【徹底比較】カールドライヤーのおすすめ人気ランキング18選【2020年最新版】

【徹底比較】カールドライヤーのおすすめ人気ランキング18選【2020年最新版】

髪を乾かしながら、前髪や毛先を手軽にカールさせられる「カールドライヤー」。「くるくるドライヤー」とも呼ばれ、毎日自分できれいに髪形を整えたいおしゃれな人に人気です。しかし、「ダイソン」、「テスコム」、「パナソニック」など販売するメーカーも多いうえ、アタッチメントもさまざまな種類があるので、どれが本当にいい商品なのか迷ってしまいますよね。


今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位商品と口コミで人気のカールドライヤーをすべて集めて検証し、最もおすすめのカールドライヤーを決定したいと思います。


検証には、ヘアメイクアップアーティストにご協力いただき、すべての商品を実際に使用して以下の3点を比較・検証しました。

  1. 仕上がり
  2. 乾かすスピード
  3. 使い勝手のよさ

果たしてどの商品が最もおすすめのカールドライヤーなのでしょうか? 選び方も参考に、あなたにぴったりのカールドライヤーを見つけてくださいね。

  • 2020年05月20日更新
  • 429,903 views

検証のポイント

売れ筋のカールドライヤー18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    モニターの髪の毛を水道水を入れた霧吹きを用いて髪を濡らしたあと同一条件で癖づけ、半乾き状態にして各商品でブローしました。なお、ブローはすべてモニター自身が行いました。スタイリング後の写真を撮影し、プロのヘアメイクアップアーティストである篠原さんにご自身がつくったブロースタイルの仕上がりと比べて、「プロのブロースタイルにどれだけ近づけたか」を観点に目視でチェックしていただきました。主なチェックポイントは以下の5点です。・頭のてっぺんとサイドの間が落ち着いているか・顔まわり、表面がきちんと伸びているか・後ろの髪の毛もきれいにできれいるか・毛先がまとまっているか・切れ毛などは発生していないか

  • 乾かすスピード

    検証② 乾かすスピード

    検証①の際に、モニターが乾かしはじめてからスタイリングが完了するまでの時間を計測しました。なお、取扱説明書にブラシの付け替え指示があるものについては、ブラシを付け替える時間も含んでいます。

  • 使い勝手のよさ

    検証③ 使い勝手のよさ

    実際にカールドライヤーを使用しながら、以下のポイントを観点に評価しました。後ろ髪も問題なくスタイリングできるかボタン周りは直感的に操作できるか、不便がないか使っていて快適なブラシか

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ヘアメイクアップアーティストが検証協力!

    今回の比較・検証では、仕上がりの検証をヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんにご協力を得ました!ヘアメイクのプロが評価した仕上がりの検証にも注目して、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

    <ヘアメイクアップアーティスト/篠原奈緒子さん>
    TVCM・広告・TV番組などで活躍するヘアメイクアップアーティスト。女優、タレント、音楽アーティスト、芸人、声優、スポーツ選手などを多く担当している。10代の頃からヘアメイクを志し、人気のヘアメイクアップアーティストに師事後独立。現在は新人育成のための技術指導も請け負っている。

    TV番組出演、雑誌でのライティング、イベントでのトークショーなど、自身でのメディア露出もこなし、LINE公式ブロガーとしても活動するなど、若い世代を中心に幅広い支持層を持つ。

    美容院帰りのようなブロースタイルが毎日つくれる!

    美容院帰りのようなブロースタイルが毎日つくれる!

    ブラシとドライヤーを使ってブローする必要がなく、気軽にブロースタイルがつくれるカールドライヤー。


    まるで美容院帰りのようなヘアスタイルを自分で作ることができます。ヘアアイロンのように過度に温度が高くないので、髪ダメージが比較的抑えられるのも美点。


    また、ブロースタイルをつくるだけではなく、根元をふわっと立ち上げられるのでボリュームアップさせたい人にもイチオシ


    商品によっては複数のアタッチメントがついていて、一本でカールスタイルからストレートスタイルまで楽しめるので、さまざまなヘアスタイルを楽しみたいという人にもおすすめの商品です。

    カールドライヤーの選び方

    カールドライヤーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 仕上がりの決め手となるのは「ブラシ」のクオリティ

    本体の性能はもちろんですが、仕上がりのよしあしを大きく左右するのはブラシのクオリティにあります!

    髪の毛を傷つける「静電気」が起こりづらいかをチェック!

    髪の毛を傷つける「静電気」が起こりづらいかをチェック!

    髪の毛をとかすとパチパチ音がなったり、髪の毛が広がってしまうブラシがあります。実はそれは静電気が発生しているため!


