• 【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【家電のプロが教える】3万円台の格安ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

3万円台で買えるノートパソコンでも、OSやストレージの種類、メモリの容量などをしっかりチェックすれば、十分満足する商品を手に入れることができます。

今回は、そんな格安ノートパソコンを徹底比較し、ランキング形式で発表。家電のプロである家電販売員のたろっささんにお聞きした、選び方のポイントもご紹介しますよ。商品と併せてぜひ参考にしてみてくださいね。
この記事に登場する専門家
たろっさ
鈴木 章史
  • 最終更新日:2018年07月25日
  • 583,236  views
目次

3万円台のノートパソコンの選び方

今回は3万円台のノートパソコンの選び方について、ショップ販売員として10年以上のキャリアを持ち、法人ナンバーワン販売員にも輝いたご経験のある、家電販売員のたろっささんに取材させていただきました。

必ず確認しておきたい基本性能から使用用途に合わせた選び方まで紹介しますので、ぜひ今後の3万円台のノートパソコン選びの参考にしてみてください。
3万円台のノートパソコンの選び方
<取材協力:たろっささん>
家電販売員として10年以上のキャリアを持ち、通算約25億円の取引実績をあげる。現在は年間2億円強を売り上げており、「法人ナンバーワン販売員」としての表彰も経験。

家電アドバイザー(ゴールド)・家電エンジニア・フォトマスター検定1級・販売士2級等の資格も取得し、あらゆる家電製品に精通している。

ブログ:http://taromomo.com/
Twitter:https://twitter.com/momoandtaro8931

用途に合ったOSを選ぶ

3万円台のノートパソコンで選べるOSは、「Windows」と「Chrome」の2種類。それぞれ得意なことと不得意なことが異なりますので、使い方をイメージして選んでいきましょう。

動かせるソフトが豊富な「Windows」

動かせるソフトが豊富な「Windows」

出典:amazon.co.jp

従来のパソコンユーザーや大学でのレポート提出用には、Windowsが最適です。ChromeOSと比べてプログラムが豊富で、Windowsでしか動かないソフトも多くあります。

公の場の文章提出に用いられる一太郎にも対応していますよ。オールマイティーに使えるノートパソコンを購入したい方は、Windowsを選んでおきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
使わなくてはいけないソフトへの対応を考えるなら、Windowsを選んでおけばとりあえず間違いないと言えるでしょう。パワーポイントを使ったプレゼンテーション用にも、もちろんWindowsがおすすめです。ChromeOSを購入しても、使いたいソフトが対応していなかったら意味がありませんよ!

直感的に操作できる「ChromeOS」

直感的に操作できる「ChromeOS」

出典:amazon.co.jp

いままでパソコンに触れたことがない方や、スマホやタブレットの操作に慣れている方には、直感的に操作できるChromeOSがおすすめ。Windowsよりもプログラム数が少ない分、省電力でスリープからの立ち上がりも早いです。

ただし商業ソフトやエクセルなどを立ち上げる際に時間がかかったり、カクついたりモタついたりすることがあります。使用できないわけではないですが、そういう側面があることを理解しておきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
10年以上この家電業界にいますが、ここ最近、パソコンを使ったことがないという方が増えています。AndroidユーザーがChromeOSを選べば、今まで使っていたツールやアプリも使えます。初めてパソコンを購入する方にとっては、Windowsよりもずっと取っ付きやすいOSだと思いますよ。

押さえておきたいスペック

全ての商品スペックを確認していくのは、とても時間がかかる大変な作業です。そんな手間を減らすために、ここからは最低限押さえておきたい基本機能について解説していきます。

記憶媒体はSSDかeMMC

記憶媒体はSSDかeMMC

出典:amazon.co.jp

3万円台のパソコンに適しているのは、書き出しと読み出しが非常に速いSSDと、小さく省電力なeMMC。このいずれかが搭載されているかチェックしてみましょう。

しかしそれぞれのストレージには、デメリットも存在します。SSDは価格が高く、10.1インチ以下のパソコンには搭載されていません。eMMCは、SSDよりも書き出し読み出しに時間がかかる上に低容量。そしてどちらを選んでも容量自体はかなり少なめですので、物足りないようなら別途外部ストレージを用意しておきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
容量が大きいHDDもありますが、実はこの価格帯には適していません。HDDは回転駆動なので衝撃に弱いんです。故障したパソコンの10台中9台はHDDが原因だと言われるほど、壊れやすいものなんですよ。さらにバッテリーの消費も激しく、持ち運び用にもあまりおすすめできません。3万円台なら、迷わずSSDかeMMCのどちらかをおすすめします。

