• 赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】のアイキャッチ画像5枚目

赤ちゃんに使える日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選【紫外線から守る!】

夏のお出かけ時、肌がデリケートでバリア機能も弱い赤ちゃんには日焼け止めが欠かせません。和光堂やピジョンなどのメーカーから、アロベビーやマミーなど赤ちゃん用の商品が多数発売されています。しかし、SPFの低いものや顔にも安心して使えるもの、皮膚科医が推奨するものなどがあり、何を基準に選んでいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、赤ちゃん用の日焼け止めの選び方と、Amazonなどの通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。ママたちの口コミ評価の高いものやクレンジングが必要ないもの、塗り方が簡単なものなど10商品が登場。ぜひ参考にして、大切な赤ちゃんに紫外線対策をしてあげましょう。

この記事に登場する専門家

おちゅんママ
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 242,348  views
目次

赤ちゃんに使える日焼け止めの選び方

赤ちゃん用の日焼け止めは、安全に使えることが最も重要です。成分や肌負担の度合いをチェックして、安心して使えるものを選んであげましょう。

いつから使えるか、まずは使用可能な月齢をチェック

いつから使えるか、まずは使用可能な月齢をチェック

出典:amazon.co.jp

赤ちゃん用の日焼け止めには、生後0ヵ月から使用できるものもありますが、基本的に赤ちゃんを外に連れ出すのは生後2ヵ月を過ぎたころからになります。生後2ヵ月までは短時間のお散歩程度でしょうから、20分以内のお出かけならば日焼け止めは必要ありません。

しかし、午前10時から午後3時までの間に20分以上外出するのなら、日焼け止めが必要になります。したがって、20分以上出かける予定がないのなら、2~3ヵ月ごろから使えるもので十分。買い物などで出かけるかもしれないという方は、生後すぐから使えるものを選んでおきましょう。

成分表を確認して、肌負担の強い成分は避ける

成分表を確認して、肌負担の強い成分は避ける

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんに使う日焼け止めだからこそ、成分表の確認は大切。合成界面活性剤や合成ポリマー、防腐剤、窒素化合物など、負担のある成分を使っている商品も多いので、これらの成分は避けておく方が無難です。

無香料・無着色・アルコールフリー・オーガニックなど、赤ちゃんの肌と健康に気を遣って作られている商品を選びましょう。

紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」を選ぶ

紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」を選ぶ
日焼け止めには、紫外線吸収剤を使ったケミカルタイプと、紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプがあります。ケミカルタイプは紫外線カット効果が高い分、肌への負担も強め。ノンケミカルは紫外線を防ぐ効果は弱いものの、肌には低刺激です。

先述したように、赤ちゃんとのお出かけは短時間になることが多いでしょうから、強力な紫外線カット効果は必要ありません。肌への負担も考えて、ノンケミカルタイプを選んでおきましょう。

普段使いなら「SPF10~20」「PA+~++」程度で十分

普段使いなら「SPF10~20」「PA+~++」程度で十分

出典:amazon.co.jp

紫外線をカットする効果の高いものは、赤ちゃんの肌に負担をかけやすい点に注意しましょう。SPFとPAの数値が高すぎるものを避け、低負担で使えるものを選ぶことが大切です。

普段使いならSPFは10~20ほどあれば十分ですし、PAも+~++くらいまでで十分。レジャーなどで長時間出かける予定があるのなら、SPFとPAが高いものを別に用意して使うのがおすすめです。

伸びが良くて塗りやすいものが理想的。ただし安全性が最優先

伸びが良くて塗りやすいものが理想的。ただし安全性が最優先
柔らかいテクスチャーで良く伸びるものは、全身に塗り広げやすいのでおすすめです。しかし、ノンケミカルタイプの日焼け止めはケミカルタイプに比べてべたつきが残ったり、白くなりやすいこともあるので、気になる方は使用感に関する口コミを確認しておくと良いでしょう。

