市販のトリートメント最強おすすめ人気ランキング20選

カラーやパーマで痛んだ髪の毛を補修してくれる、トリートメント。ご自宅で使っているものは、あなたの髪に本当に合っているでしょうか?新しいものに変えてみたいと思っていても、効果や香りもさまざまな商品が多数販売されていて、どれを選んで良いものか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、あなたの髪にぴったりのトリートメント選びをお手伝いすべく、選び方のポイントを説明しながら、市販や通販で購入できるトリートメントの成分・価格・口コミなどを比較して、おすすめ人気トリートメントランキングをご紹介します。ラックス・花王・資生堂などのプチプラ商品から、ミルボンやボタニスト、ルベルなど美容院で薦められるあのトリートメントもランクイン。この機会にトリートメントを見直して、艶のある髪を手に入れましょう!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
2bc3ab122cd3f50be0c8bb57a1f01c9d70dfd001
F8085537287f5dc8c982744ec9dd8f9a13396af1
04b005b4112d57b9a4c6605ef2042306e18581b9
F217450c356410ce4220bbce832150c8d362b2b5
4ffa62c4a116ba767c6a88366873748515e9bf93
Ed1fbdb0fd591a0df957a12afc70618b6bd485a9
最終更新日:2018年04月20日 | 1,026,667views

トリートメントの主な効果は「ダメージの補修」

Loading
リンスやコンディショナーが髪表面をコーティングするものであるのに対し、トリートメントは髪表面と内部に働きかけてダメージを補修するためのもの。枝毛・くせ毛・乾燥・ドライヤーの熱などなど普段から蓄積しているダメージはもちろん、カラーリングやパーマなどで受けたダメージを補修するとともに、それらを長持ちさせる効果も期待できます。

逆に言えば、トリートメント以外のヘアケア剤では現在生えている髪を補修することはできません。カラーリングやパーマ、縮毛矯正などで受けるダメージだけでなく、紫外線や摩擦などで髪は日々ダメージを蓄積しています。普段からトリートメントで髪をいたわることで、将来的なダメージの予防にも繋がりますよ。

トリートメントの選び方のポイント

そんなトリートメントを選ぶ上でのポイントを2つにまとめました。ここで読んだ情報をもとに、可能であれば試供品を使ってみるなどして、自分に合うものを見つけてくださいね!

タイプごとの特徴をチェック

トリートメントには大きく分けて2種類のタイプがあります。それぞれの特徴から見て行きましょう。

補修効果に特化した「インバストリートメント」

洗い流して使用する、インバストリートメント。特に髪の内部から補修してくれるものが多く、よりトリートメントらしいタイプと言えます。ただ洗い流す必要があるため効果の表れ方は使用法によって結構差があり、思ったように髪が修復されないことも。トリートメントの付け方については記事後半でも解説していますので、いまいち効果が実感できないという方はそちらも参考になさってください。

また、トリートメントは同メーカーのシャンプーと組み合わせなければうまく成分が吸着してくれないケースも多いです。なるべく同メーカー・同シリーズの商品で揃えるようにしましょう。

ドライヤーの熱から髪を守る「アウトバストリートメント」

Loading

出典:pantene.jp

インバストリートメントが髪の内部を補修するのに対し、アウトバストリートメント、つまり洗い流さないトリートメントは「髪の保護」機能を持っているものが多いです。逆に髪に浸透して補修するような効果はあまりないため、トリートメントと名前は付いているものの、役割としてはリンスやコンディショナーに近いと言えます。

ドライヤーの熱やブラッシングなどの摩擦から髪を守ってくれるので、ダメージを予防することが可能。特に低価格なインバストリートメントほど補修効果に特化している傾向があるので、髪表面のツヤや保護機能に関してはアウトバストリートメントで補う必要があります。
なお今回は洗い流すタイプのトリートメントを中心にご紹介しますので、洗い流さないトリートメントもお探しの方にはこちらもおすすめ。オイル・ミルク・ジェル・スプレーなど洗い流さないトリートメントにもさまざまな種類がありますが、以下はヘアオイルのまとめ記事のリンクとなっています。気になる方はぜひあわせて参考にしてみてください!

