサイエンスコスメ

    今使っている日焼け止めが合わず、想像以上にダメージが…。シミやそばかすが怖い…!とお悩みの方にご紹介したいのが、薬学博士が開発したリピート率98.5%を誇るサイエンスコスメ、「ビーグレン」のホワイトケアです。


    美容大国アメリカで話題の成分「ハイドロキノン」をいち早く採用!しかし、ハイドロキノンは浸透しづらく刺激が強いという難点がありました。そこをクリアにしたのが、ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」です。超極小カプセルでハイドロキノンを包み込むことで、安定的に肌の奥まで届けることに成功。さらに、成分が長時間肌に留まるので効果の持続性アップ♪  

    【71%オフ相当!】5品をたっぷり7日間お試しできて、1,800円!

    ホワイトケア トライアルセット
    少しでも気になった方は、まずはトライアルセットで気軽にお試しを♪なんと、洗顔料・化粧水・美容液・夜用クリーム・クリームの5品、6,422円相当がたったの1,800円で購入できちゃうんです!

    ぜひ、詳細をチェックしてみてくださいね。  
    No.1

    カネボウ化粧品アリィー エクストラUV パーフェクト

    1,848円(税込)

    総合評価

    4.58
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 5.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 2.8

    落ちない・焼けない・簡単に落とせる!3拍子そろった超優秀な日焼け止め

    1位の座を獲得したのはアリィー!どれだけ焼けなくても摩擦には勝てない日焼け止めが多い中、タオルでこすってもほとんど落ちませんでした。さすがこすれに強い「フリクションプルーフ」技術を採用しているだけあります!


    もちろん紫外線もしっかりカット。そのうえ水もはじくのに、石けんで撫でればほとんど落ちるという唯一無二ともいえる優秀さです。


    ライトなテクスチャーでまずまず伸びるものの、日焼け止め特有のきしみが使用感の評価を下げる原因となってしまいました。しかし機能面でこれだけ優秀となれば、使う価値は存分にあるでしょう。


    とにかく落ちない・焼けない・簡単に落とせる日焼け止めをお探しの方にマイベストが自信をもっておすすめする、ベストバイ商品です!

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量60ml
    No.2

    ドクターシーラボUV&WHITE エンリッチリフト50+

    4,580円(税込)

    総合評価

    4.40
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.0

    機能性ばっちり!乾燥肌の顔用に最適な日焼け止めクリーム

    ドクターシーラボの日焼け止めクリームは、すべての項目においてまんべんなく優秀!ピンク系のカラーがナチュラルに肌色を補正し、明るく見せてくれます。顔用として使えば、崩れにくいベースメイクの土台として活躍してくれますよ。


    こっくりとしたやや重めのクリームタイプなので、使用感の評価では好みが分かれました。乾燥肌の方には心地よく使えるしっとり感でしょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要-
    下地兼用
    内容量40g
    No.3

    資生堂アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

    -

    1,780円(税込)

    総合評価

    4.30
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 5.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 使用感: 3.0

    「金のアネッサ」の実力は伊達じゃない!焼けにくさ・撥水性重視なら絶対おすすめ

    遠目からもわかる水のはじき具合と、境目がくっきりわかるUVカットの実力はさすが「金のアネッサ」!摩擦にも強く、タオルでこすっても肌表面に膜が残っていました。7位のジェルタイプも優秀ですが、焼けにくさ・落ちにくさをさらに追及するならこちらがおすすめです。落とすときは石けんを丁寧になじませましょう。


    塗った瞬間からサラッサラになる使用感がウリですが、人によっては「粉っぽい」というコメントも。うるおい感が欲しい方には物足りないかもしれませんが、とにかく軽い方がいい!という方には最適です。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量60ml
    No.4

    資生堂アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル a

    2,176円(税込)

    総合評価

    4.30
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 3.5
    • 撥水性: 5.0
    • 落としやすさ: 3.0
    • 使用感: 3.0

