1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. 【徹底比較】オーガニック日焼け止めのおすすめ人気ランキング19選【ノンケミカル・敏感肌】
【徹底比較】オーガニック日焼け止めのおすすめ人気ランキング19選【ノンケミカル・敏感肌】

【徹底比較】オーガニック日焼け止めのおすすめ人気ランキング19選【ノンケミカル・敏感肌】

日差しが気になる季節に欠かせない日焼け止め。せっかくなら、肌にやさしいオーガニックコスメから選びたい方も多いのではないでしょうか。しかしヴェレダ・ママバター・ニールズヤードなど、オーガニックコスメブランドは無数にあり、乳液やクリーム、ジェルなどといった種類も豊富なため、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のオーガニック日焼け止め19商品を比較して、最もおすすめのオーガニック日焼け止めを決定したいと思います。


比較検証は以下の5点について行いました。

  1. 成分
  2. 落としやすさ
  3. 焼けにくさ
  4. 耐摩擦性
  5. 撥水性

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?オーガニック日焼け止めの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。


※オーガニックコスメの認証を行っているのは海外機関のみで、日本国内に明確な基準はありません。この記事では「オーガニック」の名称を使用した商品などもご紹介しています。

  • 2020年09月03日更新
  • 120,532 views

検証のポイント

売れ筋のオーガニック日焼け止め19商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 成分

    検証① 成分

    まずは成分について検証していきます。選び方に沿って、今回は配合成分のシンプルさと吸収剤を使っているかの2軸で評価を行いました。配合成分がシンプルなほうが肌に合わない可能性が低くなるという観点のもと、成分数の少ない日焼け止めから順に点数をつけています。それに加えて、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めをチェック。該当商品はその分の評価をマイナスしました。

  • 落としやすさ

    検証② 落としやすさ

    続いて検証したのは落としやすさです。オーガニックの日焼け止めを塗布した腕に、泡タイプの洗顔料を乗せて2~3回撫で、水をかけます。流したあとに日焼け止めがきれいに落ちているかどうか、目視でチェックしました。

  • 焼けにくさ

    検証③ 焼けにくさ

    続いての検証項目は、やはり日焼け止めを選ぶ際には欠かせない焼けにくさ。クリアファイルの上にオーガニックの日焼け止めを塗り、紫外線に当てると色が変わるUVラベルの上に乗せます。屋外で日差しに当て、どのくらいUVラベルの色が変化するかを確認しました。また、UVラベルだけでなく人の肌でも検証します。社内の男性スタッフに協力を仰ぎ、腹部に全18商品を塗らせてもらいました!それぞれの塗った箇所を明確にするためにマスキングテープを貼って枠をつくり、ひとつずつオーガニックの日焼け止めを塗ります。塗り終わったらビルの屋上で30分ほど日に当たってもらいます。日焼けあとは肌が赤くなってしまったので、少し落ちついてから状態をチェックしました。

  • 耐摩擦性

    検証④ 耐摩擦性

    続いて検証したのは耐摩擦性。衣類やタオルなどで擦れて落ちてしまったら、そのたびに塗り直すのが理想的です。しかし塗る回数が多くなるほど肌を擦ることになるので、初めからなるべく摩擦で落ちにくい日焼け止めを選びたいもの。オーガニックの日焼け止めがなじんだあとの肌を2回ほどタオルでこすってみて、どれくらい残っているかを確認しました。

  • 撥水性

    検証⑤ 撥水性

    最後の検証項目は撥水性。オーガニックの日焼け止めをなじませた腕に疑似汗(馬油とぬるま湯を混ぜたもの)を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    オーガニックコスメ=肌にやさしいとは限らない!

    オーガニックコスメ=肌にやさしいとは限らない!

    近年よく聞かれるようになった、オーガニックという言葉ですが、そもそも定義をご存知でしょうか?日本では、有機栽培の農産物を原料にした化粧品を総称して、オーガニックコスメと呼ぶのが一般的で、統一基準はありません。この記事ではオーガニックの名称を使用した商品などをご紹介しています。


    有機栽培された農産物をひとつでも使用していればオーガニックコスメと名乗ることができるため、低刺激性や環境への配慮といったオーガニックらしい商品がほしい方こそ、しっかり見極めて選ぶことが大切です。


    肌へのやさしさ・環境への配慮・おしゃれなパッケージ…。オーガニックコスメを選びたいと思う理由は人それぞれですが、自分が求める要素は何なのかを、あらかじめ明確にしておくことも大切ですよ。

    オーガニック日焼け止めの選び方

    オーガニック日焼け止めを選ぶ際に必ずチェックしておきたい6つのポイントをご紹介します。

    ① オーガニック認証を受けているものを選ぼう

    オーガニック認証を受けているものを選ぼう
    先述のとおり、日本にはオーガニックコスメに対する明確な基準がないのが現状です。しかし最近では、国内のコスメブランドでも海外機関でオーガニック認証を取得しているケースが増えつつあります。

    以下は海外のオーガニック認証機関の一例です。独自のオーガニック基準を設けているメーカーも多いため一概にはいえませんが、機関の認証を得ているかどうかは大きな判断材料になるでしょう。日焼け止め選びの際には、ぜひチェックしてみてください。


    【海外のオーガニック認証機関一例】

    • BDIH(ドイツ)
    • demeter(ドイツ)
    • NaTrue(ドイツ)
    • ECO Control(ドイツ)
    • ECOCERT(フランス)
    • ecobio(フランス)
    • COSMEBIO(フランス)
    • SoCert(イタリア)
    • SOIL ASSOCIATION(イギリス)
    • USDA(アメリカ)
    • ACO(オーストラリア)
    • BFA(オーストラリア)
     …など

    ② 配合されている成分で選ぼう

    オーガニックの日焼け止めを選ぶ際に欠かせないのが、配合されている成分のチェックです。とくに敏感肌の方は、以下のポイントを軸に成分を確認してみてください。

    植物エキスは肌に合わない場合も。心配ならシンプルな配合成分を選ぶのもGood

    植物エキスは肌に合わない場合も。心配ならシンプルな配合成分を選ぶのもGood

    なんとなく肌によさそうというイメージをお持ちの方も多いであろう、オーガニックコスメに多く配合されている植物エキス。しかしそのなかには、エキスを抽出するための溶解物質も含まれているのをご存知でしょうか?


