【徹底比較】コードレスヘアアイロンのおすすめ人気ランキング11選

【徹底比較】コードレスヘアアイロンのおすすめ人気ランキング11選

バッグにも簡単に入る大きさで、外でも気軽に使えるコードレスヘアアイロン。乱れたスタイリングを出先でささっと整えるのに便利ですが、コイズミやモッズヘアなどいろいろなメーカーから発売されているうえ、さまざまな口コミが溢れていてどれが本当に使いやすいか選ぶのに迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のコードレスヘアアイロン11商品を比較して、最もおすすめのコードレスヘアアイロンを決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. 使い勝手のよさ
  2. 持ち運びやすさ
  3. 設定温度になる速さ
  4. ストレートにするスピード

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか? コードレスヘアアイロンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年03月26日更新
  • 798,506 views

検証のポイント

売れ筋のコードレスヘアアイロン11商品を全て集めて、徹底的に比較検証しました
  • 使い勝手のよさ

    検証① 使い勝手のよさ

    まずは大切な「使い勝手のよさ」を検証します。実際に髪の毛に熱を加えながら、以下のポイントをチェックして使い勝手のよさを評価しました。挟む力は適切か髪の毛の滑りがいいかバネや本体の開きが硬くないか温度到達時分かりやすいか説明書を見て直感的に操作しやすいか

  • 持ち運びやすさ

    検証② 持ち運びやすさ

    続いて「持ち運びやすさ」を検証します。高さは350mlのペットボトルと、重さはiphone Xと、太さは単一乾電池とそれぞれ比較して、よりコンパクトなものを高く評価しました。

  • 設定温度になる速さ

    検証③ 設定温度になる速さ

    次に、「設定温度になる速さ」を検証しました。電源を入れ、温度を設定したタイミングから、温度が到達した表示があるまでの時間を測ります。なお、温度到達時のタイミングがわからなかったものに関しては0点とし、カウントしませんでした。

  • ストレートにするスピード

    検証④ ストレートにするスピード

    最後に、くせ毛を「ストレートにするスピード」を検証しました。一定の条件でくせをつけた人毛のエクステに熱を与え、何回通してまっすぐになるかをチェック。熱を与える時間は一回あたり10秒、また、両手は使わず片手でのみ熱を加えるよう統一しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設
    No.1

    セキュネットJetty Plus

    6,578円(税込)

    総合評価

    3.93
    • ストレートにするスピード: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 4.0
    • 設定温度になる速さ: 5.0
    • 持ち運びやすさ: 2.7

    とにかく速く使いたい!忙しい人に特におすすめできるベストバイコードレスヘアアイロン!

    堂々の第1位に輝いたのは、脅威の温度上昇スピードを誇るセキュネットのコードレスヘアアイロンでした。


    設定温度に達するまでの時間はわずか1分7秒!これなら急いでいるときでも素早くスタイリングできて、とても便利です。


    また、程よい大きさのプレートで速くストレートヘアを作ることができます。仕上がりはそこそこでしたが、乱れた髪をささっと直すには十分な実力です。


    バネが柔らかく、髪の毛を挟む力加減も調整しやすいので髪の毛を必要以上に傷つけてしまう心配もありません!


    どれを選んだらいいか迷っている人は、これを買えばまず間違いなし!自信をもっておすすめします!

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量150g
    プレートのサイズ約75×17mm
    プレートの材質特殊シリコンプレート
    設定できる温度170〜210℃
    温度を調整できる段階3段階※170~210℃まで20℃単位で設定可能
    付属品耐熱ポーチ
    機能誤作動防止機能・開閉ロック機能
    連続使用時間約30分
    No.2

    Salon Depotヘアアイロン コードレス ストレート 2way

    4,399円(税込)

    総合評価

    3.80
    • ストレートにするスピード: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 4.0
    • 持ち運びやすさ: 2.0

    仕上がりを追求する人にぜひおすすめしたい逸品

    3位の製品同様、ずっしりとした重みがあるヘアアイロン。かさばるサイズなので携帯性はイマイチですが、今回検証した11商品のなかで最も素晴らしい仕上がりになりました。


    たった4回で大量のくせ毛をまっすぐにでき、また、若干うねりが残ってしまったものの、ストンとまっすぐかつしっとり柔らかな仕上がりはコードレスとは思えないほど!


