• コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

コードレスヘアアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

外出先でも手軽に使えて、雨や汗でうねった髪の毛もサッと直せる「コードレスヘアアイロン」。ヒートイオンボーテやtinyなど人気のアイテムも多いのですが、電源方式・温度調節・連続使用時間などそれぞれに違いがあり、どこに注目して選んでいいのか分かりにくくなっています。

今回は、そんなコードレスヘアアイロンの選び方と併せて、Amazonや楽天などの通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。口コミや機能などから比較して厳選した、全10商品が登場。記事の後半では上手に使うコツも解説しますので、商品選びと一緒に参考にしてみてください。
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 574,313  views
目次

コードレスヘアアイロンの選び方のポイント

コードレスヘアアイロンは、利用シーンに合わせて選ぶことが最も大切です。ここでそれぞれのポイントを解説していきますので、参考にしながら選んでみてください。

利用目的に合った電源方式を選ぶ

コードレスヘアアイロンの電源方式は、大きく分けて「充電タイプ」「乾電池タイプ」「ガスカートリッジタイプ」の3種類。それぞれの特徴をご紹介しますので、どれが自分に合っているのか選んでいきましょう。

最もコスパに優れて扱いやすく、種類豊富な「充電タイプ」

一定時間充電することで、30分前後使えるようになるのが充電タイプ。機能が充実したアイテムが多く、性能も比較的高いことから最近ではコードレスヘアアイロンの主流となりつつあります。充電にかかるコストも控えめなので、頻繁に使用するという方は充電式を選んでおくと良いでしょう。

充電方法には、ACアダプタを使用するものとUSBを使用するものがあるので、自分にとって使いやすい方を選んでみてください。

コンパクトで携帯性抜群の「乾電池タイプ」

コンパクトで携帯性抜群の「乾電池タイプ」

出典:amazon.co.jp

電池のコストがかかってしまうものの、コンパクトなサイズのものが多く、携帯性に優れているのが乾電池タイプの特徴です。

しかし、パワーは弱めなので思った通りのカールが付けられないこともあります。また使用時間は充電タイプと大差なく、充電タイプにもコンパクトな商品が増えていますから、乾電池タイプの不便さの方が目立ってしまうかもしれません。特にこだわりがあるという方でない限りは、充電タイプやガスカートリッジタイプを選んでおくことをおすすめします。

使用時間が長く、パワーも十分ある「ガスカートリッジタイプ」

使用時間が長く、パワーも十分ある「ガスカートリッジタイプ」

出典:amazon.co.jp

パワーもそこそこあり、使用時間が長いのがガスカートリッジタイプ。カートリッジ1本で他のタイプよりも長く使えるので、ロングヘア全体を巻き髪にすることも余裕でできます。しかし、ガスがなくなる度にカートリッジを買わなければいけないので維持費がかかるのが難点です。

また最近の主流が充電タイプに切り替わったことで種類も少なく、カートリッジの取扱店も減ってきているので、予備のカートリッジを見つけたらまとめ買いしておくのがおすすめです。

ストレートとカール、ヘアスタイルに合わせてタイプを選ぶ

ストレートとカール、ヘアスタイルに合わせてタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ヘアアイロンには、巻き髪を作るためのコテタイプと、ストレートヘアを作るためのアイロンタイプがあります。どちらもヘアアイロンとして定着していますが、カールさせたいのか、それともストレートヘアにしたいのかで選ぶべきタイプが異なりますから、ここはしっかり確認しておきましょう。

コテタイプの場合、太さは26mm・32mm・38mmと大きく3つに分けられます。細いものはショートヘアに、太いものはロングヘアに適しているので、髪の長さに合わせて選んでみてくださいね。

コテとアイロンの両方使いたいという方におすすめなのは、2WAYタイプのヘアアイロン。これなら2つの種類を用意する必要がないので1本で2役として使うことができます。ただしコテの太さを選ぶことができないので、カールの太さにこだわりがある方はコテタイプを選んでおきましょう。

携帯しやすさは「長さ20cm」「重さ200g」を目安に

携帯しやすさは「長さ20cm」「重さ200g」を目安に

出典:amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンは、バッグやポーチに入れて持ち運びたいという方がほとんどだと思います。長さ20cm以下で、なおかつ重さ200g以下のものならバッグに入れても邪魔になりにくく、持ち運びやすいと言えます。

ただ携帯性ばかりを重視し過ぎると、小さすぎて使い勝手が悪いということになりかねません。極端にコンパクトになっているものは、レビューや口コミで使用感を確かめておくことをおすすめします。

必要十分な温度になるかチェック。調節できるものが理想的

必要十分な温度になるかチェック。調節できるものが理想的

出典:amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンは、普通のヘアアイロンと比べるとプレートの温度が低めのものが多くなっています。温度が低いと、思うような髪型にセットしにくくなりますので、どのくらいまで温度が上がるのかしっかりチェックしておきましょう。