    敏感肌は混成成分で肌が不安定になるケースも多いといわれているので、植物エキスが含まれていればいるほどその可能性が高くなります。


    肌に合わない成分を自覚している方はそれを避け、わからない場合はなるべくシンプルな配合成分の日焼け止めを選ぶのもひとつの手段です。

    肌への負担を極力減らしたいなら散乱剤タイプがおすすめ

    肌への負担を極力減らしたいなら散乱剤タイプがおすすめ

    日焼け止めは大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2タイプ。吸収剤は、紫外線の熱を吸収してから蒸発させることで紫外線をカットします。安価ながら高いUVカット効果と使用感のよさを兼ね備えているのが特徴ですが、敏感肌には熱を蒸発させる際のエネルギーが負担となる場合も。


    一方散乱剤は、酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄・アルミニウムなどの粉体で、物理的に紫外線を肌の上で跳ね返します。熱を肌に吸収しないため、敏感肌にぴったり。色がつきやすくコストもやや高めですが、肌への負担を極力減らしたいのであれば、散乱剤タイプを選ぶとよいでしょう。


    とはいえどちらにもメリットとデメリットがあります。大切なのは個々の肌に合うかどうかなので、特徴を理解したうえで肌の状態に合わせて選びましょう。

    ③ 簡単に落とせる日焼け止めを選ぼう

    簡単に落とせる日焼け止めを選ぼう

    どの肌においても摩擦は肌の負担になりますが、敏感肌であればとくに避けたいもの。余計な力をかけずに済むよう、簡単に落とせる日焼け止めを選びましょう。


    パッケージに「石けんで落とせる」「ボディソープで落とせる」「専用クレンジング不要」などと書かれているものが目安です。

    ④ シーンに合わせたSPF・PA値を選ぼう

    シーンに合わせたSPF・PA値を選ぼう

    日焼け止めのSPFやPAの値は、場面によって使い分けましょう。


    SPFとは紫外線B波(UV-B)の防止効果を、数値が高くなるほど赤くなる日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間が長いことを示します。PAは、肌を黒くしたりしわやたるみの原因になるともいわれる紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標で、+の数が多いほどその効果が期待できます。

    SPFやPA値は高いほどいい、というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、紫外線の防止効果が高くなるほど肌への負担が増える可能性もあります。以下を参考に、使用シーンに合ったSPF・PA値の日焼け止めを選ぶようにしましょう。


    • SPF50~50+・PA++++:海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツなど
    • SPF30・PA+++前後:通勤・通学などの日常生活
    • SPF10~20・PA+~++:家事や短時間の買い物など

    ⑤ 落ちにくさで選ぼう!レジャーならウォータープルーフが便利

    落ちにくさで選ぼう!レジャーならウォータープルーフが便利

    日焼け止めは時間の経過とともに落ちてしまうものなので、その都度の塗り直しが欠かせません。しかし塗り直すたびに摩擦が起きてしまうので、なるべく落ちにくい日焼け止めを選ぶのがベターです。


    落ちにくい日焼け止めを選ぶ指標のひとつとなるのが、「ウォータープルーフ」「汗や水に強い」といった表示です。とくに海やプール、大量に汗をかくようなシーンでは必須となるチェックポイント。商品のパッケージなどをよく確認して、落ちにくさを重視しているかどうか判断しましょう。

    ⑥ 使い心地・肌の状態などを考慮してタイプを選ぼう

    使い心地・肌の状態などを考慮してタイプを選ぼう

    日焼け止めにはさまざまなタイプがあります。タイプごとに特徴や使い心地が異なるので、用途や肌の状態に合わせて選びましょう。


    • 乳液・ローションタイプ:さらっとして落ちにくい。丁寧に落とすのが大切
    • ジェルタイプ:みずみずしくべたつきにくい。耐久力はあまりない
    • クリームタイプ:うるおいを実感しやすく、乾燥肌におすすめ
    • ミスト・スプレータイプ:手が届かない部位や塗り直しとして、補助的に使うと便利

    売れ筋の人気オーガニック日焼け止め全19商品を徹底比較!

    オーガニック日焼け止めの検証

    ここからは@cosme・Amazon・楽天などの売れ筋ランキング上位のオーガニック日焼け止め全19商品をすべて購入し、どれが最も優れた商品なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の5項目としました。

    検証①:成分

    検証②:落としやすさ

    検証③:焼けにくさ

    検証④:耐摩擦性

    検証⑤:撥水性


    ※ランキング作成日:2019年7月17日

    今回検証した商品

    1. たかくら新産業|パーフェクトポーション アウトドア サンスクリーン
    2. アルファネット|ソレオ オーガニックス
    3. ジョンマスターオーガニック|エルバビーバ サンスクリーン
    4. アナイスカンパニー|シンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション
    5. ウェリナ|キスフォービーチ
    6. ニールズヤードレメディーズ|ナチュラルUVプロテクションミルク
    7. ヴェレダ・ジャパン|エーデルワイスUVプロテクト
    8. ナチュラルサイエンス|ママ&キッズ サンスクリーンジェル
    9. ジュリーク|UV ディフェンスローション
    10. えそらフォレスト|ウェアルーUV ピンクベージュ
    11. おもちゃ箱|アコレル サンプロテクションクリーム 50+
    12. ネイチャーズウェイ|チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター
    13. AMRITARA|オールライトサンスクリーンクリーム
    14. イデアインターナショナル|マグノリア ブライト UVエッセンス 30mL
    15. マドンナ|オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク
    16. イルミルド製薬|ALLNA ORGANIC 化粧下地
    17. ビーバイイー|ママバター UVケアクリーム
    18. SHIGETA|UV スキンプロテクション
    19. N&O Life|アロベビー UV&アウトドアミスト