    静電気は髪が広がる原因なのでヘアスタイルが決まりづらくなってしまううえ、キューティクルを傷つけてしまう可能性もあります。


    店頭で購入する際は実際に試してみて、静電気が起こりづらいブラシかどうかを確かめてみてくださいね。

    毛先までしっかりキャッチするブラシで細部まできれいに

    毛先までしっかりキャッチするブラシで細部まできれいに

    カールドライヤーできれいなツヤ、まとまりを出す秘訣は、髪の毛に「テンションをかけられるかどうか」。テンションとは、ブローする際に、髪の毛を引っ張る力の加減を指します。テンションをかけることで強い癖もきっちり伸ばすことができ、よりきれいな仕上がりになります。


    ブラシのクオリティは仕上がりを大きく左右するので、毛先の髪の毛までしっかりキャッチし、髪の毛にテンションをかけられるブラシがついてくるものを選ぶようにしましょう。また、手の力がブラシに伝わりやすければ毛先にニュアンスをつけやすいので、より繊細なヘアスタイルがつくれます。


    見極めるポイントは、ブラシ部分に弾力やコシがあるか、両端に毛をキャッチするための短いブラシがついているか…などです。実際に触れるならブラシを軽く曲げて確かめてみてくださいね。

    ② 温度を調整できるものを選ぼう!冷風も選べる3段階以上がベスト

    温度を調整できるものを選ぼう!冷風も選べる3段階以上がベスト

    通常のドライヤーより低温の風が出るようにつくられているものが多いですが、癖を伸ばしてきれいなヘアスタイルを作るには、最高温度が高く、風量の調整ができることが必要です。


    また根元から中間までは癖が強いので高温、毛先にかけては髪の毛が細くなっているため中温程度の風を当てることでダメージを抑えつつ、きれいに仕上げることができます。最後に全体的に冷風を当てるとキューティクルが締まってツヤが出るので、できれば3段階に風温を調整できるものだと使いやすいです。


    何段階で風温が調整できるのかは、公式HPやパッケージに記載されていることが多いのでチェックしてみてくださいね。

    ③ 使い勝手のよさを見極めるポイント

    使い勝手のよさを見極めるポイント

    毎日使うからには、使い勝手のよさにもこだわりたいですよね!より使いやすいものを選ぶには、以下のポイントに注目してみてください。

    1. 手が疲れないよう、できるだけ軽いもの
    2. 本体にくびれがあると、手にフィットして持ちやすい
    3. シンプルなボタン周りで直感的に操作できるもの
    4. ピンが固すぎず、頭皮の刺激にならないブラシ
    5. 長さが短い方が小回りがきくので比較的スタイリングしやすい

    いずれも公式HPや店頭で確認することができますが、今回の検証では使いやすさもチェックしたのでランキングと合わせてご覧ください。

    売れ筋の人気カールドライヤー全18商品を徹底比較!

    カールドライヤーの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のカールドライヤー18商品をすべて集めて、どれが最もおすすめのカールドライヤーなのかを検証していきます。


    なお、検証においてそれぞれ取扱説明書を参照し、使用いたしました。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:仕上がり

    検証②:乾かすスピード

    検証③:使い勝手のよさ

    今回検証した商品

    1. Binnice|ホットエアーブラシ
    2. パナソニック|くるくるドライヤー ナノケア
    3. TESCOM|naturam マイナスイオンカールドライヤー
    4. ダイソン|Dyson Airwrap™ Complete
    5. TESCOM|ione マイナスイオンカールドライヤー
    6. シャープ|プラズマクラスターヘアスタイラー
    7. クレイツ|ホリスティックキュア ブロードライヤー
    8. パナソニック|くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ
    9. 小泉成器|モノクローム カーリングドライヤー
    10. テスコム|カールドライヤー
    11. カシムラ|マイナスイオン カールドライヤー
    12. TESCOM|プロテクトイオン カールドライヤー
    13. LOUVREDO|復元カールドライヤー
    14. マクセルイズミ|Allureシリーズ マイナスイオンカーリングドライヤー
    15. パナソニック|くるくるドライヤー イオニティ
    16. 小泉成器|マイナスイオンカーリングドライヤー
    17. TESCOM|naturam マイナスイオンカールドライヤー
    18. パナソニック|くるくるドライヤー ZIGZAG

    検証① 仕上がり

    仕上がり

    モニターの髪の毛を水道水を入れた霧吹きを用いて髪を濡らしたあと同一条件で癖づけ、半乾き状態にして各商品でブローしました。なお、ブローはすべてモニター自身が行いました


    スタイリング後の写真を撮影し、プロのヘアメイクアップアーティストである篠原さんにご自身がつくったブロースタイルの仕上がりと比べて、「プロのブロースタイルにどれだけ近づけたか」を観点に目視でチェックしていただきました。


    主なチェックポイントは以下の5点です。


    ・頭のてっぺんとサイドの間が落ち着いているか

    ・顔まわり、表面がきちんと伸びているか

    ・後ろの髪の毛もきれいにできれいるか

    ・毛先がまとまっているか

    ・切れ毛などは発生していないか

    【検証ハイライト】高価格のダイソンとパナソニックに並び、テスコムの3000円台カールドライヤーが最高評価を獲得!

    【検証ハイライト】高価格のダイソンとパナソニックに並び、テスコムの3000円台カールドライヤーが最高評価を獲得!