とはいえ、あまりに温度が高すぎると髪が傷みやすくなってしまいます。ストレートスタイルの場合は170度、カールスタイルの場合には140度程度を目安にするといいでしょう。また、温度調節機能が付いたモデルを選ぶようにすると、前髪、毛先などをアレンジしやすいので大変便利です。

連続使用時間が30分以上あれば全体のセットも可能

連続使用時間が30分以上あれば全体のセットも可能

出典:amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンの一般的な連続使用可能時間は、概ね20分前後と短めです。それでも、外出先で前髪を直す程度なら十分ですが、全てのセットを行うとなると間に合わないこともありますので、20分以上あった方が安心できます。外出先でヘアスタイル全体を整える方や頻繁にセットを直すという方は、30分ほどあるものを選んでおくと良いでしょう。

プレートの素材は髪を傷めにくいチタンやセラミックがおすすめ

プレートの素材は髪を傷めにくいチタンやセラミックがおすすめ

出典:amazon.co.jp

セラミックやチタン製のプレートは、摩擦が起こりにくく、髪にツヤも与えられるので、髪の毛を労わりたいのならばこうした素材のものがおすすめです。

プレートの表面にのみイオンセラミックやチタンコーティングが施されているものは、頻繁に使うとコーティングが剥がれてしまうこともありますが、たまにしか使わないという場合はコーティングアイテムを選ぶのもアリですよ。

海外旅行では、電圧の違いと機内持ち込み制限に注意

海外旅行では、電圧の違いと機内持ち込み制限に注意

出典:amazon.co.jp

海外にヘアアイロンを持っていくのなら、日本と電圧が異なる点に注意してください。日本では100Vが主流ですがアメリカでは120V、ヨーロッパでは240Vとなっていることもあります。またコンセントプラグの形状も異なるので、日本と海外の両対応モデルを選んでおくと良いでしょう。

特に気を付けたいのは飛行機への機内持ち込み制限です。ガスカートリッジタイプは、本体にセット済みのカートリッジ1本のみ持込みが許可されており、2本目からの予備は液体袋に入れるか預け入れるしかありません。また乾電池タイプでリチウムイオン電池を使用しているものは、電池が取り外せない場合は持込み不可となるので、事前にしっかり確認してくださいね。

コードレスヘアアイロンのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のコードレスヘアアイロンをおすすめ順にランキング形式でご紹介します。選び方もふまえながら、お気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。
10位
コードレスヘアアイロン テスコム ポータブルスチームアイロン
出典:amazon.co.jp

テスコムポータブルスチームアイロン

THG122

3,160円 (税込)

電源方式ガスカートリッジ(ACコネクター使用可)
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ6.5×22.5×4.5cm
重量225g(ガスカートリッジ装着時)
温度140度
使用可能時間4~5時間(ガス)
9位
コードレスヘアアイロン ヒーローグリーン 携帯用充電式ヘアアイロン
出典:amazon.co.jp

ヒーローグリーン携帯用充電式ヘアアイロン

HS-400

4,752円 (税込)

電源方式充電タイプ
仕上がりタイプストレート
サイズ18×2.9×3.68cm
重量142g
温度180度/200度(2段階調節可)
使用可能時間30分
8位
コードレスヘアアイロン コイズミ タイニー コードレス2wayヘアアイロン
出典:amazon.co.jp

コイズミタイニー コードレス2wayヘアアイロン

KCR-7400

6,480円 (税込)

電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ23.2×3.7×4.8cm
重量235g
温度170度
使用可能時間約20分
7位
コードレスヘアアイロン NexGadget コードレスストレートアイロン
出典:amazon.co.jp

NexGadgetコードレスストレートアイロン

4,599円 (税込)

電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ約20×3cm
重量168g
温度120~170度(3段階調節可)
使用可能時間約30分
6位
コードレスヘアアイロン コイズミ タイニー コードレスストレートアイロン
出典:amazon.co.jp

コイズミタイニー コードレスストレートアイロン

KHS-8600

5,451円 (税込)

電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ6.8×18.3×3.1cm
重量170g
温度200度
使用可能時間約25分
5位
電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ不明
重量不明
温度160度/180度/200度(3段階調節可)
使用可能時間約30分
4位
コードレスヘアアイロン ヒートイオンボーテ コードレスヘアアイロン
出典:amazon.co.jp

ヒートイオンボーテコードレスヘアアイロン

7,538円 (税込)

電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール
サイズ24.7×5.9×5.2cm(キャップ含む)
重量330g
温度130度/160度
使用可能時間約25分
3位
電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ20×2.5cm
重量150g
温度120~170度(3段階調節可)
使用可能時間約30分
2位
電源方式充電タイプ
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ22×3.5×3.5cm
重量208g
温度160度/180度/200度(3段階調節可)
使用可能時間約30~40分
1位
電源方式充電・電池両用
仕上がりタイプカール・ストレート両用
サイズ28.4×2.9×3.6cm
重量135g
温度180度/200度(2段階調節可)
使用可能時間約45分