    「アクアブースター」は嘘じゃない!汗・水に強いジェルならこれ一択

    焼けにくさもさることながら、特に優秀だったのが撥水性!疑似汗を吹きかけた瞬間に粒になってはじくという、ジェルタイプではなかなか貴重かつ優秀な記録を残しました。さすが、水に強い「アクアブースター技術」が採用されているだけのことはあります。


    タオルでこするとやや落ちてしまうものの、とにかく汗・水に強いジェルタイプの日焼け止めをお探しなら、かなりおすすめです。


    ジェルならではのゆるいテクスチャーで、伸ばしやすさも◎。膜を張ったようなペタペタ感が気になるという声も挙がりましたが、肌なじみはいいので比較的使いやすいでしょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量90g
    No.5

    カネボウ化粧品アリィー エクストラUV ハイライトジェル

    1,678円(税込)

    総合評価

    4.28
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 3.5
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 2.8

    フリクションプルーフがすごい!摩擦に強いジェルならコレ

    ジェルタイプはどうしても摩擦で落ちやすいという弱点がありますが、アリィーならその心配も最低限で済むでしょう。なのに石けんを乗せてかるくなでれば、乳化して浮くこともなくきちんと流れるのがすごい!


    水のはじき具合はあと1歩及ばずでしたが、擦れに強く落とすのも楽となれば、普段使いには最適です。ジェルというよりもミルクのようなこっくり重めのテクスチャーなので、かさつきやすい肌へ特におすすめ。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量60g
    No.6

    P&Gプレステージ(同)SK-Ⅱ アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム

    6,420円(税込)

    総合評価

    4.15
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 5.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.5

    さすが「SK-Ⅱ」スキンケア重視派の顔用日焼け止めにおすすめ

    焼けにくさの検証では肌でもUVラベルでも優秀な結果を残し、「スキンケア効果を重視している反面、紫外線防止効果はどうなんだろう…?」という不安も一掃してくれました。


    金額や配合されている美容成分の多さを考えても、スキンケア感覚で顔専用にするのがよいでしょう。摩擦にも強いので、上にファンデーションなどを重ねても大丈夫。水に弱い点も、上にパウダーなどを重ねることで解決できます。


    また使用感の良さもさすが。重たさとは違うしっとり感が肌を包み、上品なツヤ肌を演出します。気品のある香りやゆるすぎず伸ばしやすいテクスチャーも好印象です。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要-
    下地兼用
    内容量30g
    No.7

    良品計画日焼け止めローション

    590円(税込)

    総合評価

    4.09
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 5.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 3.9

    摩擦に弱いのが唯一の弱点!それ以外はかなり優秀なプチプラ日焼け止め

    こすったらすぐに落ちてしまいますが、それ以外は文句なしの結果に!紫外線もしっかりカット、疑似汗も粒になってはじくのに、石けんでなでれば問題なく落ちます。摩擦にだけ弱いものの、よほどでなければまるきり落ちるということもないでしょう。


    やさしい付け心地ですーっとなじむ使用感も好評でした。べたつきはまったくといっていいほどなく、すぐにサラサラになって白浮きもしません。この価格でこの結果となれば、買う価値は大いにあります!

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用-
    内容量30ml
    No.8

    コーセースポーツビューティ サンプロテクトジェル

    1,793円(税込)

    総合評価

    4.08
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.8

    摩擦にもそこそこ強い!塗り直しができないときに使える

    伸びのよいジェルは肌にスッとなじみ、うるおい感はあるのにべたつきません。健康的なツヤ肌に見えるので夏にもぴったり。ほんのりさわやかな香りも好評でした。


    ジェルタイプだからか、疑似汗をかけたらだいぶなじんでしまったのが惜しい!しかしほんのわずかにフチがぼやけてしまったものの、実際の焼けにくさはほとんど問題なし。耐摩擦性の検証でも大健闘の結果となりました。なかなか塗り直しができない、アクティブな一日の頼もしいお供になってくれそうです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用-
    内容量90g
    No.9