    今回の検証で最高評価は4.0点と、どの商品もプロがつくったブロースタイルには一歩及ばない結果となってしまいました。


    高得点を獲得した仕上がりに優れた商品はダイソンや、パナソニックのなかでも高価格帯の商品ばかりでしたが、そのなかで唯一5000円以下で4.0点になったのは「TESCOM|ione マイナスイオンカールドライヤー TIC915でした!


    他の商品では難しかった顔周りの毛までしっかり伸びていたのが高得点に繋がった要因です。低価格で仕上がりがいいものを探している人は、ぜひ検討してみてくださいね。

    検証② 乾かすスピード

    乾かすスピード

    検証①の際に、モニターが乾かしはじめてからスタイリングが完了するまでの時間を計測しました。なお、取扱説明書にブラシの付け替え指示があるものについては、ブラシを付け替える時間も含んでいます。

    【検証ハイライト】乾かす早さと仕上がりのよさは無関係。ただし、乾くのが早すぎるものは仕上がりも低評価な傾向に

    【検証ハイライト】乾かす早さと仕上がりのよさは無関係。ただし、乾くのが早すぎるものは仕上がりも低評価な傾向に

    乾かすスピードが早いもので、仕上がりがいいものはあまりありませんでした。むしろ、乾くのが早すぎるものは風温が強かったり、風量が大きすぎて髪の毛が乱れてしまい、仕上がりが低評価になるという結果に…。仕上がりの美しさと乾かすスピードはトレードオフだと言えます。


    カールドライヤーはドライヤーより控えめの風量のものが多いので、びしょびしょに濡れた状態から乾かすのには時間がかかりすぎてしまいます。ある程度ドライヤーで乾かしてほんのり濡れている程度の状態で使う、もしくは乾いた髪の毛を霧吹きや寝癖直しウォーターで軽く濡らしてから使うとよさそうですね。

    検証③ 使い勝手のよさ

    使い勝手のよさ

    実際にカールドライヤーを使用しながら、以下のポイントを観点に評価しました。


    1. 後ろ髪も問題なくスタイリングできるか
    2. ボタン周りは直感的に操作できるか、不便がないか
    3. 使っていて快適なブラシか

    【検証ハイライト】風量が強すぎると後ろ髪がバラけてしまう…

    【検証ハイライト】風量が強すぎると後ろ髪がバラけてしまう…

    風量が大きいカールドライヤーは後ろ髪を整えようとすると風で髪が舞ってしまうため、うまく髪の毛をキャッチできないという結果に…。中には風が強すぎて髪の毛同士が絡まってしまうものもありました。


    髪が舞いすぎない適度な風量のものを選ぶのがマストですが、もし風量が大きいものを選んでしまったら、後ろ髪を整えるときは一度電源を落とし、髪の毛をとってから電源をつけるなど工夫しましょう。


    No.1

    Binniceホットエアーブラシ

    2,980円

    総合評価

    3.90
    • 仕上がり: 3.5
    • 乾かすスピード: 5.0
    • 使い勝手の良さ: 3.6

    特大サイズのブラシでとにかく使いやすい!前髪のブローにも最適のカールドライヤー

    1位になったのは「Binnice」の「ホットエアーブラシ」でした!360°さきが丸いピン状のブラシがついている大きなブラシが特徴。非常にサラサラな質感で、冷風機能がないのでツヤこそありませんが概ね満足いく仕上がりになります。


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんも「前髪が特にきれいに伸びています。内巻きもきれいに入っていて、全体をみたときに美しく見えます。ボブくらいの長さだと特に使いやすいと思います」とコメント。中間部分のうねりが多少残りましたが、ハチ周りの毛流れは整っているので許容範囲と言えます。


    また、ブラシが大きく、広範囲に風を当てられるので、とても素早く乾かせます。今回の検証では、最速のタイムで仕上がりました。柔らかくクッションのきいたブラシで、使い心地が良いのも嬉しいポイントです。毛先までしっかりとキャッチしてセットできます。


    細かい部分の調整は難しく感じますが、全体の仕上がりがきれいなので気になりません。迷ったらまず試してみて欲しいカールドライヤーです!

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ約338×幅76mm
    重量649g
    機能マイナスイオン・360°回転コード
    搭載モード温度・スピード切替ボタン(HIGH・MIDDLE・LOW)
    付属品-
    消費電力1000W
    海外対応-
    No.2

    パナソニックくるくるドライヤー ナノケア

    18,200円

    総合評価

    3.50
    • 仕上がり: 4.0
    • 乾かすスピード: 1.0
    • 使い勝手の良さ: 5.0

    仕上がりのよさと使いやすさにこだわるなら、コレ一択!