    検証① 成分

    成分

    まずは成分について検証していきます。選び方に沿って、今回は配合成分のシンプルさと吸収剤を使っているかの2軸で評価を行いました。


    配合成分がシンプルなほうが肌に合わない可能性が低くなるという観点のもと、成分数の少ない日焼け止めから順に点数をつけています。それに加えて、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めをチェック。該当商品はその分の評価をマイナスしました。

    【検証結果ハイライト】植物エキスの多さは全成分の多さに比例。吸収剤は2商品のみ

    【検証結果ハイライト】植物エキスの多さは全成分の多さに比例。吸収剤は2商品のみ

    成分をチェックしてみると、意外にも配合成分数が多い商品がたくさん…。成分が気になる方や商品選びに自信のない方はシンプルな処方のものがおすすめです。


    また、紫外線吸収剤を使用していたのは2商品だけでした。紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを求めるなら、オーガニックコスメブランドから選ぶと見つけやすいでしょう。

    検証② 落としやすさ

    落としやすさ

    続いて検証したのは落としやすさです。


    オーガニックの日焼け止めを塗布した腕に、泡タイプの洗顔料を乗せて2~3回撫で、水をかけます。流したあとに日焼け止めがきれいに落ちているかどうか、目視でチェックしました。

    【検証結果ハイライト】散乱剤はおおむね落としやすいが、クリームタイプは若干劣る

    【検証結果ハイライト】散乱剤はおおむね落としやすいが、クリームタイプは若干劣る

    落としやすさに関しては全体的に優秀でした。紫外線散乱剤は、いわば粉体が物理的に肌に乗っているだけの状態であるためだと推測できます。


    しかしそのなかでもやや落としにくい傾向が見られたのはクリームタイプ。油分が多いクリーム状の剤型は肌に密着しやすいという特徴がありますが、まさにそれを証明したかのような結果になりました。

    検証③ 焼けにくさ

    焼けにくさ

    続いての検証項目は、やはり日焼け止めを選ぶ際には欠かせない焼けにくさ。


    クリアファイルの上にオーガニックの日焼け止めを塗り、紫外線に当てると色が変わるUVラベルの上に乗せます。屋外で日差しに当て、どのくらいUVラベルの色が変化するかを確認しました。


    また、UVラベルだけでなく人の肌でも検証します。社内の男性スタッフに協力を仰ぎ、腹部に全18商品を塗らせてもらいました!


    それぞれの塗った箇所を明確にするためにマスキングテープを貼って枠をつくり、ひとつずつオーガニックの日焼け止めを塗ります。


    塗り終わったらビルの屋上で30分ほど日に当たってもらいます。日焼けあとは肌が赤くなってしまったので、少し落ちついてから状態をチェックしました。

    【検証結果ハイライト】UVラベルで問題なくても、肌では焼けてしまったケースが多かった

    【検証結果ハイライト】UVラベルで問題なくても、肌では焼けてしまったケースが多かった

    紫外線を浴びるとピンク色になるUVラベルは、おおむね白いままという優秀な結果がほとんど。オーガニックの日焼け止めはSPF/PA値が低いものが多いですが、数秒日差しに当てただけで結果が出るUVラベルでの検証には支障がないようでした。


    しかし、肌での検証結果には一部差が出ました。UVラベルで問題なくても肌だと焼けてしまったということは、長時間の日差しには耐えられないということでしょう。低めのSPF/PA値の日焼け止めを選ぶときは、こまめな塗り直しが必要であることがわかります。

    検証④ 耐摩擦性

    耐摩擦性

    続いて検証したのは耐摩擦性。衣類やタオルなどで擦れて落ちてしまったら、そのたびに塗り直すのが理想的です。しかし塗る回数が多くなるほど肌を擦ることになるので、初めからなるべく摩擦で落ちにくい日焼け止めを選びたいもの。


    オーガニックの日焼け止めがなじんだあとの肌を2回ほどタオルでこすってみて、どれくらい残っているかを確認しました。

    【検証結果ハイライト】摩擦に強い商品は皆無…。オーガニック系はどれも擦れに弱い

    【検証結果ハイライト】摩擦に強い商品は皆無…。オーガニック系はどれも擦れに弱い

    微妙な差はあるものの、なんと19商品すべてが摩擦に弱いという結果に…。散乱剤が多いことも影響していると推測できますが、そもそもオーガニックの日焼け止めに摩擦への耐久性を求めるのは間違っているのかもしれません。


    オーガニックコスメのなかから選ぶなら、擦れに強い日焼け止めを探すよりもこまめに塗り直しすることを意識したほうがよさそうです。

    検証⑤ 撥水性

    撥水性

    最後の検証項目は撥水性。


    オーガニックの日焼け止めをなじませた腕に疑似汗(馬油とぬるま湯を混ぜたもの)を吹きかけ、どれくらいはじくかを検証しました。

    【検証結果ハイライト】水に強いのはローションタイプのみ!それ以外はなじんでしまう

    【検証結果ハイライト】水に強いのはローションタイプのみ!それ以外はなじんでしまう

    19商品のうち、撥水性の検証で優秀な結果を残したのはニールズヤードとシンピュルテのみ!そのふたつに共通しているのは、形状がローション(乳液)タイプだということです。疑似汗を吹きかけると、わかりやすく粒になってはじきました。