    花王ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

    1,078円(税込)

    総合評価

    4.05
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 3.5
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.5

    どの検証でもおおむね合格点!総合的に使いやすい1本

    「すきま焼けを防ぐ」というキャッチコピー通り、どの検証でもおおむね合格点を記録したアスリズム。汗や水にも強いウォータープルーフを謳っていながら撥水性はあと一歩でしたが、今回の検証では水だけでなく馬油も混ぜていたからかもしれません。全くはじかないわけではないので、基本的な機能はほぼ問題ないと考えてよいでしょう。


    うるおい感のあるテクスチャーですが、すーっと伸びて肌になじみます。日焼け止め特有の不快感やつっぱり感、きしみもありません。使用感も含め、総合的に使いやすい日焼け止めではないでしょうか。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量70g
    No.10

    カネボウ化粧品RMK UVフェイスプロテクター50

    2,070円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 焼けにくさ: 4.2
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 3.5
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 4.0

    しっとりやわらかな肌に。普段の顔用日焼け止めに最適

    UVラベルはフチが若干ぼやけてしまったものの、普段使いには問題ないレベル。摩擦にも強く落とすのも楽なので、使いやすさは十分です!


    特筆すべきは使用感のよさ。乳液のように柔らかいクリームで、乾燥とは無縁のしっとり肌に仕上がります。50gという多めの容量ですが、価格のことを考えると顔専用にするのがいいかもしれません。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要-
    下地兼用
    内容量50g
    No.11

    ロート製薬メンソレータム サンプレイ スーパーブロック

    328円(税込)

    総合評価

    3.98
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 1.0
    • 使用感: 2.8

    とにかく落ちにくい!その分落とすのには手間がかかる

    摩擦にも疑似汗にもかなり耐え、焼けにくさの検証では塗っていない部分との境目もくっきり!石けんを乗せただけではまったく落ちませんが、正直それだけ落ちにくいなら仕方ないのかも…と思えます。とにかく落ちにくさを重視したい方向きでしょう。


    テクスチャーはゆるめで、肌の上を均一に伸びます。重さとは少し異なるペタペタ感がありますが、乾燥しないという点では評価できるかもしれません。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要-
    下地兼用-
    内容量30g
    No.12

    花王キュレル UVローション

    1,089円(税込)

    総合評価

    3.98
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 5.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 2.8

    敏感肌用なのに実力派!摩擦に弱いのが惜しい

    敏感肌向けでありながらしっかりと紫外線をカット。水もしっかりはじくうえ落ちやすさも合格点ですが、摩擦に弱いのが惜しい!また、塗りすぎると白浮きしてしまうので、量に注意しましょう。


    散乱剤特有のきしみはゼロではないものの、肌表面に膜を張るようなイメージで肌を保護。伸びがいいので、少量でもムラなく塗ることができます。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量60ml
    No.13

    ファンケルファンケル サンガード50+ プロテクトUV

    2,400円(税込)

    総合評価

    3.97
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 4.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 使用感: 2.7

    やや油膜が気になるものの、散乱剤×落ちにくさで選ぶならコレ!

    白浮きするわけではなく、さりげなく肌を明るく見せてくれるファンケルの日焼け止め。やはり散乱剤タイプは仕方ないのか、なめらかに伸びる一方で若干ヌルつきが気になります。


    しかし焼けにくさも文句なく疑似汗もはじくうえに、摩擦にも強いのは注目ポイント。落とすときは念入りにオフする必要がありますが、落ちにくさ×散乱剤タイプの2軸で日焼け止めをお探しであれば、かなりおすすめです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    クレンジング不要顔の場合は要クレンジング
    下地兼用-
    内容量60ml
    No.14

    花王ニベアサン ウォータージェル

    750円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 焼けにくさ: 4.2
    • 耐摩擦性: 4.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 4.0