    2019年11月にパナソニックから発売された、くるくるドライヤーの最新モデルが2位を獲得しました!特筆すべきはその仕上がりのよさ。しっとりとふんわり感のバランスが絶妙


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんも「ボリュームが収まっていてきれいだし、ツヤがあります。内側の毛が特にまっすぐできれい」とコメントするほど。一点、表面にパサパサとした毛が出ていなかったら満点をとっていたかもしれません。


    付属のアタッチメントが豊富で、特にブローブラシはヘアアイロンの要領で髪の毛をしっかり掴むことができたので、初心者でもブローがしやすいです。


    セミドライからブローにかけてアタッチメントを付け替えるので、乾かすスピードは多少かかってしまいましたが、丁寧にスタイリングできるならぜひ一度使ってみて欲しいカールドライヤーです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ375×最大径78mm(ワイドブローブラシ装着時)
    重量440g(ワイドブローブラシ装着時)
    機能「ナノイー」イオンチャージ
    搭載モード切替ボタン(SET・DRY)・クールショット・電圧切替スイッチ(AC100-120V⇔AC200-240V)
    付属品サロンブローブラシ・ボリュームアップブラシ・ワイドブローブラシ・太ロールブラシ・ノズル
    消費電力AC100-120V:500W(ドライ/温風時)・AC200-240V:700W(ドライ/温風時)
    海外対応
    No.3

    TESCOMnaturam マイナスイオンカールドライヤー

    2,121円

    総合評価

    3.38
    • 仕上がり: 2.5
    • 乾かすスピード: 4.5
    • 使い勝手の良さ: 4.0

    仕上がりは期待できないものの、毎日気軽に使えるのが美点

    ドライヤーやヘアアイロンなどの美容家電も多く取り扱う「TESCOM」の「naturam」シリーズのカールドライヤーが3位を獲得しました。


    特筆すべきはそのスピード感。冷風機能がないため乾かすのみに特化していて、スピーディに乾かせたため4.5点と高評価に。また、シンプルな構造でボタン周りを直感的に操作できるうえ、風が控えめなので後ろの毛も暴れることなくキャッチすることができました。


    ただし、パサパサに広がりうねりが残ったため、仕上がりは値段相応の域を出ませんでした。遠目で見ると問題なさそうですが、近くで見るとうねりが出ているのが残念です。


    仕上がりは二の次で、値段、スピード、使いやすさで選びたいという人は検討してみてくださいね。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)210×46×49mm(本体のみ)・324×51×51mm(キャッチクッションブラシ付き)
    重量245g(本体のみ)・320g(キャッチクッションブラシ付き)
    機能マイナスイオン
    搭載モード電源スイッチ(DRY・COOL)
    付属品キャッチクッションブラシ・ロールアイロンブラシ(26mm径)
    消費電力700W(DRY)・40W(COOL)
    海外対応-
    No.4

    ダイソンDyson Airwrap™ Complete

    55,730円(税込)

    総合評価

    3.33
    • 仕上がり: 4.0
    • 乾かすスピード: 1.0
    • 使い勝手の良さ: 4.3

    多彩なアタッチメントでいろいろなスタイリングを楽しめる!

    掃除機やドライヤーで有名な「ダイソン」のカールドライヤー。仕上がりは4.0点と高評価を獲得しました。手触りはサラサラしていて、ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「癖がきれいに伸びてまっすぐ!遠目で見るときれいだけど、近くで見ると熱のせいかパサついて見えるのが残念」とコメント。


    非常に風が強いにも関わらず、強風で乾かしてもかなりの時間がかかってしまったのがパサつきの原因と考えられます。


    ブラシが大きめので、後ろの髪もブローしやすいのはメリットです。また、髪の毛をしっかりキャッチしてくれるので、伸ばしやすいブラシでした。アタッチメントが豊富で、自動でカールスタイルがつくれる機能も!一本で幅広いアレンジをしたい人におすすめです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)383×180×165mm
    重量694g(カーラーを付けた場合)
    機能マイナスイオン・インテリジェントヒートコントロール・ダイソン デジタルモーター V9
    搭載モード-
    付属品30mm Airwrap™カーラー・40mm Airwrap™カーラー・スムージングブラシ(ソフト)・スムージングブラシ(ハード)・ラウンドボリュームブラシ・プレスタイリングドライヤー・収納ボックス・滑り止めマット・フィルタークリーニングブラシ
    消費電力1200W
    海外対応-
    No.5

    TESCOMione マイナスイオンカールドライヤー

    3,415円

    総合評価

    3.33
    • 仕上がり: 4.0
    • 乾かすスピード: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 2.3

    値段以上の実力派。低価格で仕上がりがいいのはコレ

    家電メーカー「TESCOM」の「ione」シリーズ。低価格で手に入れやすいにも関わらず、仕上がりが4.0点と高評価でした。


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「ほかの商品はできていなかった“顔周りの毛のブロー”が、とてもうまくいっています。毛流れも均一で、ツヤが出ているうえボリュームも抑えられています」とコメント。左右ともに毛先にニュアンスがつけられている点も評価できます。