    その場しのぎでささっと直すため、というよりも、まるで普通のヘアアイロンかのようにしっかり実力を発揮させたいという、仕上がりにこだわる人に自信をもっておすすめできるヘアアイロンです。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量190g
    プレートのサイズ約62×18mm
    プレートの材質セラミックプレート
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階 ※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品ポーチ
    機能誤作動防止機能・温度補給機能・火傷防止ボディ
    連続使用時間約40分
    No.3

    KINUJOLIP IRON

    7,770円(税込)

    総合評価

    3.53
    • ストレートにするスピード: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 4.0
    • 持ち運びやすさ: 1.7

    安定感があって使いやすい!滑りのよさにこだわるならコレ!

    大きめでずっしりとしているのが特徴のコードレスヘアアイロン。小さめのカバンに入れたい人は持ち運びづらいと感じるかもしれませんが、普通のヘアアイロンのような感覚で使える非常に安定感がある製品です。


    まとまりのある、しっとりした髪の毛に仕上げてくれるシルクプレートが使われていて、クセは直りきらなかったものの、今回検証したなかでダントツにしっとりとした仕上がりでした。


    プレートもすごく滑りがよく、何より使っていて気持ちがいいので、使い心地にこだわる人には、ぜひ一度手に取って欲しい製品です。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量208g
    プレートのサイズ約74×22mm
    プレートの材質シルクプレート
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品-
    機能-
    連続使用時間約30〜40分
    No.4

    DEOGRATIAS PROリップスティック コードレス ストレートアイロン

    3,288円(税込)

    総合評価

    3.53
    • ストレートにするスピード: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 3.0
    • 持ち運びやすさ: 2.7

    大きさに対してかなり軽い!デザイン性も優れたヘアアイロン

    15×70mmとしっかりした大きさにも関わらず、それに反して148gと軽いのが特徴。指紋がつきやすいものの、スタイリッシュなデザインがとてもおしゃれなヘアアイロンです。本体はロックできませんが、キャップつきなので持ち歩いても開いてしまうことはありません。


    毛先まで滑らせても違和感を感じない、かなり滑りがいいプレートで、髪の毛へのダメージが最小限に抑えられます。


    ボリュームがある髪の毛を一気にまっすぐにするのは難しいので、気になるところは少量ずつ毛束をとってスタイリングするのがおすすめです。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量148g
    プレートのサイズ約70×15mm
    プレートの材質ダブルイオンセラミックコーティング
    設定できる温度最高温度:210℃
    温度を調整できる段階-
    付属品収納ポーチ
    機能-
    連続使用時間約30分
    No.5

    Omasiコードレスヘアアイロン

    3,999円

    総合評価

    3.43
    • ストレートにするスピード: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 設定温度になる速さ: 4.0
    • 持ち運びやすさ: 3.7

    どの項目も平均値なものの、手に取りやすい価格でコスパ◎

    3000円台で手に取りやすい価格で、いずれの検証でも平均値だったこのヘアアイロン。9位の製品と酷似していますが、違うのはクシがついていないこと。これによって多少絡まっている毛でもスタイリングしやすいのが特徴です。


    135gとかなり軽く、またかなりコンパクトなのでポーチやカバンに入れやすく、より持ち運びやすいコードレスヘアアイロンと言えます。


    プレートが小さいので、毛量が多い箇所やあまりに広い面積をまっすぐにするのはかなり大変ですが、前髪や毛先など細かな部分をスタイリングするには最適ですよ。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量135g
    プレートのサイズ約60×12mm
    プレートの材質アルミニウム(セラミックコーティング)
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階 ※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品ポーチ・収納ケース
    機能マイナスイオン
    連続使用時間約20〜35分
    No.6

    HBLIFE.コードレス USB 充電式 ヘアーストレートアイロン

    2,990円(税込)

    総合評価

    3.40
    • ストレートにするスピード: 2.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 3.0
    • 持ち運びやすさ: 3.0

    ロングヘアの人必見。45分も連続して使える!