髪質や肌質にあわせて選ぶ

髪を補修する、と言っても、髪質や肌質によって合う合わないがあります。いくらダメージが補修されても思い通りの仕上がりにならなければがっかりしてしまいますので、それぞれの髪質や肌質にあった選び方をチェックしておきましょう。

蓄積したダメージの補修にはシリコン入りの「しっとり系」

Loading

出典:pantene.jp

ヘアケア用品でよく話題にのぼる「シリコン」ですが、ことトリートメントに関して言えばシリコン入りのものの方が効果が高いです。シリコンが問題になるのは「すすぎ切れなかった」場合なので、インバストリートメントに含まれている分には問題ありません。どころか、補修や保護機能を安価にサポートしてくれる非常に優れた成分と言えます。

パーマやカラーリングによってひどいダメージが蓄積しているという方は、シリコン入りのものを選んだほうがより髪を落ち着かせやすいです。ただしその効果が非常に高いため、ヘアボリュームを出したい方は気を付けましょう。

髪にハリ・コシなどボリュームを出すならノンシリコンの「サラサラ系」

Loading

出典:pantene.jp

トリートメントで補修をしつつヘアボリュームを出したいという方には、仕上がりが軽くなりやすいノンシリコンのトリートメントがおすすめ。シリコン入りのものに比べて補修機能やコーティング機能は劣りますが、髪を根元から立ち上げてボリュームを確保してくれます。

そのほか、シリコン入りのヘアケア剤でトラブルが起きてしまったという方も、もちろんノンシリコンのものを選んでおきましょう。ちなみにノンシリコントリートメントは頭皮トラブルのリスクが少ないので、髪の短いメンズ用としても使いやすいです。

くせ毛は原因によっていろいろ、美容師に聞くのもアリ

Loading

出典:pantene.jp

くせ毛、と一口に言っても、その原因・状態は人によってさまざま。例えば日ごろのダメージによって水分バランスが崩れたために起こる「うねり」や「ねじれ」と、毛穴の詰りなどが原因のくせ毛では対処法も異なります。さらに症状が同じだったとしても、年齢によってその原因が異なるということも珍しくありません。

ひとつひとつの傾向をチェックして自分で商品を絞り込んでいっても良いのですが、できれば普段通っている美容室などでおすすめのヘアケア用品を聞くのが一番確実です。

その他の成分にも注目

トリートメントは主なタイプ以外にも、含まれている成分によって仕上がりが大きく変わります。髪の指通りや滑らかさを重視するなら、安全性が高く保湿性もあるグリセリン配合のものがおすすめ。ツヤを出したりしっとりさせたいならハチミツ成分が入っているトリートメント、まとまり感が欲しいのであればプロテインを配合したトリートメントがおすすめです。

もちろんこれ以外の成分にもそれぞれに特徴がありますので、詳しくはランキング中の紹介文や商品公式ページなどもあわせてチェックしてみてください。

毎日使い続けるためには香りも重要

直接的な効果には繋がりませんが、トリートメントに限らずヘアケア用品を使い続ける上で香りは非常に重要なポイント。どんなに効果が高くても、香りが好みに合わなければ使い続けることは難しくなってしまいます。

具体的な香りは実際に使うか店頭で確認するしかありませんが、ある程度の傾向は口コミやレビューでも判断することが可能。特に甘い香りやオーガニック系の香りは好みが分かれやすいので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

プロの愛用するおすすめのトリートメント

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのトリートメントをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、髪質に合ったトリートメントを見つけてくださいね。

【PR】新発想!ドライヤーの熱を利用してダメージ補修!50種の美容液成分配合の洗い流さないトリートメント「リシリッチ」がおすすめ

さらツヤヘアを手に入れたいけど、自分に合うトリートメントが見つからない!とお悩みの方にご紹介したいのが、50種の美容液成分を贅沢配合した洗い流さないトリートメント「リシリッチ」です。

新発想の「リシリッチ」のスゴイところは、贅沢配合された美容成分が毛髪の隙間に入り込み、ドライヤーの熱に反応してダメージを補修してくれるところ!

さらに、美容成分が紫外線・ニオイ・ホコリから髪を守ってくれるので、傷みにくい髪をずっとキープしてくれるんです♪

1カ月分のお試しサイズがたったの1,350円!さらに送料無料♪

Loading

出典:track.xmax.jp

「髪の毛が若返った感じ」「サラサラの絡まりのない髪になった」と口コミでも大好評!