    反対にクリームやジェルタイプの日焼け止めは、疑似汗となじんでしまうものがほとんど。オーガニックの日焼け止めにはクリームタイプを採用しているものも多いですが、水や汗に強いものを探しているならローションタイプを選ぶのがおすすめです。


    ※掲載商品は、選び方で記載する効果効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

    PR
    HANAオーガニック 7日間トライアルセット♪

    HANAオーガニックウェアルーUV

    1,480円(税込)送料無料

    これ1本で日中美容液・日焼け止め・化粧下地・ライトファンデーションの4役をこなす!100%天然の「ウェアルーUV」が優秀すぎる

    「結局どのオーガニック日焼け止めがいいの?」とお悩みの方におすすめしたいのが、日中美容液・日焼け止め・化粧下地・ライトファンデーションの4役をこなす、ノンケミカルの多機能UVベース「ウェアルーUV」です。


    敏感肌さんにうれしい7つの無添加にこだわっているほか、紫外線・ブルーライト・花粉・大気汚染物質といった外的ダメージから肌を守るマルチプロテクションも採用。肌にやさしいだけでなく、しっかり素肌をサポートしてくれるので、お守り代わりとしてポーチに忍ばせておきたいところ。

    また、新感覚のみずみずしいテクスチャーは、肌なじみがよく、しっとりツヤ肌に仕上げてくれます。薄付きなのに、カバー力も◎です。オーガニックUVのロングセラー商品として、敏感肌さんから厚く支持される実力をあなたも実感してみてください♪

    SPF/PASPF30/PA++
    内容量30ml
    形状-
    タイプ散乱剤
    石鹸で落とせる
    化粧下地としての使用

    今ならオーガニックスキンケア7日間分もセットに♪

    ウェアルーUV

    HANAオーガニックの公式サイトでは、ウェアルーUVを含む5商品の「7日間トライアルセット」が販売されています。


    【セット内容】
    ウェアルーUV・クレイ洗顔・化粧水・美容液・美容乳液

    3,438円相当のセットが、初めての方限定で1,480円!送料も無料なので「まずは一度試してみたい」という方におすすめです♪

    No.1
    ベストバイ・オーガニック日焼け止め

    たかくら新産業パーフェクトポーション アウトドア サンスクリーン

    2,640円(税込)

    総合評価

    3.68
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 3.5
    • 落としやすさ: 4.0
    • 成分: 3.5

    全体的なバランスよし!しっとり感が魅力の日焼け止めクリーム

    1位に輝いたのは、パーフェクトポーションの日焼け止めクリーム!


    摩擦にはやや弱いものの、焼けにくいのに簡単に落とせる使い勝手のよさなど、総合的にバランスのよい評価で見事首位に輝きました。


    配合成分は植物エキスよりも植物油脂が多くなっており、かなりしっとりとした使い心地です。油分が多いこともあり、クリームタイプのなかでは比較的水をはじいたのも高評価。


    肌がかさつきがちな方にマイベストがぜひおすすめしたい、ベストバイ・オーガニックの日焼け止めです!


    ※こちらの商品はリニューアル予定のため、パッケージ変更になる可能性があります。詳細情報などは公式サイトをご確認ください。(2020年8月現在)

    SPFSPF50
    PA値PA+++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量50g
    オーガニック認証ACO,COSMOS
    配合成分数24
    子どもの使用◯(1歳~)
    分類化粧品
    No.2

    アルファネットソレオ オーガニックス

    2,420円(税込)

    総合評価

    3.59
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 1.5
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 3.5
    • 成分: 3.9

    オイルベースでしっとり。焼けにくいけど塗り直しも視野に入れて

    UVラベルは真っ白のまま、肌でもほんのり焼けた程度で、焼けにくさの検証では上々の結果を残しました。完全に粒になってはじくわけではないので、汗をよくかく日や海辺で使う日はこまめに塗り直しましょう。


    配合成分は油分が多めで、こちらも4位のエルバビーバと同様それなりにシンプルな印象です。オイルベースなので分離には注意が必要ですが、かなりしっとりするため乾燥肌の方に適しています。

    ※検証に使用したのは40gのタイプです。

    SPFSPF30+
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量80g
    オーガニック認証-
    配合成分数15
    子どもの使用◯(6か月~)
    分類化粧品
    No.3

    ジョンマスターオーガニックエルバビーバ サンスクリーン

    2,874円(税込)

    総合評価

    3.36
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 2.5
    • 成分: 3.8

    焼けにくさはなかなか!でもやっぱり落としにくいのが惜しい

    焼けにくさはなかなかの実力ですが、例に漏れず若干落としにくいのが惜しい!水を使わず、保湿成分も兼ねてアロエベラ液汁のみが使用されているため、うるおいを重視したい方におすすめです。


    ブランド内にはUSDA認証を受けた製品もありますが、この日焼け止め自体は取得していません。中身にはオーガニック認証成分が使用されており、全成分は比較的シンプルで好印象です。

    SPFSPF30
    PA値PA+
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量75g
    オーガニック認証-
    配合成分数16
    子どもの使用◯(6か月~)
    分類化粧品
    No.4

    アナイスカンパニーシンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション

    3,630円(税込)

    総合評価

    3.32
    • 焼けにくさ: 4.0
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 4.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 成分: 2.9

    紫外線・水に強くオフも楽ちん。摩擦に弱いのだけが弱点

    水に弱い日焼け止めが多いなか、疑似汗をしっかりはじいたシンピュルテの日焼け止め。UVラベルは白いままで肌のみ少し焼けてしまいましたが、全体的に及第点といったところです。石けんで撫でるだけで落ち、落とすのが簡単なのもGood


    弱点は、摩擦への弱さと植物エキスがそれなりに含まれている点です。状況に応じた塗り直しは必要かもしれませんが、これだけ機能面で優秀であれば試してみる価値はあります!