    どの項目でも及第点。無難な日焼け止めジェル

    「ウォータージェル」というだけあって、みずみずしくするっと伸びるテクスチャーが魅力的。そのせいか、焼けにくさの検証ではあと一歩という結果になってしまいました。


    水には強くないものの、摩擦には比較的強く落としやすさも◎疑似汗はあまりはじかない結果になったので、ちょっとしたお出かけなどのタウンユース向きでしょう。「特に嫌な点が見当たらない」というコメントも多く、無難な日焼け止めといえそうです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量140g
    No.15

    花王ビオレUV アクアリッチ ウオータリージェル

    658円(税込)

    総合評価

    3.86
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 3.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 2.6

    ジェルというよりミルク?べたつき・被膜感が気になる

    26位と同じシリーズで、こちらはジェルタイプ。

    ほとんどの項目でエッセンスタイプよりも高評価になりましたが、唯一劣ったのが使用感。ジェルというよりミルクのようなテクスチャーで、ややべたつき・被膜感が気になります。重視するポイントが使用感ならエッセンス、機能性ならこちらのジェルがおすすめです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量85g
    No.16

    ディーエイチシーサンカットQ10パーフェクトミルク(SPF50+/PA++++)

    総合評価

    3.68
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 3.0
    • 使用感: 2.8

    よくも悪くも2層式ならではの特徴が目立った結果に

    撥水性はなかなか!疑似汗も粒になってしたたりました。さらっとしたテクスチャーで伸びがいい点は好評だったものの、油膜感が苦手との声が多く、使用感の平均評価は低めになってしまいました。


    撥水性の高さ含め、これらの結果はすべて2層式ならではのものだと推測されます。良くも悪くも2層式の特徴が目立った結果になったといえるでしょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量50ml
    No.17

    ニールズヤードレメディーズナチュラルUVプロテクションミルク

    3,769円(税込)

    総合評価

    3.66
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 2.0
    • 使用感: 3.6

    伸ばすときに若干きしむので丁寧になじませるのが重要

    オーガニックコスメらしい、柑橘系の香りの日焼け止め。焼けにくさの結果もいうことなし、保湿されている感はあるのに重くない点も人気でした。


    最初は白すぎる?と思ってしまいがちですが、しっかりなじませれば透明感を演出できます。散乱剤タイプなので伸びのよさはほかに比べるとどうしても劣るため、丁寧に塗布することが大切です。

    SPFSPF38
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    クレンジング不要顔の場合は要クレンジング
    下地兼用
    内容量40ml
    No.18

    ロート製薬スキンアクア トーンアップUVエッセンス ラベンダー

    717円(税込)

    総合評価

    3.58
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 1.5
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 3.8

    トーンアップするだけじゃない!焼けにくさ&落としやすさが◎

    SNSで話題になっただけあり、使用経験があるスタッフも多かった日焼け止め。自然にトーンアップできる点も人気でしたが、焼けにくさ&落としやすさも文句なし!水と摩擦には弱いものの、日焼け止めの基本機能をしっかり備えていることがわかりました。


    使用感に関しては「しっとり」「べたべた」と意見が割れましたが、そこまで重いわけではありません。よほどべたつきが苦手というわけでなければ、試してみる価値はあるでしょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量80g
    No.19

    資生堂薬品サンメディックUV 薬用サンプロテクトEXa ミルクジェル

    1,880円(税込)

    総合評価

    3.56
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 3.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 2.6

    軽~く伸びて、なじむとしっとり。使用感が気に入るならアリ

    さらっと軽く伸びますが、なじむとしっとり。人によっては油膜感を感じるかもしれません。保湿感のある仕上がりを好む方におすすめです。

    水や摩擦にあまり強いとは言えませんが、焼けにくさの検証でも優秀、石けんをなじませればすっきり落ちます。使用感さえ気に入れば、基本機能を備えた無難な日焼け止めだといえるでしょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量50ml
    No.20

    コーセーサンカット パーフェクトUVジェル

    675円(税込)

    総合評価

    3.56
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 2.6

    伸びはいいのにべたつく。落としやすさは優秀!