なんと、たっぷり1カ月使えるお試しサイズが1,350円で購入可能。しかも送料無料&全額返金保証付きなので、気軽にお試し出来ちゃいます♪是非ともこの機会に詳細をご確認くださいね。

オイルタイプのアウトバストリートメント

ミルボン プラーミア ヘアセラムオイルM

1,780円

ラ・カスタ

アロマエステ ヘアエマルジョン 150m

4,500円

速効性が魅力!ダメージヘアでお悩みの方におすすめ

リトルサイエンティスト ベータレイヤー エマルジョン

4,690円 (税込)

しっかり保湿!艶やまとまりのある質感を目指す方へ

ルベル イオ クリーム シルキーリペア ヘアトリートメント

922円 (税込)

同シリーズのシャンプー利用でより効果的に

シエラ オーガニカ ベルガモット&ビターオレンジ トリートメント 250ml

2,592円 (税込)

夏におすすめ!アリミノのミントシリーズ

アリミノ

ミント マスク リフレッシュ 200g

1,620円 (税込)

髪のダメージが気になる方におすすめ!

ケラスターゼ

NU ソワン オレオ リラックス

3,230円 (税込)

トリートメントのおすすめ人気ランキング20選

いよいよここからは、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います。お気に入りのトリートメントで日々のヘアケアを続けて、サラサラ、ツヤツヤの髪をゲットしましょう!

20位:ティエラコスメティクス 守り髪 トリートメント

ティエラコスメティクス 守り髪 トリートメント 400ml

2,936円 (税込)

傷んだ髪を集中補修、持続的なボリュームアップ効果も

潤い・補修・バリア効果などのバランスが良い守り髪のトリートメント。付けてすぐに実感できる即効性もあり、さらに持続的なボリュームアップ効果も期待できる優れものです。ただ難点は価格。公式ページから定期購入することで10%OFFになるものの、やはり市販のトリートメントとして考えるとかなり高額です。

19位:リバテープ製薬 リマーユ ヘアトリートメント

リバテープ製薬 リマーユ ヘアトリートメント 200g

2,484円 (税込)

上質の天然馬油が髪を優しく潤す

上質な馬油を使用した、リマーユのヘアケアシリーズ。中でもトリートメントは、頭皮ケア効果も期待できるよう植物由来エキスを配合した一品です。価格が高いだけあって十分な効果が得られたという声も多いですが、しかし20位同様続けるにはやや負担の大きい価格帯の商品です。購入前に、継続購入ができるかどうか、きちんと検討したほうが良いでしょう。

18位:花王 アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント

花王 アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント 180g

808円 (税込)

指通りなめらかなツヤツヤの髪へ

アジエンスのしっとり保湿タイプは、商品名通り髪をしっとりと落ち着かせてくれるトリートメントです。その他ツヤや手触りも良くなりますが、一方で補修効果はいまいち。ただコスパを考えれば決して悪くない性能なので、試す価値は十分にあります。髪にボリュームを出したい方は、同シリーズのふんわり弾力タイプもどうぞ。

17位:ラグジー リペアモイストヘアパック

ラグジー リペアモイストヘアパック 300ml

1,015円 (税込)

濃厚なテクスチャーで集中的にスカルプケア

フルーティブーケが香る、ラグジーのリペアモイストヘアパック。濃厚なテクスチャーで髪にしっかりと定着し、配合されたバオバブオイルが髪を芯から潤わせてくれます。ただテクスチャーが固すぎて、日常使いにはやや不便という声も。毎日使うというよりは、大容量のヘアマスクといった感覚で週に2~3回使用する程度の方が良いかもしれません。

16位:ステラシード アハロバタープレミアムスカルプリペアトリートメント

ステラシード アハロバタープレミアムスカルプリペアトリートメント 500mL

972円 (税込)

パサつきを補修しながら頭皮ケアもできるスカルプタイプ

こちらは、ステラシードのスカルプヘアケアセットのトリートメント。シリコンや鉱物油が配合されていないので刺激も少なく、頭皮ケアがしたい方も安心して使うことができます。ただ肝心のヘアケア効果がいまひとつで、使用後のきしみが気になるという口コミも多く見られます。ヘアケアを優先したい方には、同ブランドのデイリーヘアトリートメントなどもおすすめです。

15位:ミルボン ディーセスノイドゥーエ ヴェロアリュクストリートメント

ミルボン ディーセスノイドゥーエ ヴェロアリュクストリートメント 200g

1,497円 (税込)