    コードレスヘアアイロンの連続使用時間は大抵30分前後ですが、このアイロンは45分と長時間に渡って使えるので、ロングヘアだったり毛量が多い人でも安心して使うことができますよ。


    設定温度になったらランプの色が変わるのは分かりやすくていいですが、温度設定のスライドが硬くて爪や指を痛めやすいのには注意が必要です。


    うねりをストレートにする検証では、毛先にクセが残ってしまったもののおおよそまとまってストンとした仕上がりになったので、広がった髪が気になる人はぜひ使ってみてください。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量148g
    プレートのサイズ約60×20mm
    プレートの材質セラミックプレート
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階 ※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品ポーチ
    機能プレートクッション機能
    連続使用時間約45分
    No.7

    mod’s hair (モッズヘア)アドバンススマート コードレスヘアアイロン

    5,588円(税込)

    総合評価

    3.38
    • ストレートにするスピード: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 2.0
    • 持ち運びやすさ: 2.3

    カールもつくれて一石二鳥のヘアアイロン

    本体が丸みを帯びているうえ溝が入っていて、カールアレンジしやすいのが特徴のひとつ。滑りがいいプレートが特徴で、本体の開きも軽やかで非常に使いやすい印象です。


    ベーシックなデザインで男女問わず使いやすいものの、平均値より少し大きめなので、よりコンパクトなものを探している人にはおすすめできません。


    うねった髪の毛に熱を加えてみると、十分まとまりますがクセが直りきったとは言えず…。湿気などで広がった髪の毛を落ち着かせるのにはいいですが、強烈なクセを整えるには不向きでした。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量172g
    プレートのサイズ約70×20mm
    プレートの材質アルミ(セラミックコーティング)
    設定できる温度140〜200℃
    温度を調整できる段階3段階
    付属品ポーチ・収納ケース
    機能急速充電(約90分)
    連続使用時間約30分
    No.8

    Gupacidoヘアアイロン 2way ストレートカール 両用

    2,780円(税込)

    総合評価

    3.18
    • ストレートにするスピード: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 設定温度になる速さ: 1.0
    • 持ち運びやすさ: 3.3

    プレートが大きめでまとまりのある仕上がりに!

    丸みのある本体で、カールも作りやすい2way仕様のヘアアイロン。プレートが大きいので、設定温度に到達するまで5分38秒とかなりの時間がかかってしまいましたが、コードレスとは思えないほどまとまった仕上がりに。


    プレートにクッションがついているので、使い勝手のよさは普通のへアイロン顔負け。挟む力の強弱が調整しやすく、髪の毛を傷つけることなく伸ばせます。


    20cmと少し大きめですが、160gと軽いので、大きさよりも軽さを重視するなら使ってもいいでしょう。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量160g
    プレートのサイズ約75×20mm
    プレートの材質トルマリンセラミックス
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階 ※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品収納袋・ヘアピン・櫛
    機能マイナスイオン・自動電源OFF機能(約20分後)・安全ロック機能
    連続使用時間約25〜30分
    No.9

    Toogelコードレスヘアアイロン

    2,799円(税込)

    総合評価

    2.80
    • ストレートにするスピード: 5.0
    • 使い勝手のよさ: 1.0
    • 設定温度になる速さ: 3.0
    • 持ち運びやすさ: 3.0

    目が細かいクシのせいで、かえってボサボサに…

    プレート付近に目が細かいクシがついたヘアアイロン。かなり細身のプレートで細かなアレンジをするのに向いていますが、親切心でついているはずのクシがうねった髪に引っかかり、仕上がりはボサボサに…。


    プレートが細身で強すぎるほど力が入るので、熱がダイレクトに伝わり、クシが引っかからない部分をまっすぐにするのは比較的速かったですが、広い面積に使用するのはおすすめできません。


