• 【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【本当に使いやすい!】電気圧力鍋のおすすめランキング9選【2019年最新版】

火を使わずに安全に煮込み料理が作れる電気圧力鍋は、パナソニック・シロカ・ティファール・D&Sなどのメーカーからたくさんの種類が発売されています。時短調理に大変便利なアイテムですが、容量や機能、作れるメニューなど選ぶべきポイントが多いので、何を重視していいのか困ってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめの電気圧力鍋を人気順にランキング形式でご紹介します。詳しい選び方も解説するので初めて選ぶ人でも安心ですよ。保温機能付きの便利なものからキッチンに出しっぱなしでもサマになるおしゃれなものまで、全10商品が登場。後半では上手に使いこなすコツも紹介していますので、商品選びと一緒に参考にしてください。

この記事に登場する専門家

ひなちゅん
  • 最終更新日:2019年04月10日
  • 1,081,710  views
目次

電気圧力鍋の選び方のポイント

電気圧力鍋を選ぶ時のポイントは、サイズや機能性、安全性など多数あります。以下で詳しくご紹介していきますので、自分にぴったりのものを見つけてみてください。

人数+1Lを目安に、本体サイズと容量を選ぶ

人数+1Lを目安に、本体サイズと容量を選ぶ

出典:siroca.co.jp

電気圧力鍋は炊飯器よりも大きめになっているものがほとんどなので、置き場所を確保した上で選ぶようにすると失敗がありません。サイズは容量の大きさに比例していることが多いので、まずは容量を選んでからサイズを比較して選ぶのがおすすめです。容量は、家族の人数に1Lを加えたものが目安になります。1人暮らしの場合は2L、3人家族なら4Lを選んでおくといいでしょう。

置き場所を確保する際は、左右のスペースだけでなく上方向にも余裕のある場所を選ぶのが理想的です。商品によっては炊飯器のように蒸気が出るものもあるので、ある程度のスペースを確保しておくのがおすすめです。

IHとマイコン、消費電力の差からタイプを選ぶ

IHとマイコン、消費電力の差からタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

電気圧力鍋にはIHタイプとマイコンタイプの2種類があります。IHタイプは消費電力が1200Wクラスになるものが多いのですが、温度ムラのない調理ができるので煮物や煮込み料理に最適です。ただ炊飯器と同じくらいの電力を消費してしまいますから、炊飯器や電子レンジと同時に使用するとブレーカーが落ちてしまう可能性もあるので注意しましょう。

マイコンタイプはIHタイプに比べて消費電力が少なく、600~800Wのものが主流です。電気代の節約に繋がるので、頻繁に電気圧力鍋を使うという人にぴったりです。

機能面を確認して使いやすさをチェック

使いやすさを知るには、どんな機能を持っているかチェックするのがおすすめです。自分にとって必要な機能やあったら便利な機能を確認してみてください。

レシピの幅を広げるなら調理コースの多いものを

レシピの幅を広げるなら調理コースの多いものを

出典:amazon.co.jp

圧力鍋と言うと煮込み料理を思い浮かべますが、蒸し機能・炊飯・低温調理などさまざまな機能を備えた商品も多数あります。よく作る料理やチャレンジしてみたいメニューを中心に、あると便利な調理コースを備えているか確認してみましょう。おすすめは低温調理機能。普通の鍋ではとても面倒な調理方法ですが、電気圧力鍋なら簡単にできます。

調理コースが多く備わっていても商品の価格にはさほど差がないので、せっかく選ぶのなら多くのメニューに使えるものの方が便利です。

プッシュ式?スライド式?フタの閉めやすさで選ぶ

電気圧力鍋は密閉して圧力をかけるため、フタをしっかり閉める必要があります。フタは大きく分けてプッシュ式とスライド式があり、プッシュ式は片手で開け閉めできますが、取り外せないタイプがほとんどなのでお手入れがしにくいところが難点です。

スライドして開け閉めするものはお手入れしやすいのですが、ある程度の力が必要なので片手での操作には適していません。自分にとってどちらの方が使いやすいかイメージして選んでみてください。