4GBメモリで作業量アップ

4GBメモリで作業量アップ

出典:amazon.co.jp

3万円台のノートパソコンの場合、メモリの選択肢は2GBと4GB。容量が大きいほど同時に作業ができる量も増えるため、複数のソフトを立ち上げて作業を行う予定でしたら4GBを選んでおきましょう。それでも容量が足りず、もっとサクサク作業したいという方は、メモリを交換するなどの工夫が必要です。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
メモリは、机の広さをイメージすると分かりやすいですよ。2GBだと教科書・ノート・参考書を、4GBだと教科書・ノート・参考書・辞書・ノートパソコンを同時に開ける程度の差です。

今のパソコンは昔よりも動作が軽くなっているので、2GBでも十分対応できます。とはいえ、ワードやエクセル、動画を見ながら資料を作りたい場合など、複数の作業を同時にやるとなると動作が遅くなって厳しいです。会議用の資料やレポートをまとめたい場合は、4GBの方が無難でしょう。

キーボードの沈み具合で打ちやすさが変化

キーボードの沈み具合で打ちやすさが変化

出典:asus.com

スムーズな操作を実現させるためには、キーボードの使いやすさもチェックしておきましょう。ミスタッチを防ぎたいのであれば、沈み込みが深いものを、腕や肩への負担を軽くしたいのであれば、沈み込みが浅いものを選んでみてください。

さらに電卓やエクセル等の使用で、頻繁に数字の打ち込みをする場合には、テンキーがあるものを選ぶのがベストです。ただしテンキーは15.6インチ以上のパソコンにしか付いていませんので、サイズも一緒に確認しておきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
電卓検定を持っている方に話を聞いたところ、テンキーがあるのとないのとでは、約5倍も作業効率が変わるそうです!テンキーが付いていない場合には、外付けのテンキーを用意しておくという手もありますよ。

キーボードの感覚は、実際に触ってみないとわからない部分でもあります。できることなら店頭で確認してほしいところですが、それができない場合にはレビューを参考にしてみてくださいね。

2in1なら入力端子がタブレット側に付いているものを

2in1なら入力端子がタブレット側に付いているものを

出典:amazon.co.jp

タブレットとしても使える2in1ノートパソコンを選ぶ際には、USB端子がどこに付いているか注目してみましょう。タブレット側とキーボード側の2タイプがあり、タブレット側に付いている商品を選ぶのが正解です。

キーボード側だと電力供給が不安定なため、ディスクドライブやポータブルHDD等、それなりに電力供給が必要な物の大多数が動かなくなってしまいます。それでも使用したいという場合には別途、セルフパワーのUSBハブを用意しておきましょう。

HDMI以外のアナログ端子付きだと便利

HDMI以外のアナログ端子付きだと便利

出典:amazon.co.jp

パソコンをプロジェクタに繋ぐことを想定している場合には、HDMI端子のほかにVGA端子が付いていると大変便利。HDMI端子が付いていないプロジェクタも珍しくないため、万が一のことを考えてアナログ端子が付いているパソコンを購入しておきたいところです。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
私も仕事柄、色々な場所に出かけて家電の話をしますが、プロジェクタがHDMIに対応していなくて困ったという経験も多々あります。新しいものが古いものに合わせなければいけないのもナンセンスな話ですが、HDMI端子があるからといって過信してはダメですね。

またアナログ端子がどうしてもないというときには、変換ケーブルを使うのもひとつの方法ですよ。

持ち運ぶならココもチェック

持ち歩き用として購入しようと考えている方は、重さだけでなく画面サイズや液晶の種類、さらにはバッテリー駆動時間も気にしながら選んでみましょう。

14インチ以下のノングレア液晶がおすすめ

14インチ以下のノングレア液晶がおすすめ

出典:amazon.co.jp

自宅で使用する場合には、画面サイズが大きいほど使いやすいのは当たり前。しかし持ち運ぶ場合には、14インチ以下のコンパクトなサイズが向いています。

また外出先での使用を考えているのであれば、すりガラスのようなノングレア液晶がおすすめです。グレア液晶はツルツルとして光沢があるため、画面への映り込みが気になり、作業に集中するのが難しくなってしまいます。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
15.6インチだと持ち歩き用には若干大きいと思います。カバンには入るものの、どこかに引っかけて壊してしまう場合も多いです。また、長く愛用するためにも、ぜひ保護用のカバンを使って持ち歩いてくださいね。

バッテリー駆動時間は5~6時間で十分

バッテリー駆動時間は5~6時間で十分

出典:amazon.co.jp

朝から晩までパソコンを持ち運ぶ場合でも、1日中起動させているという方は少ないはず。プレゼンテーションなど一時的な使用であれば、5~6時間程度のバッテリー駆動時間があれば事足りますよ。

ですが、もしも事務作業などでワードやエクセル等を頻繁に直さなければいけないのであれば、12時間程度のバッテリー駆動時間があるものを選んだほうが安心です。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
3万円台という価格帯でバッテリー駆動時間の長いパソコンを選んでしまうと、今度は処理能力が劣ってしまうので、どちらを重視したいのかハッキリさせておくことも大切です。