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量30ml
    オーガニック認証ECOCERT
    配合成分数33
    子どもの使用-
    分類化粧品
    No.5

    ウェリナキスフォービーチ

    3,080円(税込)

    総合評価

    3.25
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 1.5
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 4.0

    耐水性の検証ではあと一歩およばず。パウダーなどを重ねるのがおすすめ

    「汗や水に強いウォータプルーフタイプ」とうたっていながらも、耐水性の検証ではあと一歩およばない結果に。色つきなので顔用になりますが、化粧下地としてファンデーションやパウダーと併用するのがよいでしょう。


    植物由来の成分は油脂(オイル)がほとんどなので、苦手な植物エキスがあっても試しやすそうです。ちなみにオーガニック認証を受けているのは製品ではなく原料で、ククイナッツ油(USDA)・アルガンオイル(ACO)・マカダミアナッツ油(ECOCERT)が該当します。

    SPFSPF30
    PA値PA+++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量45ml
    オーガニック認証USDA,ACO,ECOCERT
    配合成分数14
    子どもの使用
    分類化粧品
    No.6

    ニールズヤードレメディーズナチュラルUVプロテクションミルク

    3,769円(税込)

    総合評価

    3.17
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 4.5
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 3.2

    焼けにくく水に強い!落とすときは丁寧に

    ウォータープルーフ表記がないにも関わらず、水への強さが秀でていたニールズヤードの日焼け止め。焼けにくさも申し分ないので、レジャーを楽しみたい日や汗っかきの方にも活躍してくれるはず!保湿されている感はあるのに重くない使用感も魅力的。


    ただしその分数回軽く撫でただけでは落ちないので、丁寧にオフすることが大切です。


    ※こちらの商品はリニューアルされているため、現行品とは見た目が異なります。詳細情報などは公式サイトをご確認ください。(2020年8月現在)

    SPFSPF38
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量40ml
    オーガニック認証ECOCERT
    配合成分数31
    子どもの使用◯(3歳~)
    分類化粧品
    No.7

    ヴェレダ・ジャパンエーデルワイスUVプロテクト

    12450020

    2,530円(税込)

    総合評価

    3.13
    • 焼けにくさ: 4.0
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 3.5
    • 成分: 3.3

    顔にも体にも使いやすい!肌に合うなら使う価値あり

    焼けにくさは及第点で、日常生活ではなんら問題ないレベルです。よほどの炎天下でなければ、日焼け止めとしての機能を十分に果たしてくれるでしょう。


    焼けにくさと落としやすさのバランスがいいので、顔にも体にも使いやすい1本です。植物エキスは特別少ないわけではありませんが、肌に合えば試してみる価値はあります!

    SPFSPF38
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量50ml
    オーガニック認証NaTrue
    配合成分数26
    子どもの使用◯(1か月~)
    分類化粧品
    No.8

    ナチュラルサイエンスママ&キッズ サンスクリーンジェル

    2,600円(税込)

    総合評価

    3.13
    • 焼けにくさ: 4.8
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 3.0
    • 成分: 2.9

    ウォータープルーフのはずなのに、ジェルだからか水に弱い

    ウォータープルーフ表記があるにもかかわらず、ジェルタイプだからか実際は水に弱かったのが残念!疑似汗をかけるとなじんでしまい、はじきません。水がかかると白く浮いてしまうため、落とすときも丁寧になじませるのが必須です。


    オーガニックコスメを調べると見かけることも多いナチュラルサイエンスですが、実際は敏感肌やお子さんでも使えるスキンケアシリーズであってオーガニックコスメとは異なります。そのため植物エキスなどもあまり含まれていないので、何を求めているかを明確にしたうえで使いましょう。

    SPFSPF30
    PA値PA+++
    タイプ散乱剤
    形状ジェル
    内容量65g
    オーガニック認証-
    配合成分数33
    子どもの使用◯(6か月~)
    分類-
    No.9

    ジュリークUV ディフェンスローション

    5,292円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 1.5
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 成分: 2.7

    焼けにくさと落としやすさを両立!吸収剤が苦手な方は気をつけて

    NASAA(豪州全国持続可能農業団体)から認証を受けた自社農場でオーガニック栽培された製品を使用している、ジュリークの日焼け止め。


    すぐれた紫外線防止結果を残しつつも、石けんで簡単に落とすことができました。反面摩擦や水には弱いため、アクティブな一日では塗り直しが必須になりそうです。紫外線吸収剤を使用しているため、相性の悪い方は控えるか、パッチテストをして問題ないことを確認してから使いましょう。

    SPFSPF50
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    形状ローション
    内容量50ml
    オーガニック認証NASAA
    配合成分数32
    子どもの使用-
    分類-
    No.10

    えそらフォレストウェアルーUV ピンクベージュ

    4,320円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 焼けにくさ: 4.5
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 4.5
    • 成分: 2.2

    顔専用にするのがおすすめ!肌を休めたい日のナチュラルメイクに

    特別なオーガニック認証は取得していませんが、独自基準にのっとって有機栽培の原材料を使用しています。


    ほんのり血色感をアップしてくれる色つきなので、顔用の日焼け止めとして使うことで薄化粧効果も。落としやすさと焼けにくさを両立しているので、肌を休めたい日のナチュラルメイク代わりに活用してみてはいかがでしょうか。紫外線を防ぎつつ、明るくツヤのある肌を演出することができます。

    SPFSPF30
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量30ml
    オーガニック認証-
    配合成分数44
    子どもの使用
    分類化粧品
    No.11

    おもちゃ箱アコレル サンプロテクションクリーム 50+

    3,347円(税込)