保温や温め直し機能があると便利

電気圧力鍋は自動で調理ができるのが最大の魅力ですが、うっかり忘れてしまうこともあるので保温機能があると便利です。保温機能がないものは調理後に徐々に冷めてしまい、食べる直前に電子レンジなどで温め直す手間が発生します。また、朝のうちに調理して夜食べるという時にも便利ですから、保温や温め直し機能があるかどうかも確認しておきましょう。

お手入れのしやすいものを選ぶ

お手入れのしやすいものを選ぶ

出典:sanyo-bs.jp

衛生的に使えるかどうかも大切なポイントなので、お手入れのしやすさも確認しておきましょう。ほとんどの商品は内釜が外せるようになっていますが、内蓋やパッキンなど汚れが溜まりやすい部分のパーツも取り外せるものなら清潔に保てます。お手入れについて記載がないものもあるので、こうした時はお手入れに関する口コミを確認しておくと安心できます。

安全性は忘れず確認する

安全性は忘れず確認する

出典:amazon.co.jp

圧力がかかっている状態ではフタが開かないように、ロック機能があることも確認してください。ほとんどの商品に搭載されている機能ですが、念のために確認しておくと安心できます。ロック状態と解除後の状態が一目でわかるものがおすすめです。

また、ふきこぼれ防止機能付きなら故障も防げますし、マグネット式のコンセントなら万が一引っ掛けてしまっても外れるので落下防止になります。気に入った商品が見つかったら、安全に使える工夫についても確認しておくといいでしょう。

プロの愛用するおすすめの電気圧力鍋

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの電気圧力鍋をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、機能を比較してコスパの高いものを選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

電気圧力鍋の人気ランキング9選

ここからは、人気の電気圧力鍋のおすすめ商品を人気順でご紹介します。機能を比較して自分にぴったりの、使い勝手のいい電気圧力鍋を見つけてくださいね。
9位
電気圧力鍋 D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋
出典:amazon.co.jp

D&S家庭用マイコン電気圧力鍋

STL-EC25

11,880円 (税込)

容量2.5L
タイプマイコン
調理コース7種類
フタのタイプ-
保温機能
8位
電気圧力鍋 パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式
出典:amazon.co.jp

パナソニック電気圧力鍋 マイコン式

SR-P37-N

19,820円 (税込)

容量3.7L
タイプマイコン
調理コース-
フタのタイプスライド式
保温機能
7位
電気圧力鍋 TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋
出典:amazon.co.jp

TOHORELICIA コンパクト電気圧力鍋

RLC-PC02RF

8,500円 (税込)

容量2L
タイプマイコン
調理コース5種類
フタのタイプ-
保温機能
6位
電気圧力鍋 ショップジャパン プレッシャーキングプロ
出典:amazon.co.jp

ショップジャパンプレッシャーキングプロ

PKP-NXAM

15,876円 (税込)

容量3.2L
タイプマイコン
調理コース6種類
フタのタイプスライド
保温機能
5位
電気圧力鍋 ワンダーシェフ 電気圧力鍋 4L
出典:amazon.jp

ワンダーシェフ電気圧力鍋 4L

300010

12,778円 (税込)

容量4L
タイプマイコン
調理コース6種類
フタのタイプスライド式
保温機能
4位
電気圧力鍋 ティファール クックフォーミー エクスプレス
出典:amazon.co.jp

ティファールクックフォーミー エクスプレス

CY8511JP

34,609円 (税込)

容量6L
タイプマイコン
調理コース4種類
フタのタイププッシュ式
保温機能-
3位
電気圧力鍋 siroca マイコン電気圧力鍋 クックマイスター
出典:amazon.co.jp

sirocaマイコン電気圧力鍋 クックマイスター

SP-D131

16,700円 (税込)

容量1.3L
タイプマイコン
調理コース6種類
フタのタイプ-
保温機能
2位
電気圧力鍋 ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 3L
出典:amazon.co.jp

ワンダーシェフ家庭用マイコン電気圧力鍋 3L

OEDA30

13,560円 (税込)