CMCサプリ配合、髪を内側と外側から潤す

ミルボンの、ヴェロアラインのトリートメント。CMCという髪を構成する物質を補修して、髪本来のツヤや潤いを取り戻してくれます。パーマやカラーリングを繰り返した髪は特にCMCが不足しがちなので、トリートメントでしっかり補ってあげましょう。反面、ダメージを感じていない髪の場合は仕上がりが重くなりすぎるため、注意してください。

14位:ボタニスト ボタニカルトリートメント スムース

ボタニスト ボタニカルトリートメント スムース 490g

1,480円 (税込)

植物由来成分90%以上配合のボタニカルトリートメント

シンプルなボトルデザインが印象的な、ボタニストのボタニカルトリートメント。ふんだんに配合された植物由来成分が、髪をしっとりとまとめあげます。こちらの「スムース」は髪質が普通の方におすすめですが、ややコンディショニング効果が弱すぎるという意見も。もっと集中的にダメージを補修したい方は、同ブランドの「モイスト」もチェックしてみてください。

13位:カウブランド 無添加トリートメント しっとり

カウブランド 無添加トリートメント しっとり 180g×2個パック

919円 (税込)

香料や防腐剤無添加で、髪と頭皮に優しい弱酸性

カウブランドの無添加トリートメントは、香料・防腐剤・安定剤・着色料などが無添加という安全性が魅力。さらに液性も肌と同じ弱酸性なので、頭皮トラブルを抱える方でも使用できる可能性が高いトリートメントです。その分トリートメントとしての効果も弱めですが、他のトリートメントは肌に合わなくて使えなかった、という方はぜひ試してください。

12位:ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペアリッチ補修トリートメント

ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペアリッチ補修トリートメント 180g

699円 (税込)

傷んだ髪をオイルが補修、ごわつきを抑える

ラックスのダメージリペアリッチ補修トリートメントは、ヒアルロン酸オイルとアルガンオイルを高配合した、傷んだ髪にぴったりのトリートメントです。2つのオイルが髪を内部と表面から補修しながら潤し、ごわつく髪をしっとりと落ち着かせてツヤを出してくれます。高級なトリートメントに比べれば効果は劣りますが、コスパも優秀なおすすめの一品です。

11位:LIB JAPAN ハニーチェ モイスチャーリペアトリートメントイエロー

LIB JAPAN ハニーチェ モイスチャーリペアトリートメントイエロー 510g

1,100円 (税込)

8つのハチミツ成分が包み込む、とろとろハニークリーム

8つものハチミツ成分を配合した、ハニーチェのモイスチャーリペアトリートメント。とろとろでふわっとしたクリーム状のテクスチャーが、髪にしっかりと潤いを浸透させてくれます。持続性も高く、毛先まではやや届いていないという声も見られますが、かなりボリュームを抑えられると評判です。甘い香りが好きな方はぜひお試しください!

10位:資生堂 TSUBAKI ダメージケアトリートメント

資生堂 TSUBAKI ダメージケアトリートメント 180g

716円 (税込)

椿オイルに椿麹をプラス、イオンを除去して手触り滑らかに

カラーリングやパーマによるダメージを集中的に補修する、ツバキのダメージケアトリートメント。椿オイルと椿麹が、髪と地肌をほぐしながらケアしてくれます。水道水の金属イオンを除去してくれるので、ダメージはないはずなのになぜかごわつく、といった方にもおすすめ。ただ非常にボリュームダウン効果が強いので、細い髪質の方には不向きです。

9位:フィヨーレ Fプロテクトヘアマスク リッチ

フィヨーレ Fプロテクトヘアマスク リッチ 200g

730円 (税込)

癖を抑えて髪を思い通りのフォルムにキープ

フィヨーレのFプロテクトヘアマスクは、髪のダメージや癖を抑える濃厚なトリートメント。重さと潤いを与えて強力に髪を落ち着かせるので、癖毛でお悩みの方の中には「ストレートパーマや縮毛矯正をかける必要がなくなった」という声も見られます。ただその分、普通の髪質の方が使用するとかなり重い仕上がりになります。補修したいポイントに部分的に使用するなど、工夫してみましょう。

8位:ビューティーエクスペリエンス ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント

ビューティーエクスペリエンス ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント 240g

1,290円 (税込)