    総合評価

    2.99
    • 焼けにくさ: 4.3
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 3.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 3.5

    クリームタイプでは貴重!ウォータープルーフ表記に偽りなし

    ウォータープルーフとの表記があるとおりクリーム系の日焼け止めのなかでは水に強いほうです。疑似汗をかけたとたんなじんでしまうものが多いなか、ローションタイプには劣るもののきちんとはじきました。その分オフは丁寧にすることをおすすめします。


    UVラベルは真っ白ですが、肌では若干焼けてしまったのが残念…!SPF50+/PA++++ですが、頼りきらずしっかり塗り直しすることをおすすめします。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量50ml
    オーガニック認証ECOCERT,COSMEBIO
    配合成分数24
    子どもの使用◯(0歳~)
    分類化粧品
    No.12

    ネイチャーズウェイチャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター

    3,080円(税込)

    総合評価

    2.96
    • 焼けにくさ: 4.3
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 3.0
    • 成分: 3.0

    ムラなく塗ればきちんと紫外線をカット

    自社農園で育てた、有機JASの認証を受けた植物を原料として使用しているチャントアチャームの日焼け止め。


    UVラベルでは若干ピンクっぽく色が変わってしまいましたが、肌では問題ない結果に。SPF43/PA+++に偽りなく、ムラなく塗ることができれば、長い時間でも紫外線を防いでくれます。ポンプタイプなので、長時間お出かけする日の朝に全身へたっぷり塗るのに便利でしょう。

    SPFSPF43
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量80ml
    オーガニック認証有機JAS
    配合成分数32
    子どもの使用◯(乳幼児~)
    分類化粧品
    No.13

    AMRITARAオールライトサンスクリーンクリーム

    4,180円(税込)

    総合評価

    2.78
    • 焼けにくさ: 4.8
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 3.2

    SPF18/PA+ながら紫外線をきちんとカット

    SPF18/PA+でありながら、焼けにくさではなかなか優秀な結果を残したアムリターラの日焼け止め。やはり耐久性はないものの、肌のことを考えてなるべく低めのSPF・PA値を選びたい方におすすめです!長時間使う際はこまめに塗り直しをしましょう。


    配合成分はそこまで少ないとはいい難いものの、配合成分に使用している原料の産地がすべて記載されている点には誠意を感じます。製品ではなく原料に対してですが、オーガニック認証も複数取得しています。

    SPFSPF18
    PA値PA+
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量40g
    オーガニック認証ECOCERT,COSMOS,OIA
    配合成分数28
    子どもの使用
    分類化粧品
    No.14

    イデアインターナショナルマグノリア ブライト UVエッセンス 30mL

    3,595円

    総合評価

    2.70
    • 焼けにくさ: 5.0
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 2.5
    • 成分: 2.5

    焼けにくさは文句なし!顔用・化粧下地として使うのがおすすめ

    きちんと紫外線を防ぐことができましたが、耐久性はあまり期待できません。その上からファンデーションやパウダーを使えばその点をカバーしやすくなるので、化粧下地として使うのが適しているでしょう。


    植物エキスの配合数は多めで、そのうちオーガニック原料を使用しているものは全体の40%を占めます。苦手な成分がある方は表示をよく確認しましょう。


    ※こちらの商品は廃盤・終売している可能性があります。(2020年8月現在)

    SPFSPF20
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量30ml
    オーガニック認証SoCert
    配合成分数38
    子どもの使用-
    分類-
    No.15

    マドンナオーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク

    2,499円(税込)

    総合評価

    2.65
    • 焼けにくさ: 4.0
    • 耐摩擦性: 1.5
    • 撥水性: 1.5
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 3.0

    保湿重視の方におすすめ!オフするときは丁寧に

    UVラベルは真っ白なままでしたが、肌での検証ではほんのり焼けてしまいました。ボディソープで軽く撫でただけではあまり落ちず油分が浮いてしまったので、オフは丁寧にすることを心がけましょう。


    特別な認証は取得していませんが、すべての製品におけるオーガニック成分の配合割合が開示されています。この日焼け止めは62%がオーガニック成分ですが、水の代わりに配合されているアロエベラ葉水がメインになっているので、保湿を重視したい方におすすめです。

    SPFSPF30
    PA値PA+++
    タイプ散乱剤
    形状乳液
    内容量45g
    オーガニック認証-
    配合成分数32
    子どもの使用◯(新生児~)
    分類化粧品
    No.16

    イルミルド製薬ALLNA ORGANIC 化粧下地

    2,000円(税込)

    総合評価

    2.61
    • 焼けにくさ: 4.3
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 4.0
    • 成分: 1.0

    焼けにくさは及第点だったものの、成分がちょっと不安…

    焼けにくさは及第点だったものの、敏感肌の方が使うのであれば注意していただきたいのが成分。


    ブランド名にも「オーガニック」とついていますが、特別なオーガニック認証はなく原料の産地なども明記されていません。今回検証したなかでは最も成分数が多く、植物エキスもたっぷり。さらに紫外線吸収剤が使用されているため、苦手な方は気をつけましょう。

    SPFSPF50+
    PA値PA++++
    タイプ吸収剤
    形状クリーム
    内容量50g
    オーガニック認証-
    配合成分数62
    子どもの使用-
    分類化粧品
    No.17

    ビーバイイーママバター UVケアクリーム

    1,051円(税込)

    総合評価

    2.60
    • 焼けにくさ: 4.8
    • 耐摩擦性: 1.0
    • 撥水性: 1.0
    • 落としやすさ: 1.0
    • 成分: 3.4