    伸びの良さはさすがジェル!ただそれと同じくらい、べたつきが気になるという意見がほぼ全員から出たことで使用感の評価が下がってしましました。


    しかし落ちやすさは優秀。石けんでかるく撫でるだけできれいに落とすことができます。フチはややぼやけてしまったものの、紫外線防止効果についても日常生活であれば問題ありません。べたつきをどこまで許容できるかによりますが、しっかり塗る・落とす手間を省きたい方には便利かもしれません。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量100g
    No.21

    コーセーコスメデコルテ サンシェルター マルチプロテクション

    2,900円(税込)

    総合評価

    3.54
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 3.4

    保護膜を張るようなうるおい感。よく伸びて白浮きもゼロ

    焼けにくさも優秀だったコスメデコルテの日焼け止めクリーム。高級感があるためケチってしまいそうという意見からもわかるとおり、ボディではなく顔用に適しているでしょう。伸びがよく白浮きもゼロ、余計な力をかけずに落ちるため、摩擦の負担も少なく済みます。


    肌に保護膜が張られたようなうるおい感があるため、冷房が効いている室内などの乾燥が気になりがちなシーンにおすすめです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用-
    内容量35g
    No.22

    資生堂インターナショナルクレ・ド・ポーボーテ クレームUV

    8,088円(税込)

    総合評価

    3.29
    • 焼けにくさ: 4.0
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 3.5
    • 使用感: 3.4

    化粧下地として使えば自然な透明感!乾燥肌におすすめ

    ほんのりピンクがかったクリームが、肌色を補正して自然な透明感を演出するクレ・ド・ポー ボーテの日焼け止め。24位のランコムと同様、日焼け止め兼化粧下地としての使用がおすすめです。


    こっくりしたテクスチャーで肌をしっとりと包み込みますが、人によっては重すぎると感じるかもしれません。乾燥肌の方やエイジングケア※を意識している方に適しているでしょう。撥水性と落としやすさは平均点ですが、普段使いなら十分に紫外線を防ぐことができます。


    ※エイジングケアとは、年齢を重ねた肌に潤いを与えることです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要顔の場合は要クレンジング
    下地兼用
    内容量50g
    No.23

    コーセーサンカット トーンアップ UVエッセンス

    550円(税込)

    総合評価

    3.26
    • 焼けにくさ: 4.2
    • 耐摩擦性: 3.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 3.0
    • 使用感: 2.6

    顔に使うには香りが強い!トーンアップ効果は控えめ

    肌のくすみをカバーして、透明感を演出できるラベンダーカラーの日焼け止め。トーンアップ効果はかなりさりげないものの、微細なパールが入っているためほのかなツヤをまとうことができます。


    焼けにくさも及第点、落としやすさや摩擦への耐久性も最低ラインは満たしているものの、目立ったのが香りに対しての評価でした。嫌な香りではないけれど、やや強いので顔に使うのは気になります。フルーティな香りが気に入るなら、フレグランス代わりとしてボディ専用にしてもよいかもしれません。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量80g
    No.24

    日本ロレアルUV エクスペール トーン アップ ローズ

    2019022707011

    6,137円(税込)

    総合評価

    3.15
    • 焼けにくさ: 4.7
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 3.5
    • 使用感: 3.0

    日焼け止め兼化粧下地におすすめ。血色感のあるツヤ肌に

    ランコムのUVエクスペールは、日焼け止め兼化粧下地として顔に使うのがおすすめ。よくいえばツヤ、悪くいえばオイリーさが目立つため、ボディへの使用は現実的ではありません。焼けにくさの検証結果も優秀だったので、紫外線をしっかり防ぎながら美肌に見せることができるでしょう。


    華やかな香りと、硬すぎずゆるすぎないちょうどよいテクスチャーも好評を博しました。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要-
    下地兼用
    内容量30ml
    No.25

    ロート製薬スキンアクア スーパーモイスチャージェル

    460円(税込)