とは言え、使用感よりも安全性の方が大切。べたつかないからと言ってケミカルタイプを選んでしまっては本末転倒です。どうしてもべたつきが気になる場合は、塗った後にベビーパウダーで軽く押さえてあげると気にならなくなりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

「落としやすさ」は口コミも一緒に確認して

「落としやすさ」は口コミも一緒に確認して
赤ちゃん用の日焼け止めは石けんやお湯で簡単に落とせるものも多くなっています。しかし、これを鵜呑みにせず、口コミも併せて確認してください。

石けんやお湯で落とせると記載されていても、口コミでは落ちにくさが指摘されている商品もあります。これでは強めの洗浄が必要になり、せっかく負担の少ないものを選んだ意味がありません。優しい洗浄できちんと落とせるかどうか、確認して選ぶようにしましょう。

プロの愛用するおすすめの赤ちゃんに使える日焼け止め

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの赤ちゃんに使える日焼け止めをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、赤ちゃんの月齢や肌に合わせて選んでくださいね。
PR
赤ちゃん日焼け止め 株式会社N&O Life アロベビー UV&アウトドアミスト 1枚目

株式会社N&O Lifeアロベビー UV&アウトドアミスト

単品での価格

2,350円 (税別)

いつも使うものだから…セット購入がお得!

ボタン
通常価格2,350円(税抜)で販売されている「アロベビー UV&アウトドアミスト」、2本セットで購入すると10%OFFの4,230円(税抜)で手に入ります。さらに3本セットになると15%OFFの5,993円(税抜)で購入可能!

口コミでも大人気の商品なので、売り切れる前に手に入れてください♪
専門家の
マイベスト
詳細情報
・使用可能な月齢:特に記載なし
・成分の安全性:低刺激
・ノンケミカル:〇
・紫外線カット効果:SPF29・PA++
・テクスチャー:クリームタイプ
・落としやすさ:具体的な記載なし

赤ちゃんに使える日焼け止めの人気ランキング10選

それでは早速、赤ちゃん用の日焼け止めをランキングでご紹介します。SPFやPAの数値も比較しながら、赤ちゃんにぴったりなものを選んであげましょう。
10位
使用可能な月齢0ヶ月から
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF15・PA++
テクスチャー乳液タイプ
落としやすさ石けんで落とせる
9位
使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF30・PA++
テクスチャークリームタイプ
落としやすさ石けんで落とせる
8位
赤ちゃん日焼け止め 株式会社magicnumber フォーファム アウトドアUVミルク
出典:amazon.co.jp

株式会社magicnumberフォーファム アウトドアUVミルク

2,700円 (税込)

使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF30・PA+++
テクスチャー乳液タイプ
落としやすさ石けんで落とせる
7位
使用可能な月齢乳幼児から
成分の安全性オーガニック(天然成分100%)
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF15・PA++
テクスチャークリームタイプ
落としやすさお湯で落とせる
6位
赤ちゃん日焼け止め 和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用
出典:amazon.co.jp

和光堂ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用

506円 (税込)

使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF35・PA+++
テクスチャー乳液タイプ
落としやすさ石けんで落とせる
5位
赤ちゃん日焼け止め オルナ オーガニック ベビー 日焼け止め
出典:amazon.co.jp
使用可能な月齢0歳から
成分の安全性オーガニック
ノンケミカル
紫外線カット効果記載なし
テクスチャー乳液タイプ
落としやすさ石けんで落とせる
4位
使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF29・PA++
テクスチャークリームタイプ
落としやすさ具体的な記載なし
3位
赤ちゃん日焼け止め 和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用
出典:amazon.co.jp

和光堂ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用

438円 (税込)

使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF21・PA++
テクスチャークリームタイプ
落としやすさ石けんで落とせる
2位
使用可能な月齢特に記載なし
成分の安全性合成化学成分不使用
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF17・PA+
テクスチャークリームタイプ
落としやすさ石けんで落とせる
1位
使用可能な月齢新生児から
成分の安全性オーガニック(天然由来成分100%)
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF15・PA不明
テクスチャーミストタイプ
落としやすさお湯で落とせる