    紫外線はカットできるが、植物由来成分の割合は低め

    自然派コスメブランドとして知られるママバターですが、特別なオーガニック認証は取得していません。全成分に占める植物由来成分の割合が高くない点も気になりました。


    紫外線はしっかりカットできたので、通常の日焼け止めとしてならアリかもしれません。しかし、その分落としにくさが目立ったので、丁寧に落とすのが大切です。

    SPFSPF25
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量45g
    オーガニック認証-
    配合成分数25
    子どもの使用◯(新生児~)
    分類化粧品
    No.18

    SHIGETAUV スキンプロテクション

    3,410円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 焼けにくさ: 4.0
    • 耐摩擦性: 2.0
    • 撥水性: 2.0
    • 落としやすさ: 2.0
    • 成分: 2.0

    焼けにくさはまずまずだが、植物エキスの多さと落としにくさが気になる

    日焼け止め兼化粧下地なだけあって、焼けにくさはまずまず!しかし水や摩擦には弱く、石けんで軽く撫でただけでは白く浮いてしまうので、きちんとクレンジングしたほうがよいでしょう。


    オーガニック原料を使用した植物エキスがふんだんに配合されているので、肌に合わない可能性がある方は事前の確認をおすすめします。

    SPFSPF25
    PA値PA+++
    タイプ散乱剤
    形状クリーム
    内容量40ml
    オーガニック認証ECOCERT
    配合成分数48
    子どもの使用-
    分類化粧品
    No.19

    N&O Lifeアロベビー UV&アウトドアミスト

    2,350円(税別)

    総合評価

    0.00
    • 焼けにくさ: 0.0
    • 耐摩擦性: 0.0
    • 撥水性: 0.0
    • 落としやすさ: 0.0
    • 成分: 0.0

    超シンプルなアウトドアミスト。焼けてしまうので補助的に使おう

    至極シンプルな配合成分は評価ポイントですが、紫外線はほとんど防げず摩擦や水にも弱いため、日焼け止めとしての評価をつけられない結果となりました。


    日焼け止めとして使うというよりも、アウトドア対策を兼ねて補助的に使用するのがおすすめです。べたつかずしっとりとしたミストとほのかな香りで、お子さんと一緒に使いやすいでしょう。

    SPFSPF15
    PA値PA++
    タイプ散乱剤
    形状ミスト
    内容量80ml
    オーガニック認証-
    配合成分数7
    子どもの使用◯(新生児~)
    分類化粧品

    人気オーガニック日焼け止めの検証結果比較表

    商品画像商品名特徴最安値SPFPA値タイプ形状内容量オーガニック認証配合成分数子どもの使用分類焼けにくさ耐摩擦性撥水性落としやすさ成分総合評価商品リンク
    1
    たかくら新産業 パーフェクトポーション アウトドア サンスクリーン 1枚目

    たかくら新産業

    パーフェクトポーション アウトドア サンスクリーン

    全体的なバランスよし!しっとり感が魅力の日焼け止めクリーム
    2,640円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF50PA+++散乱剤クリーム50gACO,COSMOS24◯(1歳~)化粧品4.52.03.54.03.53.68
    2
    アルファネット ソレオ オーガニックス 1枚目

    アルファネット

    ソレオ オーガニックス

    オイルベースでしっとり。焼けにくいけど塗り直しも視野に入れて
    2,420円
    送料無料
    詳細を見る
    SPF30+PA++散乱剤クリーム80g-15◯(6か月~)化粧品4.51.53.03.53.93.59
    3
    ジョンマスターオーガニック エルバビーバ サンスクリーン 1枚目

    ジョンマスターオーガニック

    エルバビーバ サンスクリーン

    焼けにくさはなかなか!でもやっぱり落としにくいのが惜しい
    2,874円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF30PA+散乱剤クリーム75g-16◯(6か月~)化粧品4.52.03.02.53.83.36
    4
    アナイスカンパニー シンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション 1枚目

    アナイスカンパニー

    シンピュルテ パーフェクトUVミルク プロテクション

    紫外線・水に強くオフも楽ちん。摩擦に弱いのだけが弱点
    3,630円
    送料別
    詳細を見る
    SPF50+PA++++散乱剤乳液30mlECOCERT33-化粧品4.01.04.04.02.93.32
    5
    ウェリナ キスフォービーチ 1枚目

    ウェリナ

    キスフォービーチ

    耐水性の検証ではあと一歩およばず。パウダーなどを重ねるのがおすすめ
    3,080円
    送料別
    詳細を見る
    SPF30PA+++散乱剤クリーム45mlUSDA,ACO,ECOCERT14化粧品4.51.53.02.04.03.25
    6
    ニールズヤードレメディーズ ナチュラルUVプロテクションミルク 1枚目

    ニールズヤードレメディーズ

    ナチュラルUVプロテクションミルク

    焼けにくく水に強い!落とすときは丁寧に
    3,769円
    送料無料
    詳細を見る
    SPF38PA++++散乱剤乳液40mlECOCERT31◯(3歳~)化粧品5.01.04.52.03.23.17
    7
    ヴェレダ・ジャパン エーデルワイスUVプロテクト 1枚目

    ヴェレダ・ジャパン

    エーデルワイスUVプロテクト

    顔にも体にも使いやすい!肌に合うなら使う価値あり
    2,530円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF38PA++散乱剤乳液50mlNaTrue26◯(1か月~)化粧品4.02.01.03.53.33.13
    8
    ナチュラルサイエンス ママ&キッズ サンスクリーンジェル 1枚目

    ナチュラルサイエンス

    ママ&キッズ サンスクリーンジェル

    ウォータープルーフのはずなのに、ジェルだからか水に弱い
    2,600円
    送料別
    詳細を見る
    SPF30PA+++散乱剤ジェル65g-33◯(6か月~)-4.82.02.03.02.93.13
    9
    ジュリーク UV ディフェンスローション 1枚目