    総合評価

    3.12
    • 焼けにくさ: 3.2
    • 耐摩擦性: 3.5
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 5.0
    • 使用感: 4.2

    きしみ・香り・白浮きゼロ!しかし焼けにくさが他に劣る…

    スーッと肌になじむ使い心地の良さで、使用感の評価ではかなり上位だったスキンアクアの日焼け止めジェル。しかしウォータリーなテクスチャーのせいかムラになりやすく、水にもめっぽう弱いことが明らかに…。アクティブな日や水辺での使用はには適しません。


    しかしそのぶん、石けんをのせただけでするりと落とせるのは魅力的。日中を屋内で過ごす方の普段使いにおすすめです!

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用-
    内容量110g
    No.26

    花王ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

    460円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 焼けにくさ: 4.2
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.0

    みずみずしい反面、しっかりなじませないとムラ焼けしてしまう

    「エッセンス」という商品名ですが、実際はやわらかいジェルのようなテクスチャー。かなり伸びがよくみずみずしい反面、しっかりなじませないと筋っぽくムラになり、「うっかり焼け」してしまう可能性があります。

    また、なじませた後のペタペタ感が気になるという意見と、うるおい感があってよいという意見に分かれました。水や摩擦には弱いので、使用感が気に入った場合は普段用にするのがおすすめです。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量155ml
    No.27

    日本ロレアルラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ

    3,254円(税込)

    総合評価

    2.82
    • 焼けにくさ: 4.2
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.2

    水や摩擦には弱いが、普段の顔用日焼け止めとしてならアリ

    敏感肌向けのスキンケアブランド・ラロッシュポゼの日焼け止め。水や摩擦には弱いですが、普段用であれば焼けにくさは十分です。


    こっくりとしたテクスチャーで保湿感があるので、乾燥肌の方や敏感肌の方におすすめです。肌をほどよくトーンアップして見せてくれるので、体よりも顔用として、化粧下地の代わりにするのもOK。ただし上にファンデーションを使用した場合は、クレンジングが必要になるので注意しましょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    クレンジング不要
    下地兼用
    内容量30ml
    No.28

    ユースキン製薬ユースキンS UVミルク

    727円(税込)

    総合評価

    2.55
    • 焼けにくさ: 3.5
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 使用感: 3.5

    しっとり感とべたつきは紙一重。長時間の紫外線には耐えられない

    UVラベルでは優秀な結果を残しましたが、SPF・PAともに弱めだからか肌では若干赤くなってしまいました。長時間使用する場合はこまめな塗り直しが必須です。

    乳液タイプの日焼け止め。やわらかくて伸びがいい分、使用後のべたつきが気になるという声が多く挙がりました。しっとり感とべたつきは紙一重だといえそうです。


    水は全くはじかず、吹きかけたとたんに流れてしまいました。石けんではきれいに流せるので、日常生活における短時間のお出かけ向きでしょう。

    SPFSPF25
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    クレンジング不要
    下地兼用-
    内容量40g

    人気日焼け止めの検証結果比較表

    日焼け止めの効果的な使い方

    お気に入りの日焼け止めが見つかったら、使うときのポイントも意識しましょう。正しく使うことで、より効率よく紫外線から肌を守ることができます。

    こまめに塗りなおそう!2~3時間ごとが目安

    こまめに塗りなおそう!2~3時間ごとが目安

    抜かりなく紫外線対策するためには、日焼け止めを朝に一度使用するだけでは不十分。どんなに優秀な日焼け止めでも、汗や水で流れてしまったり擦れてしまっては効果が低減してしまいます。なるべく2~3時間を目安に、気づいたらこまめに塗りなおすことを心がけましょう。


    特に海やプールなどの屋外や、汗を多くかく場面では要注意!オフィスや学校などの屋内の場合は、メイク直しの際にUVカット効果のあるパウダーやスプレーを重ねる程度で大丈夫ですが、窓際の席に座っていたり紫外線の照り返しを受けやすい場所にいる方は注意が必要です。