    一方で乾くスピードは並みのレベル。風が熱いので、当てすぎには注意しましょう。髪をキャッチする力は優しめのブラシで、後ろ側が逃げてしまったり、静電気が発生して髪が顔にまとわりついたりしたため使い勝手のよさが水準を下回り、順位を落としてしまいました。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)217×52×57mm(本体のみ)・334×54×60mm(スタイリングブローブラシ付き)
    重量275g(本体のみ)・370g(スタイリングブローブラシ付き)
    機能マイナスイオン・ラク抜きプラグ・ねじれにくいゴムコード(360°回転)
    搭載モード電源スイッチ(SET・DRY)・クールショットスイッチ(LOCK・COOL)
    付属品スタイリングブローブラシ(ツバキオイル配合)・スタイリングアイロンブラシ(32mm径)
    消費電力700W(HOT-DRY)・400W(HOT-SET)
    海外対応-
    No.6

    シャーププラズマクラスターヘアスタイラー

    11,790円

    総合評価

    3.13
    • 仕上がり: 2.5
    • 乾かすスピード: 2.5
    • 使い勝手の良さ: 5.0

    髪を掴んで離さない、こだわりのブラシで初心者も使いやすい

    静電気抑制、ツヤUPが期待できる「プラズマクラスター」が搭載されたカールドライヤーで、実際に使用するとしっとりまとまるのが実感できました。しかし、癖が伸びきっていない点が足を引っ張り、仕上がりの評価は2.5点と水準をわずかに下回る結果に。


    使い勝手のよさは5.0点と満点でしたが、最も優れていたのはブラシでした!ブラシのサイドに髪の毛をキャッチするために、シャープ独自の「テンション毛」がついていて、掴んだ毛を離さずきちんとテンションをかけることができました。


    また、アタッチメントを付け替えなくてよいので、面倒くさがりでも使いやすいです!ボタンもシンプルで使いやすい構造なので、毎日欠かさず使いやすいカールドライヤーと言えます。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ354×最大径55mm(ブローブラシ装着時)
    重量398g(ブローブラシ装着時)
    機能プラズマクラスター
    搭載モード温冷切換スイッチ
    付属品ブローブラシ、ロールブラシ、ユニット清掃ブラシ
    消費電力500W(ホット/ドライ運転時)
    海外対応-
    No.7

    クレイツホリスティックキュア ブロードライヤー

    14,000円

    総合評価

    3.00
    • 仕上がり: 3.5
    • 乾かすスピード: 1.0
    • 使い勝手の良さ: 4.0

    丁寧にブローすればバツグンの仕上がりが手に入る

    数種類の天然鉱石やミネラルをミクロパウダー化し、パーツに加工することでうるおい感やまとまり感を実感できるというカールドライヤー。実際に髪がしっとりと柔らかになり、ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんも「パサつきが少なくてまとまりが出ている。」とコメント。


    しかしその一方で、片方のみにうねりが強く出てしまいました。ブラシを外してある程度乾かしてからブローする使い方のため、片方を乾かしているうちにもう一方が自然乾燥してしまったと考えられます。片方ずつ濡らすなど工夫が必要でしょう。


    滑らない質感なうえに軽いので、非常に持ちやすいのは美点。小回りがきくため、後ろの髪もきちんとセットできます。慣れるまで時間がかかりそうですが、使い方に慣れれば毎日きれいにスタイリングできそうです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)50×50×225mm(アタッチメント除く)・70×55×130mm(アタッチメント)
    重量210g(本体のみ)・約60g(アタッチメントのみ)・約310g(コード込み・アタッチメント除く)
    機能育成光線(テラヘルツ波)・キュアクリスタル加工
    搭載モードスイッチ(HIGH・LOW)・HEALTHYモード
    付属品フリズレスブローブラシ
    消費電力HIGH:(NORMAL : 650W)(HEALTHY:95W)・LOW:(NORMAL : 220W)(HEALTHY:55W)
    海外対応-
    No.8

    パナソニックくるくるドライヤー 騒音抑制タイプ

    2,011円

    総合評価

    3.00
    • 仕上がり: 3.0
    • 乾かすスピード: 4.5
    • 使い勝手の良さ: 1.5

    風量がありすぎて癖が伸びきる前に乾いてしまう…スピード重視ならアリ

    早朝や深夜でも使いやすい、使用音が控えめにつくられたカールドライヤー。肝心の仕上がりはパサつきと広がりが目立ってまとまりがなく、水準レベルの評価に。ところどころ切れ毛もあり、髪への負担が心配になります。髪の中間部分はまっすぐ伸びますが、肩のあたりは伸びきっていませんでした。


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんが「伸びきる前に乾いてしまったのか、癖がたくさん残っている」とコメントした通り、風量が多いためとにかくスピーディに乾きます。その一方で、後ろの髪をキャッチしようとしても風で散ってバサバサになってしまうのが惜しいポイント。


    仕上がりはさておき、とにかくスピード重視で乾かしたい!という人なら検討してもいいかもしれません。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ311×最大径50mm(毛先キャッチブローブラシ装着時)
    重量305g(毛先キャッチブローブラシ装着時)
    機能着脱フィルター、騒音抑制構造
    搭載モード-
    付属品毛先キャッチブローブラシ、太ロールブラシ
    消費電力700W(ドライ時)
    海外対応-
    No.9

    小泉成器モノクローム カーリングドライヤー

    2,061円(税込)

    総合評価

    2.83
    • 仕上がり: 3.0
    • 乾かすスピード: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 2.3