シアバターと2種の天然オイルが毛先までまとめてうるうるに

シアバター・インカインチオイル・ルービンオイルの3種成分が潤いを与える、ロレッタのトリートメント。濃厚なクリーム状のテクスチャーが、毛先までしっかりと保湿してくれます。コスト面から考えても優秀なコンディショニング効果を発揮する商品ですが、ただニュアンスとしては潤い感よりもさらさら感が強いとのこと。文字通りうるうるな髪を期待している方は、少し注意が必要かもしれません。

7位:P&G パンテーンクリニケア ワンウォッシュトリートメント

P&G パンテーンクリニケア ワンウォッシュトリートメント 15g×10

979円 (税込)

ちょっと贅沢な、1本使い切りのヘアパックタイプ

パンテーンクリニケアのワンウォッシュトリートメントは、1本使い切りパックという少し変わったトリートメント。容量はたっぷりと15g入っているので、ロングヘアの方でも特に問題なく、髪全体に行き渡らせることができます。

コンディショニング効果の方はかなり高く、毎日使いのトリートメントというよりはまさにヘアパックといった印象。普段使いのものにプラスして、ちょっと贅沢してみてはいかがでしょう。

6位:オルジェノア リッチリペアトリートメント

オルジェノア リッチリペアトリートメント 500ml

779円 (税込)

8種類のオーガニック認定成分配合、まるで美容液

オルジェノアのリッチリペアトリートメントは、8種類ものオーガニック認定成分と11種類ものアミノ酸保湿成分を配合した、贅沢なトリートメントです。配合成分の充実ぶりはもはや美容液に近く、頭皮と髪を守りながらケアしてくれます。

基本的にはシャンプーとセットの商品ですが、ノンシリコンによる髪のきしみが気になる方はシャンプーを別途選んだほうが良いかもしれません。逆に、シリコンのぬるぬる感が苦手という方にはぜひセットでの使用をおすすめしたいです。

5位:ルベル イオクリーム メルトリペア

ルベル イオクリーム メルトリペア 200ml

880円 (税込)

ヘアケア成分を素早く届けて、毛先まで強力補修

ルベルのメルトリペアは、14位と同じくCMCに働きかける高い補修力が魅力。パーマ・カラーリング・紫外線などによってダメージが蓄積された髪にケア成分を素早く浸透させて、毛先まで潤うまとめやすい髪に仕上げてくれます。

ルベルのイオシリーズといえば洗い流さないトリートメントも人気ですが、こちらのトリートメントやシャンプーなどもライン使いすることで、より滑らかな手触りにすることができますよ。ただし若干香りにクセがあるという声も見られるので、気になる方はご注意ください。

4位:モイスト・ダイアン オイルトリートメント エクストラダメージリペア

モイスト・ダイアン オイルトリートメント エクストラダメージリペア 500ml

905円 (税込)

Wケラチン処方と高保湿レアオイルで髪を健康に

アルガンオイルやバオバブオイルなど、高保湿のレアオイルを配合したモイスト・ダイアンのオイルトリートメント。ナノケラチンと生ケラチンによるWケラチン処方が、髪を潤わせて健康的なハリやツヤを取り戻してくれます。泡立ちと香りも良く、ちょっと珍しい長方形のボトルも使いやすいと好評です。

より効果を実感したい方は、ぜひ同シリーズのシャンプー・ヘアマスク・洗い流さないトリートメントもあわせて試してみてください。またそのほか、ボリュームを出したい方には頭皮ケアに着目した「ボリューム&スカルプ」もおすすめです。

3位:P&G パンテーン エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

P&G パンテーン エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント 300g

930円 (税込)

ダメージを忘れるほどの補修力、ワンランク上の髪へ

パンテーンのデイリー補修トリートメントは、濃密補修プロビタミン処方による高いヘアケア効果が魅力。枝毛や切れ毛などひどい痛みを抱える髪に特に効果的で、市販品でありながらサロンのようなトリートメントを体験することができます。

もちろん実際のサロン専売品などに比べるとやや劣る面もありますが、しかしコストを考えれば十分過ぎるパフォーマンス。ノンシリコンシャンプーと組み合わせてもきしみは感じず、さらに非常に細かいダメージまで補修するので、枝毛や切れ毛の予防もしてくれます。ちなみにこちらは300gのお得用なので、まずはハーフサイズで試してみてはいかがでしょう。