    また、設定温度になったときランプの色が赤から緑に変わるのですが、変わったと思ったら赤に戻ったりとブレがあって、使える温度が判断しづらいのもマイナス評価に繋がりました。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量145g
    プレートのサイズ約60×10mm
    プレートの材質アルミニウム
    設定できる温度160〜200℃
    温度を調整できる段階3段階 ※160~200℃まで20℃単位で設定可能
    付属品コンパクト収納袋
    機能-
    連続使用時間約40分
    No.10

    小泉成器コードレスストレートアイロン

    6,589円(税込)

    総合評価

    1.78
    • ストレートにするスピード: 1.0
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 設定温度になる速さ: 0.0
    • 持ち運びやすさ: 2.7

    挟む力が強いけど、まっすぐにするには時間がかかる…

    ストレートに特化した、手のひらサイズのモデル。両面ヒーターで素早くストレートにできるとうたっていますが、大量のくせ毛を整えるには7回熱を通さなければいけませんでした。


    シンプルなつくりで電源周りは使いやすいものの、使用できる温度に到達したかが分からないので急いでいるときや時間がないときは不便に感じそうです。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量170g
    プレートのサイズ約63×19mm
    プレートの材質セラミックコーティング
    設定できる温度最高温度:200℃
    温度を調整できる段階-
    付属品ポーチ
    機能-
    連続使用時間約25分
    No.11

    小泉成器コードレス2WAYアイロン

    7,691円(税込)

    総合評価

    1.33
    • ストレートにするスピード: 2.0
    • 使い勝手のよさ: 2.0
    • 設定温度になる速さ: 0.0
    • 持ち運びやすさ: 1.3

    ストレート・カール、どちらも中途半端なのが惜しい

    コードレスヘアアイロンとしては珍しい、コテがついた2wayタイプです。しかし、その実力はイマイチ…。ストレートにする用のプレート、コテ部分のバネのいずれも硬く開きづらいので髪を挟みづらいのが難点でした。


    挟む力が強いので概ねのうねりを伸ばすことができますが、一度に挟める量が少ないので、髪の毛全体をまっすぐにするにはかなり時間がかかりそうです。

    サイズ(幅×奥行×高さ)-
    重量235g
    プレートのサイズ約63×14mm
    プレートの材質セラミックコーティング
    設定できる温度最高温度:170℃
    温度を調整できる段階-
    付属品パイプカバー
    機能-
    連続使用時間約20分

    人気コードレスヘアアイロンの検証結果比較表

    コードレスヘアアイロンの選び方

    比較検証に入る前に、まずはコードレスヘアアイロンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 使いやすさにこだわって選ぼう

    持ち歩いて気軽に使うには、使いやすいヘアアイロンであることも大切なポイントです。以下の項目を参考に、より使いやすいものを選びましょう。

    挟む力が適切で、滑りがいいプレートか

    挟む力が適切で、滑りがいいプレートか

    髪の毛を挟む力が強すぎれば負荷をかけて傷つけてしまいますし、弱ければ熱が加えられずうねりが伸びません。


    また、滑りが悪いと摩擦によるダメージを与えてしまうので、いかに強すぎず弱すぎない適切な力で挟めるものを選ぶのは大切なポイントです。


    店頭で購入する際は実際に髪の毛を挟んだり、ネットで購入する際は商品写真で上下のプレートがきちんとくっついているかを見るのも選ぶコツのひとつです。

    温度到達スピードが素早く、温度が到達したかが分かりやすいか

    温度到達スピードが素早く、温度が到達したかが分かりやすいか

    特に出先で使うときは、メイク直しのついでに髪を整えたいという人も多いはず。そんなときは、温度が素早く上昇するものほど手軽に使えます。


    公式HPや店頭、パッケージに記載があることがほとんどですが、1分台であればストレスなく使うことができますよ。


    また、温度が到達したかどうかがわかるかも大切なポイントの一つです。点滅から点灯に表示が切り替わったりと、わかりやすいものを選ぶのがおすすめです。

    説明書がなくても直感的に使えるかどうか

    説明書がなくても直感的に使えるかどうか

    コードレスヘアアイロンの主な使用目的は、出先で使うこと。説明書をじっくり読みながら自宅で使うわけではないので、説明書を見なくても使えるシンプルなつくりであることは重要です。


    電源の入れ方・切り方が分かりやすいか、温度調整はしやすいか。また、2wayタイプのものであれば、ストレートとカールの切り替えは分かりやすいかなどを目安にチェックしましょう。

    ② 15cm・170g以下が持ち運びしやすい!