    軽いからロングヘアでも疲れにくいのは美点。一方で髪へのダメージが心配

    275gとカールドライヤーのなかでは、かなり軽量な商品。仕上がりの評価は3.0点と水準レベルですが、ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんが「毛先以外は伸びていて、ツヤもあるのでまとまり感があります」とコメントした通り、手触りもしっとりとしました。


    風量はあまりありませんが、風の温度が高いので比較的素早く乾きました。ただし、長時間髪の毛に当てているとダメージを与える可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。


    持ちやすい本体なので、後ろの髪も問題なくセットできるのも嬉しいポイント。ブラシのピンがかためで痛く感じることもあるので、雑にブラッシングしないよう注意しましょう。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)220×46×52mm(本体のみ)
    重量275g(本体のみ)
    機能マイナスイオン
    搭載モードメインスイッチ(DRY、COOL)
    付属品スタイリングブラシ、取扱説明書(保証書付)
    消費電力650W
    海外対応-
    No.10

    テスコムカールドライヤー

    670円(税込)

    総合評価

    2.75
    • 仕上がり: 2.0
    • 乾かすスピード: 3.0
    • 使い勝手の良さ: 4.0

    仕上がりはいまひとつだが、とにかく低価格の商品を探しているなら

    「TESCOM」のなかで最も低価格帯のカールドライヤーですが、結果は10位と健闘。サラサラになったものの、ブラシがキャッチする力が弱くうねりが強く残ってしまいました


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「せっかく濡らしたのに癖が残っている。毛流れが一定じゃないのでツヤが出てないのも残念」とコメント。毛先のカールやまとまりはよかっただけに惜しい結果となりました。


    乾くスピードは並みのレベル。風量は控えめなので、後ろの髪も舞うことなくしっかりキャッチできます。また、静電気が出づらいブラシなのは評価できるポイントと言えます。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)幅217mm×高さ54(本体のみ)・幅332mm×高さ54(ワイドクッションブラシ付き)
    重量235g(本体のみ)・290g(ワイドクッションブラシ付き)
    機能ねじれにくいコード(360°回転式コード)・インレットネット
    搭載モード切替スイッチ(HOT・COOL)
    付属品ワイドクッションブラシ
    消費電力700W
    海外対応-
    No.11

    カシムラマイナスイオン カールドライヤー

    2,720円

    総合評価

    2.70
    • 仕上がり: 1.5
    • 乾かすスピード: 4.5
    • 使い勝手の良さ: 3.3

    スピーディに乾くものの仕上がりは水準を下回るレベル…

    スタイリッシュで世代を問わず使いやすいデザインです。手触りがよくしっとり感のある仕上がりですが、うねりが強く、頭皮に沿っている部分以外はブラシを使わずに乾かしたかのような見た目に。癖が取りきれず、1.5点と低評価になってしまいました。


    頭皮への刺激が少ないブラシで後ろの髪も問題なくセットでき、使い勝手のよさは水準レベルでした。


    程よい風量と温度で素早く乾くのは美点ですが、肝心の仕上がりがいまひとつなのでよほどスピード重視でなければ選ばないのが無難です。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)340W×55φ(直径)
    重量340g(ブラシ込)
    機能マイナスイオン
    搭載モード風量切替(TURBO、SET)、冷風スイッチ
    付属品カールブラシ
    消費電力700W
    海外対応-
    No.12

    TESCOMプロテクトイオン カールドライヤー

    5,450円

    総合評価

    2.70
    • 仕上がり: 2.5
    • 乾かすスピード: 1.5
    • 使い勝手の良さ: 4.3

    ブラシは優秀だが使いこなすのが難しいカールドライヤー

    マイナスイオンとプラスイオンを同時に放出することで、静電気を抑制してまとまりのある髪に導くというカールドライヤー。しかし、仕上がりの検証では癖やうねりが残ってるうえ、毛先の広がりが目立ってしまうという結果に。


    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「利き手で整えた方はきれいだけど、逆手で整えた方がきれいではないので、逆手だと極端に使いづらいのかもしれません」とコメント。


    穏やかな風なので乾くまでには少し時間がかかるものの、ブラシはとても優秀で髪をしっかりとキャッチ。後ろ側もきちんとセットできました。ただ、COOLモードを使うときはボタンを押したままにしないといけない点が、使い勝手のよさの評価を下げました。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)208×46×47mm(本体のみ)、325×50×64mm(キャッチブローブラシ付き)
    重量265g(本体のみ)、320g(キャッチブローブラシ付き)
    機能プロテクトイオン、ラク抜きプラグ
    搭載モード切替スイッチ(BLOW、SET)、スタイルキープスイッチ(COOLモード)
    付属品キャッチブローブラシ、ボリュームアップブラシ、カールアイロンブラシ(φ19mm)、クイックコードバンド、スタイルブック
    消費電力400W
    海外対応-
    No.13

    LOUVREDO復元カールドライヤー

    9,800円(税込)