    天気や季節に関係なく使おう

    天気や季節に関係なく使おう

    晴れている日だけ、夏の間だけなど、限られた日や季節にのみ使う方も多いかもしれませんが、日焼け止めは天気や季節に関係なく年間を通して使いましょう。


    紫外線は、日中であれば天気や季節に関係なく地上に降り注いでいます。晴れの日を100%とした場合、曇りの日で70%、雨の日でも30%ほどの紫外線量があるといわれています。


    また、紫外線の上昇量だけ見ると毎年5月ごろにピークを迎えますが、もちろん冬でも地上に届いています。地面からの照り返しもあるため、ウィンタースポーツをする際にも特に注意が必要です。

    塗る順番はスキンケアの最後、メイクの直前

    塗る順番はスキンケアの最後、メイクの直前

    併用する場合は、日焼け止めを先に、次に化粧下地を塗りましょう。つまり日焼け止めを使うタイミングは、スキンケアの最後・メイクの直前ということになります。


    日焼け止め=スキンケア、化粧下地=メイクと理解しておけば、迷うことが少なくなるかもしれません。

    使用期限はワンシーズンが目安

    使用期限はワンシーズンが目安

    去年買った日焼け止め、今年も使えるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。絶対というわけではありませんが、基本的に一度開封した日焼け止めは、なるべくワンシーズンで使い切るのがおすすめです。


    余ったものを放置しておくと中身が酸化することもあるため、肌に負担を与える可能性もゼロではありません。初めから使い切れる量の日焼け止めを購入すること、けちらずに適切な量を使うことも大切です。


    また、海外製の日焼け止めには画像のようなマークがついていることも。この「M」はmonth=月を表しており、この場合は開封から6か月以内の使用を推奨していることを示しています。使用期限を見極めるための参考にしてみてくださいね。

    飛行機持ち込みの注意点

    飛行機持ち込みの注意点

    海外でのレジャーのお供に、日焼け止めジェルを持ち込もうとする方も多いことでしょう。


    飛行機に乗るとき、日焼け止めジェルは液体として扱われるため、持ち込みには制限が設けられます。特に国際線では厳しく規定されていますので、事前にルールを確認して準備しましょう。


    100ml(100g)を超える液体の持ち込みは禁止されています。容量100ml(100g)以下の容器に入れ、1L以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れた場合は手荷物として機内に持ち込むことができますので、場合に応じて小分けにするとよいでしょう。


    なおルールは改定されることもありますので、ご利用の前には航空会社のホームページなどでしっかりチェックするようにしましょう。

    日焼け止め以外の対策も万全に!

    紫外線の影響を防ぐために欠かせない日焼け止めですが、それだけで100%対策するのは難しいのが現状です。日焼け止めの使用と合わせて、日傘や帽子、サングラスなどのアイテムも活用してみてくださいね。以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

    日焼け止めをもっと見たいならこちら!

    記事の冒頭でもお伝えしたとおり、日焼け止めにはさまざまなタイプがあります。以下の記事も参考にしながら、シーンや肌の状態に合わせて、そのほかの日焼け止めも活用してみてくださいね。

    日焼け止めの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、日焼け止めのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は、売れ筋上位の日焼け止め28商品を徹底的に比較検証しました!


    紫外線はシミやそばかすだけでなく、乾燥の原因にもなるといわれています。今回の検証結果や選び方を参考にしていただき、ぜひお気に入りの日焼け止めを見つけて対策してくださいね。


    文:新井美由紀、写真:稲垣佑季

    ランキング作成日:2019/07/16

    プロが愛用するおすすめの日焼け止め

    最後に、プロの愛用するおすすめの日焼け止めをご紹介します。
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト
    カントリー&ストリーム   UVウォータリージェル N 1枚目
    出典:amazon.co.jp

    カントリー&ストリーム UVウォータリージェル N

    972円 (税込)

    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト

    ラロッシュポゼUVイデア XL ティント SPF50/PA++++

    3,672円 (税込)

    その他の日焼け止め記事

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す