    15cm・170g以下が持ち運びしやすい!

    持ち運びしやすいサイズであるかどうかも大切なポイントです。身近なものとサイズを比較して、バッグやポーチに入れやすいものを選びましょう。


    例えば、高さは350mlのペットボトルより低いかを目安にするとよいでしょう。商品にもよりますが、スリムタイプでなければ15〜18cmほどの高さです。また、重さはスマートフォン(iphoneX・約170g)より軽いかなどを目安にしてみましょう。


    ただし、極端にコンパクトなものだと操作性が悪かったり、プレートが小さくて髪の毛に熱を与えづらい場合があるので、小さければいいというわけでもありません。


    特に仕上がりにこだわる人は、性能面もよく確認してから購入してください。

    ③ ACアダプタかUSBか、ライフスタイルに合った充電方法を選ぶ

    ACアダプタかUSBか、ライフスタイルに合った充電方法を選ぶ

    付いてくる充電のコードは、ACアダプタ(コンセントに挿すタイプ)かUSBケーブルの主に2つのタイプに分かれます。


    ACアダプタは、自宅などコンセントを確保しやすい環境で充電するのに向いています。USBならコンセントがなくてもPCやポータブル充電器で充電できますよ。


    1番おすすめなのは、USBコードに電源プラグがついてくるタイプです!時と場合に応じて2つの方法で充電できるので、とても便利です。

    売れ筋の人気コードレスヘアアイロン全11商品を徹底比較!

    コードレスヘアアイロンの検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のコードレスヘアアイロン11商品をすべて集めて、どれが最もおすすめのストレートアイロンなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の4項目としました。

    検証①:使い勝手のよさ

    検証②:持ち運びやすさ

    検証③:設定温度になる速さ

    検証④:ストレートにするスピード


    なお、温度設定が関わる検証(②・④)においては基本は180℃に設定、180℃に設定できないものは可能な範囲で一番近い温度に設定しました。

    今回検証した商品

    1. セキュネット|Jetty Plus
    2. Salon Depot|ヘアアイロン コードレス ストレート 2way
    3. KINUJO|LIP IRON
    4. DEOGRATIAS PRO|リップスティック コードレス ストレートアイロン
    5. Omasi|コードレスヘアアイロン
    6. HBLIFE.|コードレス USB 充電式 ヘアーストレートアイロン
    7. mod’s hair (モッズヘア)|アドバンススマート コードレスヘアアイロン
    8. Gupacido|ヘアアイロン 2way ストレートカール 両用
    9. Toogel|コードレスヘアアイロン
    10. 小泉成器|コードレスストレートアイロン
    11. 小泉成器|コードレス2WAYアイロン

    検証① 使い勝手のよさ

    使い勝手のよさ

    まずは大切な「使い勝手のよさ」を検証します。


    実際に髪の毛に熱を加えながら、以下のポイントをチェックして使い勝手のよさを評価しました。


    1. 挟む力は適切か
    2. 髪の毛の滑りがいいか
    3. バネや本体の開きが硬くないか
    4. 温度到達時分かりやすいか
    5. 説明書を見て直感的に操作しやすいか

    【検証ハイライト】クシ付きは、かえってボサボサになってしまった!

    【検証ハイライト】クシ付きは、かえってボサボサになってしまった!