    総合評価

    2.63
    • 仕上がり: 2.5
    • 乾かすスピード: 0.5
    • 使い勝手の良さ: 5.0

    手触りがいい仕上がりは美点だが、乾くのが遅すぎてうねってしまった

    SNSなどで特にドライヤーが話題の「LOUVREDO」のカールドライヤー。しっとりと美しくまとまりますが、癖を伸ばす力が弱かったのが残念な点です。


    パサつかずなめらかな手触りなるうえ毛先にニュアンスを付けられるものの、ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんが「自然乾燥させたように見えてしまう」とコメントした通り髪全体にうねりが強く残ってしまったため、仕上がりの評価を下げました


    髪をしっかりとキャッチできる使いやすいブラシで、本体も持ちやすい形状のため使い勝手のよさでは5.0点を獲得。一方で低温で控えめな風のため、髪が乾くまでにはかなりの時間を要してしまいました。時間に余裕がないと毎日使うのは難しそうです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)342×55×51mm
    重量400g
    機能マイナス電子セラミックフィルター、育成光線セラミックフィルター、電磁波カット構造
    搭載モードHIGH、LOW、冷風切り替えスイッチ
    付属品先端ブラシ
    消費電力350W
    海外対応-
    No.14

    マクセルイズミAllureシリーズ マイナスイオンカーリングドライヤー

    3,177円(税込)

    総合評価

    2.58
    • 仕上がり: 3.0
    • 乾かすスピード: 1.0
    • 使い勝手の良さ: 3.3

    髪のダメージを抑えながら乾かせるものの、時間がかかりすぎる

    遠赤外線と低温風によって毛髪のダメージを抑えるという商品。うたい文句の通り表面のパサつきが少なく、ツヤがある仕上がりに。毛先にもほどよいカールがついて、しっとりとまとまって見えます。


    しかし、ごく一部の癖が伸びきらず、うねりが出てしまっため水準レベルの評価に留まりました。前述の通り風の温度が低めなのでセットに時間がかかってしまうため、時短したい人には向いていません


    一方でかためのブラシで髪をしっかりキャッチできるため、後ろ髪まできちんとセットできるという美点も。クールモードを使うときはボタンを押しっぱなしにしなければならない点が少し面倒です。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)53×55×327mm
    重量330g
    機能遠赤外線、抗菌剤(Ag+)配合ヘアキャッチブラシ、マイナスイオン、回転コード(360°回転)
    搭載モードスイッチポジション(hot、care)、coolショットボタン、ターボモード(on、off)
    付属品ヘアキャッチブラシ、アイロン風カールブラシ
    消費電力400W
    海外対応-
    No.15

    パナソニックくるくるドライヤー イオニティ

    4,921円

    総合評価

    2.50
    • 仕上がり: 3.0
    • 乾かすスピード: 1.5
    • 使い勝手の良さ: 2.5

    マイナスイオンでまとまるはずが、かえって毛先が広がった

    マイナスイオンが発生することで静電気を抑え、まとまりのある仕上がりを導くとうたうカールドライヤー。しかし、仕上がりの検証ではパサついた毛先が広がってしまうという結果に。毛が絡まったり切れたりしやすいので、髪の毛に負担がかかりやすいのが残念です。


    力強い風が出るものの、取扱説明書通りに乾かした場合、途中でアタッチメントの付け替えなどの時間が発生するため、乾かすスピードの評価も1.5点といまひとつ。


    ブラシが硬く毛をコントロールしにくいため、後ろの髪をキャッチしようとすると風で毛先が散らばってしまいます。スムーズにブローできるようになるまで、時間がかかりそうです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ334×最大径535mm(ブローブラシ装着時)
    重量335g(ブローブラシ装着時)
    機能マイナスイオン、着脱フィルター
    搭載モード-
    付属品サロンブローブラシ、ブローブラシ、太ロールブラシ
    消費電力700W(ドライ時)
    海外対応-
    No.16

    小泉成器マイナスイオンカーリングドライヤー

    6,292円

    総合評価

    2.38
    • 仕上がり: 3.5
    • 乾かすスピード: 1.0
    • 使い勝手の良さ: 1.5

    使いづらさが目立つが仕上がりはそこそこ

    ドライヤーやヘアアイロンなど、さまざまな美容家電が販売されている「小泉成器」。仕上がりの評価は3.5点とそこそこ。ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「全体的にボリュームが収まってきれいに伸びている。内側の毛にうねりが見えるのが惜しい」とコメントしました。


    3種類のアタッチメントがついていますが、ブローブラシが使いにくくて毛をキャッチしづらいため、離すときにも引っかかってしまいました。また、風量調節のボタンを固定できず、不意に誤操作してしまうことも。


    乾かすスピードもゆっくりなので、忙しい朝には向かないカールドライヤーと言えそうです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)246×56×61mm(本体のみ)
    重量355g(本体のみ)
    機能ツインマイナスイオン
    搭載モードメインスイッチ(HIGH、LOW、COOL)、風量ボリュームスイッチ:MAX-MIN
    付属品先玉らく巻きアイロンブラシ、先玉ワイドボリュームブラシ、ブローアイロンブラシ
    消費電力1000W
    海外対応-
    No.17