2位:クイーンズバスルーム システムトリートメント

クイーンズバスルーム システムトリートメント 各240g

6,480円 (税込)

2剤式でサロンレベルのヘアケア効果を実現

クイーンズバスルームのシステムトリートメントは、2剤式という独特の処方が特徴。ステップ1で髪に栄養を与えて、ステップ2でそれを定着させる、と役割を分けることで、ヘアサロン顔負けのヘアケア効果を実現しました。1剤と2剤の使い方次第で、ふわっとボリュームを出したりしっとりとボリュームを抑えたりと、自由にニュアンスを調整することもできます。

非常に価格の高い商品ではありますが、本当にダメージを抑えたい方にこそ試していただきたい、おすすめのハイダメージケアトリートメントです。

1位:P&G ヘアレシピ ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピ トリートメント

P&G ヘアレシピ ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピ トリートメント 530g

921円 (税込)

髪にごちそうを与える、4種類のこだわりヘアレシピ

P&Gのヘアレシピは、なりたい髪に合わせて4種類のレシピが用意されている、選ぶのも楽しいヘアケア用品シリーズです。今回ご紹介しているハニーアプリコットは、ハチミツの保湿力とアプリコットフレーバーが印象的な、「うるつやジューシーヘア」を目指したレシピ。髪を保湿しながら水分量を調節して、ほど良くまとめてあげてくれます。

トリートメント単体でも優秀な商品ですが、やっぱりレシピを活かすためにはシャンプーやヘアマスクと合わせて使いたいところ。いきなりセットで購入するのが不安な方のために3日間お試しパックも用意されていますので、ぜひチェックしてみてください!

トリートメントのつけ方のコツ

美容院ではサラサラなのに、家でトリートメントをつけてもなかなかうまくいかない…。そんな方は、普段のトリートメントのつけ方から見直してみましょう。きっと改善点が見つかるはずですよ。

つける位置は、髪の中間点から毛先まで

Loading
トリートメントをつける時は、頭皮を避けて髪の中間点から毛先までにつけるようにしましょう。トリートメントは髪のケアアイテムなので、地肌に付けても効果はありません。むしろ人によっては頭皮トラブルになってしまうので、気をつけましょう。

つける順序を間違えないで!

Loading
シャンプーの後、トリートメントが先かコンディショナーが先か迷った経験がある方も多いはず。トリートメントのなかにはコンディショナーの役割を兼ねている商品も多いので、トリートメントのみでも髪のケアは十分に行えます。

ただ両方を使用する際は、トリートメントの後にコンディショナーを使うようにしましょう。コンディショナーを先に使ってしまうと、髪の表面がコーティングされトリートメントのうるおい成分が浸透しなくなってしまいます。

すぐに洗い流すのはNG

Loading
トリートメントをつけた後、すぐに洗い流してしまってはいけません。トリートメントは内側から髪の毛を補修するものなので、髪の内部に成分を浸透させることが大事です。つけた後、少なくとも2~5分ほど時間をおいて洗い流すようにしましょう。

ちなみにより補修効果を高めたい場合は、シャワーキャップなどで包んだ状態で入浴すると、より髪に浸透しやすくなります。特にダメージが気になるという方はぜひお試しください。

毎日続けてこそ美髪になれる!

Loading
トリートメントはどれくらいの頻度で使えばいいの?毎日では意味がないのでは?と使い方に疑問を感じている方も多いと思いますが、実は毎日ケアすることでこそ美髪は得られます。

ドライヤーやエアコン、紫外線などによって日々髪の毛は傷んでいますので、それらのダメージをこまめに修復することがもっとも重要。普段のケアにワンステップ加えて、美しい髪の毛を手に入れましょう!

ヘアカラートリートメントで、カラーとケアを同時に!

カラーとケアを同時に行うことで、普通のカラー剤よりも髪の毛を傷めずに済むへアカラートリートメント。今回は普段使いのトリートメントに注目しましたが、気になる方はぜひヘアカラートリートメントもチェックしてみてくださいね。

トリートメントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トリートメントのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

さらさらタイプ、しっとりタイプなど、さまざまなトリートメントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どの商品も髪を健やかに導いてくれるトリートメントばかりです。ランキングを参考に、あなたの髪質にぴったりのトリートメントを選んで、ツヤ髪を目指してくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す