Officeの有無とCPUは気にしなくても大丈夫

マイクロソフトのOfficeがインストールされていなくとも、今の時代ほかの互換性Officeが登場しています。ですので、あえてOffice付きのパソコンを買う必要はありません。そして気になるCPUですが、どのメーカーのCPUもスペックはそれほど差がありません。CPU以外の選び方のポイントを重点的に確認してみてくださいね。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっさのコメント
比較的安価なWPS Office(旧名:Kingsoft Office)や、ネットで無償提供されているOpenOfficeを使用すれば、マイクロソフトのOfficeがなくてもほとんど困ることはありません。実は私も、家のパソコンでは無償提供されているOfficeを使っています。

プロの愛用するおすすめの3万円台の格安ノートパソコン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの3万円台の格安ノートパソコンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、使い方に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

3万円台の格安ノートパソコンおすすめ人気ランキング7選

お待たせしました。ここからはおすすめの3万円台の格安ノートパソコンを、7位から順に発表していきます。
7位
OSWindows 10 Home 64bit記憶媒体eMMC
メモリ2GBキーボード重め
出力端子micro HDMIディスプレイ10.1型(グレア液晶)
バッテリー駆動時間約11時間
6位
OSWindows 10 Home 64bit記憶媒体HDD
メモリ4GBキーボード-
出力端子HDMIディスプレイ11.6型(ノングレア)
バッテリー駆動時間約7.2時間
5位
OSWindows 10 Home 64bit記憶媒体eMMC
メモリ2GBキーボード-
出力端子micro HDMIディスプレイ10.1型(グレア)
バッテリー駆動時間約13時間
4位
Stream
出典:amazon.co.jp

ヒューレットパッカードStream

11-y003TU

24,990円 (税込)

OSWindows 10 Home 64bit記憶媒体eMMC
メモリ2GBキーボード浅め
出力端子HDMIディスプレイ11.6型(ノングレア液晶)
バッテリー駆動時間約10時間45分
3位
OSChrome OS記憶媒体eMMC
メモリ2GBキーボード浅め
出力端子HDMIディスプレイ11.6型
バッテリー駆動時間約9時間
2位
OSWindows 10 Home記憶媒体HDD
メモリ4GBキーボードテンキー付き
出力端子HDMIディスプレイ15.6型
バッテリー駆動時間6.5時間
1位
OSWindows 10 Home 64bit記憶媒体eMMC
メモリ4GBキーボード浅め
出力端子micro HDMIディスプレイ11.6型(グレア液晶)
バッテリー駆動時間約9時間30分

おすすめ人気3万円台の格安ノートパソコンの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格OS記憶媒体メモリキーボード出力端子ディスプレイバッテリー駆動時間商品リンク
1
Vivobook

エイスース

Vivobook

キーボードにこだわりアリ36,800円(税込)Windows 10 Home 64biteMMC4GB浅めmicro HDMI11.6型(グレア液晶)約9時間30分詳細を見る
2
Aspire

エイサー

Aspire

資料作成に役立つテンキー付き39,800円(税込)Windows 10 HomeHDD4GBテンキー付きHDMI15.6型6.5時間詳細を見る
3
Chromebook

エイサー

Chromebook

スピーディーな起動はChromeOSの魅力33,000円(税込)Chrome OSeMMC2GB浅めHDMI11.6型約9時間詳細を見る
4
Stream

ヒューレットパッカード

Stream

お子様用の入門機にも24,990円(税込)Windows 10 Home 64biteMMC2GB浅めHDMI11.6型(ノングレア液晶)約10時間45分詳細を見る
5
TransBook

エイスース

TransBook

タブレットだけでも持ち歩き36,800円(税込)Windows 10 Home 64biteMMC2GB-micro HDMI10.1型(グレア)約13時間詳細を見る
6
Ideapad

レノボ

Ideapad

HDDとSSD、選べるストレージ33,199円Windows 10 Home 64bitHDD4GB-HDMI11.6型(ノングレア)約7.2時間詳細を見る
7
Ideapad Miix 320

レノボ

Ideapad Miix 320

用途に合わせて使い分け34,000円(税込)Windows 10 Home 64biteMMC2GB重めmicro HDMI10.1型(グレア液晶)約11時間詳細を見る

まとめ

いかがでしたか?実は格安でノートパソコンを購入できるのには、説明書がなかったりサポートがあまり充実していなかったりと、それなりの理由があります。

故障やウイルスに感染するなど、何らかのトラブルに見舞われたら自分で対処しなければいけませんので、その点に関しては留意しておきましょう。3万円のノートパソコンを賢く使いこなすには、使えないものがあると割り切って考えることも重要なポイントですよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す