容量3L
タイプマイコン
調理コース-
フタのタイプ-
保温機能
1位
電気圧力鍋 ティファール クックフォーミー
出典:amazon.co.jp

ティファールクックフォーミー

CY7011JP

26,994円 (税込)

容量6L
タイプマイコン
調理コース4種類
フタのタイププッシュ式
保温機能-

人気電気圧力鍋の比較一覧表

商品画像
1
電気圧力鍋 ティファール クックフォーミー

ティファール

2
電気圧力鍋 ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 3L

ワンダーシェフ

3
電気圧力鍋 siroca マイコン電気圧力鍋 クックマイスター

siroca

4
電気圧力鍋 ティファール クックフォーミー エクスプレス

ティファール

5
電気圧力鍋 ワンダーシェフ 電気圧力鍋 4L

ワンダーシェフ

6
電気圧力鍋 ショップジャパン プレッシャーキングプロ

ショップジャパン

7
電気圧力鍋 TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋

TOHO

8
電気圧力鍋 パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式

パナソニック

9
電気圧力鍋 D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋

D&S

商品名

クックフォーミー

家庭用マイコン電気圧力鍋 3L

マイコン電気圧力鍋 クックマイスター

クックフォーミー エクスプレス

電気圧力鍋 4L

プレッシャーキングプロ

RELICIA コンパクト電気圧力鍋

電気圧力鍋 マイコン式

家庭用マイコン電気圧力鍋

特徴大容量6Lで大家族にも最適はじめての方にも使いやすい8種類のオートメニュー付き50種のレシピで料理が楽しくなる電気圧力鍋内蔵メニュー150種類。クックフォーミーの進化版調理後は自動保温されるからできたてを味わえるタイマー付きで再加熱もできる置き場所に困らないコンパクトサイズ低温調理にも対応した3段階の温度設定5合までの炊飯にも対応。手頃でコスパも抜群
価格26,994円(税込)13,560円(税込)16,700円(税込)34,609円(税込)12,778円(税込)15,876円(税込)8,500円(税込)19,820円(税込)11,880円(税込)
容量6L3L1.3L6L4L3.2L2L3.7L2.5L
タイプマイコンマイコンマイコンマイコンマイコンマイコンマイコンマイコンマイコン
調理コース4種類-6種類4種類6種類6種類5種類-7種類
フタのタイププッシュ式--プッシュ式スライド式スライド-スライド式-
保温機能--
商品リンク

電気圧力鍋を上手に使いこなすコツ

電気圧力鍋を上手に使いこなすコツ

出典:amazon.co.jp

メニューによっては普通の鍋やフライパンで調理した方が早いこともあります。上手に使いこなすには、調理するメニューの煮込み時間が15分以上あるかどうかで見極めましょう。15分以上かかるメニューなら電気圧力鍋を活用した方が時短調理できます。

また、蒸す・ふかす・炊くといった調理の場合も同様に15分を目安にすると判断しやすいので、この時間を基準にして使い分けてみてください。おでんや焼き芋、炊飯など味を染み込ませたり全体に火を通すまでに時間がかかる食材にも最適ですので、ぜひお試しください。

節約しながらの煮込み料理にはこちらもおすすめ

煮込み料理はガス代や電気代が気になりますが、鍋の余熱を活かして節約しながら煮込み料理が作れる鍋もあります。じっくり煮込むカレーやシチュー、おでんなどにもぴったりですので、ぜひ以下のリンクもチェックしてみてくださいね。

電気式以外の圧力鍋をお探しの方はこちら

今回は電気圧力鍋に絞ってご紹介しましたが、コンロで使えるシンプルな圧力鍋も人気です。以下の記事では圧力鍋の選び方と人気商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

電気圧力鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電気圧力鍋のAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめの電気圧力鍋をご紹介しましたが、自分にぴったりのものは見つかったでしょうか?

容量や機能など選ぶポイントはたくさんありますが、自分にとって必要な機能があり、なおかつお手入れがしやすいものならきっと買って良かったと思えるはずです。ぜひ手に入れて、時間短縮しつつ美味しい料理を作ってみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す