    TESCOMnaturam マイナスイオンカールドライヤー

    1,549円

    総合評価

    2.38
    • 仕上がり: 1.0
    • 乾かすスピード: 5.0
    • 使い勝手の良さ: 2.5

    乾かすスピードは早いが、値段相応の仕上がりに

    人気の家電メーカー「TESCOM」のカールドライヤー。低価格帯の「naturam」シリーズの商品です。髪がキシキシとして、自然乾燥をしたような仕上がりに。乾燥がひどく、切れ毛や広がりが目立ちました。


    かなり強い風が出るので髪が素早く乾くものの、その分毛が散りやすく、後ろの髪は特にキャッチしづらいです。


    また、ブラシは弾力性がなく、頭皮に当たると少し痛みを感じてしまう場合も。髪や頭皮への負担が大きいので、購入はしっかり検討してからがよさそうです。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)210×46×49mm(本体のみ)、324×51×51mm(キャッチクッションブラシ付き)
    重量245g(本体のみ)、320g(キャッチクッションブラシ付き)
    機能マイナスイオン、ねじれにくいゴムコード
    搭載モード切替スイッチ(DRY、COOL)
    付属品キャッチクッションブラシ
    消費電力700W
    海外対応-
    No.18

    パナソニックくるくるドライヤー ZIGZAG

    3,103円

    総合評価

    2.28
    • 仕上がり: 2.0
    • 乾かすスピード: 3.5
    • 使い勝手の良さ: 1.6

    髪の毛を伸ばすのにひと苦労。使うのにかなりコツが必要…

    美容家電を幅広く取り扱う「パナソニック」のなかでも低価格なカールドライヤーです。


    肝心の仕上がりはいまひとつ。髪をまっすぐ伸ばせていないうえ、ところどころうねりが出てしまっておりカールドライヤーとしての役割を果たせていません。ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんは「これでは疲れた髪に見えてしまいます」とコメント。


    ブラシが硬いため髪をうまくキャッチできず、セットがしにくいのも難点。後ろの髪はバラバラと散ってしまいました。静電気も起きやすいので、頭皮や毛髪に負担がかかりそうなブラシと言えます。

    本体サイズ(幅×奥行き×高さ)長さ300×最大径52mm(ワイドブローブラシ装着時)
    重量320g(ワイドブローブラシ装着時)
    機能-
    搭載モード切替スイッチ(SET、DRY)、電圧切替スイッチ(AC100-120/200-240V)
    付属品ワイドブローブラシ・フリーロールブラシ、C-2プラグアダプター
    消費電力700W(AC120/240V時)、500W(AC100/200V時)
    海外対応

    人気カールドライヤーの検証結果比較表

    カールドライヤーでブローをするときのコツ

    カールドライヤーでブローをするときのコツ

    ヘアメイクアップアーティストの篠原奈緒子さんに、ブローするときのコツを伺いました!まず意識するべきなのは「根元」の強い癖をしっかり矯正することです。


    そのためにはブロッキングして根元をしっかり濡らし、根元は一番熱い風、中間から毛先にかけては中くらいの温度の風を当てて下方向にテンションをかけながら癖を伸ばしていきましょう。


    最後に冷風を当てながら上から下にとかしてキューティクルを引き締めれば、スタイリング剤がなくてもツヤ髪に仕上がります。

    篠原 奈緒子
    ヘアメイクアップアーティスト
    篠原 奈緒子さんのコメント

    忙しいときは雑に乾かしてしまうことがあるかもしれませんが、根元のほかに、汗や皮脂などの影響を受けやすい顔周りの癖も伸ばすように意識すると、きれいなヘアスタイルが長持ちしますよ!

    夜はドライヤーで乾かしてから、朝は寝癖直しウォーターで濡らそう!

    カールドライヤーは、半乾きくらいの濡れ髪に使うのがベストです。シャンプー後の水分はドライヤーを使ってしっかり乾かしましょう。


    朝のブローで使用するなら、寝癖直しウォーターで水分を与えるのも一手。以下の記事ではそれぞれの商品を比較、検証しているので合わせてチェックしてみてくださいね!

    ヘアダメージが気になる人には「カーラー」がおすすめ

    素敵にヘアセットをしたくても、毛先が傷んでいるときにはカールドライヤーは使いにくいもの。そんなときには髪を傷めにくい注目のアイテム、「カーラー」や「ホットカーラー」も活用しましょう。

    就寝中や隙間時間に巻いておくだけと使い方も簡単です。ぜひ、こちらの記事を参考に、使いやすいお気に入り商品を選んでくださいね!

    カールドライヤーの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、カールドライヤーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位の人気カールドライヤー18商品を徹底検証しました!

    ブラシとドライヤーでブロースタイルをつくるより、手軽にヘアスタイリングができる非常に便利なアイテムです。この記事を通してお気に入りの一本に出会うお手伝いができれば幸いです。


    文:奥冨舞、写真:稲垣佑季・三浦晃一・佐々木歩

    ランキング作成日:2020/02/19

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す