おすすめ人気コードレスヘアアイロンの比較一覧表

商品画像
1
コードレスヘアアイロン OMASI コードレスヘアアイロン

OMASI

2
コードレスヘアアイロン KINUJO LIP IRON

KINUJO

3
コードレスヘアアイロン H-POWER コードレスヘアアイロン

H-POWER

4
コードレスヘアアイロン ヒートイオンボーテ コードレスヘアアイロン

ヒートイオンボーテ

5
コードレスヘアアイロン Lisnec コードレスヘアアイロン

Lisnec

6
コードレスヘアアイロン コイズミ タイニー コードレスストレートアイロン

コイズミ

7
コードレスヘアアイロン NexGadget コードレスストレートアイロン

NexGadget

8
コードレスヘアアイロン コイズミ タイニー コードレス2wayヘアアイロン

コイズミ

9
コードレスヘアアイロン ヒーローグリーン 携帯用充電式ヘアアイロン

ヒーローグリーン

10
コードレスヘアアイロン テスコム ポータブルスチームアイロン

テスコム

商品名

コードレスヘアアイロン

LIP IRON

コードレスヘアアイロン

コードレスヘアアイロン

コードレスヘアアイロン

タイニー コードレスストレートアイロン

コードレスストレートアイロン

タイニー コードレス2wayヘアアイロン

携帯用充電式ヘアアイロン

ポータブルスチームアイロン

特徴電池と充電の両対応でいつでもどこでも使いやすいリップスティックのようなデザインがおしゃれ!携帯性も抜群開閉ロック機能付きでバッグの中でもかさばらないお好みのカールでアレンジが楽しめる3段階の温度調節でなりたいヘアスタイルが叶う手のひらサイズなのに2WAY仕様モバイルバッテリーにもなる大容量バッテリー髪が痛みにくいセラミックコーティング仕様軽量でコンパクト、持ち運びに便利使い分けできるガス&AC電源両用タイプ
価格3,999円(税込)9,716円(税込)4,399円(税込)7,538円(税込)3,870円(税込)5,451円(税込)4,599円(税込)6,480円(税込)4,752円(税込)3,160円(税込)
電源方式充電・電池両用充電タイプ充電タイプ充電タイプ充電タイプ充電タイプ充電タイプ充電タイプ充電タイプガスカートリッジ(ACコネクター使用可)
仕上がりタイプカール・ストレート両用カール・ストレート両用カール・ストレート両用カールカール・ストレート両用カール・ストレート両用カール・ストレート両用カール・ストレート両用ストレートカール・ストレート両用
サイズ28.4×2.9×3.6cm22×3.5×3.5cm20×2.5cm24.7×5.9×5.2cm(キャップ含む)不明6.8×18.3×3.1cm約20×3cm23.2×3.7×4.8cm18×2.9×3.68cm6.5×22.5×4.5cm
重量135g208g150g330g不明170g168g235g142g225g(ガスカートリッジ装着時)
温度180度/200度(2段階調節可)160度/180度/200度(3段階調節可)120~170度(3段階調節可)130度/160度160度/180度/200度(3段階調節可)200度120~170度(3段階調節可)170度180度/200度(2段階調節可)140度
使用可能時間約45分約30~40分約30分約25分約30分約25分約30分約20分30分4~5時間(ガス)
商品リンク

十分な温度で、毛束を少なめに整えるのが上手く使うコツ

十分な温度で、毛束を少なめに整えるのが上手く使うコツ

出典:amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンで上手にクセ付けするには、十分に温まってから少しずつセットしていくのがおすすめです。商品によっては温度不足なものもありますが、一度に取る毛束を少なくすれば髪の芯まで熱をしっかりと伝えることができます。

髪の毛の傷みを心配してすぐにヘアアイロンを離してしまうと、熱不足でクセが付きません。クセが付かないからといって何度も繰り返し当てることが髪を傷める原因になるので、この点に注意してくださいね。ヘアアイロンによるダメージが心配な方は、以下のリンクで紹介しているスタイリング剤を併用するのもおすすめです。

自宅用には通常のヘアアイロンがおすすめ

自宅でのヘアセットには、電源コード付きの通常タイプのヘアアイロンがおすすめです。パワーも十分で温度調節もでき、なおかつじっくり時間をかけてイメージ通りの仕上がりにすることができます。自宅でしっかりとセットしておけば、外出先でスタイリングを直す際もわずかな時間で済みますよ。以下のリンクもぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はおすすめのコードレスヘアアイロンをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?

携帯性だけでなく、温度や髪への負担なども考慮しておくと希望通りの商品が見つけやすくなります。自分の求める仕上がりに近づけてくれるアイテムを見つけて、いろんなヘアスタイルを楽しんでみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す