    プレートの付近にクシがついているタイプ。乱れた髪の毛を梳かしながらスタイリングできるので時短になると思いがちですが、実際に使ってみるとくせ毛に引っかかりやすく、かえってボサボサになってしまいました。


    手早くきれいにスタイリングしたいのに、これでは意味がありません…。


    使いやすさを重視するなら、クシなどはついていないシンプルなつくりのものを選ぶのがおすすめです。

    検証② 持ち運びやすさ

    持ち運びやすさ

    続いて「持ち運びやすさ」を検証します。


    高さは350mlのペットボトルと、重さはiphone Xと、太さは単一乾電池とそれぞれ比較して、よりコンパクトなものを高く評価しました。

    【検証ハイライト】コンパクトさと仕上がりのよさは反比例する傾向にアリ。

    【検証ハイライト】コンパクトさと仕上がりのよさは反比例する傾向にアリ。

    持ち運びやすさで高評価を獲得したものの多くは、くせ毛を伸ばしたときの仕上がりがイマイチな傾向がありました。


    極端に軽いと髪の毛にテンションをかけづらく、熱がきちんと加えられなかったり、本体が小さい=プレートが小さいので一度に熱を与えられる範囲が狭いためムラが出て、全体の仕上がりがあまりきれいにならないためと考えられます。


    持ち運びやすさのみを重視するなら、とにかくコンパクトなものを選んでもいいですが、仕上がりも重視したいならある程度かさばるものを選ぶ必要があります。

    検証③ 設定温度になる速さ

    設定温度になる速さ

    次に、「設定温度になる速さ」を検証しました。


    電源を入れ、温度を設定したタイミングから、温度が到達した表示があるまでの時間を測ります。


    なお、温度到達時のタイミングがわからなかったものに関しては0点とし、カウントしませんでした。

    【検証ハイライト】1分台で設定温度になったのはJetty Plusのみ!それ以外は2〜5分覚悟して。

    【検証ハイライト】1分台で設定温度になったのはJetty Plusのみ!それ以外は2〜5分覚悟して。

    今回検証したコードレスヘアアイロンのうち、1分台で設定温度に達したのは「Jetty Plus」のみ!これなら、出かけた先ですぐ使いたいときもストレスなく髪の毛を整えることができます。


    そのほかの製品はいずれも2分台後半〜3分ほどかかるものが多く、なかには5分38秒もかかるものもありました。


    例えば出先のトイレでメイク直しついでにささっと髪の毛も整えたい、といった場合、5分もかかってしまっては不便に感じてしまいます。


    頻繁に使う人・短時間でささっと使いたい人はJetty Plusを使ってみてください。

    検証④ ストレートにするスピード

    ストレートにするスピード

    最後に、くせ毛を「ストレートにするスピード」を検証しました。


    一定の条件でくせをつけた人毛のエクステに熱を与え、何回通してまっすぐになるかをチェック。


    熱を与える時間は一回あたり10秒、また、両手は使わず片手でのみ熱を加えるよう統一しました。

    【検証ハイライト】プレートの滑りがいいと、ストレートにするスピードも速い!

    【検証ハイライト】プレートの滑りがいいと、ストレートにするスピードも速い!

    ストレートにする速さの評価が高かったヘアアイロンについて詳しく見てみると、大半の製品が「髪の毛をきちんと挟めるうえに、プレートの滑りがいい」ことがわかりました。


    滑りがいいプレートできちんと挟むと髪の毛に効率的に熱を加えられるので、結果的に素早くストレートにすることができたと予想できます。


    また、加えてプレートサイズも大きめなものが多かったので、とにかく速くまっすぐにしたい!という人はプレートサイズにも注目して選んでみてくださいね。

    USBコードつきのヘアアイロンはモバイルバッテリーで充電できる!

    USBコードが付属しているヘアアイロンは、電源プラグやPCなどに挿して充電するほか、モバイルバッテリーでも充電することができます!


    以下の記事では人気のモバイルバッテリーを比較・検証しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

    まとめ

    今回は売れ筋上位のコードレスヘアアイロン11商品を徹底検証しましたが、いかがでしたか?


    通勤時や通学時に乱れた髪の毛をささっと直したり、アフター5のお出かけのためにささっとスタイリングを整えたりと、さまざまなシーンで使えるコードレスヘアアイロン。生活の一部になるような、あなたにぴったりのコードレスヘアアイロンと出会うきっかけになれば幸いです。


    文:奥冨舞、写真:芝崎哲治・稲垣佑季・佐々木歩

    ランキング作成日:2019/09/30

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す