人気赤ちゃん用日焼け止めの比較一覧表

商品画像
1
赤ちゃん日焼け止め N&O Life アロベビー UV&アウトドアミスト

N&O Life

2
赤ちゃん日焼け止め 太陽油脂 パックスベビー UVクリーム

太陽油脂

3
赤ちゃん日焼け止め 和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用

和光堂

4
赤ちゃん日焼け止め 丹平製薬 アトピタ 保湿UVクリーム

丹平製薬

5
赤ちゃん日焼け止め オルナ オーガニック ベビー 日焼け止め

オルナ オーガニック ベビー

6
赤ちゃん日焼け止め 和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用

和光堂

7
赤ちゃん日焼け止め N&O Life アロベビー UVモイストミルク

N&O Life

8
赤ちゃん日焼け止め 株式会社magicnumber フォーファム アウトドアUVミルク

株式会社magicnumber

9
赤ちゃん日焼け止め DHC ベビー&ママサンガード

DHC

10
赤ちゃん日焼け止め ピジョン UVベビー ウォーターミルク

ピジョン

商品名

アロベビー UV&アウトドアミスト

パックスベビー UVクリーム

ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用

アトピタ 保湿UVクリーム

日焼け止め

ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用

アロベビー UVモイストミルク

フォーファム アウトドアUVミルク

ベビー&ママサンガード

UVベビー ウォーターミルク

特徴虫刺されも日焼けもこれ1本で防げるミストタイプ合成化学成分を含まず、潤いも与える低刺激で普段から使うのに最適伸びの良いウォーターベースでムラなく塗れる植物由来の保湿成分で乾燥も防止レジャーへのお出かけ時にぴったりテクスチャーが柔らかくなって塗りやすさアップ虫除け成分も配合してさらに安心天然の紫外線防止成分で肌に優しい普段使いに最適な紫外線カットレベル
最安値
2,393
送料別
詳細を見る
407
送料要確認
詳細を見る
438
送料要確認
詳細を見る
579
送料要確認
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
506
送料要確認
詳細を見る
2,592
送料要確認
詳細を見る
2,700
送料要確認
詳細を見る
1,088
送料要確認
詳細を見る
522
送料要確認
詳細を見る
使用可能な月齢新生児から特に記載なし特に記載なし特に記載なし0歳から特に記載なし乳幼児から特に記載なし特に記載なし0ヶ月から
成分の安全性オーガニック(天然由来成分100%)合成化学成分不使用低刺激低刺激オーガニック低刺激オーガニック(天然成分100%)低刺激低刺激低刺激
ノンケミカル
紫外線カット効果SPF15・PA不明SPF17・PA+SPF21・PA++SPF29・PA++記載なしSPF35・PA+++SPF15・PA++SPF30・PA+++SPF30・PA++SPF15・PA++
テクスチャーミストタイプクリームタイプクリームタイプクリームタイプ乳液タイプ乳液タイプクリームタイプ乳液タイプクリームタイプ乳液タイプ
落としやすさお湯で落とせる石けんで落とせる石けんで落とせる具体的な記載なし石けんで落とせる石けんで落とせるお湯で落とせる石けんで落とせる石けんで落とせる石けんで落とせる
商品リンク

紫外線対策にはこちらも便利

日焼け止めだけでなく、ポンチョやケープ、ベビーカー用の傘スタンドなどを活用することも大切です。直射日光を防げば日焼けを防止できますので、日焼け止めを塗らないお出かけ時も安心できますよ。ぜひ以下のリンクも一緒にチェックして、夏のお散歩やお出かけに活用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんに使える日焼け止めにはさまざまな種類がありますが、成分や落としやすさなどをしっかりチェックすると、負担をかけにくいものを選ぶことができます。

赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすいので、こまめに塗り直して日焼けを防いであげてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す