    ジュリーク

    UV ディフェンスローション

    焼けにくさと落としやすさを両立!吸収剤が苦手な方は気をつけて
    5,292円
    送料要確認

    ジュリーク公式ストア

    詳細を見る
    SPF50PA++++吸収剤ローション50mlNASAA32--4.51.51.04.02.73.10
    10
    えそらフォレスト ウェアルーUV ピンクベージュ 1枚目

    えそらフォレスト

    ウェアルーUV ピンクベージュ

    顔専用にするのがおすすめ!肌を休めたい日のナチュラルメイクに
    4,320円
    送料要確認

    メーカー公式サイト

    詳細を見る
    SPF30PA++散乱剤乳液30ml-44化粧品4.51.01.04.52.23.00
    11
    おもちゃ箱 アコレル サンプロテクションクリーム 50+ 1枚目

    おもちゃ箱

    アコレル サンプロテクションクリーム 50+

    クリームタイプでは貴重!ウォータープルーフ表記に偽りなし
    3,347円
    送料無料
    詳細を見る
    SPF50+PA++++散乱剤クリーム50mlECOCERT,COSMEBIO24◯(0歳~)化粧品4.31.03.02.03.52.99
    12
    ネイチャーズウェイ チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター 1枚目

    ネイチャーズウェイ

    チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター

    ムラなく塗ればきちんと紫外線をカット
    3,080円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF43PA++散乱剤乳液80ml有機JAS32◯(乳幼児~)化粧品4.32.01.03.03.02.96
    13
    AMRITARA オールライトサンスクリーンクリーム 1枚目

    AMRITARA

    オールライトサンスクリーンクリーム

    SPF18/PA+ながら紫外線をきちんとカット
    4,180円
    送料無料
    詳細を見る
    SPF18PA+散乱剤クリーム40gECOCERT,COSMOS,OIA28化粧品4.81.01.02.03.22.78
    14
    イデアインターナショナル マグノリア ブライト UVエッセンス 30mL 1枚目

    イデアインターナショナル

    マグノリア ブライト UVエッセンス 30mL

    焼けにくさは文句なし!顔用・化粧下地として使うのがおすすめ
    3,595円

    SPF20PA++散乱剤乳液30mlSoCert38--5.01.01.02.52.52.70
    15
    マドンナ オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク 1枚目

    マドンナ

    オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク

    保湿重視の方におすすめ!オフするときは丁寧に
    2,499円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF30PA+++散乱剤乳液45g-32◯(新生児~)化粧品4.01.51.52.03.02.65
    16
    イルミルド製薬 ALLNA ORGANIC 化粧下地 1枚目

    イルミルド製薬

    ALLNA ORGANIC 化粧下地

    焼けにくさは及第点だったものの、成分がちょっと不安…
    2,000円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF50+PA++++吸収剤クリーム50g-62-化粧品4.32.02.04.01.02.61
    17
    ビーバイイー ママバター UVケアクリーム 1枚目

    ビーバイイー

    ママバター UVケアクリーム

    紫外線はカットできるが、植物由来成分の割合は低め
    1,051円
    送料要確認
    詳細を見る
    SPF25PA++散乱剤クリーム45g-25◯(新生児~)化粧品4.81.01.01.03.42.60
    18
    SHIGETA UV スキンプロテクション 1枚目

    SHIGETA

    UV スキンプロテクション

    焼けにくさはまずまずだが、植物エキスの多さと落としにくさが気になる
    3,410円
    送料別
    詳細を見る
    SPF25PA+++散乱剤クリーム40mlECOCERT48-化粧品4.02.02.02.02.02.40
    19
    N&O Life アロベビー UV&アウトドアミスト 1枚目

    N&O Life

    アロベビー UV&アウトドアミスト

    超シンプルなアウトドアミスト。焼けてしまうので補助的に使おう
    2,350円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    SPF15PA++散乱剤ミスト80ml-7◯(新生児~)化粧品0.00.00.00.00.00.00

    オーガニック日焼け止めの使い方

    理想的なオーガニックの日焼け止めを見つけたら、ぜひ適切な使い方も頭に入れておきましょう。どのタイプにも共通する基本的な使い方については以下の記事でご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

    敏感肌の方は事前にパッチテストを

    敏感肌の方は事前にパッチテストを

    敏感肌の方は、オーガニック日焼け止めを選ぶことも多いのではないでしょうか?初めて使う日焼け止めが肌に合うか心配な場合は、まずパッチテストをするようにしましょう。


    パッチテストの方法はいくつかありますが、腕の内側などの皮膚が柔らかい部分で行うのがわかりやすくおすすめです。日焼け止めを塗り、48時間ほど放置してからはがします。肌にかぶれなどがないか確認し、問題がなければ本格的に使い始めましょう。

    使用期限はワンシーズンが目安!オーガニックはなおさら注意

    使用期限はワンシーズンが目安!オーガニックはなおさら注意

    去年買った日焼け止め、今年も使えるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。絶対というわけではありませんが、基本的に一度開封した日焼け止めは、なるべくワンシーズンで使い切るのがおすすめです。


    空気に触れることで酸化が進み、肌に負担を与える可能性もゼロではありません。とくにオーガニックコスメには防腐剤が含まれていないもの、配合量が少ないものもあるので、なおさら注意が必要です。


    また、海外製の日焼け止めには画像のようなマークがついていることも。この「M」はmonth=月を表しており、この場合は開封から6か月以内の使用を推奨していることを示しています。使用期限を見極めるための参考にしてみてくださいね。

    日焼け止めの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、日焼け止めのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位のオーガニック日焼け止め19商品を徹底的に比較検証しました!


    お肌だけでなく、環境にも配慮したい方にもぴったりなオーガニックの日焼け止め。商品によって特徴も異なりますので、今回ご紹介した検証結果も参考に、ぜひ自分に合ったオーガニックの日焼け止めを見つけてくださいね。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す